ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ニューヨーク市地下鉄Bディビジョン

索引 ニューヨーク市地下鉄Bディビジョン

Bディビジョン (B Division) あるいはBMTディビジョン (BMT Division)、INDディビジョン (IND Division) はニューヨーク市地下鉄のディビジョンの一つでアルファベットの系統 (A~G、J、L、M、N、Q、R、W、Z) とフランクリン街シャトル・ロッカウェイ・パーク・シャトルとその他25路線が属している。これらの系統および路線は1940年の地下鉄市営化以前はブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT) とインディペンデント・サブウェイ・システム (IND) の2社が運営しており、インターボロー・ラピッド・トランジット (IRT) の運営していた系統と路線の属しているAディビジョンよりも規格が大きく、それに伴い車両も大きくなっている。.

53 関係: マンハッタンマンハッタン橋モンタギュー・ストリート・トンネルロッカウェイ・パーク・シャトルブルックリン・マンハッタン・トランジットフランクリン街シャトルニューヨークニューヨーク市地下鉄ニューヨーク市地下鉄Aディビジョンニューヨーク市地下鉄A系統ニューヨーク市地下鉄B系統ニューヨーク市地下鉄C系統ニューヨーク市地下鉄D系統ニューヨーク市地下鉄E系統ニューヨーク市地下鉄F系統ニューヨーク市地下鉄G系統ニューヨーク市地下鉄HH系統ニューヨーク市地下鉄J・Z系統ニューヨーク市地下鉄L系統ニューヨーク市地下鉄M系統ニューヨーク市地下鉄N系統ニューヨーク市地下鉄Q系統ニューヨーク市地下鉄R系統ニューヨーク市地下鉄T系統ニューヨーク市地下鉄W系統ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティインディペンデント・サブウェイ・システムインターボロー・ラピッド・トランジットキビバイトクリスティー・ストリート連絡線BMT4番街線BMT5番街線BMTナッソー・ストリート線BMTマートル・アベニュー線BMTブライトン線BMTブロードウェイ線BMTフランクリン・アベニュー線BMTアストリア線BMTウェスト・エンド線BMTカナーシー線BMTシー・ビーチ線BMTジャマイカ線IND2番街線IND6番街線IND8番街線INDロッカウェイ線INDフルトン・ストリート線INDカルバー線INDクロスタウン線INDクイーンズ・ブールバード線...INDコンコース線IRTフラッシング線60丁目トンネル連絡線 インデックスを展開 (3 もっと) »

マンハッタン

マンハッタン(Manhattan、)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市の地区名で、ハドソン川河口部の中州であるマンハッタン島 (Manhattan Island)、あるいは、マンハッタン島が大部分を占めるマンハッタン区 (Manhattan Borough) のことである。ニューヨーク州のニューヨーク郡 (New York County) の郡域もマンハッタン区と同じである。マンハッタンはニューヨーク市の中心街とされる。 ニューヨーク州の行政上の州都はニューヨーク市のほぼ真北233キロメートル(145マイル)にあるオールバニに置かれているが、アメリカ最大の都市圏人口を背景にした経済・文化面の影響力により、ウォール街を擁するニューヨーク市のマンハッタンがニューヨーク州の中心であるともいえる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとマンハッタン · 続きを見る »

マンハッタン橋

マンハッタン橋 (Manhattan Bridge) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市のイースト川をまたぎ、マンハッタンとブルックリンを結ぶ鋼製の吊り橋である。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとマンハッタン橋 · 続きを見る »

モンタギュー・ストリート・トンネル

モンタギュー・ストリート・トンネル(英:Montague Street Tunnel)はマンハッタンとブルックリンの間にあるイースト川の下をくぐるBMT4番街線のトンネルである。ニューヨーク市地下鉄のN系統、R系統およびW系統がこのトンネルを通過しており、R系統は終日、N系統は深夜にフィナンシャル・ディストリクト経由の列車が、W系統はラッシュ時に上下それぞれ1日3本ずつ通過する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとモンタギュー・ストリート・トンネル · 続きを見る »

ロッカウェイ・パーク・シャトル

ッカウェイ・パーク・シャトル(Rockaway Park Shuttle)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区を走るニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属するシャトルである。かつて独立地下鉄網 (IND) が保有・運営していた区間の一部である。ブロード・チャンネル駅からロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅を結んでいる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとロッカウェイ・パーク・シャトル · 続きを見る »

ブルックリン・マンハッタン・トランジット

ニューヨークの路面電車網 コニー・アイランド駅入口 ブルックリン・マンハッタン・トランジット(、略称BMT)は、1923年に設立され、アメリカ合衆国のニューヨーク・ブルックリン区に本拠を置いていた、都市鉄道の会社である。BMTの鉄道網は、1940年にニューヨーク市に売却された。こんにちでは、インディペンデント・サブウェイ・システム (IND) の鉄道網とともに、ニューヨーク市地下鉄のBディビジョンとなっている。当時のBMTの路線網は現在では、、、、およびの各系統、そしてフランクリン街シャトル、さらにBMTのブルックリンにおける線路にINDが運行する、、の各系統、そしてクイーンズにおける系統の短い区間などになっている。系統の列車はウィリアムズバーグ橋を渡ったのち、クリスティー・ストリート連絡線を通じてINDの線路に乗り入れ、また系統の列車は60丁目トンネル連絡線を通じてINDの線路に乗り入れていた。系統の列車は系統のラッシュ時のピーク方向の輸送を補完する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとブルックリン・マンハッタン・トランジット · 続きを見る »

フランクリン街シャトル

フランクリン街シャトル(ふらんくりんがいしゃとる、Franklin Avenue Shuttle)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区を走るニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属するシャトル鉄道路線である。かつてブルックリン・マンハッタン交通会社 (BMT) が路線を保有・運営していた区間の一部である。フランクリン・アベニュー駅からプロスペクト・パーク駅を結んでいる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとフランクリン街シャトル · 続きを見る »

ニューヨーク

ニューヨーク市(New York City)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市。 1790年以来、同国最大の都市であり、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2000万人以上である.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄

R160A電車 ニューヨーク市地下鉄(ニューヨークしちかてつ、New York City Subway)は、ニューヨークシティー・トランジット・オーソリティー (NYCTA) によりニューヨーク州ニューヨーク市内で運行されている地下鉄(ラピッド・トランジット)である。 1904年に米国ではボストンに次ぐ2番目の地下鉄として開業した。開業当初は民営であったが、1932年にはそれとは別個に市営地下鉄も開業し、1940年の完全市営化を経て1953年からNYCTAによる運営が開始された。 路線網はマンハッタンを中心にスタテンアイランドを除く市内のほぼ全域に広がっており、路線延長は233マイル(375km)で地下鉄としては北京、上海、ロンドンに次いで世界で4番目の規模を有する。468駅が設置されており、全ての路線と駅で24時間営業が行われている。年間利用者数は約17億5000万人(2014年)で、世界で7番目に利用者が多い地下鉄でもある。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄Aディビジョン

Aディビジョン (A Division) もしくはIRTディビジョン (IRT Division) はニューヨーク市地下鉄のディビジョンの一つで数字の系統(1~7系統)と42丁目シャトルおよびその他12路線が属している。これらの系統と路線は1940年の地下鉄市営化以前はIRTが運営しており、BMTとINDが運営していた系統と路線が属しているBディビジョンよりも規格が小さく、それに伴い車両も小さくなっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄Aディビジョン · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄A系統

ニューヨーク市地下鉄A系統(ニューヨークしちかてつAけいとう)は、マンハッタンのインウッド-207丁目駅と、クイーンズのオゾン・パーク-レファーツ・ブールバード駅、ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅、及びロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅を結ぶ、ニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属する運行系統の一つ。ラインカラーはビビッドブルー。系統名は8番街線急行 (Eighth Avenue Express) である。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄A系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄B系統

ニューヨーク市地下鉄B系統(ニューヨークしちかてつBけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーはオレンジで、ブロンクス区ではINDコンコース線、マンハッタン区ではIND8番街線、IND6番街線、ブルックリン区ではBMTブライトン線を経由する。ベッドフォード・パーク・ブールバード駅から145丁目駅間はラッシュ時のみ走るようになった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄B系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄C系統

ニューヨーク市地下鉄C系統(ニューヨークしちかてつCけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーは青で、マンハッタン区ではIND8番街線、ブルックリン区ではINDフルトン・ストリート線を経由する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄C系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄D系統

ニューヨーク市地下鉄D系統(ニューヨークしちかてつDけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーはオレンジで、ブロンクス区ではINDコンコース線、マンハッタン区ではIND8番街線、IND6番街線、ブルックリン区ではBMT4番街線、BMTウェスト・エンド線を経由する。0:00~6:30までの深夜時間帯は、ブルックリン地区各駅停車である。 D service was increased on October 24, 1949 in order to offset the loss off CC service.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄D系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄E系統

ニューヨーク市地下鉄E系統(ニューヨークしちかてつEけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーは青で、クイーンズ区ではINDアーチャー・アベニュー線、INDクイーンズ・ブールバード線、マンハッタン区ではIND8番街線を経由する。ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅からジャマイカ-179丁目駅間はラッシュ時のわずかな列車のみ走るようになった。 8番街各駅停車との系統名が付けられているが、クイーンズ区内では深夜を除き急行運転を行っており、サットフィン・ブルバード-アーチャー・アベニュー-JFKエアポート駅接続でジョン・F・ケネディ国際空港とアッパー・マンハッタンを中心としたマンハッタンとのアクセス路線になっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄E系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄F系統

ニューヨーク市地下鉄F系統(ニューヨークしちかてつFけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーはオレンジで、クイーンズ区ではINDクイーンズ・ブールバード線、IND63丁目線、マンハッタン区ではIND6番街線、ブルックリン区ではINDカルヴァー線を経由する。フォレスト・ヒルズ-71番街駅から21丁目-クイーンズブリッジ駅までのクイーンズ区内では急行運転。マンハッタン地区とブルックリン地区は各駅停車。この路線は時間帯による変更はなく、24時間変わらないままである。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄F系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄G系統

ニューヨーク市地下鉄G系統(ニューヨークしちかてつGけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーは浅緑で、クイーンズ区ではINDクロスタウン線、ブルックリン区ではINDカルバー線を経由する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄G系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄HH系統

HH系統の路線ロゴ ニューヨーク市地下鉄HH系統は1930年代に存在したニューヨーク市地下鉄の運行系統である。ニューヨーク市内の地下鉄網が市営に一元化される以前のインディペンデント・サブウェイ・システムの路線で最後に設けられたもので、ブルックリン区内のINDフルトン・ストリート線を運行していた。 当初はの支線にあるコート・ストリート駅からクイーンズ区境近くにあるまでの各駅停車系統となる予定であり、複々線区間での急行運転はおよびマンハッタン方面からの列車で行う予定であった。 1936年4月9日にフルトン・ストリート線が開業すると、全列車がマンハッタンまで運行され、HH系統はコート・ストリート駅 - ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅間を途中停車なしで結ぶシャトル運行となった。HH系統は平日と土曜日の7時から19時まで運行 され、ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅では一番外側の線路・ホームに停車しフルトン・ストリート線とクロスタウン線に乗り換えることができた。 HH系統 の停車駅はわずか3ブロックしか離れておらず、利用者数の低迷から1946年6月1日をもって廃止された。その後、ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅の一番外側の線路とホームは営業運転ではまったく使われていない。 コート・ストリート駅は現在ではニューヨーク交通博物館になっているが、INDフルトン・ストリート線の線路は今でもコート・ストリート駅まで繋がっており、保存車両の展示走行などの際に使用されている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄HH系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄J・Z系統

ニューヨーク市地下鉄J・Z系統(ニューヨークしちかてつJ/Zけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーは茶色で。クイーンズ区ではBMTアーチャー・アベニュー線、ブルックリン区ではBMTジャマイカ線、マンハッタン区ではBMTナッソー・ストリート線を経由する。 Z線の千鳥急行はラッシュ時のみ走るようになった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄J・Z系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄L系統

ニューヨーク市地下鉄L系統(ニューヨークしちかてつLけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーは灰色/銀色で、BMTカナーシー線を通っている。8番街駅(マンハッタン区)からカナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅(ブルックリン区)を結んでいる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄L系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄M系統

ニューヨーク市地下鉄M系統(ニューヨークしちかてつMけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーはオレンジで、クイーンズ区ではINDクイーンズ・ブールバード線、マンハッタン区ではIND6番街線、BMTナッソー・ストリート線、ブルックリン区ではBMTジャマイカ線、BMTマートル・アベニュー線を経由する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄M系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄N系統

ニューヨーク市地下鉄N系統(ニューヨークしちかてつNけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。カラーは黄色。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄N系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄Q系統

ニューヨーク市地下鉄Q系統(ニューヨークしちかてつQけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統。ラインカラーは黄色(サンフラワー・イエロー)で、マンハッタン区ではBMTブロードウェイ線、ブルックリン区ではBMTブライトン線を経由する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄Q系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄R系統

ニューヨーク市地下鉄R系統(ニューヨークしちかてつRけいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運転系統である。ラインカラーは黄色で、クイーンズ区ではINDクイーンズ・ブールバード線、マンハッタン区ではBMTブロードウェイ線、ブルックリン区ではBMT4番街線を経由する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄R系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄T系統

ニューヨーク市地下鉄T系統(ニューヨークしちかてつTけいとう)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンにおいて運行が予定されている系統である。2番街普通 (Second Avenue Local) とも呼ばれ、その名の通りIND2番街線を走行する予定で系統カラーは2番街線ラインカラーと同じターコイズブルーとなる。 2番街線は建設途中で建設の第一段階として2017年1月に完成した63丁目駅 - 間のみの運行に留まっている。しかし、同区間を運行中の系統はN系統とQ系統、R系統のみでありT系統は63丁目駅からハウストン・ストリート駅までの建設3段階目の区間が開通するまで運行されない。 なお、本項目では1916年6月24日から1968年まで運行されていたBMTウェスト・エンド線のT系統およびTT系統についても解説する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄T系統 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄W系統

ニューヨーク市地下鉄W系統はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの運行系統である。MTAの資金難のため、2001年7月21日から2010年6月25日まで一時運休されていた。路線エンブレムはマンハッタン区内のBMTブロードウェイ線が使っていたサンフラワー・イエローに塗られている。W系統は、BMTブロードウェイ線でマンハッタン区内を走行したあとイースト川をで潜ってクイーンズ区に入り、BMTアストリア線を走行する。2004年まではBMT4番街線とBMTウェスト・エンド線経由でブルックリン区まで走っていた。 現地では”Broadway Local”とも呼ばれている。 IND2番街線の開業に合わせた運行パターン変更の一環として、 メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)は2016年11月7日から運用開始当時のエンブレムと2004年-2010年の経路でW系統 の運行を再開した。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨーク市地下鉄W系統 · 続きを見る »

ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ

ニューヨークシティー・トランジット・オーソリティー(英:New York City Transit Authority)は、NYC Transit(NYCTA)の通称で知られるアメリカ合衆国ニューヨーク州の独立公益会社(公社)。ニューヨーク市の地下鉄とバスを運営している。NYC Transit Authorityはニューヨーク市政府の部局や外局ではなく、現在は同じく公共法人であるメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)の関連法人である。ニューヨーク州公共法人法(the public authorities law)第5条第9項(New York City Transit Authority)の定めに従い、MTAの会長と執行役員がNYCTAの会長と執行役員を兼務する。 日本語では主にニューヨーク市都市交通局(—し としこうつう きょく)と訳される。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ · 続きを見る »

インディペンデント・サブウェイ・システム

インディペンデント・サブウェイ・システム(、略称INDまたはISS、かつてはインディペンデント・シティオウンド・サブウェイ・システム、、略称ICOS、あるいはインディペンデント・シティオウンド・ラピッド・トランジット、)は、こんにちのニューヨーク市地下鉄の一部となった、かつてのニューヨークの都市鉄道網である。最初の路線は、マンハッタンに1932年にIND8番街線として建設された。 INDは、現在のニューヨーク市地下鉄を形成することになった3つの鉄道網のうちの1つで、民間企業あるいは共同出資による運営であったインターボロー・ラピッド・トランジット (IRT) とブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT) と異なり、ニューヨーク市政府が完全に所有し運営する意図で設立された。IRTおよびBMTと1940年に統合された。 もともとINDが運行していた系統は、現代の地下鉄網では、、、、、、の各系統となっている。これに加えて、BMTのと系統は、現在では一部でINDの線路を走っている。ロッカウェイ・パーク・シャトルは系統を補完している。運行上は、INDとBMTの路線網および列車は、合わせてBディビジョンと呼ばれている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとインディペンデント・サブウェイ・システム · 続きを見る »

インターボロー・ラピッド・トランジット

IRT Powerhouse label.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとインターボロー・ラピッド・トランジット · 続きを見る »

キビバイト

ビバイト (kibibyte) とはコンピュータの容量や記憶装置の大きさをあらわす情報の単位の一つ。KiBと略記する。 2を表す1,024バイトを表す言葉である。情報の最小単位ビットのような0か1といった二択がそうであるように、コンピュータの容量は二進法や2の累乗の方が表示しやすい。しかし本来SI接頭辞であり10を表すキロを使ったキロバイトは1,000バイトの意である。このためIECが決めた2進接頭辞を用いキビバイトとしている。この呼び名を推奨している。kibibyteとは a contraction of kilo binary byte のことである。1キビバイトを1,000バイトという意味に使うと誤りとなる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとキビバイト · 続きを見る »

クリスティー・ストリート連絡線

リスティー・ストリート連絡線(クリスティー・ストリートれんらくせん、英:Chrystie Street Connection)はマンハッタンのロウアー・イースト・サイドにあるクリスティ・ストリートの下を走るニューヨーク市地下鉄の路線である。 路線はBMTとINDの数少ない連絡線の一つであり、Bディビジョンを構成している路線の一つである。IND6番街線からウィリアムズバーグ橋経由でBMTジャマイカ線と、マンハッタン橋経由でBMTブライトン線を結んでいる。 路線建設プロジェクトの中にはとIND6番街線の57丁目駅の建設も含まれていた。グランド・ストリート駅は当路線内の駅であるが57丁目駅は当路線と直接の接続はしていない。 この路線はIND2番街線建設計画の一部として計画されており、そのうちの完成した区間の一つである。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンとクリスティー・ストリート連絡線 · 続きを見る »

BMT4番街線

BMT4番街線(BMT4ばんがいせん、)は、ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンに属する地下鉄路線で、主にブルックリン区のの下を走っている。、、系統の列車が運行され、一部の系統の列車もラッシュ時に運転される。R系統は線内を常時各駅停車として走り、D、N系統は日中は急行線を、夜間は緩行線を走り、W系統は常時緩行線を走る。 全線が地下を走っており、のコート・ストリート駅の西側で、マンハッタンのBMTブロードウェイ線およびBMTナッソー・ストリート線からイースト川をくぐるモンタギュー・ストリート・トンネルからつながる複線の路線として始まる。モンタギュー・ストリートおよびウィロビー・ストリートの下を東へ走って、での下を南東へ向きを変える。ディカルブ・アベニュー駅では、北西方向のマンハッタン橋からやってくる急行線が、BMTブライトン線から分岐して4番街線に合流する。アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅で、路線は南西方向に曲がって、終点のベイ・リッジ-95丁目駅まで4番街の下を走る。アトランティック・アベニュー駅から南へ向かう途中、で急行線と緩行線の両方からBMTウェスト・エンド線が分岐し、より南では急行線がBMTシー・ビーチ線として分岐となる。 4番街は、通りの拡幅が行われた際に近隣の土地所有者に課された課税査定条件のために、路面電車も高架鉄道も敷設されたことがなかった。4番街線の建設はひとえに地域のコミュニティの努力によって実施された。路線の開通後、それに伴う開発がダイカー・ハイツ、フォート・ハミルトン、ベイ・リッジといった地域を変化させていった。ディカルブ・アベニュー駅の分岐構造の改造の一環として、が1956年に廃止されている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMT4番街線 · 続きを見る »

BMT5番街線

BMT5番街線 (BMT Fifth Avenue Line) 、または5番街高架線 (Fifth Avenue Elevated) 、5番街-ベイリッジ線 (Fifth Avenue-Bay Ridge Line)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンにあった高架鉄道路線である。ハドソン・アベニューからフラットブッシュ・アベニュー、5番街を経由しベイリッジのある3番街までを結んでいた。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMT5番街線 · 続きを見る »

BMTナッソー・ストリート線

BMTナッソー・ストリート線(BMT Nassau Street Line)はニューヨーク市マンハッタン区を走るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。 ブルックリン区を走るBMTジャマイカ線とはウィリアムズバーグ橋西詰で繋がっている。また、BMTブロードウェイ線とはモンタギュー・ストリート・トンネル手前で接続している(2010年7月からブロード・ストリート駅以南の直通運転は中止されている)。 終日'''J系統'''が運行されている。'''Z系統'''はラッシュ時の混雑方向のみの補完的な運行系統である。 正式な路線名称こそナッソー・ストリート線となっているが、ナッソー・ストリート上にある駅はフルトン・ストリート駅だけしかない。 ナッソー・ストリート線では'''M系統'''が運行されていたことがある。2010年6月28日からM系統はの代わりにクリスティー・ストリート連絡線経由でIND6番街線に乗り入れるようになったため、現在ではM系統が停車するナッソー・ストリート線の駅はエセックス・ストリート駅だけになっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTナッソー・ストリート線 · 続きを見る »

BMTマートル・アベニュー線

BMTマートル・アベニュー線(Myrtle Avenue Line)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線で、全線高架化されている。このため、マートル・アベニュー高架線(Myrtle Avenue Elevated)とも呼ばれている。この路線はかつてブルックリン区を走っていた高架鉄道の中で最後まで残っている区間である。現在はBMTジャマイカ線の支線としてブッシュウィック、リッジウッドを結び、開業当時からの終点(東端)であるミドル・ヴィレッジに向かっている。西側は1969年まではまで延びており、さらに1944年まではブルックリン橋を越えた先のマンハッタンのが終点であった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTマートル・アベニュー線 · 続きを見る »

BMTブライトン線

BMTブライトン線(BMT Brighton Line)はニューヨーク市ブルックリン区を走るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。終日各駅停車のQ系統が運行され、平日には急行のB系統も加わる。Q系統は南端のコニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅からブライトン線全線を走行した後マンハッタン橋南線からBMTブロードウェイ線に乗り入れているB系統はブライトン・ビーチ駅から出てマンハッタン橋北線を通ってIND6番街線に乗り入れている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTブライトン線 · 続きを見る »

BMTブロードウェイ線

BMTブロードウェイ線(BMT Broadway Line) はニューヨーク市・マンハッタンを走るニューヨーク市地下鉄の路線である。大型車両を使用するBディビジョンに属する。2010年の時点で、急行線でQ系統、緩行線でN系統・Q系統・R系統)が運行されており、ラインカラーはいずれも黄色である。この路線はしばしば " and "と呼ばれるが、これはマンハッタン橋が架け替えのため長期に渡って閉鎖されていた際に、この2系統だけが運行されていたことに由来している。ブロードウェイ線はブルックリン・ラピッド・トランジット(後のブルックリン・マンハッタン・トランジット)がミッドタウンにアクセスするために建設された。 路線名はから7番街(タイムズスクエア)にかけてブロードウェイの地下を通ることにちなんでいる。また、ロウアー・マンハッタンのビージー・ストリート、ホワイトホール・ストリート、 トリニティ・プレイスおよびチャーチ・ストリートと、ミッドタウンの7番街、59丁目、60丁目も通っている。緩行線はイースト川をくぐる2本のトンネル(ブルックリン区にありに向かうモンタギュー・ストリート・トンネルと、クイーンズ区にありBMTアストリア線に入るおよび60丁目トンネル連絡線)の全長に渡って延びている。急行線はキャナル・ストリート (マンハッタン)から57丁目の間を走っており、キャナル・ストリートで分岐してマンハッタン橋を渡りに入るルートと、57丁目から北東に進み、セントラル・パークの下を通ってに入るルートがある(これまでは利用されていなかったが、IND2番街線で接続することが計画されている)。ブロードウェイ線は、1967年にBMTブライトン線とBMTウェストエンド線の大部分の列車がクリスティー・ストリート連絡線を経由してIND6番街線に移されたときまで、ブルックリンを走るBMTの路線の中で唯一デランシー・ストリートより北側からマンハッタンを抜ける出口であった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTブロードウェイ線 · 続きを見る »

BMTフランクリン・アベニュー線

BMTフランクリン・アベニュー線(BMT Franklin Avenue Line)はニューヨーク市ブルックリン区内を走るニューヨーク市地下鉄の路線である。終日フランクリン街シャトルが運行されている。過去にはBMTブライトン線と直通運転を行っていたため、ブライトン-フランクリン線(Brighton-Franklin Line)とも呼ばれていた。 During renovation, a temporary shuttle bus and the B48 bus replaced train service.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTフランクリン・アベニュー線 · 続きを見る »

BMTアストリア線

アストリア線(Astoria Line)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線で、クイーンズ区内を走っている。のアストリア-ディトマース・ブールバード駅からの39番街駅まで31丁目の上を走行し、そこから西に曲がってクイーンズボロ・プラザ駅に至る路線である。 全線で終日N系統が運行され、平日にはW系統も加わる。で建設された路線のため、1949年までIRTとBMTがIRT規格の車両で共同運行していたが、幅広のBMT規格の車両が入線できるようホームを削る改修工事が行われて共同運行は取り止めになった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTアストリア線 · 続きを見る »

BMTウェスト・エンド線

BMTウェスト・エンド線(BMT West End Line)はブルックリン区ボロー・パーク、ニュー・ユトレヒト、バス・ビーチおよびコニ―アイランドを走るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。系統が終日全線を運行している。中央に急行線が敷かれた3線の路線で、急行停車駅も3駅あるが、現在は急行の定期列車は運行されていない。 開業前には地上をが走っており、これを高架化したのが本線である。ニュー・ユトレヒト・アベニュー線と呼ばれることもあった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTウェスト・エンド線 · 続きを見る »

BMTカナーシー線

BMTカナーシー線(BMT Canarsie Line)はニューヨーク市地下鉄のBディビジョンの路線で、終端駅のあるブルックリン区のネイバーフッド()から名付けられた。しばしば14丁目-カナーシー線(14th Street - Canarsie Line)とも呼ばれる。終日L系統 が運行されており、ニューヨーク市地下鉄の路線図等ではライトスレートグレーのラインカラーで示されている。 カナーシー線はの一部で、イースタン・ディストリクト線(Eastern District Line)と呼ばれることもある。.これは旧ブルックリン市にウィリアムズバーグ市が統合された際に、がブルックリンの東部地区(イースタン・ディストリクト)である、とされたことにちなむ。ウィリアムズバーグはカナーシー線のブルックリン区内地下区間の起点となった場所であり、カナーシーに至る線路が引かれたのは後年のことである。グランド・ストリート駅の近くにあったイースタン・ディストリクト高校は1996年に閉校されるまでこの歴史的な地名を保っていた(現在はグランド・ストリート・エデュケーショナル・キャンパスとなっている)。 The Canarsie Railroad was chartered on May 8, 1906 as a BRT subsidiary (leased to the) and acquired the line on May 31, 1906.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTカナーシー線 · 続きを見る »

BMTシー・ビーチ線

BMTシー・ビーチ線(BMT Sea Beach Line)はニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属する路線ででと接続し、広い掘割に設けられた複々線でブルックリン区コニーアイランドとの間を結んでいる。開業以来、マンハッタンとコニ―アイランドを結ぶ最速の急行列車(途中に急行停車駅がない)が運行されていたが、現在では各駅停車の系統が終日全線を運行している。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTシー・ビーチ線 · 続きを見る »

BMTジャマイカ線

BMTジャマイカ線(ビーエムティジャマイカせん、BMT Jamaica Line)はニューヨーク市のブルックリン区とクイーンズ区を結ぶニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。ブルックリンのブロードウェイ線(Broadway (Brooklyn) Line)と呼ばれることもある。ウィリアムズバーグ橋からブロードウェイ上を南東にへ、さらにおよびの上を東進してクイーンズ区ジャマイカに至る。ジャマイカ西部でトンネルに入り、ジャマイカ中部での下層線になる。J・Z系統はジャマイカ線全線、M系統はマートル・アベニュー駅以西で運行されている。 ジャマイカ線はニューヨーク市地下鉄の中で最長の高架路線で、最古の高架区間であるゲイツ・アベニュー駅 - ヴァン・シックレン・アベニュー駅間(1885年におよびとして開業)と、最新の高架区間であるアーチャー・アベニュー線(地下)に下る坂路(1988年開業)を含んでいる。 ブルックリン・マンハッタン・トランジット社(BMT)が運行していた頃は路線案内も東西方向で行われており、概ね実際の方角と一致していた。しかし、運行主体がニューヨークシティ・トランジット・オーソリティになってからは路線案内は南北方向で行われるようになり、BMT時代の西が北、東が南に読み替えられた。このため、に至るBMTナッソー・ストリート線では運行系統により南北が異なることになった。混乱を防ぐためにBMT東部地区では方向の反転が行われ、ジャマイカ方面が北行になった。(後に'''K系統'''を経て'''J・Z系統''')と現在の'''M系統'''はクリスティー・ストリート連絡線経由でIND6番街線と接続しジャマイカあるいはメトロポリタン・アベニュー駅が南端とされていたため、例外としてそのまま残された。 but engineering studies completed after the work started indicated that the vibration of trains passing over the stations would be too severe and would literally shake the stations apart. Between Crescent Street station and Cypress Hills, the line runs on an "S-curve", turning north from  onto Crescent Street, then east onto. The curves are at nearly 90-degree angles, forcing trains to drastically reduce speed to 15 miles per hour in order to traverse them. The line east of Cypress Hills is known as the Jamaica Avenue Line, the newest section of the line which was built under the Dual Contracts. This structure has provisions on its entire length for three tracks,New York Times,, July 7, 1918, page 30 but a center track was never built, with the exception of a layup track at  and another between 160th Street and 168th Street on the now-demolished original end of the line. Four curves on the line, including the two on the Jamaica Avenue "S-curve", rank among the 30 sharpest curves in the subway system.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとBMTジャマイカ線 · 続きを見る »

IND2番街線

IND2番街線(-にばんがいせん、IND Second Avenue Line)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの一部を構成する、一部計画中の地下鉄路線である。3.2km(2マイル)のトンネルと3つの駅からなる第1期事業区間がマンハッタン区2番街(Second Avenue)の直下に建設し、2017年1月1日に96丁目駅から、レキシントン街・63丁目駅までが開業した。計画段階では2番街地下鉄(Second Avenue Subway)と呼ばれていた。 IND2番街線は1929年から時折建設事業が計画されてきた。事業開始と大抵は資金不足による中断が幾度かあったのち、最も新しく、かつ最も金銭的に堅実な建設計画が開始されたのは、2007年4月20日、メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)によってスキアボーネ(Schiavone)・Shea・からなる共同企業体 S3 にトンネル掘削請負が認められた時であった。 この計画は準備的な建設作業と、AECOMとアラップ(Arup)からなる共同企業体が完成させた最終的なトンネルの設計に従っている。この事業の建設管理者はである。この請負契約と、2007年11月に受理されたとの間の正式な出資許可協定は、現存していると2番街-との間の新路線を建設する第1期事業のためのものである。におよぶ路線全体の総事業費は最大で170億ドルになると予想されている。 IND2番街線の着工式典は2007年4月12日に開催され、同年4月23日に建設業者は初期工事の現場準備を96丁目で行った。当初、トンネルボーリングマシン(掘削機)は工事開始後6~8ヶ月で到着する予定であったが、実用的な配置転換と掘削でボーリングマシンの「推進空間」を造ることが必要とされたため、現場への配置は2010年5月にまで遅れた。2010年5月までに、掘削機の推進空間が完成され、同年5月14日、MTAの工事請負業者は掘削機の導入と作動に成功した。2011年3月28日、共同事業体S3は65丁目への西側トンネルを完成させ、東側トンネルの掘削を開始した。同年9月22日、掘削機はレキシントン・アベニュー-63丁目駅の開口部までの掘削を完了した。2016年10月1日時点で第1期区間の97.2%が完工している。 この路線が多くの「偽の建設開始」と建設遅れを起こしてきた理由は多数あり、かつ複雑である。この路線は「時が忘れたあの路線」(The Line That Time Forgot)と呼ばれることもある。 IND2番街線計画の路線図。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとIND2番街線 · 続きを見る »

IND6番街線

IND6番街線(IND6ばんがいせん、)は、アメリカ合衆国のニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属する地下鉄路線である。マンハッタンにおいて主に6番街の下を走り、南側ではラトガース・ストリートトンネルを通ってブルックリン区へ通じている。インディペンデント・サブウェイ・システム (IND) にとって、1940年に完成した最後の幹線であった。ミッドタウン・マンハッタンにおいて6番街線を運行する、、および系統は、明るいオレンジ色で示されている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとIND6番街線 · 続きを見る »

IND8番街線

IND8番街線 (IND Eighth Avenue Line)は、ニューヨーク市地下鉄を構成している地下鉄路線の一つである。大型車を使用するBディビジョンに属する。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとIND8番街線 · 続きを見る »

INDロッカウェイ線

INDロッカウェイ線(INDロッカウェイせん、)は、ニューヨークのクイーンズ区で運行されているニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの地下鉄路線である。INDフルトン・ストリート線からで分岐し、ジャマイカ湾上を通ってへと至る。系統の列車がこの路線を走り、ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅へ向かう側の支線を走る。またロッカウェイ・パーク・シャトルがとロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅の間の支線を運行している。ラッシュ時のA系統の列車5本が、ロッカウェイ・パークとマンハッタンの間を直通運行している。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとINDロッカウェイ線 · 続きを見る »

INDフルトン・ストリート線

INDフルトン・ストリート線 (IND Fulton Street Line)は、イースト川下のクランベリー・ストリート・トンネルからブルックリン区の中央を通りクイーンズ区に至るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。INDロッカウェイ線がから東に分岐している。A系統は本線の地下区間を日中は急行、夜間は各駅停車として運行され、高架区間は終日各駅停車する。C系統 は地下区間を深夜帯以外に運行している。 フルトン・ストリート線はフルトン・ストリート、ピトキン・アベニュー、リバティ・アベニューに沿って走っている。本線の大部分を占める地下区間は市営のインディペンデント・サブウェイ・システム(IND)の路線として1936年から1956年にかけて建設された。クイーンズ区内の高架区間は元はブルックリン・マンハッタン・トランジット(BMT)のの一部で、ブルックリン区内の高架区間は地下鉄の開業に伴い廃止・撤去された。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとINDフルトン・ストリート線 · 続きを見る »

INDカルバー線

INDカルバー線(INDカルバーせん、)は、アメリカ合衆国のニューヨークにおいて、ブルックリン区のダウンタウンから南へコニーアイランドまでを結んでいる、ニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属する地下鉄路線である。IND6番街線やIND8番街線との連絡点である、の北側を起点とし、南へケンジントンのチャーチ・アベニュー駅まではおおむね複々線の地下鉄で、ゴワーナス運河を高架で乗り越えているが、この部分が当初のインディペンデント・サブウェイ・システム (IND) の路線網の中で唯一の地上構造部である。ケンジントンでは、勾配を上って、の一環として市が建設してが運行していた3線の高架路線へとつながる。この勾配路線が1954年に開通した後は、ケンジントンから北西へサンセットまでの旧路線がとして1975年まで運行されていた。路線の最後の区間はコニーアイランドの二層高架の下層部を通り、ここではBMTブライトン線が上を通っている。 カルバー線の緩行線は系統が運行し、またとチャーチ・ストリート駅の間は系統も運行されている。チャーチ・アベニュー駅より北側の急行線は、1976年から定期運行には使われておらず、またとの間でのピーク方向のみの急行線も定期運行は1987年までであった。 1954年まではブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT) 側の区間であった、カルバー線の高架区間は、もともとIND側の運行系統であったF系統のみが現在では運行し、またIND側の一環としてのキロ程が付けられ、信号系統もINDのものとなっている。しかし、チャーチ・アベニュー駅より南側の高架路線区間では、BMTの無線周波数であるB1が使われている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとINDカルバー線 · 続きを見る »

INDクロスタウン線

INDクロスタウン線(IND Crosstown Line)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線で、ブルックリン区とクイーンズ区を結んでいる。ブルックリン区西部とクイーンズ区北西部を結ぶ街区(town)間運行をすることからブルックリン-クイーンズ・クロスタウン線(Brooklyn-Queens Crosstown Line)とも呼ばれ、これが線区名の由来となっている。ニューヨーク市地下鉄の主要線区の中で、マンハッタンとの間に列車が運転されない唯一の線区である。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとINDクロスタウン線 · 続きを見る »

INDクイーンズ・ブールバード線

INDクイーンズ・ブールバード線(IND Queens Boulevard Line、QBLとも略される)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線で、マンハッタン区とクイーンズ区を結んでいる。全線地下を通り、マンハッタンから53丁目の下を通って東進しクイーンズ区ジャマイカに向かっている。マンハッタンおよびクイーンズ区ロングアイランド・シティの複線区間はIND53丁目線(IND 53rd Street Line)とも呼ばれる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとINDクイーンズ・ブールバード線 · 続きを見る »

INDコンコース線

INDコンコース線(INDコンコースせん、)は、ニューヨーク市地下鉄を構成する地下鉄の路線である。ブロンクス区のにあるノーウッド-205丁目駅と、マンハッタンのハーレムにある145丁目駅を結んでいる。ブロンクスにある路線としては唯一Bディビジョンに属しており、また全線が地下を走るブロンクスで唯一の路線でもある。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとINDコンコース線 · 続きを見る »

IRTフラッシング線

IRTフラッシング線 は、ニューヨーク市地下鉄のAディビジョンで運行されている地下鉄の路線である。当初はインターボロー・ラピッド・トランジット (IRT) のフラッシング線として建設され、クイーンズ区のからマンハッタンのタイムズスクエアまで運行していた。そして7系統の延伸によりマンハッタン西部のハドソン・ヤードまで延長され、フラッシング地区とマンハッタンのチェルシーを結ぶようになった。7系統の各駅停車に加えて、ラッシュ時にピークとなる方向にのみ急行が運転されている。 フラッシング線は、駅の案内表示や公式地下鉄地図、R188型車両の内部に表示された地図、およびの先頭と側面に表示された系統表示などでは、ラズベリー色で示されている。路線がフラッシング地区まで全通する以前は、コロナ線 あるいはウッドサイド・アンド・コロナ線 と呼ばれていた。ブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT) が1949年に運行を終了する以前は、タイムズ・スクエア駅とクイーンズボロ・プラザ駅の間はクイーンズボロ線 と呼ばれていた。 フラッシング線の構造物にはいろいろな形式のものがあり、鋼鉄製の桁式高架橋もあれば、ヨーロッパ式のコンクリート高架橋もある。地下駅にも独特な設計がある。ハンターズ・ポイント・アベニュー駅はであり、グランド・セントラル-42丁目駅はロンドン地下鉄の駅に似た円形チューブ状であり、そして34丁目-ハドソン・ヤード駅はワシントンメトロに似た深い円天井で広々とした内装となっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄BディビジョンとIRTフラッシング線 · 続きを見る »

60丁目トンネル連絡線

60丁目トンネル連絡線(60ちょうめトンネルれんらくせん、) もしくは11丁目連絡線()・11丁目カット (11th Street Cut) はイースト川の下を潜っているBMTブロードウェイ線のとアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区のクイーンズ・プラザ駅西側のINDクイーンズ・ブールバード線を結ぶニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。11丁目連絡線という線名は当路線の上を走る通りの名前から来ている。連絡線という性質上線内に駅はなく、R系統が深夜まで通過する。 路線は1955年12月1日に開通、ブルックリンからBMTの列車でINDのクイーンズ・ブールバード線を利用する事を可能にし、また線路容量の増加にも繋がりINDクイーンズ・ブールバード線では1時間に20本の列車が増える事となった。また、後にできる当路線と同じくBMTとINDの連絡線であるクリスティー・ストリート連絡線とは違いこちらはBMT、IND双方の車両と乗務員が混在する事が無くそれぞれがそれぞれの車両を運転し他社線へ直通していた。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンと60丁目トンネル連絡線 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »