ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フィリップ大学マールブルク

索引 フィリップ大学マールブルク

マールブルク大学 フィリップ大学マールブルク(Philipps-Universität Marburg)は、ドイツのマールブルクにある大学。通称、マールブルク大学。.

53 関係: 大学三木清ナッサウ公国ミハイル・ロモノーソフマルティン・ハイデッガーマルゴート・ケースマンマールブルクハンナ・アーレントハンス・ゲオルク・ガダマーハインリヒ・シュッツモーリッツ (ヘッセン=カッセル方伯)モスクワ大学ヤーコプ・グリムユストゥス・リービッヒ大学ギーセンルーテル教会ルドルフ・オットールドルフ・カール・ブルトマンボリス・パステルナークヘルマン・コーエンヘッセン=ダルムシュタット方伯領プロテスタントプロイセン王国パウル・ナトルプフランクフルト・アム・マインフリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (ヘッセン選帝侯)フリードリヒ・パウルスフリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーフィリップ1世 (ヘッセン方伯)ドイツドイツの大学一覧ドイツ赤軍ニコライ・ハルトマンホセ・オルテガ・イ・ガセットウルリケ・マインホフエルンスト・カッシーラーエルンスト・ケーゼマンエーリヒ・アウエルバッハオーストリア帝国カルヴァン主義カール・バルトクリスティアン・メラーゴットフリート・ベンスターリングラード攻防戦元帥 (ドイツ)獨協大学福音主義神学新カント派改革派普墺戦争1527年...1607年1866年7月1日 インデックスを展開 (3 もっと) »

大学

ボローニャ大学における1350年代の講義風景を描いた写本挿絵 大学(だいがく、college、university)は、学術研究および教育における高等教育機関である。 日本の現在の学校教育制度では、高等学校もしくは中等教育学校卒業者、通常の課程による12年の特別教育を修了した者、またはこれと同等以上の学力を有する者を対象に専門的な高等教育を行うものとされている。学生の教育課程と修了要件の充足に応じて学位(短期大学士、学士、修士、専門職学位、博士)の学位授与を行う(なお、学位の名称・定義も国や地域によって異なる)。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと大学 · 続きを見る »

三木清

三木清 三木 清(みき きよし、1897年1月5日 - 1945年9月26日)は、(西田左派を含めた上での)京都学派の哲学者。弟に中国文学者の三木克己がいる。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと三木清 · 続きを見る »

ナッサウ公国

ナッサウ公国(独: Herzogtum Nassau)は、19世紀のドイツに存在し、ナッサウ家が統治していた領邦国家である。この領邦はライン同盟に加盟し、後にドイツ連邦に加盟したが、1866年の普墺戦争において敗れたオーストリア側についていたため、プラハ条約によりプロイセン王国に併合された。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとナッサウ公国 · 続きを見る »

ミハイル・ロモノーソフ

ミハイル・ワシリエヴィチ・ロモノーソフはロシアの博学者、科学者、作家。文学、教育、科学に関する業績を残している。とりわけ金星の大気の発見が重要。ロモノーソフは詩人でもあり、ロシア文章語の改革にも努めている。 同じくロシアの詩人アレクサンドル・プーシキンから「ロモノーソフ自身が大学である」と評価したことでも知られる。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとミハイル・ロモノーソフ · 続きを見る »

マルティン・ハイデッガー

マルティン・ハイデッガー(Martin Heidegger、1889年9月26日 - 1976年5月26日)は、ドイツの哲学者。ハイデガーとも表記される。フライブルク大学入学当初はキリスト教神学を研究し、フランツ・ブレンターノや現象学のフッサールの他、ライプニッツ、カント、そしてヘーゲルなどのドイツ観念論やキェルケゴールやニーチェらの実存主義に強い影響を受け、アリストテレスやヘラクレイトスなどの古代ギリシア哲学の解釈などを通じて独自の存在論哲学を展開した。1927年の主著『存在と時間』で存在論的解釈学により伝統的な形而上学の解体を試み、「存在の問い(die Seinsfrage)」を新しく打ち立てる事にその努力が向けられた。他、ヘルダーリンやトラークルの詩についての研究でも知られる。20世紀大陸哲学の潮流における最も重要な哲学者の一人とされる。その多岐に渡る成果は、ヨーロッパだけでなく、日本やラテンアメリカなど広範囲にわたって影響力を及ぼした。また1930年代にナチスへ加担したこともたびたび論争を起こしている。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとマルティン・ハイデッガー · 続きを見る »

マルゴート・ケースマン

マルゴート・ケースマン マルゴート・ケースマン(Margot Käßmann, 旧姓:シュルツェ、1958年6月3日 - )は、ドイツのルター派神学者である。1999年から2010年2月までハノーファー福音ルター派州教会監督であった。2009年10月から2010年2月までドイツ福音主義教会 (EKD) 常議員会議長の職に就いていた。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとマルゴート・ケースマン · 続きを見る »

マールブルク

マールブルク(Marburg、1977年まではMarburg (Lahn)が公式名称であった)は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州中部マールブルク=ビーデンコプフ郡の郡庁所在都市である。総合大学がある「ウニヴェルジテーツシュタット (Universitätsstadt)」(大学都市)である。ラーン川の河畔に位置する人口約 8 万人のこの都市は、ヘッセン州で7番目に大きな都市である。市域はラーン川の両岸に広がっており、西はグラーデンバッハ山地の中、東はラーンベルク(ラーン山地)を越えてアメーネブルク盆地の端にまで達している。 マールブルクは13世紀から都市権を有している。現在この街はギーセン行政管区の上級中心都市の機能を担っている。大きな中規模都市であるマールブルクは、ヘッセン州内の他の6つの中規模都市と共に、郡所属市としては特殊な地位にある。本市は郡の業務も処理しており、このため多くの点において郡独立市と同様の機能を有している。マールブルクには、プロテスタントが設立した総合大学で、現存する中で最も古いフィリップ大学マールブルクがあり、その建物や学生は現在も街の風景を創り出している。 マールブルク (Marburg) の名前は、この街がかつてのテューリンゲン方伯領とマインツ大司教領との境界 ("mar(c)") に位置していることに由来する。マールブルクの特筆すべき見所としては、聖エリーザベト教会、旧大学校舎、方伯の城とその麓に位置する地元では「オーバーシュタット」と呼ばれる旧市街が挙げられる。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとマールブルク · 続きを見る »

ハンナ・アーレント

ハンナ・アーレント(Hannah Arendt、1906年10月14日 - 1975年12月4日)は、ドイツ出身の哲学者、思想家である。ユダヤ人であり、ナチズムが台頭したドイツから、アメリカ合衆国に亡命した。のちに教鞭をふるい、主に政治哲学の分野で活躍し、全体主義を生みだす大衆社会の分析で知られる。「アーレント」は「アレント」とも表記する。 小惑星100027「Hannaharendt」は彼女に敬意を表して命名された。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとハンナ・アーレント · 続きを見る »

ハンス・ゲオルク・ガダマー

ハンス・ゲオルク・ガダマー(Hans-Georg Gadamer、1900年2月11日 - 2002年3月13日)は、ドイツの哲学者。解釈学(Hermeneutik)と名づけられる、言語テクストの歴史性に立脚した独自の哲学的アプローチで知られる。姓はガーダマーとも表記される。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとハンス・ゲオルク・ガダマー · 続きを見る »

ハインリヒ・シュッツ

ハインリヒ・シュッツ (クリストフ・スペトナー画。1650–60年頃、ライプツィヒ) ハインリヒ・シュッツ(Heinrich Schütz, 1585年10月8日(ユリウス暦)/10月18日(グレゴリオ暦)ケストリッツ - 1672年11月6日 ドレスデン-->)は、ドイツの作曲家、ドレスデン宮廷楽長。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとハインリヒ・シュッツ · 続きを見る »

モーリッツ (ヘッセン=カッセル方伯)

ヘッセン=カッセル方伯モーリッツ、マテウス・メーリアンによる版画 モーリッツ(Landgraf Moritz von Hessen-Kassel, 1572年5月25日 - 1632年3月15日)は、ヘッセン=カッセル方伯(在位:1592年 - 1627年)。ヴィルヘルム4世とヴュルテンベルク公クリストフの娘ザビーネの子。学者伯(der Gelehrte)と呼ばれた。 1604年に叔父のヘッセン=マールブルク方伯ルートヴィヒ4世が子の無いまま死去、遺言でヘッセン=カッセルとヘッセン=ダルムシュタットに分割相続すること、教義をルター派から改宗しないことと取り決めた。しかし、モーリッツはヘッセン=マールブルク方伯領を全て併合、教義もルター派からカルヴァン派に改宗したため、従弟のヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世と対立、1627年に退位、息子のヴィルヘルム5世に伯位を譲り、1632年にエシュヴェーゲで亡くなった。 音楽の後援者であり、ハインリヒ・シュッツとジョン・ダウランドの援助を行っていた。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとモーリッツ (ヘッセン=カッセル方伯) · 続きを見る »

モスクワ大学

モスクワ大学(モスクワだいがく)は、ロシア・モスクワにある国立大学。正式名称は、M.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとモスクワ大学 · 続きを見る »

ヤーコプ・グリム

リム兄弟(絵画) ヤーコプ・ルートヴィヒ・カール・グリム (1785年1月4日 - 1863年9月20日) は、ドイツの言語学者で文学者および法学者。また、ドイツの文献学および古代史研究の礎をも築いたといわれる。その生涯と業績は弟のヴィルヘルム・グリムのそれと密接に絡み合っており、その部分についてはグリム兄弟の項を参照。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとヤーコプ・グリム · 続きを見る »

ユストゥス・リービッヒ大学ギーセン

ユストゥス・リービッヒ大学ギーセン(Justus-Liebig-Universität Gießen)は、1607年にヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世によりドイツ・ヘッセン州ギーセンに設立された、400年以上の歴史を持つドイツ語圏にて最も古い大学の一つである。 1929年ヘッセン州の統合に伴いマールブルク大学と共に国立大学となり、現在25,000人以上の学生数と4,500人以上の大学教職員数(内教授数300人以上)を誇る。同市内にあるギーセン工科大学と合わせると、ドイツ国内で最大の学生数となる。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとユストゥス・リービッヒ大学ギーセン · 続きを見る »

ルーテル教会

ルーテル教会(ルーテルきょうかい、, )は、マルティン・ルターによりドイツに始まる、キリスト教の教派または教団。ルター派(ルターは)とも呼ばれる。プロテスタントの一つであり、全世界に推定8260万人の信徒が存在する。発祥の地ドイツを始め、北欧諸国では国民の大半がルター派であり、そこから移民が渡った先のアメリカ合衆国、カナダ、ブラジル等の南アメリカ各国でも信徒数が多い。 パッヘルベル、J.S.バッハ、テレマン、メンデルスゾーンなど著名な音楽家が多く所属し、作曲家や音楽家に縁がある教会としても知られる。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとルーテル教会 · 続きを見る »

ルドルフ・オットー

ルドルフ・オットー ルドルフ・オットー(Rudolf Otto, 1869年9月25日-1937年3月6日)は、ドイツの哲学者、宗教哲学者。マールブルク大学の教授。 イマヌエル・カントとド・フリースの研究から、崇高で聖なるものとは、という問題意識を持つようになり、宗教哲学の研究に移行した。代表作は、『聖なるもの』(1917年)で宗教学の重要な原典である。キリスト教の教義に依拠せず、哲学の立場から宗教にどうアプローチするかということになると、オットーにたどり着くといわれる。 神聖で、それでいて道徳や習俗、認識とは別途のものを彼は、「ヌミノーゼ」という概念で呼ぶ。その他、彼には神秘学、罪、宗教哲学概説、といった分野の業績がある。古代インド神話学にも通じていた。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとルドルフ・オットー · 続きを見る »

ルドルフ・カール・ブルトマン

ルドルフ・カール・ブルトマン(Rudolf Karl Bultmann, 1884年8月20日 - 1976年7月30日)は、20世紀を代表するドイツの新約聖書学者。新約聖書の史的・批判的研究に一時代を築くとともに、聖書の非神話化または実存論的解釈を提唱し、キリスト教内外に様々な議論を引き起こした。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとルドルフ・カール・ブルトマン · 続きを見る »

ボリス・パステルナーク

ボリス・レオニードヴィチ・パステルナーク(Борис Леонидович Пастернак、ラテン文字表記:Boris Leonidovich Pasternak、1890年2月10日 - 1960年5月30日)は、ロシアおよびソ連の詩人、小説家、文学翻訳者。1960年、肺癌により死去。詩集『我が妹 人生』はロシア語で出版された文学作品で最も影響力を持つ作品の一つである。また、彼が翻訳したゲーテ、シラー、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ウィリアム・シェークスピアの作品はロシアの民衆にとって未だ人気が高い。 ロシア国外においてパステルナークは『ドクトル・ジバゴ』の作者として最も名高い。『ドクトル・ジバゴ』はソ連において発禁処分となり、密かに国外に持ち出され、1957年にイタリアで刊行された。パステルナークは1958年にノーベル文学賞の受賞が決定したが、『ドクトル・ジバゴ』の出版とパステルナークのノーベル賞受賞は共にソ連共産党にとって侮辱的で許しがたい出来事であった。ソ連国家保安委員会(KGB)とソ連作家同盟による反対運動の末、パステルナークは受賞辞退に渋々同意することとなった。ノーベル委員会への受賞辞退の手紙では、ソ連当局の反応が辞退の唯一の理由であると述べられていた。パステルナークの受賞に対する反対活動はソ連の国際的信用を傷つけることとなった。彼は今日までロシア文学界に於ける主要人物である。さらに、パステルナークが始めた反体制活動はアレクサンドル・ソルジェニーツィンやその他の反体制活動家によって引き継がれ、洗練され、拡大していった。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとボリス・パステルナーク · 続きを見る »

ヘルマン・コーエン

ーエンのリトグラフ ヘルマン・コーエン(Hermann Cohen, 1842年7月4日 - 1918年4月4日)は、ドイツのユダヤ人哲学者。「コーヘン」とも呼ばれる。新カント派マールブルク学派の創設者の1人として知られ、ときに「19世紀で最も重要なユダヤ人哲学者」と称せられる。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとヘルマン・コーエン · 続きを見る »

ヘッセン=ダルムシュタット方伯領

ヘッセン=ダルムシュタット方伯の紋章、1736年 1789年のヘッセン=ダルムシュタット(小豆色で示された地域) ヘッセン=ダルムシュタット方伯領(Landgrafschaft Hessen-Darmstadt)は、神聖ローマ帝国の領邦国家。1567年にヘッセン方伯フィリップ1世の4人の息子達がヘッセン方伯領を分割相続した際に成立し、首都をダルムシュタットにおいた。ナポレオン戦争の結果として1806年に神聖ローマ帝国が消滅すると、ヘッセン=ダルムシュタットはヘッセン大公国に昇格した。 ヘッセン=ダルムシュタット方伯領は、ヘッセン方伯フィリップ1世の4人の息子達のうち一番年下のゲオルク1世の相続領として成立した。 1604年にヘッセン=マールブルク方伯領の相続人が絶えると、マールブルク方伯領の継承をめぐってカルヴァン派領邦のヘッセン=カッセルとルター派領邦のヘッセン=ダルムシュタットの間で長期間にわたる激しい対立関係が生じた。ヘッセン=カッセルの影響下にあったマールブルク大学がカルヴァン派大学だったため、ヘッセン=ダルムシュタット方伯家はこれに対抗して1607年にルター派大学のギーセン大学を創設した。同族関係にあるヘッセン=カッセルとヘッセン=ダルムシュタットの争いは三十年戦争にまで及び、前者がプロテスタント側で戦ったのに対し、後者は神聖ローマ皇帝軍に味方をした。 1803年の帝国代表者会議主要決議に伴う聖俗の諸領邦の世俗化と陪臣化により、ヘッセン=ダルムシュタットは広大な近隣地域を自領に併合することができた。ヘッセン=ダルムシュタットに組み込まれた主な地域としては、ケルン大司教領の一部だったヴェストファーレン公国、マインツ大司教領やヴォルムス司教領の一部があった。1806年の神聖ローマ帝国消滅に際して、ヘッセン家の家長であるヘッセン(=カッセル)選帝侯ヴィルヘルム1世が廃位され領国を没収されると、時のヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ10世はヘッセン大公を号した。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとヘッセン=ダルムシュタット方伯領 · 続きを見る »

プロテスタント

プロテスタント(Protestantism、Protestant)は、宗教改革運動を始めとして、カトリック教会(または西方教会)から分離し、特に(広義の)福音主義を理念とするキリスト教諸教派を指す。日本ではカトリック教会(旧教)に対し、「新教」(しんきょう)ともいう。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとプロテスタント · 続きを見る »

プロイセン王国

プロイセン王国(プロイセンおうこく、Königreich Preußen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。 プロイセンの語源となったプルーセンはドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政のプロイセン州となった。(#歴史).

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとプロイセン王国 · 続きを見る »

パウル・ナトルプ

パウル・ナトルプ(Paul Gerhard Natorp, 1854年1月24日 - 1924年8月17日 )は、ドイツの哲学者。 デュッセルドルフ生まれ。マールブルク大学の教授を務めた。コーエンとともに、新カント派のマールブルク学派を形成。 科学の認識論的基礎付け、プラトン的イデア論に基く哲学、意志とイデアの陶冶による社会的教育学を説いた。 弟子にガダマー、ハルトマン、パステルナーク またブランシュヴィックはナトルプの科学の認識論基礎付けに影響を受けた。 生前の彼の全蔵書は『ナトルプ文庫』として成城大学図書館が所蔵している。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとパウル・ナトルプ · 続きを見る »

フランクフルト・アム・マイン

マインハッタン」とも呼ばれるフランクフルト・アム・マインのスカイライン フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州に属す郡独立市である。一般にフランクフルトと通称される。人口 72万人を超えるヘッセン州最大の都市(2016年現在)であり、ドイツ全体でもベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市である。 (PDF, 25.1 MB)(2013年2月28日 閲覧)、広義のライン=マイン大都市圏の総人口は550万人である。--> 中世以来、フランクフルトはドイツの中心都市の一つであった。794年には初めて文献に記録され、中世盛期の帝国自由都市であった。13世紀のライン都市同盟に参加している。 1806年まで神聖ローマ皇帝の選挙が行われる諸侯会議が開催された地であり、1562年以降は皇帝の戴冠式もこの都市で挙行された。1816年からドイツ連邦の議会がフランクフルト自由都市で開催され、1848年から49年にかけてはフランクフルト国民議会が開催された。1866年の普墺戦争により都市国家としての独立を喪失し、プロイセンに併合された。フランクフルトの人口は、1875年に10万人、1928年には50万人を超えた。 現在のフランクフルトは国際金融の中心地であり、工業や産業の中心でもある。経済的側面から世界都市の一つに数えられており、欧州中央銀行、ドイツ連邦銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドイツ復興金融公庫、、(ヘラバ)の本社がある。ここに挙げきれない金融機関も多数存在する。  工業・産業・交通の要衝でもある。メッセ・フランクフルトは、世界最大の見本市会場の一つである。フランクフルト空港は世界最大級のハブ空港であり、鉄道についてもヨーロッパ最大級のターミナル駅であるフランクフルト中央駅がある。また、道路においてもフランクフルト・ジャンクションはドイツで最も自動車交通量が多いジャンクションの1つである。フランクフルトの は、データ転送量において世界最大のインターネット中継点である。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとフランクフルト・アム・マイン · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (ヘッセン選帝侯)

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (ヘッセン選帝侯) フリードリヒ・ヴィルヘルム1世(Friedrich Wilhelm I, Kurfürst von Hessen, 1802年8月20日 - 1875年1月6日)は、ヘッセン選帝侯(在位:1847年 - 1866年)。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとフリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (ヘッセン選帝侯) · 続きを見る »

フリードリヒ・パウルス

フリードリヒ・ヴィルヘルム・エルンスト・パウルス(Friedrich Wilhelm Ernst Paulus, 1890年9月23日 - 1957年2月1日)は、第二次世界大戦期のドイツの軍人、陸軍元帥。スターリングラードに包囲され、ソ連軍の捕虜になった。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとフリードリヒ・パウルス · 続きを見る »

フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー

フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー(Friedrich Carl von Savigny, 1779年2月21日 - 1861年10月25日)は、ドイツのローマ法学者。近代私法(民法・国際私法)の基礎を築いた法学者であり、大学教授、またプロイセンの枢密顧問 (Staatsrat)、裁判官、法律改正大臣でもあった。妻のクニグンデ・ブレンターノはブレンターノ兄弟姉妹の1人。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとフリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー · 続きを見る »

フィリップ1世 (ヘッセン方伯)

若き日のフィリップ像(ヴァルトブルク城蔵) フィリップ1世(Philipp I., der Großmütige(寛大公),1504年11月13日 - 1567年3月31日)は、ヘッセン方伯(在位:1509年 - 1567年)。宗教改革でプロテスタント側を支援し、ザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒと共にシュマルカルデン同盟を結成して神聖ローマ皇帝カール5世に反抗した。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとフィリップ1世 (ヘッセン方伯) · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとドイツ · 続きを見る »

ドイツの大学一覧

ハイデルベルク大学 ドイツ最大の大学、ハーゲン通信大学 ドイツの大学一覧(ドイツのだいがくいちらん)は、ドイツにおける公立、もしくは公的に認可された高等教育機関(以下「大学」と総称)の一覧である。 ドイツの大学は総合大学(Hochschule)とファッハホーホシューレ (Fachhochschule, FH, 専門大学)に大別される。前者への入学にはアビトゥーア資格、後者はアビトゥーア資格またはFH入学資格が必要となる。 2008年-2009年冬学期の時点で、ドイツには合計394の大学が存在する。このうち総合大学 (Universität) が104校、専門大学 (Fachhochschule) が189校、芸術大学 (Kunsthochschule) が51校、神学大学 (Theologische Hochschule) が14校、教育大学 (Pädagogische Hochschule) が6校、そして行政大学校(Verwaltungsfachhochschule, 上級公務員養成のための大学)が30校である。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとドイツの大学一覧 · 続きを見る »

ドイツ赤軍

ドイツ赤軍(ドイツせきぐん、Rote Armee Fraktion, RAF)は、1968年結成のドイツ連邦共和国(西ドイツ)における最も活動的な極左の民兵組織、テロリスト集団。バーダー・マインホフ・グルッペ(Baader-Meinhof-Gruppe)との名称も使用した。ドイツ語名の直訳は「赤軍派」だが、日本では「ドイツ赤軍」または「西ドイツ赤軍」の呼称が一般的である。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとドイツ赤軍 · 続きを見る »

ニコライ・ハルトマン

ニコライ・ハルトマン(Nicolai Hartmann (Nikolajs Hartmanis), 1882年2月20日 - 1950年10月9日)は、ドイツの哲学者。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとニコライ・ハルトマン · 続きを見る »

ホセ・オルテガ・イ・ガセット

ホセ・オルテガ・イ・ガセット(José Ortega y Gasset、、1883年5月9日 - 1955年10月18日)は、スペインの哲学者。主著に『ドン・キホーテをめぐる思索 (Meditaciones del Quijote)』(1914年)、『大衆の反逆』 (La rebelión de las masas)(1929年)などがある。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとホセ・オルテガ・イ・ガセット · 続きを見る »

ウルリケ・マインホフ

ウルリケ・マリー・マインホフ(Ulrike Marie Meinhof、1934年10月7日 - 1976年5月9日)は、西ドイツのテロリスト、ジャーナリスト。ドイツ赤軍の創設者、指導者の一人。1960年代末から70年代初頭にかけてドイツ全土で、銀行強盗、誘拐、爆破テロを行ない、逮捕後、裁判中に獄死した。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとウルリケ・マインホフ · 続きを見る »

エルンスト・カッシーラー

ッシーラー エルンスト・カッシーラー(Ernst Cassirer、1874年7月28日 - 1945年4月13日)は、ユダヤ系のドイツの哲学者、思想史家。新カント派に属し、“知識の現象学”を基礎にしながら、シンボル=象徴体系としての文化に関する壮大な哲学を展開した。 息子のも新カント派の哲学者となった。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとエルンスト・カッシーラー · 続きを見る »

エルンスト・ケーゼマン

ルンスト・ケーゼマン(Ernst Käsemann, 1906年7月12日 - 1998年2月17日)は、ルター派の神学者で聖書学者。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとエルンスト・ケーゼマン · 続きを見る »

エーリヒ・アウエルバッハ

ーリヒ・アウエルバッハ(Erich Auerbach, 1892年11月9日 - 1957年10月13日)は、ドイツ出身の文献学者、比較文学研究者、文芸評論家である。彼の最もよく知られている著作である『ミメーシス』は、古代から現代までのヨーロッパ文学における表現の歴史をテーマとしている。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとエーリヒ・アウエルバッハ · 続きを見る »

オーストリア帝国

ーストリア帝国(オーストリアていこく、Kaisertum Österreich)は、1804年の成立から1867年のオーストリア=ハンガリー帝国への改組まで、オーストリアのハプスブルク=ロートリンゲン家(以下、単に「ハプスブルク家」と呼ぶ)がオーストリア皇帝として支配した多民族国家。 前身の、オーストリア大公国やボヘミア王国・ハンガリー王国などの同君連合国家群だった時代と、オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の時代とをあわせて、ハプスブルク帝国と総称される。 厳密には第一次世界大戦敗戦までオーストリア帝国は存続しているが、本記事ではアウスグライヒまでを扱う。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとオーストリア帝国 · 続きを見る »

カルヴァン主義

ルヴァン主義(カルヴァンしゅぎ、Calvinism)とは、すべての上にある神の主権を強調する神学体系、およびクリスチャン生活の実践である。 宗教改革の思想家ジャン・カルヴァンにちなんでカルヴァン主義と名づけられている。このプロテスタントのキリスト教は、改革派の伝統、改革派信仰、改革派神学と呼ばれる。 改革派の伝統は、マルチン・ブツァー、ハインリヒ・ブリンガー、フルドリッヒ・ツヴィングリなどの神学者によって進展し、また、トマス・クランマーら英語圏の宗教改革者にも影響を与えた。 それでも、ジャン・カルヴァンの大きな影響と信仰告白、教会の議論における役割のため、これは17世紀から、一般にカルヴァン主義として知られている。 今日、この語はカルヴァンが初期の指導者であった改革派教会の教理と実践を意味する。またこの神学体系は予定説と全的堕落の教理により、最もよく知られている。 日本語では「カルビン主義」表記で知られる。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとカルヴァン主義 · 続きを見る »

カール・バルト

ール・バルト(Karl Barth, 1886年5月10日 - 1968年12月10日)は、20世紀のキリスト教神学に大きな影響を与えたスイスの神学者。その思想は弁証法神学や危機神学、あるいは新正統主義と呼ばれる(バルト自身は自らの神学を「神の言葉の神学」と呼んでいる)。1934年、ナチス・ドイツの政策に従うドイツ福音主義教会(DEK)に対して結成された告白教会の理論的指導者となり、バルメン宣言を起草した。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとカール・バルト · 続きを見る »

クリスティアン・メラー

リスティアン・メラー(Christian Möller, 1940年4月29日 - )は、ドイツの神学者。ハイデルベルク大学の実践神学 (Praktische Theologie) の名誉教授でもある。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとクリスティアン・メラー · 続きを見る »

ゴットフリート・ベン

ットフリート・ベンのスケッチ ゴットフリート・ベン(Gottfried Benn, 1886年5月2日 - 1956年7月7日)は、ドイツ・表現主義文学の代表的な詩人。 ブランデンブルク州マンスフェルト(現の一部)の牧師の息子として生まれる。母はフランス系スイス人。当初は父の意向に随って神学・文献学をマールブルク大学、フリードリヒ・ヴィルヘルム大学(現ベルリン大学)で学んだが、その後志望を変更し、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム大学軍医養成大学で医学、生物学を学んだ。 1912年に卒業して軍医となり、同年に最初の詩集『モルグ』を発表。医学・生物的知識を活用したグロテスクな表現でセンセーションを起こした。第一次大戦中、1915年から17年まで軍医としてブリュッセルに滞在、ここで本格的に詩作を開始し、小説集『医師レンネ』(1916年)や、詩集『肉』(1917年)『瓦礫』(1924年)などを発表する。1933年から34年にかけて一時ナチスに傾倒し、これを賛美する論文を書くも、のちに誤りを悟り反ナチスの態度をとり、1938年に文学活動を禁じられた。1943年から1945年までドイツ国防軍に軍医として身を投じており、「貴族的亡命」と称したこの行動は反ファシズム陣営から批判を受けた。 戦後はベルリンで皮膚・性病科の開業医を営みしばらく沈黙していたが、1948年『静学詩篇』を刊行して復活し一躍世界的名声を獲得。現実から超越した形式・美学を追求し、若い世代にも影響を与えた。1956年、70歳の誕生日の2か月後にベルリンで死去。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとゴットフリート・ベン · 続きを見る »

スターリングラード攻防戦

ターリングラード攻防戦(スターリングラードこうぼうせん(英語Battle of Stalingrad)、1942年6月28日 - 1943年2月2日)は、第二次世界大戦の独ソ戦において、ソビエト連邦領内のヴォルガ川西岸に広がる工業都市スターリングラード(現ヴォルゴグラード)を巡り繰り広げられた、ドイツ、ルーマニア、イタリア、ハンガリー、およびクロアチアからなる枢軸軍とソビエト赤軍の戦いである。 スターリングラードは元来ドイツ軍のブラウ作戦における副次的目標の一つに過ぎなかったが、戦略上の要衝の地であったことに加え、時のソビエト連邦最高指導者ヨシフ・スターリンの名を冠した都市でもあったことから熾烈な攻防戦となり、史上最大の市街戦に発展、やがては日露戦争の奉天会戦や第一次世界大戦のヴェルダンの戦いを上回る動員兵力、犠牲者、ならびに経済損失をもたらす野戦に拡大した。 緒戦は枢軸軍側の優位に進み、市街地の90%以上を占領したものの、最終的にはソ連軍側の反攻により、ドイツ第6軍を主軸とする枢軸軍が包囲され、降伏した。独ソ戦の趨勢を決し、第二次世界大戦の全局面における決定的な転換点のひとつとなった。米国の軍史家イヴァン・ミュージカントはこの戦を「ミッドウェイ海戦、エル・アラメインの戦い、第三次ソロモン海戦」と同じく第二次世界大戦の転換点であると位置づけている。 死傷者数はソンムの戦いなどの第一次世界大戦の激戦を遥かに超える規模で、枢軸側が約85万人、ソビエト側が約120万人、計200万人前後と見積もられた。街は瓦礫の山と化し、開戦前に60万を数えた住民が終結時点でおよそ9800名にまで激減。第二次世界大戦最大の激戦、また13世紀の「バグダッド包囲殲滅戦」(モンゴル帝国)などと並ぶ人類全史上でも屈指の凄惨な軍事戦であったと目されている。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクとスターリングラード攻防戦 · 続きを見る »

元帥 (ドイツ)

元帥(げんすい)は、ドイツ軍人にとって、尉官、佐官、将官を超える軍人に与えられる最高位の階級である。 陸軍、空軍では、海軍ではと呼ばれた。 日本語ではいずれも「元帥」か、もしくは海軍のGroßadmiralについては「大提督」と訳される。本項では、帝政ドイツ成立(1871年)以降のドイツにおける元帥位について述べる。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと元帥 (ドイツ) · 続きを見る »

獨協大学

記載なし。

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと獨協大学 · 続きを見る »

福音主義神学

福音主義神学(Evangelische Theologie)は学問の一分野である。福音主義という概念は宗教改革によって誕生したルター派、改革派教会に結びついている。福音主義神学は旧約聖書学、新約聖書学、教会史、組織神学(教義学、キリスト教倫理および実践神学)によって構成されている。宣教学、教会法、その他の科目が加えられることもある。宗教改革の教会に関する神学として、福音主義神学は啓示の資料としての聖書、初代教会とその神学的伝統の上に成立している。福音主義神学において、聖書の記述と伝統的信仰理解関して、保守派からリベラル派、批判的見解を持つ神学者たちが存在している。神学研究は他の学問諸部門と対論を試みている。神学形成の本質的働きはキリスト教会の諸活動を支援することである。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと福音主義神学 · 続きを見る »

新カント派

新カント派 (しんカントは、Neukantianismus)は、1870年代から1920年代にドイツで興ったカント的な認識論復興運動およびその学派である。新カント学派とも。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと新カント派 · 続きを見る »

改革派

改革派(かいかくは).

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと改革派 · 続きを見る »

普墺戦争

普墺戦争(ふおうせんそう、Deutscher Krieg)は、1866年に起こったプロイセン王国とオーストリア帝国との戦争。当初は、オーストリアを盟主とするドイツ連邦が脱退したプロイセンに宣戦するという形で開始されたが、その後ドイツ連邦内にもプロイセン側につく領邦が相次ぎ、連邦を二分しての統一主導権争いとなった。ケーニヒグレーツの戦いでプロイセン軍がオーストリア軍に完勝し、戦争は急速に終結した。7週間戦争やプロイセン=オーストリア戦争とも呼ばれる。この戦争によって、ドイツ統一はオーストリアを除外してプロイセン中心に進められることになった。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと普墺戦争 · 続きを見る »

1527年

記載なし。

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと1527年 · 続きを見る »

1607年

記載なし。

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと1607年 · 続きを見る »

1866年

記載なし。

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと1866年 · 続きを見る »

7月1日

7月1日(しちがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から182日目(閏年では183日目)にあたり、年末まであと183日ある。誕生花はアジサイ、ベゴニア。.

新しい!!: フィリップ大学マールブルクと7月1日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

マールブルク大学マールブルグ大学

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »