ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ニシハイイロペリカン

索引 ニシハイイロペリカン

ニシハイイロペリカン(学名:Pelecanus crispus)は、ペリカン目ペリカン科に分類される鳥類の一種。ペリカンの仲間で最大の種。.

10 関係: ペリカン属ペリカン目コウノトリ目シブリー・アールキスト鳥類分類動物鳥類脊索動物脊椎動物旧北区1832年

ペリカン属

ペリカン科(ペリカンか、)は、ペリカン目に含まれる科。ペリカン属のみで本科を構成する。.

新しい!!: ニシハイイロペリカンとペリカン属 · 続きを見る »

ペリカン目

ペリカン目(ペリカンもく、学名 )は、鳥類の目である。 かつては全蹼目 と呼ばれる、蹼(水かき)が発達した全蹼足(ぜんぼくそく)であるという派生形質をもつ群として定義されていた。しかし分子系統により、カツオドリ目とネッタイチョウ目が分離され、水かきが不完全なコウノトリ目から数科が移された。現在のペリカン目と伝統的なペリカン目で一致するのはペリカン科の1科8種のみで、同じ名前だが中身はかなり異なる。.

新しい!!: ニシハイイロペリカンとペリカン目 · 続きを見る »

コウノトリ目

ウノトリ目(コウノトリもく、学名:)は、鳥類の1目である。 かつては数科が属したが、単系統ではなかったため、近年の分類ではコウノトリ科のみを残してペリカン目に移される。.

新しい!!: ニシハイイロペリカンとコウノトリ目 · 続きを見る »

シブリー・アールキスト鳥類分類

ブリー・アールキスト鳥類分類(シブリー・アールキストちょうるいぶんるい、鳥類分類)は、1990年前後に チャールズ・シブリー、ジョン・アールクィスト、バート・L・モンローによって発表された鳥類の分類体系である。 骨格などの形態データーを元に行われていた従来の分類方法とは大きく異なり、DNA-DNA分子交雑法という分子生物学的手法を初めて導入し、鳥類全体を同一の基準で包括的に分類した唯一の分類体系であるが、後述のようにさまざまな問題が指摘され、広く受け入れられることはなかった。 2008年には、遺伝子の分子解析により、新たな系統樹が見出された。これは、シブリー・アールキスト鳥類分類とは大きく異なるが、特に問題もないようなので、かなり受け入れられている。ただし公的に標準の位置を占めるには、まだ時期尚早であるようだ。.

新しい!!: ニシハイイロペリカンとシブリー・アールキスト鳥類分類 · 続きを見る »

動物

動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)とは、.

新しい!!: ニシハイイロペリカンと動物 · 続きを見る »

鳥類

鳥類(ちょうるい)とは、鳥綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱岩波生物学辞典 第4版、928頁。広辞苑 第五版、1751頁。に属する動物群の総称。日常語で鳥(とり)と呼ばれる動物である。 現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が現生する)体表が羽毛で覆われた恒温動物で、歯はなく、前肢が翼になって、飛翔のための適応が顕著であり、二足歩行を行う『鳥類学辞典』 (2004)、552-553頁。.

新しい!!: ニシハイイロペリカンと鳥類 · 続きを見る »

脊索動物

脊索動物(せきさくどうぶつ)とは動物の分類群のひとつで、トカゲ、ヒトなど脊椎(背骨)をもつ動物である脊椎動物と、それと近縁な動物群である原索動物(ナメクジウオなどの頭索動物と、ホヤ類などの尾索動物(被嚢動物)を指す)を合わせたものである。.

新しい!!: ニシハイイロペリカンと脊索動物 · 続きを見る »

脊椎動物

脊椎動物(せきついどうぶつ、Vertebrata)は、動物の分類のひとつ。現在主流の説では脊索動物門に属するとされ、脊索と置き換わった脊椎をもつ。魚類、鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類の5類からなり、無脊椎動物に比べて(脊椎動物である)人間にとって類縁関係が近く、なじみの深い生物によって構成されているグループである。.

新しい!!: ニシハイイロペリカンと脊椎動物 · 続きを見る »

旧北区

旧北区の位置 旧北区(きゅうほっく、PalearcticまたはPalaearctic)は、生物地理区の一区分である。 東アジアの大部分(日本のトカラ列島悪石島以北、中国の秦嶺山脈以北、朝鮮半島 、台湾 )、北アジアおよび中央アジア、中東(アラビア半島南部およびイラン南部は除く)、ヨーロッパを含むヒマラヤ山脈以北のユーラシア大陸および北アフリカ(サハラ砂漠以北)から成る広大なエリアである。面積は5410万 km2。 日本は、トカラ列島南部の悪石島と小宝島の間にある渡瀬線を境に、北が旧北区、南が東洋区に含まれる。 区内は、亜熱帯・温帯・亜寒帯・寒帯と多彩で、また四季の変化がはっきりしている。 旧北区の代表的な動物として、ラクダ、ヒツジ、ウマ、ノガン等がある。 Category:生物地理区 Category:アジアの自然史 Category:ヨーロッパの自然史.

新しい!!: ニシハイイロペリカンと旧北区 · 続きを見る »

1832年

記載なし。

新しい!!: ニシハイイロペリカンと1832年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »