ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ニューヨーク市地下鉄Q系統

索引 ニューヨーク市地下鉄Q系統

ニューヨーク市地下鉄Q系統(ニューヨークしちかてつQけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。ラインカラーは黄色(サンフラワー・イエロー)で、マンハッタン区ではBMTブロードウェイ線、ブルックリン区ではBMTブライトン線を経由する。.

47 関係: マンハッタンマンハッタン橋ポート・オーソリティ・バスターミナルレキシントン・アベニュー-63丁目駅ロングアイランド鉄道ブライトン・ビーチ駅 (BMTブライトン線)ブルックリンプリンス・ストリート駅プロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄)パストレインニューヨーク市地下鉄ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンニューヨーク市地下鉄W系統ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅タイムズ・スクエア-42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナル駅BMT4番街線BMTナッソー・ストリート線BMTブライトン線BMTブロードウェイ線BMTフランクリン・アベニュー線BMTアストリア線BMTウェスト・エンド線BMTカナーシー線BMTシー・ビーチ線障害を持つアメリカ人法IND2番街線IND6番街線IND8番街線INDカルバー線IRTレキシントン・アベニュー線IRTブロードウェイ-7番街線IRTフラッシング線IRTイースタン・パークウェイ線MTAリージョナル・バス・オペレーションズ標準軌14丁目-ユニオン・スクエア駅1980年代1990年代23丁目駅 (BMTブロードウェイ線)28丁目駅 (BMTブロードウェイ線)33丁目駅 (パストレイン)42丁目シャトル49丁目駅 (BMTブロードウェイ線)57丁目-7番街駅8丁目-ニューヨーク大学駅

マンハッタン

マンハッタン(Manhattan、)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市の地区名で、ハドソン川河口部の中州であるマンハッタン島 (Manhattan Island)、あるいは、マンハッタン島が大部分を占めるマンハッタン区 (Manhattan Borough) のことである。ニューヨーク州のニューヨーク郡 (New York County) の郡域もマンハッタン区と同じである。マンハッタンはニューヨーク市の中心街とされる。 ニューヨーク州の行政上の州都はニューヨーク市のほぼ真北233キロメートル(145マイル)にあるオールバニに置かれているが、アメリカ最大の都市圏人口を背景にした経済・文化面の影響力により、ウォール街を擁するニューヨーク市のマンハッタンがニューヨーク州の中心であるともいえる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とマンハッタン · 続きを見る »

マンハッタン橋

マンハッタン橋 (Manhattan Bridge) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市のイースト川をまたぎ、マンハッタンとブルックリンを結ぶ鋼製の吊り橋である。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とマンハッタン橋 · 続きを見る »

ポート・オーソリティ・バスターミナル

ポート・オーソリティ・バスターミナル (Port Authority Bus Terminal: PABT) はアメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区ヘルズ・キッチン地区にあるバスターミナルである。単にポートオーソリティとも、ポート・オーソリティ・ターミナルとも呼ばれる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とポート・オーソリティ・バスターミナル · 続きを見る »

レキシントン・アベニュー-63丁目駅

レキシントン・アベニュー-63丁目駅(Lexington Avenue – 63rd Street)はニューヨーク市地下鉄IND/BMTの駅で、レキシントン・アベニュー - 63丁目交差点にある。終日'''F系統'''が停車する。2層構造になっており、上層がブルックリン方面(ダウンタウン方面、南行線)、下層がクイーンズ方面(アップタウン方面、北行線)である。 レキシントン・アベニュー-63丁目駅では現在IND2番街線建設に伴う拡張工事が行われている。2016年12月からIND2番街線直通の'''Q系統'''が停車する予定で、現時点では複線の線路は工事用仮壁の裏側に隠れた状態になっている 。工事に伴い、開業以来の赤橙の壁タイルは撤去され、代わりに薄いベージュのタイル(線路側壁面に使われるもの)が取り付けられている。 Construction on the 63rd Street Line, including the Lexington Avenue – 63rd Street station, began on November 25, 1969.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とレキシントン・アベニュー-63丁目駅 · 続きを見る »

ロングアイランド鉄道

ングアイランド鉄道(英:Long Island Rail Road)はアメリカ合衆国ニューヨーク周辺を基盤とする通勤鉄道会社。略称はLIRR。報告記号はLI。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とロングアイランド鉄道 · 続きを見る »

ブライトン・ビーチ駅 (BMTブライトン線)

ブライトン・ビーチ駅(Brighton Beach)はニューヨーク市地下鉄BMTブライトン線のターミナル駅である。ブルックリン区コニーアイランドのブライトン・ビーチ・コミュニティにあるブライトン・ビーチ・アベニューの上に設けられている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とブライトン・ビーチ駅 (BMTブライトン線) · 続きを見る »

ブルックリン

ブルックリン.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とブルックリン · 続きを見る »

プリンス・ストリート駅

プリンス・ストリート駅 (Prince Street) はニューヨーク市地下鉄BMTブロードウェイ線の駅である。マンハッタン区ソーホーのブロードウェイとプリンス・ストリートの交差点に位置し、N系統が週末と深夜のみ、Q系統が深夜のみ、R系統が深夜を除く終日、W系統が平日のみ停車する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とプリンス・ストリート駅 · 続きを見る »

プロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄)

プロスペクト・パーク駅(Prospect Park)はニューヨーク市地下鉄BMTブライトン線の急行停車駅である。ブルックリン区フラットバッシュのエンパイア・ブールバード-フラットバッシュ・アベニューにある。Q系統とフランクリン街シャトルが終日運転され、平日にはB系統も運行されている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とプロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄) · 続きを見る »

パストレイン

パストレイン (Port Authority Trans-Hudson, PATH) は、アメリカ合衆国のニューヨーク州ニューヨーク市とニュージャージー州ニューアーク市を結ぶ鉄道。正式名称 The Port Authority Trans-Hudson Corporation(港湾公団ハドソン川横断公社)の頭文字をとって PATH と呼ばれている (なお英語で "path" は「軌道」の意)。路線の全長は 22.2 km で、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社 (The Port Authority of New York and New Jersey) が運営している。 一応駅構内及び車内は撮影禁止であり罰則がある。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とパストレイン · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄

R160A電車 ニューヨーク市地下鉄(ニューヨークしちかてつ、New York City Subway)は、ニューヨークシティー・トランジット・オーソリティー (NYCTA) によりニューヨーク州ニューヨーク市内で運行されている地下鉄(ラピッド・トランジット)である。 1904年に米国ではボストンに次ぐ2番目の地下鉄として開業した。開業当初は民営であったが、1932年にはそれとは別個に市営地下鉄も開業し、1940年の完全市営化を経て1953年からNYCTAによる運営が開始された。 路線網はマンハッタンを中心にスタテンアイランドを除く市内のほぼ全域に広がっており、路線延長は233マイル(375km)で地下鉄としては北京、上海、ロンドンに次いで世界で4番目の規模を有する。468駅が設置されており、全ての路線と駅で24時間営業が行われている。年間利用者数は約17億5000万人(2014年)で、世界で7番目に利用者が多い地下鉄でもある。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とニューヨーク市地下鉄 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄Bディビジョン

Bディビジョン (B Division) あるいはBMTディビジョン (BMT Division)、INDディビジョン (IND Division) はニューヨーク市地下鉄のディビジョンの一つでアルファベットの系統 (A~G、J、L、M、N、Q、R、W、Z) とフランクリン街シャトル・ロッカウェイ・パーク・シャトルとその他25路線が属している。これらの系統および路線は1940年の地下鉄市営化以前はブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT) とインディペンデント・サブウェイ・システム (IND) の2社が運営しており、インターボロー・ラピッド・トランジット (IRT) の運営していた系統と路線の属しているAディビジョンよりも規格が大きく、それに伴い車両も大きくなっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とニューヨーク市地下鉄Bディビジョン · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄W系統

ニューヨーク市地下鉄W系統はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運行系統である。MTAの資金難のため、2001年7月21日から2010年6月25日まで一時運休されていた。路線エンブレムはマンハッタン区内のBMTブロードウェイ線が使っていたサンフラワー・イエローに塗られている。W系統は、BMTブロードウェイ線でマンハッタン区内を走行したあとイースト川をで潜ってクイーンズ区に入り、BMTアストリア線を走行する。2004年まではBMT4番街線とBMTウェスト・エンド線経由でブルックリン区まで走っていた。 現地では”Broadway Local”とも呼ばれている。 IND2番街線の開業に合わせた運行パターン変更の一環として、 メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)は2016年11月7日から運用開始当時のエンブレムと2004年-2010年の経路でW系統 の運行を再開した。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とニューヨーク市地下鉄W系統 · 続きを見る »

ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ

ニューヨークシティー・トランジット・オーソリティー(英:New York City Transit Authority)は、NYC Transit(NYCTA)の通称で知られるアメリカ合衆国ニューヨーク州の独立公益会社(公社)。ニューヨーク市の地下鉄とバスを運営している。NYC Transit Authorityはニューヨーク市政府の部局や外局ではなく、現在は同じく公共法人であるメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)の関連法人である。ニューヨーク州公共法人法(the public authorities law)第5条第9項(New York City Transit Authority)の定めに従い、MTAの会長と執行役員がNYCTAの会長と執行役員を兼務する。 日本語では主にニューヨーク市都市交通局(—し としこうつう きょく)と訳される。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ · 続きを見る »

アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅

アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅(Atlantics Avenue - Barclays Center)はブルックリン区中心部にあるニューヨーク市地下鉄の駅であり、アトランティック・アベニュー、フラットバッシュ・アベニュー、4番街、パシフィック・ストリートの4本の通りに囲まれている。BMTブライトン線、BMT4番街線、IRTイースタン・パークウェイ線の乗り換え駅で、次の9つの運行系統が乗り入れている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とアトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅 · 続きを見る »

コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅

ニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅またはコニー・アイランド・ターミナル駅(Coney Island - Stillwell Avenue, or Coney Island Terminal)は、ブルックリン区コニー・アイランドにあるニューヨーク市地下鉄の駅で、4つの運行系統の南端駅である。世界でも最大級の高架上交通ターミナルで、アメリカ合衆国で最もエネルギー効率の高い大量輸送施設でもある。 この大量輸送能力はコニー・アイランドがニューヨーク都市圏随一のサマーリゾート地であった頃に設計されたためで、ブルックリン区南部のすべての鉄道路線が集まり、また広がっている。 当駅はコニー・アイランドのスティルウェル・アベニューとサーフ・アベニューの角にあり、過去にはニューヨーク市地下鉄で最南端のターミナル駅だったウェスト・エンド・ターミナル駅が置かれていた(ただし、ニューヨーク市の交通システムで最南端の駅はスタテンアイランド鉄道のである)。島式ホーム4面8線を有し、地図上では南北両方から入線してくるが、路線呼称上はD系統、F系統、N系統およびQ系統の南端の駅となる。 さらに、BMTウェスト・エンド線とBMTシー・ビーチ線の線路が近くにあるコニーアイランド車両基地に繋がっている.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とコニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅 · 続きを見る »

タイムズ・スクエア-42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナル駅

タイムズ・スクエア-42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナル駅(Times Square – 42nd Street / Port Authority Bus Terminal) はマンハッタンのミッドタウンにあるニューヨーク市地下鉄の複合駅で、42丁目と7番街・8番街の交差点、タイムズ・スクエアとポート・オーソリティ・バスターミナルの下にある。ニューヨーク市地下鉄でも最も利用者の多い駅で、2014年には6594万8730人が利用した。 IRT42丁目シャトル、BMTブロードウェイ線、IRTブロードウェイ-7番街線、IRTフラッシング線間でそれぞれ自由に乗り換えができるが、IND8番街線に乗り換えるには1ブロック西にある42丁目-ポート・オーソリティ・バスターミナル駅に向かう必要がある。この駅では、以下の運行系統が利用できる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とタイムズ・スクエア-42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナル駅 · 続きを見る »

BMT4番街線

BMT4番街線(BMT4ばんがいせん、)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンに属する地下鉄路線で、主にブルックリン区のの下を走っている。、、系統の列車が運行され、一部の系統の列車もラッシュ時に運転される。R系統は線内を常時各駅停車として走り、D、N系統は日中は急行線を、夜間は緩行線を走り、W系統は常時緩行線を走る。 全線が地下を走っており、のコート・ストリート駅の西側で、マンハッタンのBMTブロードウェイ線およびBMTナッソー・ストリート線からイースト川をくぐるモンタギュー・ストリート・トンネルからつながる複線の路線として始まる。モンタギュー・ストリートおよびウィロビー・ストリートの下を東へ走って、での下を南東へ向きを変える。ディカルブ・アベニュー駅では、北西方向のマンハッタン橋からやってくる急行線が、BMTブライトン線から分岐して4番街線に合流する。アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅で、路線は南西方向に曲がって、終点のベイ・リッジ-95丁目駅まで4番街の下を走る。アトランティック・アベニュー駅から南へ向かう途中、で急行線と緩行線の両方からBMTウェスト・エンド線が分岐し、より南では急行線がBMTシー・ビーチ線として分岐となる。 4番街は、通りの拡幅が行われた際に近隣の土地所有者に課された課税査定条件のために、路面電車も高架鉄道も敷設されたことがなかった。4番街線の建設はひとえに地域のコミュニティの努力によって実施された。路線の開通後、それに伴う開発がダイカー・ハイツ、フォート・ハミルトン、ベイ・リッジといった地域を変化させていった。ディカルブ・アベニュー駅の分岐構造の改造の一環として、が1956年に廃止されている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMT4番街線 · 続きを見る »

BMTナッソー・ストリート線

BMTナッソー・ストリート線(BMT Nassau Street Line)はニューヨーク市マンハッタン区を走るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。 ブルックリン区を走るBMTジャマイカ線とはウィリアムズバーグ橋西詰で繋がっている。また、BMTブロードウェイ線とはモンタギュー・ストリート・トンネル手前で接続している(2010年7月からブロード・ストリート駅以南の直通運転は中止されている)。 終日'''J系統'''が運行されている。'''Z系統'''はラッシュ時の混雑方向のみの補完的な運行系統である。 正式な路線名称こそナッソー・ストリート線となっているが、ナッソー・ストリート上にある駅はフルトン・ストリート駅だけしかない。 ナッソー・ストリート線では'''M系統'''が運行されていたことがある。2010年6月28日からM系統はの代わりにクリスティー・ストリート連絡線経由でIND6番街線に乗り入れるようになったため、現在ではM系統が停車するナッソー・ストリート線の駅はエセックス・ストリート駅だけになっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMTナッソー・ストリート線 · 続きを見る »

BMTブライトン線

BMTブライトン線(BMT Brighton Line)はニューヨーク市ブルックリン区を走るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。終日各駅停車のQ系統が運行され、平日には急行のB系統も加わる。Q系統は南端のコニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅からブライトン線全線を走行した後マンハッタン橋南線からBMTブロードウェイ線に乗り入れているB系統はブライトン・ビーチ駅から出てマンハッタン橋北線を通ってIND6番街線に乗り入れている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMTブライトン線 · 続きを見る »

BMTブロードウェイ線

BMTブロードウェイ線(BMT Broadway Line) はニューヨーク市・マンハッタンを走るニューヨーク市地下鉄の路線である。大型車両を使用するBディビジョンに属する。2010年の時点で、急行線でQ系統、緩行線でN系統・Q系統・R系統)が運行されており、ラインカラーはいずれも黄色である。この路線はしばしば " and "と呼ばれるが、これはマンハッタン橋が架け替えのため長期に渡って閉鎖されていた際に、この2系統だけが運行されていたことに由来している。ブロードウェイ線はブルックリン・ラピッド・トランジット(後のブルックリン・マンハッタン・トランジット)がミッドタウンにアクセスするために建設された。 路線名はから7番街(タイムズスクエア)にかけてブロードウェイの地下を通ることにちなんでいる。また、ロウアー・マンハッタンのビージー・ストリート、ホワイトホール・ストリート、 トリニティ・プレイスおよびチャーチ・ストリートと、ミッドタウンの7番街、59丁目、60丁目も通っている。緩行線はイースト川をくぐる2本のトンネル(ブルックリン区にありに向かうモンタギュー・ストリート・トンネルと、クイーンズ区にありBMTアストリア線に入るおよび60丁目トンネル連絡線)の全長に渡って延びている。急行線はキャナル・ストリート (マンハッタン)から57丁目の間を走っており、キャナル・ストリートで分岐してマンハッタン橋を渡りに入るルートと、57丁目から北東に進み、セントラル・パークの下を通ってに入るルートがある(これまでは利用されていなかったが、IND2番街線で接続することが計画されている)。ブロードウェイ線は、1967年にBMTブライトン線とBMTウェストエンド線の大部分の列車がクリスティー・ストリート連絡線を経由してIND6番街線に移されたときまで、ブルックリンを走るBMTの路線の中で唯一デランシー・ストリートより北側からマンハッタンを抜ける出口であった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMTブロードウェイ線 · 続きを見る »

BMTフランクリン・アベニュー線

BMTフランクリン・アベニュー線(BMT Franklin Avenue Line)はニューヨーク市ブルックリン区内を走るニューヨーク市地下鉄の路線である。終日フランクリン街シャトルが運行されている。過去にはBMTブライトン線と直通運転を行っていたため、ブライトン-フランクリン線(Brighton-Franklin Line)とも呼ばれていた。 During renovation, a temporary shuttle bus and the B48 bus replaced train service.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMTフランクリン・アベニュー線 · 続きを見る »

BMTアストリア線

アストリア線(Astoria Line)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線で、クイーンズ区内を走っている。のアストリア-ディトマース・ブールバード駅からの39番街駅まで31丁目の上を走行し、そこから西に曲がってクイーンズボロ・プラザ駅に至る路線である。 全線で終日N系統が運行され、平日にはW系統も加わる。で建設された路線のため、1949年までIRTとBMTがIRT規格の車両で共同運行していたが、幅広のBMT規格の車両が入線できるようホームを削る改修工事が行われて共同運行は取り止めになった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMTアストリア線 · 続きを見る »

BMTウェスト・エンド線

BMTウェスト・エンド線(BMT West End Line)はブルックリン区ボロー・パーク、ニュー・ユトレヒト、バス・ビーチおよびコニ―アイランドを走るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。系統が終日全線を運行している。中央に急行線が敷かれた3線の路線で、急行停車駅も3駅あるが、現在は急行の定期列車は運行されていない。 開業前には地上をが走っており、これを高架化したのが本線である。ニュー・ユトレヒト・アベニュー線と呼ばれることもあった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMTウェスト・エンド線 · 続きを見る »

BMTカナーシー線

BMTカナーシー線(BMT Canarsie Line)はニューヨーク市地下鉄のBディビジョンの路線で、終端駅のあるブルックリン区のネイバーフッド()から名付けられた。しばしば14丁目-カナーシー線(14th Street - Canarsie Line)とも呼ばれる。終日L系統 が運行されており、ニューヨーク市地下鉄の路線図等ではライトスレートグレーのラインカラーで示されている。 カナーシー線はの一部で、イースタン・ディストリクト線(Eastern District Line)と呼ばれることもある。.これは旧ブルックリン市にウィリアムズバーグ市が統合された際に、がブルックリンの東部地区(イースタン・ディストリクト)である、とされたことにちなむ。ウィリアムズバーグはカナーシー線のブルックリン区内地下区間の起点となった場所であり、カナーシーに至る線路が引かれたのは後年のことである。グランド・ストリート駅の近くにあったイースタン・ディストリクト高校は1996年に閉校されるまでこの歴史的な地名を保っていた(現在はグランド・ストリート・エデュケーショナル・キャンパスとなっている)。 The Canarsie Railroad was chartered on May 8, 1906 as a BRT subsidiary (leased to the) and acquired the line on May 31, 1906.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMTカナーシー線 · 続きを見る »

BMTシー・ビーチ線

BMTシー・ビーチ線(BMT Sea Beach Line)はニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属する路線ででと接続し、広い掘割に設けられた複々線でブルックリン区コニーアイランドとの間を結んでいる。開業以来、マンハッタンとコニ―アイランドを結ぶ最速の急行列車(途中に急行停車駅がない)が運行されていたが、現在では各駅停車の系統が終日全線を運行している。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とBMTシー・ビーチ線 · 続きを見る »

障害を持つアメリカ人法

害を持つアメリカ人法(しょうがいをもつあめりかじんほう、Americans with Disabilities Act of 1990)は、1990年に制定された連邦法。ADAとも呼ばれる。また、アメリカ障害者法とも翻訳される。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と障害を持つアメリカ人法 · 続きを見る »

IND2番街線

IND2番街線(-にばんがいせん、IND Second Avenue Line)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの一部を構成する、一部計画中の地下鉄路線である。3.2km(2マイル)のトンネルと3つの駅からなる第1期事業区間がマンハッタン区2番街(Second Avenue)の直下に建設し、2017年1月1日に96丁目駅から、レキシントン街・63丁目駅までが開業した。計画段階では2番街地下鉄(Second Avenue Subway)と呼ばれていた。 IND2番街線は1929年から時折建設事業が計画されてきた。事業開始と大抵は資金不足による中断が幾度かあったのち、最も新しく、かつ最も金銭的に堅実な建設計画が開始されたのは、2007年4月20日、メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)によってスキアボーネ(Schiavone)・Shea・からなる共同企業体 S3 にトンネル掘削請負が認められた時であった。 この計画は準備的な建設作業と、AECOMとアラップ(Arup)からなる共同企業体が完成させた最終的なトンネルの設計に従っている。この事業の建設管理者はである。この請負契約と、2007年11月に受理されたとの間の正式な出資許可協定は、現存していると2番街-との間の新路線を建設する第1期事業のためのものである。におよぶ路線全体の総事業費は最大で170億ドルになると予想されている。 IND2番街線の着工式典は2007年4月12日に開催され、同年4月23日に建設業者は初期工事の現場準備を96丁目で行った。当初、トンネルボーリングマシン(掘削機)は工事開始後6~8ヶ月で到着する予定であったが、実用的な配置転換と掘削でボーリングマシンの「推進空間」を造ることが必要とされたため、現場への配置は2010年5月にまで遅れた。2010年5月までに、掘削機の推進空間が完成され、同年5月14日、MTAの工事請負業者は掘削機の導入と作動に成功した。2011年3月28日、共同事業体S3は65丁目への西側トンネルを完成させ、東側トンネルの掘削を開始した。同年9月22日、掘削機はレキシントン・アベニュー-63丁目駅の開口部までの掘削を完了した。2016年10月1日時点で第1期区間の97.2%が完工している。 この路線が多くの「偽の建設開始」と建設遅れを起こしてきた理由は多数あり、かつ複雑である。この路線は「時が忘れたあの路線」(The Line That Time Forgot)と呼ばれることもある。 IND2番街線計画の路線図。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とIND2番街線 · 続きを見る »

IND6番街線

IND6番街線(IND6ばんがいせん、)は、アメリカ合衆国のニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属する地下鉄路線である。マンハッタンにおいて主に6番街の下を走り、南側ではラトガース・ストリートトンネルを通ってブルックリン区へ通じている。インディペンデント・サブウェイ・システム (IND) にとって、1940年に完成した最後の幹線であった。ミッドタウン・マンハッタンにおいて6番街線を運行する、、および系統は、明るいオレンジ色で示されている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とIND6番街線 · 続きを見る »

IND8番街線

IND8番街線 (IND Eighth Avenue Line)は、ニューヨーク市地下鉄を構成している地下鉄路線の一つである。大型車を使用するBディビジョンに属する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とIND8番街線 · 続きを見る »

INDカルバー線

INDカルバー線(INDカルバーせん、)は、アメリカ合衆国のニューヨークにおいて、ブルックリン区のダウンタウンから南へコニーアイランドまでを結んでいる、ニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属する地下鉄路線である。IND6番街線やIND8番街線との連絡点である、の北側を起点とし、南へケンジントンのチャーチ・アベニュー駅まではおおむね複々線の地下鉄で、ゴワーナス運河を高架で乗り越えているが、この部分が当初のインディペンデント・サブウェイ・システム (IND) の路線網の中で唯一の地上構造部である。ケンジントンでは、勾配を上って、の一環として市が建設してが運行していた3線の高架路線へとつながる。この勾配路線が1954年に開通した後は、ケンジントンから北西へサンセットまでの旧路線がとして1975年まで運行されていた。路線の最後の区間はコニーアイランドの二層高架の下層部を通り、ここではBMTブライトン線が上を通っている。 カルバー線の緩行線は系統が運行し、またとチャーチ・ストリート駅の間は系統も運行されている。チャーチ・アベニュー駅より北側の急行線は、1976年から定期運行には使われておらず、またとの間でのピーク方向のみの急行線も定期運行は1987年までであった。 1954年まではブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT) 側の区間であった、カルバー線の高架区間は、もともとIND側の運行系統であったF系統のみが現在では運行し、またIND側の一環としてのキロ程が付けられ、信号系統もINDのものとなっている。しかし、チャーチ・アベニュー駅より南側の高架路線区間では、BMTの無線周波数であるB1が使われている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とINDカルバー線 · 続きを見る »

IRTレキシントン・アベニュー線

IRTレキシントン・アベニュー線(IRTレキシントン・アベニューせん 、イースト・サイド線あるいはレキシントン-4番街線とも)は、ニューヨーク市地下鉄Aディビジョンに属する地下鉄路線で、ロウアー・マンハッタンから北へイースト・ハーレムのまで通じている。ロウアー・マンハッタンとミッドタウンを走る区間は、ニューヨーク最初の地下鉄路線の一部であった。、、系統の列車が運行している。 レキシントン・アベニュー線は、何十年にもわたってマンハッタンで直接アッパー・イースト・サイドやミッドタウンの東側へ行ける唯一の路線であった。路線は複々線で、アメリカ合衆国でもっとも利用者の多い都市鉄道路線である。1日平均130万人の利用者がおり、これはサンフランシスコのバート(平日452,600人)、シカゴのシカゴ・L(平日772,900人)、ボストンのマサチューセッツ湾交通局(569,200人)などの各都市鉄道の1都市合計の利用者数より多い。2007年には、ワシントンメトロ全体の利用者も上回り、このことも一因となって、レキシントン・アベニュー線の混雑緩和のために並行するIND2番街線の建設にこの年着手することになった。 この路線では4駅が廃止となっている。10両編成対応のためにプラットホームの延長工事をした際に、これらの駅を廃止して、隣接駅に新しい出入口を設ける方が有益であると判断された。は、14丁目-ユニオン・スクエア駅とと近いために廃止された。これに加えて、とはどちらも、ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅のブルックリン・ブリッジ出口およびドュエイン・ストリート出口にとても近かったために廃止となった。そしてサウス・フェリー駅はまで歩いていける距離にあり、またIRTブロードウェイ-7番街線のサウス・フェリー駅に隣接してもいたことから廃止となった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とIRTレキシントン・アベニュー線 · 続きを見る »

IRTブロードウェイ-7番街線

IRTブロードウェイ-7番街線()、別称7番街線またはウェストサイド線(英語: West Side Line)はニューヨーク市地下鉄の路線。Aディビジョン(インターボロー・ラピッド・トランジット:IRT)の路線の一つであり、ロウアー・マンハッタンのサウス・フェリー駅から北進しブロンクス区リバーデイルのヴァン・コートラント・パーク-242丁目駅へ向かう。なお、チェンバーズ・ストリート駅で本線から分岐して南東方向へ進みクラーク・ストリート・トンネルを通ってのボロー・ホール駅へ向かうブルックリン支線(英語: Brooklyn Branch)もブロードウェイ-7番街線の一部である。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とIRTブロードウェイ-7番街線 · 続きを見る »

IRTフラッシング線

IRTフラッシング線 は、ニューヨーク市地下鉄のAディビジョンで運行されている地下鉄の路線である。当初はインターボロー・ラピッド・トランジット (IRT) のフラッシング線として建設され、クイーンズ区のからマンハッタンのタイムズスクエアまで運行していた。そして7系統の延伸によりマンハッタン西部のハドソン・ヤードまで延長され、フラッシング地区とマンハッタンのチェルシーを結ぶようになった。7系統の各駅停車に加えて、ラッシュ時にピークとなる方向にのみ急行が運転されている。 フラッシング線は、駅の案内表示や公式地下鉄地図、R188型車両の内部に表示された地図、およびの先頭と側面に表示された系統表示などでは、ラズベリー色で示されている。路線がフラッシング地区まで全通する以前は、コロナ線 あるいはウッドサイド・アンド・コロナ線 と呼ばれていた。ブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT) が1949年に運行を終了する以前は、タイムズ・スクエア駅とクイーンズボロ・プラザ駅の間はクイーンズボロ線 と呼ばれていた。 フラッシング線の構造物にはいろいろな形式のものがあり、鋼鉄製の桁式高架橋もあれば、ヨーロッパ式のコンクリート高架橋もある。地下駅にも独特な設計がある。ハンターズ・ポイント・アベニュー駅はであり、グランド・セントラル-42丁目駅はロンドン地下鉄の駅に似た円形チューブ状であり、そして34丁目-ハドソン・ヤード駅はワシントンメトロに似た深い円天井で広々とした内装となっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とIRTフラッシング線 · 続きを見る »

IRTイースタン・パークウェイ線

IRTイースタン・パークウェイ線(IRTイースタン・パークウェイせん、)は、ニューヨーク市地下鉄のAディビジョンの路線の1つで、から始まりに沿って南へ、そしてに沿って東へへと至っている。を過ぎると、路線は高架構造へと上っていき、IRTニューロッツ線となってのニューロッツ・アベニュー駅で終点となる。イースタン・パークウェイ線の西側の端は、イースト川の下をくぐるの中にある。 イースタン・パークウェイ線のの南側で、が緩行線の線路から分岐している。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とIRTイースタン・パークウェイ線 · 続きを見る »

MTAリージョナル・バス・オペレーションズ

MTAリージョナル・バス(MTA Regional Bus Operations, MTA RBO)は、2008年に発足したMTAの下部機関。MTAの運行する全てのバスの運行を管轄する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統とMTAリージョナル・バス・オペレーションズ · 続きを見る »

標準軌

標準軌(ひょうじゅんき、standard gauge)は、鉄道線路の軌間、すなわちレール頭頂部の内側の間隔が1435mm(4フィート8.5インチ1フィートの長さは地域により異なった。以下では特に断らない限りイングランドやアメリカ合衆国のフィート(1フィート.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と標準軌 · 続きを見る »

14丁目-ユニオン・スクエア駅

14丁目-ユニオン・スクエア駅(14th Street – Union Square)はマンハッタン区ユニオンスクエア近くにあるニューヨーク市地下鉄の複合駅で、BMTブロードウェイ線、BMTカナーシー線、IRTレキシントン・アベニュー線が相互に乗換できる。4番街 - 14丁目交差点にあり、以下の運行系統が乗り入れている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と14丁目-ユニオン・スクエア駅 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と1980年代 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と1990年代 · 続きを見る »

23丁目駅 (BMTブロードウェイ線)

23丁目駅(23ちょうめえき、英:23rd Street)はニューヨーク市地下鉄BMTブロードウェイ線の駅である。マンハッタン区フラットアイアン地区の西23丁目と5番街、ブロードウェイの交差点に位置し、N系統が週末と深夜のみ、Q系統が深夜のみ、R系統が深夜を除く終日、W系統が平日のみ停車する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と23丁目駅 (BMTブロードウェイ線) · 続きを見る »

28丁目駅 (BMTブロードウェイ線)

28丁目駅(28ちょうめえき、英:28th Street)はニューヨーク市地下鉄BMTブロードウェイ線の駅である。マンハッタン区ミッドタウンのブロードウェイと西28丁目の交差点に位置し、N系統が週末と深夜のみ、Q系統が深夜のみ、R系統が深夜を除く終日、W系統が平日のみ停車する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と28丁目駅 (BMTブロードウェイ線) · 続きを見る »

33丁目駅 (パストレイン)

33丁目駅 (さんじゅうさんちょうめえき、33rd Street) はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区にあるパストレイン (PATH) のターミナル駅である。6番街の32丁目と33丁目の間、グリーリー・スクエアの地下にある。この駅には地上とコンコースをつなぐエレベーターが設置されており、またコンコースとプラットホームはほぼ同一面にある。なお、パストレインのマンハッタン側のターミナル駅としてはもう一つ、ワールド・トレード・センター駅がある。 1910年開業時は駅は33丁目にあったが、1939年に32丁目に移転した。移転後も「33丁目」という駅名がそのまま使われている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と33丁目駅 (パストレイン) · 続きを見る »

42丁目シャトル

42丁目シャトル(42ちょうめシャトル、42nd Street Shuttle)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区を走るニューヨーク市地下鉄のシャトル鉄道路線である。かつてインターボロー・ラピッド・トランジット(IRT、都市高速交通会社)が保有・運営していた区間の一部である。グランド・セントラル駅からタイムズ・スクエア駅を結んでいる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と42丁目シャトル · 続きを見る »

49丁目駅 (BMTブロードウェイ線)

49丁目駅(49ちょうめえき、英:49th Street)はニューヨーク市地下鉄BMTブロードウェイ線の駅である。マンハッタン区ミッドタウンの西49丁目と7番街の交差点に位置し、N系統が終日、Q系統が深夜のみ、R系統が深夜を除く終日、W系統が平日のみ停車する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と49丁目駅 (BMTブロードウェイ線) · 続きを見る »

57丁目-7番街駅

57丁目-7番街駅(57th Street - Seventh Avenue)はミッドタウンの57丁目-7番街交差点にあるニューヨーク市地下鉄 BMTブロードウェイ線の駅である。N系統とQ系統は終日、R系統は深夜帯以外運行されている。 路線図や案内放送では当駅は57丁目-7番街駅と呼ばれるが、6番街の下を走るIND6番街線のと区別するためミッドタウン-57丁目駅(Midtown - 57th Street)と呼ばれることもある。カーネギー・ホールの最寄駅である。 |- | width.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と57丁目-7番街駅 · 続きを見る »

8丁目-ニューヨーク大学駅

8丁目-ニューヨーク大学駅(8ちょうめ-ニューヨークだいがくえき、英:8th Street–New York University)はニューヨーク市地下鉄BMTブロードウェイ線の駅である。マンハッタン区グリニッジ・ヴィレッジの西8番街とブロードウェイの交差点に位置し、N系統が週末と深夜のみ、Q系統が深夜のみ、R系統が深夜を除く終日、W系統が平日のみ停車する。また、駅名の通りニューヨーク大学がすぐ近くにあり、駅から8番街を西へ1ブロック進み更にマーサー通りを南へ2ブロック進むとそこがニューヨーク大学である。駅名が長いため略して8丁目-NYU駅 (8th Street–NYU) とも呼ばれる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Q系統と8丁目-ニューヨーク大学駅 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ニューヨーク市地下鉄Q線

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »