ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ハシボソミズナギドリ

索引 ハシボソミズナギドリ

ハシボソミズナギドリ(嘴細水薙鳥、学名:Puffinus tenuirostris)は、ミズナギドリ目-ミズナギドリ科に分類される鳥類の一種。 最も長距離の渡りをする鳥の一つとして知られ、1年のうちに累計距離にして約32,000kmを移動する(距離の比較資料:1 E7 m)。.

45 関係: 南半球大泰司紀之太平洋学名孵化岩波書店平凡社北半球北アメリカ北極海ミズナギドリ科ミズナギドリ目バス海峡ベーリング海アホウドリイカオーストラリアオオカバマダラオキアミカモメ科キョクアジサシコンラート・ヤコブ・テミンクコウノトリ目シブリー・アールキスト鳥類分類タスマニア州繁殖行動羽毛翼幅製剤飛翔魚類鳥類渡り昆虫文一総合出版日本1 E7 m1835年2000年2007年8

南半球

'''南半球'''(黄色に塗られた範囲) '''南半球''' 円周が赤道に相当する 南半球(みなみはんきゅう)とは、地球を含む惑星上などで赤道より南の部分を指す。以下、特に断らないかぎり地球の南半球について述べる。 南半球には、南アメリカ大陸の約6/7、アフリカ大陸の半分未満、オーストラリア大陸、南極大陸がある。六大州としては、南アメリカ、オセアニア、アフリカがある。地球上の陸地面積のうち、32.4%(4861万平方km)を南半球が占める。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと南半球 · 続きを見る »

大泰司紀之

大泰司 紀之(おおたいし のりゆき、1940年 - )は日本の哺乳類学者。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと大泰司紀之 · 続きを見る »

太平洋

太平洋(たいへいよう)は、アジア(あるいはユーラシア)、オーストラリア、南極、南北アメリカの各大陸に囲まれる、世界最大の海洋。大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。日本列島も太平洋の周縁部に位置する。面積は約1億5,555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと太平洋 · 続きを見る »

学名

学名(がくめい、)は生物学(かつては博物学)的な手続きにもとづき、世界共通で生物の種および分類に付けられる名称。英語では二名法による名称という意味で 、あるいは科学的な名称という意味で という。命名には一定の規則があり、ラテン語として表記される。この規則は、それぞれの生物分野の命名規約により取り決められている。動物には「国際動物命名規約」があり、藻類・菌類と植物には「国際藻類・菌類・植物命名規約」が、細菌には「国際細菌命名規約」がある。日本語独自の和名(標準和名)などと異なり、全世界で通用し、属以下の名を重複使用しない規約により、一つの種に対し有効な学名は一つだけである。ただし、過去に誤って複数回記載されていたり、記載後の分類の変更などによって、複数の学名が存在する場合、どの学名を有効とみなすかは研究者によって見解が異なる場合も多い。 種の学名、すなわち種名は属名+種小名(細菌では属名+種形容語)で構成される。この表し方を二名法という。二名法は「分類学の父」と呼ばれるリンネ(Carl von Linné, ラテン語名 カロルス・リンナエウス Carolus Linnaeus, 1702 - 1778)によって体系化された。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと学名 · 続きを見る »

孵化

孵化(ふか)とは、動物の卵が孵ること。具体的には、卵から新しい個体が脱出してくることである。英語かな書きでハッチング(Hatching)ともいう。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと孵化 · 続きを見る »

岩波書店

株式会社岩波書店(いわなみしょてん、Iwanami Shoten, Publishers. )は、日本の出版社。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと岩波書店 · 続きを見る »

平凡社

株式会社平凡社(へいぼんしゃ)は、日本の出版社。百科事典の出版社として有名で、多様な一般書のほか岩波書店、筑摩書房と並んで学術・教養性の強い出版物を多く刊行する。現在も継続刊行中の東洋文庫(1963年創刊)、『別冊 太陽』(1972年創刊)などは歴史が古い。社名の「平」の字は、厳密には二つの点が末広がりになった旧字体「」を用いる(大正末期創業のため)。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと平凡社 · 続きを見る »

北半球

北半球(黄色に塗られた範囲) 北半球 円周が赤道に相当する 北半球(きたはんきゅう)とは、天体を赤道で二分したとき、北側に相当する部分を指す。以下、特に断らない限り地球の北半球について述べる。 大陸のうちユーラシア大陸・北アメリカ大陸のほか、アフリカ大陸の1/2以上、南アメリカ大陸の約1/7が北半球に含まれる。六大州としてはアジア・ヨーロッパ・北アメリカの全域が北半球に位置する。海洋の分布では、太平洋・大西洋・インド洋の一部、および北極海・地中海・メキシコ湾・東シナ海などの付属海を含む。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと北半球 · 続きを見る »

北アメリカ

北アメリカ(きたアメリカ、North America、América del Norte、Amérique du Nord)は、アメリカ(米州)の北半の、北アメリカ大陸を中心とした地域である。六大州の1つ。漢字では北米(ほくべい)と表す。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと北アメリカ · 続きを見る »

北極海

北極海(濃い青の部分) 北極海(ほっきょくかい、英:Arctic Ocean、羅:Oceanus Arcticusオーケアヌス・アルクティクス)は、ユーラシア大陸、グリーンランド、北アメリカ大陸などによって囲まれた海。国別で言うとアメリカ、ロシア、カナダ、デンマーク、ノルウェーの5カ国に囲まれている。北極点は北極海内にある。北氷洋(ほっぴょうよう)、北極洋(ほっきょくよう)とも呼ばれる。国際水路機関 (IHO) は北極海を大洋と認定しているが、海洋学では大西洋の一部をなす地中海と見なされる。これは北極海の海水循環が、塩分濃度差と温度差に支配され、大西洋に従属しているためである。先住民のイヌイットが生活の場としてきたところである。 高緯度に存在するため、北極点周辺は一年中、その他も冬になると氷に覆われる。ただしノルウェー沖は暖かい大西洋の海水が流れ込むので凍結しない。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと北極海 · 続きを見る »

ミズナギドリ科

ミズナギドリ科(みずなぎどりか、学名 )は、鳥類ミズナギドリ目の科である。 ミズナギドリ(水薙鳥)と総称される。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとミズナギドリ科 · 続きを見る »

ミズナギドリ目

ミズナギドリ目(ミズナギドリもく、水薙鳥目、学名 )は、現生鳥類の一目である。 巧みに飛翔する海鳥グループである。始新世中期ルテシアンに登場し、現在も繁栄している。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとミズナギドリ目 · 続きを見る »

バス海峡

バス海峡 (Bass Strait) はオーストラリアとタスマニア島との間の海峡。1798年、マシュー・フリンダースにより発見された。フリンダースは彼の船の船医ジョージ・バスにちなんで名付けた。幅は最狭部で約240km、50mの深長で、前氷河期にはほとんど水はなかった。 海峡の中にはキング島やフリンダース島など多くの島がある。他のタスマニア近海と同様、また浅い深長のために、海は非常に荒れており、19世紀には多くの船が遭難した。1859年にウィルソン岬灯台が完成した。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとバス海峡 · 続きを見る »

ベーリング海

ベーリング海(ベーリングかい、Bering Sea)は、カムチャツカ半島とチュコト半島、スワード半島、アラスカ本土、アラスカ半島、アリューシャン列島に囲まれた太平洋最北部の海。 セントローレンス島、ヌニヴァク島、プリビロフ諸島などの島があり、ベーリング海峡で北極海に繋がる。面積は231万km2。都市は、アメリカ側のアラスカ州にはノームなどが、ロシア側のチュクチ自治管区にはアナディリがある。ベーリング海内の湾には、ロシア側のアナディリ湾、アメリカ側のブリストル湾、ノートン湾などがある。 サケやカニなどの好漁場として知られているが、波は荒々しく、日本近海と同じく難破・遭難などが多い、危険な海である。 ヨーロッパ人として初めてユーラシア大陸とアメリカ大陸が海により分断されていることを発見した、ヴィトゥス・ベーリングにちなんで名づけられた。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとベーリング海 · 続きを見る »

アホウドリ

アホウドリ(信天翁『広辞苑 第5版』、岩波書店、阿房鳥、阿呆鳥安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、36-37頁。フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.36 1988年 永岡書店、Phoebastria albatrus)は、ミズナギドリ目アホウドリ科アホウドリ属に分類される鳥類。信天翁の漢字を音読みにして、「しんてんおう」とも呼ばれる。尖閣諸島の久場島にはこの名にちなんだ「信天山」という山がある。長崎県で古くから呼ばれているオキノタユウ(沖の太夫、沖にすむ大きくて美しい鳥)に改名しようとする動きもある。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとアホウドリ · 続きを見る »

イカ

漏斗 2-触腕 3-口 4-ひれ(えんぺら) 5-腕 6-頭 7-外套膜 イカ(烏賊・鰞・柔魚、英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) とされる。十腕目 ・ とも。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとイカ · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとオーストラリア · 続きを見る »

オオカバマダラ

バマダラ(大樺斑・学名Danaus plexippus )は、チョウ目・タテハチョウ科・マダラチョウ亜科に分類されるチョウの一種。北アメリカでは渡り鳥のように渡りをするチョウとして有名。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとオオカバマダラ · 続きを見る »

オキアミ

アミ(沖醤蝦、krill)は、軟甲綱 真軟甲亜綱 ホンエビ上目 オキアミ目に属する甲殻類の総称。形態はエビに似るが、胸肢の付け根に鰓が露出することなどで区別できる。プランクトン生活をおくる。体長3~6cm。 日本で販売されているのは、三陸沖などで漁獲されるツノナシオキアミ と、南極海に生息するナンキョクオキアミである。 後者はヒゲクジラ類の主要な餌料である。 「アミエビ」の名で塩辛などの食品として売られているものは、本種ではなく、名称の似たエビの一種である「アキアミ」である。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとオキアミ · 続きを見る »

カモメ科

モメ科(カモメか、学名 )は、鳥類チドリ目の科である。分類によってはカモメ上科 とも。カモメ類、アジサシ類などを含む。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとカモメ科 · 続きを見る »

キョクアジサシ

ョクアジサシ(極鯵刺、学名:Sterna paradisaea)は、チドリ目-カモメ科に分類される鳥類の一種(種)。 最も長距離の渡りをする鳥の一つとして知られ、1年のうちに北極圏と南極圏の間を往き来する。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとキョクアジサシ · 続きを見る »

コンラート・ヤコブ・テミンク

ンラート・ヤコブ・テミンク(Coenraad Jacob Temminck, 1778年3月31日 - 1858年1月30日)は、オランダの貴族であり、動物学者・鳥類学者である。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとコンラート・ヤコブ・テミンク · 続きを見る »

コウノトリ目

ウノトリ目(コウノトリもく、学名:)は、鳥類の1目である。 かつては数科が属したが、単系統ではなかったため、近年の分類ではコウノトリ科のみを残してペリカン目に移される。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとコウノトリ目 · 続きを見る »

シブリー・アールキスト鳥類分類

ブリー・アールキスト鳥類分類(シブリー・アールキストちょうるいぶんるい、鳥類分類)は、1990年前後に チャールズ・シブリー、ジョン・アールクィスト、バート・L・モンローによって発表された鳥類の分類体系である。 骨格などの形態データーを元に行われていた従来の分類方法とは大きく異なり、DNA-DNA分子交雑法という分子生物学的手法を初めて導入し、鳥類全体を同一の基準で包括的に分類した唯一の分類体系であるが、後述のようにさまざまな問題が指摘され、広く受け入れられることはなかった。 2008年には、遺伝子の分子解析により、新たな系統樹が見出された。これは、シブリー・アールキスト鳥類分類とは大きく異なるが、特に問題もないようなので、かなり受け入れられている。ただし公的に標準の位置を占めるには、まだ時期尚早であるようだ。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとシブリー・アールキスト鳥類分類 · 続きを見る »

タスマニア州

タスマニア州(Tasmania 、略号:TAS)は、オーストラリアの州の1つである。オーストラリア本土の南方海上に位置しており、州都は島内における最大の都市であるホバートである。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリとタスマニア州 · 続きを見る »

繁殖行動

繁殖行動(はんしょくこうどう、reproductive behavior)とは、動物の行動のうち、自分の子を残す機能を持つものを指す。英語では「繁殖」を "reproductive behavior" と表すが、名詞化した "reproduction" は、人の場合は「生殖」という表現をする。 繁殖行動は、配偶相手を探し関係を持つことを確認する求愛行動(きゅうあいこうどう)、配偶子のやりとりを行う配偶行動(はいぐうこうい)、生まれた子を育て守るための保育行動(ほいくこうどう)などに区別することができる。 多くの動物には繁殖期という、繁殖行動が頻繁化する一定の時期があり、繁殖への準備ができている状態を発情という。発情は季節の変化を刺激として起こる場合、異性個体の接近や仕草など社会行動を通して起きる場合に分けられる。人間の発情はおおむね後者に含まれる。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと繁殖行動 · 続きを見る »

羽毛

羽毛(うもう)とは、.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと羽毛 · 続きを見る »

メの翼。揚力を発生させる構造を見ることが出来る 翼(つばさ)は、鳥や航空機などの飛翔体が備え、空気中での飛行のために使用される構造。さらに広義の用法もある。文脈によっては「ヨク」とも読む。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと翼 · 続きを見る »

翼幅

A と B の間隔が翼幅(エアバスA320) 翼幅(よくふく、wingspan, span)は、固定翼航空機左端と右端との距離のこと。例えばボーイング777はおよそ60 mの翼幅を持つ。 翼長(よくちょう)ともいう。また「翼幅」は日常語では「よくはば」と読まれる場合もある。英語のままスパンあるいはウィングスパンと呼ばれることもある。 鳥類学では「翼幅」という用語は用いず、翼開長または翼開張(wing span)という。また鳥類学で、翼長(よくちょう)(wing length)は、翼角(手首の関節)から最長の初列風切の先端までの長さを指すので注意が必要である。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと翼幅 · 続きを見る »

製剤

製剤(せいざい、formulation)とは、医薬品や農薬などの有効成分に賦形剤などを加えて、使用するのに適当な形に製したもの、またはその工程をいう。使用方法、有効成分の吸収や安定性などを考慮してデザインされる。 本稿では特に断らない限りは医薬品の製剤について述べる。 リタリンの製剤.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと製剤 · 続きを見る »

飛翔

飛翔(ひしょう)あるいは飛行(ひこう)は、空中を進むこと、空中を移動することである。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと飛翔 · 続きを見る »

魚類

魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)。脳や網膜など神経系の発達にも関与するといわれている。流行歌のおさかな天国には「魚を食べると頭が良くなる」というフレーズがあるが、上記の健康影響を考えると無根拠とも言えない。 村落単位で見た生活習慣では、労働が激しく、魚又は大豆を十分にとり、野菜や海草を多食する地域は長寿村であり、米と塩の過剰摂取、魚の偏食の見られる地域は短命村が多いことが指摘されている。 魚介類の脂肪酸にて、魚介類100g中の主な脂肪酸について解説。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと魚類 · 続きを見る »

鳥類

鳥類(ちょうるい)とは、鳥綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱岩波生物学辞典 第4版、928頁。広辞苑 第五版、1751頁。に属する動物群の総称。日常語で鳥(とり)と呼ばれる動物である。 現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が現生する)体表が羽毛で覆われた恒温動物で、歯はなく、前肢が翼になって、飛翔のための適応が顕著であり、二足歩行を行う『鳥類学辞典』 (2004)、552-553頁。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと鳥類 · 続きを見る »

(メス、牝 female)は、雄と対比される動物の性別。主に人間以外の動物を指す際に使われ、人間の女性に相当する。動物の中で、子供や卵を産む方を言う。記号として、手鏡をかたどったギリシャ文字「♀」が使われる。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと雌 · 続きを見る »

(オス、牡 Male)は、雌と対比される動物の性別。主に人間以外の動物で使われ、人間の男性に相当する。動物の中で、精子を作り出す個体を言う。記号として、槍と盾をかたどった「♂」が使われる(男性器を表すというのは誤りである)。 雄の作る精子は、雌の作る卵に比べ、遙かに小さいので、それを作るエネルギーは格段に少ない。そのため、雌が卵を作る数に比べ、雄が精子を作る数は格段に多いのが通例である。つまり、雄の作る精子は、その大部分が無駄になる定めである。反面、変異がおきやすい。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと雄 · 続きを見る »

渡り

渡り(わたり、Migration)は、生物がその生息地を移動すること。その移動が周期的に規則正しく、主に季節的に陸上あるいは空中を移動する現象を渡りという。水中の生物の移動は一般に回遊と呼ばれている。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと渡り · 続きを見る »

昆虫

昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱(学名: )の総称である。昆虫類という言葉もあるが、多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚虫を昆虫綱に含めていたが、分類体系が見直され、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかが除外されることが多い。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば、半分以上は昆虫である。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと昆虫 · 続きを見る »

海(うみ)は、地球の地殻表面のうち陸地以外の部分で、海水に満たされた、一つながりの水域である。海洋とも言う。 海 海は地表の70.8%を占め、面積は約3億6106万km2で、陸地(約1億4889万km2)の2.42倍である。平均的な深さは3729m。海水の総量は約13億4993万立方キロメートルにのぼる理科年表地学部。ほとんどの海面は大気に露出しているが、極地の一部では海水は氷(海氷や棚氷)の下にある。 陸地の一部にも、川や湖沼、人工の貯水施設といった水面がある。これらは河口や砂州の切れ目、水路で海とつながっていたり、淡水でなく塩水を湛えた塩湖であったりしても、海には含めない。 海は微生物から大型の魚類やクジラ、海獣まで膨大な種類・数の生物が棲息する。水循環や漁業により、人類を含めた陸上の生き物を支える役割も果たしている。 天体の表面を覆う液体の層のことを「海」と呼ぶこともある。以下では主に、地球の海について述べる。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと海 · 続きを見る »

文一総合出版

文一総合出版(ぶんいちそうごうしゅっぱん)は日本の出版社。野鳥観察専門雑誌、生物図鑑、自然写真集、電気事業に関係する法令書などを出版している。 1959年、株式会社 文一出版を創立。1976年、株式会社 総合図書との合併により社名を「株式会社 文一総合出版」に改称。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと文一総合出版 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと日本 · 続きを見る »

1 E7 m

1 E7 mは、107 m - 108 m(1万 km - 10万 km)の長さのリスト。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと1 E7 m · 続きを見る »

1835年

記載なし。

新しい!!: ハシボソミズナギドリと1835年 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと2000年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと2007年 · 続きを見る »

8

八」の筆順 8(八、はち、は、ぱ、や)は、自然数または整数において、7 の次で 9 の前の数である。ラテン語では octo(オクトー)。.

新しい!!: ハシボソミズナギドリと8 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »