ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヒンドコ語

索引 ヒンドコ語

ヒンドコ語(ہندکو, हिन्दको)は、インド語派に属する言語である。話者は、パキスタンやインド北部に居住するヒンドコワン(Hindkowans)の人々である。また、アフガニスタンのHindkiの人々も話者である。 ヒンドコ語は、パンジャーブ語のラフンディー方言に属する南ヒンドキー方言と位置づけられることもある。(または北ヒンドキー方言と南ヒンドキー方言を合わせて。).

15 関係: 南アジアナスタアリーク体パンジャーブ州 (パキスタン)パンジャーブ州 (インド)パンジャーブ語パキスタンデーヴァナーガリーアフガニスタンアザド・カシミールインドインド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派インド語群カイバル・パクトゥンクワ州ジャンムー・カシミール州

南アジア

南アジア(みなみアジア)は、アジア南部の地域。インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブの各国を含む地域。.

新しい!!: ヒンドコ語と南アジア · 続きを見る »

ナスタアリーク体

ナスタアリーク体(ナスタアリークたい、 nastaʕlīq)は、アラビア書道の書体の一つ。.

新しい!!: ヒンドコ語とナスタアリーク体 · 続きを見る »

パンジャーブ州 (パキスタン)

パンジャーブ州(パンジャーブ語: پنجاب、پنجاب、Punjab)は、パキスタンの州。インドのパンジャーブ州とともにパンジャーブ地方に含まれる。人口はパキスタンの行政区画中で一番多く、9,100万人を超える。州都はラホール(لاہور, Lahore)。州内にはほかにラーワルピンディー(راولپنڈی, Rawalpindi)やファイサラーバード(فیصل آباد, Faisalabad)などの都市がある。.

新しい!!: ヒンドコ語とパンジャーブ州 (パキスタン) · 続きを見る »

パンジャーブ州 (インド)

パンジャーブ州(ਪੰਜਾਬ、पंजाब、Punjab)は、インド北西部の州。州都はチャンディーガル。.

新しい!!: ヒンドコ語とパンジャーブ州 (インド) · 続きを見る »

パンジャーブ語

パンジャーブ語(パンジャーブご、Panjabi or Punjabi、グルムキー文字: ਪੰਜਾਬੀ, シャームキー文字)は、インドとパキスタンにまたがるパンジャーブ地方の言語である。パンジャービー語とも称される。インド・アーリア語派に属し、語順はSOV型である。 話者数で言えば、南アジアの言語のうち、ヒンディー語・ベンガル語に次ぐ規模を持ち、世界的に見ても大言語であるが、そのわりにパンジャーブ語の社会的な地位は必ずしも高くない。.

新しい!!: ヒンドコ語とパンジャーブ語 · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: ヒンドコ語とパキスタン · 続きを見る »

デーヴァナーガリー

デーヴァナーガリーの表記例。「ヒンディー」と書かれている。 ナーガリー文字の銅板文書(1035年) '''デーヴァナーガリーが描かれた垂れ幕''' ヒンドゥー教の聖地バラナシ市街の様子 デーヴァナーガリー()はインドの文字。アブギダに属する音素文字で、ヒンディー語、マラーティー語、ネパール語などの表記に用いられるほか、古典語のサンスクリットなどの表記にも用いる。 インド憲法では、デーヴァナーガリーで表記されたヒンディー語を連邦公用語と規定している 。.

新しい!!: ヒンドコ語とデーヴァナーガリー · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: ヒンドコ語とアフガニスタン · 続きを見る »

アザド・カシミール

アザド・カシミール( 、、略称:AJK)は、パキスタンが実効支配している地域の1つである。アーザード・カシミールと伸ばした読み方もされる。意味は「自由なカシミール」。 ギルギット・バルティスタン州とともに「パキスタンの実効支配しているカシミール」(Pakistan-administered Kashmir)と呼ばれる。地域首府はムザファラバードである。東はインドのジャンムー・カシミール州と接する。.

新しい!!: ヒンドコ語とアザド・カシミール · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: ヒンドコ語とインド · 続きを見る »

インド・ヨーロッパ語族

インド・ヨーロッパ語族(インド・ヨーロッパごぞく)は、ヨーロッパから南アジア、北アジア、アフリカ、南アメリカ、北アメリカ、オセアニアにかけて話者地域が広がる語族である。印欧語族(いんおうごぞく、いんのうごぞく)と略称される。この語族に属する言語を公用語としている国は100を超える。.

新しい!!: ヒンドコ語とインド・ヨーロッパ語族 · 続きを見る »

インド・イラン語派

インド・イラン語派(インド・イランごは)とは、インド・ヨーロッパ語族の主要な語派の一つ。サテム語に属す。約四千年前、はさまざまな言語に分化して、やがてイランやインドの諸古典語になった。その諸古典語のなかにはアヴェスター語、 サンスクリット語、 古代ペルシア語などがある。次第にその古典語から現代的言語のヒンディー語やペルシア語になっていった。 また歴史的にこれらの言語はアラビア語の影響を強く受けた言語が多く、またインド語派の諸言語はドラヴィダ諸語に大きな影響を与えた。 古典語はインド・ヨーロッパ語の基本的な形式をよく保っているが、現代語では大きく変化し、例えば名詞の性を失ったもの(現代ペルシア語やベンガル語など)もある。.

新しい!!: ヒンドコ語とインド・イラン語派 · 続きを見る »

インド語群

*.

新しい!!: ヒンドコ語とインド語群 · 続きを見る »

カイバル・パクトゥンクワ州

イバル・パクトゥンクワ州(خیبر پختون خواہ, Khaībar Pakhtūnkhwā 、Khyber Pakhtunkhwa)は、パキスタンの州の1つ。旧称である北西辺境州(North-West Frontier Province)でも知られる。州都ペシャーワルは隣接する連邦直轄部族地域(Federally Administered Tribal Areas、FATA)の行政中心地にも指定されている(そのためFATAの首府は域内にはない。また、カイバル・パクトゥンクワ州に含まれることがある)。 州の北部は州直轄部族地域(Provincially Administered Tribal Areas、PATA)に指定されている。なお、PATA(州直轄部族地域)はFATA(連邦直轄部族地域)とは異なり、カイバル・パクトゥンクワ州に属している。 アフガニスタンとの国境を接するが、国境線(デュアランド・ライン)周辺やペシャーワルと近接するワジリスタンは紛争(ワジリスタン紛争)が起きており、情勢が不安定である。その一方で、北部の森林地帯は美しい風景が楽しめる観光地となっている。.

新しい!!: ヒンドコ語とカイバル・パクトゥンクワ州 · 続きを見る »

ジャンムー・カシミール州

ャンムー・カシミール州 (जम्मू और कश्मीर、ज्वम त॒ कॅशीर / جۄم تٕہ کٔشِیر、مقبوضہ کشمیر、Jammu and Kashmir)は、インド最北部の州。.

新しい!!: ヒンドコ語とジャンムー・カシミール州 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »