ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ハノーファー

索引 ハノーファー

ルンスト・アウグスト 新市庁舎 旧市街の旧市庁舎 19世紀の国立オペラ劇場 ハノーファー(Hannover )は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都である。 人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。日本語では、ドイツ語における一般的な発音に近いハノーファーまたはハノーファのほか、ハノーヴァー、ハノーバーと表記されることもある。.

88 関係: お雇い外国人大植英次中世広島市ペルピニャンペア・メルテザッカーマラウイハノーヴァー万国博覧会ハノーファー96ハノーファー大学ハノーファー中央駅ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団ハノーファー・メッセハノーファー王国ハノーファー空港ハノーファーLRTハンナ・アーレントハンザ同盟ポーランドポズナンユトレヒトライネ川ライプツィヒルーアンヴォルフスブルクヘレンハウゼン王宮庭園ブランタイヤブラウンシュヴァイクブラウンシュヴァイク=リューネブルクブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領ブリストルヒルデスハイムビーレフェルトフランスフリードリヒ・シュレーゲルドイツドイツ社会民主党ドイツ語ドイツ水球リーガニーダーザクセン州ニーダーザクセンシュタディオンアメリカ合衆国アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルイギリスウィリアム・ハーシェルエルンスト・アウグスト (ハノーファー選帝侯)エーリヒ1世 (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク=ゲッティンゲン公)オランダカレンベルク侯領カロライン・ハーシェル...カンザスシティ (ミズーリ州)クラグイェヴァツゲオルク (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公)コンチネンタル (自動車部品製造業)ゴットフリード・ワグネルシュレーゲルジョージ1世 (イギリス王)スコーピオンズセルビアサッカーサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)サッカードイツ代表サッカー選手CeBIT空襲第二次世界大戦音楽家選帝侯運河見本市連邦州UN/LOCODE東近江市水球明治日本政治学者13世紀14世紀1529年1636年1692年1714年18世紀1918年19世紀2004年2006 FIFAワールドカップ インデックスを展開 (38 もっと) »

お雇い外国人

お雇い(御雇)外国人(おやといがいこくじん)は、幕末から明治にかけて、「殖産興業」などを目的として、欧米の先進技術や学問、制度を輸入するために雇用された外国人で、欧米人を指すことが多い。江戸幕府や諸藩、明治政府や府県によって官庁や学校に招聘された。お抱え外国人とも呼ばれることもある。.

新しい!!: ハノーファーとお雇い外国人 · 続きを見る »

大植英次

大植 英次(おおうえ えいじ、1956年10月3日 - )はクラシック音楽の指揮者。大阪フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者。.

新しい!!: ハノーファーと大植英次 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: ハノーファーと中世 · 続きを見る »

広島市

広島市(ひろしまし)は日本の広島県の都市。政令指定都市であり、同県の県庁所在地。中国地方の中南部、広島県西部(安芸国)に位置し、中国・四国地方で最大の人口を有する市でもある。.

新しい!!: ハノーファーと広島市 · 続きを見る »

ペルピニャン

ペルピニャン(フランス語:Perpignan、カタルーニャ語:Perpinyà パルピニャー)はフランス南部、オクシタニー地域圏、ピレネー=オリアンタル県の県庁所在地。周辺のコミューンを含め人口約28万人の都市圏を形成している。フランス領カタルーニャ(北カタルーニャ)の中心都市。.

新しい!!: ハノーファーとペルピニャン · 続きを見る »

ペア・メルテザッカー

ペア・メルテザッカー(Per Mertesacker, 1984年9月29日 - )は、西ドイツ・ハノーファー出身の元サッカー選手。元ドイツ代表。ポジションはディフェンダー。メアテスアッカーやメルテスアッカーとも表記される。.

新しい!!: ハノーファーとペア・メルテザッカー · 続きを見る »

マラウイ

マラウイ共和国(マラウイきょうわこく)、通称マラウイは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。旧称はイギリス保護領ニヤサランド(Nyasaland、ニアサは湖の意)。首都はリロングウェ、最大の都市はブランタイヤである。アフリカ大地溝帯に位置する内陸国である。マラウイ湖の西岸にあり、東西の幅は90-161km、南北の長さは900kmと南北に細長い形をした国。国土はほとんど高原上にあり、マラウイ湖が大きな面積を占める。北・北西をタンザニア、東・南・南西をモザンビーク、西をザンビアの国境と接している。チェワ族が主流。.

新しい!!: ハノーファーとマラウイ · 続きを見る »

ハノーヴァー万国博覧会

ハノーヴァー万国博覧会(ハノーヴァーばんこくはくらんかい)は、ドイツのハノーファー(ハノーヴァーは英語の発音)で2000年6月1日から10月31日まで開催された国際博覧会である。.

新しい!!: ハノーファーとハノーヴァー万国博覧会 · 続きを見る »

ハノーファー96

ハノーファー96(Hannoverscher Sport-Verein von 1896 e.V.)は、ドイツのニーダーザクセン州・ハノーファーに本拠地を置く総合スポーツクラブ。サッカー部門が特に知られているが、この他にバドミントン、体操、陸上競技、チェス、テニス、トライアスロン、卓球などのスポーツ部門を保有する。.

新しい!!: ハノーファーとハノーファー96 · 続きを見る »

ハノーファー大学

ハノーファー大学(公式名称:Gottfried Wilhelm Leibniz Universität Hannover、短縮:Leibniz Universität Hannover)は、ドイツハノーファー市に存在するドイツ国立大学の一つ。日本では、ライプリッツ・ハノファー大学、ハノーバー大学と表記されることもある。.

新しい!!: ハノーファーとハノーファー大学 · 続きを見る »

ハノーファー中央駅

駅前通り ハノーファー中央駅(ドイツ語:Hannover Hauptbahnhof)は、ドイツニーダーザクセン州ハノーファーにあるドイツ鉄道(DB)とハノーファーSバーンの鉄道駅。ICE(ドイツの高速列車)の停車駅であり、各主要都市と結ばれている。.

新しい!!: ハノーファーとハノーファー中央駅 · 続きを見る »

ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団

ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団(ハノーファーきたドイツほうそうフィルハーモニーかんげんがくだん、NDR Radiophilharmonie)は、ドイツ・ハノーファー (Hannover) に本拠を置く北ドイツ放送(NDR)付属オーケストラ。厳密には北ドイツ放送ラジオフィルハーモニー管弦楽団だが、日本ではハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団と表記されている。北ドイツ放送付属としては、ハンブルクの北ドイツ放送交響楽団(1945年創立)に次いで5年後に結成された第2のオーケストラである。.

新しい!!: ハノーファーとハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団 · 続きを見る »

ハノーファー・メッセ

ハノーファー・メッセ (ハノーバー・メッセ、ハノーバー・フェア、Hannover Messe, Hanover Fair)は世界最大の産業見本市である。ドイツのニーダーザクセン州ハノーファーにあるハノーファー国際見本市会場で開催される。例年の出展者数は約6,000社・団体で訪問者数が約200,000人である。.

新しい!!: ハノーファーとハノーファー・メッセ · 続きを見る »

ハノーファー王国

ハノーファー王国(Königreich Hannover)は、現在のドイツ北部、ニーダーザクセン州に存在した国家。 1803年にフランスに占領されたブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領が領土を回復し、1814年のウィーン会議によって王国に昇格することで成立した。 ドイツ連邦の加盟国となり、1866年に普墺戦争に敗れてプロイセン王国に併合され、消滅した。以降は1946年までプロイセンの一州となった.

新しい!!: ハノーファーとハノーファー王国 · 続きを見る »

ハノーファー空港

ハノーファー空港(Flughafen Hannover-Langenhagen、正式名:ハノーファー・ランゲンハーゲン空港)は、ドイツ・ニーダーザクセン州の州都ハノーファーにある国際空港である。.

新しい!!: ハノーファーとハノーファー空港 · 続きを見る »

ハノーファーLRT

ハノーファーLRT(Stadtbahn Hannover)はドイツ・ハノーファーで運行されているライトレール(ドイツではStadtbahn(シュタットバーン)と呼ばれる)。全部で15路線。.

新しい!!: ハノーファーとハノーファーLRT · 続きを見る »

ハンナ・アーレント

ハンナ・アーレント(Hannah Arendt、1906年10月14日 - 1975年12月4日)は、ドイツ出身の哲学者、思想家である。ユダヤ人であり、ナチズムが台頭したドイツから、アメリカ合衆国に亡命した。のちに教鞭をふるい、主に政治哲学の分野で活躍し、全体主義を生みだす大衆社会の分析で知られる。「アーレント」は「アレント」とも表記する。 小惑星100027「Hannaharendt」は彼女に敬意を表して命名された。.

新しい!!: ハノーファーとハンナ・アーレント · 続きを見る »

ハンザ同盟

ハンザ同盟(ハンザどうめい)は、中世後期に北ドイツを中心にバルト海沿岸地域の貿易を独占し、ヨーロッパ北部の経済圏を支配した都市同盟である。同盟の慣習法は海事法のもとになった。.

新しい!!: ハノーファーとハンザ同盟 · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ハノーファーとポーランド · 続きを見る »

ポズナン

ポズナンまたはポズナニ(Poznań・)は、ポーランド西部に位置する、ポーランド最古の都市の一つで、中世ポーランド王国の最初の首都である。ラテン語名はポスナニア(Posnania)、ドイツ語名はポーゼン(Posen)、イディッシュ語名は פויזן (Poyzn)。ヴィエルコポルスカ県の県都である。人口は約58万人で、これはポーランド5番目の規模である。ポーランド分割後、プロイセン王国に管理され、1871年にはドイツ統一となりドイツ帝国となった。.

新しい!!: ハノーファーとポズナン · 続きを見る »

ユトレヒト

ユトレヒト( ユトレフト)は、オランダのユトレヒト州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。オランダ第4の都市であり、ユトレヒト州の州都でもある。首都アムステルダムから30キロほど南に位置する。 ユトレヒトは8世紀よりオランダの宗教の中心であった。現在でもオランダ・カトリック教会で最も重要な地位をユトレヒト大司教が担っている。また、復古カトリック教会の大主教座や、プロテスタント教会の教区事務所もユトレヒトに置かれている。17世紀に始まるオランダ黄金の時代にアムステルダムがその地位を奪うまで、ユトレヒトは北オランダ(現在のオランダ国土と言う意味で、ベルギーやルクセンブルクは除く)で最も重要な都市であった。 また、ユトレヒトにはオランダ最大の大学であるユトレヒト大学が置かれていたり、国土のほぼ中央付近という地理的条件より、各地からの道路や鉄道網の重要な結節点となっている。.

新しい!!: ハノーファーとユトレヒト · 続きを見る »

ライネ川

ライネ川 ライネ川(ライネがわ、Leine)は、ドイツのテューリンゲン州やニーダーザクセン州などを流れる長さ281kmの河川で、アラー川の支流である。 川の源流はテューリンゲン州のライネフェルデという町に位置し、川の下流の40kmはニーダーザクセン州に入る。北方へ流れ、ハノーファーの約40km北でアラー川に合流する。 流域の主要な都市はゲッティンゲン、アルフェルド、グローナウ、ハノーファーがある。 Category:ドイツの河川 Category:ヴェーザー川水系 Category:テューリンゲン州の地形 Category:ニーダーザクセン州の地形.

新しい!!: ハノーファーとライネ川 · 続きを見る »

ライプツィヒ

ライプツィヒ(ドイツ語: )は、ザクセン州に属するドイツの都市である。人口は約52万1千人(2012年12月現在)、ザクセン州では州都ドレスデンをやや上回って最大の都市で、旧東ドイツ地域ではベルリンに次いで2番目である。日本語ではライプチヒとも表記される(表記参照)。南部ドイツ語ではライプツィクと発音されることもある。 バッハやメンデルスゾーンそしてヴァーグナーらゆかりのドイツを代表する音楽の街、またベルリンの壁崩壊、ひいては東西両ドイツの統一の端緒となった住民運動の発祥地として知られる。.

新しい!!: ハノーファーとライプツィヒ · 続きを見る »

ルーアン

ルーアン(Rouen, ルアンとも)は、フランス西部に位置する都市で、ノルマンディー地域圏の首府、セーヌ=マリティーム県の県庁所在地である。.

新しい!!: ハノーファーとルーアン · 続きを見る »

ヴォルフスブルク

ヴォルフスブルク(Wolfsburg)は、ドイツ連邦共和国の都市で、ニーダーザクセン州に属する。ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンの本社所在地であり、同社の企業城下町として発展した。 都市名は、ドイツ語で「狼の城」「狼の堡」を意味しており、市章も「城の上に立つ狼」を描いた物である。.

新しい!!: ハノーファーとヴォルフスブルク · 続きを見る »

ヘレンハウゼン王宮庭園

ヘレンハウゼン王宮庭園 (Herrenhäuser Gärten, 、もしくはヘレンホイザー・ゲルテン、ヘレンホイザー王宮庭園)とは、ドイツ中北部、ニーダーザクセン州の州都ハノーファーにあるフランス式庭園である(コトバンク) 。 グローサー・ガルテン(大庭園)、ベルク庭園、ゲオルゲン庭園、ベルフェン庭園の四つの庭園で構成されている。この庭園は、ハノーファー王家の遺産である。.

新しい!!: ハノーファーとヘレンハウゼン王宮庭園 · 続きを見る »

ブランタイヤ

ブランタイヤ()は、マラウイ南部州の県 であり、中心となる都市もブランタイヤ である。本稿では、県と都市の双方について記述する。.

新しい!!: ハノーファーとブランタイヤ · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク

ブラウンシュヴァイク(Braunschweig, Brunswick)は、ドイツの都市。ニーダーザクセン州の代表的都市であり、人口25万2,768人は同州において州都ハノーファーに次ぐ (2015年)。街の名前は「Brunoの村」の意味(Brunoはブルン1世を指す)。.

新しい!!: ハノーファーとブラウンシュヴァイク · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク()は、神聖ローマ帝国の北西部に中世後期から近世にかけて存在した歴史上の公国。ヴェルフ家(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家)が長期間に渡って治めていた。 公国の主要都市は、中世後期の長いあいだリューネブルクとブラウンシュヴァイクであり、これら2都市の名称は支配者一族の家名としても使われた。その後この2都市にとって代わったのは、現在のニーダーザクセン州の州都ハノーファーである。ハノーファーはブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国を経済的に支配するようになったため、公爵達は古くからの居所からハノーファーに移った。同市の繁栄は公爵家がかなり後になって選帝侯の地位に昇格した要因の1つでもあった。.

新しい!!: ハノーファーとブラウンシュヴァイク=リューネブルク · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領(ブラウンシュヴァイク=リューネブルクせんていこうりょう、Kurfürstentum Braunschweig-Lüneburg)、またはハノーファー選帝侯領(ハノーファーせんていこうりょう、Kurfürstentum HannoverまたはKurhannover)は、神聖ローマ帝国の9番目の選帝侯が領する領邦である。1692年にブラウンシュヴァイ.

新しい!!: ハノーファーとブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領 · 続きを見る »

ブリストル

ブリストル(; )は、イギリス西部の港湾都市。サウス・ウェスト・イングランドの典礼カウンティにあるユニタリー(単一自治体)であり、ロンドンの西169キロで、カーディフの東71キロの位置である。 2007年中頃にブリストルだけで416,400人の人口と推計され、近隣の居住者も一緒にすると約561,500人と推計される。これは、イングランドで6番目、イギリス全体で見ても8番目に人口が多く、サウス・ウェスト・イングランドで最も人口の多い都市である。サマセットとグロスタシャーのカウンティに接し、南東には歴史的な都市バースがあり、北にはグロスターが位置する。エイボン川に沿って形勢されており、それが流入するブリストル海峡にも接している。.

新しい!!: ハノーファーとブリストル · 続きを見る »

ヒルデスハイム

中世風の街角(戦後に再建) ヒルデスハイム(Hildesheim)はドイツの都市。ニーダーザクセン州南部の都市であり、約10万3千人(2002年)の人口を有する。また、世界遺産に登録されている ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミヒャエル教会がある。.

新しい!!: ハノーファーとヒルデスハイム · 続きを見る »

ビーレフェルト

ビーレフェルト(Bielefeld、、低地ドイツ語では Builefeld, Bielefeld, Beilefeld または Builefeild)は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州デトモルト行政管区に属す郡独立市である。人口328,000人を超える本市はオストヴェストファーレン=リッペ地方最大の都市で、経済上の中心都市となっている。ドイツの大都市リストでは第18位に位置する。 最も古い記録は9世紀の初めになされており(2014年4月6日 閲覧)、1214年に初めて「市」と記述されている。トイトブルクの森の横谷の北端に位置する、ラーフェンスベルク伯に商業を奨励された商業都市で、同伯領内で最大の街であった。ビーレフェルトは長らくリンネル産業の中心都市であった。現在の本市は、食品加工業、商業・サービス産業、印刷・衣料品産業、機械製造業が立地する街となっている。全国的には、ベーテル、ドクトル・アウグスト=エトカー KG、ビーレフェルト研究学校、サッカークラブのアルミニア・ビーレフェルトが知られている。.

新しい!!: ハノーファーとビーレフェルト · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ハノーファーとフランス · 続きを見る »

フリードリヒ・シュレーゲル

フリードリヒ・シュレーゲル フリードリヒ・シュレーゲル(Karl Wilhelm Friedrich von Schlegel, 1772年3月10日 - 1829年1月11日)はドイツ初期ロマン派の思想家・文芸評論家・詩人・小説家。 文学、哲学、歴史、政治、宗教を包括する彼の思想の領域は広大であり、特にカトリックへの改宗はその思想内容に大きな謎を与えている。彼のロマン主義理論と思想研究は、19世紀のドイツ文学界に多大な影響を与えた。.

新しい!!: ハノーファーとフリードリヒ・シュレーゲル · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ハノーファーとドイツ · 続きを見る »

ドイツ社会民主党

ドイツ社会民主党(ドイツしゃかいみんしゅとう、ドイツ語:Sozialdemokratische Partei Deutschlands、略称SPD(エス・ペー・デー))は、ドイツの中道左派・社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟。.

新しい!!: ハノーファーとドイツ社会民主党 · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: ハノーファーとドイツ語 · 続きを見る »

ドイツ水球リーガ

ドイツ水球リーガ(Deutsche Wasserball-Liga)は、ドイツにおける水球の国内リーグである。略称DWL。ドイツではこの他に2.Liga(2部)、Oberliga(3部)、Verbandsliga(4部)、Beziksliga(5部)、Kreisliga(6部)がある。 4つのグループに分け、試合を行い、それぞれのグループの上位2チームが予選(グループA)に進み、下位2チームが敗者復活戦(グループB)に進む。グループAの下位2チームとグループBの上位2チームがプレーオフに進む。グループAの上位6チームとプレーオフの上位2チームが準々決勝に進み、さらに4チームが準決勝に、上位2チームが決勝戦へ進む。プレーオフに負けた2チームとグループBの下位6チームは降格決定戦の準々決勝に進み、下位2チームは決勝へ進み、さらに下位2チームは2部リーグへ降格する。.

新しい!!: ハノーファーとドイツ水球リーガ · 続きを見る »

ニーダーザクセン州

ニーダーザクセン州(ドイツ語:Land Niedersachsen、低ザクセン語:Land Neddersassen、ザーターフリジア語:Lound Läichsaksen、英語:Lower Saxony)は、ドイツ連邦共和国を構成する16の連邦州のひとつで、ドイツ北西部に位置する。低地ザクセン州とも訳される。州都はハノーファー。.

新しい!!: ハノーファーとニーダーザクセン州 · 続きを見る »

ニーダーザクセンシュタディオン

AWDアレーナ(AWD-Arena)は、ドイツ・ハノーファーにあるスタジアム。1954年に完成。収容人数は48,933人。旧称はニーダーザクセンシュタディオン(Niedersachsenstadion)といい、2002年よりドイツの金融関連企業AWDがスポンサーにつき、現在の名称になった。HDIアレーナと表記されることもある。.

新しい!!: ハノーファーとニーダーザクセンシュタディオン · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ハノーファーとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル

アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル(August Wilhelm von Schlegel, 1767年9月8日 - 1845年5月12日)は、ドイツの文学者・翻訳家・文献学者・評論家。多言語に通じており、各国語の文学作品の翻訳を行う(特にシェイクスピアの翻訳で知られる)。また、darsana(ダルシャナ、インド哲学)を研究し、ヨーロッパへの東洋思想の移入に功績があった。.

新しい!!: ハノーファーとアウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ハノーファーとイギリス · 続きを見る »

ウィリアム・ハーシェル

ー・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル(Sir Frederick William Herschel, 1738年11月15日 - 1822年8月25日)は、ドイツのハノーファー出身のイギリスの天文学者・音楽家・望遠鏡製作者。ドイツ語名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヘルシェル(Friedrich Wilhelm Herschel)である。天王星の発見や赤外線放射の発見など、天文学における数多くの業績で知られる。.

新しい!!: ハノーファーとウィリアム・ハーシェル · 続きを見る »

エルンスト・アウグスト (ハノーファー選帝侯)

ルンスト・アウグスト エルンスト・アウグスト(Ernst August, Kurfürst von Hannover、1629年11月20日 - 1698年1月23日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人でカレンベルク侯(在位:1679年 - 1698年)。1692年に選帝侯となってからはハノーファー選帝侯と称された。また、オスナブリュック司教でもあった(在位:1661年 - 1698年)。 父はカレンベルク侯ゲオルク、母はヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世の娘アンナ・エレオノーレ。クリスティアン・ルートヴィヒ、ゲオルク・ヴィルヘルム、ヨハン・フリードリヒは兄、デンマーク=ノルウェーの王フレデリク3世妃ゾフィー・アマーリエは姉、神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世妃アマーリア・ヴィルヘルミーネは姪に当たる。.

新しい!!: ハノーファーとエルンスト・アウグスト (ハノーファー選帝侯) · 続きを見る »

エーリヒ1世 (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク=ゲッティンゲン公)

ーリヒ1世(Erich I, 1470年2月16日 - 1540年7月30日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人で、カレンベルク=ゲッティンゲン侯(在位:1494年 - 1540年)。ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯ヴィルヘルム2世とエリーザベト・ツー・シュトルベルクの次男で、ヴォルフェンビュッテル侯ハインリヒ1世の弟。.

新しい!!: ハノーファーとエーリヒ1世 (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク=ゲッティンゲン公) · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: ハノーファーとオランダ · 続きを見る »

カレンベルク侯領

レンベルク侯領(ドイツ語:Fürstentum Calenberg)は、神聖ローマ帝国の領邦国家ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の分邦。1494年から1705年まで存続した(但し、しばしば分割と合邦を繰り返した)。その後、リューネブルク侯領と共にブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領(ハノーファー選帝侯領)を構成した。.

新しい!!: ハノーファーとカレンベルク侯領 · 続きを見る »

カロライン・ハーシェル

ライン・ルクリーシア・ハーシェル(Caroline Lucretia Herschel、1750年3月16日 - 1848年1月9日)はドイツ生まれでイギリスで活躍した女性天文学者である。ウィリアム・ハーシェルの妹であり、兄の助手として天文観測を行い、自らも(35P)ハーシェル・リゴレー彗星などを発見した。名前の読みは、ドイツ語ではカロリーネ・ルクレティア・ヘルシェルとなる。.

新しい!!: ハノーファーとカロライン・ハーシェル · 続きを見る »

カンザスシティ (ミズーリ州)

ンザスシティ(Kansas City)は、アメリカ合衆国ミズーリ州西部に位置する都市。市域はジャクソン郡を中心に4郡にまたがる。市はカンザス川がミズーリ川に合流する地点を中心に広がっている。人口は459,787人(2010年国勢調査).

新しい!!: ハノーファーとカンザスシティ (ミズーリ州) · 続きを見る »

クラグイェヴァツ

ラグイェヴァツ(Крагујевац/Kragujevac )はセルビアのシュマディヤ地方の中心的な都市および基礎自治体で、シュマディヤ郡の行政的な中心である。レペニツァ川河畔に位置し、2011年の国勢調査によれば市の人口は150,835人で基礎自治体全体では179,417人であった。クラグイェヴァツは第一次セルビア蜂起(1818-1839)の時、最初の首都で、ミロシュ・オブレノヴィッチ1世が1835年に宣言を行っている。最初の本格的な大学が1838年に設立され、続いて最初のグラマースクール(ギムナジウム)や印刷所、国立劇場(Knjaževsko-srpski teatar)や軍アカデミーが設立された。ベオグラードには1841年首都の地位が移されている。クラグイェヴァツ大学は1976年まで再び設立されることはなかった。現在のクラグイェヴァツは武器や軍需用品、自動車産業のザスタバで知られている。.

新しい!!: ハノーファーとクラグイェヴァツ · 続きを見る »

ゲオルク (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公)

ルク ゲオルク(Georg, 1582年11月17日、ツェレ - 1641年4月2日、ヒルデスハイム)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人で、カレンベルク侯(在位:1635年 - 1641年)。リューネブルク侯ヴィルヘルムと妃ドロテア(デンマークとノルウェーの王クリスチャン3世と王妃ドロテアの娘)の5男。エルンスト2世、クリスティアン、アウグスト1世、フリードリヒ4世の弟。 1591年から1596年までイェーナ大学で学び、オランダ総督マウリッツの下で従軍後は三十年戦争で軍勢を率いて転戦していた。 1635年にブラウンシュヴァイク=リューネブルク家の所領の分割で、ゲオルクはカレンベルク侯領とゲッティンゲン侯領を与えられた(ヴォルフェンビュッテル侯領は従兄のアウグスト2世が相続)。翌1636年に住まいをハノーファーへ移し、カレンベルク侯領の首都とすることを宣言した。1637年からライネ川沿いの土地にライネ城建設を始めたが、1640年にヒルデスハイムに移り翌1641年に死去、長男のクリスティアン・ルートヴィヒが後を継いだ。.

新しい!!: ハノーファーとゲオルク (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公) · 続きを見る »

コンチネンタル (自動車部品製造業)

ンチネンタル(Continental AG )は、ドイツ・ハノーファーに本社を置く1871年創業のタイヤ及び自動車部品メーカーの一つ。創業当初はゴムメーカー「コンチネンタル弾性ゴム・グッタペルヒャ」(Continental-Caoutchouc und Gutta-Percha Compagnie) であった。.

新しい!!: ハノーファーとコンチネンタル (自動車部品製造業) · 続きを見る »

ゴットフリード・ワグネル

ワグネル博士顕彰碑、京都市左京区岡崎公園 ワグネル博士顕彰碑、京都市左京区岡崎公園 ゴットフリード・ワグネル(Gottfried Wagener、1831年7月5日 - 1892年11月8日)は、ドイツ出身のお雇い外国人。ドイツ語での発音はゴトフリート・ヴァーゲナー()。事業参加のため来日し、その後政府に雇われた珍しい経緯を持つ。京都府立医学校(現・京都府立医科大学)、東京大学教師、および東京職工学校(現・東京工業大学)教授。また、陶磁器やガラスなどの製造を指導した。 ヘンリー・ダイアーらと同時期に明治時代の日本で工学教育で大きな功績を残し、墓碑や記念碑が後年まで管理され残っている。.

新しい!!: ハノーファーとゴットフリード・ワグネル · 続きを見る »

シュレーゲル

ュレーゲル(Schlegel, Schlägel, Schlegl)は、ドイツ語圏に見られる姓である。棒(Schlägel)、打ち叩く道具(schlagen)、鎚矛、殻竿、重いハンマーを意味し、武器・道具職人、そのような道具を使用する職業を指した。多く1800年前後に活躍したシュレーゲル兄弟(1.4.)を指すことが多い。.

新しい!!: ハノーファーとシュレーゲル · 続きを見る »

ジョージ1世 (イギリス王)

ョージ1世(George I、1660年5月28日(グレゴリオ暦6月7日) - 1727年6月11日(グレゴリオ暦6月22日ジョージ1世の存命中、グレートブリテン王国はユリウス暦を使用したが、ハノーファーでは1700年3月1日(ユリウス暦。グレゴリオ暦では2月19日)にグレゴリオ暦を採用した。))は、グレートブリテン王国及びアイルランド王国の国王で、ハノーヴァー朝の開祖である『英国王室史事典』p199-200「ジョージ1世」。また、神聖ローマ帝国のブラウンシュヴァイク=リューネブルク(ハノーファー)選帝侯でもあり、ドイツ語名をゲオルク・ルートヴィヒ()という。英国王としての在位期間は1714年8月1日から1727年6月11日、ハノーファー選帝侯としての在位期間は1698年1月23日から1727年6月11日である。 ジョージはドイツのハノーファーで生まれ、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の領地や選帝侯位称号を父や伯父たちから相続したただし父から受け継いだ選帝侯位が他のドイツ諸侯から「正式」に認められるには10年を要した。。スペイン継承戦争などヨーロッパにおける一連の戦争により、ジョージのドイツ領地はその治世中に拡大した。イギリスで又従妹のアン女王が死去してステュアート朝が断絶すると、母のゾフィーがステュアート家の血筋だったことから、54歳でグレートブリテン王国の国王ジョージ1世として迎えられた長子相続制において、イギリスの王位継承順位では50人以上のカトリックがジョージより上の順位にあったが、1701年王位継承法によりカトリックがイギリス王位を継承することは禁止され、プロテスタントの間ではジョージがアンの最も近い近親者であった。これに対し、ジャコバイトはジョージを廃位して、ジェームズ2世の息子でカトリックのジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートを王位につけようとしたが失敗した。。 しかしドイツで生まれ育ったジョージ1世は英語を理解できず、文化も異なるイギリス国民から嫌われた。イギリスの政務もサー・ロバート・ウォルポールサー・ロバート・ウォルポールは実質的にはイギリスの初代首相となった。に任せきりにして、それがイギリスにおける責任内閣制(「国王は君臨すれども統治せず」)の発達を促す結果になった。 ジョージ1世は母国ハノーファーへ戻る途中で卒中を起こして死去、ハノーファーで埋葬された。.

新しい!!: ハノーファーとジョージ1世 (イギリス王) · 続きを見る »

スコーピオンズ

ーピオンズ(Scorpions)は、ドイツ出身のロックバンド。 ドイツ・ロック界の黎明期から、1970年代のハードロック・1980年代のヘヴィメタルのムーヴメントを体現してきたバンドであり、同国出身としては最初期に商業的な成功を得るなど世界的にも支持され、HR/HMのカテゴリーを超える重鎮的存在となっている。.

新しい!!: ハノーファーとスコーピオンズ · 続きを見る »

セルビア

ルビア共和国(セルビアきょうわこく)、通称セルビアは、南東ヨーロッパ、バルカン半島中西部の内陸に位置する共和制国家。かつてのユーゴスラビアに属した地域の中央に位置しており、政治的にもその中心となる国であった。 首都であるベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア内のコソボ・メトヒヤ自治州がコソボ共和国として事実上独立状態にある。.

新しい!!: ハノーファーとセルビア · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: ハノーファーとサッカー · 続きを見る »

サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

優勝皿"マイスターシャーレ" ドイツにおけるサッカー・ブンデスリーガ(Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。 1部と2部はDFL(Deutsche Fußball Liga、ドイツサッカーリーグ機構)が運営しており、3部はDFB(Deutscher Fußball Bund、ドイツサッカー連盟)が直接運営している。そのため、上位2リーグの正式名称が1.(エアステ・ブンデスリーガ)と2.(ツヴァイテ・ブンデスリーガ)であるのに対し、3部は3.(ドリッテ・リーガ)となっていてその違いを反映させている。通常、「ブンデスリーガ」と言えば1部リーグのことを指すことが多い。.

新しい!!: ハノーファーとサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ) · 続きを見る »

サッカードイツ代表

ッカードイツ代表(ドイツ語:Deutsche Fußballnationalmannschaft ドイチェ・フースバルナツィオナルマンシャフト)は、ドイツサッカー協会(DFB)により編成されるドイツのサッカーのナショナルチーム。愛称はマンシャフト[Mannschaft](ドイツ語で“チーム”、“集団”の意)。 1990年のドイツ再統一に際して、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)がドイツ民主共和国(東ドイツ)を編入した経緯があるため、慣例的に西ドイツ代表の歴史、記録はドイツ代表のものに含まれる。逆に東ドイツの歴史、経歴は現在のドイツ代表とは別個に扱われる。東ドイツ代表に関してはサッカー東ドイツ代表を参照のこと。 また、ここにおいて東西別に代表が編成される1952年から東西ドイツが再統一される1990年までの事項に関しては、「西ドイツ代表」と呼称されていたものに相当する。.

新しい!!: ハノーファーとサッカードイツ代表 · 続きを見る »

サッカー選手

ッカー選手とは、サッカーにおいて競技を実際に行う者のことである。全世界では、約2億5000万人のサッカー選手が存在すると推定されている。.

新しい!!: ハノーファーとサッカー選手 · 続きを見る »

CeBIT

CeBIT(セビット、ツェービット、Centrum für Büroautomation, Informationstechnologie und Telekommunikation; ドイツ語で"ビジネスオートメーション・情報技術・テレコミュニケーションセンター"の意)は、ドイツのハノーファーの世界最大級の見本市会場であるメッセゲレンデ・ハノーファー(ハノーファー・フェアグラウンド)で毎年春に開催される世界最大級のコンピュータエキスポ。IT分野における最先端の指標ともいえる。.

新しい!!: ハノーファーとCeBIT · 続きを見る »

空襲

襲(くうしゅう、Airstrike/Air-raid)は、空中から目標に対して爆弾の投下や機銃掃射などを行うことである。.

新しい!!: ハノーファーと空襲 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ハノーファーと第二次世界大戦 · 続きを見る »

音楽家

音楽家(おんがくか)、ミュージシャン(musician)は、曲を作ったり(作曲・編曲)、演奏したりする人のこと。主に実演家(プレイヤー)と制作者に大別される。.

新しい!!: ハノーファーと音楽家 · 続きを見る »

選帝侯

ハインリヒ7世時代) 選帝侯(せんていこう、Kurfürst)は、神聖ローマ帝国において、ローマ王(ドイツ王)すなわち神聖ローマ帝国の君主に対する選挙権(選定権)を有した諸侯のことである。選挙権以外にも他の帝国諸侯とは一線を画した数々の特権を有した。選挙侯(せんきょこう)または選定侯(せんていこう)ともいう。.

新しい!!: ハノーファーと選帝侯 · 続きを見る »

運河

運河(うんが)とは、船舶の移動のために人工的に造られた水路であり、河川・湖沼を利用しているものもある。鉄道同様経路中に、橋梁や隧道なども見られる。産業革命以前は船舶を騾馬などが牽引したため、経路に沿って曳舟道(トウパス、towpath、船曳道、牽引路)が設けられている。.

新しい!!: ハノーファーと運河 · 続きを見る »

見本市

ボストン国際会議場・見本市会場で開かれた2006年リナックスワールド 見本市(みほんいち)は、企業が自らの新しい商品や製品、提供するサービスなどをショーケースに展示したり、あるいはデモンストレーションしてみせたりするために企画、挙行される定期的な展示会のことである。ほとんどの場合、コンベンション・センターで行われるが、テーマによって最適な会場が設定航空ショーは航空機メーカーの見本市としての側面もあり(商談会として機能することもある)、屋内型のコンベンションセンターではなく空港で行われる。されることもある。.

新しい!!: ハノーファーと見本市 · 続きを見る »

連邦州

連邦州(れんぽうしゅう)は、連邦制国家を構成する自治行政単位である。特に、ドイツとオーストリアを構成する州(Land)を指す場合に、ドイツ語の " Bundesland " の訳語として用いられる(" Bund " が「連邦」、" Land " が「州」)。また、インドやオーストラリアなど、他の連邦制国家についても使われる。ただし、ロシアや旧ソ連については、連邦構成主体の訳語が通常用いられる。またアメリカ合衆国では単に「州」と呼ぶ。 連邦州は一般に、主権を連邦政府に委譲する他は、内政面において独立国に近い非常に高度な自治権を保有するため、独自の憲法を持ち、独自の法律・司法制度の下で統治される。ただし、隣接する州の間での制度の違いは一般市民生活や経済活動において不便なことも多いため、内政面でも連邦政府に委ねる範囲が拡大する傾向にある。また、主権を持たないため、そこから派生する外交権はないが、州独自の国際交流が行われている。.

新しい!!: ハノーファーと連邦州 · 続きを見る »

UN/LOCODE

UN/LOCODEは、国連欧州経済委員会(UNECE)が制定しているコード(国名2レター 空白 地名3レター)。海港、空港、内陸通関デポ、貨物関係の地名・場所が対象。日本に関するUN/LOCODEについては、日本貿易関係手続簡易化協会(JASTPRO)が、登録内容の審査などでUNECEを支援している。.

新しい!!: ハノーファーとUN/LOCODE · 続きを見る »

東近江市

延命公園から望む東近江市街 東近江市(ひがしおうみし)は、滋賀県の東部にある市である。愛知川に沿って鈴鹿山脈から琵琶湖岸まで東西に長い市域を持つ。市名は旧国名に由来。.

新しい!!: ハノーファーと東近江市 · 続きを見る »

水球

水球(すいきゅう、)は、プールで行われる球技。水泳競技の一種。7名で構成された2つのチームが、プールに作られたコート内で、ゴールにボールを入れあい点数を競う競技である。体のほとんどが水中にあるために反則は分かりにくく、掴む、蹴るといった行為が意図的ではなかったとしても日常的に発生する事から「水中の格闘技」とも言われている。 19世紀後半、イギリスで考案された。夏季オリンピックの種目となっている。プールで行うハンドボールと言える。著名なことでは、過去に日体大水球部が376連勝(連勝記録No.1-ギネス登録スポーツ無敗記録一覧参照)している。.

新しい!!: ハノーファーと水球 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: ハノーファーと明治 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: ハノーファーと日本 · 続きを見る »

政治学者

政治学者(せいじがくしゃ)は、政治学の研究者である。政治を学術的に研究するという点において政治ジャーナリストや政治評論家と区別されるが、純粋に理論的に考察するだけでなく、しばしば現実政治に関わったり、世論に少なからぬ影響を与えたりする政治学者もいるため、政治学者・政治ジャーナリスト・政治評論家の区別が曖昧な場合もある。 現在では、大学の教員を政治学者、マスメディアに勤務している者を政治ジャーナリスト、大学やマスメディアに属さずフリーランスで活動している者(個人事務所を設立している者や芸能事務所に所属している者も含む)を政治評論家、と便宜的に呼び分けていることも多いが、ジャーナリストから大学の教員になった者もおり区別が難しくなっている。.

新しい!!: ハノーファーと政治学者 · 続きを見る »

13世紀

チンギス・ハーン像。 モンゴル帝国の発展。 モンゴル帝国の最大領域。 13世紀(じゅうさんせいき)は、西暦1201年から西暦1300年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ハノーファーと13世紀 · 続きを見る »

14世紀

ナスル朝。イベリア半島最後のイスラム王朝であるこの王朝はすでに半島南端を占めるだけの小国となっていたが文化や芸術は最後の輝きを見せていた。画像はイスラム特有のアラベスクに彩られたアルハンブラ宮殿の「二姉妹の間」。 Gilles Le Muisitの年代記』の挿絵)。 エドワード3世率いるイングランド軍にフランス軍が大敗を喫した。画像はこの戦いを描いたジャン・フロワサールの『年代記』写本の挿絵。 ユダヤ人迫害。中世末期の不穏な情勢の中でスケープゴートとして標的にされたのがユダヤ人であった。画像は15世紀にまとめられた『ニュルンベルク年代記』の木版挿絵で、1338年に起きたバイエルン地方のデッゲンドルフでの「聖餅󠄀冒瀆」の罪により、生きながら火炙りにされたユダヤ人たちが描かれている。 カルマル同盟。デンマーク摂政(事実上の女王)マルグレーテ1世がデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの三国を統合した。画像はロスキレ大聖堂に安置されたマルグレーテの石棺。 七選帝侯。神聖ローマ帝国では諸侯の分権化が強く選帝侯を味方につけることで帝権は維持された。やがてこの選出方法は金印勅書で法制化されることになる。 原初同盟は14世紀にはハプスブルク家との戦いに勝利し自立への道を踏み固めていった。画像は1315年のモルガルテンの戦いを描いたもの。 アヴィニョン教皇宮殿の正面入り口。 ダンテとベアトリーチェ。ダンテは地獄・煉獄・天国をまわる壮大な『神曲』を書いた詩人。画像は19世紀のヘンリー・ホリデーによるもの(ウォーカー・アート・ギャラリー蔵)。 シエナ。この街は黒死病の被害の影響が大きかったため景観が変化せず中世都市の面影を強く残した街となっている。画像はアンブロージョ・ロレンツェッティによるシエナのプブリコ宮殿(現シエナ市役所)九頭の間の壁画「善政の効果」。 セルビア人の帝国。ネマニッチ朝のステファン・ウロシュ4世ドゥシャンは東ローマ帝国を抑えバルカン最強の国家を樹立した。画像はウロシュ4世により創建されたコソボのデチャニ修道院にあるネマニッチ一族の系譜を描いたフレスコ画。 Codex Mendoza」。 後醍醐天皇。鎌倉幕府を亡ぼし建武の新政を行ったが、政権崩壊後には逃れて吉野に南朝を立てた。画像は清浄光寺所蔵の肖像画。 足利義満。室町幕府3代将軍で南北朝の統一を行い、将軍位を息子義持に譲ってからも法体で実際の政治を握っていた。画像は鹿苑寺所蔵の肖像画。 西アフリカのマリ王国の王マンサ・ムーサ。イスラム教徒としてメッカに巡礼に向かう旅路で黄金を惜しみなく使った逸話で知られる。 Baptistère de Saint Louis」。フランス歴代国王が実際に用いた洗礼盤だが、聖王ルイの時代より正確には半世紀ほど後のもので、マムルーク朝時代のエジプトまたはシリアで作られたイスラム工芸を代表する名品。現在はルーヴル美術館が所蔵している。 歴史家ラシードゥッディーン。その当時の知られていた世界の歴史を『集史』としてまとめ上げた。画像は彼が仕えたイル・ハン国の君主ガザンとオルジェイトゥの兄弟を描いた『集史』の挿絵。 草原の英雄ティムール。モンゴル帝国の分裂後の中央アジア・西アジアはティムールによって統一された。画像は1370年のバルフ包囲戦を描いたホーンダミール『清浄園』の16世紀の写本の挿絵。 ハンピ)のヴィルーパークシャ寺院。 チベット仏教の改革者ツォンカパ。綱紀粛正に努め左道密教を退けて現在のダライラマに連なるゲルク派(黄帽派)を大成した。 青花の誕生。元朝後期に西アジア産のコバルト顔料を用いて白磁に紋様を描く青花(染付)の技法が開発された。画像はこの世紀に造られた「青花魚藻文壺(ブルックリン美術館蔵)」。 明の洪武帝朱元璋。モンゴル人の元朝を北方に追いやり、漢民族の王朝を復興した。画像は洪武帝の肖像画(台北国立故宮博物院蔵)。 14世紀(じゅうよんせいき)は、西暦1301年から西暦1400年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ハノーファーと14世紀 · 続きを見る »

1529年

記載なし。

新しい!!: ハノーファーと1529年 · 続きを見る »

1636年

記載なし。

新しい!!: ハノーファーと1636年 · 続きを見る »

1692年

記載なし。

新しい!!: ハノーファーと1692年 · 続きを見る »

1714年

記載なし。

新しい!!: ハノーファーと1714年 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ハノーファーと18世紀 · 続きを見る »

1918年

記載なし。

新しい!!: ハノーファーと1918年 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ハノーファーと19世紀 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: ハノーファーと2004年 · 続きを見る »

2006 FIFAワールドカップ

2006 FIFAワールドカップ(2006 FIFA World Cup)は、2006年6月9日から7月9日にかけて、ドイツで開催された第18回目のFIFAワールドカップ。ドイツでの開催は1974年の西ドイツ大会から32年ぶりで、ヨーロッパでの開催は10度目。理事による決選投票では、ドイツ12票に対して、次点の南アフリカは11票と接戦だった。 優勝トロフィーは、3代目になる。地球を2人の人間が支えるデザインで、2代目の大陸と日本が陸続きになっていたのが正確に修正された。高さ36.8cm、重さ6175g。前大会までは、優勝国が次の大会まで管理していたが、今大会からは表彰式直後にFIFAによって回収・保管されることになり、優勝国にはレプリカが贈られることになった。.

新しい!!: ハノーファーと2006 FIFAワールドカップ · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ハノーバーハノーヴァー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »