ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ドレスデンの戦い

索引 ドレスデンの戦い

戦場の地図 ドレスデンの戦い(ドレスデンのたたかい、独:Schlacht von Dresden、1813年8月26日 - 8月27日)は、ナポレオン戦争における最大規模の戦闘の一つである。ドイツ東部のドレスデン近郊で、フランス皇帝ナポレオン1世麾下のフランス軍は、オーストリア帝国・ロシア帝国・プロイセン王国による第六次対仏大同盟軍を破り、フランス軍の勝利に終わった。しかし、ナポレオンの勝利は完全なものではなかった。この戦いではフランス軍は追撃に失敗し、数日後に行われたクルムの戦いにおいてヴァンダムの軍団が包囲され降伏した。.

41 関係: 学研ホールディングス七年戦争ナポレオン・ボナパルトナポレオン戦争ミハイル・バルクライ・ド・トーリミシェル・ネイマスケット銃ハンブルクルイ=ニコラ・ダヴーローラン・グーヴィオン=サン=シールロシア帝国ボヘミアプロイセン王国ピョートル・ヴィトゲンシュテインフランツ2世フランス第一帝政フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (プロイセン王)ドミニク・ヴァンダムドレスデンニコラ・ウディノベルリンアレクサンドル1世エルベ川エドゥアール・モルティエオーギュスト・マルモンオーストリア帝国カール14世ヨハン (スウェーデン王)ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘルザクセン王国シレジアジャン・ヴィクトル・マリー・モロージャック・マクドナルジョアシャン・ミュラ竜騎兵第六次対仏大同盟胸甲騎兵流罪1812年ロシア戦役1813年8月26日8月27日

学研ホールディングス

株式会社学研ホールディングス(がっけんホールディングス)は、日本の教育事業・出版社を統括する持株会社である。2009年(平成21年)10月1日に学習研究社(がくしゅうけんきゅうしゃ)より組織改編・社名変更を実施した。.

新しい!!: ドレスデンの戦いと学研ホールディングス · 続きを見る »

七年戦争

七年戦争(しちねんせんそう、Seven Years' War、Siebenjähriger Krieg)は、1754年から1763年まで(主な戦闘は1756年から1763年まで)行われた戦争である。 ハプスブルク家がオーストリア継承戦争で失ったシュレージエンをプロイセンから奪回しようとしたことが直接の原因だが、そこに1754年以来の英仏間の植民地競争が加わり世界規模の戦争となった。イギリス・プロイセン側とその他の列強(フランスとオーストリアとロシア、スペイン、スウェーデン)に分かれてオスマン帝国を除く当時の欧州列強が全て参戦しており、戦闘はヨーロッパ以外にも拡大した。またインドではムガル帝国がフランスの支持をうけて、イギリスによるベンガル地方の侵攻を阻止しようとした。 この戦争の前にフランスとオーストリアは、台頭してきたイギリスとプロイセンを抑えるために古くからの因縁を捨てて同盟を組んだ(外交革命)。しかし、戦争の結果、墺仏の外交努力は英普側が勝利したことで水泡と化し、イギリスの飛躍とフランスのヨーロッパにおける優位性の喪失、オーストリアの神聖ローマ帝国内での権威低下を招き、ヨーロッパの勢力均衡を変える結果となった。.

新しい!!: ドレスデンの戦いと七年戦争 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとナポレオン戦争 · 続きを見る »

ミハイル・バルクライ・ド・トーリ

ミハイル・ボグダノヴィチ・バルクライ・ド・トーリ(Михаил Богданович Барклай-де-Толли, 1761年12月27日 - 1818年3月26日)は、ナポレオン戦争時のロシアの軍人。元帥。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとミハイル・バルクライ・ド・トーリ · 続きを見る »

ミシェル・ネイ

ミシェル・ネイ(Michel Ney、1769年1月10日 - 1815年12月7日)は、フランス革命戦争およびナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人(フランス元帥)。ナポレオン・ボナパルトの側近の一人で、彼をしてle Brave des Braves(勇者の中の勇者)と言わしめた。なお、姓のNeyは二重母音「ネイ」ではなく、と読む。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとミシェル・ネイ · 続きを見る »

マスケット銃

南北戦争で使用されたマスケット マスケット銃(マスケットじゅう、Musket)は、銃身にライフリングが施されていない先込め式の滑腔式歩兵銃である。このため、散弾も発射可能であった。 正確にはマスケットであり、この語だけで銃であることも意味しているが、この語が一般的でない日本では「銃」を付して呼ばれることが多い。中国では「鳥銃」という。 ある語源では、火器には動物の名前が度々付けられ、Musketはフランス語で雄のハイタカを意味する mousquette を由来とし、また別の説ではイタリア語でクロスボウの矢を意味する moscetto, -etta から、16世紀のフランス語を経由してマスケットになったという。イタリア語でmoscettoは微小なハエの事である。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとマスケット銃 · 続きを見る »

ハンブルク

ハンブルク(Hamburg、低ザクセン語・Hamborg (Hamborch) )は、ドイツの北部に位置し、エルベ川河口から約100kmほど入った港湾都市。正式名称は自由ハンザ都市ハンブルク(Freie und Hansestadt Hamburg、フライエ・ウント・ハンゼシュタット・ハンブルク)。行政上では、ベルリン特別市と同様に、一市単独で連邦州(ラント)を構成する特別市(都市州)なので、ハンブルク特別市やハンブルク州と呼ばれる。人口約175万人。国際海洋法裁判所がある。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとハンブルク · 続きを見る »

ルイ=ニコラ・ダヴー

ルイ=ニコラ・ダヴー ルイ=ニコラ・ダヴー (Louis-Nicolas d'Avout/Davout, 1770年5月10日 - 1823年6月1日) は、ナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人・元帥。アウエルシュタット公、エックミュール大公の称号でも知られている。軍事面で「不敗のダヴー」と呼ばれるほど優秀であったほか、行政・管理能力でも優秀であった。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとルイ=ニコラ・ダヴー · 続きを見る »

ローラン・グーヴィオン=サン=シール

250px ローラン・グーヴィオン=サン=シール(Laurant Gouvion-Saint-Cyr, 1764年5月13日 - 1830年3月17日)は、フランスの軍人、元帥。帝国伯爵(後に侯爵)。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとローラン・グーヴィオン=サン=シール · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとロシア帝国 · 続きを見る »

ボヘミア

ボヘミア(Bohemia、Čechy、Böhmen, ベーメン)は、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。 この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。 '''ボヘミア''' チェコ西部から中部に位置する緑色の部分.

新しい!!: ドレスデンの戦いとボヘミア · 続きを見る »

プロイセン王国

プロイセン王国(プロイセンおうこく、Königreich Preußen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。 プロイセンの語源となったプルーセンはドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政のプロイセン州となった。(#歴史).

新しい!!: ドレスデンの戦いとプロイセン王国 · 続きを見る »

ピョートル・ヴィトゲンシュテイン

ピョートル・フリスティアーノヴィチ・ヴィートゲンシュテイン(Пётр Христиа́нович Ви́тгенштейн, 1769年1月17日(OS.1月6日) ペレヤースラフ - 1843年6月11日 レンベルク)は、ロシア帝国の将軍、陸軍元帥。ドイツの帝国伯(後にシュタンデスヘル)でもあり、1834年にはプロイセンのザイン=ヴィトゲンシュタイン=ルートヴィヒスブルク侯(''Fürst zu Sayn-Wittgenstein-Ludwigsburg'')の称号を受けた。ドイツ名はルートヴィヒ・アドルフ・ペーター・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ルートヴィヒスブルク(Ludwig Adolf Peter zu Sayn-Wittgenstein-Ludwigsburg)。フランツ・クリューガーによる肖像画.

新しい!!: ドレスデンの戦いとピョートル・ヴィトゲンシュテイン · 続きを見る »

フランツ2世

フランツ2世(、1768年2月12日 - 1835年3月2日)は、神聖ローマ帝国最後のローマ皇帝(在位:1792年 - 1806年)。最初のオーストリア皇帝フランツ1世(、在位:1804年 - 1835年)でもある。ハンガリー国王としてはフェレンツ1世(、在位:1792年 - 1835年)、ベーメン国王としてはフランティシェク2世(、在位:1792年 - 1835年)である。ハプスブルク=ロートリンゲン家の君主で、全名はフランツ・ヨーゼフ・カール・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(ドイツ語:Franz Joseph Karl von Habsburg-Lothringen)。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとフランツ2世 · 続きを見る »

フランス第一帝政

フランス第一帝政(フランスだいいちていせい)は、1804年から1814年および1815年まで存続した、皇帝ナポレオン1世が支配する強力な軍事力を後ろ盾とした軍事独裁政権。大陸軍(グランダルメ)と命名された巨大な陸軍組織が国家の柱石だった。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとフランス第一帝政 · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (プロイセン王)

フリードリヒ・ヴィルヘルム3世(Friedrich Wilhelm III., 1770年8月3日 - 1840年6月7日)は、プロイセン王(在位:1797年11月16日 - 1840年6月7日)。家庭においてはよい父だったが、消極的な平和主義に固執し、ナポレオン・ボナパルトとの戦いに敗れるという危機の時代にあっても改革を主導する能力と意欲を欠いていた。しかしこの時代、プロイセンには文武ともに有能な人材が輩出し、近代化も進んでいった。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとフリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (プロイセン王) · 続きを見る »

ドミニク・ヴァンダム

ドミニク・ヴァンダム ドミニク=ジョゼフ・ルネ・ヴァンダム(Dominique-Joseph René Vandamme、1770年11月5日 - 1830年7月15日)は、ナポレオン戦争で活躍したフランスの将軍。ヴァンダムは残忍さと獰猛さ(略奪と不服従)で有名だった。ナポレオンはヴァンダムに対し「もし君が二人いたならば、私はもう一人を君に殺させるだろう」と言ったと伝えられている。 1793年にフランス革命戦争が勃発した時、ヴァンダムは准将だった。略奪の容疑で軍法会議で停職処分を受けた後、復帰して1799年3月25日の第一次シュトッカッハの戦いで活躍した。しかしモローへの反逆により、ヴァンダムはオランダの占領任務へ回された。 1805年のアウステルリッツの戦いでは、プラツェン高地を奪還する攻撃を指揮した。 1809年での戦役ではアベンスベルクの戦い、ランツフートの戦い、エックミュールの戦い、ヴァグラムの戦いに参加し、負傷した。 1813年の戦役では、ドレスデンの戦いで敗れた連合軍を追撃した際に、クルムの戦いでヴァンダムの師団はプロイセン軍のクライスト将軍に包囲され、ヴァンダム自身を含む1万3千人の捕虜を出した。ヴァンダムはロシア皇帝アレクサンドル1世の前に引き出され、略奪行為について非難されたが、「私は略奪者でも山賊でもありません。しかしいかなる場合であっても、世間と歴史は私の手を父の血に浸したことを非難しないでしょう(私は自分の父親を殺してはいない)」(パーヴェル1世の暗殺(アレクサンドルが関与したのではないかと疑われている)への皮肉)と言い返した。 1815年の戦役(百日天下)においてはグルーシー指揮下の第3師団を率いており、ワーテルローの戦いにおいてグルーシーにナポレオンと合流するように進言したが、グルーシーがナポレオンの命令を墨守してプロイセン軍の追撃を優先したため敗北した。 第二次王政復古に際してアメリカに追放されるが、1819年に帰国が認められた。 Category:フランス革命期の軍人 Category:フランス第一帝政の軍人 Category:1770年生 Category:1830年没.

新しい!!: ドレスデンの戦いとドミニク・ヴァンダム · 続きを見る »

ドレスデン

ドレスデン(ドレースデン、Dresden、)は、ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都でありエルベ川の谷間に位置している都市である。人口は約51万人(2008年)である。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとドレスデン · 続きを見る »

ニコラ・ウディノ

ニコラ・シャルル・ウディノ(Nicolas Charles Oudinot, 1767年4月25日 - 1847年9月13日)は、ナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人、元帥。ルジオ公爵。ロレーヌ地方バル=ル=デュック生まれ。 1808年7月2日、帝国伯爵。エスリンクおよびヴァグラムの戦いの功により、1809年7月12日に帝国元帥に昇進。諸国民戦争では、ベルリン攻略を任されたが、グロスベーレンの戦いで敗北し失敗した。 復古王政の下で、近衛隊少将。1823年のスペイン干渉の際は、第1軍団司令官として戦った。この際一時的にマドリードの知事となっている。 1840年12月、ナポレオンの遺体がパリに帰還した際の式典には、第一帝政時の元帥のうちではスールト、モンセイ、グルーシーとともに出席している。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとニコラ・ウディノ · 続きを見る »

ベルリン

ベルリン(Berlin 、伯林)は、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置する都市である。16ある連邦州のうちの一つで、市域人口は万人とドイツでは最大の都市で欧州連合の市域人口ではロンドンに次いで2番目に多く、都市的地域の人口は7番目に多い。同国の首都と定められている。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとベルリン · 続きを見る »

アレクサンドル1世

アレクサンドル1世(、アレクサンドル・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1777年12月23日 - 1825年12月1日)は、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝(在位:1801年3月23日 - 1825年12月1日)、初代ポーランド立憲王国国王(アレクサンデル1世、在位:1815年6月9日 - 1825年12月1日)、初代フィンランド大公(アレクサンテリ1世、在位:1809年9月17日 - 1825年12月1日)。 皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇子。父帝暗殺後に帝位を継承し、当初は自由主義的改革を志向して開明的な政策をとったが、ナポレオン戦争を経て、治世後半は強権的反動政治に転じた。外交政策では、ナポレオン1世失脚後開かれたウィーン会議で主導的な役割を演じ、以後のヨーロッパにおける君主主義、正統主義的反動体制の確立に尽力した。また、キリスト教倫理観に基づく神聖同盟を結成してヨーロッパ諸国のあらゆる自由主義運動や国民主義運動の弾圧に協力した他、オスマン帝国に対する対イスラム十字軍を目論んだ。アレクサンドル1世の治世中、ロシア帝国はフィンランドとポーランドを獲得した。歴代皇帝中、最も複雑怪奇な性格の持ち主とされ、矛盾に満ちていた。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとアレクサンドル1世 · 続きを見る »

エルベ川

流域 エルベ川(エルベがわ、、Labe、Die Elbe、低ザクセン語: De Elv)は、チェコ北部およびドイツ東部を流れ北海へと注ぐ国際河川である。全長約1,091kmはヨーロッパでは14番目に長く、このうち727kmがドイツ国内を占める。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとエルベ川 · 続きを見る »

エドゥアール・モルティエ

ドゥアール・アドルフ・カシミール・ジョゼフ・モルティエ (Édouard Adolphe Casimir Joseph Mortier, 1768年2月13日 - 1835年7月28日)は、フランス革命戦争・ナポレオン戦争期の軍人。帝国元帥。7月王政期の1834年から首相を務め、在職中に暗殺された。 1791年に軍隊に身を投じた。1792年から1793年のフランス革命戦争では北東戦線やオランダ、他にはミューズ川、ライン川方面で戦った。1799年の第二次対仏大同盟との戦いで旅団長、続いて師団長となった。1804年には元帥となった。ウルム戦役に加わった後、アウステルリッツの戦い直前に、ミハイル・クトゥーゾフ率いる数で勝るロシア・オーストリア軍に対して単独で善戦した。1807年のフリートランドの戦いにも加わっている。1808年にトレヴィーゾ公となった。半島戦争にも参加したあと、親衛隊を指揮するようになった。1815年の百日天下の際、ナポレオン軍に加わろうとしたが、病のためワーテルローの戦いには参加できなかった。1830年から1831年まで、フランスの大使としてサンクトペテルブルクに派遣された。1834年にフランス首相に就任、1835年に国民軍の行進を閲兵中、爆弾によって暗殺された。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとエドゥアール・モルティエ · 続きを見る »

オーギュスト・マルモン

ュスト・フレデリク・ルイ・ヴィエス・ド・マルモン(Auguste Frédéric Louis Viesse de Marmont 1774年7月20日 - 1852年3月22日)は、フランスの軍人、貴族、政治家。ナポレオン1世の下級士官時代からの腹心の部下だったが、1814年に連合軍がパリに迫る絶望的な状況のなか寝返り、フランスを降伏に追い込んだ。ナポレオンは彼を許さず回想録などで非難し続けたが、遺書では彼を許した。 砲兵将校としても有名であり、王政時代末期に制式されたグリボーバル・システムの後継として、フランス革命戦争での経験や戦訓を反映させて軽量化などの改良を図った共和暦11年システムの制定に尽力している。なお、共和暦11年とはフランス革命暦11年で1803年のことである。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとオーギュスト・マルモン · 続きを見る »

オーストリア帝国

ーストリア帝国(オーストリアていこく、Kaisertum Österreich)は、1804年の成立から1867年のオーストリア=ハンガリー帝国への改組まで、オーストリアのハプスブルク=ロートリンゲン家(以下、単に「ハプスブルク家」と呼ぶ)がオーストリア皇帝として支配した多民族国家。 前身の、オーストリア大公国やボヘミア王国・ハンガリー王国などの同君連合国家群だった時代と、オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の時代とをあわせて、ハプスブルク帝国と総称される。 厳密には第一次世界大戦敗戦までオーストリア帝国は存続しているが、本記事ではアウスグライヒまでを扱う。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとオーストリア帝国 · 続きを見る »

カール14世ヨハン (スウェーデン王)

ール14世ヨハン(, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)は、スウェーデン=ノルウェー連合王国の国王として1818年から死去する1844年まで在位した。ノルウェー国王としての名はカール3世ヨハン(, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)である。現代まで続くスウェーデン王家ベルナドッテ朝の始祖であり、彼の血は子孫を通じてノルウェー王家、デンマーク王家、ベルギー王家、ルクセンブルク大公家、ギリシャ王家にも受け継がれている。フランス革命・ナポレオン戦争期のフランスの軍人・政治家ジャン=バティスト・ジュール・ベルナドット()としても知られ、元はフランスの平民階級出身者であった。ナポレオン・ボナパルトのライバルと目された人物であり、1810年にスウェーデン議会によって同国の王位継承者に選任されたのち、第6次対仏大同盟の立役者となってナポレオンの欧州における覇権に止めを刺したことは、ナポレオンをして「世界の運命を掌中に収めたフランス人」「我らが失墜の主たる要因のひとつ」と言わしめた。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとカール14世ヨハン (スウェーデン王) · 続きを見る »

ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル

トックに立つブリュッヘルの彫像 ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル(Gebhard Leberecht von Blücher、1742年12月16日 - 1819年9月12日)は、プロイセン王国の軍人。陸軍元帥。ワールシュタット大公。ナポレオン戦争後半のプロイセン軍総司令官となり、ウェリントン公と共にワーテルローの戦いでナポレオンを破った。攻撃的な性格から前進元帥(Marschall Vorwärts)と渾名される。姓の表記は発音に近いブリュッヒャー( )が用いられることも多い(ブリュッハーという場合も)。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル · 続きを見る »

ザクセン王国

ン王国(Königreich Sachsen)は、1806年から1918年までドイツに存在した王国。前身はザクセン選帝侯領。1918年のヴァイマル共和国の樹立によって消滅した。首都はドレスデンであった。最終的な領域は現在のザクセン州の領域とほぼ同じである。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとザクセン王国 · 続きを見る »

シレジア

レジアは、現在のポーランド南西部からチェコ北東部(プロイセン王国時代の行政区画も含めればドイツ東部のごく一部も)に属する地域の歴史的名称。支配者は様々に変化してきた。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとシレジア · 続きを見る »

ジャン・ヴィクトル・マリー・モロー

ャン・ヴィクトル・マリー・モロー(, 1763年2月14日 - 1813年9月2日)は、フランス革命戦争・ナポレオン戦争期の軍人。ナポレオンのライバルのような存在だった。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとジャン・ヴィクトル・マリー・モロー · 続きを見る »

ジャック・マクドナル

ャック・マクドナル エティエンヌ・ジャック・ジョゼフ・アレクサンドル・マクドナル(Étienne Jacques Joseph Alexandre Macdonald, 1765年11月17日 - 1840年9月25日)は、フランス革命戦争とナポレオン戦争で活躍したフランスの軍人である。第一帝政と復古王政で元帥、ターラント公爵。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとジャック・マクドナル · 続きを見る »

ジョアシャン・ミュラ

ョアシャン・ミュラ=ジョルディ(, 1767年3月25日 - 1815年10月13日)は、フランスの軍人で、元帥。ナポリ王国の国王(公式な称号は両シチリア王)としてジョアッキーノ1世(, 在位:1808年 - 1815年)を称した。アブキール、アイラウ、ドレスデンなどでの突撃で名を馳せた伝説的な騎兵指揮官として知られる。 第一統領ナポレオン・ボナパルトの妹カロリーヌと結婚してその義弟となり、ジョアシャン=ナポレオン・ミュラ()と改名した。帝政期には皇族として遇され、ベルク大公爵およびクレーフェ公国の君主(在位:1806年 - 1808年)となり、次いでナポリ王に転じた。.

新しい!!: ドレスデンの戦いとジョアシャン・ミュラ · 続きを見る »

竜騎兵

騎兵(りゅうきへい)は、近世ヨーロッパにおける兵科の一つ。一般にはドラグーン・マスケット(小型のマスケット銃)やカービンなどの火器で武装した騎兵を指すが、その詳しい定義は国や時代により様々である。 英語のドラグーン(dragoon)を訳したもので、ドラグーンの語源は以下の通りいくつかあり定説はない。.

新しい!!: ドレスデンの戦いと竜騎兵 · 続きを見る »

第六次対仏大同盟

六次対仏大同盟(だいろくじたいふつだいどうめい, 英語:Sixth Coalition, 1812年 - 1814年)は、ナポレオン1世のフランス帝国による覇権に挑戦するため、ヨーロッパ諸国が結成した同盟である。ロシア遠征で多大な損害を被ったフランス軍は、四方から迫る連合軍に圧倒され、ついにナポレオンは退位に追い込まれた。 第六次対仏大同盟における主要な戦いにはリュッツェンの戦い(英語版)、バウツェンの戦い(英語版)、ドレスデンの戦いが挙げられる。第六次対仏大同盟の最大の戦いであるライプツィヒの戦い(諸国民の戦いとして知られる)は第一次世界大戦以前ではヨーロッパの歴史で最も大規模な戦いであった。最終的にナポレオンはロシアとドイツから押し返され、彼の破滅の原因となった。ナポレオンの軍隊は再編成されたが、連合軍は1813年にはドイツからナポレオンを追い出し、1814年にはフランスに進攻した。連合軍は残存するフランス軍を打ち負かしてパリを占領し、ナポレオンに退位の調印をさせて追放した。連合国によってフランスの君主制が復活し、ブルボン家の継承者による復古王朝にフランスを支配させた。 しかしこれによってナポレオン戦争が終結したわけではなかった。ナポレオンはエルバ島での監禁から逃亡し、再びフランスにて権力の座についた。これによって1815年に第七次対仏大同盟が結成された。(この時の支配は百日天下としても知られる).

新しい!!: ドレスデンの戦いと第六次対仏大同盟 · 続きを見る »

胸甲騎兵

拳銃を発砲する胸甲騎兵 胸甲騎兵(きょうこうきへい、Cuirassier、Kürassier)は、近世ヨーロッパにおける騎兵の区分の一つで、重騎兵の一種である。または、騎兵科の兵職の一つである。.

新しい!!: ドレスデンの戦いと胸甲騎兵 · 続きを見る »

流罪

ダンテ』 流罪(るざい)とは刑罰の一つで、罪人を辺境や島に送る追放刑である。流刑(るけい、りゅうけい)、配流(はいる)とも言う。特に流刑地が島の場合には島流し(しまながし)とも呼ばれる事もある。 歴史的には、本土での投獄より、遠いところに取り残された方が自分一人の力だけで生きていかなければならなくなり、苦痛がより重い刑罰とされていた。ほか、文化人や戦争・政争に敗れた貴人に対して、死刑にすると反発が大きいと予想されたり、助命を嘆願されたりした場合に用いられた。配流の途中や目的地で独り生涯を終えた流刑者は多いが、子孫を残したり、赦免されたりした例もある。脱走を企てた流刑者や、源頼朝、後醍醐天皇、ナポレオン・ボナパルトのように流刑地から再起を遂げた(一時的な成功も含めて)政治家・武人もいた。 日本では離島への文化伝播に大きな役割を果たしたほか、海外ではシベリアやオーストラリアといった植民地に労働力を送り込む強制移民としても機能した。.

新しい!!: ドレスデンの戦いと流罪 · 続きを見る »

1812年ロシア戦役

1812年ロシア戦役(Campagne de Russie, Отечественная война)は、1812年に、ロシア帝国が大陸封鎖令を守らないことを理由にフランス帝国のナポレオン1世がロシアに侵攻し、敗北、退却するまでの一連の歴史的事件のことである。ロシア語の呼称については下記参照。 1812年のナポレオン1世によるロシア帝国への侵攻はナポレオン戦争の転換点となった。この遠征はフランス帝国とその同盟軍からなる侵攻軍を当初の兵力から2%未満に激減させた。ロシア文化に与えた影響は、レフ・トルストイの『戦争と平和』や旧ソ連が独ソ戦(1941年 - 1945年)と同一視していたことに見られる。.

新しい!!: ドレスデンの戦いと1812年ロシア戦役 · 続きを見る »

1813年

記載なし。

新しい!!: ドレスデンの戦いと1813年 · 続きを見る »

8月26日

8月26日(はちがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から238日目(閏年では239日目)にあたり、年末まであと127日ある。.

新しい!!: ドレスデンの戦いと8月26日 · 続きを見る »

8月27日

8月27日(はちがつにじゅうななにち、はちがつにじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から239日目(閏年では240日目)に当り、年末まであと126日ある。.

新しい!!: ドレスデンの戦いと8月27日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »