ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ナーガパタ2世

索引 ナーガパタ2世

ナーガパタ2世(Nagabhata II, ? - 833年頃)は、北インド、プラティーハーラ朝の王(在位:800年 - 833年)。.

20 関係: 北インドマールワーラーシュトラクータ朝ボージャ1世プラティーハーラ朝パーラ朝ビハール州アラブ人イスラム教カナウジガンジス川グジャラート州ゴーヴィンダ3世シンド州シヴァ首都800年833年836年910年

北インド

北インド(英語:North India または Northern India、ヒンディー語:उत्तर भारत ラテン文字転写:Uttar Bhārat、شمالی ھندوستان ラテン文字転写:Shumālī Hindustān)は、インドの北半部を大まかに示す地理的概念である。ヒンドゥスターン(Hindustan)とも呼ばれる。文化圏として広く見る場合には現在のインドだけでなく、パキスタンやバングラデシュ、ネパールにもまたがる概念である(地図では黄緑色の部分)。いっぽう同じインド領内でも南インドのほか、北東インドもあまり含まれない。.

新しい!!: ナーガパタ2世と北インド · 続きを見る »

マールワー

マールワー (Mālwā、मालवा)は、インド中部、マディヤ・プラデーシュ州南西端一帯の地方名。その範囲は歴史的にも一定しないが、グジャラートの東、ラージプーターナーの南、ボーパールの西、ヴィンディヤ山脈とその北麓に広がるデカン高原の北端部を指す。 標高は400~600mで、北はほぼ北緯23度30分までをいうが、南はナルマダー川の河谷平野を含ませる場合もある。 マールワーは、黒色綿花土に覆われた肥沃な農業地帯で、ミレット(雑穀)、豆類、綿花、小麦などの産地であって、ガンジス川中上流域とアラビア海及びデカン高原を結ぶ幹線交通路が走り、特に中世史において重要な役割を果たした。 古名は、マーラヴァ(Mālava)といい、これはもともと種族名で、『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』にも見られ、アレキサンダー大王の水軍に抵抗したパンジャブ地方のMalloiという種族がマーラヴァ族ではないかという研究者もいる。 マーラヴァの名前は、ヴィクラマ暦(紀元前57年)の別名Mālavagana-sam-vatやMālavānam-jayah(マーラヴァ族の勝利)という銘文をもつ貨幣に見られる。 現在のマールワーを指すようになったのは6世紀以降と思われる。玄奘が来印したときは、西海岸に近いカイラやアフマダーバード付近を摩臘婆(マーラヴァー)と呼んでおり、これは種族名によるものと思われ、現在のマールワー地方をマーラヴァ、マールワーと呼ぶことが定着したのは、10世紀以降である。 紀元前6~紀元前5世紀の十六国並存時代には、ウッジャインを根拠地とするアヴァンティ王国がそのうちひとつを構成していた。前270年ごろはアショーカ王がこの地の太守となっている。紀元前後は、サータヴァーハナ朝の支配下にあったことが貨幣の出土で知られる。 グプタ朝のチャンドラグプタ2世のとき、この地がグプタ朝の重要な所領となり、マールワーは天文学、占星術が発達し、「シャクンタラー」で知られる詩人カーリダーサの出身地としても知られた。 528年、:en:Aulikarasのマールワー王がエフタルのを破って、カシミールに敗走させた。 プラティハーラ朝(750年頃 - 1018年あるいは1036年)は、この地方から台頭し、カナウジに遷都して北インドの大半を征服することとなり、ラーシュトラクータ朝とこの地を巡って抗争することとなる。プラティハーラ朝が衰退すると、10世紀後半頃からパラマーラ朝の本拠となるなどラージプート諸王朝の重要な所領であった。 また13世紀以降は、イスラム王朝の進出、まず、1234年、奴隷王朝のイルトゥトゥミシュによってウッジャインが攻撃されて古寺が破壊され、続くハルジー朝時代に征服された。 1401年~1531年には、ここを中心に独自のムスリム王国が成立した。ムガル帝国領となった後、18世紀~19世紀には、マラーター諸族間の抗争の地となった。イギリス領になると、多数のヒンドゥー藩王国が分立した。 Category:インドの地理 Category:インドの地域 Category:グジャラート Category:マディヤ・プラデーシュ.

新しい!!: ナーガパタ2世とマールワー · 続きを見る »

ラーシュトラクータ朝

ラーシュトラクータ朝(ラーシュトラクータちょう、英語:Rashtrakuta dynasty)とは、8世紀後半から10世紀後半にかけて、インドのデカン地方を支配したヒンドゥー王朝(753年 - 973年)。首都はマーニヤケータ。.

新しい!!: ナーガパタ2世とラーシュトラクータ朝 · 続きを見る »

ボージャ1世

ボージャ1世の鋳造貨幣。ボージャ1世は、ヴィシュヌ神を信奉し、貨幣の表面にヴィシュヌ神の化身の一つとして雄猪の頭をもつ神であるヴァラーハの姿を刻み、裏面には「アーディヴァラーハ」という称号を刻んでいる。金や銀の含有量が半分以下であるいわゆるビロン硬貨である。 ボージャ1世(Bhoja I, ? - 885年頃)は、北インド、プラティーハーラ朝の王(在位:836年 - 885年)で、同王朝の最盛期を築いた王である。パラマーラ朝の王ボージャと区別するために、ミヒラ・ボージャ(Mihira Bhoja)とも呼ばれる。.

新しい!!: ナーガパタ2世とボージャ1世 · 続きを見る »

プラティーハーラ朝

プラティーハーラ朝(プラティーハーラちょう、英語:Pratihara dynasty)とは、8世紀後半から11世紀初頭まで、北西インドを支配したラージプートのヒンドゥー王朝(750年頃 - 1018年あるいは1036年)。首都はカナウジ。.

新しい!!: ナーガパタ2世とプラティーハーラ朝 · 続きを見る »

パーラ朝

パーラ朝(パーラちょう、英語:Pala dynasty、ベンガル語: পাল সাম্রাজ্য (Pal Shamrajjo))は、8世紀後半から12世紀後半まで、北東インド(ベンガル地方とビハール地方を中心とした地域)を支配した仏教王朝(750年 - 1162年あるいは1174年)。首都はパータリプトラ、ガウル。.

新しい!!: ナーガパタ2世とパーラ朝 · 続きを見る »

ビハール州

ビハール州(英語:Bihār 、ヒンディー語:बिहार)は、インドを構成する州の一つ。州都はパトナ(古都パータリプトラ)。.

新しい!!: ナーガパタ2世とビハール州 · 続きを見る »

アラブ人

アラブ人(アラブじん、العرب،عربي)は、おもにアラビア半島や西アジア、北アフリカなどのアラブ諸国に居住し、アラビア語を話し、アラブ文化を受容している人々。 7世紀にムハンマド(マホメット)によってイスラム教が開かれ、中東・北アフリカを中心に勢力を拡大した。 もともとアラビア人をアラブと呼ぶが、日本では誤訳から始まった呼び方で定着した。.

新しい!!: ナーガパタ2世とアラブ人 · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: ナーガパタ2世とイスラム教 · 続きを見る »

カナウジ

ナウジ(Kannauj)は、インドの都市。ウッタル・プラデーシュ州に属する。カーニャクブジャ(Kanyakubja)とも称される。古代から中世にかけて繁栄した北インドの古都。現在の人口は71,530人(2001年)。.

新しい!!: ナーガパタ2世とカナウジ · 続きを見る »

ガンジス川

ンジス川(ガンジスがわ、Ganges)は、ヒマラヤ山脈の南側、インド亜大陸の北東部を流れる大河である。全長は約2525km、流域面積は約173万km2(ただしブラフマプトラ川水系を除くと約84万km2)。.

新しい!!: ナーガパタ2世とガンジス川 · 続きを見る »

グジャラート州

ャラート州(グジャラート語:ગુજરાત、英語:Gujarat)は、インドの北西部 にある州の一つ。またこの地方の歴史的名称でもある。州の面積は196024平方キロメートル(75755平方マイル)で1,600キロメートルの海岸線を有する。6,000万を超える人口はそのほとんどがカーティヤーワール半島に居住している。.

新しい!!: ナーガパタ2世とグジャラート州 · 続きを見る »

ゴーヴィンダ3世

ーヴィンダ3世(Govinda III, ? - 814年)は、インドのデカン地方、ラーシュトラクータ朝の王(在位:793年 - 814年)。ラーシュトラクータ朝の偉大な王の一人でもある。.

新しい!!: ナーガパタ2世とゴーヴィンダ3世 · 続きを見る »

シンド州

ンド州(Sindh)はパキスタン南部の州。人口4237万8千人(2008年推計)、面積140,914km2。パキスタンのアラビア海沿岸部東側、インダス川下流部にあたり、バローチスターン州、パンジャーブ州、およびインドのラージャスターン州、グジャラート州に接する。研究者などはスィンド州と表記することが多い。.

新しい!!: ナーガパタ2世とシンド州 · 続きを見る »

シヴァ

ヴァ(; サンスクリット: 、「吉祥者」の意)はヒンドゥー教のである。現代のヒンドゥー教では最も影響力を持つ3柱の主神の中の1人であり、特にシヴァ派では最高神に位置付けられている。 トリムルティ(ヒンドゥーの理論の1つ)ではシヴァは「破壊/再生」を司る様相であり、ブラフマー、ヴィシュヌとともに3柱の重要な神の中の1人として扱われているZimmer (1972) p. 124.

新しい!!: ナーガパタ2世とシヴァ · 続きを見る »

首都

ブラジルの首都、ブラジリア ボリビアの憲法上の首都、スクレ オーストラリアの首都、キャンベラ 南アフリカ共和国の首都の一つ、プレトリア フィリピンの首都圏、マニラ首都圏 ベトナムの首都、ハノイ 首都(しゅと、Capital city)とは、一国の中心となる都市のことを指す。ほとんどの場合にはその国の中央政府が所在し、国家元首等の国の最高指導者が拠点とする都市のことである。ただ、場合によっては、中央政府の所在とは別に、その国のシンボル的存在として認められている都市が首都とされることもある。首府・国都・都などとも呼ばれ、また、帝制国家や王制国家の場合は帝都・王都等の称がある。.

新しい!!: ナーガパタ2世と首都 · 続きを見る »

800年

記載なし。

新しい!!: ナーガパタ2世と800年 · 続きを見る »

833年

記載なし。

新しい!!: ナーガパタ2世と833年 · 続きを見る »

836年

記載なし。

新しい!!: ナーガパタ2世と836年 · 続きを見る »

910年

記載なし。

新しい!!: ナーガパタ2世と910年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »