ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

バニティ・フェア (イギリスの雑誌)

索引 バニティ・フェア (イギリスの雑誌)

『バニティ・フェア (Vanity Fair)』は、1868年から1914年まで刊行されていた、イギリスの週刊誌。.

34 関係: ノルウェーチャールズ・ダーウィンポール・クリューガーリトグラフルイス・キャロルロンドンヴィクトリア朝トランスヴァール共和国ヘンリック・イプセンフランク・ハリスフランス人ベンガル地方アレクサンドラ・オブ・デンマークアレクサンドル・デュマ・フィスイギリスイタリア人ウィリアム・ジレットウィキブックスオスカー・ワイルドカリカチュアシャーロック・ホームズジェームズ・ハミルトン (初代アバコーン公爵)ジェームズ・ティソサー連載小説週刊誌P・G・ウッドハウス11月7日1868年1904年1906年1911年1914年2月5日

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とノルウェー · 続きを見る »

チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とチャールズ・ダーウィン · 続きを見る »

ポール・クリューガー

ポール・クリューガー(、1825年10月10日 - 1904年7月14日)は、トランスヴァール共和国(現: 南アフリカ共和国)の政治家。 大統領(初代)を務める。クルーガー、クリューゲルとも表記する。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とポール・クリューガー · 続きを見る »

リトグラフ

リトグラフ: Borek (Borkau) in 1883, by Alexander Duncker. 石の版面(左)と石版画(右) リトグラフ (lithograph, lithography) は版画の一種で、平版画にあたる。水と油の反発作用を利用した版種で、製作過程は大きく「描画」「製版」「刷り」の3工程にわかれる。ほかの孔版画、凹版画、凸版画などに比べると複雑で時間も多く要するが、クレヨンの独特のテクスチャや、強い線、きめ細かい線、筆の効果、インクの飛ばした効果など、描写したものをそのまま紙に刷ることができ、多色刷りも可能で、版を重ねるにつれて艶を有した独特の質感が出てくる。 19世紀頃、ヨーロッパで偶然から原理が発見され、以降ロートレックなどの画家が斬新で芸術性の高いポスターをこの方法で描いた。以前は巨大な石(石灰岩)に描いていたため石版画(石版印刷術、リトグラフィ)とも呼ばれるが、近年は扱いやすいアルミ板を使うことが多い。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とリトグラフ · 続きを見る »

ルイス・キャロル

ルイス・キャロル(Lewis Carroll, 1832年1月27日 - 1898年1月14日)は、イギリスの数学者、論理学者、写真家、作家、詩人である。 本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン (Charles Lutwidge Dodgson) で、作家として活動する時にルイス・キャロルのペンネームを用いた。このペンネームは "Charles Lutwidge" をこれに対応するラテン語名 "Carolus Ludovicus" に直し、再び英語名に戻して順序を入れ替えたものである。なお、 "Dodgson" の実際の発音は「ドジソン」ではなく「ドッドソン」に近いという説もあるが、この記事では慣例に従い「ドジソン」と表記する。 作家としてのルイス・キャロルは、『不思議の国のアリス』の作者として非常に良く知られている。「かばん語」として知られる複数の語からなる造語など、様々な実験的手法で注目されている。数学者としては、チャールズ・ドジソン名義で著作を出している。 キャロルの作品は出版以来人気を博し続けており、その影響は児童文学の域に止まらず、ジェイムズ・ジョイスやホルヘ・ルイス・ボルヘスのような20世紀の作家らにも及んでいる。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とルイス・キャロル · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とロンドン · 続きを見る »

ヴィクトリア朝

ヴィクトリア朝(ヴィクトリアちょう、Victorian era)は、ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指す。この時代はイギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期であるとみなされている。 なお、ここで用いる「朝」は「時代(ある一人の君主が統治していた期間)」の意味であり、「王朝(ある一定の血統に属する君主たちが統治していた期間)」を指し示すものではない。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とヴィクトリア朝 · 続きを見る »

トランスヴァール共和国

トランスヴァール共和国(トランスヴァールきょうわこく)は、20世紀初めまでヴァール川北方(現在の南アフリカ共和国北部)に存在した共和国。1852年にボーア人が建国した。首都はプレトリア。 なお「トランスヴァール共和国」は通称で、正式名称は南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく、、South African Republic)である。また「ヴァール」「トランスヴァール」は英語読みで、アフリカーンス語では、それぞれ「ファール」「トランスファール」と発音する。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とトランスヴァール共和国 · 続きを見る »

ヘンリック・イプセン

ヘンリック(ヘンリク)・イプセン(Henrik Johan Ibsen、1828年3月20日 - 1906年5月23日)は、ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称される。シェイクスピア以後、世界でもっとも盛んに上演されている劇作家とも言われる。 代表作には、『ブラン』『ペール・ギュント』(グリーグが後に劇音楽を作曲する)『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などがある。自身はノルウェーを嫌い、長くドイツやイタリアで生活したため、ノルウェーの国民作家という意識は薄かったが、現在は国の象徴、そして世界史上最も重要な劇作家の一人として尊敬され、長らくノルウェーの最高額面の1000クローネ紙幣にその肖像が描かれていた。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とヘンリック・イプセン · 続きを見る »

フランク・ハリス

フランク・ハリス フランク・ハリス(Frank Harris、1856年2月14日 - 1931年8月27日)は、イギリスに生まれ、後にアメリカ合衆国に帰化した作家、 編集者、ジャーナリスト、出版業経営者である。同世代の著名人多数との交遊関係でよく知られた人物であった。存命の間はその短気で過激な性格で知られ、自身の編集による定期刊行物では人気を博し、著名人との交遊関係で注目を集めたが、その一方で人々の記憶に最も残ったのは露骨な性描写が理由で世界中の国々で発禁となった『わが生と愛』(原題: My Life and Loves)と題する回顧録である。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とフランク・ハリス · 続きを見る »

フランス人

フランス人(フランスじん、peuple français)は、フランス(フランス共和国、フランス王国、フランス帝国など)の国籍を有する人々を指し、2004年時点で約6200万人を数える。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とフランス人 · 続きを見る »

ベンガル地方

記載なし。

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とベンガル地方 · 続きを見る »

アレクサンドラ・オブ・デンマーク

アレクサンドラ・オブ・デンマーク(Alexandra of Denmark,Alexandra af Denmark,1844年12月1日 - 1925年11月20日)はイギリス国王エドワード7世の妃でイギリス王妃、インド皇后。 リュクスボー朝初代デンマーク国王クリスチャン9世の長女。長兄にデンマーク王フレゼリク8世、弟にギリシャ王ゲオルギオス1世、妹にロシア皇帝アレクサンドル3世の皇后マリアとハノーファー王国の元王太子妃テューラ。 ジョージ5世とノルウェー王妃モードの母。女王エリザベス2世の曾祖母。 エドワード7世と結婚し、3男3女の母となる。夫エドワードの不倫と冷え切った夫婦関係や姑ヴィクトリア女王との愛憎表裏一体する複雑な確執などで心身ともに疲れ果てたが、王太子妃時代には戦争で亡くなった遺族の経済援助のためイギリス陸海空軍人家族協会を設立したり、王妃時代はイギリス陸軍看護施設を設立したりと功績を残した。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とアレクサンドラ・オブ・デンマーク · 続きを見る »

アレクサンドル・デュマ・フィス

アレクサンドル・デュマ・フィス アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils, 1824年7月27日 - 1895年11月27日)はフランスの劇作家、小説家。父(大デュマ)と区別するために「小デュマ」、またはフィス(息子)を付けて呼ばれる。ロマン主義演劇の大家であった父の影響を受けながらも、小さな世界を写実的にしっとりと描く作風が特徴である。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とアレクサンドル・デュマ・フィス · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とイギリス · 続きを見る »

イタリア人

イタリア人(イタリアじん、italiani)は.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とイタリア人 · 続きを見る »

ウィリアム・ジレット

ウィリアム・ジレット(William Hooker Gillette、1853年7月24日 - 1937年4月29日)は、アメリカ合衆国の舞台俳優・演出家。シャーロック・ホームズを演じたことで知られ、インバネスマントや、瓢箪型パイプなど、ドイルの原作にないが、ひろく一般に浸透しているホームズのイメージは、多く彼の脚色による。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とウィリアム・ジレット · 続きを見る »

ウィキブックス

ウィキブックス(Wikibooks)は、ウィキペディアの姉妹プロジェクトであり、ウィキメディア財団の一部である、フリー教科書集である。 2003年7月10日に開始され、以前にはウィキメディアフリー教科書プロジェクト (Wikimedia Free Textbook Project) またはウィキメディア教科書 (Wikimedia-Textbooks) と呼ばれていた。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とウィキブックス · 続きを見る »

オスカー・ワイルド

ー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。 耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末文学の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とオスカー・ワイルド · 続きを見る »

カリカチュア

André Gill画、1878年) カリカチュア(英・仏: caricature、、)は、人物の性格や特徴を際立たせるために(しばしばグロテスクな)誇張や歪曲を施した人物画のこと。滑稽や風刺の効果を狙って描かれるため、現在ではしばしば戯画、漫画、風刺画などと訳されまた同一視されるが、もともとは16世紀イタリアに出現したと考えられる上のような技法・画風を指して使われた言葉である(イタリア語で「荷を負わす」「誇張する」を意味するが語源)。したがって本来は必ずしも風刺を含意するものではなく『まんが史の基礎問題』p.50.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とカリカチュア · 続きを見る »

シャーロック・ホームズ

ャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes) は、19世紀後半に活躍したイギリスの小説家・アーサー・コナン・ドイルの創作した、シャーロック・ホームズシリーズの主人公である、架空の探偵。 彼の活躍する一連の作品は大ヒットして、推理小説の分野に一つの頂点を築いた。その魅力は今なお衰えず、世界中で読み継がれている。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とシャーロック・ホームズ · 続きを見る »

ジェームズ・ハミルトン (初代アバコーン公爵)

初代アバコーン公爵の肖像、1856年 初代アバコーン公爵の肖像写真 ジェームズ・ハミルトン KG PC(James Hamilton, 1st Duke of Abercorn, 1811年1月21日 ウェストミンスター - 1885年10月31日 バロンズコート、ティロン州)は、イギリスの貴族、保守党政治家。第2代アバコーン侯爵、1868年より初代アバコーン公爵。2度にわたりアイルランド総督(在任1866年 - 1868年、1874年 - 1876年)を務めた。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とジェームズ・ハミルトン (初代アバコーン公爵) · 続きを見る »

ジェームズ・ティソ

ェームズ=ジョセフ=ジャック・ティソ (James-Joseph-Jacques Tissot, 1836年10月15日 - 1902年8月8日)は、フランスの画家、版画家。ジェームズ・ティソ(James Tissot)の名で知られている。ナント出身。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とジェームズ・ティソ · 続きを見る »

サー

ー(Sir)は、元来はイギリスの叙勲制度における栄誉称号のひとつで、ナイト(騎士に由来する勲位で、「勲爵士」などと訳される)に与えられる称号である。より一般的に、英語圏では、男性に対する敬称としても用いられる。正式な書簡においても、しばしば用いられる(例:「Dear Sir」「Right Reverend Sir」)。 この敬称が用いられるのは、対等な者の間や、組織内の階級や社会的地位において目上にあたる教育者や指揮官、年長者(特に若者から)に対して、あるいは、商人が顧客へ呼びかける場合などである。 サーに相当する、女性に用いる表現は、ほとんどの場合は「マーム (ma'am)」やそのもともとの形である「マダム (madam)」となるが、若い女性、少女、あるいは未婚女性の場合には、例えば「ミス (miss)」などと呼びかける方が好まれることもある。ナイトの称号を授与された女性に用いるサーに相当する表現は、「デイム (Dame)」であるが、(当人ではなく)夫がナイトの称号をもつ女性には「レディ (Lady)」を敬称に用いる。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とサー · 続きを見る »

連載小説

連載小説(れんさいしょうせつ)は、1つの主題による作品を複数回に分けて発表し続ける小説の形式。 長編小説などがこの形態をとることがある。また、この分野は雑誌・新聞・ウェブサイト・携帯メールなど、発表する際のメディアの形態に依存することも多い。この分野で発表される作品には名作も数多く見られる。代表としては戦前に新聞連載された吉川英治『宮本武蔵』など。 新聞連載小説の嚆矢とされるのは、明治時代の小説家、前田香雪が1875年(明治8年)に発表した『岩田八十八の話』であるとされる。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と連載小説 · 続きを見る »

週刊誌

週刊誌(しゅうかんし)は、原則として週に1回刊行される雑誌であるが、隔週刊の場合もこの名を称することが多い。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と週刊誌 · 続きを見る »

P・G・ウッドハウス

ペルハム・グレンヴィル・ウッドハウス(Pelham Grenville Wodehouse, 1881年10月15日 - 1975年2月14日)は、イギリスの小説家。ユーモア小説の大家として知られる。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)とP・G・ウッドハウス · 続きを見る »

11月7日

11月7日(じゅういちがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から311日目(閏年では312日目)にあたり、年末まであと54日ある。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と11月7日 · 続きを見る »

1868年

記載なし。

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と1868年 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と1904年 · 続きを見る »

1906年

記載なし。

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と1906年 · 続きを見る »

1911年

記載なし。

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と1911年 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と1914年 · 続きを見る »

2月5日

2月5日(にがついつか)はグレゴリオ暦で年始から36日目に当たり、年末まであと329日(閏年では330日)ある。.

新しい!!: バニティ・フェア (イギリスの雑誌)と2月5日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »