ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ニューヨーク市地下鉄5系統

索引 ニューヨーク市地下鉄5系統

ニューヨーク市地下鉄5系統(ニューヨークしちかてつ5けいとう)は、ニューヨーク市地下鉄Aディビジョンの運転系統。カラーは緑で、ブロンクスではIRTダイアー・アベニュー線、ホワイト・プレーンズ・ロード線、ジェローム・アベニュー線、マンハッタンではレキシントン・アベニュー線、ブルックリンではイースタン・パークウェイ線、ノストランド・アベニュー線、ニューロッツ線を経由する。.

13 関係: ネレイド・アベニュー駅ブロンクス区ニューヨーク市地下鉄ニューヨーク市地下鉄Aディビジョンニューヨークシティ・トランジット・オーソリティIRTノストランド・アベニュー線IRTレキシントン・アベニュー線IRTニューロッツ線IRTホワイト・プレーンズ・ロード線IRTダイアー・アベニュー線IRTイースタン・パークウェイ線IRTジェローム・アベニュー線標準軌

ネレイド・アベニュー駅

ネレイド・アベニュー駅 (Nereid Avenue) はニューヨーク市地下鉄IRTホワイト・プレーンズ・ロード線の駅である。ブロンクス区ウェイクフィールドのネレイド・アベニュー(東238丁目)とホワイト・プレーンズ・ロードの交差点に位置し、2系統が平日のみ、5系統が週末とラッシュ時混雑方向へ向かう列車が停車する。全ての2系統の列車と週末の全ての5系統の列車、平日朝ラッシュ時の5系統の一部列車は次のウェイクフィールド-241丁目駅が終点となっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とネレイド・アベニュー駅 · 続きを見る »

ブロンクス区

ブロンクス区(、 ザ・ブランクス)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市の最北端に位置する行政区。ニューヨーク州のブロンクス郡()の郡域もブロンクス区と同じである。「ブギ・ダウン(Boogie Down)」(または「ブギ・ダウン・ブロンクス」)という別称でも知られる。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とブロンクス区 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄

R160A電車 ニューヨーク市地下鉄(ニューヨークしちかてつ、New York City Subway)は、ニューヨークシティー・トランジット・オーソリティー (NYCTA) によりニューヨーク州ニューヨーク市内で運行されている地下鉄(ラピッド・トランジット)である。 1904年に米国ではボストンに次ぐ2番目の地下鉄として開業した。開業当初は民営であったが、1932年にはそれとは別個に市営地下鉄も開業し、1940年の完全市営化を経て1953年からNYCTAによる運営が開始された。 路線網はマンハッタンを中心にスタテンアイランドを除く市内のほぼ全域に広がっており、路線延長は233マイル(375km)で地下鉄としては北京、上海、ロンドンに次いで世界で4番目の規模を有する。468駅が設置されており、全ての路線と駅で24時間営業が行われている。年間利用者数は約17億5000万人(2014年)で、世界で7番目に利用者が多い地下鉄でもある。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とニューヨーク市地下鉄 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄Aディビジョン

Aディビジョン (A Division) もしくはIRTディビジョン (IRT Division) はニューヨーク市地下鉄のディビジョンの一つで数字の系統(1~7系統)と42丁目シャトルおよびその他12路線が属している。これらの系統と路線は1940年の地下鉄市営化以前はIRTが運営しており、BMTとINDが運営していた系統と路線が属しているBディビジョンよりも規格が小さく、それに伴い車両も小さくなっている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とニューヨーク市地下鉄Aディビジョン · 続きを見る »

ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ

ニューヨークシティー・トランジット・オーソリティー(英:New York City Transit Authority)は、NYC Transit(NYCTA)の通称で知られるアメリカ合衆国ニューヨーク州の独立公益会社(公社)。ニューヨーク市の地下鉄とバスを運営している。NYC Transit Authorityはニューヨーク市政府の部局や外局ではなく、現在は同じく公共法人であるメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)の関連法人である。ニューヨーク州公共法人法(the public authorities law)第5条第9項(New York City Transit Authority)の定めに従い、MTAの会長と執行役員がNYCTAの会長と執行役員を兼務する。 日本語では主にニューヨーク市都市交通局(—し としこうつう きょく)と訳される。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ · 続きを見る »

IRTノストランド・アベニュー線

IRTノストランド・アベニュー線(IRTノストランド・アベニューせん、)は、ニューヨーク・ブルックリン区のノストランド・アベニューの下を走っているニューヨーク市地下鉄Aディビジョンに属する地下鉄路線である。系統の列車が常時運行しており、また系統の列車も平日日中と週末に運行されている。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とIRTノストランド・アベニュー線 · 続きを見る »

IRTレキシントン・アベニュー線

IRTレキシントン・アベニュー線(IRTレキシントン・アベニューせん 、イースト・サイド線あるいはレキシントン-4番街線とも)は、ニューヨーク市地下鉄Aディビジョンに属する地下鉄路線で、ロウアー・マンハッタンから北へイースト・ハーレムのまで通じている。ロウアー・マンハッタンとミッドタウンを走る区間は、ニューヨーク最初の地下鉄路線の一部であった。、、系統の列車が運行している。 レキシントン・アベニュー線は、何十年にもわたってマンハッタンで直接アッパー・イースト・サイドやミッドタウンの東側へ行ける唯一の路線であった。路線は複々線で、アメリカ合衆国でもっとも利用者の多い都市鉄道路線である。1日平均130万人の利用者がおり、これはサンフランシスコのバート(平日452,600人)、シカゴのシカゴ・L(平日772,900人)、ボストンのマサチューセッツ湾交通局(569,200人)などの各都市鉄道の1都市合計の利用者数より多い。2007年には、ワシントンメトロ全体の利用者も上回り、このことも一因となって、レキシントン・アベニュー線の混雑緩和のために並行するIND2番街線の建設にこの年着手することになった。 この路線では4駅が廃止となっている。10両編成対応のためにプラットホームの延長工事をした際に、これらの駅を廃止して、隣接駅に新しい出入口を設ける方が有益であると判断された。は、14丁目-ユニオン・スクエア駅とと近いために廃止された。これに加えて、とはどちらも、ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅のブルックリン・ブリッジ出口およびドュエイン・ストリート出口にとても近かったために廃止となった。そしてサウス・フェリー駅はまで歩いていける距離にあり、またIRTブロードウェイ-7番街線のサウス・フェリー駅に隣接してもいたことから廃止となった。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とIRTレキシントン・アベニュー線 · 続きを見る »

IRTニューロッツ線

IRTニューロッツ線(IRTニューロッツせん、)、またはリヴォニア・アベニュー線()は、ニューヨーク市地下鉄Aディビジョンに属する地下鉄路線である。ニューヨーク市のブルックリン区に位置し、のからのニューロッツ・アベニュー駅までを運行しているメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ,,: shows Utica Avenue on "EPK" and Sutter Avenue on "NLT"メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ,,: "Sutter Avenue Portal to end"1981年の「もっとも荒廃した地下鉄駅」の一覧において、MTAはボロー・ホール-コート・ストリート駅をニューロッツ線の一部に含めているニューヨーク・タイムズ, Agency Lists Its 69 Most Deteriorated Subway Stations, June 11, 1981, section B, page 5。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とIRTニューロッツ線 · 続きを見る »

IRTホワイト・プレーンズ・ロード線

IRTホワイト・プレーンズ・ロード線(IRTホワイト・プレーンズ・ロードせん、)はニューヨーク市地下鉄Aディビジョンに属する地下鉄路線でブロンクスの中心を運行している。路線は大半が高架線で、1952年までは地下鉄からの列車と高架鉄道からの列車の両方が運行されていた。最初に開通した区間は、ニューヨーク最初の地下鉄の一部として開通し、ウェスト・ファームズ・ディビジョンと呼ばれ、デュアル・コントラクト(二重契約)の一環として建設されたウェイクフィールド-241丁目駅への北側の延伸部分がホワイト・プレーンズ・ロード線と呼ばれた。その後最終的に両方を合わせ「ホワイト・プレーンズ・ロード線」と呼ばれるようになった。 路線では2つの系統が運行されており、2系統が各駅停車として終日、5系統がラッシュ時のピーク方面と深夜を除いて終日運行している。5系統はラッシュ時ピーク方向へは、からまで急行運転をし、深夜には - 東180丁目駅間でシャトル運行をする。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とIRTホワイト・プレーンズ・ロード線 · 続きを見る »

IRTダイアー・アベニュー線

IRTダイアー・アベニュー線(IRTダイアー・アベニューせん、)は、ニューヨーク市地下鉄のAディビジョン(IRT)に属する地下鉄の路線である。IRTホワイト・プレーンズ・ロード線のブロンクス区北東部、より北における支線である。2013年時点で1日の利用客数は34,802人である。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とIRTダイアー・アベニュー線 · 続きを見る »

IRTイースタン・パークウェイ線

IRTイースタン・パークウェイ線(IRTイースタン・パークウェイせん、)は、ニューヨーク市地下鉄のAディビジョンの路線の1つで、から始まりに沿って南へ、そしてに沿って東へへと至っている。を過ぎると、路線は高架構造へと上っていき、IRTニューロッツ線となってのニューロッツ・アベニュー駅で終点となる。イースタン・パークウェイ線の西側の端は、イースト川の下をくぐるの中にある。 イースタン・パークウェイ線のの南側で、が緩行線の線路から分岐している。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とIRTイースタン・パークウェイ線 · 続きを見る »

IRTジェローム・アベニュー線

IRTジェローム・アベニュー線(IRTジェローム・アベニューせん、)は、ニューヨーク市地下鉄のAディビジョンに属し、ニューヨーク・ブロンクス区のに沿って運行されている地下鉄路線である。非公式に、IRTウッドローン線 とも呼ばれる。当初は、インターボロー・ラピッド・トランジットが運営していた路線で、に基づく地下鉄網拡張計画の一環として建設され、1917年から1918年にかけて開通した。高架線の区間と地下線の区間があり、161丁目-ヤンキー・スタジアム駅が高架区間の南端である。ウッドローン駅の南からまでの間は3本の線路がある。ウッドローン線には、4系統用の車両が留置されるジェローム車両基地への連絡が、の北側にある。.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統とIRTジェローム・アベニュー線 · 続きを見る »

標準軌

標準軌(ひょうじゅんき、standard gauge)は、鉄道線路の軌間、すなわちレール頭頂部の内側の間隔が1435mm(4フィート8.5インチ1フィートの長さは地域により異なった。以下では特に断らない限りイングランドやアメリカ合衆国のフィート(1フィート.

新しい!!: ニューヨーク市地下鉄5系統と標準軌 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ニューヨーク市地下鉄5号線

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »