ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

パラシュート

索引 パラシュート

アメリカの空挺歩兵 パラシュート降下の瞬間 陸上自衛隊の60式空挺傘手前の主傘を背負い、奥の予備傘を身体前部に装着する。 ドラッグシュートを用いたスペースシャトルの着陸 イタリアの無名人士による最古のパラシュート図版(1470年) パラシュート(Parachute)は、傘のような形状で空気の力を受けて速度を制御するもの。この言葉はイタリア語の「守る」 (parare) とフランス語の「落ちる」 (chute) を組み合わせた造語である。落下傘(らっかさん)という和訳語も存在する。.

88 関係: 力 (物理学)大尉外套射出座席中尾純利中世化学繊維ナイロンミラノミズーリ州マーケット・ガーデン作戦バリュートバーチャル・リアリティムスリムリネンルイ=セバスティアン・ルノルマンレオナルド・ダ・ヴィンチヴェネツィアプロジェクト・エクセルシオパラグライダーフランス人フランス語ドラッグレースベンジャミン・フランクリンベースジャンピング制限表面アメリカ陸軍アメリカ陸軍航空隊アンドレ=ジャック・ガルヌランアンダルシア州アッバース・イブン・フィルナスアブラアム=ルイ・ブレゲイタリアイタリア語エアボーンオハイオ州キャノピークロアチア人グレープ・コテルニコフコルドバ (スペイン)コンスタンティノープルゴールデンパラシュートジャン=ピエール・ブランシャールスペースシャトルスペインスロバキア人スカイダイビングスカイサーフィンスケッチ...国土交通大臣空の神兵空気熱気球特許発明家遠すぎた橋落下傘候補補助翼飛行機航空機航空法藤倉航装降下猟兵歴史家戦闘機旅客機懐中時計10月20日1178年1470年1485年1617年1783年1785年1790年代1793年1797年1911年1912年1913年1922年3月1日60式空挺傘852年 インデックスを展開 (38 もっと) »

力 (物理学)

物理学における力(ちから、force)とは、物体の状態を変化させる原因となる作用であり、その作用の大きさを表す物理量である。特に質点の動力学においては、質点の運動状態を変化させる状態量のことをいう。広がりを持つ物体の場合は、運動状態とともにその形状を変化させる。 本項ではまず、古代の自然哲学における力の扱いから始め近世に確立された「ニュートン力学」や、古典物理学における力学、すなわち古典力学の発展といった歴史について述べる。 次に歴史から離れ、現在の一般的視点から古典力学における力について説明し、その後に古典力学と対置される量子力学について少し触れる。 最後に、力の概念について時折なされてきた、「形而上的である」といったような批判などについて、その重要さもあり、項を改めて扱う。.

新しい!!: パラシュートと力 (物理学) · 続きを見る »

トゥーパ 旧約聖書』に登場するバベルの塔(ピーテル・ブリューゲル、1563年筆) 塔(とう)とは、接地面積に比較して著しく高い構造物のことである。.

新しい!!: パラシュートと塔 · 続きを見る »

大尉

大尉(たいじょう)は、古代日本の律令制の職名の一。左右衛門府および左右兵衛府に置かれた。長官・次官・判官・主典の四等官中の判官に相当する。 ---- 大尉(たいい、だいい)は軍隊の階級の一。 尉官の最上級であり、中尉の上、少佐の下に位置する。.

新しい!!: パラシュートと大尉 · 続きを見る »

外套

外套姿の紳士2名。 外套(がいとう)とは防寒などのために着る外衣をいう。英語では overcoat(オーバーコート)という。なお、日本語では「オーバー」または「コート」と略すこともある(もっとも、日本語で「コート」とは外套のみを意味するのではない。コートの他の用法についてはコート参照)。 外套には種々の長さがある。通常、膝丈程度をロングコート、腿丈程度をハーフコート、腰丈程度をショートコートなどという。丈は市中服装にあっては膝丈程度が上品とされる。 外套の着脱について、レストランなどでは埃が他の客の迷惑にならないように男性は入り口で脱ぎ、クロークがあればそこに預けるべきとされる。他人の家屋を訪問した際には日本では屋外で脱ぐことが多いが、欧米では屋内で脱ぐことが多い(ただし、脱いだ場合はそこで長居をする意味になるので、訪問先に促される前に脱ぐと図々しい訪問者とされるので注意)。.

新しい!!: パラシュートと外套 · 続きを見る »

射出座席

射出座席 (しゃしゅつざせき) は、航空機から非常時に脱出 (ベイルアウト、英: bailout) するための装置。作動させると、搭乗者は座席ごとロケットモーターなどによって機外へと射ち出され、パラシュートで降下する。主に戦闘機など小型の軍用機に装備されている。.

新しい!!: パラシュートと射出座席 · 続きを見る »

中尾純利

中尾純利(なかお すみとし、1903年 - 1960年4月26日)は日本のパイロットである。1939年(昭和14年)8月、世界一周親善飛行を行った純国産機、「ニッポン号」の機長を務めた。.

新しい!!: パラシュートと中尾純利 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: パラシュートと中世 · 続きを見る »

化学繊維

化学繊維(かがくせんい、chemical fiber)とは、石油などから化学的プロセスにより製造される繊維の総称で、人造繊維 (artificial fiber) とも呼ばれる。天然繊維(天然高分子)を原料にして製造される再生繊維、天然高分子を改質して製造する半合成繊維、純合成的に有機高分子化合物を製造する合成繊維、そして無機化合物からなる無機繊維に大別される。.

新しい!!: パラシュートと化学繊維 · 続きを見る »

ナイロン

ナイロン6とナイロン6,6の分子構造 ナイロン(nylon)は、ポリアミド合成樹脂の種類である。当初は主に繊維として使われた。世界初の合成繊維のナイロン6,6(6,6-ナイロンなどとも)が含まれる。 1935年、アメリカのデュポン社のウォーレス・カロザースが合成に成功した。ナイロンは本来、インビスタ社(旧デュポン・テキスタイル・アンド・インテリア社)の商品名だが、現在ではポリアミド系繊維(単量体がアミド結合(-CO-NH-)により次々に縮合した高分子)の総称として定着している。 ナイロン(nylon)の名称は、「伝線(run)しないパンティストッキング用の繊維」を意図した「norun」に由来する。 また、ナイロン登場前に絹の圧倒的シェアを誇っていた日本に対して「Now You Lousy Old Nipponese」(古い日本製品はもうダメだ)の頭文字をとったという説もある 種類としては、ナイロン6、ナイロン6,6、ナイロン4,6などがある。これらの数字は、合成原料の炭素原子の数に由来す 構造(右図)は、.

新しい!!: パラシュートとナイロン · 続きを見る »

ミラノ

ミラノ(Milano)は、イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(Milan)、フランス語ではミラン(Milan)、ドイツ語ではマイラント(Mailand)、スペイン語ではミラン(Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(Mediolanum)と言う。.

新しい!!: パラシュートとミラノ · 続きを見る »

ミズーリ州

ミズーリ州(State of Missouri, )は、アメリカ合衆国中西部のミシシッピ川沿いにある内陸の州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第21位、人口では第18位である。前身のミズーリ準州から1821年8月10日に合衆国24番目の州に昇格した。現在は観光が州の主な産業の一つとなっている。 州都はジェファーソンシティ市である。同州を代表する都市はイリノイ州との州境にあるセントルイス市とカンザス州との州境にあるカンザスシティ市であり、共に都市圏人口200万人以上の大都市である。他の主要都市には、スプリングフィールド市、インディペンデンス市、コロンビア市などがある。とりわけミシシッピ川に面するセントルイス市は、開拓時代より西部への玄関口として発展し、現在では中西部きっての観光都市である。 また、ミシシッピ川沿いにある多数の町は、ヨーロッパからの移民の影響を強く受けており、現在でも当時の教会や町並みが多く残っている。特にや、そこから1時間程の場所にあるケープジラードなどはフランス系移民の影響が強く、大きな教会や狭い街路など美しい町並みが見られ、知られざる観光地である。.

新しい!!: パラシュートとミズーリ州 · 続きを見る »

マーケット・ガーデン作戦

C-47の隊列 マーケット・ガーデン作戦(マーケット・ガーデンさくせん、Operation Market Garden)は、第二次世界大戦中の1944年9月に行われた連合国軍の作戦。 連合軍がドイツ国内へ進撃する上で大きな障害となるオランダ国内の複数の河川を越えるために、空挺部隊を使用して同時に多くの橋を奪取する作戦であった。またこれは、同時にオランダの港湾施設を使用可能状態にして、補給線が伸びきっていた連合軍の兵站問題を解決する上で重要な作戦でもあった。 連合軍は途中のナイメーヘンのライン橋の占領までは成功したものの、空挺降下計画の稚拙さと強引さ、補給の途絶など悪条件が重なり、損害が予想以上に拡大した。作戦の最終到達点であったアーネム(アルンヘム)の最後の橋は、イギリス軍の第1空挺師団が壊滅するなどしたために確保できず、作戦は失敗に終わった。 ノルマンディー戦以後、負け無しの進軍を続けていた連合軍は、このつまずきによって進軍速度を大幅に落とすことになった。兵站問題を強引に解決するための性急な作戦だった上に、空挺降下地点であるアルンヘム周辺に、ドイツ軍の有力な実戦部隊である第9SS装甲師団や第1降下猟兵軍などが一時駐留していたという不運も重なった。対するドイツ軍も連合軍の空挺降下を予想してはいたが、初期の混乱などから十全に対処できたとは言い難く、連合軍の不手際に助けられて辛うじて撃退できたと言える。本作戦で連合軍は最終目標こそ達成できなかったが、スヘルデ川北岸地域に至る重要なルートを確保し、スヘルデの戦いの成功に繋がった。.

新しい!!: パラシュートとマーケット・ガーデン作戦 · 続きを見る »

バリュート

バリュート(英語:ballute)とは、ガスなどにより展開する袋状の大気制動装置。balloon(風船)とparachute(パラシュート)を組み合わせた造語である。高速時においてパラシュートより耐久性があるのが特徴。.

新しい!!: パラシュートとバリュート · 続きを見る »

バーチャル・リアリティ

バーチャル・リアリティ(virtual reality)とは、現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される(#「仮想現実」という訳語について)。古くは小説や絵画、演劇やテレビなども、程度の差こそあれVRとしての機能を有している。.

新しい!!: パラシュートとバーチャル・リアリティ · 続きを見る »

ムスリム

ムスリム(مسلم、Muslim)とは、「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教の教徒のことである。.

新しい!!: パラシュートとムスリム · 続きを見る »

リネン

リネンのハンカチ リネン(英: linen)または亜麻布(あまぬの)とは、亜麻の繊維を原料とした織物の総称。フランス語ではリンネル (linière) 。広義で麻繊維に含まれ、そうした麻特有の、カラッとした風合いがある。中近東では肌着として使われてきており、エジプトのミイラを巻くのにも使われた。 また、リネンはその材質からシーツなどの寝具を指すこともある。「リネン室」とは、宿泊設備のある建物で、慣例的にシーツ、枕カバーなどを保管する部屋をこう呼ぶことも多いが、現代では必ずしもシーツ類にリネン製品が使われているわけではない。.

新しい!!: パラシュートとリネン · 続きを見る »

ルイ=セバスティアン・ルノルマン

19世紀後半に描かれた1783年のルノルマンのジャンプの図 ルイ=セバスティアン・ルノルマン(Louis-Sébastien Lenormand、1757年5月25日 – 1837年12月)はフランスの発明家であり、パラシュートの発明者の一人である。パラシュートを使って、意図的な降下を行った最初の人物であり、パラシュートという言葉を創り出した人物である。この言葉はギリシア語由来の接頭辞 para- (反=)と、フランス語の chute(落下)からの造語である。木からジャンプをしてパラシュートの構造を改良して、1783年12月26日、ジョセフ・モンゴルフィエを含む観衆の前でモンペリエ天文台の塔から、木製の枠組みがある4mほどのパラシュートで降下を行なった。ルノルマンの狙いは火事で燃える建物からの安全な脱出にパラシュートを使うことであった。パラシュートはアンドレ=ジャック・ガルヌランによって枠組みのないものに改良されていく。.

新しい!!: パラシュートとルイ=セバスティアン・ルノルマン · 続きを見る »

レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルドのサイン レオナルド・ダ・ヴィンチ (Leonardo da Vinci、 )1452年4月15日 - 1519年5月2日(ユリウス暦))は、イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。フルネームはレオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ (Leonardo di ser Piero da Vinci) で、音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に顕著な業績と手稿を残し、「万能人 (uomo universale)」 という異名などで親しまれている。.

新しい!!: パラシュートとレオナルド・ダ・ヴィンチ · 続きを見る »

ヴェネツィア

ヴェネツィア(Venezia)は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。.

新しい!!: パラシュートとヴェネツィア · 続きを見る »

プロジェクト・エクセルシオ

right プロジェクト・エクセルシオ(Project Excelsior)とは、アメリカ空軍のジョゼフ・キッティンジャー大尉によって1959年・1960年に行われた成層圏からのパラシュート降下実験である。 この実験により最高気球高度・最高パラシュート降下開始高度102,800フィート(31,330 m、レーダー測定)、最長ドローグシュート降下時間4.5分間、乗り物を使わない最大大気中速度614 mph(988 km/h、該当高度での遷音速)が樹立された(米空軍記録でありFAIへの航空宇宙世界記録申請は行われていない)。このうち降下開始高度・最大大気中速度の2つは、2012年にレッドブル・ストラトスでフェリックス・バウムガルトナーに破られるまで世界記録であったほか、最長ドローグシュート降下時間については現在も世界記録である。.

新しい!!: パラシュートとプロジェクト・エクセルシオ · 続きを見る »

パラグライダー

パラグライダー テイクオフ サムネイル パラグライダー (Paraglider) はスカイスポーツの一種。パラグライディングとも。このスポーツの総称をパラグライディング、飛行するための機体一式をパラグライダーと区分することもある。国際航空連盟(FAI)のカテゴリーではハンググライダーの一種に分類されている。.

新しい!!: パラシュートとパラグライダー · 続きを見る »

フランス人

フランス人(フランスじん、peuple français)は、フランス(フランス共和国、フランス王国、フランス帝国など)の国籍を有する人々を指し、2004年時点で約6200万人を数える。.

新しい!!: パラシュートとフランス人 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: パラシュートとフランス語 · 続きを見る »

ドラッグレース

ドラッグスター」と呼ばれるドラッグレース専用車両 ドラッグレース(Drag race)は、アメリカを発祥とする、直線コース上で停止状態から発進し、ゴールまでの時間を競うモータースポーツ。このスポーツに挑戦する者はドラッグレーサー(Drag racer)と呼ばれる。 引っ張られているように見えるほど速いことからDrag raceと呼ばれるようになった。(Dragは物を引く、或いは引き摺るという意味で使われる単語であり(パソコンのマウスカーソルのドラッグなどと意味は同じ)、薬物を意味する単語のDrugではない).

新しい!!: パラシュートとドラッグレース · 続きを見る »

ベンジャミン・フランクリン

ベンジャミン・フランクリン(Benjamin Franklin, グレゴリオ暦1706年1月17日<ユリウス暦1705年1月6日> - 1790年4月17日)は、アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者。印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした。また、凧を用いた実験で、雷が電気であることを明らかにしたことでも知られているただ、フランクリンが実際に凧の実験を行ったのかを疑問視する専門家もいる。なお、この実験を提案したのはフランクリンだが、初めて成功したのは1752年5月、フランスのトマ・ダリバード(:en:Thomas-François Dalibard)らである。ダリバードらはフランクリンの提案に従って、嵐の雲が通過するときに鉄の棒(避雷針)から火花を抽出した。フランクリンが凧を用いて同様の実験を行ったのは同年の6月、または6月から10月までの期間である。(アルベルト・マルチネス「科学神話の虚実」)。現在の米100ドル紙幣に肖像が描かれている他、ハーフダラー銀貨にも1963年まで彼の肖像が使われていた。 勤勉性、探究心の強さ、合理主義、社会活動への参加という18世紀における近代的人間像を象徴する人物。己を含めて権力の集中を嫌った人間性は、個人崇拝を敬遠するアメリカの国民性を超え、アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられる。『フランクリン自伝』はアメリカのロング・ベストセラーの一つである。.

新しい!!: パラシュートとベンジャミン・フランクリン · 続きを見る »

ベースジャンピング

ベースジャンピング(BASE jumping) 、またはベースジャンプ (BASE jump) は、地上にある建造物や断崖などの高いところからパラシュートを使って降下するスポーツである。飛行機から飛び降りるスカイダイビングと比較して非常に危険であり、エクストリームスポーツの一つに分類され、その中でも最も危険なものとされる。ベースジャンピングのベース (B.A.S.E) は飛び降りる場所を意味する頭字語(アクロニム)である。.

新しい!!: パラシュートとベースジャンピング · 続きを見る »

制限表面

制限表面(せいげんひょうめん、英:obstacle limitation surfaces)とは、航空機の安全な航行を目的として飛行場の周辺空間に設定される面である。 この面より上の空間に建造物や植裁などの物件を設置し、植裁し、または留置することは、日本では航空法により原則として禁じられている。以下は日本国内の場合について記述する。.

新しい!!: パラシュートと制限表面 · 続きを見る »

アメリカ陸軍

アメリカ陸軍(アメリカりくぐん、United States Army, 略称:USA)は、アメリカ合衆国の陸軍である。.

新しい!!: パラシュートとアメリカ陸軍 · 続きを見る »

アメリカ陸軍航空隊

アメリカ陸軍航空隊(United States Army Air Corps, USAAC)は、かつて存在したアメリカ陸軍の部門。1926年に(US Army Air Service)の再編によって設立され、1942年にアメリカ陸軍航空軍(US Army Air Forces)に統合された。また、航空軍は1947年にアメリカ空軍となった。.

新しい!!: パラシュートとアメリカ陸軍航空隊 · 続きを見る »

アンドレ=ジャック・ガルヌラン

ルヌランの肖像(1802年、E・H・ロッカー画) ガルヌランの降下の絵 アンドレ=ジャック・ガルヌラン(André-Jacques Garnerin, 1769年1月31日 - 1823年8月13日)はフランス人で、現代的なパラシュートの発明者である(従来のパラシュートは枠を持ったものであったが、ガルヌランはそれを省いた)。水素気球の発明者ジャック・シャルルの弟子であったレナード・コットレル『気球の歴史』(大陸書房、1977年)p.94。.

新しい!!: パラシュートとアンドレ=ジャック・ガルヌラン · 続きを見る »

アンダルシア州

アンダルシア州(Andalucía)は、スペインを構成する自治州の一つである。 スペイン南部に位置し、北はエストレマドゥーラ州とカスティーリャ=ラ・マンチャ州、東はムルシア州、そして西はポルトガルと接し、南は地中海・ジブラルタル海峡・大西洋がある。州都は、セビリア。自治州政府はフンタ・デ・アンダルシーア(Junta de Andalucía)。近年はアンダルシーアという表記も見られる。 気候は典型的な地中海性気候で、夏はまばゆい太陽が輝き暑い。雨はあまり降らない。.

新しい!!: パラシュートとアンダルシア州 · 続きを見る »

アッバース・イブン・フィルナス

アッバース・イブン・フィルナス(Abbas Ibn Firnas、810年 - 887年)、またはアッバース・カースィム・イブン・フィルナス(Abbas Qasim Ibn Firnas)は、イスラム教徒の学者で、後ウマイヤ朝の人物。アル・アンダルス(スペイン)出身。彼は博学者、飛行術研究家、錬金術師、技術者、人道主義者、発明家、音楽家、外科医、物理学者、詩人、天文学者、そして工学者であったLynn Townsend White, Jr. (Spring, 1961). "Eilmer of Malmesbury, an Eleventh Century Aviator: A Case Study of Technological Innovation, Its Context and Tradition", Technology and Culture 2 (2), p. 97-111 。.

新しい!!: パラシュートとアッバース・イブン・フィルナス · 続きを見る »

アブラアム=ルイ・ブレゲ

アブラアム=ルイ・ブレゲ アブラアム=ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet 、1747年1月10日 - 1823年9月17日)は、スイス、ヌーシャテル生まれの時計職人。時計の歴史を200年早めたとも云われる。ブルゲと表記されている場合もある。 フランスで時計の開発を行い、永久カレンダー、暗闇でも音で時を知らせるミニッツリピーター、重力の影響によりゼンマイ時計が狂うのを防ぐトゥールビヨン機構など、様々な革新的技術を生み出した。その他にも、「パラシュート」と呼ばれる耐衝撃装置、ブレゲヒゲと呼ばれる独特のカーブを持ったヒゲゼンマイなどにより時計の信頼性向上を図るなどの地味な発明や、ブレゲ数字(独特のインデックスの書体)、ブレゲ針(穴空き針)、ギョーシェ(文字盤の細やかなピラミッド状の装飾)といった高級時計に現在も用いられる意匠の考案にまで、彼の業績は及んでいる。一点ものではあったが、ブレスレット型の腕時計を制作したことでも知られる。 彼の創設した時計メーカー・ブレゲはパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、ランゲ・アンド・ゾーネとともに世界5大時計と呼ばれることもある。.

新しい!!: パラシュートとアブラアム=ルイ・ブレゲ · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: パラシュートとイタリア · 続きを見る »

イタリア語

イタリア語(イタリアご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語の1つで、おおよそ6千万人ほどが日常的に使用しており、そのほとんどがイタリアに住んでいる。後置修飾で、基本語順はSVO。イタリアは漢字で「伊太利亜」と表記することから、「伊太利亜語」を略記し伊語と称される。.

新しい!!: パラシュートとイタリア語 · 続きを見る »

エアボーン

演習において落下傘降下を行うアメリカ軍 エアボーン(Airborne)は、兵員を高速で長距離移動させたり、敵の背後に部隊を展開させることを目的として、飛行中の輸送機から兵員が落下傘降下すること。グライダーを利用することもある。 日本語では日本陸軍の造語である「空中挺進(くうちゅうていしん)」または「空輸挺進(くうゆていしん)」を略した「空挺(くうてい)」と称され、陸上自衛隊では「空挺」と言う語をそのまま用いている。「挺進」を「挺身」と書く場合があるが、挺身には「身を捨てる」という意味があり、危険を顧みず自身の身を捨てて敵陣中に降下する姿を形容した語である。 これとは別に航空機が離陸した状態のこと。転じて離陸タイミング、離陸した瞬間を指す場合もある。.

新しい!!: パラシュートとエアボーン · 続きを見る »

オハイオ州

ハイオ州(オハイオしゅう、State of Ohio)は、アメリカ合衆国中西部の北東にある州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第34位、人口では第7位である。州の北はミシガン州とエリー湖、東はペンシルベニア州、南はケンタッキー州とウェストバージニア州、西はインディアナ州に接している。州都および2010年度の国勢調査での人口最大都市はコロンバス市である。州旗は全米の中で唯一、長方形でないものを採用している。 オハイオ州は1803年3月1日に、北西部領土から分かれて合衆国17番目の州に昇格した。独立宣言に加わった13植民地ではないが、北東部はコネチカット州の西部保留地だった。.

新しい!!: パラシュートとオハイオ州 · 続きを見る »

キャノピー

ャノピー(Canopy).

新しい!!: パラシュートとキャノピー · 続きを見る »

クロアチア人

アチア人(クロアチア語:Hrvati)は、主としてバルカン半島北西部のクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナに在住する南スラブ人。クロアチア語話者であり、主にカトリックを信仰する。 クロアチアのサヴァ川、ドラーヴァ川流域、それらの地域より南のダルマチア地方沿岸部に居住する柳田「クロアチア」『世界民族事典』、240-241頁。1991年当時のクロアチア共和国ではクロアチア人の人口はおよそ3,736,000人で総人口の78%を占めていた。ボスニア・ヘルツェゴヴィナには約760,000人のクロアチア人が住み、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、カナダ、アルゼンチンなどの地域にクロアチア移民が生活している。.

新しい!!: パラシュートとクロアチア人 · 続きを見る »

グレープ・コテルニコフ

レープ・コテルニコフ (切手 2012) グレープ・コテルニコフ(Gleb Yevgeniyevich Kotelnikov:Глеб Евгеньевич Котельников、1872年1月30日 – 1944年11月22日)はロシアの発明家で世界初のハードケースとソフトパックでの背負い式のパラシュートを発明した。 サンクトペテルブルクに生まれた。1894年にキエフの軍学校を卒業し、1910年まで軍で働いた。1910年9月に航空ショーで、飛行機の墜落したのを見て、パラシュートの開発を始めた。初めヘルメットに収納することを考えたが、十分な大きさのパラシュートの収納ができないので、背負い式のパラシュートを開発した。最初に金属のケースの1912年に完成したモデルはRK-1と名付けた。1913年1月にコテルニコフのビジネス・パートナーのWilhelm Augustovich Lomachがパリでデモを行なうと、その年の半ばにはヨーロッパで模倣品が現れた。第1次世界大戦の間、軍から多くのRK-1の注文を受けた。さらに改良を加えより柔軟なRK-2、RK-3や荷物用のパラシュートを開発し、ソビエト空軍に採用された。.

新しい!!: パラシュートとグレープ・コテルニコフ · 続きを見る »

コルドバ (スペイン)

ルドバ(Córdoba)は、スペイン・アンダルシア州コルドバ県のムニシピオ(基礎自治体)。コルドバ県の県都である。グアダルキビール川に面する。 かつての後ウマイヤ朝の首都で、イスラム時代の文化を伝える建築物や街路が遺されている。メスキータやユダヤ人街を含む「コルドバ歴史地区」は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: パラシュートとコルドバ (スペイン) · 続きを見る »

コンスタンティノープル

ンスタンティノープル(Constantinople、: Constantinopolis、: Κωνσταντινούπολις)は、東ローマ帝国の首都であった都市で、現在のトルコの都市イスタンブールの前身である。 強固な城壁の守りで知られ、330年の建設以来、1453年の陥落まで難攻不落を誇り、東西交易路の要衝として繁栄した。正教会の中心地ともなり、現在もコンスタンディヌーポリ総主教庁が置かれている。.

新しい!!: パラシュートとコンスタンティノープル · 続きを見る »

ゴールデンパラシュート

ールデンパラシュートとは、会社の買収で役員が解任された場合に大幅に割増された退職金を支給させ会社の価値を低下させる買収防衛策である。買収の際には、従業員がリストラで解雇される中、社長や会長などが高額の退職金を持って退職するのは印象によろしくない為、割増退職金の様な露骨な形ではなく、条件付きのストックオプションのような形態をとったりする。 同様に、従業員の退職金を高額にする対抗策をティンパラシュート(ブリキの落下傘)という。 2000年代のフランスで大型のゴールデンパラシュートが幾度も開いたことから、所得格差などの批判のやり玉にあがり、2009年の今年の言葉に選出された。.

新しい!!: パラシュートとゴールデンパラシュート · 続きを見る »

ジャン=ピエール・ブランシャール

ブランシャール 1785年の英仏海峡横断飛行の図 ジャン=ピエール・フランソワ・ブランシャール(Jean-Pierre François Blanchard、1753年7月4日 - 1809年3月7日)はフランスの気球乗り。1785年、気球による世界初のドーヴァー海峡横断に成功。パラシュートの先駆者の1人でもある。科学者というよりはショーマンであった『気球の歴史』p.47。自称、「気球による空の征服者」。.

新しい!!: パラシュートとジャン=ピエール・ブランシャール · 続きを見る »

スペースシャトル

ペースシャトル(Space Shuttle)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が1981年から2011年にかけて135回打ち上げた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、打ち上げ時にオービタの底側にある赤色の巨大な外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。.

新しい!!: パラシュートとスペースシャトル · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: パラシュートとスペイン · 続きを見る »

スロバキア人

バキア人(スロヴァキア人、スロバキア語: Slováci (スロヴァーツィ))はヨーロッパ中東部、現在のスロバキア共和国を中心に居住しているスラブ系民族。西スラブ人に分類され、スロバキア語を用いる。現在はスロバキア共和国の多数民族であり、他には隣国のチェコ共和国やハンガリーの他、移民によるアメリカ合衆国やカナダ、あるいはセルビアなどでの居住者が多い。.

新しい!!: パラシュートとスロバキア人 · 続きを見る »

スカイダイビング

イダイビングの着地(アメリカ海軍によるデモンストレーション) スカイダイビング (skydiving、parachuting) は、航空機などで空へ昇り地上へ落下するスポーツ。競技としては国際航空連盟用語で「parachuting」と呼ぶ。レクリエーションの場では短く「ジャンプ」と称されることも多い。.

新しい!!: パラシュートとスカイダイビング · 続きを見る »

スカイサーフィン

イサーフィン (Skysurfing) は空で行うエクストリームスポーツ。スカイダイビングの種目の一つで、パラシュートを開くまでの自由落下を利用し足にセットしたボードを使いパフォーマンスを行う。.

新しい!!: パラシュートとスカイサーフィン · 続きを見る »

スケッチ

ッチ スケッチ (sketch) は、人物や風景などを大まかに描写すること。写生(しゃせい)、粗描・素描(そびょう)とも言う。また、画稿ともいい、肉筆画の一種である。 絵画における基本的な作業で、美術の訓練としても行われる。主に鉛筆を使用し、スケッチブックに描き留める。彩色を行う場合もあり、スケッチしたものを、水彩や油彩、版画の作品に仕上げることもある。 特に、簡単にスケッチすることをラフスケッチ、素早くより簡潔に描写することをクロッキーと言う。.

新しい!!: パラシュートとスケッチ · 続きを見る »

傘(簦・かさ、からかさ)とは、雨・雪・日光などが体に当たらないよう、頭上に広げ差しかざすもの三省堂「大辞林(第二版)」。竹や金属などの骨に紙や布などを張り、柄をすえて開閉ができるようにしたもので、「笠」と区別するために「さしがさ」ともいう。「笠」とは同語源である。 「傘」は、上から降下してくるものに対して直被しないように防護する目的の用具で、一般には手に持って差しかけて使う用具の総称をさし、頭部に直接かぶって使う用具である「笠」と区別される。なお、ガーデンパラソルやマーケットパラソルなど携行を目的としない特殊な傘もあり、これらは地面に立てたり吊ったりして用いる。傘は現代においては、雨や雪などの降水時に体や持ち物を濡らさないために使うほか、夏季の強い日射を避けるために使うことも多い。 日本には欽明天皇の時代552年に、百済聖王(聖明王)の使者から渡来した外来品で、当初は主に日射を避ける「日傘」として用いていたが、その後日本独自の構造的進化も見られ、降水に対して使うことが多くなっていった。日本における傘文化の経緯詳細については和傘節を参照。.

新しい!!: パラシュートと傘 · 続きを見る »

国土交通大臣

国土交通大臣(こくどこうつうだいじん、)は、日本の国務大臣。国土交通省の長である。略称は国交相(こっこうしょう)。.

新しい!!: パラシュートと国土交通大臣 · 続きを見る »

空の神兵

の神兵(そらのしんぺい)とは、大日本帝国陸軍・海軍の落下傘部隊(空挺部隊・挺進部隊)、落下傘兵(空挺兵・挺進兵)に対する愛称。および、それら落下傘部隊を描いた日本の軍歌(戦時歌謡)、ならびに陸軍落下傘部隊を描いた映画作品のタイトル。.

新しい!!: パラシュートと空の神兵 · 続きを見る »

空気

気(くうき)とは、地球の大気圏の最下層を構成している気体で、人類が暮らしている中で身の回りにあるものをいう。 一般に空気は、無色透明で、複数の気体の混合物からなり、その組成は約8割が窒素、約2割が酸素でほぼ一定である。また水蒸気が含まれるがその濃度は場所により大きく異なる。工学など空気を利用・研究する分野では、水蒸気を除いた乾燥空気(かんそうくうき, dry air)と水蒸気を含めた湿潤空気(しつじゅんくうき, wet air)を使い分ける。.

新しい!!: パラシュートと空気 · 続きを見る »

絹 蚕の繭 絹(きぬ、sericum、Seide、silk、soie)は、蚕の繭からとった動物繊維である。独特の光沢を持ち、古より珍重されてきた。蚕が体内で作り出すたんぱく質・フィブロインを主成分とするが、1個の繭から約800 - 1,200メートルとれるため、天然繊維の中では唯一の長繊維(フィラメント糸)である。絹織物などに用いる。 蚕の繭(まゆ)を製糸し、引き出した極細の繭糸を数本揃えて繰糸の状態にしたままの絹糸を生糸(きいと)というが、これに対して生糸をアルカリ性の薬品(石鹸・灰汁・曹達など)で精練してセリシンという膠質成分を取り除き、光沢や柔軟さを富ませた絹糸を練糸(ねりいと)と呼ぶ。ただし、100%セリシンを取り除いたものは数%セリシンを残したものに比べ、光沢は著しく劣る。生糸は化学染料、練糸はいわゆる草木染めに向くが、歴史的に前者の手法が用いられはじめたのは明治維新以降であり、昔の文献や製品にあたる際、現在の絹織物とは別物に近い外観と性質をもつ。また、養殖(養蚕)して作る家蚕絹と野性の繭を使う野蚕絹に分けられる。.

新しい!!: パラシュートと絹 · 続きを見る »

熱気球

熱気球(ねつききゅう、英語:hot air balloon)とは、気球の一種で、気密性の袋の中に下方から熱した空気を送りこみ、その浮力で浮揚して飛行するもの。.

新しい!!: パラシュートと熱気球 · 続きを見る »

特許

特許(とっきょ、Patent)とは、法令の定める手続により、国が発明者またはその承継人に対し、特許権を付与する行政行為である国家(または君主)が法人または個人に対して特権を付与する特許状(charter)とは意味が異なる。特許と特許状の意味の違いに注意。吉藤幸朔著、熊谷健一補訂『特許法概説第13版』。.

新しい!!: パラシュートと特許 · 続きを見る »

発明家

明家(はつめいか、)は、一般に発明を行う個人を指す。また、狭義では、その中でも特に、組織に属さず個人で発明を行う者(いわゆる個人発明家)を指す場合や、後世に多大な影響を与えた重要な発明を行った者を指す場合もある。.

新しい!!: パラシュートと発明家 · 続きを見る »

遠すぎた橋

『遠すぎた橋』(A Bridge Too Far)は、1977年に公開されたイギリス・アメリカ合作の戦争映画。第二次世界大戦後期に行われた連合軍の空挺作戦であるマーケット・ガーデン作戦を題材にしている。.

新しい!!: パラシュートと遠すぎた橋 · 続きを見る »

落下傘候補

落下傘候補(らっかさんこうほ)とは、主に地方区制の国政選挙や都道府県知事選挙で、その土地に地縁、血縁の無い人間が立候補すること。またはその人本人を指す言葉。.

新しい!!: パラシュートと落下傘候補 · 続きを見る »

補助翼

補助翼による機体のバンク 補助翼 (ほじょよく、aileron) とは飛行機をバンク(横転、ロール)させるのに使う動翼である。エルロンと表記することも多い。左右の主翼後縁の外側に取り付けられており、補助翼は機体の前後軸を中心とした回転運動を制御する。.

新しい!!: パラシュートと補助翼 · 続きを見る »

飛行機

飛行機(ひこうき、airplane, aeroplane, plane)とは、空中を飛行する機械である航空機のうち、ジェットエンジンの噴射もしくはプロペラの回転から推力を得て加速前進し、かつ、その前進移動と固定翼によって得る揚力で滑空及び浮上するものをいう平凡社『世界大百科事典』23巻1988年版 p.409-417【飛行機】 項目執筆担当木村秀政・導入部p.409-410。 「飛行機」という表現は、森鴎外が「小倉日記」1901年(明治34年)3月1日条に記したのが初出だとされる。.

新しい!!: パラシュートと飛行機 · 続きを見る »

錨(碇、いかり、アンカー、Anchor)とは船舶等を水上の一定範囲に止めておくために、鎖やロープを付けて海底や湖底、川底へ沈めて使う道具のこと。 爪などが底質に刺さる事で抵抗力(把駐力)を生む物をアンカー、それ自身の重さによって抵抗力を生むものをシンカーと分類している。アンカーとシンカーでは構造や使用方法が異なり、アンカー自体も使用される場所や船舶によって大きさ種類・使用方法が異なる。 船や航海を連想させるものとして、シンボル的に用いられることも多い。.

新しい!!: パラシュートと錨 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: パラシュートと航空機 · 続きを見る »

航空法

航空法(こうくうほう、昭和27年7月15日法律第231号)は、民間の航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止などを目的としている日本の法律である。.

新しい!!: パラシュートと航空法 · 続きを見る »

藤倉航装

藤倉航装株式会社(ふじくらこうそう)は、フジクラ(旧:藤倉電線)系の航空機装備品・航空機乗員用保安具・海難防止用具・保安具・宇宙科学観測用具の5事業を柱として展開する企業である。.

新しい!!: パラシュートと藤倉航装 · 続きを見る »

降下猟兵

降下猟兵(こうかりょうへい、独:)は、ドイツにおける空挺兵の名称。原語のFallschirmは落下傘(パラシュート)、Jägerは猟兵(軽歩兵)を意味し、ドイツ語においては自国以外の空挺兵を指す場合にも用いられる。ナチス・ドイツの降下猟兵は第二次世界大戦において初めて大規模な降下作戦を行った部隊であり、大規模な降下作戦の行われなくなった大戦中期以降は、精鋭の歩兵部隊として活躍した。その存在した全期間において、司令官はクルト・シュトゥデントであった。 イギリス連邦やアメリカの空挺部隊とは異なり、ドイツの降下猟兵は一部の例外を除き、陸軍ではなく空軍の管轄下にあった。.

新しい!!: パラシュートと降下猟兵 · 続きを見る »

歴史家

歴史学者(れきしがくしゃ)は、歴史を後世に残すべく、叙述(文章化)する人のことである。また、残された史料を元に歴史を研究し、その成果を論文や著作として著す人の事も指す。.

新しい!!: パラシュートと歴史家 · 続きを見る »

戦闘機

F-15 戦闘機(せんとうき、英:fighter aircraft, あるいは単にfighter)とは敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とする軍用機。現在では空対空戦闘にとどまらず、場合によっては対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。なお、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である。 フランス空軍のローラン・ギャロスが1915年モラーヌ・ソルニエ Lの中心線に固定銃を装備したことで思想が生まれ、ドイツによるフォッカー アインデッカーの量産によって、固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場した。時代が進むにつれて技術の発達、戦訓により戦闘機の任務は多様化し、技術的、思想的にも違いが生まれていった。また、高い運動性を持つため、特殊飛行の公演にも利用される。 世界で最も生産された戦闘機はドイツのBf109の約35,000機。ジェット機最多はソビエト連邦のMiG-15の約15,000機(超音速機ではMiG-21の約10,000機)。日本最多生産機は零式艦上戦闘機の約10,000機。 英語では「Fighter」だが、1948年以前のアメリカ陸軍航空軍では「pursuit aircraft (追撃機)」と呼ばれていた。戦闘機の命名方法については軍用機の命名規則を参照。また、兵器を搭載できる航空機全般を指して戦闘機と呼ぶ場合があるが、その意味での戦闘機は軍用機を参照。.

新しい!!: パラシュートと戦闘機 · 続きを見る »

旅客機

旅客機(りょかくき、りょかっき「りょきゃくき」という読み方は辞書にない。大辞林: りょかくき、大辞泉: りょかっき)とは、主に旅客を輸送するために製作された民間用飛行機(民間機)である。個人・官庁所有の小型飛行機や企業が使用するビジネスジェットなどは含まない。貨物の輸送が主用途である貨物機とは一般に区別されるが、貨客混載で運用されるコンビネーションcombination(コンビ)や、旅客輸送仕様と貨物輸送仕様とを切り替えられるコンバーチブルconvertibleなどとの違いはあいまいである。民間の貨物輸送機は旅客機を元に派生設計され製造されたものも多い。 旅客機は航空機メーカーが製造し、航空会社が乗客や貨物を乗せて運航する。航空会社は乗客が支払う運賃を主な収入とする日本の航空法の耐空類別では「航空輸送業務の用に適する飛行機」としての「輸送 T」に分類される。。 旅客機の運航形態には、あらかじめ決められた時刻表に従って航空会社により定期的に運航され、一般的な定期便のほかに、不定期に運航されるチャーター便がある。21世紀現在では旅客だけを輸送して貨物を輸送しない旅客機は存在しないチームFL370編、『旅客機が飛ぶしくみ』、新星出版社、2009年9月15日初版発行、ISBN 9784405071179。 A340-300。長距離航空路に就航している代表的な旅客機の1つである。 室津義定編著、『航空宇宙工学入門』、森北出版、2005年6月25日第2版第1刷、ISBN 4627690320) 飯野明監修、『航空力学の基本』、秀和システム、2009年12月4日第1版第2刷、ISBN 9784798024493 日本航空技術協会編、『航空機システム』、社団法人 日本航空技術協会2008年3月31日第3版第4刷発行、ISBN 9784902151237 鳥飼鶴雄著、『大空への挑戦』、グランプリ出版、2002年11月12日初版発行、ISBN 4876872392 --> 日本航空技術協会編、『航空電子・電気装備』、社団法人日本航空技術協会、2008年3月31日第2版第2刷発行、ISBN 9784902151305 日本航空技術協会編、『航空電子入門』、社団法人日本航空技術協会、2001年4月2日第1版第6刷発行、ISBN 4930858852 日本航空技術協会編、『航空電気入門』、社団法人日本航空技術協会、2002年3月12日第1版第4刷発行、ISBN 4930858844 -->.

新しい!!: パラシュートと旅客機 · 続きを見る »

懐中時計

懐中時計(かいちゅうどけい、英語: pocket watch)は、ポケットや懐などに入れて持ち歩く小型の携帯用時計である。.

新しい!!: パラシュートと懐中時計 · 続きを見る »

10月20日

10月20日(じゅうがつはつか、じゅうがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から293日目(閏年では294日目)にあたり、年末まであと72日ある。.

新しい!!: パラシュートと10月20日 · 続きを見る »

1178年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1178年 · 続きを見る »

1470年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1470年 · 続きを見る »

1485年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1485年 · 続きを見る »

1617年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1617年 · 続きを見る »

1783年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1783年 · 続きを見る »

1785年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1785年 · 続きを見る »

1790年代

1790年代(せんななひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1790年から1799年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: パラシュートと1790年代 · 続きを見る »

1793年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1793年 · 続きを見る »

1797年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1797年 · 続きを見る »

1911年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1911年 · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1912年 · 続きを見る »

1913年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1913年 · 続きを見る »

1922年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと1922年 · 続きを見る »

3月1日

3月1日(さんがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から60日目(閏年では61日目)にあたり、年末まであと305日ある。.

新しい!!: パラシュートと3月1日 · 続きを見る »

60式空挺傘

北恵庭駐屯地で展示中の60式空挺傘 60式空挺傘(ろくまるしきくうていさん)は、陸上自衛隊が装備しているパラシュート。第1空挺団に配備されている。航空機からの降下に用いられる。A型からC型までの形式が存在する。.

新しい!!: パラシュートと60式空挺傘 · 続きを見る »

852年

記載なし。

新しい!!: パラシュートと852年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ドラッグ・シュートドラグシュート落下傘

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »