ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

バラトン湖

索引 バラトン湖

衛星からの写真 バラトン湖(バラトンこ、Balaton バラトン、古くは Balaton-tó バラトントー、Balaton tava バラトンタヴァとも、Lacus Pelso、Plattensee)とはハンガリー西部にある湖。中央ヨーロッパ最大の湖野原「バラトン湖」『世界地名大事典』2巻、991頁『コンサイス外国地名事典』第3版、752頁南塚「バラトン湖」『東欧を知る事典』新訂増補、373頁。ハンガリーの首都ブダペストからは南西に130kmほどの位置にある。スラブの言葉で湖沼を意味する「Blato」が語源と考えられており加賀美、木村『東ヨーロッパ・ロシア』、16頁、ハンガリー人はこの湖を「ハンガリーの海」沖島、占部『ハンガリー』第3版、138頁(a magyar tenger )と呼ぶ。.

25 関係: 中央ヨーロッパマグネシウムハンガリーハンガリー人ハンガリーワインユーゴスラビアワインボーキサイトブダペストパイクパーチドナウ川ドイツ民主共和国アルミニウムアドリア海カルシウムザラ川シオーフォクサナトリウム第二次世界大戦赤軍汎ヨーロッパ・ピクニック淡水春の目覚め作戦更新世

中央ヨーロッパ

中東 中央ヨーロッパ(ちゅうおうヨーロッパ、Central Europe、Mitteleuropa)は、ヨーロッパの中央部に位置し、人口規模が大きい地域である。中欧と表記されることもある。.

新しい!!: バラトン湖と中央ヨーロッパ · 続きを見る »

マグネシウム

マグネシウム(magnesium )は原子番号 12、原子量 24.305 の金属元素である。元素記号は Mg。マグネシュームと転訛することがある。中国語は金へんに美と記する。 周期表第2族元素の一種で、ヒトを含む動物や植物の代表的なミネラル(必須元素)であり、とりわけ植物の光合成に必要なクロロフィルで配位結合の中心として不可欠である。また、有機化学においてはグリニャール試薬の構成元素として重要である。 酸化マグネシウムおよびオキソ酸塩の成分としての酸化マグネシウムを、苦い味に由来して苦土(くど、bitter salts)とも呼称する。.

新しい!!: バラトン湖とマグネシウム · 続きを見る »

ハンガリー

ハンガリー(Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。.

新しい!!: バラトン湖とハンガリー · 続きを見る »

ハンガリー人

ハンガリー共和国と、国外のハンガリー民族(マジャル人)の分布 ハンガリー人は、.

新しい!!: バラトン湖とハンガリー人 · 続きを見る »

ハンガリーワイン

ハンガリーワインは、中央ヨーロッパのハンガリーで生産されるワイン。その歴史はハンガリー王国まで遡る。ハンガリー国外でよく知られているハンガリーワインは、白のデザートワインであるトカイ (特にチェコ共和国、ポーランド、スロバキアで有名)と、赤ワインの(エゲルの牡牛の血の意)である。.

新しい!!: バラトン湖とハンガリーワイン · 続きを見る »

ユーゴスラビア

ユーゴスラビアは、かつて南東ヨーロッパのバルカン半島地域に存在した、南スラブ人を主体に合同して成立した国家の枠組みである。 国名として「ユーゴスラビア」を名乗っていたのは1929年から2003年までの期間であるが、実質的な枠組みとしては1918年に建国されたセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国に始まり、2006年に解体されたセルビア・モンテネグロまでを系譜とする。また、その間に国名や国家体制、国土の領域についてはいくつかの変遷が存在する。(詳細は#国名の項目を参照)。 なお、ユーゴスラビアの名は解体後の現在においても政治的事情により、構成国のひとつであったマケドニア共和国の国際連合等における公式呼称である「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」として残存している。 その国際的位置から『七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家』と形容される。.

新しい!!: バラトン湖とユーゴスラビア · 続きを見る »

ワイン

ワイン(vin、wine、vino、Wein)とは、主としてブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料である。葡萄酒、ぶどう酒(ぶどうしゅ)とも。通常、単に「ワイン」と呼ばれる場合には他の果汁を主原料とするものは含まない。日本の酒税法では「果実酒」に分類されている。.

新しい!!: バラトン湖とワイン · 続きを見る »

ボーキサイト

ボーキサイト ボーキサイトの小粒 ボーキサイト ボーキサイト(レ・ボー=ド=プロヴァンスにて) ボーキサイト(、鉄礬土(てつばんど))は、酸化アルミニウム(AlO, アルミナ)を 52ないし57パーセント含む鉱石である。実際には、ギブス石 (Al(OH)), (AlO(OH))、ダイアスポア (AlOOH) などの水酸化アルミニウム鉱物の混合物であり、鉱物ではない。アルミニウムの原料である。 ボーキサイトの名は、フランスの都市レ・ボー=ド=プロヴァンス に由来する。発見者はピエール・ベルチェ(1821年)。.

新しい!!: バラトン湖とボーキサイト · 続きを見る »

ブダペスト

ブダペストまたはブダペシュト(Budapest, 英語:, or; )は、ハンガリーの首都であり、同国最大の都市である。 「ブダペスト」として一つの市でドナウ川の両岸を占めるようになったのは1873年11月17日に西岸のブダとオーブダ、東岸のペストが合併してからである。 ドナウ川河畔に位置し、ハンガリーの政治、文化、商業、産業、交通の一大中心都市で、東・中央ヨーロッパでは最大、欧州連合の市域人口では8番目に大きな都市である。しばしばハンガリーのプライメイトシティとも表現される。 ブダペストの市域面積はで、2011年の国勢調査によるブダペストの人口は174万人、ピークであった1989年の210万人より減少している。これは、ブダペスト周辺部の郊外化によるものである。ブダペスト都市圏(通勤圏)の人口は330万人である。 ブダペストの歴史の始まりはローマ帝国のアクインクムとしてで、もともとはケルト人の集落であった。アクインクムは古代ローマの低パンノニア属州の首府となっている。マジャル人がブダペスト周辺にやって来たのは9世紀頃である。最初の集落は1241年から1242年にかけてモンゴルの襲来により略奪された。15世紀に町が再建されるとブダペストはルネサンス期の人文主義者文化の中心となった。続いてモハーチの戦いが起こり、オスマン帝国による150年間の支配が続き、18世紀、19世紀に新しい時代に入ると町は発展し繁栄する。ブダペストは1873年にドナウ川を挟んだ都市の合併が行われると、世界都市となる。また、1848年から1918年の第一次世界大戦勃発まで列強に含まれたオーストリア=ハンガリー帝国のウィーンに続く第二の首都であった。1920年のトリアノン条約によりハンガリーは国土の72%を失い、ハンガリーの文化や経済をブダペストがすべてを占めるようになった。ブダペストはその大きさや人口で圧倒的に優位に立ち、ハンガリーの他の都市を小さく見せていた。ブダペストはハンガリー革命 (1848年)や1919年のハンガリー評議会共和国、1944年のパンツァーファウスト作戦、1945年のブダペスト包囲戦、1956年のハンガリー動乱など数々の歴史的な舞台の場でもあった。 ブダペストはヨーロッパでも最も美しい街の一つで、ドナウ川河岸を含め世界遺産が広がりブダ城やアンドラーシ通り、英雄広場は良く知られている。ブダペスト地下鉄1号線Millenniumi Földalatti Vasútはロンドン地下鉄に次いで世界で2番目に古い地下鉄である。ブダペストの他のハイライトはセーチェーニ温泉を含めた80の温泉で世界でも最大の地下熱水系統がある。世界で3番目に大きなシナゴーグであるドハーニ街シナゴーグや国会議事堂などもブダペストの見所である。ブダペストの観光客数は年間270万人に上り、ロンドンにある民間調査機関ユーロモニターによればブダペストは世界で37番目に旅行者が多い観光地であるとされている。.

新しい!!: バラトン湖とブダペスト · 続きを見る »

パイクパーチ

パイクパーチ (学名:、英名:zander) は、スズキ目スズキ亜目ペルカ科ザンダー属の基準種となっている大型淡水魚である。ザンダーという通称もある。 ペルカ属(狭義のパーチ)に近縁で、広い意味ではパーチに含まれる。北米の近縁種にウォールアイがいる。パイクパーチはパイクとペルカ属の混血だという俗説があるが、正しくない。.

新しい!!: バラトン湖とパイクパーチ · 続きを見る »

ドナウ川

ドナウ川(ドナウがわ、ラテン語:Danubius、 ドイツ語: Donau )は、ヴォルガ川に次いでヨーロッパで2番目に長い大河である。 ドイツ南部バーデン=ヴュルテンベルク州の森林地帯「シュヴァルツヴァルト(黒い森)」に端を発し、概ね東から南東方向に流れ、東欧各国を含む10ヶ国を通って黒海に注ぐ重要な国際河川である。河口にはドナウ・デルタが広がる。全長は2,850 km。.

新しい!!: バラトン湖とドナウ川 · 続きを見る »

ドイツ民主共和国

ドイツ民主共和国(ドイツみんしゅきょうわこく、Deutsche Demokratische Republik; DDR)、通称東ドイツ(ひがしドイツ、Ostdeutschland)または東独(とうどく)は、第二次世界大戦後の1949年に旧ドイツ国のソビエト連邦占領地域に建国された国家。旧ドイツ国西部から南部にかけてのアメリカ・イギリス・フランス占領地域に建国されたドイツ連邦共和国(西ドイツ)とともにドイツを二分した分断国家の一つ。1990年、ドイツ連邦共和国に領土を編入される形で消滅した。.

新しい!!: バラトン湖とドイツ民主共和国 · 続きを見る »

アルミニウム

アルミニウム(aluminium、aluminium, aluminum )は、原子番号 13、原子量 26.98 の元素である。元素記号は Al。日本語では、かつては軽銀(けいぎん、銀に似た外見をもち軽いことから)や礬素(ばんそ、ミョウバン(明礬)から)とも呼ばれた。アルミニウムをアルミと略すことも多い。 「アルミ箔」、「アルミサッシ」、一円硬貨などアルミニウムを使用した日用品は数多く、非常に生活に身近な金属である。天然には化合物のかたちで広く分布し、ケイ素や酸素とともに地殻を形成する主な元素の一つである。自然アルミニウム (Aluminium, Native Aluminium) というかたちで単体での産出も知られているが、稀である。単体での産出が稀少であったため、自然界に広く分布する元素であるにもかかわらず発見が19世紀初頭と非常に遅く、精錬に大量の電力を必要とするため工業原料として広く使用されるようになるのは20世紀に入ってからと、金属としての使用の歴史はほかの重要金属に比べて非常に浅い。 単体は銀白色の金属で、常温常圧で良い熱伝導性・電気伝導性を持ち、加工性が良く、実用金属としては軽量であるため、広く用いられている。熱力学的に酸化されやすい金属ではあるが、空気中では表面にできた酸化皮膜により内部が保護されるため高い耐食性を持つ。.

新しい!!: バラトン湖とアルミニウム · 続きを見る »

アドリア海

アドリア海(Adriatic Sea; Mar Adriatico; Jadransko more)は、地中海の海域の一つ。イタリア半島とバルカン半島に挟まれている。.

新しい!!: バラトン湖とアドリア海 · 続きを見る »

カルシウム

ルシウム(calcium、calcium )は原子番号 20、原子量 40.08 の金属元素である。元素記号は Ca。第2族元素に属し、アルカリ土類金属の一種で、ヒトを含む動物や植物の代表的なミネラル(必須元素)である。.

新しい!!: バラトン湖とカルシウム · 続きを見る »

ザラ川

ラ川は、ハンガリー西部のヴァシュ県ウールシェーグに源を発し、バラトン湖へと注ぐ、全長126kmの河川。 上流では東の方向に流れ、ザラエゲルセグで東北方向に、トュルイェで南へと流れを変えてバラトン湖に流下する。更新世までこの川は小ハンガリー平原に向かって北に流れていたが、更新世の終わりごろ現在のバラトン湖周辺が窪地になったことから流れる方向が変わったことが明らかになっている。これと同時にドラヴァ川への支流もなくなり、現在のようにザラヴァール付近の「小バラトン」と呼ばれる遊水地を通ってバラトン湖へ注ぐようになった。.

新しい!!: バラトン湖とザラ川 · 続きを見る »

シオーフォク

ーフォク (Siófok)は、ハンガリー、ショモジ県の都市。バラトン湖に面した観光地である。.

新しい!!: バラトン湖とシオーフォク · 続きを見る »

サナトリウム

ナトリウム()は、長期的な療養(結核等)を必要とする人のための療養所。.

新しい!!: バラトン湖とサナトリウム · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: バラトン湖と第二次世界大戦 · 続きを見る »

赤軍

赤軍(せきぐん、ロシア語:Красная армия クラースナヤ アールミヤ)は、1918年から1946年にかけてロシアおよびソビエト連邦に存在した軍隊。1917年より始まったロシア内戦の最中に労働者・農民赤軍(ろうどうしゃ・のうみんせきぐん、Рабоче-крестьянская Красная армия ラボーチェ・クリスチヤーンスカヤ・クラースナヤ・アールミヤ、略称:労農赤軍、РККА エールカーカーアー)として設立され、1937年に海軍が赤軍から独立した後はソ連の地上軍(陸軍)を指す呼称となった。.

新しい!!: バラトン湖と赤軍 · 続きを見る »

汎ヨーロッパ・ピクニック

汎ヨーロッパ・ピクニック(はんヨーロッパ・ピクニック、Páneurópai piknik、Paneuropäisches Picknick)は、1989年8月19日、オーストリア共和国ブルゲンラント州に食い込むハンガリー人民共和国領ショプロンで開かれた政治集会。ピクニック事件、ヨーロッパ・ピクニック計画とも呼ばれる。 この政治集会には西ドイツへの亡命を求める1000人ほどの東ドイツ市民が参加した。この時、彼らは一斉にハンガリー・オーストリア国境を越え、亡命を果たした。後にベルリンの壁崩壊へと繋がる歴史的事件である。.

新しい!!: バラトン湖と汎ヨーロッパ・ピクニック · 続きを見る »

淡水

地表面の淡水(ニュージーランドのハウェア湖) 白糸の滝) 南極大陸の雪原は地球上の主要な淡水である drinking fountain"、いわゆる、飲用泉。) 淡水(たんすい)あるいは真水(まみず)とは、第1義として、塩分濃度の低い水の包括的呼称(地球を含む宇宙の天体上に存在する)。第2義としては、陸棲の生物が生体維持のために利用可能な程度に塩分濃度が低い水のことである(地球にのみ存在する。''cf.'' 水#生物と水)。.

新しい!!: バラトン湖と淡水 · 続きを見る »

湖(みずうみ、英語:lake)は、湖沼のうち比較的大きなものであり、一般には水深 5 - 10 m より深いものを指す。湖沼学や陸水学に基づく定義、水質、形成要因などについては湖沼を参照のこと。.

新しい!!: バラトン湖と湖 · 続きを見る »

春の目覚め作戦

春の目覚め作戦(はるのめざめさくせん、独:Operation Frühlingserwachen)は、1945年3月6日から3月15日にかけてハンガリー西部のバラトン湖周辺で展開された、第二次世界大戦におけるドイツ軍の攻勢。バラトン湖の戦い(Plattenseeoffensive)とも呼ばれる。.

新しい!!: バラトン湖と春の目覚め作戦 · 続きを見る »

更新世

北極側の氷河の再拡大域 更新世の地層、Scarboro Cliffs 、トロント、オンタリオ州、カナダ 更新世(こうしんせい、Pleistocene)は地質時代の区分の一つで、約258万年前から約1万年前までの期間。第四紀の第一の世。かつては洪積世(こうせきせい、Diluvium)洪積世の名は地質学に時期区分が導入された17世紀にこの時代の地層がノアの洪水の反映と信じられたことによる。現在では神話に結びつけることは望ましくないため、この区分名は使われなくなった。ともいい、そのほとんどは氷河時代であった。 この前の鮮新世(せんしんせい、Pliocene)と合わせて鮮新・更新世(Plio-Pleistocene)として扱われることもある。.

新しい!!: バラトン湖と更新世 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »