ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フェムトメートル

索引 フェムトメートル

フェムトメートル(femtometre)は、国際単位系の長さの単位で、10−15メートル(m)に等しい。 原子核の大きさがこのオーダーであるため、核物理学などで使われる。.

21 関係: 原子核原子核物理学単位単位の換算一覧単位一覧古典電子半径メートルメートル法ロバート・ホフスタッターピコメートルフェムトアトメートルエンリコ・フェルミオーダー (物理学)国際単位系長さ長さの比較SI接頭辞湯川秀樹1956年1964年

原子核

原子核(げんしかく、atomic nucleus)は、単に核(かく、nucleus)ともいい、電子と共に原子を構成している。原子の中心に位置する核子の塊であり、正の電荷を帯びている。核子は、基本的には陽子と中性子から成っているが、通常の水素原子(軽水素)のみ、陽子1個だけである。陽子と中性子の個数、すなわち質量数によって原子核の種類(核種)が決まる。 原子核の質量を半経験的に説明する、ヴァイツゼッカー=ベーテの質量公式(原子核質量公式、他により改良された公式が存在する)がある。.

新しい!!: フェムトメートルと原子核 · 続きを見る »

原子核物理学

原子核物理学(げんしかくぶつりがく、英語:nuclear physics、単に核物理とも言う):強い相互作用に従う粒子の多体問題を研究する学問領域。主に原子核の核構造、核反応(核分裂反応、核融合反応)などを扱う分野のこと。また、核物質・ハドロン物質の性質を調べるハドロン物理学も、この分野の一部である。 構成要素が2種類(注・ハイパー核はさらに数種類の構成要素が加わる)であるにもかかわらず、陽子・中性子それぞれの数や励起のさせ方により、様々な構造を取るのが特徴である。核子の主要な相互作用である「強い相互作用」が未だ完全に解明されていないこと、物性理論のように構成粒子が無限であるという近似が許されないこと、表面の効果が重要であること等により、発見から1世紀近く経つにもかかわらず、未知の部分が残されており、理論実験ともに盛んに研究が行われている。.

新しい!!: フェムトメートルと原子核物理学 · 続きを見る »

単位

単位(たんい、unit)とは、量を数値で表すための基準となる、約束された一定量のことである。約束ごとなので、同じ種類の量を表すのにも、社会や国により、また歴史的にも異なる多数の単位がある。.

新しい!!: フェムトメートルと単位 · 続きを見る »

単位の換算一覧

単位の換算一覧(たんいのかんさん いちらん)は、さまざまな単位を相互に換算するための一覧http://www.nmij.jp/library/units/si/。単位の換算、国際単位系、SI組立単位、CGS単位系、尺貫法、ヤード・ポンド法、度量衡、計量単位一覧、次元解析、SI接頭辞なども参照のこと。.

新しい!!: フェムトメートルと単位の換算一覧 · 続きを見る »

単位一覧

単位一覧(たんいいちらん)はさまざまな単位を列挙したものである。.

新しい!!: フェムトメートルと単位一覧 · 続きを見る »

古典電子半径

古典電子半径(こてんでんしはんけい、classical electron radius)とは、ローレンツの電子論(ローレンツのでんしろん、Lorentz's theory of electron)の中で論じられる古典的な電子の半径の事で、CODATAから発表される物理定数の1つである。その値は と与えられる(2014CODATA推奨値)。ここで は電気素量、 は真空中の光速、 は電子の質量、 は真空の誘電率である。.

新しい!!: フェムトメートルと古典電子半径 · 続きを見る »

メートル

メートル(mètre、metre念のためであるが、ここでの「英」は英語(English language)による綴りを表しており、英国における綴りという意味ではない。詳細は「英語表記」の項及びノートの「英語での綴り」を参照。、記号: m)は、国際単位系 (SI) およびMKS単位系における長さの物理単位である。他の量とは関係せず完全に独立して与えられる7つのSI基本単位の一つである。なお、CGS単位系ではセンチメートル (cm) が基本単位となる。 元々は、地球の赤道と北極点の間の海抜ゼロにおける子午線弧長を 倍した長さを意図し、計量学の技術発展を反映して何度か更新された。1983年(昭和58年)に基準が見直され、現在は1秒の 分の1の時間に光が真空中を伝わる距離として定義されている。.

新しい!!: フェムトメートルとメートル · 続きを見る »

メートル法

メートル法を公式採用している国 メートル法(メートルほう、metric system)とは、長さの単位であるメートル(mètre)と質量の単位であるキログラム(kilogramme)を基準とする、十進法による単位系のことである。.

新しい!!: フェムトメートルとメートル法 · 続きを見る »

ロバート・ホフスタッター

バート・ホフスタッター(Robert Hofstadter、1915年2月5日 ニューヨーク生まれ - 1990年11月17日 スタンフォード没) はアメリカ合衆国の物理学者である。1961年「線形加速器による高エネルギー電子散乱の研究と核子の構造に関する発見」によりノーベル物理学賞を受賞した。 ニューヨークにポーランド系ユダヤ人移民の息子に生まれた。ニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業後、プリンストン大学で博士号を取得した。その後、ペンシルベニア大学でポストドクターとして働いた。戦時研究を行った後1946年プリンストン大学に戻り1950年から1985年の間スタンフォード大学で研究した。1956年スタンフォード大学で線形加速器を用いて水素や鉛などの安定核に電子を衝突させ原子核の構造を調べる研究を行い陽子・中性子が点ではなく広がりをもつことなどを示した。この研究により1961年ノーベル物理学賞を受賞した。1987年にはニューサウスウェールズ大学よりディラック・メダルを受賞。 人工知能研究者でピューリッツァー賞受賞者のダグラス・ホフスタッター(1945年-)は息子である。.

新しい!!: フェムトメートルとロバート・ホフスタッター · 続きを見る »

ピコメートル

ピコメートル(Picometre、記号 pm)は、国際単位系の長さの単位で、10−12メートル (m)。.

新しい!!: フェムトメートルとピコメートル · 続きを見る »

フェムト

フェムト(femto, 記号:f)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の 10−15 倍(.

新しい!!: フェムトメートルとフェムト · 続きを見る »

アトメートル

アトメートル(Attometre, 記号am)は、国際単位系の長さの単位で、10−18メートル (m)。.

新しい!!: フェムトメートルとアトメートル · 続きを見る »

エンリコ・フェルミ

ンリコ・フェルミ(Enrico Fermi、1901年9月29日 – 1954年11月28日)は、イタリア、ローマ出身の物理学者。統計力学、核物理学および量子力学の分野で顕著な業績を残しており、中性子による元素の人工転換の実験をして、多くの放射性同位元素を作り1938年のノーベル物理学賞を受賞している。フェルミに由来する用語は数多く、フェルミ推定のような方法論やフェルミのパラドックスといった問題、フェルミ粒子のような粒子の分類やフェルミウムといった元素名にその名を残している。他にも物理学の用語にフェルミに因むものが多く存在する。実験家と理論家との2つの顔を持ち、双方において世界最高レベルの業績を残した、史上稀に見る物理学者であった 。.

新しい!!: フェムトメートルとエンリコ・フェルミ · 続きを見る »

オーダー (物理学)

ーダー(order)とは物理学や工学などでしばしば用いられる語で、10や100あるいは0.1や0.001など、桁数(10のべき乗)のことを意味する。物理学や工学系の現場では、最初から細かな計算を行うよりもまず、およそどの程度の大きさなのかを予測したり議論することがしばしばあり、その際に使われる。「スケール」ということもある。 単位の違い(長さならmm, m, km、質量ならmg, g, kg)を指すこともあり、この場合はおよそ1000倍の違いがあることを「オーダーが違う」と表現する。 イギリス英語でin the order of...またはof the order of...に相当するため、その「order」の部分のみを和製英語(カタカナ)として使用しているものであり、アメリカ英語ではaboutに相当する。.

新しい!!: フェムトメートルとオーダー (物理学) · 続きを見る »

国際単位系

国際単位系(こくさいたんいけい、Système International d'unités、International System of Units、略称:SI)とは、メートル法の後継として国際的に定めた単位系である。略称の SI はフランス語に由来するが、これはメートル法がフランスの発案によるという歴史的経緯による。SI は国際単位系の略称であるため「SI 単位系」というのは誤り。(「SI 単位」は国際単位系の単位という意味で正しい。) なお以下の記述や表(番号を含む。)などは国際単位系の国際文書第 8 版日本語版による。 国際単位系 (SI) は、メートル条約に基づきメートル法のなかで広く使用されていたMKS単位系(長さの単位にメートル m、質量の単位にキログラム kg、時間の単位に秒 s を用い、この 3 つの単位の組み合わせでいろいろな量の単位を表現していたもの)を拡張したもので、1954年の第10回国際度量衡総会 (CGPM) で採択された。 現在では、世界のほとんどの国で合法的に使用でき、多くの国で使用することが義務づけられている。しかしアメリカなど一部の国では、それまで使用していた単位系の単位を使用することも認められている。 日本は、1885年(明治18年)にメートル条約に加入、1891年(明治24年)施行の度量衡法で尺貫法と併用することになり、1951年(昭和26年)施行の計量法で一部の例外を除きメートル法の使用が義務付けられた。 1991年(平成3年)には日本工業規格 (JIS) が完全に国際単位系準拠となり、JIS Z 8203「国際単位系 (SI) 及びその使い方」が規定された。 なお、国際単位系 (SI) はメートル法が発展したものであるが、メートル法系の単位系の亜流として「工学単位系(重力単位系)」「CGS単位系」などがあり、これらを区別する必要がある。 SI単位と非SI単位の分類.

新しい!!: フェムトメートルと国際単位系 · 続きを見る »

長さ

長さ(ながさ、length)とは、.

新しい!!: フェムトメートルと長さ · 続きを見る »

長さの比較

本項では、長さの比較(ながさのひかく)ができるよう、長さを昇順に表にする。.

新しい!!: フェムトメートルと長さの比較 · 続きを見る »

SI接頭辞

SI接頭辞(エスアイせっとうじ、SI prefix)は、国際単位系 (SI) において、SI単位の十進の倍量・分量単位を作成するために、単一記号で表記するSI単位(ただし、質量の単位は例外であってSI基本単位でない「g(グラム)」に適用する。)の前につけられる接頭辞である。 国際単位系 (SI) 国際文書第8版(2006年)日本語版や理科年表、日本工業規格(JIS Z 8203、JIS Z 8202、他多数)ではSI接頭語(エスアイせっとうご)と言う。また、計量単位令(政令)や計量単位規則(省令)では単に接頭語と言う。 SI接頭辞は、SIの構成要素として国際度量衡総会 (CGPM) によって決定されている。.

新しい!!: フェムトメートルとSI接頭辞 · 続きを見る »

湯川秀樹

湯川 秀樹(ゆかわ ひでき、1907年(明治40年)1月23日 - 1981年(昭和56年)9月8日)は、日本の理論物理学者。 京都府京都市出身。 原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる中間子の存在を1935年に理論的に予言した。1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが宇宙線の中からパイ中間子を発見したことにより、湯川の理論の正しさが証明され、これにより1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞した。 京都大学・大阪大学名誉教授。京都市名誉市民。1943年(昭和18年)文化勲章。位階勲等は従二位勲一等旭日大綬章。学位は理学博士。.

新しい!!: フェムトメートルと湯川秀樹 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: フェムトメートルと1956年 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: フェムトメートルと1964年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Femtometreユカワ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »