ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

パレスチナ独立戦争

索引 パレスチナ独立戦争

パレスチナ独立戦争もしくはパレスチナ・アラブ反乱(1936–39 Arab revolt in Palestine、המרד הערבי הגדול)は、イギリス委任統治領パレスチナのパレスチナ・アラブ人が大量のユダヤ人入植への反発とイギリス植民地支配に対し独立を求め起こした民族主義反乱であるMorris, 1999, p. 136.

54 関係: 労働シオニズム反シオニズム市民社会保安局 (イギリス)地中海艦隊 (イギリス)ナーブルスペタフ・ティクヴァネゲヴハーバート・サミュエル (初代サミュエル子爵)ハイム・ヴァイツマンハイファハガナーバルフォア宣言バーナード・モントゴメリーヤッファヨルダン川レボリューションヌーリー・アッ=サイードヘブロンパレスチナ人ヒッティーンの戦いツファットテルアビブファッラーヒーンダドリー・パウンドベト・シェアン嘆きの壁事件アミーン・フサイニーアリーヤーアーチボルド・ウェーヴェル (初代ウェーヴェル伯爵)アーサー・ハリスアッコアドルフ・ヒトラーイラクインド国民会議イエメンイギリス委任統治領パレスチナイギリス陸軍イシューブイスラエルエツェルエジプトオスマン帝国ガリラヤ湖シオニスト会議スペイン内戦スエズ運河サラーフッディーンサウジアラビア国際連盟...Colony第一次世界大戦最高指揮官戒厳 インデックスを展開 (4 もっと) »

労働シオニズム

労働シオニズム(ろうどうしおにずむ、Labor Zionism、Labour Zionism、ヘブライ語:ציונות סוציאליסטית)とは、シオニズム運動左派において主流派を形成する政治思想。東中欧で行われてきたユダヤ系労働運動のうち、シオニズム部門を自認しており、相当数のユダヤ人を擁する殆どの国々において、地域支部の展開が見られた。 ただし、テオドール・ヘルツルやハイム・ヴァイツマンらをイデオローグとする政治的シオニズムとは異なり、ユダヤ人国家は国際社会なりイギリスやドイツ、オスマン帝国なりといった大国に訴えるだけでは成立しないと主張。寧ろユダヤ人労働者階級がパレスチナに入植し、農村部のキブツやモシャヴと都市部のユダヤ人プロレタリアートとで、進歩主義的な社会を創り上げる事によってのみ可能と考えたのである。 1930年代までには、国際的にもイギリス委任統治領パレスチナにおいても規模、影響力の面で、政治的シオニズムを凌駕してゆく。なおイギリス委任統治領パレスチナは当時、労働シオニストが独立前のユダヤ人共同体であるイシューブ、就中労働組合の連合体であるヒスタドルートの多くを支配下に置いていた。 1948年に発生した第一次中東戦争では中心的な役割を果たし、同年のイスラエル建国以後数10年にわたり、イスラエル軍を指揮する上で支配権を確立。主唱者としては、モーゼス・ヘスやダヴィド・ベン=グリオン、ゴルダ・メイアらが挙げられる。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と労働シオニズム · 続きを見る »

反シオニズム

反シオニズム(はんシオニズム)は政治的、宗教的にシオニズムに反対する幾つかの異なる観点を述べるのに使われる概念である。反シオニズムは「シオニズム」という語でに対して共通の形式で現れる場合もあるが、それらの背景や思想には大きな開きがあり、1つの現象と看做すことはできない。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と反シオニズム · 続きを見る »

市民社会

市民社会 (civil society) とは多義的な概念であり、一義的な定義は困難である。「市民社会」と訳出される原語も多岐にわたり、例えば「Bürgerliche Gesellschaft」という語も市民社会と訳されるが、その意味合いは「civil society」と異なっている。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と市民社会 · 続きを見る »

保安局 (イギリス)

保安局(ほあんきょく、、SS)は、イギリスの国内治安維持に責任を有する情報機関である。MI5(Military Intelligence Section 5、軍情報部第5課)として知られている。本部はロンドンミルバンク11番、テムズハウス。 内務大臣の管轄下にあるが、内務省との組織上のつながりはない。また、、スパイやテロリストの逮捕は、ロンドン警視庁(スコットランドヤード)が担当する。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と保安局 (イギリス) · 続きを見る »

地中海艦隊 (イギリス)

地中海艦隊(ちちゅうかいかんたい、Mediterranean Fleet)は、イギリス海軍の中で本国艦隊の次に重視していた艦隊で、フランス海軍とイタリア海軍に対抗する存在であった。イギリスが世界帝国を維持していた当時、最重要の植民地であるインドへの航路(イギリス海域から地中海を通りスエズ運河)の制海権を確保する事が最大の任務となっていた。 地中海と大西洋の境目にある要衝ジブラルタルと、地中海の真ん中にあるマルタ島、スエズ運河の入り口のアレクサンドリア、東地中海のキプロス島に主要な海軍基地を持っていた。 第二次世界大戦後は相次ぐ植民地の独立に合わせてイギリス海軍も縮小され、地中海艦隊も1967年に解体された。その後、イギリス海軍に代わって地中海の覇権を確立したのがアメリカ海軍で、現在でも地中海に第6艦隊を常駐させている。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と地中海艦隊 (イギリス) · 続きを見る »

ナーブルス

ナーブルス(Nāblus、Nābulus、نابلس 、שכם )は、パレスチナ自治区、ヨルダン川西岸地区(ユダヤ・サマリア地区)北部のナーブルス県の県都。 2014年の人口は14万6500人。 ゲリジム山とエバル山の間にある。 市内とゲリジム山麓の村にはサマリア人社会がある。 ユダヤ教の隠れた聖地の一つでもある。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とナーブルス · 続きを見る »

ペタフ・ティクヴァ

ペタフ・ティクヴァ(, )は、イスラエル中央地区に位置する都市である。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とペタフ・ティクヴァ · 続きを見る »

ネゲヴ

ネゲヴ砂漠の遺跡 ネゲヴ(נֶגֶב、ティベリア式発声: Néḡeḇ、النقب an-Naqab、Negev)は、イスラエル南部の砂漠地方である。そもそもは聖書ヘブライ語(古典ヘブライ語)で「南」の意。同国の行政上の南部地区の大部分を占める。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とネゲヴ · 続きを見る »

ハーバート・サミュエル (初代サミュエル子爵)

初代サミュエル子爵ハーバート・ルイス・サミュエル(Herbert Louis Samuel, 1st Viscount Samuel, 、1870年11月6日 - 1963年2月5日)は、イギリスの政治家・外交官・思想家・貴族。 自由党の政治家で自由党政権(あるいは自由党参加政権)で閣僚職を歴任した。1931年にロイド・ジョージの後を受けて自由党党首に就任した。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とハーバート・サミュエル (初代サミュエル子爵) · 続きを見る »

ハイム・ヴァイツマン

ハイム・アズリエル・ヴァイツマンまたはハイム・アズリエル・ワイツマン、カイム・アズリエル・ワイズマン(he: חיים עזריאל ויצמן / en: Chaim Azriel Weizmann(Chajim -, Haim - とも), 1874年11月27日 - 1952年11月9日) は、イスラエルの政治家・化学者。シオニスト運動の指導者で、初代イスラエル大統領。 1968年発行の旧50イスラエル・リラ紙幣から1978年発行の旧5シェケル紙幣まで肖像が使用されていた。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とハイム・ヴァイツマン · 続きを見る »

ハイファ

ハイファ(、、Ḥefa、Haifa)は、イスラエルハイファ地区にある都市である。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とハイファ · 続きを見る »

ハガナー

ハガナー()は、かつて存在したユダヤ人の軍事組織。イスラエル国防軍の基礎となった。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とハガナー · 続きを見る »

バルフォア宣言

バルフォア宣言(バルフォアせんげん、英:Balfour Declaration)とは、第一次世界大戦中の1917年11月2日に、イギリスの外務大臣アーサー・バルフォアが、イギリスのユダヤ系貴族院議員である第2代ロスチャイルド男爵ライオネル・ウォルター・ロスチャイルドに対して送った書簡で表明された、イギリス政府のシオニズム支持表明。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とバルフォア宣言 · 続きを見る »

バーナード・モントゴメリー

初代アラメインのモントゴメリー子爵 バーナード・ロー・モントゴメリー(Bernard Law Montgomery, 1st Viscount Montgomery of Alamein, 、1887年11月17日 - 1976年3月24日)はイギリスの陸軍軍人、政治家。モンティ(Monty)の愛称で呼ばれた。又、モンゴメリーと呼ばれることもある。 十分な軍備を整えた上で作戦行動に移ることを基本方針としたため、批判もされたが、確実な勝利を得る堅実さで部下の士気を高めた。 モントゴメリーとゲオルギー・ジューコフは、第二次大戦中最も成功した「守備的な将軍」だったとも評されている.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とバーナード・モントゴメリー · 続きを見る »

ヤッファ

ヤーファー旧港 ヤッファ(、, Jaffa)は、イスラエルテルアビブ地区テルアビブにある地区である。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とヤッファ · 続きを見る »

ヨルダン川

ヨルダン川(נָהָר יַרְדֵּן Nehar ha-Yarden 、 Nahr al-Urdunn)は、中東の国際河川。「下降する川」を意味する。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とヨルダン川 · 続きを見る »

レボリューション

レボリューション、レヴォリューション().

新しい!!: パレスチナ独立戦争とレボリューション · 続きを見る »

ヌーリー・アッ=サイード

ヌーリー・パシャ・アッ=サイード(アラビア語:نوري باشا السعيد、‘Nuri Pasha al-Said、1888年 - 1958年7月15日)は、イギリス委任統治領メソポタミア時代とイラク王国時代のイラクの政治家である。幾つもの重要な閣僚ポストを歴任し、首相を計7期務めた。 最初に首相に任命されたのはイギリス統治時代の1930年のことである。王政時代にはイラク政界の実力者だった。数度にわたる首相在任中、近代イラク国家を形作った幾つかの重要な政治決定にも関わっており、にも調印した。イラクの独立に向けての条約だったが、イギリス軍の国内駐留と通過を認め、イギリスにイラクの石油の支配権も認めるものであった。この条約でイギリスによるイラク国内政治への関与が縮小されるというのは名ばかりで、実際にはイラクはイギリスの経済的・軍事的権益と衝突しない領域でしか行動できない状態であった。条約により名目的な独立は進み始め、1932年にイギリスの委任統治が終了した。ヌーリーは常にイラク国内に残留し続けるイギリス勢の支持者であった。これらの政策は論争を引き起こすことなった。 多くの敵にとって論争の的になり、クーデターの余波で2度もイラクから逃れることになった。1958年の王政打倒クーデター(7月14日革命)が起きる頃には、民衆にとって嫌われる存在となっていた。彼の政策は親イギリス的であり、イラクの社会状況の変化への対応に失敗したと信じられていた。当時、貧困と社会的格差が広がっており、ヌーリーはそれらの対応に失敗している体制の象徴となった。また、富裕層の利益を護るよりも弾圧することを選んだ。1958年7月15日(7月14日革命の翌日)、女性に変装して国外に逃れようとしたが、捕まり殺害された。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とヌーリー・アッ=サイード · 続きを見る »

ヘブロン

ヘブロン、アラビア語ではアル=ハリール(パレスチナではイル・ハリールとも)(חֶבְרוֹן, Hebron, chebhron, الخليل, al-Ḫalīl)は、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区南端のヘブロン県の県都。 エルサレムの南に位置するユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地の一つ。 2014年の人口は20万2200人。旧市街が2017年に世界遺産リストに登録された(世界遺産センター、2017年7月8日閲覧)。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とヘブロン · 続きを見る »

パレスチナ人

パレスチナ人()は、パレスチナ地方に居住するアラブ人を独立した民族として捉えた場合の呼称。語源はペリシテ人だが、直接の関係は無い。イスラエルは、パレスチナ人を指してもっぱら「アラブ人」を用いるが、民族的に「アラブ人」と同一であっても、ユダヤ教徒なら「ユダヤ人」と呼ばれる。そのため、イスラエルへの対抗として、パレスチナ人に対して「アラブ人」の呼称を使わないようにする呼びかけもある。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とパレスチナ人 · 続きを見る »

ヒッティーンの戦い

ヒッティーンの戦い(معركة حطين,, 1187年7月4日)は、エルサレム王国と アイユーブ朝のサラーフッディーン率いるイスラム勢力の間に起こった戦い。この戦いに勝利したサラーフッディーンは進軍を継続して同年10月に聖地エルサレムの奪回に成功し、エルサレム王国を崩壊寸前(沿岸部に多少の領土を残すのみ)まで追い込んだ。地名については、ハッティーン (en)とも言う。 戦場はティベリア近郊、死火山の跡で「ヒッティーンの角」と呼ばれる二つの丘のある地域で、アッコンより東へ向かう道から北側の山地を抜けてティベリアへと向かう道の途上にある。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とヒッティーンの戦い · 続きを見る »

ツファット

ツファット(צְפַת, Tzəphāt‘, Zefat)は、イスラエル北部・ガリラヤ地方の都市。ガリラヤ湖の北に位置する。アラビア語ではサフェド、サファド(صفد Safad)。ユダヤ教の聖地(四聖都の一つ)。 16世紀以来、ユダヤ教神秘主義・カバラ学の中心地となり、イツハク・ルリア・ヨセフ・カロなどが指導者だった。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とツファット · 続きを見る »

テルアビブ

テルアビブ(תֵּל־אָבִיב, Tel Aviv)は、イスラエルの人口第2位の都市である(第1位はエルサレム)。テル・アヴィヴ とも表記される。 基礎自治体(市)の名はテルアビブ・ヤフォ (תֵּל־אָבִיב-יָפוֹ) であり、市名の中のヤフォ/ヤーファーとは1950年に合併した市である。 イスラエルの経済・文化の中心地かつ中東有数の世界都市。イスラエルはエルサレムが「首都」であると宣言しているが、国際社会はこれを認めておらず、各国がテルアビブに大使館を置くなど、テルアビブを事実上の首都とみなしている。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とテルアビブ · 続きを見る »

ファッラーヒーン

ャルル・グレール『三人のファッラー』(''Trois fellahs'')、1835年 ファッラーヒーン(ファラヒン、فَلاحين, Fallaheen / Fallahin, 単数形: ファッラー、ファラー、فَلاح, Fallah)またはフェッラーヒーン(フェラヒン、فِلاحين, Fellaheen / Fellahin, 単数形: フェッラー、フェラー、فِلاح, Fellah)とは、中東に住む農民、農夫、農業労働者を意味する言葉。アラビア語で「耕す人」を意味する語に由来する。 イスラム教が中東に広まった時期、各地に支配者として移住したアラブ人(遊牧民ベドウィンなども含む)と、征服された土地に住む被支配層の農民(エジプト民族、シリア民族など)らを区別するためにファッラーヒーンという語が使用された。後に、単に地方の住民や農民を指す語としても使われるようになった。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とファッラーヒーン · 続きを見る »

ダドリー・パウンド

ー・アルフレッド・ダドリー・ピックマン・ロジャーズ・パウンド(Alfred Dudley Pickman Rogers Pound 1877年8月29日 - 1943年10月21日)元帥はイギリス海軍の軍人で、職業軍人の最高位である第一海軍卿を1939年6月から1943年9月まで務めた。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とダドリー・パウンド · 続きを見る »

ベト・シェアン

ベテ・シュアン(בֵּית שְׁאָן Beth Šəān; بيسان, Beesān, Beisan or Bisan; Beit She'an)は旧約聖書に登場する、「シュアンの家」という意味のヘブル語にちなんだ地名である。ヨルダン川渓谷とイズレエル渓谷が交わる位置にあり、古代は都市が栄えた。現在はイスラエルの北部地区に属する都市が建設されており、報道などではベイト・シェアン(ベート・シェアン)と表記される。人口は2009年時点で16,900人。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とベト・シェアン · 続きを見る »

嘆きの壁事件

嘆きの壁事件(なげきのかべじけん)は、1929年8月にイギリス委任統治領パレスチナのエルサレムにある嘆きの壁で発生したアラブ人とユダヤ人の武力衝突。この事件がきっかけとなって約1週間の間にヘブロン()やツファット()などパレスチナ各地でアラブ人による一連のユダヤ人襲撃が起こった。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と嘆きの壁事件 · 続きを見る »

アミーン・フサイニー

ハーッジ・ムハンマド・アミーン・アル=フサイニー(hājj Muhammad Amīn al-husaynī, 1895年 - 1974年7月4日)はパレスチナのアラブ人で、汎アラブ主義者。エルサレム大ムフティー、議長、全パレスチナ政府(PLL)大統領、パレスチナ民族評議会議長。父の、兄のもエルサレムの大ムフティーであった。ハジ・アミン・アル・フセイニと表記されることもある。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とアミーン・フサイニー · 続きを見る »

アリーヤー

アリーヤーもしくはアリヤー(עלייה、『上ること』の意味)は、ユダヤ人によるエレツ・イスラエル(:en:Eretz Israelイスラエルの地)への移民を言う。アリヤーはシオニズム思想の根本的な教義である。 反対に、ユダヤ人がイスラエルから移民することをイェリダー(ירידה.、『下ること』の意味)という。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とアリーヤー · 続きを見る »

アーチボルド・ウェーヴェル (初代ウェーヴェル伯爵)

初代ウェーヴェル伯爵アーチボルド・パーシヴァル・ウェーヴェル元帥(Field Marshal Archibald Percival Wavell, 1st Earl Wavell, 、1883年5月5日 - 1950年5月24日)は、イギリスの軍人、政治家、貴族。 第二次世界大戦開戦時に中東駐留軍司令官の地位にあり、北アフリカ戦線でエルヴィン・ロンメル率いるドイツ軍と対峙したが、敗北して1941年に解任される。その後インド駐留軍司令部司令官・ABDA司令部司令官としてアジア方面で日本軍との戦闘の指揮を執るも再び敗北。1943年10月からインド総督に就任し、行政分野に転じた。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とアーチボルド・ウェーヴェル (初代ウェーヴェル伯爵) · 続きを見る »

アーサー・ハリス

初代准男爵、サー・アーサー・トラヴァース・ハリス(Sir Arthur Travers Harris, 1st Baronet,GCB,OBE,, 1892年4月13日 - 1984年4月5日)は、イギリスの軍人である。最終階級は空軍元帥。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とアーサー・ハリス · 続きを見る »

アッコ

thumb アッコ(、、)は、イスラエル北部の西ガリラヤ地方に位置する北部地区にある市。「アッコ」はヘブライ語での読み方であり、アラビア語ではアッカー(アッカ)と呼ばれる。また、アッコン、アクレ、アークル、サン・ジャン・ダクル()などとも呼ばれる。新約聖書ではヘレニズム時代の呼称であるトレマイもしくはプトレマイスとして言及される。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とアッコ · 続きを見る »

アドルフ・ヒトラー

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ドイツの政治家。ドイツ国首相、および国家元首であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。 1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。その冒険的な外交政策はドイツを第二次世界大戦へと導くことになった。また、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を主導したことでも知られる。敗戦を目の前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とアドルフ・ヒトラー · 続きを見る »

イラク

イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とイラク · 続きを見る »

インド国民会議

インド国民会議(インドこくみんかいぎ、英語:Indian National Congress、略称:INC、ヒンディー語:भारतीय राष्ट्रीय कांग्रेस)は、インドの政党。日本語では慣例的に国民会議派、あるいはコングレス党(Congress Party)とも称される。世界では中国共産党に次いで規模が大きい政党であり、民主主義国家の中では世界最大の政党となる。中道左派で民主社会主義を掲げる場合もあるが、同時に保守およびポピュリズムの傾向や、インドの財界・財閥との関係も強い。さらに経済政策に新自由主義の傾向があるとされる場合もあり、包括政党の様相を呈している。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とインド国民会議 · 続きを見る »

イエメン

イエメン共和国(イエメンきょうわこく、الجمهورية اليمنية)、通称イエメンは、中東のアラビア半島南端部に位置する共和制国家である。ただし、インド洋上の島々の一部も領有している。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とイエメン · 続きを見る »

イギリス委任統治領パレスチナ

イギリス委任統治領パレスチナ(イギリスいにんとうちりょうパレスチナ、British Mandate for Palestine、الانتداب البريطاني على فلسطين、המנדט הבריטי על פלשתינה א"י)は、国際連盟によりパレスチナに創設された、イギリスが統治を行う委任統治領である。パレスチナは、16世紀以来この地を治めていたオスマン帝国から、第一次世界大戦後にイギリス帝国の委任統治下に入った領土である。イギリスは1918年にこの地の占領統治を開始し、1920年から高等弁務官による民政を開始して実質的に植民統治を開始していた。 委任統治領パレスチナの決議案は1922年7月24日に国際連盟理事会で公式に承認され、1923年9月26日に発効した.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とイギリス委任統治領パレスチナ · 続きを見る »

イギリス陸軍

イギリス陸軍の非儀式用旗 イギリス陸軍(イギリスりくぐん、British Army)は、イギリス連合王国(United Kingdom)の陸軍。現在では、海軍、空軍と共にイギリス軍を構成している。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とイギリス陸軍 · 続きを見る »

イシューブ

イシューブ()は、イスラエル建国前のパレスチナ地域におけるユダヤ人の共同体である。 西暦70年のローマ帝国軍とのエルサレム占領により、ユダヤ人は弾圧されパレスチナから追放され安住の地を求め離散した。しかし、ローマ軍に占領された旧領土に留まったユダヤ人は、独自の共同体を持ち続けた(旧イシューブ)。旧領土に留まったユダヤ人のうちイスラム教やキリスト教に改宗し、アラビア語を話すようになった人々の子孫がパレスチナ人である、という説もある。 その後、19世紀後半にヨーロッパ諸国から離散したユダヤ人の子孫がパレスチナに「帰還」し、当時のオスマン帝国ならびに英国委任統治領であったパレスチナに新たなユダヤ人共同体を構築した(新イシューブ)。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とイシューブ · 続きを見る »

イスラエル

イスラエル国(イスラエルこく、מְדִינַת יִשְׂרָאֵל メディナット・イスラエル、دولة إسرائيل ダウラト・イスラーイール、State of Israel )、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。 イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とイスラエル · 続きを見る »

エツェル

イルグンの射撃訓練(1947年) ユダヤ民族軍事機構(ユダヤみんぞくぐんじきこう、הארגון הצבאי הלאומי בארץ ישראל ハ-イルグン・ハ-ツヴァイ・ハ-レウミー・ベ-エレッツ・イスラエル)は、ユダヤ人の武装組織。ヘブライ語の略称「エツェル」(אצ"ל)もしくは、英語では組織名の最初の部分を取った「イルグン」(ארגון、Irgun)と呼ばれるのが一般的。ちなみに「イルグン」とはヘブライ語の一般名詞で「組織、機構」という意がある。 イシューブ(イギリス委任統治領パレスチナのユダヤ人社会)の軍事組織ハガナーから脱退した対アラブ強硬派により結成され、そのため「ハガナー・ベート(ב、すなわちB)」とも呼ばれた。シオニズムの中でも領土の拡大維持を重視し理想主義的な修正主義シオニズムの流れを汲む。そのために現実的なシオニズム本流の「指導部」からは疎まれ、また危険視すらされた。 エツェルは1931年に創設。指導者はゼエヴ・ジャボチンスキーであったが、彼の死後は後にイスラエル首相となるメナヘム・ベギンが後継者となった。 パレスチナ内戦および第一次中東戦争では主流派ハガナーによるアラブ人住民追放計画の一端を担い、デイル・ヤシーン事件などアラブ人住民の虐殺も起こした。ハガナー主体のイスラエル国防軍への指揮系統統一に反対し、最終的に国防軍に制圧された。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とエツェル · 続きを見る »

エジプト

プト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、جمهورية مصر العربية)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とエジプト · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とオスマン帝国 · 続きを見る »

ガリラヤ湖

リラヤ湖 ガリラヤ湖(ガリラヤこ、、)は、イスラエル北部地区に位置する、国内最大の湖である。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とガリラヤ湖 · 続きを見る »

シオニスト会議

ニスト会議(しおにすとかいぎ)は、ユダヤ人代表会議であり、第一回目は1897年にスイスのバーゼルで、テオドール・ヘルツルのイニシアティヴの下に、シオニズムという語を作ったナータン・ビルンバウムの協力を得て開かれた。目標を、「パレスチナにユダヤ人のための、国際法によって守られたふるさとを作る」とまとめられた。 考量されているのは、.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とシオニスト会議 · 続きを見る »

スペイン内戦

ペイン内戦(スペインないせん、Guerra Civil Española、英語Spanish Civil War1936年7月 - 1939年3月)は、第二共和政期のスペインで勃発した軍事クーデターによる内戦。マヌエル・アサーニャ率いる左派の人民戦線政府(共和国派)と、フランシスコ・フランコを中心とした右派の反乱軍(ナショナリスト派)とが争った。反ファシズム陣営である人民戦線をソビエト連邦が支援し、欧米市民知識人らも数多く義勇軍として参戦、フランコをファシズム陣営のドイツ・イタリアが支持・直接参戦するなどした。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とスペイン内戦 · 続きを見る »

スエズ運河

運河(スエズうんが、アラビア語:قناة السويس)は、エジプトのスエズ地峡(スエズちきょう)に位置し、地中海と紅海(スエズ湾)を結ぶ、海面と水平な人工運河である。船だけではなく、大東電信会社の電信ケーブルも運河を通った。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とスエズ運河 · 続きを見る »

サラーフッディーン

ラディン(サラーフ・アッ=ディーン、الملك الناصر أبو المظفّر صلاح الدين يوسف بن أيّوب 、クルド語:Selaheddînê Eyûbî、1137年または1138年 - 1193年3月4日)は、エジプト、アイユーブ朝の始祖。現イラク北部のティクリート出身で、アルメニアのクルド一族の出自である。 本名をユースフ(・ブン・アイユーブ)(アイユーブの息子ユースフの意。ユースフはヨセフの、アイユーブはヨブのアラビア語形。)。サラーフッディーン とは「宗教/信仰()の救い()」を意味するラカブである。同時代の十字軍側のラテン語資料などでは Salahadinus(サラハディヌス)または Saladinus(サラディヌス)などと称し、これを受けて欧米では慣習的に Saladin(サラディン)と呼ばれる。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とサラーフッディーン · 続きを見る »

サウジアラビア

ウジアラビア王国(サウジアラビアおうこく、المملكة العربية السعودية)、通称サウジアラビアは、中東・西アジアの国家。首都はリヤド。サウード家を国王に戴く絶対君主制国家。世界2位の原油埋蔵量を持つ国であり、石油(原油)をアメリカ合衆国をはじめ世界中に多く輸出している。イスラム教最大の聖地メッカ(マッカ)と第2のマディーナ(メディナ)を擁する。世界銀行の定義では高所得国に分類され、アラブ諸国で唯一G20に加盟しているが、産業の多様性には乏しく、天然資源開発が主要産業となっている。 サウジアラビアにおける死刑や信教の自由、女性の人権など欧州と異なる文化、法体制に対しては批判もある。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とサウジアラビア · 続きを見る »

国際連盟

国際連盟(こくさいれんめい、League of Nations, Société des Nations, Sociedad de Naciones)は、第一次世界大戦後の1919年の協商国と、ドイツとのヴェルサイユ条約、および中央同盟国との諸講和条約により規定され、ヴェルサイユ条約の発効日である1920年1月10日に正式に発足した国際機関である。 連盟としての初会合は1920年1月16日にフランス・パリで、第1回総会は1920年11月15日にスイス・ジュネーヴで開催された。 史上初の国際平和機構であり、日本では連盟と略されることもある。 連盟本部は1920年から1936年まではジュネーヴのパレ・ウィルソンに、1936年からは同じくジュネーヴのパレ・デ・ナシオンに設置されていた。パリ家の屋敷シャトー・ド・プレニーも、1920年から1939年まで国際連盟の会場として使用された。 第二次世界大戦勃発後は事実上活動を停止していたが、1946年4月に国際連盟は正式に解散し、その資産と役割は1945年10月24日に51ヵ国の原加盟国により設立された「国際連合(英:United Nations)」に継承された。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と国際連盟 · 続きを見る »

Colony

Colony」(コロニー)は、2008年まで活動していたロックバンド少年カミカゼの4枚目のシングル。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争とColony · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と第一次世界大戦 · 続きを見る »

最高指揮官

最高指揮官(さいこうしきかん、英:Commander-in-chief)とは、国家において、その国の軍隊を指揮監督する最高の権限を有する地位である。ここの意味での「最高指揮官」は、軍隊のの頂点に位置する。最高指揮官の有する軍隊に対する権限を、最高指揮権または統帥権という。 国家の制度設計上、最高指揮官をどのように規定するかは、その国の政軍関係の基本となる。元首が最高指揮官とされている国が多いが、例外もある。近代においては、文民統制の観点から最高指揮官を非軍人とする一方、立法府による軍隊に対するコントロールを及ぼそうとする体制もある。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と最高指揮官 · 続きを見る »

戒厳

戒厳(かいげん)とは、戦時や自然災害、暴動等の緊急事態において兵力をもって国内外の一地域あるいは全国を警備する場合に、国民の権利を保障した憲法・法律の一部の効力を停止し、行政権・司法権の一部ないし全部を軍部の指揮下に移行することをいう。軍事法規のひとつであり、戒厳について規定した法令を戒厳令(英語:martial law)という。 本来はテロなどによる治安悪化や過激な暴動を中止させるために発令が行われる。非常事態宣言との定義の違いは、戒厳令とは国の立法・司法・行政の一部又は全部を軍に移管させることである。通常の民事法・刑事法の適用は一部または全部停止され軍法による統治が行われる。また、裁判は軍事法廷の管轄となる場合がある。 戒厳令は、 クーデター ( タイは2006年と2014年 、エジプトは2013年)に伴い発生する例がある。(中国、 1989年の天安門事件)民衆の抗議・デモ等により政府が危機に陥った際に、反政府勢力を抑える目的で戒厳令が布かれることがある。また、大規模な自然災害の際には戒厳令が宣言される場合がある。戦時中であったり、または民政政府が機能していなかったり、民政政府が存在しない場合は、戒厳令が布かれる場合がある。このような例としては、第二次世界大戦後の復興期のドイツと日本 、そして米国南北戦争後の南部復興の時代などがある。典型的な戒厳令下では夜間外出禁止令を伴う。.

新しい!!: パレスチナ独立戦争と戒厳 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

パレスチナのアラブ反乱 (1936年 - 1939年)

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »