ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

バハーワルプル

索引 バハーワルプル

バハーワルプル()は、パキスタンのパンジャーブ州の都市である。バハーワルプル県の県都である。2012年の人口は約122万人。.

23 関係: ナワーブハイデラバード (インド)ムスリムパンジャーブ州 (パキスタン)パキスタンパキスタンの行政区画ドゥッラーニー朝ニザーム王国アフガニスタンインド・パキスタン分離独立インダス川イギリスサトレジ川藩王国1690年1748年1802年1833年18世紀1947年19世紀2月22日8月

ナワーブ

ナワーブ (Nawab)は、インドにおける称号の一つ。アラビア語を起源とする語で、「代官」を意味し、太守とも訳される。女性の場合ナワーブ・ベーグム(Nawab Begum)となる。.

新しい!!: バハーワルプルとナワーブ · 続きを見る »

ハイデラバード (インド)

ハイデラバード(హైదరాబాదు,Hyderabad)は、インド中南部のテランガーナ州ハイデラバード県の都市。同州の州都であり、アーンドラ・プラデーシュ州の州都も兼ねる。.

新しい!!: バハーワルプルとハイデラバード (インド) · 続きを見る »

ムスリム

ムスリム(مسلم、Muslim)とは、「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教の教徒のことである。.

新しい!!: バハーワルプルとムスリム · 続きを見る »

パンジャーブ州 (パキスタン)

パンジャーブ州(パンジャーブ語: پنجاب、پنجاب、Punjab)は、パキスタンの州。インドのパンジャーブ州とともにパンジャーブ地方に含まれる。人口はパキスタンの行政区画中で一番多く、9,100万人を超える。州都はラホール(لاہور, Lahore)。州内にはほかにラーワルピンディー(راولپنڈی, Rawalpindi)やファイサラーバード(فیصل آباد, Faisalabad)などの都市がある。.

新しい!!: バハーワルプルとパンジャーブ州 (パキスタン) · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: バハーワルプルとパキスタン · 続きを見る »

パキスタンの行政区画

パキスタンの行政区画は、4つの州と2つの連邦直轄地域に分かれる。その他、カシミール地方におけるパキスタンの実効支配領域は、2つの行政区に分かれる。.

新しい!!: バハーワルプルとパキスタンの行政区画 · 続きを見る »

ドゥッラーニー朝

ドゥッラーニー朝は、18世紀にアフガニスタンに存在した王朝。首都はカンダハール。広義のドゥッラーニー部族連合による王朝という意味では、サドーザイ朝(1747年 - 1826年)と、続くバーラクザイ朝(1826年 - 1880年、1919年 - 1973年)をあわせてドゥッラーニー朝という。狭義のドゥッラーニー朝は、サドーザイ朝(1747年 - 1826年)を指す。.

新しい!!: バハーワルプルとドゥッラーニー朝 · 続きを見る »

ニザーム王国

ニザーム王国(ニザームおうこく、英語:Nizam of Hyderabad/Nizam Dominion)あるいはハイダラーバード王国(हैदराबाद स्टेट、حیدرآباد、حیدرآباد、హైదరాబాద్ రాష్ట్రం、 Haiderabad State)は、インド、デカン地方に存在したイスラーム王朝(1724年 - 1948年)。 首都はアウランガーバード、ハイダラーバード。 1724年、ニザーム王国はムガル帝国の宰相カマルッディーン・ハーンにより創始され、歴代の君主は帝国から与えられた「ニザーム」の称号を名乗り、 1798年以降は藩王国化したことでニザーム藩王国あるいはハイダラーバード藩王国となった。 イギリス植民地下においてはマイソール藩王国やジャンムー・カシュミール藩王国同様に広大な領土を持つ藩王国であり、ニザーム藩王国の領土面積はインド最大であった。また、イギリスが定めた藩王国の序列の筆頭に位置づけられ、藩王を迎える際の礼砲の発数は、独立国家の元首に準じた「21発」と規定されていた。.

新しい!!: バハーワルプルとニザーム王国 · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: バハーワルプルとアフガニスタン · 続きを見る »

インド・パキスタン分離独立

インド・パキスタン分離独立(インド・パキスタンぶんりどくりつ、Partition of India、ヒンディー語: भारत का विभाजन または हिंदुस्तान का बटवारा 、ヒンドゥスターニー語: 、ウルドゥー語: )、略称として印パ分離(いんぱぶんり)、印パ分断(いんぱぶんだん)などとも、は、1947年8月14日および15日にイギリス領インド帝国が解体し、インド連邦とパキスタン(後にバングラデシュとして独立する飛地の東パキスタンを含む)の二国に分かれて独立したことを指す。における最大の悲劇に数えられる。 この結果、インドとパキスタンの両国が並び立つこととなり、この二者の対立は今日に至るまで続いている(なお、バングラデシュは東パキスタン時代に西から一方的な政治的支配・弾圧を受けた確執や、独立戦争にインドが協力した歴史的経緯から比較的親印感情が強いとされる)。.

新しい!!: バハーワルプルとインド・パキスタン分離独立 · 続きを見る »

インダス川

インダス川(ヒンディー語、サンスクリット: सिन्धु、دریائے سندھ、シンド語: سندھو、パンジャーブ語:سندھ、ペルシア語:حندو、パシュトー語:ّآباسن、チベット語: Sengge Chu、中国語: 印度河、ギリシア語: Ινδός)は、インド亜大陸を流れる主要河川。 チベット自治区のマーナサローワル湖の近くのチベット高原から始まり、ジャンムー・カシミール州のラダックを通る。その後、パキスタンに入ってギルギット・バルティスタン州を通り、パンジャーブ州を南に抜け、シンド州に入り、パキスタンの港都市カラチの近くのアラビア海に注いでいる。インダス川の長さは3,180Kmで、パキスタン最大の河川である。インダス川本流の93%はパキスタン領内であり、5%がインド、2%が中国領を流れる。 インダス川の流域面積は1,165,000Km2以上である。一年間に流れる水の量は、約207Km3と推定され、世界で21番目である。氷河が広がる標高から始まり、温帯樹林の生態系、平野、乾燥地帯を作っている。チェナーブ川、、サトレジ川、ジェルム川、ビアース川及び北西辺境州とアフガニスタンから流れる2つの支流と共にシンドゥ七大河のデルタを形成する。.

新しい!!: バハーワルプルとインダス川 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: バハーワルプルとイギリス · 続きを見る »

サトレジ川

インダス川の流域図 サトレジ川(サトレジがわ、درياۓ ستلُج, ਸਤਲੁਜ, सतलज, Sutlej River)は、インダス川の主要支流である。中国チベット自治区のカイラス山付近(マーナサローワル湖とラークシャスタール湖)に源を発して、インドのヒマーチャル・プラデーシュ州を通過し、インドとパキスタンの国境も流れてからパキスタンに入り、 近くでインダス川に合流する。1880年代より灌漑が行われている。 1840年代のシク戦争まではイギリス領とシク教徒の境界線ともなった。.

新しい!!: バハーワルプルとサトレジ川 · 続きを見る »

藩王国

藩王国(はんおうこく、英語:princely state, native state, Indian state)とは、イギリスが植民地統治していた時代のインド(現在のインド・パキスタン・バングラデシュ、およびミャンマーを含むインド帝国)において、イギリスの従属下で一定の支配権を認められていた藩王(prince)の領国のことである。「土侯国」とも訳される。 ネパール王国とブータン王国はそれぞれグルカ戦争とブータン戦争の結果イギリスの保護国とはなったものの、藩王国としては扱われていない。.

新しい!!: バハーワルプルと藩王国 · 続きを見る »

1690年

記載なし。

新しい!!: バハーワルプルと1690年 · 続きを見る »

1748年

記載なし。

新しい!!: バハーワルプルと1748年 · 続きを見る »

1802年

記載なし。

新しい!!: バハーワルプルと1802年 · 続きを見る »

1833年

記載なし。

新しい!!: バハーワルプルと1833年 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: バハーワルプルと18世紀 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: バハーワルプルと1947年 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: バハーワルプルと19世紀 · 続きを見る »

2月22日

2月22日(にがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から53日目にあたり、年末まであと312日(閏年では313日)ある。.

新しい!!: バハーワルプルと2月22日 · 続きを見る »

8月

8月(はちがつ)は、グレゴリオ暦で年の第8の月に当たり、31日ある。 日本では、旧暦8月を葉月(はづき)と呼び、現在では新暦8月の別名としても用いる。葉月の由来は諸説ある。木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説が有名である。他には、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説、南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。また、「月見月(つきみづき)」の別名もある。 英語名 August は、ローマ皇帝アウグストゥスに由来する。アウグストゥスは紀元前1世紀、誤って運用されていたユリウス暦の運用を修正するとともに、8月の名称を「6番目の月」を意味する "Sextilis" から自分の名に変更した。よく見かけられる通説に、彼がそれまで30日であった8月の日数を31日に増やし、その分を2月の日数から減らしたため2月の日数が28日となったというものがある。これは11世紀の学者ヨハネス・ド・サクロボスコが提唱したものであり、8月の名称変更以前からすでに2月は短く、8月は長かった事を示す文献が複数発見されているため、この通説は現在では否定されている(詳細はユリウス暦を参照)。.

新しい!!: バハーワルプルと8月 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

バハワルプルバハーワルプール

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »