ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ノースストラドブローク島

索引 ノースストラドブローク島

250px NASA 衛星写真 ノースストラドブローク島(North Stradbroke Island)は、オーストラリア、クイーンズランド州都ブリスベンから東に30kmに位置する世界で2番目の面積をもつ砂島である。.

29 関係: 州都マンタハイキングモートン島モートン湾ブリスベンティーツリーフトモモ科フェリーホエールウォッチングアボリジニイルカウミガメオーストラリアカダヤシキロメートルクイーンズランド州シーカヤックジュゴンスクーバダイビングサーフィンサイクリング衛星画像鳴き砂釣り水上バス1896年

世界の島 島(とう、しま)は、大陸の面積より小さく、四方を海洋に囲まれた陸地である。.

新しい!!: ノースストラドブローク島と島 · 続きを見る »

州都

州都(しゅうと)は、州の首都のこと。州の政治上の中心都市であり、州政府または州の行政府(州庁)の所在地である。 州政府所在地(しゅうせいふしょざいち)、州庁所在地(しゅうちょうしょざいち)、州府(しゅうふ)ともいう。日本統治時代の台湾に置いた州の首都は、州庁所在地と呼ばれた。歴史上および現代の中国の州の首都は州府と呼ぶことが多い。 類例に省の首都である省都、道の首都である道都、県の首都である県都なども、同等の機能を持つ都市であることが多い。.

新しい!!: ノースストラドブローク島と州都 · 続きを見る »

マンタ

マンタ (Manta).

新しい!!: ノースストラドブローク島とマンタ · 続きを見る »

ハイキング

ハイキング(Hiking)は、健康のため、あるいは知らない土地を見聞したり、自然の風景や歴史的な景観を楽しむために軽装で、一定のコースや距離を歩くことをいう。ウォーキングともいい、近年は高齢者の健康維持(health promotion)のために推奨されている。小高い丘や山を越えたり、その中腹を横切るといったコースもあり、山歩きと一部その活動は重なる部分もある。なお、ハイキングをする人をハイカーという。 なお、食事が主な目的となる場合は、ハイキングではなくピクニックとなる。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とハイキング · 続きを見る »

モートン島

モートン島(Moreton Island)は、クイーンズランド州の州都ブリスベン東部のモートン湾にある砂の島で、面積の約98%がモートン島国立公園に指定されている。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とモートン島 · 続きを見る »

モートン湾

モートン湾(Moreton Bay)は、ブリスベン(クイーンズランド州、オーストラリア)東19kmに位置する湾。魚釣りの行楽地、港湾(ブリスベン港)として機能。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とモートン湾 · 続きを見る »

ブリスベン

ブリスベン(Brisbane)は、オーストラリア連邦クイーンズランド州南東部(サウス・イースト・クイーンズランド地域)に位置する州都。 シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市であり、オセアニア有数の世界都市。オーストラリア英語での発音は(ブリズベン)であるが、ここでは日本の外務省の表記にならった。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とブリスベン · 続きを見る »

ティーツリー

ティーツリー()は、フトモモ科の常緑植物、学名はMelaleuca alternifolia。ティートゥリー、ティートリー、メラレウカとも呼ばれる。精油のティーツリー油(、ティーツリーオイル)はこの植物から抽出される。ニュージーランドとオーストラリア南東部に生息する類似種・マヌカ(学名:Leptospermum scoparium)や(学名:Kunzea ericoides、通称・ホワイトティーツリー)もティーツリーとよばれることがある。精油の毒性試験や抗菌活性試験が行われているのはティーツリーのみであり、マヌカ、カヌカは成分組成に大きな違いがあるため、アロマテラピー(芳香療法、精油療法)で代用することはできないマリア・リス・バルチン 著 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子 松村康生 監訳、フレグランスジャーナル社、2011年。 なお、化粧品などに用いられるティーシードオイル(Tea seed oil)、ティーオイル(Tea oil)は、英語の名称が似ているが、ツバキ科の植物の種子から作られる油で、全くの別物である。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とティーツリー · 続きを見る »

フトモモ科

フトモモ科 (Myrtaceae) は双子葉植物に属する科で、すべて木本、3000種以上からなり、130–150属に分けられる。古くはテンニンカ科とも呼んだ。 大部分が世界の熱帯・亜熱帯に分布し、特に東南アジアからオーストラリアにかけてと南米に多い。日本ではアデクが亜熱帯地域(南西諸島や小笠原諸島)に自生し、小笠原諸島には固有のムニンフトモモとヒメフトモモがある。 利用価値のあるものとしては、ユーカリのほか、熱帯果樹のグアバ、レンブ、フトモモ、フェイジョア、ジャボチカバ、ピタンガなど、香辛料のチョウジ(クローブ)、オールスパイスなどのほか、鑑賞用に栽培されるギンバイカ(ミルテ)、ギョリュウバイ、テンニンカやブラシノキを含む。 精油を含み香りのよいものが多い。花は両性で放射相称。花弁は5または4枚、大きく美しいものもあるが、退化してなくなったものもある。長い雄蕊が多数あって、花弁よりむしろ目立つことが多い。葉は常緑で多くは全縁(縁に鋸歯がない)。子房下位で、果実はさく果または液果。 これまで果実の特徴にもとづいて2つの亜科、Leptospermoideae と Myrtoideae に分類されてきた。さく果をつける Leptospermoideae はユーカリ、ブラシノキ、ギョリュウバイなどを含み、特にオーストラリア付近に多く分布する。液果をつける Myrtoideae はギンバイカ(地中海沿岸原産)や、果樹・香辛料として利用される種類を含み、東南アジアと南米に多く分布する。ただし現在この分類は系統学的に再編されつつある。 File:Feijoa sellowiana edit.jpg|フェイジョアの花 画像:ARS HPSI41.jpg|グアバの実 画像:Wax apple1.jpg|レンブの実.

新しい!!: ノースストラドブローク島とフトモモ科 · 続きを見る »

フェリー

ダニエル・カサノバ (コルシカ・リネア) - マルセイユ(フランス) 新港第三突堤へ入港する「りつりん2」 世界最大のフェリー「カラー・ファンタジー」 en)。ヘルシンキのオリンピア埠頭にて撮影。 フェリー(ferry)とは、日常の交通手段として使われる(観光客専用ではない)客船・貨客船の事である。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とフェリー · 続きを見る »

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング(whale watching)は、鯨類やイルカ類を、自然の中で観察するという観光の一種。野鳥観察などと類似した趣味のひとつであり、また単に趣味というだけではなく、自然観察などの理科教育、環境教育の一環という位置づけも持つ。もっぱらイルカを目的とする場合には、イルカウォッチング(dolphin watching)と呼ぶ場合もある。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とホエールウォッチング · 続きを見る »

嵐(あらし)は、自然現象・気象のひとつである。強い雨を伴う暴風のことを指す。なお、正式な気象学の用語ではない。.

新しい!!: ノースストラドブローク島と嵐 · 続きを見る »

アボリジニ

アボリジニのダンサー ディジュリドゥを吹く男性 アーネムランドの芸術家 アボリジニの農民たち(1858年) アボリジニ(Aborigine)は、オーストラリア大陸と周辺島嶼(タスマニア島など。ニューギニアやニュージーランドなどは含まない)の先住民である。イギリスを中心とするヨーロッパ人たちによる植民地化の以前からオーストラリア大陸やその周辺諸島に居住していた先住民の子孫たちである。オーストラリア先住民という場合はトレス海峡諸島民を含む。 「アボリジニ」に差別的な響きが強いうえ、言語集団が分かれていたオーストラリア先住民の多様性への配慮から、近年のオーストラリアでは呼称としてほとんど使われなくなった。代わりに現在ではアボリジナル、アボリジナル・ピープル、アボリジナル・オーストラリアン(Aboriginal Australians)またはオーストラリア先住民(オーストラリアせんじゅうみん、Indigenous Australians)という表現が一般化しつつある。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とアボリジニ · 続きを見る »

イルカ

イルカ(海豚、鯆)は、哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目に属する種の内、比較的小型の種の総称(なお、この区別は分類上においては明確なものではない)。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とイルカ · 続きを見る »

ウミガメ

ウミガメ上陸跡 ウミガメ ウミガメ(海亀)は、カメ目ウミガメ上科(ウミガメじょうか、Chelonioidea)に分類される構成種の総称。現生種は2科・6属・7種が知られる。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とウミガメ · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とオーストラリア · 続きを見る »

カダヤシ

ダヤシ(蚊絶やし、学名:Gambusia affinis)は、カダヤシ目・カダヤシ亜目・カダヤシ科・カダヤシ亜科に分類される魚の一種。北アメリカ原産で、日本でも外来種として分布を広げている。 英名は Mosquitofish または Topminnow で、日本でもタップミノー、またはアメリカメダカといった別名がある。蚊の幼虫であるボウフラを捕食する(蚊絶やしする)ことが、和名や英名の由来となっている。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とカダヤシ · 続きを見る »

キロメートル

メートル(kilometre、米国のみ1977年以降 kilometer、記号:km)は、国際単位系 (SI) の長さの単位で、1000 メートルに等しい。 km の記号は、長さのSI基本単位であるメートル m に 103 倍を表すSI接頭辞であるキロ k を付けたものである。 ヘクトメートル ≪ キロメートル ≪ メガメートル.

新しい!!: ノースストラドブローク島とキロメートル · 続きを見る »

クイーンズランド州

イーンズランド州(Queensland、略号:QLD)は、オーストラリア連邦北東部の州。オーストラリアで2番目に面積の大きな州で、オーストラリア大陸の4分の1を占め、その総面積は170万平方キロに達する。州都はブリスベン。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とクイーンズランド州 · 続きを見る »

シーカヤック

シーカヤックは、海で使うことを考慮し、波・風・潮流等に影響されにくいデザインを持つカヤック。 起源はグリーンランドやアリューシャン列島で使われていた、骨(木)組みに皮を張った小舟。狩猟や長距離の移動用。これを改良してファルトボートが作られ、川用ファルトボートに発展し、更にリジッドタイプの川用カヤックへと進化してきた。 Category:カヤック.

新しい!!: ノースストラドブローク島とシーカヤック · 続きを見る »

ジュゴン

ュゴン(儒艮、Dugong dugon)は、カイギュウ目ジュゴン科ジュゴン属に分類される哺乳類。本種のみでジュゴン属を構成し、現生種では本種のみでジュゴン科を構成する。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とジュゴン · 続きを見る »

スクーバダイビング

ーバを用いた潜水 スクーバダイビング、スキューバダイビング(scuba diving)とは、空気を詰めたタンクを使ってのダイビング(潜水)である。これに対して息をこらえて行う潜水をフリーダイビング、地上からホースで空気を供給する潜水を送気式潜水(フーカー潜水)と呼ぶ。日本にはアメリカのアクアラング社 (Aqua Lung) が紹介し、一時期は社名「アクアラング」がスクーバダイビングの意味で使われることも多かった。なお、本記事では特に断らない限り、「ダイビング」を「スクーバダイビング」の意味で使用する。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とスクーバダイビング · 続きを見る »

サーフィン

ーフィン(surfing, surfin')は、ウォータースポーツの一つ。波乗り(なみのり)ともいう。サーフボードの上に立ち、波が形成する斜面を滑走する。 サーフィンをする人のことをサーファー(surfer)と言う。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とサーフィン · 続きを見る »

サイクリング

thumb サイクリング(英:cycling)は自転車に乗ること、自転車の利用全般をいう言葉である。英語のCyclingや諸言語でこれに相当する単語の多くは自転車競技をも意味する。日本語では特にレクリエーション、スポーツとして自転車に乗り陸上を移動することを指し、本項ではこれについて詳述する。.

新しい!!: ノースストラドブローク島とサイクリング · 続きを見る »

衛星画像

衛星画像の例(ランドサットによる東京湾・トゥルーカラー画像) 衛星画像(えいせいがぞう)とは、地球観測衛星に搭載されるセンサの観測データを画像化したものである。 なお、観測データの画像化には地球の自転による誤差を補正する必要があり、画像に利用する光(電磁波)の波長帯(バンド)によって種類がある。インターネットの衛星画像配信では、広域にナチュナルカラー合成画像を使用し、詳細部にトゥルーカラー合成画像を使用する傾向がある。.

新しい!!: ノースストラドブローク島と衛星画像 · 続きを見る »

鳴き砂

き砂(なきすな),鳴り砂とは、砂の上を歩くとキュッと鳴る砂をいう。地域によっては「なりすな」とも呼ばれ、鳴り砂、泣き砂と表記している。島根県の琴ヶ浜のある馬路では昔から「鳴り砂」と表記し看板などに使用されている。一時期「鳴き砂」とした時があったが、また昔の表記に変わった。鳴砂は、2007年に「全国鳴き砂(鳴り砂)ネットワーク」が決定した統一表記法である(#「なき砂」か「なり砂」か参照)。.

新しい!!: ノースストラドブローク島と鳴き砂 · 続きを見る »

釣り

海釣り 釣り(つり)あるいは魚釣り(さかなつり)とは、釣り針、釣り糸、釣り竿などの道具と餌や疑似餌を使って、魚介類などの生物を採捕する行為、方法のことである。 英語では Angling、あるいは Pole fishing などとされる。.

新しい!!: ノースストラドブローク島と釣り · 続きを見る »

水上バス

水上バス(すいじょうバス)とは、河川及び港湾地域を運航する定期航路およびその航路を運航する船舶を指す。複数地点間を往復するものが多いが、定期に一地点から出発して巡航する観光航路を指すこともある。 狭い距離の対岸同士の2点間のみを結ぶ、公共性の高いものについては渡し船を、海上などの距離の離れた2点間を結ぶものはフェリーを参照のこと。.

新しい!!: ノースストラドブローク島と水上バス · 続きを見る »

1896年

記載なし。

新しい!!: ノースストラドブローク島と1896年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ノース・ストラドブローク島

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »