ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ドミートリー・ドンスコイ

索引 ドミートリー・ドンスコイ

ドミートリー・ドンスコイ ドミートリー・ドンスコイ(ドミートリイ、ドミトリー、またドンスコーイとも;Дмитрий Донской ドミートリイ・ダンスコーイ、1350年10月12日 - 1389年5月19日、在位は1359年 - 1389年)は、第4代モスクワ大公。イヴァン2世の子。イヴァン1世の孫。本名はドミートリー・イヴァーノヴィチ。ドミートリー・ドンスコイという名は「ドン川のドミートリー」という意味の称号で、ドン地方で武功を挙げたことによる。.

30 関係: 宗主国ママイ (キヤト部)ハーンモスクワ大公国モスクワ・リトアニア戦争 (1368年-1372年)リトアニア大公国ロシアヴァシーリー1世ヴォルガ川トヴェリ大公国トクタミシュドン川イヴァン1世イヴァン2世ウラジーミル・スーズダリ大公国クリコヴォの戦いジョチ・ウルスタタールタタールのくびきサライ (都市)黒海10月12日1350年1359年1363年1368年1371年1380年1389年5月19日

宗主国

宗主国(そうしゅこく)とは、実際の権力は対等もしくは逆転しているが格式や権威において上下関係を有するか、または格式や名目上の権威においては対等だが権限範囲において上下関係を有する諸国において、その最上位にあって他の関係諸国を下位とする国である。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと宗主国 · 続きを見る »

ママイ (キヤト部)

ママイ(Mamai、? - 1380年)は、ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の軍人・政治家。キヤト部の出身川口「キプチャク草原とロシア」『中央ユーラシアの統合』、286-287頁。現在のウクライナ南部・クリミア半島に渡る地域を支配していた。 史料ではウズベク・ハンの即位に功績があったキヤト族の貴族イサタイの甥、またベルディ・ベク・ハンの女婿と伝えられる。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとママイ (キヤト部) · 続きを見る »

ハーン

ハーン(可汗、合罕、qaġan/qaγan、khaan)は、北アジア、中央アジア、西アジア、南アジアにおいて、主に遊牧民の君主や有力者が名乗る称号。古い時代の遊牧民の君主が名乗った称号カガン(古テュルク語: - qaġan/qaγan)はその古形である。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとハーン · 続きを見る »

モスクワ大公国

1390年から1525年にかけてのロシア大公国の領土の変遷 モスクワ大公国(モスクワたいこうこく、ロシア語: Московское великое княжество モスコーフスコエ・ヴェリーコエ・クニャージェストヴォ)は、キエフ・ルーシの北東辺境地にあったルーシ系のウラジーミル・スズダリ公国のもとに成立した国家である。ロシア帝国の前身。モスクワ・ルーシ(Московская Русь モスコーフスカヤ・ルーシ)とも呼ばれる。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとモスクワ大公国 · 続きを見る »

モスクワ・リトアニア戦争 (1368年-1372年)

1368年から1372年にかけてのモスクワ・リトアニア戦争ではリトアニア大公アルギルダスによる1368年、1370年及び1372年に行われたモスクワ大公国への遠征並びにそれに附随し形で行われた幾つかの戦闘について解説する。『ロゴジスキイ年代記』はアルギルダスによる一連の遠征について «Литовщина»という表現を用いている。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとモスクワ・リトアニア戦争 (1368年-1372年) · 続きを見る »

リトアニア大公国

フ県などが置かれた地域)を獲得した。 合同により、現在のウクライナにあたる地域がポーランドの領土となっている。 ヤン・マテイコ画『リトアニア大公国の洗礼』(1387年) リトアニア大公国(リトアニアたいこうこく、、)は、13世紀から1795年のあいだにリトアニアを中心とした地域を支配した国家である。その全盛期には、広大な領土を擁するヨーロッパの強国であった。この国家の支配層の民族構成は人口においてはリトアニア人はむしろ少数派で、特にルーシ人と呼ばれる東スラヴ人が多かった。このルーシ人は、のちのベラルーシ人やウクライナ人の先祖に当たり、やがてリトアニア人とあわせてと呼ばれるようになった。 リトアニア人が支配した当初はその領土もいわゆる「原リトアニア」と呼ばれる、現代のリトアニア共和国とほぼ同じ狭い地域に限られており、小さな異教国家(非キリスト教国家、Romuva)であったが、複雑な政治的経緯により人口の膨大なルーシ(現在のロシア・スモレンスク地方、ベラルーシ、西部ウクライナ)の正教徒の人々が住む広大な地域(すなわちヴォルィーニ公国やハールィチ公国の地域)も徐々に広く包含するようになると、そういった地方の支配層も取り込むようになったため結果として大公国全体で徐々に正教徒の東スラヴ人が政治的に優勢となった。原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。1387年にローマ・カトリックを正式に国教としたが、正教徒の信仰も認められた。1430年以後、ポーランド王国と実質的な同君連合となり(ポーランド・リトアニア合同)、支配階層のポーランド文化への同質化が進んだ。1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国を形成した。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとリトアニア大公国 · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとロシア · 続きを見る »

ヴァシーリー1世

ヴァシーリー1世(Василий I,Vasilii I, 1371年12月30日 - 1425年2月27日、在位:1389年 - 1425年)は、モスクワ大公。ドミトリイ・ドンスコイと公妃エフドキヤの長男。息子には ヴァシーリー2世がいる。弟には、後に一時的にモスクワ大公位に就くガーリチ公、そしてモジャイスク公アンドレイ、ドミトロフ公ピョートル、コンスタンチンがいる。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとヴァシーリー1世 · 続きを見る »

ヴォルガ川

最上流の町・ルジェフ周辺(1909年から1915年頃のカラー写真) ヴォルガ川流域 ヴォルガ川(ヴォルガがわ、 ヴォールガ)は、ロシア連邦の西部を流れる、ヨーロッパ州最長の川で、ロシア主要部(ヨーロッパ・ロシア中心部)を水系に含む「ロシアの母なる川」でもある。全長は3,690kmにおよぶ。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとヴォルガ川 · 続きを見る »

トヴェリ大公国

トヴェリ公国 / トヴェリ大公国(Тверское княжество / Великое княжество Тверское)はトヴェリを首都として成立した、ルーシの諸公国の一つである。1247年に分領公国として成立し、のちに大公国を称した。1485年にモスクワ大公国に組み込まれて消滅した。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとトヴェリ大公国 · 続きを見る »

トクタミシュ

トクタミシュ(Toqtamish, ? - 1406年)は、バトゥ家断絶後のジョチ・ウルスのハン(在位:1377年、1378年 - 1406年)で、ジョチの十三男トカ・テムルの子孫である。ペルシア語・チャガタイ語資料ではトクタミシュ・ハン توقتاميش خان Tūqtāmīsh Khān と表記され、ロシア語ではトフタムィシ(Тохтамыш; Tokhtamysh)と表記される。ジョチ・ウルス左翼(東部)の小王族からティムール朝の援助を受けてハン位に立ち、分裂していたジョチ・ウルスの再統合と再編を果たすが、のちにティムールと対立し、敗れて没落した。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとトクタミシュ · 続きを見る »

ドン川

ドン川(Дон)は、ロシア連邦を流れる主要な川の一つである。 ドン川流域.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとドン川 · 続きを見る »

イヴァン1世

イヴァン1世ダニーロヴィチ(, ? - 1340年3月31日)は、モスクワ大公(在位:1325年 - 1340年)、ウラジーミル大公(在位:1328年 - 1340年)。モスクワ公ダニール・アレクサンドロヴィチ(? - 1303年)の子。イヴァン・カリター(, Ivan Kalita)とあだ名される。カリターとは「金袋」の意味。 息子にはセミョーン、イヴァン2世、アンドレイがいる。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとイヴァン1世 · 続きを見る »

イヴァン2世

イヴァン2世イヴァノヴィチ(Иван II Иванович, 1326年3月30日 - 1359年11月13日)はモスクワ大公(在位:1353年 - 1359年)。イヴァン1世の息子でドミートリー・ドンスコイの父。 父イヴァン1世の死後、ズヴェニゴロドとルザの公となる。兄セミョーンの死後、スズダリ公コンスタンチンとモスクワ大公位を争い、これに勝利する。死後、モスクワ大公位は、幼少の息子、ドミートリーが継ぎ、府主教アレクセイが摂政となった。 Category:モスクワ大公 Category:ウラジーミル大公 Category:ダニール家 Category:リューリク朝 Category:1326年生 Category:1359年没.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとイヴァン2世 · 続きを見る »

ウラジーミル・スーズダリ大公国

ウラジーミル・スーズダリ大公国(ウラジーミル・スーズダリたいこうこく)は、ルーシの公国の一つ。12世紀後半以後は大公国。現在のスーズダリ・モスクワなどを含む地域で、当時の辺境地であった北東ルーシに位置した。首府はウラジーミル。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとウラジーミル・スーズダリ大公国 · 続きを見る »

クリコヴォの戦い

リコヴォの戦い(ロシア語:Куликовская битваまたはБитва на Куликовом поле)は、1380年、モスクワ大公ドミートリー1世(ドミートリー・ドンスコイ)の率いるルーシ諸侯連合軍が、ジョチ・ウルスの事実上の支配者ママイの軍とそれに同盟したリトアニア大公国・ルーシ諸侯などの連合軍を破った戦いドミートリー・ドンスコイはモスクワ公ないしモスクワ大公としてはドミートリー1世、ウラジーミル大公としてはドミートリー4世である。。 なお、アレクサンドル・ソルジェニーツィンの小説『胴巻のザハール』では地名が「クリーコヴォ」なのか「クリコーヴォ」なのかという問題が出されているが、一般には「クリコーヴォ」が採られている。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとクリコヴォの戦い · 続きを見る »

ジョチ・ウルス

ョチ・ウルス()は、13世紀から18世紀にかけて、黒海北岸のドナウ川、クリミア半島方面から中央アジアのカザフ草原、バルハシ湖、アルタイ山脈に至る広大なステップ地帯を舞台に、チンギス・カンの長男ジョチの後裔が支配し興亡した遊牧政権(ウルス)。一般にキプチャク・ハン国の名で知られる国とほぼ同じものである。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとジョチ・ウルス · 続きを見る »

タタール

18世紀のタタールの女性 タタール(Tatar)は、北アジアのモンゴル高原とシベリアとカザフステップから東ヨーロッパのリトアニアにかけての幅広い地域にかけて活動したモンゴル系、テュルク系、ツングース系およびサモエード系とフィン=ウゴル系の一部など様々な民族を指す語として様々な人々によって用いられてきた民族総称である。日本では、中国から伝わった韃靼(だったん)という表記も用いてきた。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとタタール · 続きを見る »

タタールのくびき

タタールの軛(タタールのくびき)またはモンゴル=タタールの軛(モンゴル=タタールのくびき、Монголо-татарское иго、Tataro-Mongol Yoke)とは、13世紀前半に始まったモンゴルのルーシ侵攻とそれにつづくモンゴル人(モンゴル=タタール)によるルーシ(現在のロシア・ウクライナ・ベラルーシ)支配を、ロシア側から表現した用語である。現在のロシア人などの祖先であるルーシ人のモンゴル=タタールへの臣従を意味するロシア史上の概念である。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとタタールのくびき · 続きを見る »

サライ (都市)

ライ(バトゥ・サライ、旧サライ、 Sarai Batu、 Old Sarai、 Sarai-al-Maqrus、 Saraj、 Saray) は、13世紀から15世紀にかけてキプチャク草原を支配したモンゴル遊牧政権、ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の首都だった場所。中世には世界最大級の都市で、その人口は最盛期には60万人に達したと見積もられているが、現在は廃墟と化している。 都市の名はペルシャ語で館・宮殿・オアシス・故郷などを意味するサラーイ(sarā(i))から来ている。漢字では「薩来」と表記される。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイとサライ (都市) · 続きを見る »

黒海

黒海(こっかい)は、ヨーロッパとアジアの間にある内海で、大西洋の縁海(地中海 (海洋学))の一つである。マルマラ海を経てエーゲ海、地中海に繋がる。 バルカン半島、アナトリア半島、コーカサスと南ウクライナ・クリミア半島に囲まれており、ドナウ川、ドニエストル川、ドニエプル川などの東ヨーロッパの大河が注ぐ。アナトリアとバルカンの間のボスポラス海峡、マルマラ海、ダーダネルス海峡を通じて地中海に繋がっており、クリミアの東にはケルチ海峡を隔ててアゾフ海がある。 黒海に面する国は、南岸がトルコで、そこから時計回りにブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、ロシア、ジョージアである。 黒海に面する有名な港湾には、イスタンブール(ビュザンティオン、コンスタンティノープル)から時計回りにブルガス、ヴァルナ、コンスタンツァ、オデッサ、セヴァストポリ、ヤルタ、ガグラ、バトゥミ、トラブゾン、サムスンなどがある。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと黒海 · 続きを見る »

10月12日

10月12日(じゅうがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から285日目(閏年では286日目)にあたり、年末まであと80日ある。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと10月12日 · 続きを見る »

1350年

記載なし。

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと1350年 · 続きを見る »

1359年

記載なし。

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと1359年 · 続きを見る »

1363年

記載なし。

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと1363年 · 続きを見る »

1368年

記載なし。

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと1368年 · 続きを見る »

1371年

記載なし。

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと1371年 · 続きを見る »

1380年

記載なし。

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと1380年 · 続きを見る »

1389年

記載なし。

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと1389年 · 続きを見る »

5月19日

5月19日(ごがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から139日目(閏年では140日目)にあたり、年末まであと226日ある。誕生花はクルミ。.

新しい!!: ドミートリー・ドンスコイと5月19日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ドミートリイ・ドンスコーイドミートリイ・ドンスコイドミトリー・ドンスコイドミトリイ・ドンスコイ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »