ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ドルジバパイプライン

索引 ドルジバパイプライン

ドルジバパイプライン ドルジバパイプライン(нефтепровод «Дружба», Druzhba pipeline)は世界最長の石油パイプラインである。ドルジバとはロシア語で「友好」の意味。ロシア南西部から約4000キロメートル離れたウクライナ、東欧諸国、ドイツへ石油を送っている。ロシアの石油企業トランスネフトが操業している。 ドルジバパイプラインは1964年、ソ連中央部で産出する石油をエネルギー資源の少ないソ連西部やヨーロッパの共産主義友好国(コメコン諸国)へ供給するために建設された。現在ではロシアおよびカザフスタン産の石油をヨーロッパに輸出する最大のルートとなっている。パイプラインの起点はサマーラ東方の町アリメチエフスクで、ここには西シベリア、ウラル、カスピ海からの石油が集まってくる。ベラルーシ南部のマズィルで2本の線に分かれ、南線はウクライナ、スロバキア、チェコ、ハンガリーへ向かい、北線はベラルーシを横切りポーランドとドイツに到達している。この線をドイツのヴィルヘルムスハーフェン港まで延長することでバルト海のタンカー通過量を減らしアメリカ合衆国へ原油を輸出しやすくするという提案がなされたことがある。さらにリトアニアのマジェイケイ精製所(マジェイキウ・ナフタ社 Mažeikių Nafta)とラトビアのヴェンツピルス・オイルターミナルがブリャンスク州からの支線で接続されている。さらにハンガリーを経由しクロアチアのOmišalj港まで延長するドルジバ・アドリアパイプライン連結計画が提唱されている。 ドルジバパイプラインは現在一日あたり120万~140万バレルの輸送能力がある。世界第二位の長さを持つパイプラインはバクー・トビリシ・ジェイハンパイプラインである。.

29 関係: マジェイケイマズィルチェコハンガリーバルト海バレルバクー・トビリシ・ジェイハンパイプラインポーランドラトビアリトアニアロシアロシア・ベラルーシエネルギー紛争ロシア・ウクライナガス紛争ヴィルヘルムスハーフェンヴェンツピルスブリャンスク州パイプライン輸送ドイツベラルーシアメリカ合衆国アリメチエフスクウクライナカザフスタンクロアチアスロバキアサマーラ石油経済相互援助会議1964年

マジェイケイ

マジェイケイ(、Mažeikiai、サモギティア語: Mažeikē)は、リトアニア北西部の都市。テルシェイ郡の最大都市でもある(ただし中心都市はテルシェイ)。ヴェンタ川沿いに位置している。人口は約4万人で、リトアニアで8番目の規模である。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとマジェイケイ · 続きを見る »

マズィル

マズィル(Мазыр、Mazyr、Mozyr)は、ベラルーシのホメリ州にある都市。モジル、マジルなどとも表記される。首都ミンスクの東210km、チェルノブイリの北西100kmに位置し、プリピャチ川に面している。人口は2004年の推計で111,770人だが、都市圏になると対岸のカリンカヴィチなども含まれるため15万人になる。 ベラルーシの石油精製、機械製造、食品加工の中心として知られている。同国最大の製油所が置かれ、年間1800万トンを精製している。ロシアから伸びるドルジバパイプラインがこの地で二本に分かれており、一本はポーランドへ、もう一本はウクライナへ伸びている。 プリピャチ川の右岸にある高さ80mほどの丘に街は築かれている。この丘は氷河の作用でできたもので、川のあたりにはかつて氷河があった。また、両岸は砂質で、いくつもの渓谷があり中には長さ2.5km以上、最大幅200mという大きなものもある。渓谷の1つは保留地に指定されており、また近くのいくつかの渓谷にはスキーリフトが備え付けられ冬にはスキー客でにぎわう。 かつてマズィルには多くのユダヤ人が住んでいたが、第二次世界大戦中にナチスによってその多くが殺された。街にはそのことを記念したモニュメントがいくつかある。その後の共産党による一党独裁時には他のソ連の都市と同様にユダヤ人の多くがイスラエルやアメリカ合衆国などの海外に移り住んだ。 1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故ではこの地にも多量の放射能が降り注ぎ、大きな被害が出た。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとマズィル · 続きを見る »

チェコ

チェコ共和国(チェコきょうわこく、)、通称チェコは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はプラハである。 歴史的には中欧の概念ができた時点から中欧の国であった。ソ連の侵攻後、政治的には東欧に分類されてきたが、ヨーロッパ共産圏が全滅した時点で再び中欧または中東欧に分類されている。国土は東西に細長い六角形をしており、北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する。 1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。NATO、EU、OECDの加盟国で、中欧4か国からなるヴィシェグラード・グループの一員でもある。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとチェコ · 続きを見る »

ハンガリー

ハンガリー(Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとハンガリー · 続きを見る »

バルト海

3月のバルト海北部のボスニア湾は一部氷結している(衛星写真)。 バルト海(バルトかい、Baltic Sea)は、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域である。ユーラシア大陸に囲まれた海域と説明されることもある「バルト海」『新版 地学事典』p.1046。 西岸にスウェーデン、東岸は、北から順にフィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、南岸は、東から西にポーランド、ドイツ、デンマークが位置する。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとバルト海 · 続きを見る »

バレル

バレル(バーレル、barrel)とは、ヤード・ポンド法における体積を表す単位である。語源は「樽」であり、樽の容積に由来するものである。国際的に、原油や各種の石油製品の計量、売買はバレルで取引される。その他にも、用途により、また国家により、多数の「バレル」の定義がある。略称はbbl。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとバレル · 続きを見る »

バクー・トビリシ・ジェイハンパイプライン

バクー・トビリシ・ジェイハンパイプライン(BTCパイプライン)は、カスピ海の(ACG油田、:en:Chirag oil field: Early Oil Projectを含む)から地中海までを結ぶ全長1,768キロメートルの原油パイプライン。アゼルバイジャンの首都バクーから発し、グルジアの首都トビリシを通り、トルコの地中海沿岸南東部に位置する港ジェイハンへ抜ける。これはドルジバパイプラインに次いで世界第2位の規模の石油パイプラインである。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとバクー・トビリシ・ジェイハンパイプライン · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとポーランド · 続きを見る »

ラトビア

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、OECDの加盟国。通貨はユーロ、人口は201.5万人、首都はリガである。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとラトビア · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとリトアニア · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとロシア · 続きを見る »

ロシア・ベラルーシエネルギー紛争

ア・ベラルーシエネルギー紛争(ロシア・ベラルーシエネルギーふんそう)は、ロシアとベラルーシ間で行われている石油、天然ガスの輸出入に関する一連の紛争。2005年以降、エネルギーの国際価格が高騰すると、ロシアは旧ソ連時代の連邦諸国に対して行ってきたエネルギー供給の見直しを行った。ロシア、ベラルーシ間の問題もその一環(特に天然ガス料金の値上げに関して)として捉えることができる。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとロシア・ベラルーシエネルギー紛争 · 続きを見る »

ロシア・ウクライナガス紛争

ア・ウクライナガス紛争(ロシア・ウクライナガスふんそう)とは、ソ連崩壊後、ロシアとウクライナ両国間で継続して生じている一連の天然ガスの供給・料金設定をめぐる争いのことである。両国とも当事者は政府ではなく、ガス供給事業者であるガスプロム社とナフトハス・ウクライナ社であるが、両社とも国営企業であり、二国間での争いと見ることもできる。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとロシア・ウクライナガス紛争 · 続きを見る »

ヴィルヘルムスハーフェン

ヴィルヘルムスハーフェンのヴィルヘルム皇帝橋 ヴィルヘルムスハーフェン(Wilhelmshaven)はドイツ連邦共和国の都市。ニーダーザクセン州に属する。人口はおよそ8万5千人。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとヴィルヘルムスハーフェン · 続きを見る »

ヴェンツピルス

ヴェンツピルス (ラトビア語:Ventspils、ドイツ語名:Windau、ポーランド語名:Windawa、リヴォニア語:Vǟnta)は、ラトビア北西の都市。市内を流れるヴェンタ川にちなんで名付けられた。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとヴェンツピルス · 続きを見る »

ブリャンスク州

ブリャンスク州(ロシア語:Брянская областьブリャーンスカヤ・オーブラスチ)は、ロシア連邦を構成する州の一つである。州都はブリャンスク。面積3万4900平方キロメートル、人口137万8941人(2002年現在)。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとブリャンスク州 · 続きを見る »

パイプライン輸送

アラスカを南北に縦断するトランス・アラスカ・パイプライン トランス・アラスカ・パイプライン パイプライン輸送(パイプラインゆそう)とは、一般に石油や天然ガスなどを恒久的に設置した導管により輸送するものをいう。世界各国で多く利用される。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとパイプライン輸送 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとドイツ · 続きを見る »

ベラルーシ

ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく、Рэспу́бліка Белару́сь、Республика Беларусь)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。日本語では白ロシア(はくロシア)とも呼ばれる。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する、世界最北の内陸国である。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。また、ヨーロッパ州で最も北にある内陸国の一つでもある。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとベラルーシ · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ドルジバパイプラインとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アリメチエフスク

市の紋章 アリメチエフスク(アリメーチエフスク、Альме́тьевск, Almetyevsk)、あるいはアルマト(エルマト、Әлмәт, Älmät, Almat, Elmet)は、ロシアのタタールスタン共和国にある都市で、ウラル山脈西麓を流れるカマ川の支流、ザイ川(Зай; Зәй, Zäy)の左岸に建つ。 共和国首都カザンからは南東へ279キロメートル。最寄りの都市は35km南にあるレニノゴルスク。南東にはブグリマ、東にはアズナカエヴォといった石油の町が散在する。北のザイ川下流にはザインスクがあり、道はナーベレジヌイェ・チェルヌイへと続く。人口は140,437人(2002年全ロシア国勢調査)、129,008人(1989年ソ連国勢調査)。2009年の推定人口は142,000人。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとアリメチエフスク · 続きを見る »

ウクライナ

ウクライナ(Україна、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとウクライナ · 続きを見る »

カザフスタン

フスタン共和国(カザフスタンきょうわこく、)、通称カザフスタンは、中央アジアの共和制国家である。北をロシア連邦、東に中華人民共和国、南にキルギス、ウズベキスタン、西南をトルクメニスタンとそれぞれ国境を接する内陸国。カスピ海、アラル海に面している。首都はアスタナ、最大都市はアルマトイ。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとカザフスタン · 続きを見る »

クロアチア

アチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し対岸はイタリア、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ。 1991年に、それまで連邦を構成していたユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとクロアチア · 続きを見る »

スロバキア

バキア共和国(スロバキアきょうわこく、)、通称スロバキアは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はブラチスラバで、北西にチェコ、北にポーランド、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと隣接する。 古代には(623年-658年)・モラヴィア王国として独立を保った期間もあったが、この地のスラブ人は1000年間少数民族としてハンガリー王国の支配下にあって、ハンガリーにとっても歴史的に重要な地域であり、多くのハンガリー人の出身地、ハンガリー貴族の発祥地でもある(元来スラブ系で、ハンガリー文化に同化した者も多い)。 第一次世界大戦後オーストリア・ハンガリー帝国からチェコと合併するかたちで独立し、その後、1989年のビロード革命による共産党政権崩壊を経て、1993年1月1日にチェコスロバキアから分離独立し現在に至る。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとスロバキア · 続きを見る »

サマーラ

マーラ(Самара, Samara, サマラとも)は、ヴォルガ川東岸にあるロシア連邦の都市。1935年から1990年まではソ連共産党政治局員・副首相・ゴスプラン議長等を歴任した革命家ヴァレリヤン・クイビシェフに因んでクイビシェフ(Куйбышев, Kuybyshev)と呼ばれていた。 ヨーロッパ・ロシアの南東部にあるサマラ州の行政の中心。人口は1,157,880人(2002年全ロシア国勢調査による。1989年ソ連国勢調査では1,254,460人)で、ロシア連邦ではエカテリンブルクに次ぐ6番目に大きな都市。ヴォルガ川が大きく東へ屈曲し、サマーラ川が合流する場所に建つ。サマーラ市の西はヴォルガ川が流れ、北はソコルイ丘陵、東と南はステップ(草原)が広がっている。 サマーラ州のサマーラ・トリヤッチ・シズラニを中心とした大都市圏は重工業などが盛んで、全体の人口は300万人に達する。 サマーラの生活はヴォルガ川とは切り離せない。ヴォルガはサマーラ発展の鍵を握る物流と交易の道であったが、それだけでなくヴォルガの幅広い流れが作る景観がサマーラを特徴づけている。ヴォルガ河畔の通りや公園はサマーラ市民や観光客のお気に入りの散歩道であり、この町を訪れた多くの文人がヴォルガ川に沿った長く美しい川岸の景色を愛でてきた。 1586年にタタール人に対する防衛の基地が築かれ、その後、ヴォルガ地域の穀物の交易の中心地として発展した。機械工業・化学工業などが盛ん。宇宙船「ソユーズ」や人工衛星を造る航空宇宙産業の中心でもあるため、冷戦期には閉鎖都市にされていた。第二次世界大戦でドイツ軍がモスクワに迫った際には、多くの政府機関がサマーラに移された。.

新しい!!: ドルジバパイプラインとサマーラ · 続きを見る »

石油

石油(せきゆ)とは、炭化水素を主成分として、ほかに少量の硫黄・酸素・窒素などさまざまな物質を含む液状の油で、鉱物資源の一種である。地下の油田から採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去した精製前のものを特に原油(げんゆ)という。 原油の瓶詰め 石油タン.

新しい!!: ドルジバパイプラインと石油 · 続きを見る »

経済相互援助会議

経済相互援助会議(けいざいそうごえんじょかいぎ、Совет экономической взаимопомощи、СЭВ、SEV)は、1949年にソ連の主導のもとで東ヨーロッパ諸国を中心とした共産主義諸国(東側諸国)の経済協力機構として結成された。西側での通称はコメコン(COMECON- Council for Mutual Economic Assistance の略)。.

新しい!!: ドルジバパイプラインと経済相互援助会議 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: ドルジバパイプラインと1964年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

友好パイプライン

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »