ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ネパールの行政区画

索引 ネパールの行政区画

ネパールの開発地域 ネパールの行政区画は5つの開発区域(विकास क्षेत्र、英語ではdevelopment region 開発地区と訳す場合あり)の下に、14の県(अञ्चल、英語では zone)に分かれている。さらにその下に75の郡(जिल्ला、英語ではdistrict)が置かれている。郡には郡庁が置かれ、行政区画となっている。県の地図の番号は県をアルファベット順に並べている。下の一覧の番号に対応している。(郡名右のカッコ内は郡庁所在地).

71 関係: 中西部開発区域中部開発区域ナラヤニ県ナワルパラーシ郡マハカリ県マヘンドラナガルマクワンプル郡チトワン郡ネパールネパールの都市の一覧バラトプル (ネパール)バージュラ郡バクタプルバクタプル郡バグマティ県バジャーン郡ポカラメチ県ラメチャープ郡ラリトプル郡ラプティ県ラウタハト郡ラスワ郡ルンビニ県ルーパンデヒ郡ルクム郡ロルパ郡ヌワコート郡ヘトウラプリトビナラヤンパルバト郡パルパ郡パタン (ネパール)ビラートナガルビールガンジドラカ郡ドーティ郡ダーディン郡ダヌシャ郡ダウラギリ県ベリ県アチャーム郡アルガカンチー郡イラーム郡ウダイプル郡カリコート郡カルナリ県カーブレ・パランチョーク郡カトマンズカトマンズ郡...カスキ郡ガンダキ県コータン郡コシ県ゴルカ郡シャンジャー郡シンドゥリ郡ジャナクプルジャナクプル県ジャージャルコート郡ジュムラ郡スルケート郡セティ県サリャーン郡サンクワサバー郡サプタリ郡サガルマタ県西部開発区域ISO 3166-2:NP東部開発区域極西部開発区域 インデックスを展開 (21 もっと) »

中西部開発区域

中西部開発区域()とは、ネパールにある開発区域の一つ。三つの県より成り立っている。.

新しい!!: ネパールの行政区画と中西部開発区域 · 続きを見る »

中部開発区域

中部開発区域()とは、ネパールにある開発区域の一つ。同国首都のカトマンズが属し、三つの県より成り立っている。.

新しい!!: ネパールの行政区画と中部開発区域 · 続きを見る »

ナラヤニ県

ナラヤニ県(नारायणी अञ्चल)とは、ネパール中部開発区域に属する県で、5郡からなる。.

新しい!!: ネパールの行政区画とナラヤニ県 · 続きを見る »

ナワルパラーシ郡

ナワルパラーシ郡は、ネパール中部の郡。 東部は第四州、西部は第五州に属する。 郡都は。 2016年7月1日の人口は69万731人。 面積は2162km²、人口密度は319.5人/km²。.

新しい!!: ネパールの行政区画とナワルパラーシ郡 · 続きを見る »

マハカリ県

マハカリ県(महाकाली)とは、ネパール極西部開発区域に属する県である。県都はマヘンドラナガルで、4郡からなる。また、クマーオニー語も話される地域であり、スクラ・ファンタ野生保護区が設置されている。.

新しい!!: ネパールの行政区画とマハカリ県 · 続きを見る »

マヘンドラナガル

マヘンドラナガル(महेन्द्रनगर)とは、ネパールにある都市。ネパール王国の第9代国王マヘンドラの名にちなんでいる。.

新しい!!: ネパールの行政区画とマヘンドラナガル · 続きを見る »

マクワンプル郡

マクワンプル郡(ネパール語:मकवानपुर जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都はヘトウラ。 2016年7月1日の人口は44万3976人。 面積は2426km²、人口密度は183人/km²。 かつてはマクワンプル・セーナ王国が存在した。.

新しい!!: ネパールの行政区画とマクワンプル郡 · 続きを見る »

チトワン郡

チトワン郡(ネパール語:चितवन जिल्ला)はネパール東部の第三州の郡。 郡都はバラトプル。 2016年7月1日の人口は64万4219人。 面積は2218km²、人口密度は290.5人/km²。 インドに国境を接するいわゆるタライ(マデス)地方の一部。 現在はバラトプル市の一部になっているナラヤ二川に沿ったナラヤンガートはこの地方最大のショッピングセンターで、近郷近在から多くの人が買い物に来る。 郡内には40の村落開発委員会(VDC)があり、各VDCには9つの区ないしは村落がある。そのほかに準大都市圏バラトプルとラトナガル自治体がある。.

新しい!!: ネパールの行政区画とチトワン郡 · 続きを見る »

ネパール

ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジアの連邦共和制国家。 東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成る。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしている。面積は約14.7万km。多民族・多言語国家であり、民族とカーストが複雑に関係し合っている。また、宗教もヒンドゥー教(元国教)、仏教、アニミズム等とその習合が混在する。 農業を主たる産業とし、ヒマラヤ観光などの観光業も盛んである。後発開発途上国であると分類されている。世界で唯一矩形(長方形)でない国旗を持つ国である。.

新しい!!: ネパールの行政区画とネパール · 続きを見る »

ネパールの都市の一覧

ネパールの都市の一覧(ネパールのとしのいちらん)。最新の人口の多い順に並べてあります。.

新しい!!: ネパールの行政区画とネパールの都市の一覧 · 続きを見る »

バラトプル (ネパール)

バラトプル(भरतपुर नगरपालिका、Bharatpur)は、ネパール東部の第三州のチトワン郡の郡都。 2011年6月22日の人口は14万7777人で、国内5位。 チトワン渓谷に位置し、かつてのナラヤンガートの町を含む。 バラトプルは最も成長の早い都市の一つである。 ナラヤニ川の岸に広がり、チトワン郡と中央ネパールの商業の中心地となっている。 東西を結ぶマヘンドラ・ハイウェイの中間と、南北に結ぶ、カトマンズ-ビールガンジ幹線道路の中間地点に位置する。 バラトプルからカトマンズまで146km、ポカラまで126km、ブトワルまで114km、ビールガンジまで128km、ヘトウラまで78km、ゴルカまで67kmという近さは、地理的重要性を示している。 道路事情の良さに加えて、バラトプルからは空路、カトマンズとポカラに毎日定期便が飛んでいる。 ショッピング地域はほとんど旧ナラヤンガートにある。 一方、官庁や大病院、大学はバラトプルの方にある。B.P.コイララ記念がん病院もここにある。 バラトプルの経済は伝統的に農業に基礎を置いてきた。 農地は次第に工業地帯や住宅地に変わっていった。 バラトプルの主要産業は小規模な加工業である。 多数の鶏肉加工工場が市内で発展した。 全国の需要の60%を賄っていると言われている。さらに、かなりの量の鶏肉は輸出されている。 そのほか、キノコ、ハチミツ、草花の栽培、サービス産業(教育と医療)が盛んである。 チトワン郡は食糧供給地帯と見なされ、バラトプルで加工され、カトマンズ、ポカラその他の大都市に供給される。 一方、コカコーラやサン・ミゲルなどの多国籍企業も市内に拠点を置いている。 多くのビジネスがこの町を拠点にしている。 中央にあるという位置と、バラトプルの十字路が卸・小売の商業機能を高めている。.

新しい!!: ネパールの行政区画とバラトプル (ネパール) · 続きを見る »

バージュラ郡

バージュラ郡(ネパール語:बाजुरा)は、ネパール西端の第七州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は14万6338人。 面積は2188km²、人口密度は66.9人/km²。.

新しい!!: ネパールの行政区画とバージュラ郡 · 続きを見る »

バクタプル

バクタプル(ネパール語:भक्तपुर bhaktapur)は、ネパール東部の第三州のバクタプル郡の郡都。 2011年の人口は8万3658人。 バドガオン(भादगाउँ bhādgāũ)またはクォパ(ख्वप Khwopa)はカトマンズから東に12km、カトマンズ盆地の東端にある古代ネワール人の都市である。 この町の男の住民は、伝統的にバドガウンレ・トーピーといわれる、黒くやや硬めの特別なタイプの帽子を着用しており、この帽子はネパールの公務員の正装としても採用されている。 この町は「ジュジュ・ダウ」つまり「王のヨーグルト」と呼ばれるヨーグルトでも有名である。.

新しい!!: ネパールの行政区画とバクタプル · 続きを見る »

バクタプル郡

バクタプル郡(भक्तपुर जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都はバクタプル。 2016年7月1日の人口は34万66人。 面積は119km²、人口密度は2857.7人/km²。 ネパール地震 (2015年)で特に甚大な被害があり、ネパール政府から優先地域に指定された。.

新しい!!: ネパールの行政区画とバクタプル郡 · 続きを見る »

バグマティ県

バグマティ県(英:Bagmati Zone)は、ネパールの中部開発区域に属する県(Zone)である。バグマティ川にちなんで名付けられた。県内にはカトマンズ盆地を含み、150万人の住民を擁する大都市圏がある。バグマティ県には以下の8つの郡がある。 なお、これらの郡のうち、シンドゥ・パルチョーク郡とヌワコート郡とラスワ郡にまたがる地域にはランタン国立公園が設定され、自然保護地域とされている。また、カトマンズ郡には、ネパールの首都カトマンズを擁する。 Category:ネパールの県.

新しい!!: ネパールの行政区画とバグマティ県 · 続きを見る »

バジャーン郡

バジャーン郡(ネパール語:बझाङ जिल्ला)は、ネパール西端の第七州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は21万122人。 面積は3422km²、人口密度は61.4人/km²。 かつて、二二諸国のバジャーン王国が栄えた。.

新しい!!: ネパールの行政区画とバジャーン郡 · 続きを見る »

ポカラ

ポカラ(ネパール語:पोखरा)は、ネパール中部の第四州の州都。 カスキ郡の郡都でもある。 2011年の人口は26万4991人で、国内2位。 カトマンズから西に約200kmの、標高800m地帯に位置する。 白く輝くアンナプルナ山群の峰々とペワ湖やベグナス湖など美しい湖とが織りなす風光明媚な街であり、ネパールのリゾート地、トレッキングの基地としても知られる『地球の歩き方』 ネパールとヒマラヤトレッキング 2016〜2017 D29 (地球の歩き方D29)2016/7/2地球の歩き方編集室。.

新しい!!: ネパールの行政区画とポカラ · 続きを見る »

メチ県

メチ県(मेची अञ्चल)とは、ネパール東部開発区域に属する県である。県都はイラム、最大都市はダマクで、4郡からなる。住民の大部分はリンブー人やライ人である。 めち.

新しい!!: ネパールの行政区画とメチ県 · 続きを見る »

ラメチャープ郡

ラメチャープ郡(रामेछाप जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は20万6653人。 面積は1546km² 、人口密度は133.7人/km²。 ネパール地震 (2015年)で特に甚大な被害があり、ネパール政府から優先地域に指定された。.

新しい!!: ネパールの行政区画とラメチャープ郡 · 続きを見る »

ラリトプル郡

ラリトプル郡(ललितपुर जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都はパタン。 2016年7月1日の人口は52万5211人。 面積は385km²、人口密度は1364.2人/km²。 ネパール地震 (2015年)で特に甚大な被害があり、ネパール政府から優先地域に指定された。.

新しい!!: ネパールの行政区画とラリトプル郡 · 続きを見る »

ラプティ県

ラプティ県(राप्ती अञ्चल)とは、ネパール中西部開発区域に属する県である。県都はトゥルシープル、最大都市はトリブバンナガルで、5郡からなる。.

新しい!!: ネパールの行政区画とラプティ県 · 続きを見る »

ラウタハト郡

ラウタハト郡(ネパール語:रौतहट जिल्ला)は、ネパール南東部の第二州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は77万2098人。 面積は1126km2、人口密度は685.7人/km2。.

新しい!!: ネパールの行政区画とラウタハト郡 · 続きを見る »

ラスワ郡

ラスワ郡(रसुवा जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は4万4399人。 面積は1544km²、人口密度は28.8人/km²。 ネパール地震 (2015年)で特に甚大な被害があり、ネパール政府から優先地域に指定された。.

新しい!!: ネパールの行政区画とラスワ郡 · 続きを見る »

ルンビニ県

ルンビニ県(लुम्बिनी अञ्चल)とは、ネパール西部開発区域に属する県である。県都はブトワルで、6郡からなる。また、ガウタマ・シッダールタの生誕地であり、世界遺産であるルンビニが存在する。 るんひに.

新しい!!: ネパールの行政区画とルンビニ県 · 続きを見る »

ルーパンデヒ郡

ルーパンデヒ郡(ネパール語:रुपन्देही जिल्ला)は、ネパールの第五州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は98万2851人。 面積は1360km²、人口密度は722.7人/km²。.

新しい!!: ネパールの行政区画とルーパンデヒ郡 · 続きを見る »

ルクム郡

200px 200px ルクム郡(ネパール語:रुकुम जिल्ला)は、ネパールの郡。 東部は第五州、西部は第六州に属する。 郡都は。 2016年7月1日の人口は22万92人。 面積は2877km²、人口密度は76.5人/km²。 先住民族のカム・マガール族が住む。.

新しい!!: ネパールの行政区画とルクム郡 · 続きを見る »

ロルパ郡

ルパ郡(ネパール語: रोल्पा जिल्ला)は、ネパールの第五州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は23万2419人。 面積は1879km²、人口密度は123.7人/km²。 低開発地域で平均寿命が52歳と短く、年間平均収入が100$の貧しい地域である。 1996年~2006年のネパール内戦の発火点の一つである。 一時、毛沢東派の中心拠点が置かれていた。 郡の大部分は険しい山で、先住民族・カム・マガール族が住んでいる。.

新しい!!: ネパールの行政区画とロルパ郡 · 続きを見る »

ヌワコート郡

ヌワコート郡(ネパール語:नुवाकोट जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は28万3827人。 面積は1121km²、人口密度は253.2人/km²。 ネパール地震 (2015年)で特に甚大な被害があり、ネパール政府から優先地域に指定された。.

新しい!!: ネパールの行政区画とヌワコート郡 · 続きを見る »

ヘトウラ

ヘトウラ(ネパール語:हेटुडा)は、ネパール東部の第三州のマクワンプル郡の郡都。 2011年6月22日の人口は8万5653人。 英語表記を参考にして「ヘタウダ」と表記する場合が多いが、正しくは「ヘトウラ」である。 カトマンズからトリブバン・ハイウェイで132kmである。今は80kmで行かれる近道が2つあるが、まだ舗装されていない。 町は3本の川で囲まれている。 西にはラプティ川、北にはサマリ川、そして南にはカラ川が流れている。 ヘトウラはネパールでも重要な工業地帯である。 この工業地帯の立地条件は二つの国道、テライ平原を東西に走るマヘンドラ・ハイウェイとトリブバン・ハイウェイである。.

新しい!!: ネパールの行政区画とヘトウラ · 続きを見る »

プリトビナラヤン

プリトビナラヤン(ネパール語:पृथ्वीनारायण 、英語:Prithbinarayan/Prithvinarayan)は、ネパールのガンダキ県、ゴルカ郡の都市。かつてはゴルカと呼ばれ、ゴルカ王国の首都であった。.

新しい!!: ネパールの行政区画とプリトビナラヤン · 続きを見る »

パルバト郡

パルバト郡(ネパール語:पर्वत जिल्ला)は、ネパール中部の第四州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は14万8130人。 面積は494km²、人口密度は299.9人/km²。 ネパールでは4番目に小さい郡である。 かつて、二四諸国のバルパト王国が存在した。.

新しい!!: ネパールの行政区画とパルバト郡 · 続きを見る »

パルパ郡

パルパ郡(ネパール語:पाल्पा जिल्ला)は、ネパールの第五州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は25万5386人。 面積は1373km²、人口密度は186人/km²。 かつては二四諸国のパルパ・セーナ王国が栄えた。.

新しい!!: ネパールの行政区画とパルパ郡 · 続きを見る »

パタン (ネパール)

パタン(、、サンスクリット:पाटन, ヤラ)はネパールの古都。 正式の都市名はラリトプル(Lalitpur)。 2011年の人口は22万6728人で、国内3位。 カトマンズ盆地南西部に位置し、準大都市自治体。 豊かな文化遺産に恵まれる。.

新しい!!: ネパールの行政区画とパタン (ネパール) · 続きを見る »

ビラートナガル

ビラートナガル(ネパール語:बिराटनगर)はネパール東端の第一州の州都。 モラン郡に属し、インド国境に近いタライ(テライまたはマデス)平原に位置する。 2011年の人口は20万4949人で、国内4位。 東ネパールの中心都市である。 農業、商業、工業が盛んなことで知られる。 近くのインド国境を出入りする物資の中継地点で、ネパールで最も人口密度が大きい地方の農産物の市場のあるところである。 町の周囲の農村では米やジュートが栽培されている。 ビラートナガルは空路と陸路で首都カトマンズと結ばれている。 は東部の丘陵地帯の地域的なハブ空港で、カトマンズとは定期便で結ばれている。 また、陸路として、タライ平原を東西に走るマヘンドラ・ハイウェイが通っている。.

新しい!!: ネパールの行政区画とビラートナガル · 続きを見る »

ビールガンジ

ビールガンジ(ネパール語:वीरगंज)は、ネパール南東部の第二州の最大都市。 準大都市自治体で、の郡都。 2015年の人口は20万7980人。 いわゆるマデス地方に属す。 ビルガンジとも呼ばれている。.

新しい!!: ネパールの行政区画とビールガンジ · 続きを見る »

ドラカ郡

ドラカ郡(ネパール語:दोलखा जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は18万7584人。 面積は2191km²、人口密度は85.6人/km²。.

新しい!!: ネパールの行政区画とドラカ郡 · 続きを見る »

ドーティ郡

ドーティ郡(ネパール語:डोटी जिल्ला|डोटी जिल्ला)は、ネパール西端の第七州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は21万3619人。 面積は2025km²、人口密度は105.5人/km²。 かつて、二二諸国のドーティ王国が存在した。.

新しい!!: ネパールの行政区画とドーティ郡 · 続きを見る »

ダーディン郡

ダーディン郡(ネパール語:धादिङ जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は34万6950人。 面積は1926km²、人口密度は180.1人/km²。.

新しい!!: ネパールの行政区画とダーディン郡 · 続きを見る »

ダヌシャ郡

ダヌシャ郡(ネパール語:धनुषा)はネパール南東部の第二州の郡。 郡都はジャナクプル。 マデシ(タライ)地方にある。 2016年7月1日の人口は80万3785人。 面積は1180km2、人口密度は681.2人/km2。.

新しい!!: ネパールの行政区画とダヌシャ郡 · 続きを見る »

ダウラギリ県

ダウラギリ県(धवलागिरी)とは、ネパール西部開発区域に属する県である。県都はバグルンで、4郡からなる。ダウラギリ山が所在する。中国と国境を接する北部は2008年までムスタン王国に分類され、「古き良きチベット」として知られる。 たうらきり.

新しい!!: ネパールの行政区画とダウラギリ県 · 続きを見る »

ベリ県

ベリ県(भेरी अञ्चल)とは、ネパール中西部開発区域に属する県である。県都はネパールガンジで、5郡からなる。 へり.

新しい!!: ネパールの行政区画とベリ県 · 続きを見る »

アチャーム郡

アチャーム郡(ネパール語:अछाम जिल्ला)は、ネパール西端の第七州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は27万4505人。 面積は1680km²、人口密度は163.4人/km²。 かつて、二二諸国のアチャーム王国が栄えた。.

新しい!!: ネパールの行政区画とアチャーム郡 · 続きを見る »

アルガカンチー郡

アルガカンチー郡(ネパール語:अर्घाखाँची जिल्ला)は、ネパール西部の第五州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は20万967人。 面積は1193km²、人口密度は168.5人/km²。 かつて、二四諸国のアルガ王国とカンチー王国が存在した。.

新しい!!: ネパールの行政区画とアルガカンチー郡 · 続きを見る »

イラーム郡

イラーム郡(ネパール語:इलाम जिल्ला)は、ネパール東端の第一州東端の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は30万2791人。.

新しい!!: ネパールの行政区画とイラーム郡 · 続きを見る »

ウダイプル郡

ウダイプル郡(ネパール語:उदयपुर जिल्ला)は、ネパール東端の第一州の郡。 郡都は 2016年7月1日の人口は33万9267人。 面積は2063㎢で、人口密度は164.5人/㎢。.

新しい!!: ネパールの行政区画とウダイプル郡 · 続きを見る »

カリコート郡

リコート郡(カリコートぐん、ネパール語:कालीकोट जिल्ला、英語:Kalikot District)は、ネパールのラプティ県に存在する郡。郡都はマンマ。人口は136,948人。.

新しい!!: ネパールの行政区画とカリコート郡 · 続きを見る »

カルナリ県

ルナリ県(कर्णाली अञ्चल)とは、ネパール中西部開発区域に属する県である。県都はで、5郡からなる。.

新しい!!: ネパールの行政区画とカルナリ県 · 続きを見る »

カーブレ・パランチョーク郡

ーブレ・パランチョーク郡(ネパール語:काभ्रेपलाञ्चोक जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は39万4229人。 面積は1396km²で、人口密度は282.4人/km²。.

新しい!!: ネパールの行政区画とカーブレ・パランチョーク郡 · 続きを見る »

カトマンズ

トマンズ( 、ローマ字転写:kaṭhmaḍaũ、)は、ネパールの首都で最大の都市である。カトマンドゥとも呼ばれる。別名はカンティプル(Kantipur)。 2011年の人口は100万3285人。.

新しい!!: ネパールの行政区画とカトマンズ · 続きを見る »

カトマンズ郡

トマンズ郡(काठमाडौं जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都はカトマンズ。 2016年7月11日の人口は201万1978人。 面積は395km²で、 人口密度は5093.6人/km²。 ネパール地震 (2015年)で特に甚大な被害があり、ネパール政府から優先地域に指定された。.

新しい!!: ネパールの行政区画とカトマンズ郡 · 続きを見る »

カスキ郡

郡(Kaski District)は、ネパール中部の第四州の郡。 郡都はポカラ。かつてはラムジュン郡とともにラナ家の直轄地であった。 2016年7月1日の人口は54万3767人。 面積は2017km²、人口密度は269.6人/km²。.

新しい!!: ネパールの行政区画とカスキ郡 · 続きを見る »

ガンダキ県

ンダキ県(गण्डकी)とは、ネパール西部開発区域に属する県である。県都は国内第二の都市でもあるポカラで、6郡からなる。.

新しい!!: ネパールの行政区画とガンダキ県 · 続きを見る »

コータン郡

ータン郡(コータンぐん、ネパール語:खोटाङ、英語:Khotang District)は、ネパールのサガルマタ県に存在する郡。郡都はディクテル。人口は206,312人.

新しい!!: ネパールの行政区画とコータン郡 · 続きを見る »

コシ県

(कोशी अञ्चल)とは、ネパール東部にある県である。東部開発区域に属する。県都、最大都市はビラートナガルで、6郡からなる。東にメチ県、南にインド、西にサガルマタ県、北に中華人民共和国に接する。.

新しい!!: ネパールの行政区画とコシ県 · 続きを見る »

ゴルカ郡

ルカ郡(गोर्खा जिल्ला)は、ネパール中部の第四州の郡。 郡都はプリトビナラヤン。 2016年7月1日の人口は25万9299人。 面積は3610km²で、人口密度は71.8人/km²。 北部にマナスル(8163m)、ヒマルチュリ(7893m)等の高峰が聳える。 ネパール地震 (2015年)の震央で、特に甚大な被害があり、ネパール政府から優先地域に指定された。.

新しい!!: ネパールの行政区画とゴルカ郡 · 続きを見る »

シャンジャー郡

ャンジャー郡(ネパール語:स्याङ्जा जिल्ला)は、ネパール中部の第四州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は27万403人。 面積は1164km²、人口密度は232.3人/km²。 かつて二四諸国のヌワコート王国が存在した。.

新しい!!: ネパールの行政区画とシャンジャー郡 · 続きを見る »

シンドゥリ郡

ンドゥリ郡の位置 シンドゥリ郡(ネパール語:सिन्धुली जिल्ला)は、ネパール東部の第三州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は30万5164人。 面積は2491km²で、人口密度は122.5人/km²。 1996年にマオイストが最初に蜂起した4郡の一つ。.

新しい!!: ネパールの行政区画とシンドゥリ郡 · 続きを見る »

ジャナクプル

ャナキ寺院 ジャナクプル鉄道 ジャナクプル(ネパール語:जनकपुर)は、ネパール南東部の第二州の州都。 ダヌシャ郡の郡都でもある。 2015年の人口は16万9287人。 ジャナクプルダム (Janakpurdham) ともいう。 北緯26°42'44" 、東経85°55'18"。 カトマンズ南東方向に400km、インド国境からは20kmの場所、いわゆるマデシ(タライ)地方に位置する。 ヒンドゥー教の聖地。 古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』の舞台の一つ。 主人公ラーマの妃シーターが生まれた場所とされ、また、ラーマとシーターが結婚した場所とされる。 この神話に関連した寺院が多く存在し、信仰を集めている。 インドのビハール州北部とまたがるミティラー地方にあり、マイティリ語が話され、独自の文化を持つ。 この地方で描かれるミティラー画はピカソにも影響を与えた。 また、ネパール唯一の鉄道、ジャナクプル鉄道がある。.

新しい!!: ネパールの行政区画とジャナクプル · 続きを見る »

ジャナクプル県

ャナクプル県はネパール・中部開発地域の県。南はインド国境、北はヒマラヤ山脈のチベット国境にいたる南北に長い県。県庁所在地はカマラマイ。中心都市はジャナクプル市。インド国境に近いヒンドゥー教の歴史的都市である。 県内には次の6つの郡がある。.

新しい!!: ネパールの行政区画とジャナクプル県 · 続きを見る »

ジャージャルコート郡

ャージャルコート郡(ネパール語:जाजरकोट जिल्ला)は、ネパール北西部の第六州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は18万6375人。 面積は2230km²、人口密度は83.6人/km²。 かつては二二諸国のジャージャルコート王国が存在した。.

新しい!!: ネパールの行政区画とジャージャルコート郡 · 続きを見る »

ジュムラ郡

ュムラ郡(ネパール語:जुम्ला जिल्ला|जुम्ला जिल्ला)は、ネパール北西部の第六州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は11万7958人。 面積は2531km²、人口密度は46.6人/km²。 かつて、二二諸国のジュムラ王国が存在した。.

新しい!!: ネパールの行政区画とジュムラ郡 · 続きを見る »

スルケート郡

ルケート郡(スルケートぐん、ネパール語:सुर्खेत जिल्ला、英語:Surkhet District)は、ネパールのベリ県に存在する郡。郡都はビレンドラナガル。人口は350,804人。.

新しい!!: ネパールの行政区画とスルケート郡 · 続きを見る »

セティ県

セティ県(सेती अञ्चल)とは、ネパール極西部開発区域に属する県である。県都はディパヤルで、5郡からなる。 せてい.

新しい!!: ネパールの行政区画とセティ県 · 続きを見る »

サリャーン郡

リャーン郡(ネパール語:सल्यान जिल्ला)は、ネパール北西部の第六州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は25万9309人。 面積は1462km²、人口密度は177.4人/km²。.

新しい!!: ネパールの行政区画とサリャーン郡 · 続きを見る »

サンクワサバー郡

ンクワサバー郡(ネパール語:सङ्खुवासभा जिल्ला)は、ネパール東端の第一州の郡。 郡都は。 2016年7月1日の人口は15万7854人。 面積は3480km2で、人口密度は45.4人/km2。.

新しい!!: ネパールの行政区画とサンクワサバー郡 · 続きを見る »

サプタリ郡

プタリ郡(ネパール語:सप्तरी)はネパール南東部の第二州の郡。 郡庁所在地は。 2016年7月1日の人口は67万9548人。 面積は1363km2。 人口密度は498.6人/km2。 南側をインドに接するいわゆるマデス地方の一部である。 東側は大河()に接している。 農産物で有名である。.

新しい!!: ネパールの行政区画とサプタリ郡 · 続きを見る »

サガルマタ県

ルマタ県(सगरमाथा अञ्चल)とは、ネパール東部開発区域に属する県である。県都、最大都市はラージビラジで、6郡からなる。県名の由来は、同県に所在する世界最高峰のサガルマタ(エベレスト)から取られている。また、山周辺はサガルマータ国立公園に指定されている。.

新しい!!: ネパールの行政区画とサガルマタ県 · 続きを見る »

西部開発区域

西部開発区域()とは、ネパールにある開発区域の一つ。三つの県より成り立っている。.

新しい!!: ネパールの行政区画と西部開発区域 · 続きを見る »

ISO 3166-2:NP

ISO 3166-2:NP この記事は、ISOのISO 3166-2規格のうち、NPで始まるものの一覧であり、ネパールの行政区分のコードである。最初のNPはISO 3166-1によるネパールの国名コード。.

新しい!!: ネパールの行政区画とISO 3166-2:NP · 続きを見る »

東部開発区域

東部開発区域(とうぶかいはつくいき、)とは、ネパールにある開発区域の一つ。三つの県より成り立っている。.

新しい!!: ネパールの行政区画と東部開発区域 · 続きを見る »

極西部開発区域

極西部開発区域()とは、ネパールにある開発区域の一つ。唯一、二つの県より成り立っている。.

新しい!!: ネパールの行政区画と極西部開発区域 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »