ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ドミトリー・ラドチェンコ

索引 ドミトリー・ラドチェンコ

ドミトリー・レオニドヴィチ・ラドチェンコ(Dmitri Leonidovich Radchenko、露:Радченко, Дмитрий Леонидович、1970年12月2日-)は、ロシア(ソビエト連邦)出身の元サッカー選手。.

38 関係: 中山雅史ハイドゥク・スプリトラーヨ・バジェカーノラシン・サンタンデールリーガ・エスパニョーラ1993-1994リーガ・エスパニョーラ1994-1995リーガ・エスパニョーラ1995-1996リーガ・エスパニョーラ1996-1997リーガ・エスパニョーラ1997-1998リーガ・エスパニョーラ1998-1999ロシアロシア語プリメーラ・ディビシオンデポルティーボ・ラ・コルーニャフォワード (サッカー)オレグ・サレンコクロアチアジュビロ磐田スペインセグンダ・ディビシオンソビエト連邦サンクトペテルブルクサッカーロシア代表サッカーカメルーン代表サッカーCIS代表サッカー選手CPメリダ高原直泰FCスパルタク・モスクワFCゼニト・サンクトペテルブルクFKディナモ・サンクトペテルブルク日本日本プロサッカーリーグ12月2日1970年1994 FIFAワールドカップ1999年のJリーグ2000年のJリーグ

中山雅史

中山 雅史(なかやま まさし、1967年9月23日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手、サッカー解説者。アスルクラロ沼津所属。ポジションはフォワード。 日本プロサッカー選手会名誉会長。ゴン中山の愛称で知られる。ほかに、中山隊長、隊長の愛称がある。1996年から1998年までジュビロ磐田でキャプテンを務めた。 日本代表として1998 FIFAワールドカップ、2002 FIFAワールドカップにも出場。Jリーグ(J1)最優秀選手賞1度受賞、得点王2回、ベストイレブン4度受賞した経験を持ち、Jリーグシーズン最多得点、J1での最年長記録、W杯本大会日本代表初ゴールなどの個人記録なども持つ。国際試合における最短ハットトリックのギネス世界記録保持者でもある。なお、2016年3月に佐藤寿人に抜かれるまで通算J1最多得点(157得点)記録保持者、同年11月にステファン・ルチヤニッチに抜かれるまでハットトリック連続世界記録保持者(4試合連続)であった。 妻は女優・タレントの生田智子で、2004年に第1子(女子)が生まれた。実父の中山儀助は元岡部町町議会議員である。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと中山雅史 · 続きを見る »

ハイドゥク・スプリト

ポリュド・スタジアム フルヴァツキ・ノゴメトニ・クルブ・ハイドゥク・スプリトSDD(Hrvatski Nogometni Klub Hajduk Split Š.D.D.)は、クロアチア・スプリトを本拠地とするサッカークラブ。 国内ではディナモ・ザグレブとライバル関係にある人気チームであり、両チームの対戦は「エターナル・ダービー」、「クロアチア・ダービー」と呼ばれる。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとハイドゥク・スプリト · 続きを見る »

ラーヨ・バジェカーノ

ラーヨ・バジェカーノ・デ・マドリードSAD(Rayo Vallecano de Madrid, S.A.D.、)またはラジョ・バジェカーノは、スペイン、マドリードのビリャ・デ・バリェカス区に本拠地を置くサッカークラブ。1924年5月29日に創設され、14,708人収容のバジェカス(旧エスタディオ・テレサ・リベロ)を本拠地とする。日本語の読み方では、ラーヨ、ラージョ、ラヨ、ラジョ、バリェカノ、バジェカノ、バリェカーノ、バジェカーノなどとも読まれる。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとラーヨ・バジェカーノ · 続きを見る »

ラシン・サンタンデール

レアル・ラシン・クルブ・デ・サンタンデールSAD(Real Racing Club de Santander S.A.D.)は、スペイン・カンタブリア州サンタンデールに本拠地を置くサッカークラブ。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとラシン・サンタンデール · 続きを見る »

リーガ・エスパニョーラ1993-1994

リーガ・エスパニョーラ1993-1994は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの63回目のシーズンである。1993年9月4日から1994年5月15日に開催された。  セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1992-1993の成績上位によって自動昇格した「UEリェイダ」・「レアル・バリャドリード」と、プリメーラ・ディビシオン1992-1993の18位「RCDエスパニョール」との入れ替え戦に勝利した「ラシン・サンタンデール」の合わせて3チーム。  ヨハン・クライフ監督率いる「エル・ドリーム・チーム」と呼ばれた「FCバルセロナ」が4連覇を成し遂げ、通算14回目の(クライフ在任中では最後となる)プリメーラ・ディビシオン優勝を達成した。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとリーガ・エスパニョーラ1993-1994 · 続きを見る »

リーガ・エスパニョーラ1994-1995

リーガ・エスパニョーラ1994-1995は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの64回目のシーズンである。1994年9月3日から1995年6月18日に開催された。  セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1993-1994成績上位によって自動昇格した「RCDエスパニョール」・「レアル・ベティス」と、プリメーラ・ディビシオン1993-1994の17位「ラーヨ・バジェカーノ」との入れ替え戦に勝利した「SDコンポステラ」の合わせて3チーム。  「レアル・マドリード」が、プリメーラ・ディビシオン4連覇の「FCバルセロナ」から覇権を取り戻し、1989-1990シーズン以来5季ぶり26回目の優勝を達成した。  シーズン終了後に、5位「セビージャFC」と13位「セルタ・デ・ビーゴ」のセグンダ・ディビシオンへの降格騒動が発生した。詳細は、「セビージャFCとセルタ・デ・ビーゴ降格問題」の章にて述べる。  一連の騒動の結果、当時プリメーラ・ディビシオンに所属しているチームの権利が優先され、入れ替え戦(降格プレーオフ)や自動降格枠の制度などリーグ制度維持の為必ず厳守しなければならない原則が崩壊してしまった。結果として、本季のプリメーラ・ディビシオン構成クラブで翌1995-1996シーズンにセグンダ・ディビシオンへ降格するのは、最下位の「CDログロニェス」の1チームのみで、翌シーズン(1995-1996)にプリメーラ・ディビシオンに昇格するのは3チームであり、本来20チームで運営するべきプリメーラ・ディビシオンが22チームに拡大させられることになった。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとリーガ・エスパニョーラ1994-1995 · 続きを見る »

リーガ・エスパニョーラ1995-1996

リーガ・エスパニョーラ1995-1996は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの65回目のシーズンである。1995年9月2日から1996年5月26日に開催された。  本シーズンのプリメーラ・ディビシオンは、1996-1997シーズンまで暫定的に2チーム増やして全22チーム体制で運営されることになった。これは、昨シーズン(1994-1995)の5位「セビージャFC」と13位「セルタ・デ・ビーゴ」が、スペインサッカー連盟の定めた期限までに決算報告を提出しなかった罰則として、プロ資格の剥奪と3部のセグンダ・ディビシオンB(プロの1部プリメーラ・ディビシオンや2部のセグンダ・ディビシオンより下のクラスに相当し、アマチュアチームでも参加できるリーグ)に降格する処分を出した。さらに、入れ替え戦に敗退した17位「アルバセテ・バロンピエ」と自動降格枠であった19位の「レアル・バリャドリード」について、1部残留を決定する。しかし、本来なら降格圏内ではないチームに対しての連盟からの降格処分はスペイン各地で処分取り消し運動を引き起こし、結果として処分が取り消されることになった。一方、処分取り消しの決定に対して「アルバセテ・バロンピエ」と「レアル・バリャドリード」が抗議し、その結果、1996-1997シーズンまでの2年間に限り、22チームの拡大が認められることになった。  セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1994-1995成績上位によって自動昇格した「CPメリダ」・「ラーヨ・バジェカーノ」と、プリメーラ・ディビシオン1994-1995の17位「アルバセテ・バロンピエ」との入れ替え戦に勝利した「UDサラマンカ」の合わせて3チーム。なお、入れ替え戦に敗れた「アルバセテ・バロンピエ」も上記に述べた理由により、本季はプリメーラ・ディビシオンに参戦している。  「アトレティコ・マドリード」が1976-1977シーズン以来19季ぶり9回目の優勝を達成した。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとリーガ・エスパニョーラ1995-1996 · 続きを見る »

リーガ・エスパニョーラ1996-1997

リーガ・エスパニョーラ1996-1997は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの66回目のシーズンである。1996年8月31日から1997年6月23日に開催された。  プリメーラ・ディビシオンは、昨シーズン(1995-1996)から全22チームで構成していたが、翌シーズン(1997-1998)は20チーム体制に戻されることから、自動降格枠が4チームと例年になく大変多くなったシーズンであった。  セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1995-1996成績上位によって自動昇格した「エルクレスCF」・「CDログロニェス」と、プリメーラ・ディビシオン1995-1996の20位「アルバセテ・バロンピエ」との入れ替え戦に勝利した「CFエストレマドゥーラ」の合わせて3チーム。  「レアル・マドリード」が2季ぶり27回目の優勝を達成した。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとリーガ・エスパニョーラ1996-1997 · 続きを見る »

リーガ・エスパニョーラ1997-1998

リーガ・エスパニョーラ1997-1998は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの67回目のシーズンである。1997年8月30日から1998年5月16日に開催された。  プリメーラ・ディビシオンは、1995-1996と1996-1997の2シーズンを全22チームで構成していたが、本季は構成チーム数を2チーム減らし、3季ぶりに20チーム体制に戻されて行なわれることになった。  セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1996-1997成績上位によって自動昇格した「CPメリダ」・「UDサラマンカ」と、プリメーラ・ディビシオン1996-1997の18位「ラーヨ・バジェカーノ」との入れ替え戦をアウェーゴールによって勝利した「RCDマジョルカ」の合わせて3チーム。  「FCバルセロナ」が4季ぶり15回目の優勝を達成した。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとリーガ・エスパニョーラ1997-1998 · 続きを見る »

リーガ・エスパニョーラ1998-1999

リーガ・エスパニョーラ1998-1999は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの68回目のシーズンである。1998年8月29日から1999年6月20日に開催された。 本季(1998-1999シーズン)を以って、シーズン終了後に行なわれる1部リーグのプリメーラ・ディビシオン下位3・4位と2部リーグのセグンダ・ディビシオンと上位3・4位の入れ替え戦(降格プレーオフ)は終了することとなった。翌シーズンより、プリメーラ・ディビシオン下位3チームはセグンダ・ディビシオンに自動的に降格し、代わってセグンダ・ディビシオン上位3チームが昇格し、翌シーズンのプリメーラ・ディビシオンに参戦することになる。 セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1997-1998成績上位によって自動昇格した「デポルティーボ・アラベス」・「CFエストレマドゥーラ」と、プリメーラ・ディビシオン1997-1998の17位「SDコンポステラ」との入れ替え戦をアウェーゴールによって勝利した「ビジャレアルCF」の合わせて3チーム。 「FCバルセロナ」が2季連続16回目の優勝を達成した。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとリーガ・エスパニョーラ1998-1999 · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとロシア · 続きを見る »

ロシア語

ア語(ロシアご、русский язык )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとロシア語 · 続きを見る »

プリメーラ・ディビシオン

プリメーラ・ディビシオン(Primera División, 1部リーグ)は、スペインのサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラのトップディビジョンの名称である。2016年7月にスペインのサンタンデール銀行により命名権が買い取られ、ラ・リーガ サンタンデール(La Liga Santander)と冠されている。 UEFAチャンピオンズリーグ歴代最多となる12回の優勝と33回のリーグ優勝を誇るレアル・マドリード、最大のライバルであるバルセロナやアトレティコ・マドリードなどが所属している。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとプリメーラ・ディビシオン · 続きを見る »

デポルティーボ・ラ・コルーニャ

レアル・クルブ・デポルティーボ・デ・ラ・コルーニャ(Real Club Deportivo de La Coruña S.A.D.)は、スペイン・ガリシア州・ア・コルーニャに本拠地を置くサッカークラブである。2017-18シーズンはリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属している。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとデポルティーボ・ラ・コルーニャ · 続きを見る »

フォワード (サッカー)

ュートを放つフォワード フォワード(Forward)とは、サッカーにおけるポジションの一つ。略記はFW。トップとも呼ばれる。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとフォワード (サッカー) · 続きを見る »

オレグ・サレンコ

レグ・サレンコ(Олег Саленко、1969年10月25日 - )は、ロシア・サンクトペテルブルク出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとオレグ・サレンコ · 続きを見る »

クロアチア

アチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し対岸はイタリア、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ。 1991年に、それまで連邦を構成していたユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとクロアチア · 続きを見る »

ジュビロ磐田

ュビロ磐田(ジュビロいわた、Júbilo Iwata)は、日本の静岡県磐田市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとジュビロ磐田 · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとスペイン · 続きを見る »

セグンダ・ディビシオン

ンダ・ディビシオン(Segunda División, 2部リーグ)は、スペインのサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオン(1部)に次ぐカテゴリーの名称である。2016年7月からラ・リーガ ウン・ドス・トレス(La Liga 1|2|3)という呼称になっている。「1|2|3」はリーガ・エスパニョーラの冠スポンサー・サンタンデール銀行の企業スローガンである。 22チームが出場し、ホーム・アンド・アウェー方式2回総当りで42節を戦う。勝ち点はそれぞれ勝利が3、引き分けが1、負けが0となっている。上位3チームは自動的にプリメーラ・ディビシオンに昇格していたが、2010-11シーズンから上位2チームは自動昇格、3~6位の4チームがホーム・アンド・アウェーのトーナメント方式でプレーオフを行い、最後の1枠を争うようになった。また、下位4チームは3部リーグにあたるセグンダ・ディビシオンBに降格する。 なお、リーガ・エスパニョーラはリザーブチームのリーグ参加を認めているため、2012-13シーズンには、FCバルセロナのリザーブチームであるFCバルセロナBと、レアル・マドリードのリザーブチームであるレアル・マドリード・カスティージャがセグンダ・ディビシオンに所属している。ただし、これらのチームは規定により、トップチームと同一カテゴリーに所属できない。2010-11シーズンのFCバルセロナBは昇格プレーオフ出場圏内の3位でシーズンを終えたが、プリメーラ・ディビシオンにFCバルセロナが所属しているため、FCバルセロナBは昇格プレーオフに参加できず、4~7位の4クラブで昇格プレーオフが争われた。2011-12シーズンのビジャレアルCF Bは残留圏内の12位でシーズンを終えたが、プリメーラ・ディビシオンのビジャレアルCFが18位で降格となったため、ビジャレアルCF Bは自動的にセグンダ・ディビシオンB降格となった。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとセグンダ・ディビシオン · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとソビエト連邦 · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとサンクトペテルブルク · 続きを見る »

サッカーロシア代表

ッカーロシア代表()は、ロシアサッカー連合(RFU)によって編成されるロシアのサッカーのナショナルチームである。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとサッカーロシア代表 · 続きを見る »

サッカーカメルーン代表

ッカーカメルーン代表(, )は、カメルーンサッカー連盟により構成されるカメルーンのサッカーのナショナルチームである。愛称は不屈のライオン(Les Lions Indomptables, The Indomitable Lions)。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとサッカーカメルーン代表 · 続きを見る »

サッカーCIS代表

ッカーCIS代表(サッカーシーアイエスだいひょう、Сборная СНГ по футболу)は、独立国家共同体(略称:CIS)におけるサッカーのナショナルチームである。ソビエト連邦崩壊後、1992年に存在した。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとサッカーCIS代表 · 続きを見る »

サッカー選手

ッカー選手とは、サッカーにおいて競技を実際に行う者のことである。全世界では、約2億5000万人のサッカー選手が存在すると推定されている。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとサッカー選手 · 続きを見る »

CPメリダ

CPメリダ(Mérida Unión Deportiva)は、スペイン・エストレマドゥーラ州バダホス県メリダに本拠地を置き、2000年までリーガ・エスパニョーラに所属していたサッカークラブ。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとCPメリダ · 続きを見る »

高原直泰

原 直泰(たかはら なおひろ、1979年6月4日 - )は、静岡県三島市出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード。元日本代表。血液型はB型。 2002年にJリーグMVPとJリーグ得点王を獲得。2006年にはFIFAワールドカップに出場。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと高原直泰 · 続きを見る »

FCスパルタク・モスクワ

FCスパルタク・モスクワ(、)は、ロシア・モスクワを本拠地とするサッカークラブチーム。ロシアで最も過激なサポーターを有することで知られる。なお、同国には同名のアイスホッケーチームも存在する。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとFCスパルタク・モスクワ · 続きを見る »

FCゼニト・サンクトペテルブルク

FCゼニト・サンクトペテルブルク(Ф.К. Зенит Санкт-Петербург、F.C. Zenit Sankt-Peterburg)は、ロシア・サンクトペテルブルクを本拠地とするサッカークラブ。ソビエト連邦時代はゼニト・レニングラードとして知られた。「ゼニト(ゼニート)」とは、ロシア語で「天頂」など「絶頂、頂点」のこと。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとFCゼニト・サンクトペテルブルク · 続きを見る »

FKディナモ・サンクトペテルブルク

フトボリヌィイ・クループ・ディナモ・サンクトペテルブルク()は、ロシアのサンクトペテルブルクをホームタウンとするサッカークラブである。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコとFKディナモ・サンクトペテルブルク · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと日本 · 続きを見る »

日本プロサッカーリーグ

日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグリーグの定める では「J」は全角の「J」を用いることとしているが、Wikipediaにおいては表記ガイドに基づき半角で表記する。(ジェイリーグ、J.LEAGUE)。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと日本プロサッカーリーグ · 続きを見る »

12月2日

12月2日(じゅうにがつふつか)は、グレゴリオ暦で年始から336日目(閏年では337日目)にあたり、年末まであと29日ある。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと12月2日 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと1970年 · 続きを見る »

1994 FIFAワールドカップ

1994 FIFAワールドカップ(1994 FIFA World Cup)は、1994年6月17日から7月17日にかけて、アメリカ合衆国で開催された15回目のFIFAワールドカップである。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと1994 FIFAワールドカップ · 続きを見る »

1999年のJリーグ

この項目では、1999年シーズンの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)について述べる。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと1999年のJリーグ · 続きを見る »

2000年のJリーグ

2000年のJリーグは、J1リーグが3月11日に開幕、11月26日にリーグ戦の日程を終了し、12月2日・12月9日にチャンピオンシップが行われた。J2リーグは3月11日に開幕、11月19日に閉幕した。J1リーグの優勝クラブは1stステージが横浜F・マリノス、2ndステージが鹿島アントラーズで、チャンピオンシップによる年間総合優勝は鹿島アントラーズ。J2リーグの優勝はコンサドーレ札幌。.

新しい!!: ドミトリー・ラドチェンコと2000年のJリーグ · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »