ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)

索引 ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)

ドミトリー・コンスタンチノヴィチ(Дмитрий Константинович, 1860年6月13日 - 1919年1月28日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫で、ロシア大公の称号を有した。コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公とその妻アレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃(ザクセン=アルテンブルク公女アレクサンドラ)の間の第5子、三男。長くロシア帝国軍で軍務についた。ドミトリーはロシアの国政に関わったことはなかったが、皇帝ニコライ2世の系累であるため、ロシア革命後の1919年、ボリシェヴィキ政府の命令でペトロパヴロフスク要塞の城壁で銃殺された。従兄弟のニコライ・ミハイロヴィチ大公、ゲオルギー・ミハイロヴィチ大公、パーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公も、この時ドミトリーと共に処刑された。 Category:ロシア帝国の軍人 Category:ロシア大公 Category:聖アンドレイ勲章受章者 Category:聖ウラジーミル勲章受章者 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:ソビエトにおける赤色テロの犠牲者 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1860年生 Category:1919年没.

16 関係: ペトロパヴロフスク要塞ロシア大公一覧ロシア帝国ロシア革命ボリシェヴィキパーヴェル・アレクサンドロヴィチニコライ1世ニコライ2世ニコライ・ミハイロヴィチアレクサンドラ・イオシフォヴナゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919)コンスタンチン・ニコラエヴィチ1860年1919年1月28日6月13日

ペトロパヴロフスク要塞

ペトロパヴロフスク要塞(ロシア語:Петропа́вловская кре́постьピトラパーヴラフスカヤ・クリェーパスチ)は、ロシア、サンクトペテルブルクの要塞である。名称は、ロシア語で「ペトロとパウロの要塞」という意味で、ペトロ・パウロ要塞、あるいはペトロ・パヴロ要塞とも表記される。 正式名称はサンクトペテルブルク要塞(Санкт-Петербургская крепостьサンクトピチルブールクスカヤ・クリェーパスチ)。1914年から1917年にかけては、都市の名称が「ペトログラード」であったため、要塞もペトログラード要塞(Петроградская крепостьピトラグラーツカヤ・クリェーパスチ)を称した。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とペトロパヴロフスク要塞 · 続きを見る »

ロシア大公一覧

アレクサンドル3世は、ロシア大公の称号に関する規定に重要な修正を加えた 以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーキー・クニャージ(ロシア語:Великий князь)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーキー・クニャージは日本語では「大公」に相当する。その他、英語では「Grand Duke」と訳されることが多いものの、「Grand Prince」の方がより正確な訳語といえる。この儀礼称号はロシア皇帝の男系子孫のみに許される称号であり、殿下(His Imperial Highness)の称号と一緒に授けられた。ロシア大公は主権者ではないが、ロシア帝国を統べる一族に属し、帝国の支配者の一員とみなされていた。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とロシア大公一覧 · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とロシア帝国 · 続きを見る »

ロシア革命

ア革命(ロシアかくめい, Российская революция ラシースカヤ・レヴァリューツィヤ, Russian Revolution)とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。また逆に、広義には1905年のロシア第一革命も含めた長期の諸革命運動を意味する。 「二月革命」、「十月革命」は当時ロシアで用いられていたユリウス暦における革命勃発日を基にしており、現在一般的に用いられるグレゴリオ暦ではそれぞれ「三月革命」、「十一月革命」となる。この項目で使用されている月日は1918年2月14日のグレゴリオ暦導入までの事柄についてはユリウス暦による月日で表記しており、13日を加算するとグレゴリオ暦の月日に換算できる。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とロシア革命 · 続きを見る »

ボリシェヴィキ

ボリシェヴィキ(、「多数派」の意)は、ロシア社会民主労働党が分裂して形成された、ウラジーミル・レーニンが率いた左派の一派。ボリシェビキ、ボルシェヴィキ、ボルシェビキとも呼称され、戦前の日本国内おける刊行物等の資料では、ボルシエヴィキー、ボルシエヴィキなどの表記が用いられている。単数形はボリシェヴィク()。 1917年の十月革命以前から活動していた者は特にオールド・ボリシェヴィキと呼ばれる。ボリシェヴィキはメンシェヴィキや社会革命党に比べ少数派であったが、人事と要職を握ったので「多数派」を名乗った。暴力革命を主張し、徹底した中央集権による組織統制が特徴である。その特徴は、そのまま後身であるソビエト連邦共産党へと引き継がれた。 なおドイツではボルシェヴィズムス()は第一義的にロシアの共産主義者を指し、帝政ドイツからナチス時代には、ドイツの社会民主主義よりさらに急進的な過激派という意味でも用いられた。 ロシア革命時には「パン・土地・平和」をスローガンとして掲げた。平和を求める大衆の意見を尊重すべきとのトロツキーの意見が反映されている。 ボリシェヴィキはAmerican International Corporationから財政支援を受けていた。当社は1915年、Frank A. Vanderlipを会長としてニューヨークに設立された。出資者はジョン・モルガン、ロックフェラー、ジェームズ・スティルマン。1917年の役員はPierre S. du Pont、Percy Avery Rockefeller、Albert H. Wiggin、Beekman Winthrop、そしてEmpire Trust CompanyのMatthew C. Brushであった。 なお、日本では、ロシア革命時に主導権を握ったレーニンらのボルシェビキを和訳した際に過激派と訳した。 学生運動で自らをボルシェビキと称した人々がいた。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とボリシェヴィキ · 続きを見る »

パーヴェル・アレクサンドロヴィチ

パーヴェル・アレクサンドロヴィチ(, 1860年10月3日 - 1919年1月30日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ロシア皇帝アレクサンドル2世の第6皇子、母は皇后マリア・アレクサンドロヴナ。騎兵大将。軍人としてよりも、穏和で信仰心の深い紳士として知られていた。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とパーヴェル・アレクサンドロヴィチ · 続きを見る »

ニコライ1世

ニコライ1世(、ニコライ・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1796年7月6日 - 1855年3月2日)はロマノフ朝第11代ロシア皇帝(在位:1825年12月1日 - 1855年3月2日)、第2代ポーランド立憲王国国王(ミコワイ1世)、第2代フィンランド大公。父はパーヴェル1世、母は皇后マリア・フョードロヴナ。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行した50ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とニコライ1世 · 続きを見る »

ニコライ2世

ニコライ2世(、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。 皇后はヘッセン大公国の大公女アレクサンドラ・フョードロヴナ(通称アリックス)。皇子女としてオリガ皇女、タチアナ皇女、マリア皇女、アナスタシア皇女、アレクセイ皇太子がいる。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世やイギリス国王ジョージ5世は従兄にあたる。 日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とニコライ2世 · 続きを見る »

ニコライ・ミハイロヴィチ

ニコライ・ミハイロヴィチ(Никола́й Миха́йлович, 1859年4月26日 - 1919年1月28日)は、ロシア帝国の皇族、ロシア大公。ニコライ1世の孫息子の一人で、アレクサンドル3世の従弟。 著名な歴史学者であり、特にアレクサンドル1世統治期のロシア史の研究に多大な貢献をした。ニコライの歴史研究は、ロシア語とフランス語で発表されていた。アカデミー・フランセーズの会員であり、ベルリン大学から歴史学と哲学の名誉博士号を、モスクワ大学から歴史学の名誉博士号をそれぞれ授与されていたほか、さらにロシア帝国歴史学協会、ロシア帝国果樹栽培学協会、ロシア地理学協会の会長を務めていた。政治的には自由主義者だったが、後に彼自身のいう「権威主義的共和主義」志向へと変わっていった。ロシアの既存の体制内での改革運動を続けていたため、皇族からは変人扱いされていた。また改革派ゆえに、ニコライの業績に対する評価は、国内よりも国外での方が高かった。 自由主義者であったニコライはニコライ2世の皇后アレクサンドラ・フョードロヴナに嫌われ、そのためニコライ2世の治世晩期には皇帝の信任を失った。ロシアの政情が悪化していく中で、ニコライは皇帝に改革を要求し続け、宮廷革命の議論に参加することまでした。帝政が崩壊すると、ニコライはヴォログダに幽閉された。その後ボリシェヴィキ政府に拘束されてペトログラードに送られ、ペトロパヴロフスク要塞の外で、弟のゲオルギー・ミハイロヴィチ大公、従弟のドミトリー・コンスタンチノヴィチ大公およびパーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公とともに銃殺された。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とニコライ・ミハイロヴィチ · 続きを見る »

アレクサンドラ・イオシフォヴナ

アレクサンドラ・イオシフォヴナ(ヨシフォヴナとも、, 1830年7月8日 - 1911年7月6日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。ニコライ1世の次男コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公の妻。結婚前の名前はアレクサンドラ・フリーデリケ・ヘンリエッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Alexandra Friederike Henriette von Sachsen-Altenburg)。 ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフとその妃であるアマーリエ・フォン・ヴュルテンベルクの第5子として、アルテンブルク(現在のテューリンゲン州、アルテンブルガー・ラント郡)で生まれた。長姉アレクサンドリーネ・マリーはハノーファー王ゲオルク5世の妃。コンスタンティンの姉、ヴュルテンベルク王妃オリガ・ニコラエヴナの仲介により、シュトゥットガルトでコンスタンチンと見合いをし、婚約した。 1848年9月にコンスタンチンと結婚。6子の母となった。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とアレクサンドラ・イオシフォヴナ · 続きを見る »

ゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919)

ルギー・ミハイロヴィチ(Георгий Михайлович, 1863年8月23日 - 1919年1月28日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫の一人で、ロシア大公の称号を有した。ミハイル・ニコラエヴィチ大公とその妻オリガ・フョードロヴナ妃のあいだに生まれた第四子、三男。第1次世界大戦中はロシア軍に司令官の一人として従軍した。ゲオルギー大公は1919年1月28日、兄ニコライ・ミハイロヴィチ大公、従兄のパーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公およびドミトリー・コンスタンチノヴィチ大公と一緒に、ペトログラードで銃殺刑に処された。 ゲオルギーは1900年、ギリシア王ゲオルギオス1世の娘マリア(マリヤ・ゲオルギエヴナ)と結婚した。夫妻は二人の娘をもうけた。ゲオルギーの妻と娘たちは第1次世界大戦中はイギリスに滞在していたため、革命の難に遭遇することはなかった。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919) · 続きを見る »

コンスタンチン・ニコラエヴィチ

ンスタンチン・ニコラエヴィチ大公 大公一家の肖像写真、コンスタンチン大公は前列右端で末息子ヴャチェスラフを膝に抱いている コンスタンチン・ニコラエヴィチ(ロシア語表記:Константин Николаевич,1827年9月9日 - 1892年1月13日)は、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世の次男、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)とコンスタンチン・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

1860年

記載なし。

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)と1860年 · 続きを見る »

1919年

記載なし。

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)と1919年 · 続きを見る »

1月28日

1月28日(いちがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から28日目に当たり、年末まであと337日(閏年では338日)ある。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)と1月28日 · 続きを見る »

6月13日

6月13日(ろくがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から164日目(閏年では165日目)にあたり、年末まであと201日ある。誕生花はトケイソウ、クチナシ。.

新しい!!: ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)と6月13日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »