ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

トレニタリア

索引 トレニタリア

フレッチャロッサ E632 (右) トレニタリア (Trenitalia) は、イタリアの国鉄 (、FS) の列車運行業務を引き継ぐ民営鉄道会社である。.

51 関係: 夜行列車子会社快速列車ペンドリーノミラノチザルピーノチザルピーノETR470電車チザルピーノETR610電車バーリユーロナイトユーロシティユーロスター・イタリアローマボローニャヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリトリノパリディレッティシマフランスフレッチャルジェントフレッチャロッサフレッチャビアンカフェッロヴィーエ・デッロ・スタートドイツインターシティイタリアイタリア国鉄ETR200電車イタリア国鉄ETR300電車イタリア国鉄ETR400電車イタリア国鉄ETR460電車イタリア国鉄ETR485電車イタリア国鉄ETR500電車イタリア国鉄ETR600電車ジェノヴァスイス国有企業貨物列車車体傾斜式車両鉄道事業者電車TAVTGV気動車日本急行列車普通列車1930年代2006年2007年2008年...2009年 インデックスを展開 (1 もっと) »

夜行列車

駅に停車中の夜行列車 夜行列車(やこうれっしゃ)とは、夜間から翌日の朝以降にまたがって運転される旅客列車のことである。夜汽車と呼ばれることもある。また、夜行列車のうち寝台車を主体とするものは寝台列車と呼ばれる。 多くの夜行列車は、深夜帯には主要駅をのぞいて旅客扱いを行わないが、深夜発早朝着で運行距離が短い列車では深夜であっても多数の駅で旅客扱いを行うものがある。夜行列車の最大のメリットは、深夜という非有効時間帯を利用して目的地に移動できることにある。そのため、他の競合交通機関の(昼行)最終便より遅く出発し、始発便より早く目的地に到着する設定の場合、最もその効果を発揮する。.

新しい!!: トレニタリアと夜行列車 · 続きを見る »

子会社

子会社(こがいしゃ、英:subsidiary)とは、財務及び営業又は事業の方針を決定する機関(株主総会その他)を他の会社(親会社)によって支配されている会社である。 ただし、「親会社」や「子会社」の定義は国により異なり、制定法上の定義の目的についても必ずしも親会社の株主保護や子会社の少数株主・債権者保護という目的で定義づけが図られているわけではない。.

新しい!!: トレニタリアと子会社 · 続きを見る »

快速列車

JR西日本207系電車の快速表示の例(JR東西線直通列車) 快速列車(かいそくれっしゃ)とは、鉄道において急行料金などの速度に対する対価としての料金は要しないが、途中駅の一部または全部を通過し、主要駅のみに停車することで目的地駅への速達サービスを提供する列車である。 ここでは特に断りがない限り、日本における快速列車を主題として解説している。また、「通勤快速」など「快速」の名がつく派生種別についても扱う。.

新しい!!: トレニタリアと快速列車 · 続きを見る »

ペンドリーノ

ペンドリーノ(Pendolino)とはイタリアの高速列車のうち車体傾斜式電車による列車を指す通称。イタリア語で振り子を意味するpendoloの派生語。.

新しい!!: トレニタリアとペンドリーノ · 続きを見る »

ミラノ

ミラノ(Milano)は、イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(Milan)、フランス語ではミラン(Milan)、ドイツ語ではマイラント(Mailand)、スペイン語ではミラン(Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(Mediolanum)と言う。.

新しい!!: トレニタリアとミラノ · 続きを見る »

チザルピーノ

チザルピーノ(Cisalpino)は、1993年から2009年までの間に列車を運行していた鉄道会社(Cisalpino AG)。または、その会社が運行していたドイツ、スイス、イタリアを結ぶ特急列車の愛称である。チザルピーノは「アルプスのこちら側」を意味するイタリア語・男性形で、「こちら側」とは具体的にはイタリア側(南側)を指す(ガリア・キサルピナ参照)。cis-はラテン語で「こちら側」「同じ側」、alpinoがアルプスを指す。.

新しい!!: トレニタリアとチザルピーノ · 続きを見る »

チザルピーノETR470電車

ETR470電車(Elettro Treno Rapido 470)はチザルピーノ社が保有し、主にスイス各地とイタリア各地を結ぶ列車に使用され、その後同社による列車運行の停止によりスイス国鉄およびトレニタリアの所有となった、ペンドリーノの第二世代にあたるETR460、ETR480をベースに、スイス、ドイツ、オーストリアの電化方式と信号装置に対応した設備を追加した車体傾斜式車両である。.

新しい!!: トレニタリアとチザルピーノETR470電車 · 続きを見る »

チザルピーノETR610電車

ETR610電車(Elettro Treno Rapido 610)は、かつてチザルピーノ社が保有し、その後同社による列車運行の停止によりスイス国鉄およびイタリア国鉄(トレニタリア)の所有となった、ペンドリーノの第四世代にあたる車体傾斜式車両である。本稿ではその後スイス国鉄が追加導入したRABe503形についても記述する。.

新しい!!: トレニタリアとチザルピーノETR610電車 · 続きを見る »

バーリ

バーリ(Bari)は、イタリア共和国南部の都市で、その周辺地域を含む人口約32万人の基礎自治体(コムーネ)。プッリャ州の州都であり、バーリ県の県都である。 アドリア海に面した港湾都市であり、東地中海の国々と広範囲な貿易をおこなう商業の一大中心地である。サンタクロースのもととなった聖人ニコラオス(聖ニコラ)ゆかりの地として巡礼地ともなっている。.

新しい!!: トレニタリアとバーリ · 続きを見る »

ユーロナイト

ユーロナイトのロゴ EN ヤン・キエプラ ユーロナイト (EuroNight 略称・EN)は、ヨーロッパ各国間を結ぶ夜行列車ネットワークである。.

新しい!!: トレニタリアとユーロナイト · 続きを見る »

ユーロシティ

ユーロシティ(EuroCity, 略称 EC)はヨーロッパにおける国際列車の列車種別である。「ヨーロッパ都市間特急」などとも訳される。主要駅にのみ停車する優等列車であるが、一般に最高速度は200km/h以下であり、ICEなどの高速列車の運行されている国ではこれらに次ぐ種別と位置づけられている。 TEEや国際インターシティの後継といえる列車であるが、TEEとは異なり一等車と二等車の双方を連結するのが原則である。 1987年の夏ダイヤから西ヨーロッパで運行を開始した。当時は夜行列車のユーロシティも存在したが、1993年にユーロナイトとして分離され、以後は昼行列車のみとなった。その後東ヨーロッパへ運行範囲を拡大する一方で、西ヨーロッパでは高速鉄道網の発達により減少傾向にある。 なおオーストリアのオーストリア連邦鉄道では、1996年から同国内のみを走る列車にもユーロシティという種別を用いている。.

新しい!!: トレニタリアとユーロシティ · 続きを見る »

ユーロスター・イタリア

ユーロスターAVに使用されるETR500 ユーロスター・イタリア (Treni Eurostar Italia, ES*) は、イタリアを走る高速列車。かつてはイタリア国鉄 (Ferrovie dello Stato)、現在は民営会社であるトレニタリアが運行する。イタリア語ではエウロスタルやエウロスターと発音する。.

新しい!!: トレニタリアとユーロスター・イタリア · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: トレニタリアとローマ · 続きを見る »

ボローニャ

ボローニャ(Bologna)は、イタリア共和国北部にある都市で、その周辺地域を含む人口約39万人の基礎自治体(コムーネ)。エミリア=ロマーニャ州の州都であり、ボローニャ県の県都でもある。 アペニン山脈とポー川の間にあるポー川谷に位置する。1088年創立と、西欧最古の大学ボローニャ大学(ラテン語名アルマ・マーテル・ストゥディオルム)がある。.

新しい!!: トレニタリアとボローニャ · 続きを見る »

ヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ

ヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ (Nuovo Trasporto Viaggiatori、以下NTV) はイタリアの鉄道事業者である。 イタリアの高速新線TAVで高速列車を運行することを目的に設立された。.

新しい!!: トレニタリアとヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ · 続きを見る »

トリノ

トリノ(Torino)は、イタリア共和国ピエモンテ州にある都市で、その周辺地域を含む人口約87万人の基礎自治体(コムーネ)。ピエモンテ州の州都であり、トリノ県の県都。イタリア第4の人口規模を持つ。都市圏の人口は約170万人。一時は100万都市だったが昨今は人口減少が著しい。 ミラノに次ぐイタリア第2の工業都市であり、自動車工業の拠点である。近代にはサルデーニャ王国の首都が置かれた。サヴォイア王家の王宮群は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: トレニタリアとトリノ · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: トレニタリアとパリ · 続きを見る »

ディレッティシマ

ディレッティシマ(Direttissima)は、イタリア語で「とても真っ直ぐな」の意味。都市間を短絡する高速新線などの幹線鉄道の名称に使われることもある。.

新しい!!: トレニタリアとディレッティシマ · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: トレニタリアとフランス · 続きを見る »

フレッチャルジェント

フレッチャルジェント(Frecciargento)はイタリアのトレニタリアが運行する優等列車の名称。2012年6月、それまで高速鉄道サービスとして展開していたユーロスター・イタリアを、フレッチャロッサとフレッチャルジェントの2つのカテゴリーに分け誕生した。Fフレッチャロッサは『赤い矢』、フレッチャルジェントは『銀の矢』という意味の造語で、より高速な列車をフレッチャロッサに、それ以外をフレッチャルジェントとしている。 Frecciargentoは、ETR600、ETR610、ETR485の高速鉄道車両(ペンドリーノ)を用い、高速新線では最高速度250km/hで走行する。ただし、在来線を走行する区間においてはこの限りではない。 2014年冬ダイヤでは、ローマとヴェネツィアを結ぶ基幹系統には1時間に1本(1日19本)の列車が運行され、その一部はウーディネ(1日2本)、トリエステ(1日2本)、ナポリ(1日2本)、サレルノ(1日2本)などまで延長運行されている。また、ローマとヴェローナを結ぶ基幹系統にも1時間に1本(1日14本)、ローマとレッチェの間に1日6本、ローマとレッジョ・カラブリアの間に1日2本の列車が運行されているイタリア鉄道オフィシャルページ Frecciargento http://www.trenitalia.com/cms/v/index.jsp?vgnextoid.

新しい!!: トレニタリアとフレッチャルジェント · 続きを見る »

フレッチャロッサ

ETR400 2015年から運行している フレッチャロッサ (Frecciarossa) はイタリアのトレニタリアが運行する優等列車の名称。2008年12月にこのカテゴリーの列車が初めて設定され、2012年6月には、それまで高速鉄道サービスとして展開していたユーロスター・イタリアを、フレッチャロッサとフレッチャルジェントの2つのカテゴリーに完全に振り分けた。フレッチャロッサは『赤い矢』、フレッチャルジェントは『銀の矢』という意味の造語で、より高速な列車をFrecciarossaに、それ以外をFrecciargentoとしている。 フレッチャロッサは、ETR500およびETR400の高速鉄道車両を用い、高速新線では最高速度300km/hで走行する。ただし、在来線を走行する区間においてはこの限りではない。 2014年冬ダイヤでは、ローマ・テルミニ駅とミラノ中央駅をノンストップで結ぶ幹線系統に1時間に1本(1日19本)の列車が運行され、その一部はトリノとナポリまで延長運転されている列車もある。また、途中停車ありでミラノ中央駅とナポリ中央駅を結ぶ幹線系統も1時間に1本運行され、この列車は途中ボローニャ、フィレンツェ、ローマ・ティブルティーナ駅に停車するイタリア鉄道オフィシャルページ Frecciargento http://www.trenitalia.com/cms/v/index.jsp?vgnextoid.

新しい!!: トレニタリアとフレッチャロッサ · 続きを見る »

フレッチャビアンカ

フレッチャビアンカ (Frecciabianca) はイタリアのトレニタリアが運行する優等列車の名称。2010年から2011年12月、それまでEurostar Cityとして設定されていた列車をフレッチャビアンカに転換して誕生した。フレッチャビアンカは『白い矢』という意味の造語である。 フレッチャビアンカは、E.414機関車またはE.402機関車に牽引されるUIC-Z客車もしくはETR460型の高速鉄道車両を用いて運行されている。トレニタリアが運行する優等列車のグレードでは、高速鉄道サービスのフレッチャロッサとフレッチャルジェントが最上位に、その次にこのフレッチャビアンカが、その下にInterCityが位置付けられている。 2014年冬ダイヤでは、ミラノ中央駅とヴェネツィア・サンタ・ルチア駅間を1時間に1〜2本(1日21本)、ミラノ中央駅からボローニャ、リミニを経由しアドリア海沿岸をタラント方面まで結ぶ列車を1時間に1本(1日12本)、その他ローマからの便などが設定されているイタリア鉄道オフィシャルページ Frecciabianca http://www.trenitalia.com/cms/v/index.jsp?vgnextoid.

新しい!!: トレニタリアとフレッチャビアンカ · 続きを見る »

フェッロヴィーエ・デッロ・スタート

フェッロヴィーエ・デッロ・スタート は、イタリアの鉄道会社である。名称はイタリア語で「国有鉄道」(直訳では「国の鉄道」)を意味する。.

新しい!!: トレニタリアとフェッロヴィーエ・デッロ・スタート · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: トレニタリアとドイツ · 続きを見る »

インターシティ

イスで運行される電車方式のインターシティ・"ICN" (InterCity Neigezug) ドイツ鉄道の推進運転用運転台付きのインターシティ用客車 デンマーク国鉄のインターシティ用IC3型気動車 イタリアのインターシティの車内 インターシティ(InterCity, Inter-City, Intercityなど、略称IC)は、ヨーロッパ各国の主に在来線において、その都市間連絡を主たる目的として運行される優等列車である。 その性質はJRの特急列車に近く、主要都市を中心として比較的長距離を専用車両を使用して各線区の最高速度で運転される。多くの国で日本の特急料金に相当する追加料金・特別料金が必要とされるが、追加料金・特別料金が必要でない国もあり、追加料金・特別料金が必要でも日本円換算では一般の運賃に500円程度を追加する程度でJRの特急料金に比べ廉価な場合が多い。 ドイツ、スイス、オーストリア、デンマークなどで特にネットワークが発達している。これらの国では、1時間ごとあるいは2時間ごとの覚えやすいパターンダイヤを採用し、主要駅では違う系統同士が数分の待ち時間によって、同じホームの両側で乗り換えができるように配慮されているのが特徴である。 ただし国によっては、上記の国々のようなパターンダイヤや相互接続を行わず、一般に国内都市間を結ぶ長距離優等列車(特急列車に相当する列車)の種別名として「インターシティ」という言葉が使われることもある。 InterCity は元々イギリス国鉄が同様の優等列車に対して与えた呼称であったが、同国では国鉄の民営化に伴い、正式な呼称としてはすでに使用されていない。 英語圏以外でも英語由来のインターシティという言葉が用いられているが、綴りはイギリスではInterCityまたはInter-City, ドイツではIntercity, スイスやオーストリアではInterCityのように若干の違いがある。.

新しい!!: トレニタリアとインターシティ · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: トレニタリアとイタリア · 続きを見る »

イタリア国鉄ETR200電車

イタリア国鉄ETR200電車(イタリアこくてつETR200でんしゃ、Elettrotreno ETR 200)はイタリアのイタリア国鉄(Ferrovie dello Stato Italiane(FS))で使用されていた高速列車用電車である。.

新しい!!: トレニタリアとイタリア国鉄ETR200電車 · 続きを見る »

イタリア国鉄ETR300電車

イタリア国鉄ETR300電車 (Elettrotreno FS ETR.300, Settebello) はセッテベッロ(イタリアのカードゲームであるスコパで用いられる切り札の名に由来する。以下セッテベッロ)の愛称で知られるかつてイタリアで活躍した電車方式の高速列車編成 (Elettrotreno Rapido, ETR) である。 編成は7両で構成されていた。ペンドリーノが導入されるまでの約30年間にわたり、イタリア鉄道の誇りとして存在した。また名鉄7000系電車に代表される、日本などの鉄道車両のデザインにも影響を与えたことで知られている。 セッテベッロはペンドリーノとは異なり振り子機構は装備していない。また、現代のイタリアの高速列車であるETR500も線形の良い高速新線での使用を前提としているため、同様に振り子機構を装備していない。.

新しい!!: トレニタリアとイタリア国鉄ETR300電車 · 続きを見る »

イタリア国鉄ETR400電車

2014年のイノトランスに出品されたETR400、2014年 同じくイノトランスでのETR400、フレッチャロッサ1000の名称で出品されている イタリア国鉄ETR400電車(いたりあこくてつETR400でんしゃ、Elettro Treno Rapido 400)は、イタリアのトレニタリアがフレッチャロッサとして運行する動力分散方式の高速鉄道車両であり、フレッチャロッサ1000(Frecciarossa 1000)もしくはETR1000とも呼称されている。.

新しい!!: トレニタリアとイタリア国鉄ETR400電車 · 続きを見る »

イタリア国鉄ETR460電車

イタリア国鉄ETR460電車(ETR 460)はフィアット(現在のアルストム)が1993年から製造したペンドリーノの名称で知られる電車方式の車体傾斜車両である。ジョルジェット・ジウジアーロがデザインを担当した。 ETR460電車は基本的には直流電化3kVのみ対応し直流専用電車で、直流電化3kVとスイス国内の交流電化15kV 16 2/3Hzに対応したETR470や直流3kVとイタリア国内の高速新線TAV新規開業区間の交流電化25kV 50Hzに対応したETR480など交直両用の形式とは異なっている。3編成のみトリノ~リヨン間でフランス国内まで運用されるためにフランス国鉄の直流電化1.5kVに対応する複電圧車だが、現在は運用されていない。その3編成のみETR463の形式が付与されている。ETR460は主にトレニタリアの高速列車ユーロスター・イタリアに使用され、現在はFrecciabianca(フレッチャビアンカ)「白い矢」として運用されており、イタリア国内が主な運行の範囲となっている。 ETR450と同様に強制車体傾斜車両であり、最大傾斜角度は8度で乗客の感じる遠心力を軽減する。曲線区間でも高速走行が可能となり、ETR460電車をベースに製造された車両がフィンランドやイギリス、スペイン、ポルトガルなど様々な国で使用されている。軌道側には高速新線の建設など特別な設備は求められないが、車体傾斜システムが複雑なため、車両の維持費用がかさむ欠点がある。油圧式の車体傾斜機構は先頭車の2つのジャイロスコープを利用して制御されている。曲線はカントで高くなっている外側の軌道によって検知されている。.

新しい!!: トレニタリアとイタリア国鉄ETR460電車 · 続きを見る »

イタリア国鉄ETR485電車

イタリア国鉄ETR485電車(Elettrotreno ETR 485)はトレニタリアが運行する高速列車ユーロスター・イタリアで運用される電車方式の車体傾斜式高速鉄道車両である。ペンドリーノの名称で知られ、第二世代にあたるETR 480をイタリアの高速新線に対応させるために改造が行われた形式である。.

新しい!!: トレニタリアとイタリア国鉄ETR485電車 · 続きを見る »

イタリア国鉄ETR500電車

ユーロスターAVに投入されるFrecciarossa編成 イタリア国鉄ETR500電車 (Elettro Treno Rapido 500)は1993年に導入されたイタリアの動力集中方式の高速鉄道車両である。フェッロヴィーエ・デッロ・スタートが開発を進め、現在運行はトレニタリアが行っている。軌道の整備はRFIが行っている。.

新しい!!: トレニタリアとイタリア国鉄ETR500電車 · 続きを見る »

イタリア国鉄ETR600電車

イタリア国鉄ETR600電車(ETR 600)はアルストムが製造するペンドリーノシリーズの一種で、電車方式の車体傾斜式高速鉄道車両である。.

新しい!!: トレニタリアとイタリア国鉄ETR600電車 · 続きを見る »

ジェノヴァ

ェノヴァ(Genova)は、イタリア共和国北西部にある都市で、その周辺地域を含む人口約58万人の基礎自治体(コムーネ)。リグーリア州の州都であり、ジェノヴァ県の県都である。 リグリア海に面した港湾都市で、中世には海洋国家(ジェノヴァ共和国)として栄え、商工業・金融業の中心地としての長い歴史を持つ。現代においてもミラノ、トリノなど北イタリアの産業都市を背後に持つジェノヴァ港はイタリア最大の貿易港であり、地中海有数のコンテナ取扱高を誇っている。コムーネ人口は全国6位(2011年現在)。.

新しい!!: トレニタリアとジェノヴァ · 続きを見る »

スイス

イス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国の衛兵はスイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。 ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都はベルンで、主要都市にチューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなど。.

新しい!!: トレニタリアとスイス · 続きを見る »

国有企業

国有企業(こくゆうきぎょう、)、政府所有会社()、国営企業は、国ないし政府が所有する企業である。.

新しい!!: トレニタリアと国有企業 · 続きを見る »

貨物列車

ーストリア連邦鉄道の貨物列車 貨物列車(かもつれっしゃ)とは鉄道において貨物の輸送を目的とする列車であり、鉄道発祥以来運転されている。機関車が貨車を牽引する形態が主流であるが、貨車自体が動力を有する電動貨車や気動貨車、あるいは動力分散方式の貨物電車もみられる。客車と貨車を併結する混合列車(こんごうれっしゃ)という形態もある(後述)。.

新しい!!: トレニタリアと貨物列車 · 続きを見る »

車体傾斜式車両

曲線区間でのJR北海道キハ283系気動車。制御付き自然振り子式車体傾斜を採用している。 車体傾斜式車両(しゃたいけいしゃしきしゃりょう、tilting rail car)とは、曲線通過時に車体を傾斜させることで、通過速度の向上と乗り心地の改善を図った鉄道車両である。車体傾斜車両とも呼ばれる。 車体傾斜の方法としては、自然振り子式、強制車体傾斜式、空気ばねによる車体傾斜など、複数のシステムが存在している『鉄道のテクノロジー』Vol.4、p.27。.

新しい!!: トレニタリアと車体傾斜式車両 · 続きを見る »

鉄道事業者

イギリス国鉄本社(イーストンハウス) 鉄道事業者(てつどうじぎょうしゃ)あるいは鉄道会社(てつどうがいしゃ)とは、鉄道を使用して旅客輸送または貨物輸送の運営、または軌道(線路)の維持管理などをする者である。 自然人でもありうるが基本的に法人である。公企業・私企業どちらも多くあり、北アメリカ・日本では私企業の割合が多く、ヨーロッパ・アフリカなどでは公企業が多い。会社の場合は鉄道会社と呼ばれる。 車両または軌道(線路)のみを所有する場合と、両方所有する場合がある。.

新しい!!: トレニタリアと鉄道事業者 · 続きを見る »

電車

電車(でんしゃ)とは、動力源に電力を用いる鉄道車両(電気車)のうち、それ自身に旅客や貨物を載せる設備を持つ車両の総称である。電車のうち、動力を持つ車両は電動車、動力を持たず電動車と編成を組む車両は付随車と称する。 電動機を駆動する電力は、集電装置により外部から取り込む場合と、車載の蓄電池から供給する場合の2通りがある。車上の内燃機関で発電機を稼動させ、得られた電力で電動機を駆動する車両は電気式気動車と呼ばれ「電車」には含まれない。 もともと「電車」は、自走式の「電動機付き客車(電動客車)」、および事業用車を含む「電動機付き貨車(電動貨車など)」の略称だったが、現在では一般名詞となり、各省庁をはじめ、運輸事業者や車両製造会社でも正式に用いられている。更に最近では気動車も含め、列車または鉄道に対する一般名詞として「電車」が用いられることも多くなっている。 英名については本文#「EC」と「EMU」で詳述する。中華人民共和国における中国語では、「電車(电车)」と表記した場合はトロリーバスを指すことが一般的であり、日本語の「電車」は「電力動車組(电力动车组)」、あるいは「動車組(动车组)」などと表記される。台湾では「電聯車」あるいは「電車組」と表記して、香港では「電氣化火車」と表記する。.

新しい!!: トレニタリアと電車 · 続きを見る »

TAV

TAVはTreno Alta Velocità SpAの略でイタリアの高速鉄道路線を計画し建設、管理する1991年に設立された高速鉄道会社である。在来線との接続線の建設や改良も実施している。フェッロヴィーエ・デッロ・スタートの100%出資の子会社となっている。これらが計画し運営する路線の中でもペンドリーノが走行し、欧州初の高速新線であるDirettissima(ディレッティシマ)が良く知られている。Direttissimaとはイタリア語で「(鉄道の)直通、直行」を意味する。列車の運行はトレニタリアが独占していたが、2012年4月よりヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ(NTV)が参入した。.

新しい!!: トレニタリアとTAV · 続きを見る »

TGV

TGV(、テジェヴェ)は、フランス国鉄()が運行する高速鉄道の車両、およびそれの運行形態。名称の「TGV」は、高速列車を意味するフランス語「 (ル)トラン アグランドゥ ヴィテス」にちなむ( は列車、 は大きい、 は速度を意味する)。.

新しい!!: トレニタリアとTGV · 続きを見る »

気動車

JR東日本キハE130形気動車(2007年 袋田駅) 気動車(きどうしゃ)とはエンジンを搭載した列車の車両のことで、人員・荷物もしくは貨物を積載する空間を有し、運転に必要な動力源として内燃機関や蒸気機関などの熱機関を搭載して自走する鉄道車両である。 現在の気動車は、動力として一般に内燃機関の中でも熱効率と安全性に優れるディーゼルエンジンが用いられている。そのため、日本では「ディーゼル動車」または「ディーゼルカー」(Diesel Car, DC)、「汽車」 などとも呼ばれる。対して、欧州では動力分散方式の車両を「マルチプル ユニット」と呼ぶことから、気動車を「DMU」(Diesel Multiple-Unit) と称する。 また「レールカー」(Railcar) とも呼ばれる。 以下、特記ない限り、主に日本国内の事情に基づいて記す。.

新しい!!: トレニタリアと気動車 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: トレニタリアと日本 · 続きを見る »

急行列車

日本の急行列車の例:「あしずり」 急行列車(きゅうこうれっしゃ)とは、普通列車(緩行)に対し、一部の駅を通過して主要駅にのみ停車し、速達輸送を行なう列車のことをいう。 一般的に停車駅は、特別急行列車(特急)より多く、準急列車(または快速列車)より少ない。急行列車の英訳はExpressが当てられる。 本項では急行料金を必要とする優等列車のほか、以下の列車についても解説する。.

新しい!!: トレニタリアと急行列車 · 続きを見る »

普通列車

207系) 普通列車(ふつうれっしゃ)とは、旅客列車における列車種別の一種である。一般的には運賃のみで乗車可能な各駅に停車する列車を指し、「各駅停車」と案内する事業者もある。 日本国有鉄道(国鉄)・JRの旅客営業規則における用語では、特別急行列車を含む広義の急行列車以外の列車を指し、この場合は快速列車も含まれる概念となる。市販の時刻表では細字で表示されている列車を表す電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.844 p.11。 本項は特に断りがない限り、日本における普通列車を主題として解説している。.

新しい!!: トレニタリアと普通列車 · 続きを見る »

1930年代

1930年代(せんきゅうひゃくさんじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1930年から1939年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: トレニタリアと1930年代 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: トレニタリアと2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: トレニタリアと2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: トレニタリアと2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: トレニタリアと2009年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Trenitalia

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »