ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ハシディズム

索引 ハシディズム

ハシディズム(ドイツ語:Chassidismus、英語:Hasidism, Hasidic Judaism、ヘブライ語:חֲסִידוּת, Chasidut, chǎsīdhūth、アシュケナジム式ヘブライ語:chasidu(i,e)s)とは、有徳で思いやりのある行動であることを意味するヘブライ語「ヘーセド chesed חסד "loving kindness"」に起源を持つ「敬虔な者 pious」(ハーシード chāsīdh, chosid)という言葉に由来する、超正統派(ハレディーム、חרדים - Haredim)のユダヤ教運動のこと。 18世紀にバアル・シェム・トーヴが開始したとされる。敬虔主義運動とも訳される。ガリツィア地方がその中心であった。 ハシディズムの集会 少人数によるミクラー・ラビ文学の研究より、大勢による祈りを重視する。 最初から独自の典礼、独自のシナゴーグを発展させたが、ユダヤ教の主流から離れることはなかった。 神(絶対者)はすべての生命に内在するカバラ神学を持ている。.

23 関係: マルティン・ブーバーハシディズムの宮廷の一覧ユダヤ教ヘブライ語ヘブライ語聖書ツァッディークドイツ語アシュケナジム式ヘブライ語イディッシュ語イスラエル・ベン・エリエゼルカバラガリツィアシナゴーグシュルシュルレアリスムジューイッシュ・エンサイクロペディア内在超正統派 (ユダヤ教)英語敬虔敬虔主義18世紀

マルティン・ブーバー

マルティン・ブーバー マルティン・ブーバー(מרטין בובר, ラテン文字転写;Martin Buber, 1878年2月8日 - 1965年6月13日)はオーストリア出身のユダヤ系宗教哲学者、社会学者。 息子ラファエル・ブーバー (Rafael Buber) は作家マルガレーテ・ブーバー=ノイマンの夫。.

新しい!!: ハシディズムとマルティン・ブーバー · 続きを見る »

ハシディズムの宮廷の一覧

ハシディズムの宮廷の一覧() ハシディズムでは、ユダヤ教生活を送る共同体のことを王朝(宮廷)― イディッシュ語 : hoyf, hoyfn ホイフン、ヘブライ語 : chātzēr´, chótser ―という言葉を使う。 英語では court コート という。.

新しい!!: ハシディズムとハシディズムの宮廷の一覧 · 続きを見る »

ユダヤ教

ダビデの星 ユダヤ教(ユダヤきょう、יהדות)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる。.

新しい!!: ハシディズムとユダヤ教 · 続きを見る »

ヘブライ語

ヘブライ語(ヘブライご、עברית, Ivrit, Lingua Hebraea)は、アフロ・アジア語族のセム語派に属する北西セム語の一つ。ヘブル語とも呼ばれる。.

新しい!!: ハシディズムとヘブライ語 · 続きを見る »

ヘブライ語聖書

ヘブライ語聖書(ヘブライごせいしょ、(תַּנַ"ךְ、תּוֹרָה, נביאים ו(־)כתובים)) とは、ユダヤの「聖書」。タナハ、ミクラー。聖書ヘブライ語 (Biblical Hebrew) で書かれており、ユダヤ教の「聖書正典」である。 最初の5書(חֻמָשׁ, Pentateuch, 狭義の「トーラー」)とタナフ全体(トーラー、תּוֹרָה)は、「成文トーラー、成文律法(תּוֹרָה שֶׁ(־)בִּכְתָב, Written Torah, Written Law)」として、口伝トーラー(תּוֹרָה שֶׁ(־)בְּעַל־פֶּה, Oral Law)と主に「二重のトーラー (Dual Torah)」の一部とされる。「トーラー(תּוֹרָה)」は教え、指図、理論、学説の意味であり、算術(תּוֹרַת הַ(־)חֶשְׁבּוֹן)、論理学(תּוֹרַת הַ(־)הִגָּיוֹן)、認識論(תּוֹרַת הַ(־)הַכָּרָה)、のように一般名詞としてもつかわれる。口伝トーラーは「タルムード(「学び」)」の代名詞となった。 最初の5書は「フンマーシュ(Chumash(חֻמָשׁ), キリスト教的なニュアンスを含む用語では「五書 Pentateuch, モーセ五書 Five Books of Moses(חֲמִשָּׁה חֻמְשֵׁי תוֹרה))」である(特に日本語訳の「聖書(ביבליה)」自体がすでにキリスト教的ニュアンスを含んでいる)。本来のヘブライ語での「聖(קֹדֶשׁ, קָדוֹשׁ, קִדּוּשׁ)」とは特別な、特殊な、他と違う、献呈された、献納された、捧げられた、費やされた、といった意味である。 タナフは本来セーフェルー・トーラー (Sefer Torah) として巻物の形であった。 なお、「旧約聖書(Old Testament, הברית הישנה)」というのはキリスト教徒や彼らの影響を受けた異教徒の呼び方、考え方であり、ユダヤ教、つまりユダヤ人はキリスト教徒の言う「新約聖書」を認めないため(「古い契約」とも考えないため)、旧約聖書とは呼ばれない。.

新しい!!: ハシディズムとヘブライ語聖書 · 続きを見る »

ツァッディーク

+ ツァッディーク( tzaddīq)はハシディズムの指導者の称号。 レベとほぼ同義。.

新しい!!: ハシディズムとツァッディーク · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: ハシディズムとドイツ語 · 続きを見る »

アシュケナジム式ヘブライ語

アシュケナジム式ヘブライ語とは、ヘブライ語の発音方式の1つ。アシュケナジー系ユダヤ人が礼拝などでヘブライ語聖書やミシュナーを朗読する際に用いられ、音韻はイディッシュ語や様々なスラヴ語との接触により影響を受けている。今日では、イスラエルにおいて日常的に使用されている現代ヘブライ語とは別の、宗教上の発音方式として生き残っている。.

新しい!!: ハシディズムとアシュケナジム式ヘブライ語 · 続きを見る »

イディッシュ語

イディッシュ語(ייִדיש、Jiddisch、Yiddish、ייִדיש)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派のうち西ゲルマン語群に属する高地ドイツ語(標準ドイツ語)の一つで、世界中で400万人のアシュケナージ系・ユダヤ人によって使用されている。イーディッシュ語とも表記される。.

新しい!!: ハシディズムとイディッシュ語 · 続きを見る »

イスラエル・ベン・エリエゼル

ラビ(レベ)・イスラエル・ベン・エリエゼル(Rebbe(rabbi) Yisroel ben Eliezer, ישראל בן אליעזר、(Yiśrā’ēl bēn ’El‘āzâr), 1700年頃 ガリチア東端(現ウクライナ・テルノピリ州の廃墟)・ホティン近郊聖三位一体砦 Okopy Świętej Trójcy - 1760年5月22日 ガリチア・ミェンヅィブシュ Międzyborz)はハシディズムの創始者とされる、汎神論的な立場を取ったユダヤ教思想家。バアル・シェム・トーブ(הבעל שם טובBa‘al Šem T‘ōbh)の名で活躍し、略称はהבעש"טベシュト()。.

新しい!!: ハシディズムとイスラエル・ベン・エリエゼル · 続きを見る »

カバラ

バラ(קַבָּלָה qabbalah, Kabbala, Cabbala)、カバラーとは、ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想である。独特の宇宙観を持っていることから、しばしば仏教の神秘思想である密教との類似性を指摘されることがある。 カバラはヘブライ語の動詞キッベール「受け入れる」「伝承する」の名詞形で、「受け入れ」「伝承」を意味する。カバラが登場する以前のゲオーニーム時代には、単に口伝律法を指す言葉として用いられた。したがって、その後ユダヤ教神秘主義を指す呼称となった際にも、個人が独自に体得した神秘思想というよりは、神から伝授された知恵、あるいは師が弟子に伝承した神秘という意味で用いられることになる。 カバラはユダヤ教の伝統に忠実な側面を持とうとしたという点において、他の宗教の神秘主義とは異なる。本来のカバラは、ユダヤ教の律法を遵守すること、あるいは神から律法の真意を学ぶことを目的とした。したがって、正統的なユダヤ教との親和性を持っていた時期もあったため、必ずしも秘教的な神秘思想とは言えない。しかし、キリスト教の神秘家に採り入れられるようになると、ユダヤ教の伝統からは乖離した極めて個人的な神秘体験の追究の手段として用いられることになる。.

新しい!!: ハシディズムとカバラ · 続きを見る »

ガリツィア

リツィア(ウクライナ語: Галичина、ハルィチナー)は、現在のウクライナ南西部を中心とした地域である。18世紀末からポーランド最南部も含まれることもある。住民は主にウクライナ人で、西部にはポーランド人も住んでいる。紅ルーシとも呼ばれた。現代では、東欧に跨る地域となっている。 「ガリツィア」という名称は、ラテン語化されたウクライナ語の「ハルィチナー」という名前に由来する。「ハルィチナー」は「ハールィチの国」または「ハールィチの土地」といった意味で、にあるハールィチという町名を起源としている。.

新しい!!: ハシディズムとガリツィア · 続きを見る »

シナゴーグ

ナゴーグ シナゴーグ(、、synagogue、Synagoge、synagoge、zsinagóga)とは、ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂のことである。聖書には「会堂」の名で登場し、ユダヤ教会と俗称されることもある。キリスト教の教会の前身であるが、役割はやや異なる。 もともとは聖書の朗読と解説を行う集会所であった。 現在では祈りの場であると同時に、各地のディアスポラのユダヤ人の礼拝や結婚、教育の場となり、また文化行事などを行うコミュニティーの中心的存在ともなっている。 エルサレム神殿破壊後はユダヤ教の宗教生活の中心となる。 ディアスポラ民族主義者や改革派は「神殿」という言葉を用いることがあるが、正統派の中にはこういった「擬似神殿」の敷居を跨ぐことを拒否するものもいる。 ディアスポラの地では改革派から超正統派までディアスポラの立場を取る者たちなどによって守られているが、イスラエルへの移住によって無人のシナゴーグ も多く出てきている。.

新しい!!: ハシディズムとシナゴーグ · 続きを見る »

シュル

ュル.

新しい!!: ハシディズムとシュル · 続きを見る »

シュルレアリスム

ュルレアリスム(surréalisme、surrealism)は、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱した思想活動。一般的には芸術の形態、主張の一つとして理解されている。日本語で超現実主義と訳されている。シュルレアリスムの芸術家をシュルレアリスト(surréaliste)と呼ぶ。 日本ではフランス語と英語の発音が混同され「シュールレアリスム」、「シュールリアリスム」、「シュールレアリズム」、「シュールリアリズム」、「シュルレアリズム」、「シュルリアリズム」、「シュルリアリスム」といったバリエーションがあり、日本語のカタカナ表記においては様々である。 「シュール」は「非現実的」「現実離れ」の意味によく使われる。1970年代前後に「シュール」が日本の広告媒体で頻繁に使用された例がある。いずれにせよシュルレアリスム自体とは意味が異なる。 上記のように、日本語のシュールの用法、または「超現実」という日本語訳によって現実と完全に隔離された非現実を表現することと誤解されることが多い。 シュルレアリスムという名詞自体は詩人ギョーム・アポリネールの作品から引用された造語の固有名詞である。.

新しい!!: ハシディズムとシュルレアリスム · 続きを見る »

ジューイッシュ・エンサイクロペディア

ューイッシュ・エンサイクロペディア (Jewish Encyclopedia) あるいは「ユダヤ百科事典」とは、1901年から1906年にかけて出版された、ユダヤの歴史、ユダヤ教、ユダヤ人等についての、英語で書かれた百科事典である。いにしえの時代から1901年の出版当時までの事柄について、15,000以上におよぶ記事を掲載。全12巻。ニューヨークにて Funk and Wagnalls 社より出版。現在、パブリック・ドメインの資料となっている。; ジューイッシュ・エンサイクロペディアの評価.

新しい!!: ハシディズムとジューイッシュ・エンサイクロペディア · 続きを見る »

内在

内在(ないざい、)とは、神学・形而上学において用いられる語彙・概念で、神(絶対者)が世界の中にいること。対義語は超越。.

新しい!!: ハシディズムと内在 · 続きを見る »

(かみ)は、信仰の対象として尊崇・畏怖  されるもの。 一般的には「古代ギリシア語:Θεός テオス、ラテン語:deus、Deus デウス、英:god、God」にあたる外来語の訳語として用いられるが、これらの意味と日本語における「神」は厳密には意味が異なるとされる。詳細は下記を参照。また、英語において、多神教の神々はGodではなく、頭文字を小文字にしてgod、複数形:gods、もしくはdeity、複数形:deitiesと区別する。.

新しい!!: ハシディズムと神 · 続きを見る »

超正統派 (ユダヤ教)

超正統派の信者黒い帽子に黒いスーツ・長い髭を伸ばすのは超正統派の特徴でもある。 超正統派、ハレーディー(ム)( Haredi または Charedi Judaism, ultra-Orthodox Judaism)とは、ユダヤ教の宗派の一部。ユダヤ教正統派の中でも、特に東部ヨーロッパに由来する伝統的な形態とその人々に対する通俗的な呼称。ヘブライ語では、単数形は「ハレーディー」であり、複数形は「ハレーディーム」である。ユダヤ教の最右派でイスラエル人口の10%近くが信仰しているとみられている。.

新しい!!: ハシディズムと超正統派 (ユダヤ教) · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: ハシディズムと英語 · 続きを見る »

敬虔

敬虔(けいけん、ὁσιότης, εὐσέβεια、pietas、piety)とは、古代ギリシア以来の西洋の徳目の1つであり、親や神々に対する忠誠心、崇敬心、孝心を意味する。 キリスト教で敬虔というと、信心を意味するプロテスタントの用語である。.

新しい!!: ハシディズムと敬虔 · 続きを見る »

敬虔主義

フィリップ・シュペーナー 敬虔主義(けいけんしゅぎ、Pietismus, Pietism)は、特定の教理を遵守することではなく、個人の敬虔な内面的心情に信仰の本質を見る信仰的立場を言う。この傾向はキリスト教史の中に幾度も見受けられるが、それが明確な運動として現れたのは、「敬虔主義の父」とも呼ばれるドイツのフィリップ・シュペーナーにおいてである。日本語においても、ドイツ語のピエティスムスや英語のパイエティズムという語がそのまま用いられることもある。.

新しい!!: ハシディズムと敬虔主義 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ハシディズムと18世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ハシディーム

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »