ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ハノーファー王国

索引 ハノーファー王国

ハノーファー王国(Königreich Hannover)は、現在のドイツ北部、ニーダーザクセン州に存在した国家。 1803年にフランスに占領されたブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領が領土を回復し、1814年のウィーン会議によって王国に昇格することで成立した。 ドイツ連邦の加盟国となり、1866年に普墺戦争に敗れてプロイセン王国に併合され、消滅した。以降は1946年までプロイセンの一州となった.

100 関係: 司教同君連合外交帝国代表者会議主要決議ナポレオン・ボナパルトミュンスターハノーヴァー朝ハノーファーリューネブルク侯領ロンドンヴュルテンベルク王国ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)ヴィクトリア (イギリス女王)ヴィクトリア・ルイーゼ・フォン・プロイセンヴィクトール・ルッツェヴェルフ家ヴェストファーレン王国ブラウンシュヴァイク公国ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領ブレーメンプロイセン王国ヒルデスハイムフランスフリースラントフェルデン (アラー)ドイツドイツ人民党ドイツ党ドイツ皇帝ドイツ社会民主党ドイツ語ドイツ連邦ニーダーザクセン州イギリスウィリアム4世 (イギリス王)ウィーン会議エルンスト・アウグスト (ハノーファー王)エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)エルンスト・アウグスト (ブラウンシュヴァイク公)エルベ川オルデンブルク (領邦)オーストリア帝国オスナブリュックカレンベルク侯領グリム兄弟グスタフ・ノスケゲッティンゲン七教授事件ゲッティンゲン侯領...ゲオルク5世 (ハノーファー王)ザクセン=ラウエンブルクシャウムブルク=リッペ侯国ジョージ1世 (イギリス王)ジョージ3世 (イギリス王)ジョージ4世 (イギリス王)スウェーデンターラー (通貨)サリカ法典国家社会主義ドイツ労働者党神聖ローマ帝国第二次世界大戦領邦自由主義普墺戦争10月1日1432年1584年1635年1636年1692年1701年王位継承法1705年1714年1719年1803年1807年1813年1814年1815年1820年1830年1837年1851年1866年1867年1873年1878年1888年1897年1898年1902年1914年1917年1920年1933年1941年1945年1946年9月20日 インデックスを展開 (50 もっと) »

司教

司教(しきょう、Episcopus, bishop)は、カトリック教会の位階の一つで、ある司教区(教区)を監督する聖務職のこと。 正教会や聖公会などではこれに相当するのは「主教」と呼び、福音主義(ルター派)教会やメソジストでは「監督」と呼ぶ。 なお、カトリック教会でも中国語・韓国語では訳語に「主教」を採用している(例:天主教台湾地区主教団)。.

新しい!!: ハノーファー王国と司教 · 続きを見る »

同君連合

同君連合(どうくんれんごう)は、複数の君主国の君主が同一人物である状態・体制のことである。同君連合の形態は大きく2つに分けることができる。同君連合の各構成国がそれぞれ独立した主権をもち続ける人的同君連合 と、各構成国を超えた中央政府が置かれて一元的にコントロールされる物的同君連合 の2つである。.

新しい!!: ハノーファー王国と同君連合 · 続きを見る »

外交

外交(がいこう、diplomacy)とは、国家間の国際関係における交渉のことで、関連するさまざまな政治活動を指す。一般に、外交官や首相などの国家の代表と、外国の代表とが国際社会における問題に対応している。 外交戦略に基づき立案される政策を外交政策、または実際に二国間ないし多国間で行われる具体的な国家間交渉を外交交渉という。.

新しい!!: ハノーファー王国と外交 · 続きを見る »

帝国代表者会議主要決議

帝国代表者会議主要決議(ていこくだいひょうしゃかいぎしゅようけつぎ、Reichsdeputationshauptschluss)は、神聖ローマ帝国の帝国議会、その特別小委員会である帝国代表者会議の1803年2月25日の決議である。この決議の結果として実施された「世俗化」と「陪臣化」によって、帝国は実態として崩壊した。.

新しい!!: ハノーファー王国と帝国代表者会議主要決議 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: ハノーファー王国とナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ミュンスター

ミュンスター (Münster,, ヴェストファーレン方言: Mönster, Munster, Múnster, Mimigernaford, Monasterium) は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州ミュンスター行政管区に属す郡独立市である。ミュンスターは同名の行政管区の本部所在地である。1815年から1946年までミュンスターは当時のプロイセン王国の州都であった。この街は、ドルトムントとオスナブリュックとの間、の中心の沿いに位置している。この街は、ドイツで20番目に大きな都市であり、ノルトライン=ヴェストファーレン州の上級中心都市の1つである。 ミュンスターは1915年から公式に「大都市」に分類された。この街の人口は2014年に初めて30万人を超えた。現在の人口は人である。ミュンスターには約 56,500人の学生がおり、ドイツの10大大学都市の1つに数えられている。 ミュンスターはサービス業と行政の都市と見なされており、多くの大学が本部を置いている。また、重要な裁判所やノルトライン=ヴェストファーレン州の行政機関がミュンスターにある。例えば、ノルトライン=ヴェストファーレン州憲法裁判所やノルトライン=ヴェストファーレン州上級行政裁判所などである。このかつてのヴェストファーレン州の州都は現在、ヴェストファーレン=リッペ地域連合の本部所在地となっている。 ミュンスターはカトリックの司教座都市でもある。799年に教皇レオ3世がカール大帝と会談し、とオスナブリュック、ミンデン、パーダーボルンの各司教区を創設した。805年にケルン大聖堂のが初代ミュンスター司教に着座した。2009年からがミュンスター司教の地位に就いている。 ミュンスターは自転車都市として、また第二次世界大戦後に一部が復元された歴史的旧市街で知られている。.

新しい!!: ハノーファー王国とミュンスター · 続きを見る »

ハノーヴァー朝

ハノーヴァー朝(ハノーヴァーちょう、英語:)は、1714年から1901年まで続いたイギリスの王朝。ステュアート朝の断絶を受けて、ドイツ北部の領邦君主の家系であったハノーヴァー家から国王を迎えて成立した。 ハノーヴァー家(House of Hanover )は、ドイツのヴェルフ家(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家)の流れを汲む神聖ローマ帝国の諸侯の家系で、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公領の分邦の一つカレンベルク侯領(1692年からハノーファー選帝侯領)の君主の家系であったが、ステュアート家の血筋を引いていたことからイギリスの王家となり、ハノーファー選帝侯領(1814年からハノーファー王国)とイギリスの君主を兼ねる同君連合体制をとった。1837年、女王ヴィクトリアの即位によりハノーファー王国との同君連合を解消した。 1901年のヴィクトリアの死後は、夫(王配)であったアルバートの家名を取って、サクス=コバーグ=ゴータ朝と称される。第一次世界大戦中に、敵国ドイツ帝国の領邦の名が冠されている家名を避け、1917年に王宮の所在地ウィンザーにちなみウィンザー家と家名を改称した。これらは別項で扱うが、ヴィクトリアの血統が断絶したわけでないため、ハノーヴァー朝の継続と見なされることがある。 なお、初代(ジョージ1世)から4代(ジョージ4世)まで、連続して4人の「ジョージ」(ゲオルク)という名の王が在位していたことから、この時期を特にジョージ王朝(時代)と称することがあり、文化史ではこの時期を中心とした「ジョージアン時代」という区分もある。.

新しい!!: ハノーファー王国とハノーヴァー朝 · 続きを見る »

ハノーファー

ルンスト・アウグスト 新市庁舎 旧市街の旧市庁舎 19世紀の国立オペラ劇場 ハノーファー(Hannover )は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都である。 人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。日本語では、ドイツ語における一般的な発音に近いハノーファーまたはハノーファのほか、ハノーヴァー、ハノーバーと表記されることもある。.

新しい!!: ハノーファー王国とハノーファー · 続きを見る »

リューネブルク侯領

リューネブルク侯領(ドイツ語:Fürstentum Lüneburg)は、神聖ローマ帝国に属する領邦国家の一つ、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の分邦。1269年から1705年までヴェルフ家(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家)が治めた。名称は侯領の初期の首都リューネブルクにちなむ。リューネブルク市は1370年以降は侯領には属さず、1637年までブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国全体の共同管理地域であった。そしてリューネブルクに代わってツェレが侯領の首都となった。このためリューネブルク=ツェレ、あるいはツェレと呼ばれることもある。 リューネブルク侯領は1269年、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公オットー1世の次男ヨハンが兄アルブレヒト1世に自らの分領相続を要求して、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国を分割させた時に成立した。ヨハンの男系直系子孫は1369年に絶え、その遺領継承を巡ってザクセン=ヴィッテンベルクを治めるアスカーニエン家と本家筋でアルブレヒト1世の子孫のブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯との間でリューネブルク継承戦争が起きた。リューネブルク侯領は短期間ザクセン=ヴィッテンベルク公の支配を受けたが、1388年にはヴォルフェンビュッテル侯の支配下におかれた。1527年から1641年まで、ハルブルク(現在のハンブルクの一部)を侯の居所とする分邦ハルブルク侯領が存在した。 1582年、リューネブルク侯ヴィルヘルムはホーヤ伯領の半分を相続し、1585年にはディーフォルツ伯領を手に入れた。1617年にクリスティアンがグルベンハーゲン侯領を相続、1641年にフリードリヒ4世がハルブルク侯領を相続した。そして1689年にはゲオルク・ヴィルヘルムがザクセン=ラウエンブルク公国を獲得した。1648年からはツェレを居所とするリューネブルク侯の弟か甥たちが常にカレンベルク侯領を統治した。 リューネブルク侯領とカレンベルク侯領はその後、共にブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領の一部を形成することになった。同選帝侯領はカレンベルク侯領の首都ハノーファーにちなみ、ハノーファー選帝侯領と呼ばれた。.

新しい!!: ハノーファー王国とリューネブルク侯領 · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: ハノーファー王国とロンドン · 続きを見る »

ヴュルテンベルク王国

ヴュルテンベルク王国(ヴュルテンベルクおうこく、)は、19世紀から20世紀初めにかけてドイツ南部を統治した王国。ヴァイマル共和政下でのシュトゥットガルト近辺はヴュルツブルク自由国民国であった。第二次世界大戦後、旧王国領は旧バーデン大公国領のバーデン州と合併してバーデン=ヴュルテンベルク州となった。.

新しい!!: ハノーファー王国とヴュルテンベルク王国 · 続きを見る »

ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)

ヴィルヘルム2世(Wilhelm II., 1859年1月27日 - 1941年6月4日)は、第9代プロイセン王国国王・第3代ドイツ帝国皇帝(在位:1888年6月15日 - 1918年11月28日)。全名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴィクトル・アルベルト・フォン・プロイセン(Friedrich Wilhelm Viktor Albert von Preußen)。.

新しい!!: ハノーファー王国とヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝) · 続きを見る »

ヴィクトリア (イギリス女王)

ヴィクトリア(、1819年5月24日 - 1901年1月22日)は、イギリス・ハノーヴァー朝第6代女王(在位:1837年6月20日 - 1901年1月22日)、初代インド皇帝(女帝)(在位:1877年1月1日 - 1901年1月22日)。 ハノーヴァー朝第3代国王ジョージ3世の孫。エドワード7世、ドイツ皇后ヴィクトリア、 ヘッセン大公妃アリスの母。2017年現在のイギリス女王であるエリザベス2世の高祖母にあたる。 世界各地を植民地化・半植民地化して繁栄を極めた大英帝国を象徴する女王として知られ、その治世は「ヴィクトリア朝」と呼ばれる。在位は63年7か月にも及び、歴代イギリス国王の中ではエリザベス2世に次ぐ長さである。.

新しい!!: ハノーファー王国とヴィクトリア (イギリス女王) · 続きを見る »

ヴィクトリア・ルイーゼ・フォン・プロイセン

ヴィクトリア・ルイーゼ・フォン・プロイセン(, 1892年9月13日 - 1980年12月11日)は、ハノーファー王家家長・ブラウンシュヴァイク公エルンスト・アウグストの妃。.

新しい!!: ハノーファー王国とヴィクトリア・ルイーゼ・フォン・プロイセン · 続きを見る »

ヴィクトール・ルッツェ

ヴィクトール・ルッツェ(Viktor Lutze、1890年12月28日 - 1943年5月2日)は、ドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の準軍事組織突撃隊(SA)の幹部。エルンスト・レームが粛清された後に代わって突撃隊幕僚長を務めた。.

新しい!!: ハノーファー王国とヴィクトール・ルッツェ · 続きを見る »

ヴェルフ家

ヴェルフ家(Haus Welf)は、中世の神聖ローマ帝国で皇帝位を争った有力なドイツの諸侯。ヴェルフェン家(Haus Welfen)とも呼ばれる。.

新しい!!: ハノーファー王国とヴェルフ家 · 続きを見る »

ヴェストファーレン王国

ヴェストファーレン王国(ヴェストファーレンおうこく、Königreich Westfalen)は、1807年から1813年の間に、現在のドイツに存在した王国である。.

新しい!!: ハノーファー王国とヴェストファーレン王国 · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク公国

ブラウンシュヴァイク公国(Herzogtum Braunschweig)は、ドイツ連邦、北ドイツ連邦、ドイツ帝国の領邦の一つ。1815年のウィーン会議の結果、かつて神聖ローマ帝国のブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公領だった地域を領土として創設された公国である。首都はブラウンシュヴァイク。.

新しい!!: ハノーファー王国とブラウンシュヴァイク公国 · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家()は現ドイツ・ニーダーザクセン州のブラウンシュヴァイク=リューネブルク一帯を統治したヴェルフ家のことを指す。この一族は後にハノーファー、ブラウンシュヴァイクの君主として発展し、ロシア皇帝やグレートブリテン連合王国の国王も輩出している。.

新しい!!: ハノーファー王国とブラウンシュヴァイク=リューネブルク家 · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領(ブラウンシュヴァイク=リューネブルクせんていこうりょう、Kurfürstentum Braunschweig-Lüneburg)、またはハノーファー選帝侯領(ハノーファーせんていこうりょう、Kurfürstentum HannoverまたはKurhannover)は、神聖ローマ帝国の9番目の選帝侯が領する領邦である。1692年にブラウンシュヴァイ.

新しい!!: ハノーファー王国とブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領 · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領

ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領(Fürstentum Braunschweig-Wolfenbüttel)は、神聖ローマ帝国の領邦国家。ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の分邦の1つで、中世から近世を通して存続、19世紀にブラウンシュヴァイク公国と改称した。.

新しい!!: ハノーファー王国とブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領 · 続きを見る »

ブレーメン

ブレーメンのマルクト広場。画面向かって左から市庁舎、聖ペトリ大聖堂、ビュルガーシャフト(議事堂) ローラント像 ブレーメン(Bremen)は、ドイツの大都市で、自由ハンザ都市ブレーメン(通常ブレーメン州と呼ばれる)の州都。ドイツに11あるヨーロッパ大都市圏の1つであるブレーメン/オルデンブルク大都市圏に属している。.

新しい!!: ハノーファー王国とブレーメン · 続きを見る »

プロイセン王国

プロイセン王国(プロイセンおうこく、Königreich Preußen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。 プロイセンの語源となったプルーセンはドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政のプロイセン州となった。(#歴史).

新しい!!: ハノーファー王国とプロイセン王国 · 続きを見る »

ヒルデスハイム

中世風の街角(戦後に再建) ヒルデスハイム(Hildesheim)はドイツの都市。ニーダーザクセン州南部の都市であり、約10万3千人(2002年)の人口を有する。また、世界遺産に登録されている ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミヒャエル教会がある。.

新しい!!: ハノーファー王国とヒルデスハイム · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ハノーファー王国とフランス · 続きを見る »

フリースラント

フリースラント(Friesland、Friesland)は、オランダ・ドイツの北海沿岸の地方名。沖合にあるフリースラント諸島を含む。固有の言語であるフリスク語ではフリスラン (Fryslân)。ほか、フリジア (Frisia)、フリスラント (Frisland)。 歴史的には西方系ゲルマン人のフリース人が居住した。.

新しい!!: ハノーファー王国とフリースラント · 続きを見る »

フェルデン (アラー)

フェルデン (アラー) (Verden (Aller)、フェーアデンとも発音される)は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州のフェルデン郡に属す郡庁所在都市である。この街はヴェーザー川中流域の、アラー川がヴェーザー川に合流する河口部に位置している。この街は馬の生産と馬術競技の中心地であり、このため「ライターシュタット」(騎馬都市)と称している。「アラー」という添え名は、ドイツ語圏で古くから「フェルデン」と同じ名で呼ばれていたフランスの都市ヴェルダンと区別するために添えられていたのが習慣化したものである。.

新しい!!: ハノーファー王国とフェルデン (アラー) · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ハノーファー王国とドイツ · 続きを見る »

ドイツ人民党

ドイツ人民党(Deutsche Volkspartei、略称DVP)は、ヴァイマル共和政時代のドイツの政党。実業家を中心に支持され、政治スタンスとしては中道右派の政党だった。ドイツ国民党とも訳される。.

新しい!!: ハノーファー王国とドイツ人民党 · 続きを見る »

ドイツ党

フレームなし ドイツ党(Deutsche Partei)は、ドイツの政党で地方政党のひとつ。ニーダーザクセン州を基盤としており、そのためニーダーザクセン党と呼ばれることもあった。ただし、1949年から1961年までドイツ連邦議会の議席を占めており、アデナウアー政権下において連立与党の一角を占めたこともあった。.

新しい!!: ハノーファー王国とドイツ党 · 続きを見る »

ドイツ皇帝

ヴィルヘルム1世 ドイツ皇帝(ドイツこうてい、Deutscher Kaiser)は1871年1月18日のプロイセン国王ヴィルヘルム1世の皇帝宣言に始まり、1918年11月18日のヴィルヘルム2世の公的な退位で終わったドイツ帝国の元首及び最高権力者である。ドイツ皇帝を称したヴィルヘルム1世、フリードリヒ3世、ヴィルヘルム2世の3人は、いずれも物的同君連合(Realunion)におけるプロイセン国王であった。.

新しい!!: ハノーファー王国とドイツ皇帝 · 続きを見る »

ドイツ社会民主党

ドイツ社会民主党(ドイツしゃかいみんしゅとう、ドイツ語:Sozialdemokratische Partei Deutschlands、略称SPD(エス・ペー・デー))は、ドイツの中道左派・社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟。.

新しい!!: ハノーファー王国とドイツ社会民主党 · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: ハノーファー王国とドイツ語 · 続きを見る »

ドイツ連邦

フランクフルトに集まった各加盟諸邦の君主たち(1863年) ドイツ連邦(ドイツれんぽう)ないしドイツ同盟(ドイツどうめい、独:Deutscher Bund)は、旧神聖ローマ帝国を構成していたドイツの35の領邦と4つの帝国自由都市との連合体。1815年のウィーン議定書に基づき、オーストリア帝国を盟主として発足、1866年の普墺戦争のプロイセン王国の勝利をもって解消された。 ドイツ連邦は、あくまでも複数の主権国家の連合体、つまり国家連合(Staatenbund)であり、連邦国家(Bundesstaat)でない。そのため、「ドイツ連合」や「ドイツ国家連合」などとも訳される(下記「訳語」の項目を参照)。.

新しい!!: ハノーファー王国とドイツ連邦 · 続きを見る »

ニーダーザクセン州

ニーダーザクセン州(ドイツ語:Land Niedersachsen、低ザクセン語:Land Neddersassen、ザーターフリジア語:Lound Läichsaksen、英語:Lower Saxony)は、ドイツ連邦共和国を構成する16の連邦州のひとつで、ドイツ北西部に位置する。低地ザクセン州とも訳される。州都はハノーファー。.

新しい!!: ハノーファー王国とニーダーザクセン州 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ハノーファー王国とイギリス · 続きを見る »

ウィリアム4世 (イギリス王)

ウィリアム4世 ウィリアム4世(William IV, ウィリアム・ヘンリー(William Henry)、1765年8月21日 - 1837年6月20日)は、イギリス、ハノーヴァー朝の国王およびハノーファー王国の国王(ドイツ名:ヴィルヘルム Wilhelm, 在位:1830年6月26日 - 1837年6月20日)である。ジョージ3世と王妃シャーロットの第3子で、先王ジョージ4世の弟である。.

新しい!!: ハノーファー王国とウィリアム4世 (イギリス王) · 続きを見る »

ウィーン会議

Jean-Baptiste Isabey画 ウィーン会議(ウィーンかいぎ、Wiener Kongress、Congrès de Vienne、Congress of Vienna.)は、1814年から1815年にかけて、オーストリア帝国の首都ウィーンにおいて開催された国際会議。 オーストリアの外相メッテルニヒが議長を務め、ヨーロッパ諸国の代表が集った。会場はシェーンブルン宮殿。.

新しい!!: ハノーファー王国とウィーン会議 · 続きを見る »

エルンスト・アウグスト (ハノーファー王)

ルンスト・アウグスト(Ernst August,1771年6月5日 - 1851年11月18日)は、第4代ハノーファー王。イギリス王族でもあり、グレートブリテン貴族カンバーランド公(1799-1851)の爵位を持つ。英語名はアーネスト・オーガスタス(Ernest Augustus)。.

新しい!!: ハノーファー王国とエルンスト・アウグスト (ハノーファー王) · 続きを見る »

エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)

ルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー(, 1845年9月21日 - 1923年11月14日)は、ハノーファー王国の王族。.

新しい!!: ハノーファー王国とエルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子) · 続きを見る »

エルンスト・アウグスト (ブラウンシュヴァイク公)

ルンスト・アウグスト(Ernst August, 1887年11月17日 - 1953年1月30日)は、ブラウンシュヴァイク公国の最後の公(在位:1913年11月2日 - 1918年11月8日)。ハノーファー王太子エルンスト・アウグストの三男で、1923年から死去まで「エルンスト・アウグスト3世」としてハノーファー王家の家長でもあった。.

新しい!!: ハノーファー王国とエルンスト・アウグスト (ブラウンシュヴァイク公) · 続きを見る »

エルベ川

流域 エルベ川(エルベがわ、、Labe、Die Elbe、低ザクセン語: De Elv)は、チェコ北部およびドイツ東部を流れ北海へと注ぐ国際河川である。全長約1,091kmはヨーロッパでは14番目に長く、このうち727kmがドイツ国内を占める。.

新しい!!: ハノーファー王国とエルベ川 · 続きを見る »

オルデンブルク (領邦)

ルデンブルク(Oldenburg, 低ザクセン語: Ollnborg)は、中世から近代にかけてのドイツに存在した領邦国家。首都であるオルデンブルク(現在はニーダーザクセン州の都市)、およびそれに由来する領主・君主の爵位によりこの名称で呼ばれる。 中世にオルデンブルク伯領(Grafschaft Oldenburg)の領主(オルデンブルク伯)であったオルデンブルク家からは、のちにデンマーク王家(オルデンブルク朝)が出た。またオルデンブルク家の分家にあたるホルシュタイン=ゴットルプ家は、ロシアのロマノフ家(ピョートル3世以後)にもつながっている。それゆえにオルデンブルクは、神聖ローマ帝国に属する領邦でありながらデンマーク王が領主となっていた時代(1667年 - 1773年)があり、また短期間ながらロシア皇帝が領主になっていた(1773年)。1777年にはホルシュタイン=ゴットルプ家のもとでオルデンブルク公国(Herzogtum Oldenburg)となるが、ナポレオン戦争中にはフランス帝国による支配を受けている(1810年 - 1813年)。ウィーン会議の結果オルデンブルク大公国(Großherzogtum Oldenburg)となり、1871年にドイツ帝国の構成国の一つとなった。.

新しい!!: ハノーファー王国とオルデンブルク (領邦) · 続きを見る »

オーストリア帝国

ーストリア帝国(オーストリアていこく、Kaisertum Österreich)は、1804年の成立から1867年のオーストリア=ハンガリー帝国への改組まで、オーストリアのハプスブルク=ロートリンゲン家(以下、単に「ハプスブルク家」と呼ぶ)がオーストリア皇帝として支配した多民族国家。 前身の、オーストリア大公国やボヘミア王国・ハンガリー王国などの同君連合国家群だった時代と、オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の時代とをあわせて、ハプスブルク帝国と総称される。 厳密には第一次世界大戦敗戦までオーストリア帝国は存続しているが、本記事ではアウスグライヒまでを扱う。.

新しい!!: ハノーファー王国とオーストリア帝国 · 続きを見る »

オスナブリュック

ナブリュック (Osnabrück,, ヴェストファーレン方言: Ossenbrügge, 古低ドイツ語: Osenbrugge, Ansibarium) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州の郡独立市で、同時にオスナブリュック郡の郡庁所在地である。この大都市はニーダーザクセン州の上級中心都市の1つであり、オスナブリュッカーラントの中心である。人口16万人を超えるこの街は、ハノーファー、ブラウンシュヴァイク、同規模のオルデンブルクに次ぐニーダーザクセン州第4の都市である。全人口の約 14 % にあたる約25,000人は大学生が占める。歴史に富んだこの街の創設には古い交易路が交わる地点に面していたことが寄与している。中世には、オスナブリュックはハンザのヴェストファーレン地域の中心都市となった。 オスナブリュックは、約 50 km 離れたミュンスターとともに1648年のヴェストファーレン条約締結の地として知られている。オスナブリュックでは、ヴェストファーレン条約の原則である「使命としての平和 - 平和に対して責任を持つこと」がこの街の文化・行政活動に今も息づいていると言われる。それはこの街のスローガン「オスナブリュック - 平和都市」にも表れており、たとえば、オスナブリュック市のコーポレート・デザインにも用いられている。 ウィーン会議の後、オスナブリュックとその周辺で「脱ヴェストファーレン化」が図られた。しかしオスナブリュックに刻まれたヴェストファーレンの刻印は現在も標準ドイツ語を話す地元住民、オスナブリュックおよびその周辺の建築物、郷土料理に色濃く残っている。本市は、780年に創設されたの司教座都市でもある。 オスナブリュックは、ヨーロッパの重要な経済軸の交わる点でもある。このため、この街は流通拠点に発展した。さらに重要な自動車産業、金属産業、製紙業の企業が立地している。.

新しい!!: ハノーファー王国とオスナブリュック · 続きを見る »

カレンベルク侯領

レンベルク侯領(ドイツ語:Fürstentum Calenberg)は、神聖ローマ帝国の領邦国家ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の分邦。1494年から1705年まで存続した(但し、しばしば分割と合邦を繰り返した)。その後、リューネブルク侯領と共にブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領(ハノーファー選帝侯領)を構成した。.

新しい!!: ハノーファー王国とカレンベルク侯領 · 続きを見る »

グリム兄弟

リム兄弟(グリムきょうだい、)は、19世紀にドイツで活躍した言語学者・文献学者・民話収集家・文学者の兄弟。日本では、『グリム童話』の編集者として知られる。 大人になるまで成長した兄弟としては男5人、女1人の6人兄弟であったが、通常は後世にまで名を残した長兄ヤーコプと次兄ヴィルヘルムの二人を指す(今日では後述の末弟・ルートヴィッヒも含むこともある)。 多くをヤーコプ・ヴィルヘルムの兄弟として活躍したが、グリム童話集ではルートヴィヒも挿し絵を手がけている。.

新しい!!: ハノーファー王国とグリム兄弟 · 続きを見る »

グスタフ・ノスケ

タフ・ノスケ(Gustav Noske, 1868年7月9日 - 1946年11月30日)は、ドイツの政治家。所属政党はドイツ社会民主党(SPD)。ヴァイマル共和政最初期に国防相を務め、スパルタクス団などによる左派の暴動を右派義勇軍を使って武力鎮圧した。.

新しい!!: ハノーファー王国とグスタフ・ノスケ · 続きを見る »

ゲッティンゲン七教授事件

ッティンゲン七教授事件(ゲッティンゲンしちきょうじゅじけん、)は、ドイツのゲッティンゲン大学で1837年に、ハノーファー国王エルンスト・アウグストの政策に異議を唱えた7人の教授が追放ないし免職となった事件。通称「ゲッティンガー・ジーベン」(ゲッティンゲンの七人の意)。.

新しい!!: ハノーファー王国とゲッティンゲン七教授事件 · 続きを見る »

ゲッティンゲン侯領

ッティンゲン侯領(ドイツ語:Fürstentum Göttingen)は、神聖ローマ帝国の領邦国家で、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の分邦の1つ。1286年に成立したが1463年に統合、1495年にカレンベルク侯領に組み込まれた。 ゲッティンゲンは元々ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の領地で、オットー1世の2人の息子アルブレヒト1世とヨハン兄弟が1269年に領土を分割した時は、アルブレヒト1世のヴォルフェンビュッテル侯領に継承された(ヨハンはリューネブルク侯領を継承)。アルブレヒト1世の死後は3人の息子ハインリヒ1世、アルブレヒト2世、ヴィルヘルム1世が共同統治していたが、1286年に領土を3分割、ゲッティンゲンはアルブレヒト2世が領有した。 1292年にヴィルヘルム1世が亡くなり、領土の再分配が行われ、ハインリヒ1世はグルベンハーゲン侯領、アルブレヒト2世はヴォルフェンビュッテル侯領を統治することに決定した。1318年にアルブレヒト2世が死去、この時も領土は3人の息子オットー、エルンスト1世、マグヌス1世が分割、ゲッティンゲンはオットーが継いだが、1344年にオットーが子を残さずに死ぬと弟のエルンスト1世とマグヌス1世が領土を分割、エルンスト1世がゲッティンゲンを、マグヌス1世はヴォルフェンビュッテルを相続した。 エルンスト1世の後を継いだオットー1世は自治都市であったゲッティンゲンと紛争を起こし、1387年に市民がブラウンシュヴァイク側の要塞を破壊したことの報復にゲッティンゲンと戦争を起こしたが、ゲッティンゲンに敗北、自治権を認めることを余儀なくされた。オットー1世の息子オットー2世は1463年に子の無いまま死去、ゲッティンゲン系が断絶するとヴォルフェンビュッテル侯ヴィルヘルム1世が継承、ヴォルフェンビュッテル侯領と同君連合となった。以後、ゲッティンゲン侯領は単独の領土として分割されることはなかった。 ヴィルヘルム1世の子ヴィルヘルム2世は1491年に長男のハインリヒ1世にヴォルフェンビュッテルを譲り、残った領土も1495年に次男のエーリヒ1世にカレンベルクとゲッティンゲンを譲って退位、エーリヒ1世はカレンベルク=ゲッティンゲン侯となった。しかし、1584年にエーリヒ2世が死去、カレンベルク系が断絶すると、ヴォルフェンビュッテル侯ユリウスがカレンベルク=ゲッティンゲンを継承、ゲッティンゲンはヴォルフェンビュッテル侯領の一部になった。 その後、1634年にヴォルフェンビュッテル系も断絶、リューネブルク系から新たにカレンベルク侯となったゲオルクがゲッティンゲンを手に入れた。1692年に子のエルンスト・アウグストは選帝侯に選ばれ、カレンベルク侯領をハノーファー選帝侯領に改めると、領土の非分割制度を設け、ゲッティンゲンもハノーファー選帝侯領の一部と取り決められた。.

新しい!!: ハノーファー王国とゲッティンゲン侯領 · 続きを見る »

ゲオルク5世 (ハノーファー王)

ルク5世とマリー王妃・家族 ゲオルク5世(Georg V. ゲオルク・フリードリヒ・アレクサンダー・カール・エルンスト・アウグスト(Georg Friedrich Alexander Karl Ernst August),1819年5月27日 - 1878年6月12日)は、最後のハノーファー王(在位:1851年 - 1866年)。イギリス王ジョージ3世(ハノーファー王ゲオルク3世)の孫であり、イギリス王族としてカンバーランド公の爵位も継承している。英語名はジョージ(George)。.

新しい!!: ハノーファー王国とゲオルク5世 (ハノーファー王) · 続きを見る »

ザクセン=ラウエンブルク

ン=ラウエンブルク公の紋章 1400年のザクセン=ラウエンブルク ザクセン=ラウエンブルク公爵家最後の女子相続人、アンナ・マリア(右)と妹ジビッラ・アウグスタ(左)、1690年頃 1848年のザクセン=ラウエンブルク 1860年代のザクセン=ラウエンブルクの国旗 ザクセン=ラウエンブルク公国(Herzogtum Sachsen-Lauenburg)は、神聖ローマ帝国の公爵領、領邦。1296年から1803年、1814年から1876年まで存在した。現在のドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の東南端部に位置し、公国の中心部は現在のヘルツォークトゥム・ラウエンブルク郡に相当する領域だった。首都は国名の由来であるラウエンブルク/エルベだったが、1619年にラッツェブルクに移された。.

新しい!!: ハノーファー王国とザクセン=ラウエンブルク · 続きを見る »

シャウムブルク=リッペ侯国

ャウムブルク=リッペ侯国()は、ドイツ中部にかつて存在した侯国(Furstentum)。現代のニーダーザクセン州の一部であり、ミンデンの北東、ハノーファーの南西に位置した。首都のビュッケブルクの人口は1787年で224戸(市域が7倍に拡張された1974年に1,300人、1980年代半ばで20,000人)。面積は19世紀半ばで約340平方km。.

新しい!!: ハノーファー王国とシャウムブルク=リッペ侯国 · 続きを見る »

ジョージ1世 (イギリス王)

ョージ1世(George I、1660年5月28日(グレゴリオ暦6月7日) - 1727年6月11日(グレゴリオ暦6月22日ジョージ1世の存命中、グレートブリテン王国はユリウス暦を使用したが、ハノーファーでは1700年3月1日(ユリウス暦。グレゴリオ暦では2月19日)にグレゴリオ暦を採用した。))は、グレートブリテン王国及びアイルランド王国の国王で、ハノーヴァー朝の開祖である『英国王室史事典』p199-200「ジョージ1世」。また、神聖ローマ帝国のブラウンシュヴァイク=リューネブルク(ハノーファー)選帝侯でもあり、ドイツ語名をゲオルク・ルートヴィヒ()という。英国王としての在位期間は1714年8月1日から1727年6月11日、ハノーファー選帝侯としての在位期間は1698年1月23日から1727年6月11日である。 ジョージはドイツのハノーファーで生まれ、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の領地や選帝侯位称号を父や伯父たちから相続したただし父から受け継いだ選帝侯位が他のドイツ諸侯から「正式」に認められるには10年を要した。。スペイン継承戦争などヨーロッパにおける一連の戦争により、ジョージのドイツ領地はその治世中に拡大した。イギリスで又従妹のアン女王が死去してステュアート朝が断絶すると、母のゾフィーがステュアート家の血筋だったことから、54歳でグレートブリテン王国の国王ジョージ1世として迎えられた長子相続制において、イギリスの王位継承順位では50人以上のカトリックがジョージより上の順位にあったが、1701年王位継承法によりカトリックがイギリス王位を継承することは禁止され、プロテスタントの間ではジョージがアンの最も近い近親者であった。これに対し、ジャコバイトはジョージを廃位して、ジェームズ2世の息子でカトリックのジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートを王位につけようとしたが失敗した。。 しかしドイツで生まれ育ったジョージ1世は英語を理解できず、文化も異なるイギリス国民から嫌われた。イギリスの政務もサー・ロバート・ウォルポールサー・ロバート・ウォルポールは実質的にはイギリスの初代首相となった。に任せきりにして、それがイギリスにおける責任内閣制(「国王は君臨すれども統治せず」)の発達を促す結果になった。 ジョージ1世は母国ハノーファーへ戻る途中で卒中を起こして死去、ハノーファーで埋葬された。.

新しい!!: ハノーファー王国とジョージ1世 (イギリス王) · 続きを見る »

ジョージ3世 (イギリス王)

手の上に乗っているナポレオンを凝視するジョージ3世 ジョージ3世(、1738年6月4日 – 1820年1月29日)は、イギリス・ハノーヴァー家第3代目のグレートブリテン国王兼アイルランド国王(即位:1760年10月25日)であり、1801年1月1日に両国が合同して以降はグレートブリテン及びアイルランド連合王国国王。また同時に神聖ローマ帝国のハノーファー選帝侯でもあり、1814年10月12日以後はハノーファー王ゲオルク3世 ()に昇格した。ハノーヴァー家の国王だったが、先代・先々代と異なりイギリス生まれで母語は英語であり、ハノーファーへは一度も訪れなかった。 ジョージ3世の寿命と治世の長さはそれまでの全てのイギリス王よりも長く、ヨーロッパからアフリカ、アメリカ、アジアまで広がった多くの軍事紛争に彩られた。治世初期にはグレートブリテン王国が七年戦争でフランスに勝利、北米とインドにおけるヨーロッパ諸国の勢力の間で支配的な勢力となった。しかし、アメリカ独立戦争では敗北してアメリカの多くの植民地を失った。1793年からは革命時期とナポレオンの帝政時期のフランスとの戦争に突入、1815年のワーテルローの戦いまで続いた。 治世後期は精神疾患に繰り返し悩まされた。ポルフィリン症を患っていたとされたが、病気の原因は不明のままである。1810年に病気が再発、回復の兆しもなかったため摂政が任命され、長男のジョージ王太子が摂政王太子として統治した。ジョージ3世が死去すると、摂政王太子はジョージ4世として王位を継承した。 ジョージ3世の一生に関する史的分析において、様々な意見が万華鏡のように様変わりした。これは伝記作家が入手できる史料、そして彼ら自身の偏見に起因する。20世紀の後半に再評価されるまで、アメリカにおけるジョージ3世の評価は暴君そのものであったが、イギリスにおいては「帝国主義の失敗のスケープゴート」になった。.

新しい!!: ハノーファー王国とジョージ3世 (イギリス王) · 続きを見る »

ジョージ4世 (イギリス王)

ョージ4世(George IV、1762年8月12日 – 1830年6月26日)は、イギリス、ハノーヴァー朝の国王(在位:1820年1月29日 - 1830年6月26日)。ハノーファー王国の国王ゲオルク4世(Georg IV.)でもあった。父はジョージ3世、母はその妃シャーロット。妃はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントの次女キャロライン(ドイツ名カロリーネ)。1811年から即位するまで、父の精神疾患により摂政王太子として統治した。 ジョージ4世は贅沢な生活を送り、摂政時代の流行に貢献した。彼は新しい形のレジャー、スタイル、趣味のパトロンになり、ジョン・ナッシュを支援してバッキンガム宮殿の改修とブライトンにあるロイヤル・パビリオンの建築、を支援してウィンザー城を再建した。 彼は魅力と教養により「イングランド一のジェントルマン」と呼ばれたが、父ジョージ3世と妻キャロラインとの関係の悪さ、および放蕩な生活により、人々は不満を持ち、王家の名声が落ちた。彼はキャロラインを戴冠式から締め出し、彼女と離婚するために不人気なを政府に提出させたほどであった(ただし、この法案は成立しなかった)。 ジョージ4世の摂政時期と治世の大半を通し、リヴァプール伯爵が首相として政府を運営、ジョージ4世の助力はほとんど借りなかった。閣僚たちはジョージ4世の行動をわがままで信頼できず、無責任であると考えた。またいつでも寵臣の影響下にあった。イギリスの納税者たちはイギリス人がナポレオン戦争を戦っていたにもかかわらず、ジョージ4世が浪費を続けていたことに怒っていた。彼は危機の時代にもリーダーシップを発揮せず、人民の模範にもならなかった。イギリスの最終的な勝利、平和条約の交渉、その後の社会と経済の問題への対処は全てリヴァプール伯の政府が行ったことだった。リヴァプール伯が引退すると、ジョージ4世は反対を続けていたにもかかわらずカトリック解放を受け入れざるを得なかった。彼の唯一の嫡出子シャーロット王女は1817年に先立って死去、そのためジョージ4世の後を継いだのは弟ウィリアムだった。.

新しい!!: ハノーファー王国とジョージ4世 (イギリス王) · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: ハノーファー王国とスウェーデン · 続きを見る »

ターラー (通貨)

ターラー(ターレル、Thaler、Talerとも)は16世紀以来数百年にわたりヨーロッパ中で使われていた大型銀貨。その名残は、現在もアメリカ合衆国ドルをはじめとするドル(dollar)や、2007年までスロベニアで使われていたトラール(tolar)などの通貨名に残る。 ターラー(ターレル)の語源は「ヨアヒムスターラー」(Joachimsthaler)という銀貨の名が短縮されたものである。ヨアヒムスターラーは、16世紀初めに大きな銀山が発見され、1518年以来この種の銀貨が鋳造されてきたボヘミア(現在のチェコ)の町、ザンクト・ヨアヒムスタール(現在のヤーヒモフ)に由来する。.

新しい!!: ハノーファー王国とターラー (通貨) · 続きを見る »

サリカ法典

リカ法典(サリカほうてん、羅:Lex Salica) は、フランク人サリー支族が建てたフランク王国の法典。ラテン語で記述されており、編纂にあたってはローマ人の法律家の援助を得たと言われているが、ローマ法とは異なり、金額が固定された金銭賠償(贖罪金)に関する規定が主であり、自力救済を原則としていたことにも特色がある。 また、サリカ法の相続条項を拡大解釈して女王及び女系継承を禁じたフランス王国の王位継承法と、それに準じた他国の相続方式も、しばしば便宜的にサリカ法と呼ばれる。.

新しい!!: ハノーファー王国とサリカ法典 · 続きを見る »

国家社会主義ドイツ労働者党

国家社会主義ドイツ労働者党(こっかしゃかいしゅぎドイツろうどうしゃとう、Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei 、略称: NSDAP)は、かつて存在したドイツ国の政党。一般にナチス、ナチ党などと呼ばれる(詳細は#名称を参照)。1919年1月に前身のドイツ労働者党が設立され、1920年に改称した。指導者原理に基づく指導者(Führer)アドルフ・ヒトラーが組織全体の意思決定を行い、カリスマ的支配を行っていた。1933年の政権獲得後、ドイツ国に独裁体制を敷いたものの(ナチス・ドイツ)、1945年にドイツ国が第二次世界大戦で敗戦し崩壊したことに伴い事実上消滅し、連合国によって禁止(非合法化)された。.

新しい!!: ハノーファー王国と国家社会主義ドイツ労働者党 · 続きを見る »

神聖ローマ帝国

聖ローマ帝国(しんせいローマていこく、,,, Holy Roman Empire)は、現在のドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部を中心に存在していた国家。9~10世紀に成立し、1806年まで続いた。西ローマ帝国の後継国家を称した。.

新しい!!: ハノーファー王国と神聖ローマ帝国 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ハノーファー王国と第二次世界大戦 · 続きを見る »

領邦

邦(りょうほう、Territorium)は、中世ヨーロッパに成立した君主を中心とする半自立の支配圏。ドイツでは領邦が徐々に自立を進めて国家の体裁を整えていき(領邦国家、Territorialstaat, Landesstaat)、17世紀半ばに一応の国家主権が認められた。19世紀後半にドイツ統一が果たされると国家主権は失われ、ドイツ帝国を構成する諸邦としての地位を認められた。.

新しい!!: ハノーファー王国と領邦 · 続きを見る »

自由主義

自由主義(じゆうしゅぎ、liberalism、リベラリズム)とは、国家や集団や権威などによる統制に対し、個人などが自由に判断し決定する事が可能であり自己決定権を持つとする思想・体制・傾向などを指す用語。.

新しい!!: ハノーファー王国と自由主義 · 続きを見る »

普墺戦争

普墺戦争(ふおうせんそう、Deutscher Krieg)は、1866年に起こったプロイセン王国とオーストリア帝国との戦争。当初は、オーストリアを盟主とするドイツ連邦が脱退したプロイセンに宣戦するという形で開始されたが、その後ドイツ連邦内にもプロイセン側につく領邦が相次ぎ、連邦を二分しての統一主導権争いとなった。ケーニヒグレーツの戦いでプロイセン軍がオーストリア軍に完勝し、戦争は急速に終結した。7週間戦争やプロイセン=オーストリア戦争とも呼ばれる。この戦争によって、ドイツ統一はオーストリアを除外してプロイセン中心に進められることになった。.

新しい!!: ハノーファー王国と普墺戦争 · 続きを見る »

10月1日

10月1日(じゅうがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から274日目(閏年では275日目)にあたり、年末まであと91日ある。.

新しい!!: ハノーファー王国と10月1日 · 続きを見る »

1432年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1432年 · 続きを見る »

1584年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1584年 · 続きを見る »

1635年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1635年 · 続きを見る »

1636年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1636年 · 続きを見る »

1692年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1692年 · 続きを見る »

1701年王位継承法

ゾフィー現在のイギリス王位継承者は、事実上、彼女の子孫のみに限られている 1701年王位継承法(1701ねんおういけいしょうほう、)は、1701年に権利章典を改正した法で、イギリスの王位継承について定めた法。.

新しい!!: ハノーファー王国と1701年王位継承法 · 続きを見る »

1705年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1705年 · 続きを見る »

1714年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1714年 · 続きを見る »

1719年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1719年 · 続きを見る »

1803年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1803年 · 続きを見る »

1807年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1807年 · 続きを見る »

1813年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1813年 · 続きを見る »

1814年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1814年 · 続きを見る »

1815年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1815年 · 続きを見る »

1820年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1820年 · 続きを見る »

1830年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1830年 · 続きを見る »

1837年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1837年 · 続きを見る »

1851年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1851年 · 続きを見る »

1866年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1866年 · 続きを見る »

1867年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1867年 · 続きを見る »

1873年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1873年 · 続きを見る »

1878年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1878年 · 続きを見る »

1888年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1888年 · 続きを見る »

1897年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1897年 · 続きを見る »

1898年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1898年 · 続きを見る »

1902年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1902年 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1914年 · 続きを見る »

1917年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1917年 · 続きを見る »

1920年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1920年 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1933年 · 続きを見る »

1941年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1941年 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: ハノーファー王国と1945年 · 続きを見る »

1946年

記載なし。

新しい!!: ハノーファー王国と1946年 · 続きを見る »

9月20日

9月20日(くがつはつか、くがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から263日目(閏年では264日目)にあたり、年末まであと102日ある。.

新しい!!: ハノーファー王国と9月20日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ハノーバー王国ハノーヴァー王国

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »