ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ビブリオフィリア

索引 ビブリオフィリア

ビブリオフィリア(、Bibliophile、Bibliophilie)は、本(書籍)に対する愛を発露する人のこと。愛書家。書物崇拝狂などと呼ばれたりもする。日本では慣用的にビブロフィリアとも表記される。 「読書家は本の内容あるいは本を読むという行為が好きな者である。一方、愛書家は“書籍”という物体を愛する者である。」と定義的に言及されることもある。 書籍を愛好する性癖および書籍を収集する習慣はビブリオフィリズム(bibliophilism、書籍愛好)と呼ばれる(形容詞形は、bibliophilic)。.

9 関係: 強迫性障害マルクス・トゥッリウス・キケロティトゥス・ポンポニウス・アッティクスウィリアム・グラッドストンコレクション1583年1824年

強迫性障害

強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、Obsessive–compulsive disorder, OCD)は、不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神障害の一種である。1994年以前は強迫神経症の診断名であった。同じ行為を繰り返してしまう「強迫行為」と、同じ思考を繰り返してしまう「強迫観念」からなる。アメリカ精神医学会発行のDSM-IV(精神障害の診断と統計マニュアル)において、不安障害に分類されている。多くはその行為に日あたり1時間以上を費やしてしまう。2013年のDSM-5では強迫症の診断名も併記される。 その原因は不明である。同様の症状を生み出す複数の疾患の基盤にある連続性に注目し、それらを強迫スペクトラム障害 (OCSD) として、その特異な関連の研究が行われている。このスペクトラムには自閉症、アスペルガー症候群、チック、トゥレット障害、抜毛症、皮膚むしり症、自傷行為、身体醜形恐怖、摂食障害、依存症などが含まれている。 人口の約2.3%は、人生のある時点で強迫性障害を経験する。年間の患者数は、全世界では約1.2%ほど。35歳以降で発症することは少なく、患者の半数は20歳以下で発症している。男性も女性も、ほぼ等しく発症する。 治療は主に心理療法によって行い、認知行動療法(CBT)や曝露反応妨害法(ERP)などが用いられ、時には薬物療法(SSRI)などが行われる。治療されなければ、その症状は数十年続きえる。.

新しい!!: ビブリオフィリアと強迫性障害 · 続きを見る »

マルクス・トゥッリウス・キケロ

マルクス・トゥッリウス・キケロ(Marcus Tullius Cicero, 紀元前106年1月3日 - 紀元前43年12月7日)は、共和政ローマ末期の政治家、文筆家、哲学者である。ラテン語でギリシア哲学を紹介し、プラトンの教えに従う懐疑主義的な新アカデメイア学派から出発しつつ、アリストテレスの教えに従う古アカデメイア学派の弁論術、修辞学を評価して自身が最も真実に近いと考える論証や学説を述べ、その著作『義務について』はラテン語の教科書として採用され広まり、ルネサンス期にはペトラルカに称賛され、エラスムス、モンテスキュー、カントなどに多大な影響を与えた。キケロの名前に由来するイタリア語の「チチェローネ」という言葉は「案内人」を意味するが、ギリシア哲学の西洋世界への案内人として果たした多大な影響をよく物語っている。.

新しい!!: ビブリオフィリアとマルクス・トゥッリウス・キケロ · 続きを見る »

ティトゥス・ポンポニウス・アッティクス

ティトゥス・ポンポニウス・アッティクス(Titus Pomponius Atticus, 紀元前110年 - 紀元前32年)は、共和政ローマ期の知識人。マルクス・トゥッリウス・キケロとは親友であり、アッティクスあての多くの書簡が存在する。 由緒ある家柄のエクィテス(騎士階級)の家系に生まれる。当時のローマでも屈指の知識人の1人であったが、エピクロス哲学を信奉して、公職に就くことはなかった。だが、紀元前85年のルキウス・コルネリウス・キンナの反乱において中立的態度を取ったことが非難を招き、それに嫌気をさしたアッティクスはローマを離れてアテナイに移住、以後の生活の拠点とした。 マルクス・キケロとは幼馴染であり、その弟クィントゥスに自分の妹ポンポニアを娶わせるほどの仲であった。また、アテナイを訪れたルキウス・コルネリウス・スッラとも親交を結んでいる。さらに紀元前58年に母方の叔父の遺言によって膨大な遺産の相続人に指定されたこともあって、莫大な資産家となった。 その後、彼はかつての古代ギリシア文明の中心地でありながら衰微したアテナイの再興のために、私財を提供する一方で自ら出版業を始めた。当時の出版業は社会的身分は高くなく、アッティクスのような上流階層の家柄の人間が行う仕事ではなかった。だが、彼は利益の追求よりも一介の文人として出版を通じてアテナイの文芸を再興し、さらにその影響を受け続けてきた祖国・ローマの文芸の振興に繋げようという目的をもって行ってきたと考えられている。 ローマがガイウス・ユリウス・カエサルらポプラレス(民衆派)とキケロやグナエウス・ポンペイウスといったオプティマテス(閥族派)との内戦でもアッティクスは政治的中立を維持し、両派からとも親交を失うことはなかった。現にアッティクスは親友キケロがカエサルの跡を継いだマルクス・アントニウスとオクタウィアヌスによって殺害されながらも、自身の娘ポンポニアをオクタウィアヌスの右腕マルクス・ウィプサニウス・アグリッパに嫁がせた。 キケロの書簡には自分の著作の校訂・出版に関するアッティクスとのやりとりの存在やアッティクスの下に多くの写本係や校訂係が居た事などが記されており、当時の出版の状況を断片的ながら明らかにしている。.

新しい!!: ビブリオフィリアとティトゥス・ポンポニウス・アッティクス · 続きを見る »

ウィリアム・グラッドストン

ウィリアム・ユワート・グラッドストン(William Ewart Gladstone, 、1809年12月29日 - 1898年5月19日)は、イギリスの政治家。 ヴィクトリア朝中期から後期にかけて、自由党を指導して、4度にわたり首相を務めた(第一次: 1868年-1874年、第二次: 1880年-1885年、第三次: 1886年、第四次: 1892年-1894年)。 生涯を通じて敬虔なイングランド国教会の信徒であり、キリスト教の精神を政治に反映させることを目指した。多くの自由主義改革を行い、帝国主義にも批判的であった。好敵手である保守党党首ベンジャミン・ディズレーリとともにヴィクトリア朝イギリスの政党政治を代表する人物として知られる。.

新しい!!: ビブリオフィリアとウィリアム・グラッドストン · 続きを見る »

コレクション

驚異の部屋の一隅を描いた絵画 コレクション(Collection)は、ものを広く集めること、また集められたもの。収集、収集物、所蔵品。「収集」は「蒐集」とも書く。趣味としての収集活動に対して使われることが多いが、博物館や美術館等の所蔵作品群や、近年では作家の著作集などに対しても用いられている。 服飾においてはファッションデザイナーや服飾ブランドが開催する展示会及びその作品群を指す。ただし英語ではファッションウィーク(fashion week)と呼ぶのが一般的である(詳細はファッションショーを参照)。また日本では一般的ではないが、英語圏では募金、寄付金、献金、集金などのこともコレクションと呼ぶ。.

新しい!!: ビブリオフィリアとコレクション · 続きを見る »

代的な本 本(部分) 本(ほん)は、書籍(しょせき)または書物(しょもつ)とも呼ばれ、木、竹、絹布、紙等の軟質な素材に、文字、記号、図画等を筆写、印刷し、糸、糊等で装丁・製本したもの(銭存訓(1990)p.208)。狭義では、複数枚の紙が一方の端を綴じられた状態になっているもの。この状態で紙の片面をページという。本を読む場合はページをめくる事によって次々と情報を得る事が出来る。つまり、狭義の本には巻物は含まれない。端から順を追ってしかみられない巻物を伸ばして蛇腹に折り、任意のページを開ける体裁としたものを折り本といい、折本の背面(文字の書かれていない側)で綴じたものが狭義の「本」といえる。本文が縦書きなら右綴じ、本文が横書きなら左綴じにする。また、1964年のユネスコ総会で採択された国際的基準は、「本とは、表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から成る、印刷された非定期刊行物」と、定義している。5ページ以上49ページ未満は小冊子として分類している。 内容(コンテンツ)的にはほぼ従来の書籍のようなものでも、紙などに文字を書いたり印刷するのではなく、電磁的または光学的に記録・再生されるものやネットワークで流通させるものは、電子書籍という。.

新しい!!: ビブリオフィリアと本 · 続きを見る »

愛(あい、love、amour)について解説する。.

新しい!!: ビブリオフィリアと愛 · 続きを見る »

1583年

記載なし。

新しい!!: ビブリオフィリアと1583年 · 続きを見る »

1824年

記載なし。

新しい!!: ビブリオフィリアと1824年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ビブロフィリア愛書家書物崇拝狂

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »