ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

トランザクション処理

索引 トランザクション処理

トランザクション処理 (Transaction Processing) とは、トランザクションと呼ばれる不可分な操作から構成される情報処理の形態。.

26 関係: ACID (コンピュータ科学)ハードウェアメインフレームロールバックトランザクショントランザクションモニターデータベースデータベース管理システムオンライントランザクション処理クライアントサーバモデルコミットジム・グレイソフトウェアCICSIBMIMSJava Platform, Enterprise EditionJava Transaction APITransaction Processing FacilityWebSphere Application ServerWorld Wide WebX/Open情報処理1960年代1980年代2相コミット

ACID (コンピュータ科学)

ACIDとは、信頼性のあるトランザクションシステムの持つべき性質として1970年代後半にジム・グレイが定義した概念で、これ以上分解してはならないという意味の原子性(atomicity、不可分性)、一貫性(consistency)、独立性(isolation)、および永続性(durability)は、トランザクション処理の信頼性を保証するために求められる性質であるとする考え方である。 この語はその4つの性質を表す英語の語の頭字語をとって作られた合成語であり、1983年にアンドレアス・ロイターとテオ・ヘルダーによって提唱された。.

新しい!!: トランザクション処理とACID (コンピュータ科学) · 続きを見る »

ハードウェア

ハードウェア (hardware) とは、システムの物理的な構成要素を指す一般用語である。日本語では機械、装置、設備のことを指す。ソフトウェアとの対比語であり、単に「ハード」とも呼ばれる。.

新しい!!: トランザクション処理とハードウェア · 続きを見る »

メインフレーム

IBM 704 メインフレーム メインフレーム(mainframe)は、主に企業など巨大な組織の基幹業務用などに使用される、大型コンピュータを指す用語。汎用コンピュータ、汎用機、汎用大型コンピュータ、大型汎用コンピュータ、ホストコンピュータ、大型汎用計算機 などとも呼ばれる。対比語は時代にもより専用機、分散コンピュータ(オープン系システム)など。.

新しい!!: トランザクション処理とメインフレーム · 続きを見る »

ロールバック

ールバック (rollback、巻き戻し) はコンピュータ用語では、データ更新などで障害が起こったときに、その前の状態にまで戻ることをいう。後進復帰とも言う。 データベースでは、更新前のジャーナルファイルを使い、更新前の正常な状態に戻す。 コンピュータ用語以外では、過去の良い状態に戻ることなどを指す。ロールバック(長期低価格)商品、ロールバックマラリア(マラリア撃退)計画など。.

新しい!!: トランザクション処理とロールバック · 続きを見る »

トランザクション

トランザクション (transaction) とは、データベース管理システム(または類似のシステム)内で実行される、分けることのできない一連の情報処理の単位である。トランザクション内では、ユーザインタフェース、アプリケーションプログラム、永続性記憶資源、各種I/Oが実行される。 ユーザインタフェースには、トランザクション実行の有無を明確に表示する必要がある。 永続性記憶資源には、自分自身のローカルトランザクションを管理するトランザクショナルなファイルやデータベースが使われる。その理由は、複数の不揮発性データが更新の途中で処理が中断した場合に不揮発性データ値が中途半端な状態で残ってしまい、データを正常値に戻すことができなくなるためである。 永続性記憶資源の管理には、複数のデータ項目の更新操作列をすべて実行するか、まったく実行しないように制御する必要がある。これをアトミック実行という。バッチジョブのような処理形態でも、出力結果はアトミック実行の概念を満たさなければならない。たとえば、月末の領収証の一括印刷処理を行っているときにプリンタエラーでジョブが中断した場合でも、安易な位置から再実行してはならない。 また、分散トランザクションとは、ユーザインターフェイス端末、各種処理サーバ、永続性記憶資源、I/O装置を複数の遠隔装置として構成する処理形態である。論理的な狭義では、複数の永続性記憶資源の管理を使うトランザクション処理の事を指す。ユーザインターフェイス端末が永続性記憶域を分担しないで集中処理サーバにつながっている形態は、単にオンライントランザクション処理 (OLTP) と呼ぶ。 トランザクションが満たすべき技術的要件にACID特性がある。.

新しい!!: トランザクション処理とトランザクション · 続きを見る »

トランザクションモニター

トランザクションモニター(トランザクションマネージャ又はトランザクションコーディネータ)とは、各種通信プロトコル上のセッションとその上に流れるデータとアプリケーションプログラムと永続性記憶資源(トランザクショナルなファイルやデータベース)間での不可分な処理単位であるトランザクションを監視し、その一貫性を保持する役目を担うトランザクション管理ミドルウェアのこと。.

新しい!!: トランザクション処理とトランザクションモニター · 続きを見る »

データベース

データベース(database, DB)とは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり。 通常はコンピュータによって実現されたものを指すが、紙の住所録などをデータベースと呼ぶ場合もある。コンピュータを使用したデータベース・システムでは、データベース管理用のソフトウェアであるデータベース管理システムを使用する場合も多い。.

新しい!!: トランザクション処理とデータベース · 続きを見る »

データベース管理システム

right データベース管理システム(データベースかんりシステム、DBMS; )とは、コンピュータのデータベースを構築するために必要なデータベース運用、管理のためのシステム、およびそのソフトウェアのことである。データベースマネジメントシステムとも呼ばれる。.

新しい!!: トランザクション処理とデータベース管理システム · 続きを見る »

オンライントランザクション処理

ンライントランザクション処理(Online Transaction Processing、OLTP)とは、トランザクション指向のアプリケーションを管理するプログラムの総称であり、一般にデータの入力と検索のトランザクション処理を扱う。 オンライントランザクション処理という用語は若干曖昧さを伴っている。「トランザクション」とコンピュータの参照とかデータベーストランザクションの意味で捉える場合もあるし、「ビジネス」や「商用」のトランザクション(業務、決済、取引、などといった意味)の意味で捉える場合もある(例えばトランザクション処理性能評議会は後者の意味で使用している)。 OLTP はまた、ユーザーの要求にコンピュータが即座に応答するような処理を指すこともある。銀行などの現金自動預け払い機もトランザクション処理の例である。.

新しい!!: トランザクション処理とオンライントランザクション処理 · 続きを見る »

クライアントサーバモデル

ライアントサーバ(client-server)モデルは、クライアントとサーバを分離する、コンピュータネットワークのソフトウェアモデルである。単にクライアント・サーバと呼ばれたり、俗にクラサバと略称されたり、などと表記されることも多い。.

新しい!!: トランザクション処理とクライアントサーバモデル · 続きを見る »

コミット

ミット (commit) とは、データベースにおいてトランザクションによる内容更新を恒久的なものとして確定することを指す。 一般にトランザクションの終了時にその更新を確定するという意味で「コミットする」などと使用する。関係データベース管理システム (RDBMS) のSQLのCOMMIT文はトランザクションの完了時に使用され、そのトランザクションによる更新が他からも見えるようにする。逆に、更新を取り消す処理をロールバックと呼び、こうした制御をコミットメント制御と呼ぶ。SQLではROLLBACK文がその処理を行う。 バージョン管理システムはデータベースの一種であり、他者から自身の更新が見えるようにするという意味で「コミット」という用語を使用している。.

新しい!!: トランザクション処理とコミット · 続きを見る »

ジム・グレイ

ェームズ・ニコラス・グレイ(James Nicholas Gray、1944年1月12日 - 2007年1月28日洋上で行方不明となり、2012年5月16日に死亡認定された)は、アメリカ合衆国の計算機科学者。通称はジム・グレイ (Jim Gray)。1998年、「データベースおよびトランザクション処理に関する独創的な研究とシステム実装についての技術的リーダーシップに対して」チューリング賞を授与された。.

新しい!!: トランザクション処理とジム・グレイ · 続きを見る »

ソフトウェア

フトウェア(software)は、コンピューター分野でハードウェア(物理的な機械)と対比される用語で、何らかの処理を行うコンピュータ・プログラムや、更には関連する文書などを指す。ソフトウェアは、一般的にはワープロソフトなど特定の作業や業務を目的としたアプリケーションソフトウェア(応用ソフトウェア、アプリ)と、ハードウェアの管理や基本的な処理をアプリケーションソフトウェアやユーザーに提供するオペレーティングシステム (OS) などのシステムソフトウェアに分類される。.

新しい!!: トランザクション処理とソフトウェア · 続きを見る »

CICS

CICS (Customer Information Control System) は、IBMが開発・販売している、メインフレームを中心としたトランザクション処理用のミドルウェアである。.

新しい!!: トランザクション処理とCICS · 続きを見る »

IBM

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。.

新しい!!: トランザクション処理とIBM · 続きを見る »

IMS

IMS (Information Management System、アイエムエス)は、IBMが開発・販売する、メインフレーム専用のデータ管理システム。最新版の名称は「IMS Transaction and Database Servers」。IMSはトランザクション処理システムであるIMS TM(IMS Transaction Manager)と、階層型のデータベース管理システム (DBMS) であるIMS DB(IMS Database Manager)から構成される。.

新しい!!: トランザクション処理とIMS · 続きを見る »

Java Platform, Enterprise Edition

Java Platform, Enterprise Edition (Java EE) は、Javaで実装されたアプリケーションサーバーの標準規格及びそのAPIを定めたもの。Java Platform, Standard Edition (Java SE) の拡張機能の形で提供される。.

新しい!!: トランザクション処理とJava Platform, Enterprise Edition · 続きを見る »

Java Transaction API

Java トランザクション API(Java transaction API、JTA)とは、Java EE のAPIの1つであり、XAリソース間の分散トランザクション処理を扱う。JTA は Java コミュニティ・プロセスで JSR 907 として開発された仕様である。JTA は以下を提供する.

新しい!!: トランザクション処理とJava Transaction API · 続きを見る »

Transaction Processing Facility

Transaction Processing Facility (TPF) は、IBMのメインフレーム用の、大容量トランザクション処理に特化したオペレーティングシステム (OS) である。 高い信頼性を持ち、1秒間に最大数万件のトランザクションを処理できるため、航空路管制や座席予約システム(CRS)など航空業界で多く利用される他、金融業界でも使われている。最新版はSystem z用のz/TPF V1.1である。 なお同じSystem zで稼動するz/OSやz/VSEやz/VMなどのOSとは、別物である。.

新しい!!: トランザクション処理とTransaction Processing Facility · 続きを見る »

WebSphere Application Server

WebSphere Application Server (ウェブスフィア・アプリケーション・サーバー、WAS、ワズ)は、IBMが開発・販売する、Java EE対応のアプリケーションサーバ(ミドルウェア)であり、IBMソフトウェアのWebSphereブランドの中核をなす製品でもある。.

新しい!!: トランザクション処理とWebSphere Application Server · 続きを見る »

World Wide Web

World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ、略名:WWW)とは、インターネット上で提供されるハイパーテキストシステム。Web、ウェブ、W3(ダブリュー スリー)とも呼ばれる。俗には「インターネット」という表現がワールド・ワイド・ウェブを指す場合もある。.

新しい!!: トランザクション処理とWorld Wide Web · 続きを見る »

X/Open

X/Open Company, Ltd. は、ヨーロッパのいくつかのUNIXシステム製造業者が1984年に設立したコンソーシアムであり、情報技術分野のオープン標準の確立と振興を目的としていた。特に当初の目的は、UNIX系のオペレーティングシステムの唯一の仕様を定義することで、それによってアプリケーションの相互運用性を高め、ソフトウェア移植のコストを削減しようとしていた。当初のメンバーは、Bull、ICL、シーメンス、オリベッティ、ニクスドルフであった(頭文字をとって BISON とも)。フィリップス、エリクソンがほどなく参加し、その時点で X/Open という名称となった。 X/Open は策定した仕様を X/Open Portability Guide (XPG) の名前で公表した。第1版では基本的なオペレーティングシステムのインタフェースをカバーし、最初の結成から1年以内に発表にこぎつけている。第2版は1987年で、初期化、端末インタフェース、プロセス間通信、C言語、COBOL、FORTRAN、Pascal、SQL、ISAM などもカバーしている。これらの多くは、既存の国際標準を参照しているだけである。 1988年に出た XPG3 では、POSIX のオペレーティングシステム仕様をカバーすることに注力している。このバージョンが最もよく使われ、その後にも影響を与えた。 1990年までに、X/Open は21の企業や団体が参加するようになった。当初の5社以外は以下の通り.

新しい!!: トランザクション処理とX/Open · 続きを見る »

情報処理

情報処理(じょうほうしょり、information processing)は、元の「情報」から、計算により加工・抽出などをおこない、別の形の情報を得る手続き(処理(プロセス))である。利用・活用が可能な付加価値を目的とすることが多いが、定義としてはそれが目的でなくてもいっこうにかまわない。日本語としては、情報処理学会設立前夜の頃、IFIP設立など国際的に意識が高まりつつあったInformation Processingの(直)訳として使われ始めた語である。 なお、いわゆる(軍事などの)諜報活動は:en:Intelligence assessment であるが、意図的にか混同して「情報」の語を使っているらしき向きも見られる。.

新しい!!: トランザクション処理と情報処理 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: トランザクション処理と1960年代 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: トランザクション処理と1980年代 · 続きを見る »

2相コミット

2相コミット(Two-Phase Commit)とは、コンピュータネットワークやデータベースにおいて、分散システム内の全ノードがトランザクションのコミットに合意するための分散アルゴリズムあるいはプロトコルである。ネットワーク障害やノード故障の場合も考慮され、結果としてトランザクションはコミットされるか失敗するかのいずれかの状態となる。しかし、Dale Skeen とマイケル・ストーンブレーカーの研究によれば、2相コミットは同時に複数のサイトが(無作為に)障害に陥った場合に対応できない。このアルゴリズムの2相とは、「調整者; coordinator」が全「参加者; cohorts」の調整を行う「コミット要求相; commit-request phase」と、調整者の決定によって全参加者がトランザクションを完了させる「コミット相; commit phase」である。.

新しい!!: トランザクション処理と2相コミット · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »