ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヌマンティア戦争

索引 ヌマンティア戦争

ヌマンティアの遺構 ヌマンティア戦争(ヌマンティアせんそう、Bellum Numantinum)は、ヒスパニア内陸のケルティベリア人が、紀元前153年から紀元前133年まで共和政ローマと戦った戦争である。この戦争の結果、ケルティベリア人の抵抗拠点となったが破壊され、ローマの支配が浸透した。第二次ケルティベリア戦争とも言う。この戦争の期間中、ヒスパニアの西側ではルシタニア戦争が続いていた。.

28 関係: 対比列伝マルクス・クラウディウス・マルケッルス (紀元前166年の執政官)マシニッサユグルタルシタニア戦争ヌミディアプルタルコスパレンシアヒスパニアティベリウス・グラックスアッピアノスガイウス・マリウスクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクスケルティベリア人スキピオ・アエミリアヌス共和政ローマ元老院 (ローマ)第一次ケルティベリア戦争紀元前133年紀元前134年紀元前137年紀元前139年紀元前143年紀元前151年紀元前152年紀元前153年戦争戦象

対比列伝

1470年に出版された対比列伝 『対比列伝』(たいひれつでん、Vitae Parallelae、Βίοι Παράλληλοι)は、ローマ帝国の著述家プルタルコスが著した古代ギリシア・ローマの著名な人物の伝記である。日本語訳名は『英雄伝』、『プルターク英雄伝』(プルタークはプルタルコスの英語名)で多く呼ばれる。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と対比列伝 · 続きを見る »

マルクス・クラウディウス・マルケッルス (紀元前166年の執政官)

マルクス・クラウディウス・マルケッルス(Marcus Claudius Marcellus、紀元前209年頃 - 紀元前148年)は共和政ローマのプレブス(平民)出身の政治家・軍人。執政官(コンスル)を三度務めた(紀元前166年、紀元前155年、紀元前152年)。初回と二回目の執政官就任時には、何れもリグリアに勝利して凱旋式を二度実施している。紀元前153年にローマ軍がヒスパニアでケルティベリアに敗北を喫っすると、マルケッルスはその軍事能力を期待されて紀元前152年に三度目の執政官に就任したが、これはウィリウス法(en、執政官就任には10年の期間を開ける)に反するものであった。マルケッルスは比較的穏当な講和を結ぼうとしたが、元老院は戦争を継続することを要求した。紀元前151年、マルケッルスはケルティベリアを降伏させた。紀元前148年には外交使節としてヌミディアへ派遣されるが、船が沈没し溺死した。 マルケッルスはヒスパニア最初の植民都市であるコルドバの建設者でもある。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とマルクス・クラウディウス・マルケッルス (紀元前166年の執政官) · 続きを見る »

マシニッサ

マシニッサ(Masinissa、紀元前238年 - 紀元前148年)は、ヌミディアの王。第二次ポエニ戦争において、当初はカルタゴに協力していたが、後にローマに鞍替えする。ローマの後見を得てヌミディア王となり、ザマの戦いにも参加した。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とマシニッサ · 続きを見る »

ユグルタ

ユグルタを模ったレリーフ ユグルタ(Jugurtha、紀元前160年 - 紀元前104年)とは、紀元前2世紀に在位したヌミディア王(在位:紀元前118年 - 紀元前106年)であり、自らの名を冠した共和政ローマとの戦争(ユグルタ戦争)を首謀した人物として知られる。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とユグルタ · 続きを見る »

ルシタニア戦争

ルシタニア人居住地区 ルシタニア戦争(ルシタニアせんそう、紀元前155年 - 前139年)は、イベリア半島の西部ルシタニアでローマとルシタニ人(ルシタニア人)が戦った戦争である。この戦争を主要指導者の名から、ヴィリアトゥスの反乱と呼ぶ歴史学者もいる。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とルシタニア戦争 · 続きを見る »

ヌミディア

ヌミディアの詳細地図 ヌミディア (Numidia) は、カルタゴや共和政ローマの時代にベルベル系の部族が住んでいたアフリカ北部の地域・王国。ヌミディアとは古代ローマによる呼称であり、現在のアルジェリア北東部周辺に当たる。ヌミディア王国は、東隣にカルタゴ、西隣にマウレタニア王国と接していた。王国の滅亡後にローマの属州となった。中心都市はキルタ(Cirta, 現在の名称はコンスタンティーヌ)。 「ヌミディア」とは「ヌミド」と呼ばれる半遊牧の先住民の小都市群の意味とされる。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とヌミディア · 続きを見る »

プルタルコス

プルタルコス像 プルタルコス(Πλούταρχος、羅:Plutarchus、46年から48年頃 - 127年頃)は、帝政ローマのギリシア人著述家。著作に『対比列伝』(英雄伝)などがある。英語名のプルターク(Plutarch )でも知られる。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とプルタルコス · 続きを見る »

パレンシア

パレンシア (Palencia) はスペイン、カスティーリャ・イ・レオン州、パレンシア県の自治体で、同県の県都。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とパレンシア · 続きを見る »

ヒスパニア

ーマ帝国初期の行政区分 ヒスパニア(Hispania)は、イベリア半島(現在のスペインとポルトガルや、アンドラ・ジブラルタルの領域)の古名である。なお、スペインの現代語での名称(España、Espanha、Espagne、Spagna、Spain、Spanien、Испания、إسبانياなど)は全てこのヒスパニアを語源とする。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とヒスパニア · 続きを見る »

ティベリウス・グラックス

ティベリウス・センプロニウス・グラックス(Tiberius Sempronius Gracchus、紀元前163年 - 紀元前133年)は、共和政ローマの政治家。グラックス兄弟の兄。 護民官として没落しつつあったローマの自営農民を救うべく農地改革に着手、しかし反対勢力である元老院保守派やその支持派によって殺害された。ティベリウスによる改革が端緒となって、ローマは「内乱の一世紀」と称される時代に突入する。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とティベリウス・グラックス · 続きを見る »

アッピアノス

アッピアノス(Ἀππιανός、生没年不詳)は、2世紀の古代ローマの歴史家。エジプトのアレクサンドリアに生まれたギリシャ人である。 若年のとき、116年に同市で起きたユダヤ人反乱を実見した。エジプトで高位につき、ローマ公民権と騎士の身分を与えられた後にローマで皇帝の知遇を得て国庫補佐官、元首属吏 (procurator) に指名された。アントニヌス・ピウス帝の頃と推測される。ギリシャ語で全24巻からなる主著『ローマ史』(Ῥωμαϊκά)を著した。この著作は、ローマ初期の時代からウェスパシアヌス帝まで、ローマと諸民族の戦いを各地域ごとに記し、次にローマの内乱をその指導者ごとに記す。『内乱記』(Guerre Civili)など多くが残るが、一部は部分的な引用でしか知られておらず12巻しか現存していない。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とアッピアノス · 続きを見る »

ガイウス・マリウス

イウス・マリウス(Gaius Marius、紀元前157年 - 紀元前86年1月13日)は、共和政ローマ末期の軍人、政治家。同名の祖父・父と区別してガイウス・マリウス・ガイウスフィリウス・ガイウスネポス(Gaius Marius C. f. C. n.、ガイウスの孫にしてガイウスの子たるガイウス・マリウス)、あるいは息子である小マリウス()に対して大マリウス()とも呼ばれる。 平民出身の軍人としてキンブリ・テウトニ戦争で歴史的勝利を収め、合わせて大規模な軍制改革を行った。軍制改革では市民兵制から職業軍人への切り替え、武器自弁から装備の一律支給、訓練内容や指揮系統の改革、果ては退職金制度や鷹章旗の制定まで多岐に亘る改革を成し遂げた。この制度は帝政時代を含めて長らくローマの軍事制度として継承された。政治的にはポプラレス(民衆派)の英雄として共和制末期に計7回の執政官就任を果たし、一時は独裁的な権限すら獲得していた。彼の民衆派の指導者としての地位と活躍、及び革新的な軍制改革はローマを帝政へと導く遠因の1つとなる。 彼の妻であるユリア・カエサリアはガイウス・ユリウス・カエサルの叔母であり、マリウスは外伯父としてカエサルの政治基盤に多大な影響を残した。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とガイウス・マリウス · 続きを見る »

クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクス

ィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクス(Quintus Caecilius Metellus Macedonicus、紀元前210年頃 -- 紀元前116年または115年)は、共和政ローマの政治家、軍人である。紀元前143年にはアッピウス・クラウディウス・プルケルと共にコンスルを務めた。第三次マケドニア戦争に参戦し、また第四次マケドニア戦争では総司令官として活躍した。結果、マケドニアはローマの属州となり、その功により「マケドニクス」の尊称を得た。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクス · 続きを見る »

ケルティベリア人

紀元前5世紀から紀元前4世紀にかけつくられたケルティベリアの青銅製盾 紀元前200年頃のイベリア半島 ケルティベリア人(ケルティベリアじん、スペイン語:Celtíberos)は、古代イベリア半島に居住していたケルト人の一派のこと、またはむしろ他の名前を持つケルト系諸族をさす名称(ウェトネス族、ウァッセオス族、ルシタニ族なども含む)。これらの人々はイベリア山地の西に住んでいた。ローマ人たちは彼らをケルト人とイベリア人の混血であるとみなしていた。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とケルティベリア人 · 続きを見る »

スキピオ・アエミリアヌス

プブリウス・コルネリウス・スキピオ・アエミリアヌス・アフリカヌス・ヌマンティヌス(Publius Cornelius Scipio Aemilianus Africanus Numantinus、紀元前185年 - 紀元前129年)は、共和政ローマ期の軍人、政治家。カルタゴの破壊者である。スキピオ・アエミリアヌスと称され、第二次ポエニ戦争で活躍したスキピオ・アフリカヌス(大スキピオ)と区別して小スキピオとも称される。なお、以下文中では「アエミリアヌス」と記載する。.

新しい!!: ヌマンティア戦争とスキピオ・アエミリアヌス · 続きを見る »

共和政ローマ

共和政ローマ(きょうわせいローマ)は、紀元前509年の王政打倒から、紀元前27年の帝政の開始までの期間の古代ローマを指す。 この時期のローマは、イタリア中部の都市国家から、地中海世界の全域を支配する巨大国家にまで飛躍的に成長した。帝政成立以後ではなく地中海にまたがる領域国家へと発展して以降を「ローマ帝国」と呼ぶ場合もある。また、1798年に樹立されたローマ共和国 (18世紀)、1849年に樹立されたローマ共和国 (19世紀)と区別するために「古代ローマ共和国」と呼ばれることもある。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と共和政ローマ · 続きを見る »

元老院 (ローマ)

チェーザレ・マッカリ画(1888年) 現存する帝政ローマ期の元老院議事堂であるフォルム・ロマヌムのクリア・ユリア 元老院(げんろういん、senātus、セナートゥス)は、古代ローマの統治機関。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と元老院 (ローマ) · 続きを見る »

第一次ケルティベリア戦争

ルティベリア人居住地区 第一次ケルティベリア戦争(だいいちじケルティベリアせんそう、First Celtiberian War)は、紀元前181年から前179年に、ルソネス人(Lusones)を中心にしたケルティベリア人が、共和政ローマと戦った戦争である。敗れたケルティベリア人はローマに服従した。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と第一次ケルティベリア戦争 · 続きを見る »

紀元前133年

紀元前133年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と紀元前133年 · 続きを見る »

紀元前134年

紀元前134年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と紀元前134年 · 続きを見る »

紀元前137年

紀元前137年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と紀元前137年 · 続きを見る »

紀元前139年

紀元前139年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と紀元前139年 · 続きを見る »

紀元前143年

紀元前143年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と紀元前143年 · 続きを見る »

紀元前151年

紀元前151年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と紀元前151年 · 続きを見る »

紀元前152年

紀元前152年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と紀元前152年 · 続きを見る »

紀元前153年

紀元前153年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と紀元前153年 · 続きを見る »

戦争

朝鮮戦争(1950年 - 1953年) 核兵器を使用した戦争・広島市(1945年) 戦争(せんそう)とは、複数の集団の間での物理的暴力の行使を伴う紛争である。国際紛争の武力による解決である。対義語は対話。広義には内戦や反乱も含む(戦争一覧)。人類が、集団を形成するようになる有史以来、繰り返されてきたものである。銀行などが引受けた巨額の戦費は慢性的な租税負担となる。市民生活に対する制限と攻撃は個人の尊厳を蹂躙する。時代ごとの考え方によって違法性が認定されてきた。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と戦争 · 続きを見る »

戦象

戦象(せんぞう)とは軍事用に使われた象のことである。主にインド、東南アジアや古代地中海世界で用いられ、突撃で敵を踏み潰すか、あるいは敵戦列を破砕することを主目的とした。象の社会は血縁のある雌の群れを基礎とした母系社会であり、それが原因で雌象は他の雌象へ向かって行く傾向があったため、軍用には雄の象が用いられた。.

新しい!!: ヌマンティア戦争と戦象 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

第二次ケルティベリア戦争

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »