ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

バックパッカー

索引 バックパッカー

バックパッカー(backpacker)とは、低予算で国外を個人旅行する旅行者のこと。バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことから、この名が付けられた。日本語では「パッカー」「バッパー」と略すこともある。こうした旅行(バックパッキング、backpacking)はまた、自由旅行や低予算旅行(budget travel)とも呼ばれる。 一般的な旅行者との違いとして、世間的な休暇よりも長い期間に亘ること、バックパックを使うこと、移動に公共交通機関を利用すること、高級なホテルではなく、ユースホステルや安宿を利用すること、観光地を見るだけでなく、地元の住人と出会うことにも興味があることなどが挙げられる。.

191 関係: AERAあいりん地区危険情報台湾堀田あきお売血大韓民国大道芸大阪外務省変圧器寝袋富裕層小田実履歴書山と溪谷社山谷 (東京都)屋台中央駅 (釜山広域市)中華圏世界一周世界一周航空券乞食九龍幻冬舎休学休日徒歩旅行地下鉄地図地球の歩き方医薬品北アフリカペナン島マレーシアノートパソコンマカオチュニジアチョウ・キット駅ネパールバナナ・パンケーキ・トレイルバンコクバックパッカーバス (交通機関)モロッコユースホステルリュックサックレストランロンリープラネットロケットニュース24...ワンワールドワーキング・ホリデーボヘミアニズムトラベラートラベラーズチェックトルコトレッキングトイレットペーパーブログブイビエン通りブキッ・ビンタン駅プタリン通りパハールガンジパク・チョンアパスポートヒッチハイクヒッピーヒッピー・トレイルビザテクノロジーデリーデジタルカメラファングーラオ通りドミトリー (宿泊施設)ホーチミン市ホーボーホテルベトナムアルバイトアパートアフガニスタンアジアのディープな歩き方イランイラクイラク日本人青年殺害事件インドインドネシアインターネットインターネットカフェイスタンブールイタリアウェブサイトオーストラリアカンパカトマンズカニ族カオサン通りギャップ・イヤークアラルンプールゲームゲイランゲストハウスコミュニケーションコルカタシルクロードシンガポールジャラン・ジャクサジャカルタジョバンニ・フランチェスコ・ジェメリ・カレリスラムストレス (生体)スカイチームスターアライアンスソーシャル・ネットワーキング・サービスタメルタブレット (コンピュータ)タイ王国サダルストリート公共交通機関国境個人旅行玩具現金窃盗筆談節約紀行番組爆買い環境問題物価韓国での日本大衆文化の流入制限職業被服観光香港証明写真語学路上ライブ辞典興行蔵前仁一重慶大厦自炊自由旅行自転車釜山広域市鉄道電子掲示板通貨進め!電波少年IPodThe Mirraz投機査証恋愛携帯電話携帯情報端末東城区東京東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…格安航空会社楽器民泊沢木耕太郎治安洗濯ばさみ深夜特急本の雑誌社情報情報機器情報源新語文庫本文化文通文房具日用品日豪プレス日本日本テレビ放送網旅券法旅行旅行人旅行代理店旅行ガイドブック政府観光局所得税1960年代1970年代 インデックスを展開 (141 もっと) »

AERA

AERA(アエラ)は、朝日新聞出版(2008年3月31日発行分までは朝日新聞社出版本部)が毎週発行する週刊誌である。正式には「朝日新聞ウィークリー AERA」という。発行部数10万部(2014年10月1日 - 2015年9月30日において)はサンデー毎日に次いで業界第12位。.

新しい!!: バックパッカーとAERA · 続きを見る »

あいりん地区

あいりん地区(あいりんちく)は、大阪府大阪市西成区の北部、JR西日本・新今宮駅の南側に位置する簡易宿所・寄せ場が集中する地区の愛称である。愛隣地区とも表記され、旧来からの地名である釜ヶ崎とも呼ばれる。宿泊料金が安いため、近年はバックパッカーの宿泊地としても人気を集めている。 ※本項では、同地区の現状について記述する。同地区を含む釜ヶ崎の歴史については釜ヶ崎を参照。.

新しい!!: バックパッカーとあいりん地区 · 続きを見る »

危険情報

危険情報(きけんじょうほう)は、日本の外務省が発表する渡航情報の内、海外(日本国外の国や地域)への渡航や滞在に際した安全に関する情報である。2002年4月26日より「海外危険情報」に替わってこの「渡航情報」の提供が開始されている。.

新しい!!: バックパッカーと危険情報 · 続きを見る »

台湾

台湾(タイワン、臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの国である。 1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島、東沙諸島、南沙諸島の太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2018年時点では同島で人口最多の都市である。.

新しい!!: バックパッカーと台湾 · 続きを見る »

堀田あきお

堀田 あきお(ほった あきお、本名:堀田あきお(ほった あきお)、1956年まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、334頁 - )は、日本の男性漫画家。北海道夕張市生まれ。4歳から東京世田谷で育つ。 妻は漫画原作者の堀田かよで、ほとんどの堀田あきおの漫画原作を担当。群馬県伊勢崎市出身。.

新しい!!: バックパッカーと堀田あきお · 続きを見る »

売血

売血(ばいけつ)とは、自らの血液を有償で採血させる行為のこと。日本では1950年代から1960年代半ばまで輸血用血液の大部分を民間血液銀行が供給していたが、その原料は売血で賄われていた。.

新しい!!: バックパッカーと売血 · 続きを見る »

大韓民国

大韓民国(だいかんみんこく、대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。 憲法上は鴨緑江、豆満江以南の「朝鮮半島及び付属島嶼」全域を領土とするが、現在、北緯38度付近の軍事境界線以北は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の統治下にあり施政権は及んでいない。朝鮮戦争で争った北朝鮮とは1953年に休戦したが、その後も断続的に軍事的対立や小規模な衝突が発生している。 政治面は1980年代半ばまで独裁体制が取られていたが、1987年の民主化宣言によって成立し、現在まで続いている第六共和国憲法に基づく体制は民主主義政体と評価される。 経済面は1960年代前半まで世界最貧国グループにあったため朝鮮戦争で荒廃した韓国は、当時1人あたりの国民所得が日本の5分の1に満たず世界の最貧国に数えられていた。一方、北朝鮮は経済の5カ年計画(*)に成功し、1人あたりの国民所得が韓国の2倍を超えていた。NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第1回「信頼回復への道」2015年6月19日放送。(*)北朝鮮はソ連型の計画経済を導入した。当時の韓国の一人あたりの国民所得は、日本の五分の一に満たない82ドルで、朝鮮戦争の荒廃から立ち直っておらず、世界の最貧国のひとつだった。NHK さかのぼり日本史「戦後“経済外交”の軌跡」第三回 経済援助 積み残された課題 2012年4月17日放送、キャスター 石澤典夫、解説 学習院大学教授 井上寿一。、独自に資金や技術を調達できなかった岩田勝雄,, 立命館大学コラム「あすへの話題」2006年7月(第44回).

新しい!!: バックパッカーと大韓民国 · 続きを見る »

大道芸

大道芸の様子(ジャグリング) 大道芸(だいどうげい)は、路上や街頭、または仮設の掛け小屋(ヒラキ_(芸能)も参照のこと)などで行われるさまざまな芸能の総称。路上パフォーマンス(ろじょうパフォーマンス)、またはストリートパフォーマンスとも呼ばれる。路上での演奏ライブ、ストリートライブとは異なるが、一般的な総称としてストリートパフォーマンスと呼ばれることもある。一般的には、路上において不特定多数の観客に対して芸を演じ、投げ銭を取ることで生計を立てる芸を指すが、現代の日本では例外で投げ銭システムを取らず、主催者などから出演料をもらい、イベント等で芸を披露する場合が多い。 また、交通費をもらい、投げ銭を取るケースもある。.

新しい!!: バックパッカーと大道芸 · 続きを見る »

大阪

大阪(おおさか、Ōsaka)は、日本の近畿地方(関西地方)の地名である。日本第二の都市・西日本最大の都市である大阪市(狭義の大阪)と、大阪市を府庁所在地とする大阪府を指す地域名称であり、広い意味では大阪市を中心とする京阪神(近畿地方、大阪都市圏、近畿圏)を漠然と総称することにも使われる。近畿の経済・文化の中心地で、古くは大坂と表記し、古都・副都としての歴史を持つ。.

新しい!!: バックパッカーと大阪 · 続きを見る »

外務省

外務省(がいむしょう、Ministry of Foreign Affairs、略称:MOFA)は、日本の行政機関の一つである。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とする。.

新しい!!: バックパッカーと外務省 · 続きを見る »

変圧器

・変電所の大型変圧器 変圧器(へんあつき、transformer、Voltage converter)は、交流電力の電圧の高さを電磁誘導を利用して変換する電力機器・電子部品である。変成器(へんせいき)、トランスとも呼ぶ。電圧だけでなく電流も変化する。 交流電圧の変換(変圧)、インピーダンス整合、平衡系-不平衡系の変換に利用する。.

新しい!!: バックパッカーと変圧器 · 続きを見る »

寝袋

マミー型寝袋 寝袋(ねぶくろ)とは、袋状の携帯用寝具である。オートキャンプや登山などの際にテント内で使用される他、防災用品などとしても用いられる。英語ではスリーピングバッグ(sleeping bag )と呼ぶ。シュラフ(シュラフザック/ドイツ語:Schlafsack から)と呼ばれることもある。.

新しい!!: バックパッカーと寝袋 · 続きを見る »

富裕層

富裕層(ふゆうそう)とは、セグメンテーションのひとつであり、一定以上の比較的大きな経済力や購買力を有する個人・世帯を指し示す。.

新しい!!: バックパッカーと富裕層 · 続きを見る »

小田実

小田 実(おだ まこと、男性、1932年(昭和7年)6月2日 - 2007年(平成19年)7月30日)は、日本の作家・政治運動家。体験記『何でも見てやろう』で一躍有名になった。日本に多い私小説を批判し、全体小説を目指した。九条の会の呼びかけ人の一人。妻は画家の玄順恵。.

新しい!!: バックパッカーと小田実 · 続きを見る »

履歴書

日本の履歴書 履歴書(りれきしょ)とは、学業や職業の経歴など人物の状況を記した書類のことで、就職や転職時に選考用の資料として用いられる。また、学歴や職歴によって給与や資格などを決定する手続き(査定)において、それを証明する各種の書類とともに提出する。履歴書は、法律で書式を定められているわけではないため、基本的に自由形式である。 なお、アメリカ合衆国およびカナダの英語圏地域にて用いられるレジュメ(、日本では英文履歴書とも呼ばれる)は、日本でいう「職務経歴書」に近いものである。 芸能人では『芸歴書』と称するところもある。.

新しい!!: バックパッカーと履歴書 · 続きを見る »

山と溪谷社

株式会社山と溪谷社(やまとけいこくしゃ)は、日本の出版社のひとつ。山岳雑誌『山と溪谷』を柱として、山・アウトドア・スキー・旅・自然などに関する雑誌・書籍を出版・販売している。「ヤマケイ私鉄ハンドブック」、「ヤマケイ・レイル・グラフィックス」、「日本の鉄道」のシリーズなど、鉄道関係の出版を手掛けていたこともある。インプレスグループ。.

新しい!!: バックパッカーと山と溪谷社 · 続きを見る »

山谷 (東京都)

山谷(さんや)とは、東京都台東区北東部にあった地名。現在の清川・日本堤・東浅草付近を指した大辞林。一時期、遊郭が置かれたことから、吉原遊郭を指す場合もあった。安宿が多かったことから労働者が集まるようになり、東京都台東区・荒川区にある寄せ場(日雇い労働者の滞在する場所、俗に言うドヤ街)の通称(旧地名)として使われる様になった。交通の便がよく、格安ホテルがあることから、2000年代以降は、バックパッカーを含む訪日外国人の宿泊地としても人気を集めている。 後述のとおり、荒川区にも関係するもので、本項目は「山谷 (東京都)」というが、東京都には、他にも「山谷」という旧地名が多くある。それらについては、山谷を参照。.

新しい!!: バックパッカーと山谷 (東京都) · 続きを見る »

屋台

江戸後期の天ぷら屋台(深川江戸資料館) 江戸後期の「風鈴蕎麦」(深川江戸資料館) ラーメンの屋台 屋台(やたい)・屋台店(やたいみせ)は、屋根が付いた移動可能な店舗。飲食物や玩具などを売る。当初、蕎麦屋は「振り売り」形式の屋台が多く、寿司屋は「立ち売り」形式の屋台が多かった。 世界各地に様々な形態の屋台がある。初期の形態としては、天秤棒で担いで売り歩いた形態があったが商品を多く運べないのが欠点。リヤカーのように可動式の店舗部分を人力、自転車、オートバイで牽引するものや、テントのように組み立て型の骨組みをもとに店舗を設置する場合もある。またトラックの荷台の部分を改造したものもある。似た言葉として露店(ろてん)があるが、露店は移動式とは限らず、歩道上に物を並べて販売したり、建物の1階の店先で物を売る店も含まれる。.

新しい!!: バックパッカーと屋台 · 続きを見る »

中央駅 (釜山広域市)

中央駅(チュンアンえき)は大韓民国釜山広域市中区中央洞4街にある、釜山交通公社1号線の駅。駅番号は112。駅名の「中央」は中央洞という地名から由来した。.

新しい!!: バックパッカーと中央駅 (釜山広域市) · 続きを見る »

中華圏

中華圏(ちゅうかけん)または大中華地区(だいちゅうかちく、、)とは、漢民族の文化的特色が支配的な地域の総称。 通常は漢民族が多数者として定住しており中国語が主要な公用語となっている中国、香港、マカオ、台湾の各地区を指し、中国語圏(ちゅうごくごけん)とも呼ばれる。場合によっては華人・華僑が人口に占める割合が多い地域(シンガポールなど)を含める場合もある。.

新しい!!: バックパッカーと中華圏 · 続きを見る »

世界一周

世界一周(せかいいっしゅう)は、世界中を一回りすること。世界、すなわち地球を一周することでもあることから地球一周(ちきゅういっしゅう)と称されることもある。世界周航(せかいしゅうこう)とも。.

新しい!!: バックパッカーと世界一周 · 続きを見る »

世界一周航空券

世界一周航空券(せかいいっしゅうこうくうけん、Round the world ticket, RTW)とは、出発地となる空港から発って地球を一周し、再び出発地に戻るまでの複数枚の航空券をセットにして販売するものをいう。世界一周を形成する航空路線については世界一周路線を参照のこと。.

新しい!!: バックパッカーと世界一周航空券 · 続きを見る »

乞食

乞食(こつじき、こじき)とは、.

新しい!!: バックパッカーと乞食 · 続きを見る »

九龍

旺角にある亞皆老街(Argyle Street)の様子 九龍(きゅうりゅう、クーロン、カウロン(広東語:Gau2lung4)、カウルーン(英語:Kowloon)、ジウロン(北京語:Jiǔlóng))は、香港特別行政区領内に位置する市街地の一地域名を指す。1860年に締結された北京条約において、当時の中国の政権であった清国からイギリスに割譲された地域で九龍半島のうち現在の界限街より南側を指す。 ただし現在の日常の用語としては、新九龍と呼ばれる新興市街地を含む場合もある。1842年、アヘン戦争後に締結された南京条約で清国からイギリスに割譲された香港島に次いでイギリスの植民地となる。1997年7月1日午前0時をもってイギリス領香港の他地域と共に、中華人民共和国へ返還された。 九龍の歴史や気候、市街の概要などに関しては香港または香港の歴史の項を参照。.

新しい!!: バックパッカーと九龍 · 続きを見る »

幻冬舎

株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は日本の出版社。.

新しい!!: バックパッカーと幻冬舎 · 続きを見る »

休学

休学(きゅうがく)は、学校に在籍する児童・生徒が、病気その他の理由により、校長の許可をうけて、ある期間授業を受けない状態である。 なお日本の場合は、学校教育法に基づかない学校でも休学の実例はある(競馬学校など)。.

新しい!!: バックパッカーと休学 · 続きを見る »

休日

休日(きゅうじつ)とは.

新しい!!: バックパッカーと休日 · 続きを見る »

徒歩旅行

徒歩旅行(とほりょこう)とは、徒歩で移動する旅行をいう。類義語として、「歩き旅」、「ウォーキング」及び「ハイキング」などがある。.

新しい!!: バックパッカーと徒歩旅行 · 続きを見る »

地下鉄

地下鉄道(ちかてつどう)、略して地下鉄(ちかてつ)とは路線の大部分が地下空間に存在する鉄道である。主に都市高速鉄道として建設される。.

新しい!!: バックパッカーと地下鉄 · 続きを見る »

地図

地図(ちず、英:mapブリタニカ百科事典「地図」 マップ、chart チャート)とは、地球表面の一部または全部を縮小あるいは変形し、記号・文字などを用いて表した図。.

新しい!!: バックパッカーと地図 · 続きを見る »

地球の歩き方

地球の歩き方(ちきゅうのあるきかた)は、ダイヤモンド社が刊行している海外旅行用の旅行ガイドブック。1979年(昭和54年)の創刊以来、世界各地を紹介する旅行ガイドブックが計100タイトル以上も発売されている。.

新しい!!: バックパッカーと地球の歩き方 · 続きを見る »

医薬品

リタリン20mg錠。 医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。 医師の診察によって処方される処方箋医薬品、薬局で買える一般用医薬品がある。医薬品は治験を行って有効性が示されれば新薬として承認され、新薬の発売から20年の期間が経過したらその特許がきれることで他の会社も販売可能となり、後発医薬品が製造される。 臨床試験による安全性の検証は限られたもので、グローバル化によって超国家的に薬の売り出し(ブロックバスター薬)を行っており、国際化されていない有害反応監視システムが手を打つ前に有害反応(副作用)の影響が広がる可能性がある。.

新しい!!: バックパッカーと医薬品 · 続きを見る »

北アフリカ

北アフリカ(きたアフリカ)は、アフリカのうちサハラ砂漠より北の地域を指す。また、狭義には西端部のマグリブ地域のみを指す場合もある。エジプトやリビアを中心に中東の一部として定義されることも多い。サハラ砂漠をはじめとした砂漠地帯やステップが大部分を占めるが、地中海を挟んでEU諸国と対しており、モロッコやチュニジアのように経済が比較的発達している国が多い。住民にはアラブ系のコーカソイドが多いため、ホワイトアフリカともよばれる。.

新しい!!: バックパッカーと北アフリカ · 続きを見る »

ペナン島

ペナン島 (ペナンとう、マレー語:Pulau Pinang, Penang, 檳島) は、マレー半島の西方、マラッカ海峡に位置する島である。対岸のマレー半島部分バターワースと合わせてマレーシア・ペナン州を構成している。.

新しい!!: バックパッカーとペナン島 · 続きを見る »

マレーシア

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、Malaysia、Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。.

新しい!!: バックパッカーとマレーシア · 続きを見る »

ノートパソコン

ノートパソコン(ノート型パーソナルコンピュータ、ノートPC、Laptop, laptop computer, notebook computer, notepad computer, etc)は、モニタなどの表示画面、キーボードやポインティングデバイスなどの入力機器、バッテリー(電池)などがコンピュータ本体と一体化された、ユーザーが任意の場所へ移動させて利用する(持ち運ぶ)ことを前提として設計された、二つ折りで軽量のパーソナルコンピュータの総称である。 ノートパソコンの一例ThinkPad R51(2004年・15型・B4サイズ).

新しい!!: バックパッカーとノートパソコン · 続きを見る »

マカオ

中華人民共和国マカオ特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくマカオとくべつぎょうせいく)、通称マカオ(Macau、澳.

新しい!!: バックパッカーとマカオ · 続きを見る »

チュニジア

チュニジア共和国(チュニジアきょうわこく、الجمهورية التونسية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⴷⵓⴷⴰ ⵏ ⵜⵓⵏⴻⵙ、République tunisienne)、通称チュニジアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制をとっている国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。.

新しい!!: バックパッカーとチュニジア · 続きを見る »

チョウ・キット駅

チャウ・キット駅(Chow Kit)は、クアラルンプールにあるKLモノレールの駅。  .

新しい!!: バックパッカーとチョウ・キット駅 · 続きを見る »

ネパール

ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジアの連邦共和制国家。 東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成る。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしている。面積は約14.7万km。多民族・多言語国家であり、民族とカーストが複雑に関係し合っている。また、宗教もヒンドゥー教(元国教)、仏教、アニミズム等とその習合が混在する。 農業を主たる産業とし、ヒマラヤ観光などの観光業も盛んである。後発開発途上国であると分類されている。世界で唯一矩形(長方形)でない国旗を持つ国である。.

新しい!!: バックパッカーとネパール · 続きを見る »

バナナ・パンケーキ・トレイル

バナナ・パンケーキ・トレイル(The Banana Pancake Trail)とは、バックパッカーやその他の旅行者が多数訪れることで成長を続けるような、東南アジアを中心とする特定のエリアのこと。具体的にどの通りがそれにあたるという明確な定義があるわけではなく、むしろ主に欧米の旅行者が頻繁に訪れることで、それら旅行者のニーズに応えるような形でレストランやホテル、エンターテイメントやアトラクションなどの関連産業がにわかに創出されるなど、欧米の旅行者の嗜好が結果的に地元の旅行関連産業に多大な影響を与えているような場所(あるいはそのような現象)に対して用いられる語句である。.

新しい!!: バックパッカーとバナナ・パンケーキ・トレイル · 続きを見る »

バンコク

バンコク(フランス語:Bangkok,,)若しくはクルンテープマハナコーン(,)略語クルンテープ(,,)は、タイ王国の首都である。人口8,249,117人(2010年)、面積1568.737km²。都市圏人口は2016年時点で1500万人を超えており、世界有数の大都市圏を形成している。東南アジア屈指の世界都市でもある。.

新しい!!: バックパッカーとバンコク · 続きを見る »

バックパッカー

バックパッカー(backpacker)とは、低予算で国外を個人旅行する旅行者のこと。バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことから、この名が付けられた。日本語では「パッカー」「バッパー」と略すこともある。こうした旅行(バックパッキング、backpacking)はまた、自由旅行や低予算旅行(budget travel)とも呼ばれる。 一般的な旅行者との違いとして、世間的な休暇よりも長い期間に亘ること、バックパックを使うこと、移動に公共交通機関を利用すること、高級なホテルではなく、ユースホステルや安宿を利用すること、観光地を見るだけでなく、地元の住人と出会うことにも興味があることなどが挙げられる。.

新しい!!: バックパッカーとバックパッカー · 続きを見る »

バス (交通機関)

バス(bus)は、大量の旅客輸送を目的に設計された乗り物である。 最も一般的なバスはのであり、より大規模な積載人数のおよび連節バス、より小規模な積載人数のおよびマイクロバス、長距離サービスにはが用いられる。 都市交通バスおよび都市間バスのように、多くの種類のバスが運賃を設定する。一方、小学校および中学校のスクールバス又は中等後教育キャンパスのシャトルバスは運賃を設定しない。多くの法域において、バスの運転士になるには通常の運転免許に加え、特別な免許が要件とされる。.

新しい!!: バックパッカーとバス (交通機関) · 続きを見る »

モロッコ

モロッコ王国(モロッコおうこく、المملكة المغربية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⵍⴷⵉⵜ ⵏ ⵎⵓⵔⴰⴽⵓⵛ)、通称モロッコは、北アフリカ北西部のマグリブに位置する立憲君主制国家。東にアルジェリアと、南に西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)と、北にスペインの飛地(セウタとメリリャ)に接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。首都はラバト。 南に接する西サハラはスペインが放棄後、モロッコと現地住民による(亡命)政府であるサハラ・アラブ民主共和国が領有権を主張している。モロッコは西サハラの約7割を実効支配しているが、国際的には認められていない。実効支配下を含めた面積は約599,500km2(うち、西サハラ部分が189,500km2)、人口は33,848,242人(2014年国勢調査)。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構(2002年にアフリカ連合へ発展)加盟に反対して同機構を脱退、アフリカ大陸唯一のアフリカ連合(AU)非加盟国になっていたが、2017年1月31日に再加入した。.

新しい!!: バックパッカーとモロッコ · 続きを見る »

ユースホステル

ユースホステル(、)は、プロイセンのリヒャルト・シルマンが創設した、青少年少女の旅に安全かつ安価な宿泊場所を提供しようという主旨で始まった運動と、それにより生まれた、宿泊施設の世界的なシステムである。 略称「YH」。日本では「ユース」とも。 イギリス英語で、ユースホステルの利用者をホステラーという。ユースホステルを利用した旅をホステリングという。.

新しい!!: バックパッカーとユースホステル · 続きを見る »

リュックサック

ドイター製リュックサック リュックサック(、、:背に負う袋の意)は、荷物を入れて担ぐための袋である。登山、軍事などその用途は広く日常生活でもよく用いられる。そのため様々な呼ばれ方をする。背嚢(はいのう)、リュック、ザック()、バックパック()、ナップサック()などがある。.

新しい!!: バックパッカーとリュックサック · 続きを見る »

レストラン

ニューヨークのトムズ・レストラン。スザンヌ・ヴェガの歌「Tom's Diner」に歌われ、テレビドラマ、『となりのサインフェルド』に「Monk's」として登場する。 レストラン()または食堂(しょくどう)とは、食事を提供する店である。持ち帰りをするテイクアウト、配達をする出前・仕出し・デリバリーなどの形態もあるが、日本語では一般に店内で食事をする場所を提供するものを指す。.

新しい!!: バックパッカーとレストラン · 続きを見る »

ロンリープラネット

ンリープラネット(Lonely Planet)とは、同名のタイトルシリーズを持つ旅行ガイドブック、およびその出版元である出版社のことである。 1973年に、ロンリープラネット創業者であるトニー・ウィーラー夫婦の新婚旅行であったユーラシア大陸横断の旅を記した「」が最初のガイドブック。2004年現在、118の国と地域で650タイトルを数え、英語による旅行ガイドブックのシェアは25 %で、世界一。.

新しい!!: バックパッカーとロンリープラネット · 続きを見る »

ロケットニュース24

ットニュース24とは、日本のネットメディアである。.

新しい!!: バックパッカーとロケットニュース24 · 続きを見る »

ワンワールド

日本航空のワンワールド・加盟記念デザイン機 ワンワールド(oneworld)は、世界規模の航空連合の1つである。アライアンス・スローガンは「An alliance of the world's leading airlines working as one.」。.

新しい!!: バックパッカーとワンワールド · 続きを見る »

ワーキング・ホリデー

ワーキング・ホリデー (Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。 原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できない。 査証に関する申請条件などは絶えず変化しているため、申請にあたっては、各国の大使館や出入国管理が開設している公式サイトで、公式な情報を確認することが重要である。.

新しい!!: バックパッカーとワーキング・ホリデー · 続きを見る »

ボヘミアニズム

ボヘミアニズム()とは、自由奔放な生活を追究することを指す。そうした生き方を実践する者をボヘミアン()ないしはボエーム()と呼び、そうした人々が多く住むコミュニティーをボヘミア()という。.

新しい!!: バックパッカーとボヘミアニズム · 続きを見る »

トラベラー

トラベラー(traveler, traveller)は、英語で旅人、旅行者のことである。.

新しい!!: バックパッカーとトラベラー · 続きを見る »

トラベラーズチェック

トラベラーズチェック( / )とは、旅行や出張など海外渡航の際に、多額の現金を持ち歩かなくても済むように発行される外国旅行者向けの小切手。日本では旅行小切手(りょこうこぎって)ともいう。略してTCまたはT/Cということもあるが、日本国外では"T/C"という表現はあまり使われず、"TC"または"Cheque"が一般的な表現である。20世紀末頃まではよく使われていたが、日本国内では2014年3月31日を持って全ての販売が終了した。.

新しい!!: バックパッカーとトラベラーズチェック · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: バックパッカーとトルコ · 続きを見る »

トレッキング

トレッキング(英語:trekking)は、山歩きのこと。登頂を目指すことを主な目的としている登山に対し、トレッキングは特に山頂にはこだわらず、山の中を歩くことを目的としている言葉。ただし、結果的に行動の過程で、山頂を通過することもある。ニュージーランドでは、トランピング (tramping) と呼ばれている。.

新しい!!: バックパッカーとトレッキング · 続きを見る »

トイレットペーパー

トイレットペーパー(toilet paper, toilet-paper)とは、用便の際に排泄器官の汚れを清拭するために用いる紙をいう他の辞典類での定義として、『大辞泉』第2版では、便所用の紙。。.

新しい!!: バックパッカーとトイレットペーパー · 続きを見る »

ブログ

ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する。執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。.

新しい!!: バックパッカーとブログ · 続きを見る »

ブイビエン通り

ブイビエン通り(ブイビエンどおり、)は、ベトナムの都市によく見られる通りの名前。ここではホーチミン市にある通りについて記述する。デタム通りとともに世界中からのバックパッカー集まる場所になっている。.

新しい!!: バックパッカーとブイビエン通り · 続きを見る »

ブキッ・ビンタン駅

ブキッ・ビンタン駅(Bukit Bintang)は、クアラルンプールにあるKLモノレールの駅のひとつ。2015年10月、エアアジアがネーミングライツを購入し、エアアジア ブキッ・ビンタン駅(AirAsia-Bukit Bintang) と駅名を変更した。.

新しい!!: バックパッカーとブキッ・ビンタン駅 · 続きを見る »

プタリン通り

プタリン通り プタリン通り (Jalan Petaling) (またはジャラン・プタリン、プタリン・ストリート、茨廠街)は、クアラ・ルンプールの中華街の中心をなす通りの名前。周辺には主に広東人と客家が多く暮らしている。 華人の経営するレストランやホテル、安宿などが多く、欧米人バックパッカーの滞在者も多い。 海賊版CDやDVD、偽ブランド商品などが多く売られて、問題となっている。.

新しい!!: バックパッカーとプタリン通り · 続きを見る »

パハールガンジ

パハールガンジ(英語:Paharganj, ヒンディー語: पहाड़गंज, پہاڑگںج, パンジャービー語: ਪਹਾੜਗਂਜ)は、インドのニューデリーにある地区で、格安宿が多くあり、世界中からバックパッカーや旅行者が多く集まる。メインバザールとも呼ばれている。インド国内各地への列車が多く発着するニューデリー駅のすぐ西側に位置しており、交通の便も良い。また、ショッピングの中心であるコンノートプレースからも比較的近い。格安のホテル、ゲストハウスの他にもレストラン、売店、ネットカフェ、服屋、土産物屋などの店が軒を連ねている。.

新しい!!: バックパッカーとパハールガンジ · 続きを見る »

パク・チョンア

パク・チョンア(1981年2月24日 NAVER(韓国語) 2011年7月11日閲覧。 - )は、韓国の歌手、女優、タレント、モデル。所属事務所はスター帝国。元ジュエリーのリーダーでメインボーカル。現在はソロで活動している。身長169cm、体重48kg、血液型A型 NATE(韓国語) 2011年7月11日閲覧。。同徳女子大学校実用音楽学学士。.

新しい!!: バックパッカーとパク・チョンア · 続きを見る »

パスポート

日本国旅券(10年間有効) パスポート(passeport.

新しい!!: バックパッカーとパスポート · 続きを見る »

ヒッチハイク

アでヒッチハイクをする車いすの男性 ヒッチハイク(Hitch hike)とは、通りがかりの自動車に(無料で)乗せてもらうこと。この方法で旅することをヒッチハイキング()、旅行者はヒッチハイカー()と呼ばれる。.

新しい!!: バックパッカーとヒッチハイク · 続きを見る »

ヒッピー

ヒッピースタイルのミュージシャン ヒッピー(Hippie)は、伝統・制度などの既成の価値観に縛られた人間生活を否定することを信条とし、また、文明以前の自然で野生生活への回帰を提唱する人々の総称。 1960年代後半に、おもにアメリカ(発祥地はサンフランシスコのヘイト・アシュベリー地区との説がある。ロス郊外のとする説もある)の若者の間で生まれたムーブメントで、のちに世界中に広まった。彼らの多くは、自然と愛と平和とセックスと自由を愛していると主張した。.

新しい!!: バックパッカーとヒッピー · 続きを見る »

ヒッピー・トレイル

ヒッピー・トレイル(hippie trail)とは、1960年代から1970年代にかけてヒッピーやその他の人々がヨーロッパから南アジア、主にインドとネパールへと陸路で行った旅とそのルートを指す言葉である。主要なモチベーションの1つは、主に自宅から離れていられる時間を引き延ばすために、可能な限り安価に旅をすることであり、よってその旅は「サミング」(ヒッチハイク)や、ルート上を走っている民間バスなどによって実行された。旅程の一部には鉄道もあり、特に東ヨーロッパを横断し(ヴァン湖をフェリーで渡り)トルコを抜け、テヘランやマシュハドへと抜けるルートが使われた。これらの都市から先の旅は、公共交通機関や民間の交通手段が利用できた。こうした旅は、部分的には18世紀の「グランドツアー」の慣習の影響を受けていた。.

新しい!!: バックパッカーとヒッピー・トレイル · 続きを見る »

ビザ

ビザ(Visa Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置き世界的な決済技術を提供している会社である。クレジットカードを柱とする決済手段の国際ブランドを運営する。.

新しい!!: バックパッカーとビザ · 続きを見る »

テクノロジー

テクノロジー(technology)とは基本的に「特定の分野における知識の実用化」とされたり、「科学的知識を個別領域における実際的目的のために工学的に応用する方法論」とされる、用語・概念である。 そこから派生して「テクノロジー」は、科学的知識をもちいて開発された機械類や道具類を指すこともあるOxford Dictionaries 「technology」。 また、「エンジニアリングや応用科学を扱う、知識の一部門」ともされる。 組織的手法、技術といった、より広いテーマを指すこともある。→#定義と用法 「technology テクノロジー」という表現は17世紀初期に登場した表現であり、語源はギリシア語の technología (τεχνολογία) であり、τέχνη téchnē テクネー(=「わざ」「技巧」)という語と -λογία -logia(=「~論」「~学」)という意味の接尾辞を組み合わせた語である。 (ヨーロッパではかつて、本というのは羊皮紙に一文字ずつ手書きで写して一冊ずつ作ること(=写本)が常識で、非常に高価なもので一般庶民は所有できなかったのだが)「本を簡単に大量に作る」という実用的な目的のために、従来からあった圧搾機に関する知識やインクに関する知識を用いて印刷機が発明された。印刷機は最初、主として聖書の印刷に用いられ、これによって聖書が一般人にまで普及し、(聖職者の都合による説明を一方的に声で聞かされていた状態から卒業し)人々が自身の目で聖書を実際に読むことが可能になり、聖書に実際に書かれている本当のイエスの教えと、当時の教会が人々に押し付けている慣習の間に大きなズレがあるということを人々が知ったことが宗教改革につながった。また印刷機はマスコミュニケーションも可能にした。 人類のテクノロジーの使用は、自然界にあるものを単純な道具にすることから始まった。先史時代、火を扱う方法を発見することで食料の幅が広がり、車輪の発明によって行動範囲が広がり、環境を制御できるようになった。もっと最近の例では、印刷機、電話、インターネットなどの発明によりコミュニケーションの物理的障壁を低減させ、人類は世界的規模で自由に対話できるようになった。ただし、テクノロジーが常に平和的目的で使われてきたわけではない。武器の開発は、人類の歴史とともに棍棒から核兵器へとその破壊力を増す方向に進んでいる。 テクノロジーは社会に様々な形で影響を与える。多くの場合、テクノロジーは経済発展に貢献し、有閑階級を生み出す。テクノロジーは公害という好ましくない副産物も生み出し、天然資源を消費し、地球とその環境に損害を与えている(→環境問題)。テクノロジーは社会における価値観にも影響を与え、新たなテクノロジーは新たな倫理的問題を生じさせる。例えば efficiency(効率)という概念は本来、機械に適用されるものだったが、人間のefficiency効率性(生産性)をも意味するようになってきた。 テクノロジーが人間性を向上させるか否か、また、テクノロジーのもたらす害悪・危険について、様々な議論が行われている。古くはネオ・ラッダイトやアナキズムなどの運動は哲学的に、現代社会におけるテクノロジーの普遍性を批判し、それが環境を破壊し、人々を疎外する(.

新しい!!: バックパッカーとテクノロジー · 続きを見る »

デリー

デリー連邦直轄地(デリーれんぽうちょっかつち、दिल्ली 、Delhi )は、インドの首都特別地域である。面積1,483km2、人口は1,679万人で、インド北部の大都市圏を形成しており、同国の商業・工業・政治の中心地にして南アジアを代表する世界都市の一つ。.

新しい!!: バックパッカーとデリー · 続きを見る »

デジタルカメラ

デジタルカメラ (digital still camera、DSC) とは、撮像素子で撮影した画像をデジタルデータとして記録するカメラである。世界で初めてコダックが開発した。 一般に「デジタルカメラ」といえば静止画を撮影する「デジタルスチルカメラ」を指し、動画を撮影録画する「デジタルカムコーダ」ビデオカメラは、本来は撮影するのみの撮像機を指し、撮影と録画が同時にできるものはカムコーダという。だが一般家庭向けにも広く普及したVTRを“ビデオデッキ”、または単に“ビデオ”とも呼称することも多く、また一般向け製品の大半は撮像と録画の両方の機能をもつため、特許など厳密な製品機能を区別を必要する以外は、カムコーダも“ビデオカメラ”の呼称が一般的になってきている。は含めない。現在では静止画撮影が可能なデジタルカムコーダや、動画撮影が可能なデジタルスチルカメラが一般的になっており、双方の性能の向上もあってその境界線が徐々になくなりつつあるが、デジタルカメラはその中でも静止画の撮影に重点を置いたモデルを指す。 「デジカメ」と省略されることも多いが、当該用語は日本国内では三洋電機および他業種各社の登録商標である(2017年4月現在)。 本項で特に断りがない限り、一眼レフカメラはデジタル一眼レフカメラを、コンパクトカメラはデジタルコンパクトカメラを指す。.

新しい!!: バックパッカーとデジタルカメラ · 続きを見る »

ファングーラオ通り

ファングーラオ通り()は、ベトナムの都市によく見られる通りの名前。ここではホーチミン市1区にある通りについて記述する。国民的英雄范五老(ファン・グー・ラオ)にちなんで名づけられた。.

新しい!!: バックパッカーとファングーラオ通り · 続きを見る »

ドミトリー (宿泊施設)

ドミトリー (dormitory) とは、ユースホステルやゲストハウス・一部の民宿(いわゆる「ユース民宿」)や山小屋などの宿泊施設において、相部屋を前提とした部屋のこと。「眠る(dorm)場所」が原義。.

新しい!!: バックパッカーとドミトリー (宿泊施設) · 続きを見る »

ホーチミン市

ホーチミン市(ホーチミンし、 )は、ベトナム社会主義共和国最大の経済都市で、東南アジア有数の世界都市でもある。市街中心部の旧称はサイゴン()である。.

新しい!!: バックパッカーとホーチミン市 · 続きを見る »

ホーボー

ホーボー(Hobo)は、アメリカで19世紀の終わりから20世紀初頭の世界的な不景気の時代、働きながら方々を渡り歩いた渡り鳥労働者のこと。ホームレスのサブカルチャーの一員。.

新しい!!: バックパッカーとホーボー · 続きを見る »

ホテル

東京駅に隣接するホテル外観。シャングリ・ラ ホテル 東京は写真向かって左側の建物 ラスベガスのMGMグランド世界一の面積を誇るカジノホテルで、総客室数は6850。これは日本で一番部屋数が多いホテルの3倍ほどにあたる。 ホテル(hôtel)とは、主にビジネス目的の出張者や観光目的の旅行者のための宿泊施設。語源はラテン語の「ホスピタリア」であり、無償の接待部屋という意味。大型のホテルでは、結婚式場やプールなどの設備を備える。 なお、ホテルと類似した施設として、ユースホステル、ペンション、コテージ、短期賃貸マンション(いわゆるウィークリーマンション・マンスリーマンション)などがある。.

新しい!!: バックパッカーとホテル · 続きを見る »

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、)、通称 ベトナム()は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。 国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。.

新しい!!: バックパッカーとベトナム · 続きを見る »

アルバイト

アルバイト( に由来する外来語)は、期間の定めのある労働契約(有期労働契約)に基づき雇用される従業員を指す日本における俗称である。略称としてバイトとも呼ばれ、非正規雇用の雇用形態の一種とされているが、正規雇用としてのアルバイト社員とする企業もある。 「アルバイト」と「契約社員」の区別は慣習的なものであり、企業がそのように勝手に呼び分けているだけ(「パート」と「アルバイト」の区分についても同様)であり同一同格の労働者である。労働法的にはどちらも労働者であり、単に労働時間や契約期間が異なるに過ぎない。アルバイトでも、年次有給休暇を始めとする労働者としての権利の行使、会社が正社員に提供する福利厚生などの対象になる。 なお健康保険法においては2ヵ月以内、雇用保険法においては1ヵ月以内の有期労働契約は、日雇いに区分される。.

新しい!!: バックパッカーとアルバイト · 続きを見る »

アパート

アパートとは、建物の内部を複数に区切り、それぞれを独立した住居として居住用として供与する集合住宅。英語「アパートメント (apartment)」を元にした和製英語。かつては分譲住宅に対しても用いられたが、現在ではほとんどの場合において賃貸物件を指す用語となっている。 同種の共同住宅のうち、比較的大規模・豪華なものは、日本では「マンション」と称されることが多いが、マンションは本来は「豪邸」の意味であるため日本でしか通用しない。.

新しい!!: バックパッカーとアパート · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: バックパッカーとアフガニスタン · 続きを見る »

アジアのディープな歩き方

アジアのディープな歩き方(アジアのディープな あるきかた)とは、バックパッカーのための旅行雑誌、またそれら旅行書籍の出版を行う出版社旅行人が発行し堀田あきおが作画したバックパッカー漫画。漫画を堀田が、原作を妻・堀田かよが担当している。 この記事では『コミックトム』にて連載された『アジアのディープな歩き方』シリーズ及び、堀田夫婦が執筆したアジア紀行漫画をとりあげる。.

新しい!!: バックパッカーとアジアのディープな歩き方 · 続きを見る »

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。 1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。.

新しい!!: バックパッカーとイラン · 続きを見る »

イラク

イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。.

新しい!!: バックパッカーとイラク · 続きを見る »

イラク日本人青年殺害事件

イラク日本人青年殺害事件(イラクにほんじんせいねんさつがいじけん)は2004年10月に発生した、国際的テロ集団アルカーイダの関連組織、アブー=ムスアブ・アッ=ザルカーウィー率いるイラクの聖戦アルカーイダ組織に日本人青年香田 証生氏(こうだ しょうせい)(敬称略)が殺された事件。.

新しい!!: バックパッカーとイラク日本人青年殺害事件 · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: バックパッカーとインド · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。 5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。 島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。 海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアである。 ASEANの盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使が、ジャカルタに常駐。日本も、2011年(平成23年)5月26日、ジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。.

新しい!!: バックパッカーとインドネシア · 続きを見る »

インターネット

インターネット(internet)は、インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルな情報通信網のことである。 インターネットは、光ファイバーや無線を含む幅広い通信技術により結合された、地域からグローバルまでの範囲を持つ、個人・公共・教育機関・商用・政府などの各ネットワークから構成された「ネットワークのネットワーク」であり、ウェブのハイパーテキスト文書やアプリケーション、電子メール、音声通信、ファイル共有のピア・トゥ・ピアなどを含む、広範な情報とサービスの基盤となっている。.

新しい!!: バックパッカーとインターネット · 続きを見る »

インターネットカフェ

インターネットカフェ(英:)は、有料でインターネットにアクセスできるパソコンを利用できる施設のことである。欧米ではサイバーカフェとも言い、日本ではネットカフェ、ネカフェ、ネット喫茶等、様々な略称でも呼ばれる。.

新しい!!: バックパッカーとインターネットカフェ · 続きを見る »

イスタンブール

イスタンブール(İstanbul 、Istanbul 、Constantinopolis コーンスタンティーノポリス、Κωνσταντινούπολις コーンスタンティヌーポリス /現代ギリシア語 Κωνσταντινούπολι コンスタンディヌーポリ)は、トルコ最大の都市であり、経済・文化・歴史の中心地。トルコ語の発音に準じて「イスタンブル」と表記される場合もある。.

新しい!!: バックパッカーとイスタンブール · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: バックパッカーとイタリア · 続きを見る »

ウェブサイト

ウェブサイト(website)は、World Wide Web (WWW) 上にあり、一般に特定のドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのこと。サイトと呼ばれることもある。企業などの団体が自身を紹介するため自ら構築したサイトを、その団体の公式サイトなどと呼ぶ。 ホームページと呼ばれることもあるが、この用法は誤用とされる場合もある。また、ウェブサイトのトップページのみをさしてホームページと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: バックパッカーとウェブサイト · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: バックパッカーとオーストラリア · 続きを見る »

カンパ

ンパとは、ロシア語の(kampaniya、カンパニア、英語のcampaignと同義)を語源とする言葉。は「大衆に運動を促すこと、そのための寄付を募ること」を意味するが、日本においては、もっぱら「資金集め」の意味で用いられることが多い。 元来、左翼運動においてカンパニア(キャンペーン)は、広く大衆へ訴えかける活動すべてを指していたが、活動資金を募る「資金カンパニア」が盛んになるにつれ、カンパ=資金集めという意味で用いられるようになった。 元々は左翼運動における用語だったが、今日の日本では、例えば政治資金カンパや企業カンパ、町内会行事のカンパなど広く市民権を得た言葉となっているが、他者に金銭を無心する仕組みと性格であることから、不道徳な活動家や一般市民の間では恐喝や脅迫にも使われ、詐欺目的でカンパを行う集団や個人も絶えない。また、何らかの事情により急遽まとまった金銭が必要となった青少年(少女)間でカンパ活動が行われることもあった。.

新しい!!: バックパッカーとカンパ · 続きを見る »

カトマンズ

トマンズ( 、ローマ字転写:kaṭhmaḍaũ、)は、ネパールの首都で最大の都市である。カトマンドゥとも呼ばれる。別名はカンティプル(Kantipur)。 2011年の人口は100万3285人。.

新しい!!: バックパッカーとカトマンズ · 続きを見る »

カニ族

ニ族(カニぞく)とは、横長の大型リュックサックを負った旅装、およびそのような出で立ちの者たちを指した日本での俗称であり、世界的にはバックパッカーと呼ばれる。 1960年代後半から1970年代末期にかけ、登山者や、長期の低予算旅行をする若者に多く見られた。.

新しい!!: バックパッカーとカニ族 · 続きを見る »

カオサン通り

ン通り(、タノン・カーオサーン、)は、タイのバンコク、プラナコーン区()のバンランプーにある道路の名称。カオサンロードとも呼ばれる。.

新しい!!: バックパッカーとカオサン通り · 続きを見る »

ギャップ・イヤー

ャップ・イヤー(gap year)とは、高等学校卒業から大学への入学、あるいは大学卒業から大学院への進学までの期間のこと。英語圏の大学の中には入試から入学までの期間をあえて長く設定して(初夏卒業・秋入学)、その間に大学では得られない経験をすることが推奨されている。この時期にアルバイトなどをして今後の勉学のための資金を貯める人も多い一方で、外国に渡航してワーキング・ホリデーを過ごしたり、語学留学したり、あるいはボランティア活動に参加する人も多い。 ギャップイヤーに関する日本国内での動きでは「ギャップイヤー・プラットフォーム」がある。NPO/NGOセクターをはじめ、研究機関・企業・大学・省庁・ギャップイヤー経験等の担い手が集まり、ギャップイヤーに関する意見交換が行われている。.

新しい!!: バックパッカーとギャップ・イヤー · 続きを見る »

クアラルンプール

アラルンプール(Kuala Lumpur)は、マレーシアの首都で、東南アジア有数の世界都市に数えられる。マレー半島南部の丘陵地帯にある。一般的にKLと略して称される。.

新しい!!: バックパッカーとクアラルンプール · 続きを見る »

ゲーム

ーム()とは、勝負、または勝敗を決めること。守るべきルールがあり、環境または他人との相互作用を元に行なわれる活動である。邦訳ではプレイ()と混同され遊びや遊戯の言葉が当てられることが多いが、英語圏では明確に区別されている。本項では「遊び」にも重点を置いた解説をする。.

新しい!!: バックパッカーとゲーム · 続きを見る »

ゲイラン

イランは、シンガポールの中心部からやや東にある地区の名前。シンガポール川の東に位置しており、シンガポール政府公認の売春地区である。 ゲイラン地区は2010年代に至っても都市再開発がなされず、1960年代 - 1970年代の古い町並みが残されており、ジェントリフィケーションの影響もあまり見られない。昔ながらの歓楽街であり、カラオケ、安宿街、安くて美味い不衛生な食堂、外国人労働者居住地区などが集まる。政府観光局が注力するゴミひとつ落ちていない都心部とはまったく違った、東南アジアらしい風情を味わえる街である。 風俗産業が公娼として合法化されている地区であり、主に中国、タイ、ベトナムなど、近隣の他国から出稼者が従事している。数百の合法、非合法の売春宿が軒を連ねている。合法の売春宿は家番号が大きく鮮やかな赤色で書かれており、見分けが付くようになっている。14時から翌3時頃まで営業している。.

新しい!!: バックパッカーとゲイラン · 続きを見る »

ゲストハウス

トハウス(guesthouse, guest house)とは、.

新しい!!: バックパッカーとゲストハウス · 続きを見る »

コミュニケーション

ミュニケーション()もしくは通信(つうしん)、交流(こうりゅう)とは、.

新しい!!: バックパッカーとコミュニケーション · 続きを見る »

コルカタ

ルカタ(কলকাতা, Kolkata)はインドの西ベンガル州の州都。世界屈指のメガシティであり、市域の人口密度は首都デリーやインド最大都市ムンバイ以上である。イギリスの帝国主義政策における主要な拠点として建設され、イギリス領インド帝国時代の前半は植民地政府の首都機能を有していた。 2011年の市域人口は448万人。2016年の近郊を含む都市圏人口は1,481万人であり、世界第20位、インドではデリーとムンバイに次ぐ第3位である。.

新しい!!: バックパッカーとコルカタ · 続きを見る »

シルクロード

ルクロード(絹の道、Silk Road, Seidenstraße, 繁体字:絲綢之路, 簡体字:丝绸之路)は、中国と地中海世界の間の歴史的な交易路を指す呼称である。絹が中国側の最も重要な交易品であったことから名付けられた。その一部は2014年に初めて「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」としてユネスコの世界遺産に登録された。 シルクロードの主要なルート.

新しい!!: バックパッカーとシルクロード · 続きを見る »

シンガポール

ンガポールの衛星写真 シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。 同国は、北はジョホール海峡によりマレーシア半島から、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。.

新しい!!: バックパッカーとシンガポール · 続きを見る »

ジャラン・ジャクサ

ャラン・ジャクサ(Jalan Jaksa)あるいはジャクサ通りは、インドネシアの首都ジャカルタ中心部にある通りの名前。長さはおよそ400mで、通り沿いにはバックパッカー向けのゲストハウスや安宿が多くある。モナス、ガンビル駅、国立博物館から南へ約1キロの場所に位置している。 名前の由来はオランダ植民地時代に遡る。ジャカルタ法律学校(Rechts Hogeschool Batavia)の学生が、勉学のためにこの通りに滞在していたため、この通りは公式にジャクサ通りとして知られるようになった。ジャクサ(Jaksa)とはインドネシア語で検事の意味である。 1960年代に、国際ユースホステル連盟 (:en:Hostelling International) を通じて、バックパッカーの間で国際的によく知られるようになった。1968年、インドネシア・ユースホステル連盟の会長であったNathanael Lawalata氏が、自宅をホテルに改装し、宿泊施設「Wisma Delima」をオープンさせた。このホテルは、ジャクサ通りで最初のホテルであっただけでなく、当時、国際ユースホステル連盟のリストに載っていた唯一のジャカルタのホテルであった。 その後通りには多くのホステルが建てられ、ロンリープラネットなどの人気のある旅行書や書物に登場するようになった。 ジャカルタの観光局によると、1993年にジャクサ通り周辺に宿泊した旅行者は57,201人であり、内訳は29,676人のヨーロッパ人、9,309人のオーストラリア人、4,215人のアメリカ人、649人のアフリカ人などであった。ここに滞在する旅行者の平均滞在日数は約3日間であった。.

新しい!!: バックパッカーとジャラン・ジャクサ · 続きを見る »

ジャカルタ

ャカルタ()は、インドネシアの首都であり同国最大の都市。ひとつの市単独でジャカルタ首都特別州 を構成する特別市である。 人口は950万人を超えており、2016年の近郊を含む都市圏人口は3,120万人と、東京都市圏に次いで世界第2位。世界屈指のメガシティであり、東南アジア有数の世界都市でもある。東南アジア諸国連合 (ASEAN) の事務局を抱える。.

新しい!!: バックパッカーとジャカルタ · 続きを見る »

ジョバンニ・フランチェスコ・ジェメリ・カレリ

ョヴァンニ・フランチェスコ・ジェメリ・カレリ(Giovanni Francesco Gemelli Careri, 1651年 - 1725年)は17世紀イタリアの冒険者・旅行者。公共交通機関を用いて世界を旅した最初のヨーロッパ人の1人であった。カレリの旅はジュール・ヴェルヌが八十日間世界一周を著す契機となったと考えられる。またバチカンのスパイであったとも疑われた。『世界初のバックパッカー』とも言われる。.

新しい!!: バックパッカーとジョバンニ・フランチェスコ・ジェメリ・カレリ · 続きを見る »

スラム

ラム(Slum)とは、都市部で極貧層が居住する過密化した地区のことであり、都市の他の地区が受けられる公共サービスが受けられないなど、居住者やコミュニティの健康や安全、道徳が脅かされている荒廃した状況を指す。世界中のほとんどの大都市にスラムがある。スラム街、退廃地区、貧民窟などとも表現する。 世界のスラム住民の数は増加傾向にあり、国際連合人間居住計画の統計によれば、21世紀初頭でのおよそ10億人から、2030年には倍の20億人に増えるとされる。。.

新しい!!: バックパッカーとスラム · 続きを見る »

ストレス (生体)

トレス(英: stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である。オックスフォード英語辞典では、苦痛や苦悩を意味する distress が短くなった単語とされる。ストレスの概念は一般に、1930年代のハンス・セリエの研究に起源を持つとされる。この文脈では、精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む。ストレスが健康に影響を与える研究が行われてきた。様々なストレス管理の方法がある。 しかし、近年の2012年の研究では、ストレスが健康に影響を与えると認識している群の死亡率が43%高まることが見いだされている。逆に認識していない群はそうではない。そのようなストレスに対する認識の影響の研究が進展している。.

新しい!!: バックパッカーとストレス (生体) · 続きを見る »

スカイチーム

イチーム(SkyTeam)は、メンバー20社による航空連合である。スローガンは英語で、「Caring more about you」である。貨物部門としてはスカイチーム・カーゴがある。会長はKLMオランダ航空出身のレオ・ファン・ヴァイク、本部はオランダのアムステルダムにある。.

新しい!!: バックパッカーとスカイチーム · 続きを見る »

スターアライアンス

ターアライアンス (Star Alliance) は、1997年5月14日に設立された、世界初で世界最大の航空連合である。その加盟会社による就航国は190ヶ国余り、1,300以上の空港に達し、1日当たりの便数は21,000便を超える。アライアンス・スローガンは「」(意味: 地球の繋ぎ方)。.

新しい!!: バックパッカーとスターアライアンス · 続きを見る »

ソーシャル・ネットワーキング・サービス

ーシャル・ネットワーキング・サービス(social networking service, SNS)とは、Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築可能にするサービスである。.

新しい!!: バックパッカーとソーシャル・ネットワーキング・サービス · 続きを見る »

タメル

タメル(Thamel)は、ネパールのカトマンズにある地区名。格安宿が多くあり、ジョッチェン地区のフリーク・ストリートとともに1980年代のヒッピーブームの聖地であり、物価が安いこともあり今もなお世界のバックパッカー、登山者、長期滞在者が後を絶たない。.

新しい!!: バックパッカーとタメル · 続きを見る »

タブレット (コンピュータ)

ンピュータにおけるタブレット()、あるいはスレートPCとは、板状のオールインワン・コンピュータやコンピュータ周辺機器に与えられるカテゴリー名称である。本項では主に携帯機器としてのそれを説明する。.

新しい!!: バックパッカーとタブレット (コンピュータ) · 続きを見る »

タイ王国

タイ王国(タイおうこく、ราชอาณาจักรไทย )、通称タイ(ประเทศไทย )は、東南アジアに位置する君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都はバンコク。 国土は、インドシナ半島中央部とマレー半島北部を占める。南はマレーシア、東はカンボジア、北はラオス、西はミャンマーと国境を接する。マレー半島北部の西はアンダマン海、東はタイランド湾に面する。 2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、従来の憲法(2007年憲法)と議会を廃止し実権掌握以降、軍事独裁政権が継続している。 2016年10月13日にプーミポン・アドゥンラヤデート(プミポン)国王が崩御。 同年12月1日にワチラーロンコーンが国王に即位した。 2017年4月7日に新憲法が公布され、同日施行された。.

新しい!!: バックパッカーとタイ王国 · 続きを見る »

サダルストリート

ダルストリート(Sudder Street)は、インドのコルカタにある通りの名前。格安旅行者やバックパッカー向けの安宿やゲストハウスなどが軒を連ね、レストランやネットカフェ、旅行者のための両替所、土産物屋、旅行代理店などがある。市のメインストリートであるチョーロンギー通りにあるから近い。.

新しい!!: バックパッカーとサダルストリート · 続きを見る »

公共交通機関

公共交通機関(こうきょうこうつうきかん、英語:public transport)とは、不特定多数の人々が利用する交通機関を指す。なお、タクシーについては、これを公共交通機関に含むという解釈と含まないという解釈がある。.

新しい!!: バックパッカーと公共交通機関 · 続きを見る »

国境

国境.

新しい!!: バックパッカーと国境 · 続きを見る »

個人旅行

個人旅行(こじんりょこう)とは、旅行の形態のひとつ。業務渡航や団体旅行に対して、個人が旅行の主体者となる観光旅行を指す。なお「個人」と称するが、「少人数」「知人同士」「観光目的」の旅行であれば、2人以上での旅行についても用いられることが多い。.

新しい!!: バックパッカーと個人旅行 · 続きを見る »

玩具

テディ・ベアのぬいぐるみ 1980年代に流行した立体パズル、ルービックキューブ。 accessdate.

新しい!!: バックパッカーと玩具 · 続きを見る »

現金

金 (げんきん、cash) とは、一般には現金通貨のことを指す。現金通貨とは、特定の国・地域で強制通用力を有する通貨における紙幣と硬貨のことで、現在の日本を例に挙げれば日本銀行券(紙幣)と政府発行の貨幣(硬貨)1988年以前の臨時通貨法が現行法であった当時は補助貨幣(正式には臨時補助貨幣)と称していた。現在では通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律により「貨幣」と称する。がそれに当たる『世界大百科事典』26、平凡社、2009年。 現金通貨は俗に(お)金、キャッシュとも呼ばれる。.

新しい!!: バックパッカーと現金 · 続きを見る »

窃盗

窃盗(せっとう)とは、窃かに盗むこと、あるいは単に盗むことをいう。倫理的・道徳的に反社会的行為とされ、また、法的にも、不法行為責任および刑事責任が問われるのが通常である。 また、日本法においては、正しくは「他人の財物を窃取すること」をいう(詳細については窃盗罪を参照)が、法令用語としてはさらに「窃盗を犯した者」即ち「窃盗犯」の意味で用いることもある。.

新しい!!: バックパッカーと窃盗 · 続きを見る »

筆談

談(ひつだん)とは、通常であれば会話できる距離にいる人との間で、発話によってではなく、互いに文字を書いて意思を伝え合うこと。.

新しい!!: バックパッカーと筆談 · 続きを見る »

(上は箸、下は箸置き) 箸(はし)は、東アジア地域を中心に広く用いられる食器・道具の一種で、二本一対になった棒状のものを片手で持ち、ものを挟んで移動させるために用いる。多くの場合、皿などの器にある料理を掴んで別の皿や自分の口に持って行くために用いられ、食器の一種に位置づけられる。材質には各種の木、竹、金属、プラスチック、象牙などがあり、口中を傷つけないように表面をていねいに削るか、漆などでコーティングしてある。.

新しい!!: バックパッカーと箸 · 続きを見る »

節約

約(せつやく)あるいは倹約(けんやく)とは、無駄遣いを極力なくするように努めること。 行動科学においては、より長期的な目標を達成するために、抑制して財を取得するその傾向および都合をつけながら既得財を利用することと定義されている。.

新しい!!: バックパッカーと節約 · 続きを見る »

紀行番組

紀行番組(きこうばんぐみ)は、紀行、すなわち旅の体験・見聞・感想などを収めたテレビ番組のこと。.

新しい!!: バックパッカーと紀行番組 · 続きを見る »

爆買い

買い(ばくがい)とは、一度に大量に買うことを表す俗語である。主に来日した中国人観光客が大量に商品を購買する行為を指し、2014年頃までに定着した。2015年2月の春節休暇に中国人観光客が日本を訪れ高額商品から日用品まで様々な商品を大量に買い込む様子を「爆買い」と表現して、多くの日本メディアが取り上げた菊池(2015年)147ページ。中国側のメディアによれば春節期間中、日本を訪れた中国人観光客は45万人にのぼり、消費額は66億元(1140億円)を記録し、日本企業にとってビジネスチャンスとなっていた。この用語は2015年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選出された。中国語表記は、である。しかし、2016年には観光庁の2016年4-6月期訪日外国人消費動向調査によれば1人当たりの支出で中国人は22.9減の22万円と大幅に減少し、オーストラリア人、ベトナム人などに抜かれ2015年の1位から5位に転落し、沈静化を印象付けた。 中国では日本分野が中国版Amazonで一位を維持し続けているなど、爆買いから電子決済の普及で『爆輸入』と『コト消費』が主流のトレンドになったため、日本メーカーは利益を増やし続けている一方で百貨店や免税店は対応に追われている.

新しい!!: バックパッカーと爆買い · 続きを見る »

環境問題

水質汚染により泡が浮かんだ河川 酸性雨により溶けた石像 大気汚染の原因となる排煙 環境問題(かんきょうもんだい、Environmental threats, Environmental issues, Environmental problems)は、人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称であり、これは、地球のほかにも宇宙まで及んでいる問題である。.

新しい!!: バックパッカーと環境問題 · 続きを見る »

物価

物価(ぶっか、あるいはcommodity prices)とは、.

新しい!!: バックパッカーと物価 · 続きを見る »

韓国での日本大衆文化の流入制限

韓国での日本大衆文化の流入制限(かんこくでのにほんたいしゅうぶんかのりゅうにゅうせいげん)では、大韓民国(韓国)における、日本の大衆文化の流入に対する規制について記述する。 大韓民国では、自国文化の保護のため、また大日本帝国の韓国併合とその後の日本統治時代(1910年-1945年)の影響による国民感情を害するとして、日本の漫画や映画、音楽(邦楽、J-POP)など、大衆文化を法令で規制してきた。 具体例としては、韓国のテレビ放送において日本語の歌詞を放送することの禁止、日本のテレビ番組を放送することの禁止等がある。しかし近年、それも徐々に制限を緩和しつつある。.

新しい!!: バックパッカーと韓国での日本大衆文化の流入制限 · 続きを見る »

職業

職業(しょくぎょう)は、日常的に従事する業務や労働など、技能、知識、能力などをまとめた一群の職務のこと。職(しょく)、生業(すぎわい、せいぎょう、なりわい)、仕事(しごと)とも呼ばれ、。生計を立てるための仕事も職業とされる厚生労働省職業分類定義:「職業とは、職務の内容である仕事や課せられた責任を遂行するために要求されている技能、知識、能力などの共通性または類似性によってまとめられた一群の職務をいう。」広辞苑:職業「日常従事する業務。生計を立てるための仕事」。 職業の目的は人それぞれではあるが、ほとんどの場合、生計を立てるため、つまり生活するのに必要な(衣食住などの)物資やサービスを得るため、現代であれば主としてそれを得るために必要な金銭を得るためになされている。被雇用者の場合は、主としてそれを給与の形で、個人事業主(自営業)の場合は利益 の形で得ている。 被雇用形態は正社員、アルバイト、パートタイムなど様々。通常の意味での職業ではないが、主婦、学生さらには無職を、便宜上、職業の1つとみなすこともある。.

新しい!!: バックパッカーと職業 · 続きを見る »

典型的な鍵 鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例: 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。.

新しい!!: バックパッカーと鍵 · 続きを見る »

被服

Tシャツ(ウィキペディアのロゴのプリント柄) 被服(ひふく)とは、身体に着用するものである。人体の保護や装飾、社会的地位の表象等のために発展してきたもので、人間の文化の主要構成要素の一つである。もっとも典型的には、布(布帛)を縫合して着用に適した形状に仕立てた繊維製品である。また物品の元の目的が着用にない場合でも、これを身につけることで被服と捉えられる場合がある。 被服と類似の用語として、衣服(いふく)、衣(ころも・きぬ)、服(ふく)、衣類(いるい)、衣料・衣料品(いりょうひん)、着物(きもの)等がある。また、服飾、服装、衣装(衣裳)などの語も存在する。これらの用語は意味範囲が重複するものであるが、繊維等製品の製造や機能面に関する学術研究や教育・行政分野等では「被服」の語が用いられ(陸軍被服本廠・被服学等)、衣服文化を取り扱う分野においては服飾の用語が用いられる傾向がある(服飾史等)。本項では便宜上、製品としての被服について扱う。複数の製品を組み合わせた特定の装いについては服飾を参照。.

新しい!!: バックパッカーと被服 · 続きを見る »

観光

観光(かんこう)とは、一般には、楽しみを目的とする旅行のことを指す。 英語では観光する側(en:sightseeing)と、観光させる側(en:tourism)で言葉が(概念も)分かれている。 これには、後述される宗教行為の対象者(大衆:観光客)と行為者(仕掛け人:観光業者)の立場が現れているとも見られる。 なお狭義には、観光事業を指すこともある。.

新しい!!: バックパッカーと観光 · 続きを見る »

香港

中華人民共和国香港特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくホンコンとくべつぎょうせいく)、通称香港(ホンコン、、)は、中華人民共和国の南部にある特別行政区(一国二制度)である。同じ特別行政区の澳門からは南西に70km離れている。東アジア域内から多くの観光客をひきつけ、150年以上のイギリス植民地の歴史で世界に知られる。 広大なスカイライン及び深い天然の港湾を抱える自由貿易地域であり、の面積に700万人を超す人口を有する世界有数の人口密集地域である。 .

新しい!!: バックパッカーと香港 · 続きを見る »

証明写真

自動証明写真撮影機 証明写真(しょうめいしゃしん)は、その人物を判断し、他人のなりすましを見分けることなどを目的に身分証明書や書類などに貼付される人物写真。パスポートや運転免許証等の公文書、履歴書等の私文書、入学試験や資格試験等の願書などに用いられる。基本的に無地の背景で、肩から上の顔写真とし、帽子やマスク、サングラス等は着用せずに撮影する。 写真店の他、無人の証明写真撮影機により撮影できる。自動証明写真撮影機は、自動販売機型で現金投入し撮影後、かつて機種では、ポラロイドカメラから現像する方式が撮影から数分ほど掛かったが、2015年(平成27年)現在ではデジタルカメラと昇華型プリンターを使用しており、最短数十秒で写真が出てくることから、スピード写真とも呼ばれる。映画監督、発明家でもある円谷英二が発明したと言われている。.

新しい!!: バックパッカーと証明写真 · 続きを見る »

語学

語学(ごがく)とは、母語以外の言語を学ぶこと。言語学を指すこともあるが、語学はあくまで「実用」を目的とし、言語学はあくまで「言語そのものの解明」を目的とする。.

新しい!!: バックパッカーと語学 · 続きを見る »

路上ライブ

路上ライブ(ろじょうライブ)、またはストリートライブ (street live) は、路上パフォーマンスのひとつで、歩道や公園などの屋外で音楽を演奏すること。路上ライブの演奏者を路上ミュージシャン(ろじょうミュージシャン)、またはストリートミュージシャンと呼び、路上ライブの演奏者のうち、歌唱を行う者を路上シンガー(ろじょうシンガー)、またはストリートシンガーと呼ぶこともある。 漫才やコント、ダンスパフォーマンス、アートパフォーマンスなどを路上で実演することについても路上ライブと呼ぶことがある。また、音楽演奏のみではなく、演奏の前後や合間に音楽演奏以外のパフォーマンスを行う場合もある。 本記事では音楽活動について記述する。音楽活動以外については大道芸の記事を参照。.

新しい!!: バックパッカーと路上ライブ · 続きを見る »

辞典

ラーツ大学図書館のラテン語辞書 辞典(じてん)とは、言葉や物事、漢字などを集め、その品詞・意味・背景(語源等)・使用法(用例)・派生語・等を解説した書籍。辞書(じしょ)・字引(じびき)とも言う。 なお、「辞典」「辞書」という単語は、主に言葉について書かれたもの(国語辞典、英和辞典、漢和辞典など)について用いるもので、文字について書かれた辞典は「字典」、事物に就いて詳細に書かれた辞典(百科事典など)については「事典」という表記を用いて区別される。「辞典」「字典」「事典」はいずれも「じてん」で発話においては区別できないため、それぞれ「ことばてん」(言葉典)、「もじてん」(文字典)、「ことてん」(事典)と言い換えられることもある。 辞書に関する学問分野として辞書学がある。.

新しい!!: バックパッカーと辞典 · 続きを見る »

興行

興行(こうぎょう)とは、ひとつの会場に大衆を観客として集め、観客から入場料をとる代わりに娯楽を提供する行為、あるいはその内容自体。言葉の意味は英語圏における「ショー・ビジネス」と重なる。.

新しい!!: バックパッカーと興行 · 続きを見る »

蔵前仁一

蔵前 仁一(くらまえ じんいち、1956年1月2日 - )は日本のイラストレーター、旅行作家、編集者、装幀家。.

新しい!!: バックパッカーと蔵前仁一 · 続きを見る »

重慶大厦

重慶大厦の正面入口 改装前の重慶大厦(2008年) 重慶大厦(チョンキンマンション)は香港の九龍・尖沙咀地区のネイザンロード(弥敦道)に面して建つ、1960年代に開発された複合ビルである。.

新しい!!: バックパッカーと重慶大厦 · 続きを見る »

自炊

自炊(じすい)とは、自分の食事のために自ら炊事、つまり調理を行うことである。 「自炊」は、独身者のような単身者が自身のために食事を作ることを指す場合が一般的であり、主婦ないし主夫が、家族のために調理して自分も家族と一緒に食事を摂ることはあまり含まれない。反対語には、レストランなどで食事する外食や、飲食店から調理済みの料理を届けてもらう出前が挙げられる。また近年では炊飯器や冷蔵庫・電子レンジといった調理器具の発達と普及に伴い、自炊に掛かる手間が省けた結果、比較的忙しい人でも、ある程度は自分でご飯を炊いたり、休日などに作って冷凍しておいた料理を解凍して食べられるなどという傾向も見られる。ただ、コンビニエンスストアなどでは調理済みで電子レンジに入れ加熱するだけで美味しく食べられる弁当が比較的安価に販売されていることもあり、独身者の中でも自炊する人は限られる傾向が強く、まして自分の昼食用の弁当までもを自炊で作って職場ないし学校などへ持っていく人は稀である。.

新しい!!: バックパッカーと自炊 · 続きを見る »

自由旅行

自由旅行(じゆうりょこう)とは旅行形態の一種であり、旅行者自身が旅行計画を策定し、事前の予約をしないかまたは一部の予約のみで旅行することである。.

新しい!!: バックパッカーと自由旅行 · 続きを見る »

自転車

ードバイク マウンテンバイク 日本のシティサイクル かつて日本で主流であった実用車 自転車(じてんしゃ)とは、主に乗り手の人力により車輪を駆動させて推進力を得て、乗り手の操作で進路を決めて地上を走行する乗り物である。 自動車などと比較して、移動距離当たりのエネルギーが少なく、路上の専有面積が少なく、有害な排出ガスが発生しない。人間自らの脚による徒歩や走行と比較すると、少ないエネルギーや疲労でより遠くに早く効率的に移動できる。このため日本や欧州諸国のような先進国では、健康増進効果への期待や、環境(地球環境・局所的な環境の両方)への負荷の少ない移動手段として広く利用されている。自動車に比べて安価に購入でき、燃料が不要なことから、道路整備が遅れているうえに国民の所得水準が低く発展途上国でも重要な移動手段である。 英語の bicycle, bike は二輪を意味し、日本においてもバイクと呼ぶことがあるが、日本語の「自転車」は三輪(時に一輪や四輪)をも含む。人力による操作がほとんど必要ない電動自転車や原動機付自転車にも使われ、定義は曖昧である。.

新しい!!: バックパッカーと自転車 · 続きを見る »

釜山広域市

釜山の山城(金井山) 水営区の広安里ビーチ 釜山広域市(プサンこういきし、韓国語表記:、英語:Busan)は、大韓民国南東部に位置する広域市。韓国第2の都市である。対馬海峡に面し、古くから朝鮮半島と日本とを結ぶ交通の要衝として栄えてきた港湾都市である。首都ソウルに次ぐ韓国第二の都市として、政治・経済・文化の面で重要な役割を担ってきた。.

新しい!!: バックパッカーと釜山広域市 · 続きを見る »

鉄道

鉄道(てつどう、railway railroad)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。線路・停車場などの施設、旅客や貨物を輸送する列車、運行管理や信号保安まで様々な要素で構成される一連の体系である。 広い意味では、レール、案内軌条などの案内路に誘導されて走行する車両を用いた交通機関を指し、懸垂式・跨座式のモノレール、案内軌条式のAGT(新交通システム)、鋼索鉄道(ケーブルカー)、浮上式鉄道を含む。日本では鉄道事業法の許可、または、軌道法の特許を得て敷設される。トロリーバス(無軌条電車)は、架線が張られたルートを集電装置(トロリー)により集電した電気を動力として走行するバスであるが、鉄道事業法に基づく鉄道、または、軌道法上の「軌道に準ずる」軌道として扱われる。ロープウェイも鉄道事業法、または、軌道法の対象であるが、索道という扱いとなる。 なお、本項では鉄製レールの案内路を有する鉄道について解説する。.

新しい!!: バックパッカーと鉄道 · 続きを見る »

電子掲示板

電子掲示板(でんしけいじばん、BBS、Bulletin Board System)とは、コンピュータネットワークを使用した環境で、記事を書き込んだり、閲覧したり、コメント(レス)を付けられるようにした仕組みのことである。単に「掲示板」と呼んだり、英語表記の略語で "BBS" と呼んだりする。 電子掲示板を利用すると、情報交換や会話・議論などを行うことができる。主に、パソコン通信やインターネットのウェブなどの上で実装される。掲示板を電子的に実現したようなものであることから、「電子掲示板」と名付けられた。.

新しい!!: バックパッカーと電子掲示板 · 続きを見る »

通貨

通貨(つうか、currency)とは、流通貨幣の略称で、国家もしくは、その地の統治主体によって価値が保証された、決済のための価値交換媒体。 政府は租税の算定にあたって通貨を利用する。 モノやサービスとの交換に用いられる「お金(おかね)」を、経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ。通貨は、現金通貨と預金通貨に大別され、前者は紙幣・硬貨(補助紙幣)であり、後者は普通預金・当座預金などの決済口座である。.

新しい!!: バックパッカーと通貨 · 続きを見る »

進め!電波少年

『進め!電波少年』(すすめ でんぱしょうねん)は、1992年(平成4年)7月5日から1998年(平成10年)1月4日まで、日本テレビ系列で毎週日曜 22:30 - 22:54 (JST) に放送された、日本テレビ制作のバラエティ番組である。.

新しい!!: バックパッカーと進め!電波少年 · 続きを見る »

IPod

iPod classic 170px (アイポッド)は、アップルが開発・販売する携帯型デジタル音楽プレイヤー。本体に搭載されている記憶装置に数百から数万曲の音楽を保存することができる。 現在、アップルより発売されているはである。.

新しい!!: バックパッカーとIPod · 続きを見る »

The Mirraz

The Mirraz(ザ・ミイラズ)は、2006年に結成された日本のロックバンド。.

新しい!!: バックパッカーとThe Mirraz · 続きを見る »

投機

投機(とうき)とは、短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。もともとは禅の仏教用語であり、師弟の心機が投合することを言う。投機を表すには、思索・推測の意味が含まれている。 マネーゲーム(money game)の一種大辞林 第三版「マネーゲーム」とも言われ、ギャンブルに含まれる場合がある。.

新しい!!: バックパッカーと投機 · 続きを見る »

査証

Visa Run)と呼ばれるもの。 査証(さしょう)又はビザ(visa、visa、Виза、visa、签证/簽證)とは、国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である。多くの国では入国を保証するものではなく、入国許可(上陸許可)申請に必要な書類の一部となっている。大多数の国が同様の制度を運用しているが、同時に一定の条件内で査証免除が行われている場合が多い。.

新しい!!: バックパッカーと査証 · 続きを見る »

恋愛

愛の神クピードー(キューピッド) 本記事では恋愛(れんあい)や恋について解説する。.

新しい!!: バックパッカーと恋愛 · 続きを見る »

携帯電話

折りたたみ式の携帯電話 スライド式の携帯電話 携帯電話(けいたいでんわ、mobile phone)は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務。端末を携帯あるいはケータイと略称することがある。 有線通信の通信線路(電話線等)に接続する基地局・端末の間で電波による無線通信を利用する。無線電話(無線機、トランシーバー)とは異なる。マルチチャネルアクセス無線技術の一種でもある。.

新しい!!: バックパッカーと携帯電話 · 続きを見る »

携帯情報端末

携帯情報端末(けいたいじょうほうたんまつ、個人情報端末とも)とは、スケジュール、ToDo、住所録、メモなどの情報を携帯して扱うための小型機器。Personal Digital Assistant(Personal Data Assistantと表現されることもある)を略してPDAと一般に呼ばれることが多い。PDAは、アップル・ニュートンの開発を推進した1990年代初頭のアップルコンピュータCEOだったジョン・スカリーによる造語である。.

新しい!!: バックパッカーと携帯情報端末 · 続きを見る »

東城区

東城区(とうじょうく).

新しい!!: バックパッカーと東城区 · 続きを見る »

東京

西新宿東京スカイツリー/レインボーブリッジ渋谷/国会議事堂 東京(とうきょう、)は、日本の関東平野中央部の東京湾に面する都市、あるいは都市圏であり、江戸幕府の所在地・江戸が慶応4年7月(1868年9月)に「東京」に名称変更されたものである。 明治2年3月28日に、日本の都(みやこ)が京都から「東京」に遷された。そして現在の日本の事実上の首都である。 現在の東京は世界都市であり、都市圏として世界最大の人口・経済力を擁している。.

新しい!!: バックパッカーと東京 · 続きを見る »

東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…

『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…』(ひがしの・おかむらのたびざる プライベートでごめんなさい…)は、日本テレビ系列で放送されている旅番組・バラエティ番組であり、東野幸治と岡村隆史の冠番組でもある。通称「旅猿」。ハイビジョン制作。 なお、番組タイトルに「旅猿」が付いたのは2回目の放送からであり、初回のタイトルは『東野・岡村のプライベートでごめんなさい…』だった。.

新しい!!: バックパッカーと東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい… · 続きを見る »

格安航空会社

格安航空会社(かくやすこうくうがいしゃ)とは、効率化によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社である。ローコストキャリア(Low-cost carrier, LCC) low-cost carrier。英語圏では他にも、「no-frills airline」や「budget airline」という表現も用いられる。とも言われる。.

新しい!!: バックパッカーと格安航空会社 · 続きを見る »

楽器

楽器(がっき、musical instrument)とは一般的には「音楽の素材としての音を発するための道具の総称下中直也(編) 『音楽大事典』 全6巻、平凡社、1981年」「音楽に使用される音を出す器具『音楽中辞典』 音楽之友社、1979年」とされる。.

新しい!!: バックパッカーと楽器 · 続きを見る »

民泊

民泊(みんぱく)は、旅行者などが、一般の民家に宿泊することを一般的に意味する日本語の表現で、特に、宿泊者が対価を支払う場合に用いられる。日本の法律では「住宅宿泊」などと呼ばれ、住宅宿泊事業法を含む観光政策の用語として「民泊サービス」も使われている。 また、ホームステイと同義で用いられることもある。.

新しい!!: バックパッカーと民泊 · 続きを見る »

沢木耕太郎

沢木 耕太郎(さわき こうたろう、1947年11月29日 - )は、日本のノンフィクション作家、エッセイスト、小説家、写真家。.

新しい!!: バックパッカーと沢木耕太郎 · 続きを見る »

治安

治安(ちあん、public safety, public peace, public order)とは、社会統制上の概念であり、国家による統治が安定的に遂行されていること。.

新しい!!: バックパッカーと治安 · 続きを見る »

洗濯ばさみ

木製の洗濯ばさみ ひもに留めている木製の洗濯ばさみ 物干しひもに留めている木製の洗濯ばさみ 洗濯ばさみ(せんたくばさみ、洗濯挟み)とは洗濯物や布団などを干す場合に落下しないよう挟んでとめる留め具 特許庁。レバーを押さえることによって留め具の部分が開き、手を離すと固定される仕組みとなっている。 洗濯物を乾燥させるためにひもや物干しざおなどにかけるとき、かけた洗濯物を落ちないように固定するために使われ、様々なデザインや色彩のものがある。 英語では、"Clothespin"や"C47"、"Clothes peg"、あるいは単純に"Peg"などと呼ばれる。 ヨーロッパでは、質感が重視され、今も木製やステンレス製のものが好まれ、それらが主流である。 日本では昭和初期は木製や薄いアルミ製のものが多かった。アルミ製のものは長年使うことができた。高度成長期になると(洗濯ばさみに限らず、たいていのものが大量生産優先で、安価で安っぽいプラスチック製のものが増え)、洗濯バサミもプラスチック製が増え、2つのプラスチック部位をねじりコイルばねで組み合わせたものがほとんどとなった。なお、ばねの形状がCの字型の物は機械による量産が困難で、一つ一つ手作業で作られていた。だが、プラスチックの安っぽさを嫌う女性や、プラスチック製は(屋内ならばさほど問題は無いが)屋外で日光にさらされると数カ月~1年弱ほどで劣化してしまい割れてしまったり、おまけに割れる以前から劣化で視覚的にも非常にみすぼらしくなることもあり、それらの欠点を嫌う女性も多いので、平成ころからは質感が良く西洋風の雰囲気が漂う木製やステンレス製のものが見直され、それらの販売割合が増えている。女性が好むおしゃれな洋風生活雑貨を扱う店では輸入の木製の洗濯ばさみが置かれ、生活用品にもこだわる多くの女性によって好んで購入され、近年ではダイソーなどの百均でもプラスチック製と並びステンレス製も販売されている。 布団など大型のものを固定する場合には、通常の洗濯ばさみでは固定できないので、「布団ばさみ」など専用の留め具を用いる。.

新しい!!: バックパッカーと洗濯ばさみ · 続きを見る »

深夜特急

『深夜特急』(しんやとっきゅう)は、作家・沢木耕太郎による紀行小説である。 産経新聞に途中まで連載された後、1986年5月に1巻・2巻(第1便・第2便と称す)が、1992年10月に最終巻(第3便)が新潮社から刊行された。また、新潮文庫からは6冊に分冊化される形で文庫本として出版されている。.

新しい!!: バックパッカーと深夜特急 · 続きを見る »

本の雑誌社

本の雑誌社(ほんのざっししゃ)は、目黒考二、椎名誠、沢野ひとし、木村晋介によって設立された出版社。事務所は東京都渋谷区笹塚にあったが、2012年6月に東京都千代田区神田神保町に移転。 書評を中心に本と活字にまつわる様々な話題を扱った月刊誌「本の雑誌」(書籍扱い。当初は季刊。隔月刊をへて月刊化した)を1976年4月より発行している。また、「本の雑誌」の連載内容の書籍化や、連載陣の書き下ろし本、独自に企画した「本に関する本」などを刊行している。.

新しい!!: バックパッカーと本の雑誌社 · 続きを見る »

情報

情報(じょうほう、英語: information、ラテン語: informatio インフォルマーティオー)とは、.

新しい!!: バックパッカーと情報 · 続きを見る »

情報機器

情報機器(じょうほうきき)とは、情報にアクセスするための機器・機械(情報用ハードウェアなど)のことを指す。.

新しい!!: バックパッカーと情報機器 · 続きを見る »

情報源

情報源(じょうほうげん)には主に次の2つの意味がある。.

新しい!!: バックパッカーと情報源 · 続きを見る »

新語

新語(しんご).

新しい!!: バックパッカーと新語 · 続きを見る »

文庫本

文庫本(ぶんこぼん)は、多数の読者が見込まれる書籍を収めた小型の叢書。多くはA6判で、並製のため廉価。版型は異なるものの、英米におけるペーパーバックと同等の普及版書籍。 1927年創刊の岩波文庫が古典の普及を目的として発刊され、戦後には多数の出版社から出された。既刊書籍の普及のための再刊が主だが、文庫本のための書き下ろしなども活発化している。.

新しい!!: バックパッカーと文庫本 · 続きを見る »

文化

文化(ぶんか、)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。.

新しい!!: バックパッカーと文化 · 続きを見る »

文通

文通(ぶんつう)とは、遠く離れた知り合いや仲間などと手紙を通じてコミュニケーションをすること。近年では電子メールでのやり取りもこれに含めることがある。.

新しい!!: バックパッカーと文通 · 続きを見る »

文房具

文房具(ぶんぼうぐ)、文具(ぶんぐ)、stationeryとは、仕事場やオフィスなどにおいて情報の処理・記録・伝達等のために備えられる道具類をいう。.

新しい!!: バックパッカーと文房具 · 続きを見る »

日用品

日用品(にちようひん)とは、生活していくために必要な物。普通生活雑貨のことを指し、食料品や衣料品などは含めない場合が多い。生活用品(せいかつようひん)などともいう。.

新しい!!: バックパッカーと日用品 · 続きを見る »

日豪プレス

日豪プレス(英語:NICHIGO PRESS)は、シドニーとゴールド・コーストにオフィスを構え、 1977年10月創刊の全国版「NICHIGO PRESS NATIONAL EDITION」、クイーンズランド州の情報を満載した「NICHIGO PRESS QUEENSLAND EDITION」、という日本語月刊新聞2紙の出版を主要業務とするオーストラリア最大規模の日本語出版社である。 「MOVE」、「NICHIGO Let's Go !」など、生活・観光・留学に便利な日本語マニュアル誌を発行。また、オーストラリアへの日本人移住者・永住者向けの「FOUR SEASONS」、日本文化と日本観光をメインとする英字誌「jstyle」出版などの季刊誌を刊行している。 また、WEBサイト「NICHIGO ONLINE(ニチゴウオンライン)」を運営している。.

新しい!!: バックパッカーと日豪プレス · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: バックパッカーと日本 · 続きを見る »

日本テレビ放送網

日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者である。1953年8月28日に日本国内で初めての民間放送テレビ局として開局した。 一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、コールサイン「'''JOAX-DTV'''」(東京 25ch)からの「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。 リモコンキーIDは「4」。 スカパー!プレミアムサービスをプラットフォームとして日テレジータスの放送を行う衛星一般放送事業者でもある。 なお、認定放送持株会社制移行のために、2012年10月1日に(旧)日本テレビ放送網株式会社(現日本テレビホールディングス株式会社・旧会社)から新設分割され、移管・放送免許を承継した(新)日本テレビ放送網株式会社(現行会社)が現業を行なっている。.

新しい!!: バックパッカーと日本テレビ放送網 · 続きを見る »

旅券法

旅券法(りょけんほう、昭和26年11月28日法律第267号)は、旅券(パスポート)の発給、効力その他旅券に関し必要な事項を定めることを目的(同法第1条)とする日本の法律である。 旅券法を根拠に旅券発給を拒否され、裁判となった事件として、帆足計事件(最高裁判所1958年(昭和33年)9月10日大法廷判決)がある。この事件では同法13条1項5号(現同7号)が定めた「日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」には旅券の発給をしないことができるという規定が違法ではないと判示する。.

新しい!!: バックパッカーと旅券法 · 続きを見る »

旅行

本項目では旅行(りょこう)、旅(たび)について解説する。.

新しい!!: バックパッカーと旅行 · 続きを見る »

旅行人

旅行人(りょこうじん)とは、バックパッカーのための旅行雑誌、またはそれら旅行書籍の出版を行う出版社。発行・編集人は旅行作家として『ゴーゴー・インド』などの著書で知られる蔵前仁一。住所は東京都練馬区東大泉。.

新しい!!: バックパッカーと旅行人 · 続きを見る »

旅行代理店

旅行代理店(りょこうだいりてん、)とは、交通・宿泊などの要素から構成された旅行商品を、企画・実施、あるいは仲介して販売する会社のこと。 「旅行会社」(りょこうがいしゃ)とも呼ばれる。他の呼称として、旅行業者(りょこうぎょうしゃ)、旅行斡旋業者(りょこうあっせんぎょうしゃ)、ツーリストビューロー()など。店舗を持たないオンライン旅行会社や、ビジネストラベルマネジメント対応の旅行会社に関しても、本項で記述する。.

新しい!!: バックパッカーと旅行代理店 · 続きを見る »

旅行ガイドブック

旅行ガイドブック(りょこうガイドブック)とは、観光や仕事などの目的で未知の地域へ向かう(旅行する)者に対して、その目的地となる特定地域の情報や移動手段の情報などを提供するための出版物のことである。旅行ガイド、旅行案内書、または単純にガイドブックとも呼ばれる。.

新しい!!: バックパッカーと旅行ガイドブック · 続きを見る »

政府観光局

政府観光局(せいふかんこうきょく)とは、対外向け観光広報を主体とする政府機関である。国・地域によって名称や位置付けが異なる。政府機関ではない組織についても広義の「政府観光局」に含める見方がある。.

新しい!!: バックパッカーと政府観光局 · 続きを見る »

所得税

所得税(しょとくぜい)とは、担税力の源泉を、所得、消費及び資産と区分した場合に、個人の所得に対して課される税金のこと。.

新しい!!: バックパッカーと所得税 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: バックパッカーと1960年代 · 続きを見る »

1970年代

1970年代(せんきゅうひゃくななじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1970年から1979年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1970年代について記載する。.

新しい!!: バックパッカーと1970年代 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

安宿街

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »