ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ファウラー法

索引 ファウラー法

ファウラー法 (Fowlar process) は、炭化水素もしくは部分的にフッ素化されたそれらの誘導体を気体状態でフッ化コバルト(III) と反応させることにより、フルオロカーボン類を合成する方法である。.

13 関係: マンハッタン計画ローヌ・プーランブリストルデュポンフルオロカーボンフッ化コバルト(II)フッ化コバルト(III)フッ素インペリアル・ケミカル・インダストリーズウラン濃縮六フッ化ウラン第二次世界大戦炭化水素

マンハッタン計画

マンハッタン計画(マンハッタンけいかく、Manhattan Project)は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツなどの一部枢軸国の原子爆弾開発に焦ったアメリカ、イギリス、カナダが原子爆弾開発・製造のために、科学者、技術者を総動員した計画である。計画は成功し、原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験を実施した。さらに、広島に同年8月6日・長崎に8月9日に投下、合計数十万人が犠牲になり、また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。 科学部門のリーダーはロバート・オッペンハイマーがあたった。大規模な計画を効率的に運営するために管理工学が使用された。 なお、計画の名は、当初の本部がニューヨーク・マンハッタンに置かれていたため、一般に軍が工区名をつける際のやり方に倣って「マンハッタン・プロジェクト」とした。最初は「代用物質開発研究所 (Laboratory for the Development of Substitute Materials)」と命名されたが、これを知った(後にプロジェクトを牽引することになる)レズリー・グローヴスが、その名称は好奇心を掻き立てるだけであるとして新たに提案したのが採用されたものである。.

新しい!!: ファウラー法とマンハッタン計画 · 続きを見る »

ローヌ・プーラン

ーヌ・プーランク(Rhône-Poulenc )は、かつて存在したフランスの化学・製薬企業。.

新しい!!: ファウラー法とローヌ・プーラン · 続きを見る »

ブリストル

ブリストル(; )は、イギリス西部の港湾都市。サウス・ウェスト・イングランドの典礼カウンティにあるユニタリー(単一自治体)であり、ロンドンの西169キロで、カーディフの東71キロの位置である。 2007年中頃にブリストルだけで416,400人の人口と推計され、近隣の居住者も一緒にすると約561,500人と推計される。これは、イングランドで6番目、イギリス全体で見ても8番目に人口が多く、サウス・ウェスト・イングランドで最も人口の多い都市である。サマセットとグロスタシャーのカウンティに接し、南東には歴史的な都市バースがあり、北にはグロスターが位置する。エイボン川に沿って形勢されており、それが流入するブリストル海峡にも接している。.

新しい!!: ファウラー法とブリストル · 続きを見る »

デュポン

デュポン(Du Pont)は、アメリカ合衆国の化学系複合企業。.

新しい!!: ファウラー法とデュポン · 続きを見る »

フルオロカーボン

フルオロカーボン (fluorocarbon) とは、炭素-フッ素結合を持つ有機化合物の総称。化学反応がおきにくく、温度を変化させても安定である。炭化水素の水素原子を全てフッ素原子で置き換えたものはパーフルオロカーボンと呼ばれる。 冷蔵庫やエアコンの冷媒や、精密電子部品の洗浄剤などに用いられる。 フルオロカーボンの2016年度日本国内生産量は 58,748 t、工業消費量は 55,245 t である。.

新しい!!: ファウラー法とフルオロカーボン · 続きを見る »

フッ化コバルト(II)

フッ化コバルト(II)(フッかコバルト に、cobalt(II) fluoride)は、桃色の結晶性固体で、金属生産のような酸素に敏感な場で使われる。水には難溶である。.

新しい!!: ファウラー法とフッ化コバルト(II) · 続きを見る »

フッ化コバルト(III)

フッ化コバルト(III)(フッかコバルト さん、cobalt(III) fluoride)は、化学式が CoF3 の無機化合物である。反応性の高い吸湿性の茶色の固体で、有機フッ素化合物の合成に使われるCoe, P. L. (2004).

新しい!!: ファウラー法とフッ化コバルト(III) · 続きを見る »

フッ素

フッ素(フッそ、弗素、fluorine)は原子番号 9 の元素。元素記号はラテン語のFluorumの頭文字よりFが使われる。原子量は 18.9984 で、最も軽いハロゲン元素。また、同元素の単体であるフッ素分子(F2、二弗素)をも示す。 電気陰性度は 4.0 で全元素中で最も大きく、化合物中では常に -1 の酸化数を取る。反応性が高いため、天然には蛍石や氷晶石などとして存在し、基本的に単体では存在しない。.

新しい!!: ファウラー法とフッ素 · 続きを見る »

インペリアル・ケミカル・インダストリーズ

1980年代ICIがスポンサードをしていた頃のウィリアムズF1マシン。コクピットまわりの黄色地部分に、青い丸型のICI社ロゴがあしらわれている。 インペリアル・ケミカル・インダストリーズ(Imperial Chemical Industries, 略称:ICI)はイギリス・ロンドンのマンチェスター・スクエア (Manchester Square) に本部を置く世界有数の化学企業グループ。塗料から食品やポリマー、電子部品、香料や食品添加物などの機能性製品まで、幅広い商品群を製造販売している。従業員は約32,000人。2008年1月2日にオランダの化学メーカー、アクゾ・ノーベルの傘下へ入った。.

新しい!!: ファウラー法とインペリアル・ケミカル・インダストリーズ · 続きを見る »

ウラン濃縮

ウラン濃縮(ウランのうしゅく)とは、核分裂性のウラン235の濃度を高めるために行う同位体分離である。.

新しい!!: ファウラー法とウラン濃縮 · 続きを見る »

六フッ化ウラン

六フッ化ウラン(ろくフッかウラン)は、化学式 UF6 で示される化合物。常温では固体だが約 56.5 ℃ で昇華して気体になる。 空気中の少量の水分と反応してフッ化水素 (HF) を放出する。 核燃料を得るために、ウランの同位体である 238U と 235U を分離する作業が行われる。これをウラン濃縮といい、六フッ化ウランの気体を遠心分離器などの装置に供給して行う。ウランをフッ化させる理由は、単体のウランを気化させ続けるには約 3800 ℃ の高温が必要だが、前述の通り六フッ化ウランは沸点が低く、処理の開始から完了まで気体の状態を維持するのが容易であること、フッ素が単核種元素であり、六フッ化ウランの式量の差は全てウランの質量数の差に由来することにある。.

新しい!!: ファウラー法と六フッ化ウラン · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ファウラー法と第二次世界大戦 · 続きを見る »

炭化水素

炭化水素(たんかすいそ、hydrocarbon)は炭素原子と水素原子だけでできた化合物の総称である。その分子構造により鎖式炭化水素と環式炭化水素に大別され、更に飽和炭化水素、不飽和炭化水素、脂環式炭化水素、芳香族炭化水素などと細分化される 金沢大学教育学部附属高等学校 化学 Ib 学習テキスト。炭化水素で最も構造の簡単なものはメタンである。 また、石油や天然ガスの主成分は炭化水素やその混合物であり、石油化学工業の原料として今日の社会基盤を支える資源として欠くべからざる物である。.

新しい!!: ファウラー法と炭化水素 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

フォウラー法

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »