ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヌーリスターン州

索引 ヌーリスターン州

ヌーリスターン州()は、アフガニスタン東部の州である。面積は9267平方キロメートル(34州中23位)、総人口は約14万人(34州中34位)、人口密度は15人/平方キロ(34州中31位)である。ヌーリスタン県と表記されることもある。州都は。.

52 関係: 北部同盟 (アフガニスタン)マラウイ・アフザルチトラルハーミド・カルザイバダフシャーン州ムジャーヒディーンモモラドヤード・キップリングラグマーン州ラシュカレトイバリンゴワナトの戦いヌーリスターン人ヌーリスターン語群トウモロコシパンジシール州パキスタンヒンドゥークシュ山脈フンザアメリカ同時多発テロ事件アメリカ合衆国アレクサンドロス3世アブドラ・アブドラアブドゥッラフマーン・ハーンアフガニスタンアフガニスタンの州アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)アフガニスタン民主共和国アニミズムインド・ヨーロッパ祖語イスラム教オオムギカラシュ人カイバル・パクトゥンクワ州ギルギット・バルティスタン州クナル州グルブッディーン・ヘクマティヤールゲリラコムギショーン・コネリーターリバーンサウジアラビア国際治安支援部隊王になろうとした男雪崩連邦直轄部族地域有志連合1895年1896年2012年...2014年アフガニスタン大統領選挙2017年 インデックスを展開 (2 もっと) »

北部同盟 (アフガニスタン)

北部同盟(ほくぶどうめい)は、1996年9月のターリバーンのカーブル制圧ののち、反ターリバーン政権として北部アフガニスタンを統治した勢力。正式名称をアフガニスタン救国・民族イスラム統一戦線(Jabha-yi Muttahid-i Islāmī-yi Millī barā-yi Nijāt-i Afghānistān)といい、パキスタンによって「北部同盟」と呼称されたものが外国のマスメディアに浸透したことで呼ばれるようにもなった。.

新しい!!: ヌーリスターン州と北部同盟 (アフガニスタン) · 続きを見る »

マラウイ・アフザル

マラウイ・アフザルとは、アフガニスタンのヌーリスターン州のイスラム教軍閥の指導者である。.

新しい!!: ヌーリスターン州とマラウイ・アフザル · 続きを見る »

チトラル

チトラル(چترال、Chitral、地元のコワール語で「野原」の意)は、パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州の都市。チェトラル(Chetrar)とも表記される。チトラル地区の中心地で、(チトラル川)の西岸、ヒンドゥークシュ山脈の最高峰であるティリチミールの麓に位置する。人口は2万人(地区全体では30万人)。標高3800m。.

新しい!!: ヌーリスターン州とチトラル · 続きを見る »

ハーミド・カルザイ

大統領就任式に臨むカルザイ、隣はザーヒル・シャー元国王 ハーミド・カルザイ(حامد کرزی、Hāmid Karzai、1957年12月24日 ‐ )は、アフガニスタンの政治家。アフガニスタン・イスラム共和国大統領(初代)。カンダハール州カルツ出身のパシュトゥーン人。 アフガニスタン暫定行政機構議長、アフガニスタン・イスラム移行政権大統領を歴任した。.

新しい!!: ヌーリスターン州とハーミド・カルザイ · 続きを見る »

バダフシャーン州

バダフシャーン州(Badakhshān Velāyat、パシュトー語:د بدخشان ولايت、ダリー語表記:استان بدخشان)は、アフガニスタン北東部の州である。面積は4万4836平方キロメートル(34州中5位)、総人口は約90万人(34州中10位)、人口密度は20人/平方キロ(34州中28位)である。州都はファイザーバード市。バダクシャン州やバダクシャン県とも。.

新しい!!: ヌーリスターン州とバダフシャーン州 · 続きを見る »

ムジャーヒディーン

ムジャーヒディーン()は、アラビア語で「ジハードを遂行する者」を意味するムジャーヒド()の複数形。一般的には、イスラム教の大義にのっとったジハードに参加する戦士たちのことを指す。はイスラム教による連携した民兵を指すことが多い。.

新しい!!: ヌーリスターン州とムジャーヒディーン · 続きを見る »

モモ

モモ(桃、学名は Amygdalus persica で、Prunus persica (L.) Batsch はシノニムとなっている。)はバラ科モモ属の落葉小高木。また、その果実のこと。.

新しい!!: ヌーリスターン州とモモ · 続きを見る »

ラドヤード・キップリング

ョゼフ・ラドヤード・キップリング (Joseph Rudyard Kipling, 1865年12月30日 - 1936年1月18日) は、イギリスの小説家、詩人で、イギリス統治下のインドを舞台にした作品、児童文学で知られる。ボンベイ (ムンバイ) 生まれ。19世紀末から20世紀初頭のイギリスで最も人気のある作家の一人で、代表作に小説『ジャングル・ブック』『少年キム』、詩『マンダレー』など。「短編小説技巧の革新者」とみなされRutherford, Andrew (1987).

新しい!!: ヌーリスターン州とラドヤード・キップリング · 続きを見る »

ラグマーン州

ラグマーン州(Laghmāni、パシュトー語:لغمان)は、アフガニスタン東部にある州である。州都は (Mehtar Lam)。人口386,400人。.

新しい!!: ヌーリスターン州とラグマーン州 · 続きを見る »

ラシュカレトイバ

ラシュカレ=トイバ(لشكرِ طيبہ・翻字:laškar-ĕ ṯayyiba)は、南アジアのイスラーム主義組織。.

新しい!!: ヌーリスターン州とラシュカレトイバ · 続きを見る »

リンゴ

リンゴ(林檎、学名:)は、バラ科リンゴ属の落葉高木樹。またはその果実のこと。植物学上はセイヨウリンゴと呼ぶ。春、白または薄紅の花が咲く。果実は食用にされ、球形で甘酸っぱい。.

新しい!!: ヌーリスターン州とリンゴ · 続きを見る »

ワナトの戦い

ワナトの戦い(ワナトのたたかい)とは、2008年7月13日にアフガニスタン東部のヌーリスターン州ワーイガル郡クアム近郊で、ターリバーンなどの数百人のゲリラ部隊がアメリカ軍部隊を襲撃した事件である。防御側の主な部隊はアメリカ陸軍の第173空挺旅団第503歩兵連隊の第2大隊に属するチョーゼン中隊第2小隊の兵士達だった。 ターリバーンはクアムや周囲の農地からこのアメリカ軍前哨陣地やその監視所を包囲して攻撃した。ターリバーンはアメリカ軍の重火器を破壊し、アメリカ軍の戦線を突破し、大砲や航空機によって撃退される前に基地本体に突入した。アメリカ兵の被害は死亡9人、負傷27人であり、アフガン国軍の兵士4人も負傷した。アメリカ兵の戦死者数は2001年の任務開始以来、単一の戦闘としては最大のものになった。 ワナトの戦いはこの戦争で最も血なまぐさい攻撃の1つであり、遠隔地の前哨への数度に渡る攻撃の1つだった為、アフガン戦争における「ブラックホーク・ダウン」だと言われている。この攻撃より前の路肩爆弾や遭遇戦、待ち伏せ攻撃とは対照的に、この攻撃では多数の反乱軍やテロリスト集団の兵士がよく協力し、訓練と不断の努力を持ってTOWランチャーのような主要装備を正確に狙った。 連合国の被害者数が甚大だったため、この戦いは幅広い討論の中心になり、「外部の第三者や軍事専門家の間で、多くの関心と調査を引き起こ」した。いくつかの調査は戦いに至るまでの出来事に向けられた。最初の調査は2008年8月に完了したが、2009年7月にジェームズ・ウェブ上院議員が合衆国陸軍に対して、戦闘と最初の調査についての公式調査を要請した。リチャード・F・ナトンスキー中将は2009年後半に別の調査を指揮して、命令系統を譴責処分にした。しかし2010年6月、合衆国陸軍は譴責処分を取り消し、怠慢はなく「勇気と技術によって、兵士達は持ち場の防衛に成功し、決意と技術と適応力を持った敵を打ち負かした」と述べた。.

新しい!!: ヌーリスターン州とワナトの戦い · 続きを見る »

ヌーリスターン人

ヌーリスターン人(ヌーリスターンじん、Nuristani)は、中央アジア・南アジアのアフガニスタンを中心に居住する民族である。ヌーリスタン人やヌリスタニ人とも呼ばれる。 アフガニスタン北東部のヌーリスターン州に住み、一部はパキスタンの北西辺境州 のチトラル地区にも住む。金髪、紺碧目で色白という北ヨーロッパ人と同じような外見を持ち、特に子ども時代はその傾向が強い。そのため、一説には当時この地を通った、ギリシャのアレキサンダー大王の軍隊の末裔であるという説もある。言語はインド・イラン語族のヌーリスターン語派であるが、第二言語としてダリー語やペルシャ語、パシュトー語も話す。.

新しい!!: ヌーリスターン州とヌーリスターン人 · 続きを見る »

ヌーリスターン語群

* ヌーリスターン語群(Nuristan)、またはカーフィル語群(Kafir)とは、パキスタンからアフガニスタンにかけて分布する言語のグループで、インド・ヨーロッパ語族のインド・イラン語派に属する。.

新しい!!: ヌーリスターン州とヌーリスターン語群 · 続きを見る »

トウモロコシ

''Zea mays "fraise"'' ''Zea mays "Oaxacan Green"'' ''Zea mays 'Ottofile giallo Tortonese''' トウモロコシ(玉蜀黍、学名 )は、イネ科の一年生植物。穀物として人間の食料や家畜の飼料となるほか、デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要で、年間世界生産量は2009年に8億1700万トンに達する。世界三大穀物の一つ。 日本語では地方により様々な呼び名があり、トウキビまたはトーキビ(唐黍)、ナンバ、トウミギ、などと呼ぶ地域もある(詳しくは後述)。 コーン ともいう。英語圏ではこの語は本来穀物全般を指したが、現在の北米・オーストラリアなどの多くの国では、特に断らなければトウモロコシを指す。ただし、イギリスではトウモロコシを メイズ()と呼び、穀物全般を指して コーン()と呼ぶのが普通である。.

新しい!!: ヌーリスターン州とトウモロコシ · 続きを見る »

パンジシール州

パンジシール州(Panjshīr Velāyat、ダリー語: پنج شیر)は、アフガニスタン北東部にある州である。州都は。面積は3,610km2、人口133,200人である。.

新しい!!: ヌーリスターン州とパンジシール州 · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: ヌーリスターン州とパキスタン · 続きを見る »

ヒンドゥークシュ山脈

'''アフガニスタン国土の高度分布図''' 灰色に写っている部分は高度3000mを越えており、白が強くなるほど高度が上がる。この部分がほぼヒンドゥークシュ山脈に相当する ヒンドゥークシュ山脈(ヒンドゥークシュさんみゃく、パシュトー語/ペルシア語: )とは、主にアフガニスタン国内を北東から南西に1200kmにわたって延びる山脈。一部はパキスタン西部にも広がる。クシュは山や山地を指すのでさらに山脈をつけるのは日本語の翻訳地名によくある慣例である。また、ヒンドゥークシュはペルシャ語で「インド人殺し」を意味する。 山脈は単一ではなく、最大幅500kmにわたる山地となっており、アフガニスタンの首都カーブルも山脈を区切る幅の広い盆地に位置している。北東部ではタジキスタン領内のパミール高原(ゴルノ・バダフシャン自治州)やインド・パキスタン間で帰属に問題があるカシミールに接し、ヒマラヤ山脈の西端であるカラコルム山脈西部とつながっている。2つの山脈が接する東経74度の地点にはバツラ氷河の源流がある。ヒンドゥークシュ山脈は南西に延びていくにしたがって複数の支脈に別れていく。いずれもカンダハル平原が南西の端となっている。 最高峰はティリチミール(7690m)。7000m以上の峰としては、ノシャック(7492m)、(7398m)、(7349m)などが際立つ。.

新しい!!: ヌーリスターン州とヒンドゥークシュ山脈 · 続きを見る »

フンザ

フンザ (Hunza, ہنزہ) は、パキスタン・イスラム共和国北西部ギルギット・バルティスタン州のに位置する地域。広義では、藩王が1974年まで支配していたの版図、狭義ではその王都があった(Karimabad)を指す。.

新しい!!: ヌーリスターン州とフンザ · 続きを見る »

アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん)は、2001年9月11日にアメリカ合衆国内で同時多発的に発生した、航空機等を用いた4つのテロ事件の総称である。 航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えた。その後、アメリカ合衆国と有志連合は報復としてアフガニスタン紛争、イラク戦争を行った。また、航空機のマンハッタン超高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB-25激突事故以来となった。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアメリカ同時多発テロ事件 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ヌーリスターン州とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アレクサンドロス3世

アレクサンドロス3世(Ἀλέξανδρος Γ'、紀元前356年7月20日 - 紀元前323年6月10日)、通称アレクサンドロス大王(Ἀλέξανδρος ὁ Μέγας)は、アルゲアス朝マケドニア王国のバシレウス(在位:紀元前336年 - 紀元前323年)である。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトのファラオも兼ねた。ヘーラクレースとアキレウスを祖に持つとされ、ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれた。ギリシア語ではアレクサンドロス大王であるが、英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。その他にはイスカンダルなどと呼ばれている。 ハンニバルプルタルコスの『英雄伝』によると、史上最も優れた指揮官としてアレクサンドロス大王を挙げている。、ガイウス・ユリウス・カエサルプルタルコスの『英雄伝』によると、アレクサンドロスの銅像をみたカエサルは、自分の業績は、彼に比べればとるにたらないと言って泣いたという逸話がある。、ナポレオンMémoires de Napoléon Bonaparte, Louis Antoine Fauvelet de Bourrienne(1821年)は、ナポレオンに同行した秘書の回想録であるが、「アレクサンドロスはナポレオンが最も尊敬する偉人であり、同列に並べられることを常に願っていた。」「エジプト遠征時も、自分とアレクサンドロスを重ねていた」という趣旨の内容が度々登場する。などの著名な歴史上の人物たちから大英雄とみなされていた。旧約聖書やコーラン、ゾロアスター教、シャー・ナーメなど多様な民族の教典にも登場する。現代でもアレクサンドロスの名に因んだ名前をつける人は多い。1941年からギリシャで発行されていた旧1000ドラクマ紙幣や旧100ドラクマ硬貨、1926年からアルバニアで発行された旧1レク紙幣などの肖像に使用されていた。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアレクサンドロス3世 · 続きを見る »

アブドラ・アブドラ

アブドラ・アブドラ、アブドゥッラー・アブドゥッラー(عبدالله عبدالله、英:Abdullah Abdullah、1960年9月5日 - )は、アフガニスタンの政治家。現在、同国行政長官(首相に相当)。妻帯、1男3女を有する。パシュトゥー語、英語、アラビア語を話す。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアブドラ・アブドラ · 続きを見る »

アブドゥッラフマーン・ハーン

アブドゥッラフマーン・ハーン(عبدالرحمان خان、Abdur Rahman Khan、1844年 - 1901年10月1日)は、アフガニスタンの国王(在位:1880年 - 1901年)。ムハンマド・アフザル・ハーンの息子。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアブドゥッラフマーン・ハーン · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアフガニスタン · 続きを見る »

アフガニスタンの州

アフガニスタンの州は34の州(ヴェラーヤト、velāyat、県とする場合もある)で構成されている。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアフガニスタンの州 · 続きを見る »

アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)

アフガニスタン紛争(1979年 - 1989年)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入、1989年に撤退するまでの期間を扱う。 日本のマスメディアでは、ソ連軍の侵攻以降の局面はアフガニスタン侵攻などと呼ばれる事も多い。ソ連・アフガン戦争と呼んだ場合、アフガニスタンの反政府組織や義勇兵とソ連軍の間で発生した戦闘を指す。ソ連軍のアフガニスタン国内での戦闘は、1979年の出兵から1989年の完全撤収まで約10年に及んだ。 ソ連側は1万4000人以上が戦死、アフガン側はその数倍の戦死者を出す結果となった。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアフガニスタン紛争 (1978年-1989年) · 続きを見る »

アフガニスタン民主共和国

アフガニスタン民主共和国とは、アフガニスタンに1978年から1987年まで存続した社会主義国家である。 パルチャム派とハルク派の闘争の後、ハルク派の権力闘争がタラキとアミンの間で始まった。アミンは闘争に勝ち、タラキは命令で殺された。アミンの支配は国内外において不評であり、ソ連は不信感をつのらせた。ソ連は、1979年12月にアフガニスタン政府の支援を受けて介入し、彼は12月27日にソ連軍によって暗殺された。カルマルは彼の代わりにアフガニスタンの指導者になった。カルマル時代は、戦争で多数の民間人犠牲者をもたらしただけでなく、何百万人もの難民がパキスタンやイランに流入した。基本原則である憲法は、1980年4月に政府によって導入され、いくつかの非PDPAメンバーは政府の支援基盤の拡大政策の一環として政府に入られた。カルマルの政策は戦争荒廃国に平和をもたらすことに失敗し、1986年にはムハンマド・ナジーブッラーのPDPA事務局長に就任した。 ナジーブッラーは野党との国家和解の政策を追求し、1987年には新しいアフガニスタン憲法が導入され、1988年にはムジャヒディーンによってボイコットされた民主的選挙が行われた。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアフガニスタン民主共和国 · 続きを見る »

アニミズム

アニミズム(animism)とは、生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。19世紀後半、イギリスの人類学者、E・B・タイラーが著書『原始文化』(1871年)の中で使用し定着させた。日本語では「汎霊説」、「精霊信仰」「地霊信仰」などと訳されている。この語はラテン語のアニマ(anima)に由来し、気息・霊魂・生命といった意味である。.

新しい!!: ヌーリスターン州とアニミズム · 続きを見る »

インド・ヨーロッパ祖語

インド・ヨーロッパ祖語(インド・ヨーロッパそご、、)とは、インド・ヨーロッパ語族(印欧語族)の諸言語に共通の祖先(祖語)として理論的に構築された仮説上の言語である。印欧祖語(いんおうそご、いんのうそご)ともいう。 この言語の成立から崩壊までの期間は先史時代に当たり、文字が存在せず、全て口伝により子孫へと受け継がれたため、直接の記録が一切残っていない。そのため、派生した言語からの推定により再構が進められている。 クルガン仮説によれば6000年前にロシア南部で、によれば9000年前にアナトリアで話されていた。 ラテン語・ギリシア語・サンスクリットなどの各古典言語をはじめ、英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語などヨーロッパで話されている言語の大部分や、トルコ東部からイラン、インド亜大陸、スリランカにわたるクルド語・ペルシア語・ウルドゥー語・ヒンディー語・シンハラ語などの言語は、いずれもこの印欧祖語から派生して成立したとされる。 崩壊期の印欧祖語は豊富な接尾辞をもつ屈折語であったとされる。これは、印欧語族の諸言語同士の比較再構による推定による。印欧語族の言語は、屈折的語形変化の大部分を失ったものも多いが、英語も含めて依然全て屈折語である。しかし近年の内的再構とその形態素解析により、より古い段階の印欧祖語ではセム祖語のように語幹内の母音交替を伴う屈折が起こっていた可能性が極めて高いことが判明した。.

新しい!!: ヌーリスターン州とインド・ヨーロッパ祖語 · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: ヌーリスターン州とイスラム教 · 続きを見る »

オオムギ

ムギ(大麦、学名 )はイネ科の穀物。中央アジア原産で、世界でもっとも古くから栽培されていた作物の一つである。小麦よりも低温や乾燥に強いため、ライ麦と共に小麦の生産が困難な地方において多く栽培される。.

新しい!!: ヌーリスターン州とオオムギ · 続きを見る »

カラシュ人

ラシュ人(カラシュじん、Kalash)は、南アジアのパキスタンを中心に居住する民族である。 パキスタンの北西辺境州 のチトラル地区に住む。特に幼少期は金髪、紺碧目で色白という北ヨーロッパ人を思わせる外見をもつ者もいる。そのため、アフガニスタンのヌーリスターン人と同じく、ギリシャのアレキサンダー大王の軍隊の子孫という説もある。ヌーリスターン人との違いはイスラム教を信仰せず独自の地域宗教を持つ点にある。言語はインド・イラン語派ダルド語群のカラシュ語を話す他、第二言語としてウルドゥー語やパシュトー語も話す。.

新しい!!: ヌーリスターン州とカラシュ人 · 続きを見る »

カイバル・パクトゥンクワ州

イバル・パクトゥンクワ州(خیبر پختون خواہ, Khaībar Pakhtūnkhwā 、Khyber Pakhtunkhwa)は、パキスタンの州の1つ。旧称である北西辺境州(North-West Frontier Province)でも知られる。州都ペシャーワルは隣接する連邦直轄部族地域(Federally Administered Tribal Areas、FATA)の行政中心地にも指定されている(そのためFATAの首府は域内にはない。また、カイバル・パクトゥンクワ州に含まれることがある)。 州の北部は州直轄部族地域(Provincially Administered Tribal Areas、PATA)に指定されている。なお、PATA(州直轄部族地域)はFATA(連邦直轄部族地域)とは異なり、カイバル・パクトゥンクワ州に属している。 アフガニスタンとの国境を接するが、国境線(デュアランド・ライン)周辺やペシャーワルと近接するワジリスタンは紛争(ワジリスタン紛争)が起きており、情勢が不安定である。その一方で、北部の森林地帯は美しい風景が楽しめる観光地となっている。.

新しい!!: ヌーリスターン州とカイバル・パクトゥンクワ州 · 続きを見る »

ギルギット・バルティスタン州

ルギット・バルティスタン州((、)(旧名称、北方地域(、、略称:FANA))は、パキスタンが実効支配する地域の1つである。ギルギットとバルティスタンから成り立ち、アザド・カシミールとともに「パキスタンの実効支配しているカシミール」(Pakistan-administered Kashmir)と呼ばれる。北側でアフガニスタン、北東側で中華人民共和国、南側でアザド・カシミール、南東側でインドのジャンムー・カシミール州に境を接する。首府はギルギットである。カシミールの一地域にあたる。なお、ギルギット・バルティスタン州とされている地域の東部にあるシアチェン氷河(Siachen Glacier)はインド軍との最前線であり、ギルギット・バルティスタンとはまた別とされるとこがある。 地域全体にカラコルム山脈の急峻な山々が続き、その間をインダス川とその支流が流れる。地域の中央部を南北にカラコルムハイウェイが貫く。.

新しい!!: ヌーリスターン州とギルギット・バルティスタン州 · 続きを見る »

クナル州

ナル州(کنر)は、アフガニスタン東部の州である。クナル州の面積は4926平方キロメートル(34州中28位)、総人口は約43万人(34州中23位)、人口密度は87人/平方キロ(34州中9位)である。州都は。.

新しい!!: ヌーリスターン州とクナル州 · 続きを見る »

グルブッディーン・ヘクマティヤール

ルブッディーン・ヘクマティヤール (ګلبدين حكمتيار、Gulbuddin Hekmatyar 1947年 -)は、アフガニスタンの政治家。軍閥・ヘクマティヤール派、ヘズブ・エ・イスラミ・グルブッディーン(Hezb-e-Islami Gulbuddin, HIG)の創設者で、ラッバーニー政権下でアフガニスタン・イスラム国の首相(1993年6月17日 - 1994年6月28日、1996年6月 - 1996年9月)を2度務める。パシュトゥーン人でギルザイ部族連合のハロチ部族に属する 。クンドゥーズ州出身。英語を含む複数の言語を操り、4人の妻と複数の子を持つ。グルブディン・ヘクマティアルとも。.

新しい!!: ヌーリスターン州とグルブッディーン・ヘクマティヤール · 続きを見る »

ゲリラ

リラ(guerrilla)は、ゲリラ戦(遊撃戦)と呼ばれる不正規戦闘を行う民兵またはその組織のことでパルチザンとも呼ばれる。ゲリラ戦とは、予め攻撃する敵を定めず、戦線外において小規模な部隊を運用して、臨機応変に奇襲、待ち伏せ、後方支援の破壊といった、攪乱や攻撃を行う戦法、またはその戦法が用いられた戦闘を指す。 なお日本の警察用語では、上記と異なる定義がなされる。警察庁が発行する警察白書では、施設などを攻撃する対物テロを「ゲリラ」、個人を標的とする対人テロを「テロ」と区分している。もっとも、事件の中にはどちらに該当するか区分付きがたいケース(例:警視庁独身寮爆破事件)もあり、一般国民に対する広報では、「テロ・ゲリラ」と一括して取り扱っている。.

新しい!!: ヌーリスターン州とゲリラ · 続きを見る »

コムギ

ムギ(小麦)はイネ科コムギ属に属する一年草の植物。一般的にはパンコムギ(学名: Triticum aestivum)を指すが、広義にはクラブコムギ(学名: Triticum compactum)やデュラムコムギ(学名: Triticum durum)などコムギ属(学名: Triticum)の植物全般を指す。世界三大穀物の一つ。古くから栽培され、世界で最も生産量の多い穀物のひとつである。年間生産量は約7.3億トンであり、これはトウモロコシの約10.4億トンには及ばないが、米の約7.4億トンにほぼ近い(2014年)。 他の三大穀物と同じく基礎食料であり、各国で生産された小麦はまずは国内で消費され、剰余が輸出される。 日本国内において、麦(小麦・大麦・はだか麦)は食糧法により価格統制が存在する。.

新しい!!: ヌーリスターン州とコムギ · 続きを見る »

ショーン・コネリー

ー・トマス・ショーン・コネリー(、1930年8月25日 - )は、スコットランド出身の映画俳優。『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で一躍有名となり、その他のアメリカ映画にも多数出演している。公称身長188cm。.

新しい!!: ヌーリスターン州とショーン・コネリー · 続きを見る »

ターリバーン

ターリバーン(طالبان、Tālibān、Taliban)は、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義組織。ムハンマド・オマルが創設し、1996年から2001年11月頃までアフガニスタンの大部分を実効支配し、アフガニスタン・イスラーム首長国(ターリバーン政権)を樹立した(国際的には一部国家を除いて承認されず)。日本語メディアでは通常タリバン(またはタリバーン)と表記される。 2016年5月にハイバトゥラー・アクンザダが第3代最高指導者に就任した。.

新しい!!: ヌーリスターン州とターリバーン · 続きを見る »

サウジアラビア

ウジアラビア王国(サウジアラビアおうこく、المملكة العربية السعودية)、通称サウジアラビアは、中東・西アジアの国家。首都はリヤド。サウード家を国王に戴く絶対君主制国家。世界2位の原油埋蔵量を持つ国であり、石油(原油)をアメリカ合衆国をはじめ世界中に多く輸出している。イスラム教最大の聖地メッカ(マッカ)と第2のマディーナ(メディナ)を擁する。世界銀行の定義では高所得国に分類され、アラブ諸国で唯一G20に加盟しているが、産業の多様性には乏しく、天然資源開発が主要産業となっている。 サウジアラビアにおける死刑や信教の自由、女性の人権など欧州と異なる文化、法体制に対しては批判もある。.

新しい!!: ヌーリスターン州とサウジアラビア · 続きを見る »

国際治安支援部隊

国際治安支援部隊(こくさいちあんしえんぶたい 英: International Security Assistance Force)は、国際平和活動のひとつ。アフガニスタンの治安維持を通じアフガニスタン政府を支援する目的で、2001年12月5日のボン合意に基づく2001年12月20日の国連安保理決議1386号により設立された。当初は有志国の集まりからなる多国籍軍により構成されていたが、現在は北大西洋条約機構(NATO)が統括する。略称はISAF(アイサフ)。 ISAFの作戦本部はアフガニスタンのカーブルにあり、司令本部はオランダのNATOブルンスム統合軍司令部に置かれる。いずれも、欧州連合軍最高司令官(Supreme Allied Commander Europe: SACEUR)の指揮下にある。 2014年末に任務を終了し、アフガニスタン政府へ治安権限移譲を行った。.

新しい!!: ヌーリスターン州と国際治安支援部隊 · 続きを見る »

王になろうとした男

『王になろうとした男』(おうになろうとしたおとこ、)は、ラドヤード・キプリングによる小説。1888年にThe Phantom 'Rickshaw and other Eerie Tales(en)の中の一編として出版された。.

新しい!!: ヌーリスターン州と王になろうとした男 · 続きを見る »

雪崩

雪崩の瞬間 雪崩(なだれ、せつほう、)とは、山岳部の斜面上に降り積もった雪が重力の影響により「なだれ(傾れ、頽れ)落ちる」自然現象である。.

新しい!!: ヌーリスターン州と雪崩 · 続きを見る »

連邦直轄部族地域

連邦直轄部族地域(وفاقی منتظم شدہ قبائیلی علاقہ جات、وسطي قبایلي سیمې، منځنۍ پښتونخوا、Federally Administered Tribal Areas, FATA)は、パキスタンのどの州に属さない、パキスタン国内北西部のアフガニスタン国境地帯のことである。日本語でも単にトライバルエリアと呼ばれることがある。FATAの総人口は2017年で約500万人。また域内住民の内都市部に居住するのは3.1%に過ぎない。パキスタン国内でも最も辺境の地域といえる。行政の中心は隣接するカイバル・パクトゥンクワ州の州都ペシャーワルに置かれており、域内最大の都市はで人口約6.4万人(2017年)。ウルドゥー語と英語が公用語とされているが、多数派のパシュトー語や一部でペルシア語が話されている。 2017年3月2日にパキスタン政府はFATAを廃止し、カイバル・パクトゥンクワ州へ編入することを検討している。これについて一部政党は反発しており、FATAを州へ昇格するよう政府へ要求した。.

新しい!!: ヌーリスターン州と連邦直轄部族地域 · 続きを見る »

有志連合

有志連合(ゆうしれんごう、Coalition of the willing)は、1990年代以降の冷戦終結後、国際連合の規定する国際連合平和維持活動の形を取らず、平和維持活動や軍事介入を行う、地域概念にとらわれない、意思と能力に基づく連携関係の称。「意思ある諸国の連携」と訳されることもある。日本語では対テロ戦争参加諸国に使用されることが多く、その場合は「国際的反テロ連合」と呼ばれることもある。.

新しい!!: ヌーリスターン州と有志連合 · 続きを見る »

1895年

記載なし。

新しい!!: ヌーリスターン州と1895年 · 続きを見る »

1896年

記載なし。

新しい!!: ヌーリスターン州と1896年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: ヌーリスターン州と2012年 · 続きを見る »

2014年アフガニスタン大統領選挙

2014年アフガニスタン大統領選挙は、2014年4月5日に第1回投票が行われたアフガニスタン・イスラーム共和国の大統領選挙である。決選投票は6月14日に実施された。当選者はアシュラフ・ガニー・アフマドザイ。.

新しい!!: ヌーリスターン州と2014年アフガニスタン大統領選挙 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: ヌーリスターン州と2017年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »