ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

トランスミッション

索引 トランスミッション

後退ギア付き5速トランスミッション(2009年式フォルクスワーゲン・ゴルフ) 自動車におけるトランスミッション()とは、歯車や軸などからなり、動力源の動力をトルクや回転数、回転方向を変えて活軸へと伝達する組立部品(ASSY)である。歯車の組合せによるものはギアボックス()とも呼ばれる。イギリス英語では「トランスミッション」はギアボックスやクラッチ、プロペラシャフト、デファレンシャル、ドライブシャフトといった駆動伝達経路全体を指す。一方、アメリカ英語では「ギアボックス」は速度とトルクを変換する歯車装置のすべてを指し、「トランスミッション」は自動車などの、減速比が変更できるギアボックスの一種として区別される。日本語では変速機または変速機構とも呼ばれる。.

35 関係: ASSY原動機かばん語変速機 (自転車)差動装置建設機械ノンシンクロトランスミッションマニュアルトランスミッションハウジング (機械要素)バンドブレーキロードトレイントラクタートルクコンバータプロペラシャフトデュアルクラッチトランスミッションドライブシャフトオートマチックトランスミッションオートバイクラッチシンクロナイザシンクロメッシュセミオートマチックトランスミッション内燃機関動力無段変速機遊星歯車機構自動車歯車歯車比減速機戦車流体流体継手1990年代2003年

ASSY

ASSY(アッシー)とは、パーツ単体ではなく複数が組み合わされた構成部品(ユニット)を指す言葉。 「assembly(アッセンブリー)」の略語であり、ASSYの読み方は前述のアッシー以外に、アッセン、アッセンブリーなど、多岐に渡る。「FRU (Field-Replaceable Unit)」と呼ばれる場合もある。.

新しい!!: トランスミッションとASSY · 続きを見る »

原動機

原動機(げんどうき、)は、自然界に存在するさまざまなエネルギーを機械的な仕事(力学的エネルギー)に変換する機械・装置の総称。狭義にはタービンなどの仕事を発生する機械そのものを指すが、広義には蒸気原動機、動力プラントなどのシステム全体を指すこともある。.

新しい!!: トランスミッションと原動機 · 続きを見る »

かばん語

かばん語(かばんご、, )または混成語(こんせいご、)とは、複数の語のそれぞれの一部を組み合わせて作られた語である。合成語と似ているが、合成語が語の語基を完全に保って2語を組み合わせたものであるのに対し、かばん語は語の一部分同士を組み合わせる点で異なる。例として、“”(煙)+“”(霧)→“”(スモッグ)等が挙げられる。英語を借用してポートマントーとも呼ばれる。.

新しい!!: トランスミッションとかばん語 · 続きを見る »

変速機 (自転車)

本項では自転車における変速機(へんそくき)について解説する。自転車においては操作機構も含めて説明することが不可欠であるため、それについても本項にて取り扱う。.

新しい!!: トランスミッションと変速機 (自転車) · 続きを見る »

差動装置

差動装置(さどうそうち)は機械的機構の一種で、二つの部分の動きの差を検出、あるいは動力に差をつけ振り分ける装置。歯車を使った差動歯車やねじを使ったものなどがある。.

新しい!!: トランスミッションと差動装置 · 続きを見る »

建設機械

建設機械(けんせつきかい、)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。.

新しい!!: トランスミッションと建設機械 · 続きを見る »

ノンシンクロトランスミッション

ノンシンクロトランスミッション()は変速機構に回転速度を同期させる機構(シンクロメッシュ)を持たないマニュアルトランスミッションである。主にトラクターなどの農業機械や大型の貨物自動車、オートバイなどで用いられている。このうち常時噛合(コンスタントメッシュ)式のものはドグミッションとも呼ばれる。.

新しい!!: トランスミッションとノンシンクロトランスミッション · 続きを見る »

マニュアルトランスミッション

マニュアルトランスミッション車におけるシフトノブの例 5速マニュアル車のシフトパターンの例 マニュアルトランスミッション()もしくは手動変速機(しゅどうへんそくき)とは運転者が減速比(ギア)を選択して操作するトランスミッション(変速機)。主に内燃機関が原動機である自動車やオートバイ・農業機械などに装備されている。操作が容易なオートマチックトランスミッション(自動変速機)が普及して極めて少数になりつつある。.

新しい!!: トランスミッションとマニュアルトランスミッション · 続きを見る »

ハウジング (機械要素)

デファレンシャルギアのハウジング セルモーター左と右の1.がハウジング部品 ハウジング()とは、機械の筐体部品のうち装置などを包んで保護する覆いの部品ことである。 基本的には転がり軸受けの外輪を取り付ける箱状の部品のことをさすことが多いが、自動車用変速機において、エンジンと変速機とを結合する変速機のケース部品を指すこともある。これは、変速機の部品としては潤滑油の受け皿となり、ケース類部品となる。 さらに、冷凍機のコンプレッサーの外殻構造をさしたり、水中写真を撮るときにカメラやビデオカメラを水中に持ち込むために用いる耐圧可能な密閉容器をいうこともある。.

新しい!!: トランスミッションとハウジング (機械要素) · 続きを見る »

バンドブレーキ

バンドブレーキ は、円筒形の回転体の外周を帯状の摩擦材で締め付ける形式のブレーキである。帯ブレーキともいわれ、各種の産業機械や一部の自動車用自動変速機などにも使われている。 以下、本記事では自転車の後輪に使用されるバンドブレーキについて述べる。.

新しい!!: トランスミッションとバンドブレーキ · 続きを見る »

ロードトレイン

ードトレイン(Road train)は、オーストラリアで用いられている、長大なトラックのこと。コンテナを積載したトレーラーを大型トラックに複数連結し、ハイウェイを利用して大量の貨物を輸送する。その長さは100mを超えることもある。 ロードトレインは主に、鉄道網の発達していない地域に大量の物資を輸送するための手段として用いられている。特に近年まで鉄道が完成していなかったダーウィンに向けてのアデレードからの輸送に多く利用された。オーストラリアの大陸中央部の道路は直線部分が非常に長いため、100mを超えるような車両でも時速100kmという高速で走行可能であり、この地域では多くのロードトレインが見られる。一方、多くの都市が発達し、鉄道網も整備されている大陸東部では、ほとんど見ることができない。なお、ロードトレインが走行時に発生させる風による巻き込みは非常に強力であるので、事故を避けるためにも、ロードトレインとすれ違うときには注意が必要である。 日本では全長の短い物が木材の輸送などで少数使用されていた。道路交通法でフルトレーラーの全長が25mまでとされているが現在では、許可不可のため実質21mまでである。.

新しい!!: トランスミッションとロードトレイン · 続きを見る »

トラクター

代の一般的な農業用トラクター 日本製(ヤンマー)の農業用トラクター トラクター(tractor、ラテン語「引く」に由来)は、それ自体で推進できないものを牽引したり、しばしば動力を供給したりする装置である。 トラクターとは被牽引車を引っ張る牽引車の事を指す。.

新しい!!: トランスミッションとトラクター · 続きを見る »

トルクコンバータ

トルクコンバータ構成部品の展開モデル トルクコンバータのカットモデル トルクコンバータ()は、流体の力学的作用を利用した変速機である。「トルコン」と略されることも多い。.

新しい!!: トランスミッションとトルクコンバータ · 続きを見る »

プロペラシャフト

プロペラシャフト(propeller shaft)は乗り物に用いられる部品の1つで、原動機の動力を軸の回転によって伝達を行なう。元来はスクリュープロペラを駆動する軸のことであるが、船舶以外でも同様に進行方向と平行に配置される動力伝達軸を総じてこのように呼ぶ。.

新しい!!: トランスミッションとプロペラシャフト · 続きを見る »

デュアルクラッチトランスミッション

6速DCTのカットモデル(フォルクスワーゲンのDCT) デュアルクラッチトランスミッション(Dual Clutch Transmission)とは、自動車など車両用の有段自動変速機の一種で、ギアが2系統ありそれぞれにクラッチがあることからこの名前がある。 略してDCTと表記される。日本では、デュアルクラッチのほかツインクラッチとも称される。またダブルクラッチと呼ばれることもあるが、運転技法の「ダブルクラッチ」中吹かしの際のクラッチペダルの操作方法。とは異なるので注意が必要である。.

新しい!!: トランスミッションとデュアルクラッチトランスミッション · 続きを見る »

ドライブシャフト

ドライブシャフト(driveshaft)とは、自動車や船舶で、原動機の動力を車輪またはプロペラに伝えるために用いられる回転軸のこと。 日本では英国流(後述)に、差動装置と車輪の間の短い回転軸を指し、フロントエンジンリアドライブ(FR)車や、中型から大型のバスなどのリアエンジン車、船舶、プロペラ機に用いられる、進行方向と平行の回転軸はプロペラシャフトと呼び、混同を防いでいる。米国では、どちらもドライブシャフトとなる。.

新しい!!: トランスミッションとドライブシャフト · 続きを見る »

オートマチックトランスミッション

ートマチックトランスミッション(、AT)あるいは自動変速機(じどうへんそくき)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えたトランスミッション(変速機)の総称である。.

新しい!!: トランスミッションとオートマチックトランスミッション · 続きを見る »

オートバイ

ートバイとは、原動機を搭載した二輪車である広辞苑 第五版「ガソリン機関による動力で走る二輪車」(出典:大辞泉)。大辞泉では「ガソリン機関による」とされたが、2012年現在ではガソリン機関だけでなく、モーターやガスタービンを動力とするものも市販されている。。単車(たんしゃ)や自動二輪車(じどうにりんしゃ)とも呼ばれる。オートを省略してバイクとも呼ばれる(ただ、自転車を意味する英語の bike との混同の恐れがある)。.

新しい!!: トランスミッションとオートバイ · 続きを見る »

クラッチ

ラッチプレート(中央)はプレッシャープレート(右)のプレートスプリング(ダイヤフラムスプリング)に押さえつけられ、摩擦力により動力を伝達している。クラッチペダルの操作によりレリーズフォーク(クラッチレバー)の端部に荷重がかかり(黒色矢印)、レリーズベアリング(スラストベアリング)がプレートスプリングの中心付近を押すことでプレートスプリングによる圧着荷重が解放され、回転を遮断する。この図のレリーズフォークはプレートスプリングを原動機の方向に押す「プッシュ式」であるが、原動機から離す方向へプレートスプリングを引く「プル式」もある。 クラッチ(Clutch)は、2つの動力伝達軸の間で回転を伝達したり遮断したりする機械要素である大西1997 pp9-19。機械的に噛み合う構造や摩擦力を利用した構造のほか、粘性や電磁力を用いる方式がある。.

新しい!!: トランスミッションとクラッチ · 続きを見る »

シンクロナイザ

ンクロナイザ (Synchronizer).

新しい!!: トランスミッションとシンクロナイザ · 続きを見る »

シンクロメッシュ

ンクロメッシュ()とは、マニュアルトランスミッションの減速比切り替え(シフトチェンジ)を円滑に行い、運転操作を容易にするための機構である。構成部品はシンクロナイザー()と呼ばれる。この機構を組み込まれたトランスミッションはシンクロメッシュ式と呼ばれ、特に全ての前進ギアにシンクロメッシュが設けられているものをフルシンクロメッシュと呼ぶ。逆にシンクロメッシュを持たないトランスミッションはノンシンクロトランスミッションと呼ばれる。.

新しい!!: トランスミッションとシンクロメッシュ · 続きを見る »

セミオートマチックトランスミッション

ミオートマチックトランスミッション( 以下、セミAT)とは、自動車のトランスミッションの1種で、変速操作が手動でクラッチ操作のみを自動化したものである。運転席にクラッチペダルがなく、アクセルとブレーキの2つのペダルだけでありながら、手動で変速操作をしなければならないため2ペダルMTとも呼ばれる。.

新しい!!: トランスミッションとセミオートマチックトランスミッション · 続きを見る »

内燃機関

4ストロークエンジン) (1)吸入 (2)圧縮 (3)燃焼・膨張 (4)排気 内燃機関(ないねんきかん)とは、燃料をシリンダー内で燃焼させ、燃焼ガスを直接作動流体として用いて、その熱エネルギーによって仕事をする原動機 特許庁。これに対して、燃焼ガスと作動流体が異なる原動機を外燃機関という。 インターナル・コンバッション・エンジン() の訳語であり、内部(インターナル)で燃料を燃焼(コンバッション)させて動力を取り出す機関(エンジン)である。「機関」も「エンジン」も、複雑な機構を持つ装置という意味を持つが、ここでは発動機という意味である。.

新しい!!: トランスミッションと内燃機関 · 続きを見る »

動力

動力(どうりょく、power)とは、機械等を動かすために必要となるエネルギーのこと。「動力性能」という語があるが、その場合は仕事率を指すことが多い。.

新しい!!: トランスミッションと動力 · 続きを見る »

無段変速機

無段変速機(むだんへんそくき)、または連続可変トランスミッション(れんぞくかへんトランスミッション、Continuously Variable Transmission、CVT)とは、歯車以外の機構を用い変速比を連続的に変化させる動力伝達機構(トランスミッション)である。多くはオートバイや自動車用を指すが、それらに限らず工作機械の軸回転速度を変える機構や発電機の出力を変える機構などにも広く使われている。 この項では自動車用摩擦式無段変速機を中心に述べ、摩擦によらない無段変速機についても触れる。.

新しい!!: トランスミッションと無段変速機 · 続きを見る »

遊星歯車機構

遊星歯車機構 遊星歯車機構(ゆうせいはぐるまきこう、)とは太陽歯車()を中心として、複数の遊星歯車()が自転しつつ公転する構造を持った歯車機構である。「遊星」は、(惑星)の別の訳語で、その構造を惑星系に見立てたことに由来する。.

新しい!!: トランスミッションと遊星歯車機構 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: トランスミッションと自動車 · 続きを見る »

歯車

歯車(はぐるま、英: gear)とは、伝動車の周囲に歯形を付けて確実な動力伝達を可能にした機械要素である大西1997 pp11-2。英語では「gear」で、日本語ではギア、ギアーと表記されることもあるが、JISでの表記はギヤである。減速や増速、回転軸の向きや回転方向を変えたり、動力の分割などに用いる。.

新しい!!: トランスミッションと歯車 · 続きを見る »

歯車比

農業機械の歯車。 歯車比 1:1.62 歯車比(はぐるまひ)は2つの歯車またはローラーチェーンでつながれた2つのスプロケットの歯数の比、ないしは駆動ベルトでつながれた2つの滑車の周長の比である。歯数比、ギア(ギヤ)比、ギア(ギヤ)レシオ(gear ratio)と呼ばれることもある。.

新しい!!: トランスミッションと歯車比 · 続きを見る »

減速機

減速機(げんそくき)とは歯車等で動力の回転速度を減じて出力する機械装置である。出力として、減速比(歯数比やプーリー比)に比例したトルクを得ることができる。 例えば、入力側の歯数が15枚、出力側の歯数が30枚という2枚の歯車からなる減速機があるとする。それぞれの歯数が1:2なので、入力側の回転速度(回転数)が出力側では2分の1となり、得られるトルクは2倍になる。この場合の減速比は2となる。.

新しい!!: トランスミッションと減速機 · 続きを見る »

戦車

T-34/85 レオパルト2A5 74式戦車(左)と10式戦車試作車(右) 戦車(せんしゃ)は、戦線を突破することなどを目的とする高い戦闘力を持った装甲戦闘車両である。一般に攻撃力として敵戦車を破壊できる強力な火砲を搭載した旋回砲塔を装備し、防御力として大口径火砲をもってしても容易に破壊されない装甲を備え、履帯による高い不整地走破能力を持っている。.

新しい!!: トランスミッションと戦車 · 続きを見る »

流体

流体(りゅうたい、fluid)とは静止状態においてせん断応力が発生しない連続体の総称である。大雑把に言えば固体でない連続体のことであり、物質の形態としては液体と気体およびプラズマが流体にあたる。.

新しい!!: トランスミッションと流体 · 続きを見る »

流体継手

流体継手(りゅうたいつぎて)とは、流体を介して回転運動の伝達を行うクラッチの一種である。 流体クラッチとも言い、ドイツのヴルカン造船所で開発された方式が普及した。日本ではフルカン継手とも呼ばれる。 また、トルクコンバータは流体の運動エネルギーを回生してトルクを増幅する機構を持った流体継手の発展型である。.

新しい!!: トランスミッションと流体継手 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: トランスミッションと1990年代 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: トランスミッションと2003年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ギヤボックスギアボックス変速機変速装置

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »