ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

パウル・フォン・ヴュルテンベルク

索引 パウル・フォン・ヴュルテンベルク

パウル・カール・フリードリヒ・アウグスト・フォン・ヴュルテンベルク(Paul Karl Friedrich August von Württemberg, 1785年1月19日 - 1852年4月16日)は、ヴュルテンベルクの王族、ヴュルテンベルク王子(Prinz von Württemberg)およびヴュルテンベルク公(Herzog von Württemberg)。.

27 関係: ナポレオン・ボナパルトミハイル・パヴロヴィチヴュルテンベルクヴュルテンベルク家ヴュルテンベルク王国ヴィルヘルム (ナッサウ公)ヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王)ボリス・ジョンソンプロイセンパリパウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1810-1856)フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王)フリードリヒ・フォン・ヴュルテンベルクアレクサンドル1世アウグステ・カロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルエレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)カール・ヴィルヘルム・フェルディナント (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公)カトリック教会サンクトペテルブルク第六次対仏大同盟貴賤結婚1785年1812年ロシア戦役1852年1月19日4月16日

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ミハイル・パヴロヴィチ

ミハイル・パヴロヴィチ大公 ミハイル・パヴロヴィチ(Михаил Павлович、1798年2月8日 - 1849年9月9日)は、ロシア大公。ロシア皇帝パーヴェル1世の四男、母は皇后マリア・フョードロヴナ。大公のために建築家カルロ・ロッシの設計で建設されたミハイロフスキー宮殿は、現在ロシア美術館の本館となっている。 1824年2月19日に、母方の従兄であるヴュルテンベルク王子パウルの娘シャルロッテと結婚した。改宗してエレナ・パヴロヴナと名乗った妻との間には5人の子女をもうけた。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとミハイル・パヴロヴィチ · 続きを見る »

ヴュルテンベルク

ドイツ帝国期(1871年 - 1918年)のヴュルテンベルク ヴュルテンベルク(Württemberg)は、ドイツ南西部に存在した領邦国家。首都はシュトゥットガルトであったが、一時期は君主の座所がルートヴィヒスブルクやウラッハに置かれたこともある。現在はドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州の東北部の部分を構成する。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとヴュルテンベルク · 続きを見る »

ヴュルテンベルク家

de) の庭園の門扉に掲げられたヴュルテンベルク家の紋章 ヴュルテンベルク家(Haus Württemberg)は、南ドイツのヴュルテンベルク地方を支配していた諸侯の家系。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとヴュルテンベルク家 · 続きを見る »

ヴュルテンベルク王国

ヴュルテンベルク王国(ヴュルテンベルクおうこく、)は、19世紀から20世紀初めにかけてドイツ南部を統治した王国。ヴァイマル共和政下でのシュトゥットガルト近辺はヴュルツブルク自由国民国であった。第二次世界大戦後、旧王国領は旧バーデン大公国領のバーデン州と合併してバーデン=ヴュルテンベルク州となった。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとヴュルテンベルク王国 · 続きを見る »

ヴィルヘルム (ナッサウ公)

ヴィルヘルム・ゲオルク・アウグスト・ハインリヒ・ベルグス・ツー・ナッサウ(Wilhelm Georg August Heinrich Belgus zu Nassau, 1792年6月14日 - 1839年8月20日)は、ナッサウ公(在位:1816年 - 1839年)。最後のナッサウ公でもあったルクセンブルク大公アドルフの父。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルムとその妻でザイン=ハヒェンブルク伯領の女子相続人であるルイーゼ・フォン・キルヒベルクの間の長男として、プファルツ地方のキルヒハイムボランデン(Kirchheimbolanden)に生まれる。1816年1月9日に父の死にともないナッサウ=ヴァイルブルク侯位を相続、その2カ月後にナッサウ=ウジンゲン家のフリードリヒ・アウグストからナッサウ公位を継承した。同年のうちに、それまで分かれて存在していたナッサウ=ヴァイルブルク侯領をナッサウ公国へ統合した。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとヴィルヘルム (ナッサウ公) · 続きを見る »

ヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王)

ヴィルヘルム1世(Wilhelm I.、1781年9月27日 - 1864年6月25日)は、ヴュルテンベルク王国の第2代国王(在位:1816年 - 1864年)。初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の長男で、全名はヴィルヘルム・フリードリヒ・カール(Wilhelm Friedrich Karl)。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

ボリス・ジョンソン

アレグザンダー・ボリス・ジョンソン(Alexander Boris de Pfeffel Johnson, 1964年6月19日 - )は、イギリスの政治家、ジャーナリスト、歴史家。現在、同国外務・英連邦大臣。庶民院議員を2期務め、前ロンドン市長(2期)、その後再び庶民院議員。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとボリス・ジョンソン · 続きを見る »

プロイセン

プロイセン(、、、プロシア語: Prūsa)の歴史的地域はグダニスク湾(現、ポーランド、ロシア)からバルト海南東岸のクルシュー砂州(現リトアニア、ロシア)の端、そして内陸のマズールィ(Masuria、現ポーランド北部)までに及ぶ。プロシア(普魯西)は、英語名Prussiaに基づくの名称。 西暦98年、タキトゥスの「ゲルマニア」記述によると、スエビ族、ゴート族とその他のゲルマニア民族がヴィスワ川両岸から北東は (en:Aesti) まで居住していた。約800-900年後、Aestiは古プルーセン (Old Prussians) と名づけられ、997年以降ポラン族の新公国からの侵略には幾度も抵抗に成功した。1230年代、プルーセン人と近隣の:en:Curonians、リーヴ人達の領土は、教皇の秩序の基、ドイツ騎士団国家とし成立した。1466-1772年、プロイセンは政治的に西と東に分裂された。西はポーランド・リトアニア公国の王の守護下、東は1660年までポーランド領地となった。プロイセンの統一は、東西がプロイセン王国により政治的にも再統一されたるまで、国境、市民権、自治権により俟たれていた。 プロイセン公国とブランデンブルク辺境伯を起源とするドイツ帝国のプロイセン (1701–1947年)(ドイツ語:Preußen、英:Prussia、ポーランド語:Prusy)は、この地域の名が由来する。 古プルセーン族の地図(13世紀)、市・城はドイツ騎士団が建設.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとプロイセン · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとパリ · 続きを見る »

パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1810-1856)

パウリーネ・フリーデリケ・マリー・フォン・ヴュルテンベルク(Pauline Friederike Marie von Württemberg, 1810年2月25日 - 1856年7月7日)は、ナッサウ公ヴィルヘルムの妃。 ヴュルテンベルク王子パウルと、妃であるシャルロッテ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンの次女として、シュトゥットガルトで生まれた。姉にロシア大公妃エレナ・パヴロヴナがいる。 1829年4月、ナッサウ公ヴィルヘルムと結婚した。ヴィルヘルムの先妻ルイーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンは、パウリーネの母シャルロッテの実妹であった。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとパウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1810-1856) · 続きを見る »

フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒ、1790年頃 フリードリヒ(ドイツ語:Friedrich, 1763年4月29日 - 1834年9月29日)は、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(在位1780年 - 1826年)、のちザクセン=アルテンブルク公(在位1826年 - 1834年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公エルンスト・フリードリヒ3世と、その妻でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ公エルンスト・アウグスト1世の娘であるエルネスティーネの一人息子として生まれた。1780年に父の死に伴ってヒルトブルクハウゼン公位を継承したが、まだ17歳と若かったため、曾祖父の弟でオーストリア元帥のヨーゼフ・フリードリヒ公子が摂政を務めた。1787年にヨーゼフ・フリードリヒが死ぬと、フリードリヒは親政を開始した。 1785年9月3日、フリードリヒはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘シャルロッテと結婚した。 フリードリヒは人気者で賢い為政者だった。治世中、彼とその美貌の妻シャルロッテのもとで、ヒルトブルクハウゼンの小さな町は文化の全盛期を迎えた。多くの詩人や芸術家がフリードリヒの宮廷を訪れ、ヒルトブルクハウゼンは「小ヴァイマル(Klein Weimar)」と呼ばれるようになった。1825年にザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が後継者なく没すると、エルネスティン系諸公国の間で領土再編が行われた。フリードリヒはザクセン=ヒルトブルクハウゼン公国をザクセン=マイニンゲン公国に譲渡し、1826年11月12日にザクセン=アルテンブルク公となった。 1831年、フリードリヒは新たな領国に最初の国家基本法を制定している。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとフリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王)

フリードリヒ1世(Friedrich I. Wilhelm Karl von Württemberg、1754年11月6日 - 1816年10月30日)は、ヴュルテンベルク王国初代国王(在位:1805年 - 1816年)。ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンとその妃フリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの長男としてリガ近郊で生まれた。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとフリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

フリードリヒ・フォン・ヴュルテンベルク

フリードリヒ・カール・アウグスト・フォン・ヴュルテンベルク(Friedrich Karl August von Württemberg, 1808年2月21日 - 1870年5月9日)は、ヴュルテンベルクの王族。ヴュルテンベルク王子(Prinz von Württemberg)およびヴュルテンベルク公(Herzog von Württemberg)。最後のヴュルテンベルク王ヴィルヘルム2世の父親である。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとフリードリヒ・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

アレクサンドル1世

アレクサンドル1世(、アレクサンドル・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1777年12月23日 - 1825年12月1日)は、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝(在位:1801年3月23日 - 1825年12月1日)、初代ポーランド立憲王国国王(アレクサンデル1世、在位:1815年6月9日 - 1825年12月1日)、初代フィンランド大公(アレクサンテリ1世、在位:1809年9月17日 - 1825年12月1日)。 皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇子。父帝暗殺後に帝位を継承し、当初は自由主義的改革を志向して開明的な政策をとったが、ナポレオン戦争を経て、治世後半は強権的反動政治に転じた。外交政策では、ナポレオン1世失脚後開かれたウィーン会議で主導的な役割を演じ、以後のヨーロッパにおける君主主義、正統主義的反動体制の確立に尽力した。また、キリスト教倫理観に基づく神聖同盟を結成してヨーロッパ諸国のあらゆる自由主義運動や国民主義運動の弾圧に協力した他、オスマン帝国に対する対イスラム十字軍を目論んだ。アレクサンドル1世の治世中、ロシア帝国はフィンランドとポーランドを獲得した。歴代皇帝中、最も複雑怪奇な性格の持ち主とされ、矛盾に満ちていた。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとアレクサンドル1世 · 続きを見る »

アウグステ・カロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル

アウグステ・カロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル(Auguste Karoline von Braunschweig-Wolfenbüttel, 1764年12月3日 - 1788年9月27日)は、ヴュルテンベルク公子フリードリヒ、後のヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の最初の妃。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとアウグステ・カロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル · 続きを見る »

エレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)

レナ・パヴロヴナ(, 1807年1月9日 - 1873年2月2日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。パーヴェル1世の四男ミハイル・パヴロヴィチ大公の妻。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとエレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃) · 続きを見る »

カール・ヴィルヘルム・フェルディナント (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公)

ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナント カール・ヴィルヘルム・フェルディナント、ヨハン・ゲオルク・ツィーゼニスによる画の複写。 ブラウンシュヴァイク市内のカール・ヴィルヘルム・フェルディナント像 カール(2世)・ヴィルヘルム・フェルディナント(Karl (II) Wilhelm Ferdinand von Braunschweig-Wolfenbüttel, 1735年10月9日、ヴォルフェンビュッテル - 1806年11月10日、オッテンゼン、ハンブルク郊外)は、ドイツのブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人で、ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯(在位:1780年 - 1806年)。ブランデンブルク=プロイセンに元帥として仕えた。また数学者カール・フリードリヒ・ガウスの後援者でもあった。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとカール・ヴィルヘルム・フェルディナント (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公) · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとカトリック教会 · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクとサンクトペテルブルク · 続きを見る »

第六次対仏大同盟

六次対仏大同盟(だいろくじたいふつだいどうめい, 英語:Sixth Coalition, 1812年 - 1814年)は、ナポレオン1世のフランス帝国による覇権に挑戦するため、ヨーロッパ諸国が結成した同盟である。ロシア遠征で多大な損害を被ったフランス軍は、四方から迫る連合軍に圧倒され、ついにナポレオンは退位に追い込まれた。 第六次対仏大同盟における主要な戦いにはリュッツェンの戦い(英語版)、バウツェンの戦い(英語版)、ドレスデンの戦いが挙げられる。第六次対仏大同盟の最大の戦いであるライプツィヒの戦い(諸国民の戦いとして知られる)は第一次世界大戦以前ではヨーロッパの歴史で最も大規模な戦いであった。最終的にナポレオンはロシアとドイツから押し返され、彼の破滅の原因となった。ナポレオンの軍隊は再編成されたが、連合軍は1813年にはドイツからナポレオンを追い出し、1814年にはフランスに進攻した。連合軍は残存するフランス軍を打ち負かしてパリを占領し、ナポレオンに退位の調印をさせて追放した。連合国によってフランスの君主制が復活し、ブルボン家の継承者による復古王朝にフランスを支配させた。 しかしこれによってナポレオン戦争が終結したわけではなかった。ナポレオンはエルバ島での監禁から逃亡し、再びフランスにて権力の座についた。これによって1815年に第七次対仏大同盟が結成された。(この時の支配は百日天下としても知られる).

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクと第六次対仏大同盟 · 続きを見る »

貴賤結婚

貴賤結婚(きせんけっこん、morganatic marriage)は、配偶者同士の間で、所属する社会的・経済的階層ないし法的身分という観点から見た場合、大きく上下の隔たりが存在する婚姻の形態。卑賤結婚、左手結婚の呼称も散見する。特に彼らが属する社会において、一般に対等だと認められないため、夫婦の両方又は一方ないし夫婦の間に出生する子供には法的・社会的ペナルティが科せられる。 貴賤結婚が大きな問題となるのは、君主国において王位継承権者の配偶者の身分を厳しく制限する法律が存在する場合である。特に、キリスト教文明圏であるヨーロッパの君主国での結婚形態は一夫一婦制であるため、君主やその親族の身分の釣り合いのとれた対等結婚が重視されていた。しかし19・20世紀になると、ヨーロッパでは王族や貴族階級の間に恋愛結婚の概念が浸透するようになり、君主や王族が身分の低い相手を配偶者に選ぶ例が続出した。20世紀後半までに、君主国の多くで身分制度が弛緩するとともに、王族の配偶者の身分上の資格が問題になることは少なくなった。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクと貴賤結婚 · 続きを見る »

1785年

記載なし。

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクと1785年 · 続きを見る »

1812年ロシア戦役

1812年ロシア戦役(Campagne de Russie, Отечественная война)は、1812年に、ロシア帝国が大陸封鎖令を守らないことを理由にフランス帝国のナポレオン1世がロシアに侵攻し、敗北、退却するまでの一連の歴史的事件のことである。ロシア語の呼称については下記参照。 1812年のナポレオン1世によるロシア帝国への侵攻はナポレオン戦争の転換点となった。この遠征はフランス帝国とその同盟軍からなる侵攻軍を当初の兵力から2%未満に激減させた。ロシア文化に与えた影響は、レフ・トルストイの『戦争と平和』や旧ソ連が独ソ戦(1941年 - 1945年)と同一視していたことに見られる。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクと1812年ロシア戦役 · 続きを見る »

1852年

記載なし。

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクと1852年 · 続きを見る »

1月19日

1月19日(いちがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から19日目に当たり、年末まであと346日(閏年では347日)ある。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクと1月19日 · 続きを見る »

4月16日

4月16日(しがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から106日目(閏年では107日目)にあたり、年末まであと259日ある。誕生花はヤマブキソウ、ライラック、スノーフレークなど。.

新しい!!: パウル・フォン・ヴュルテンベルクと4月16日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »