ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

トサカレンカク

索引 トサカレンカク

トサカレンカク(学名:Irediparra gallinacea)は、チドリ目レンカク科に分類される鳥類の一種であり、Irediparra属で唯一のレンカク類である。他のレンカク類と同じように、熱帯地域の淡水の湿地の浮葉性の植物に適応している。LotusbirdやLilytrotterとしても知られる。 “Jacana”はブラジル-ポルトガル語のJaçanã(同じ鳥のTupi族(en)の名前より。これはというように発音される)より、リンネが偽のラテン語の綴り違いでつけられた名前である。.

19 関係: 小スンダ列島一妻多夫制チドリ目モルッカ諸島ラテン語レンカク科ボルネオ島フィリピンニューブリテン島ニューギニア島ホテイアオイオーストラリアカール・フォン・リンネコンラート・ヤコブ・テミンクスラウェシ島スイレン科水生昆虫1828年1911年

小スンダ列島

小スンダ列島の位置 right 小スンダ列島(しょうスンダれっとう、、とはインドネシア南東部および東ティモールにある、バリ島からティモール島の間の島からなる列島である。インドネシアでは、ヌサ・トゥンガラ諸島(Kepulauan Nusa Tenggara)と呼ばれている。.

新しい!!: トサカレンカクと小スンダ列島 · 続きを見る »

一妻多夫制

一妻多夫制(いっさいたふせい)は、1人の女性が複数の男性との結婚が可能、または奨励されている結婚制度。雌が複数の雄と交尾する配偶システム。雄に育児を任せることも多い。ポリアンドリー。一夫多妻制(ポリジニー)と合わせ、複婚(ポリガミー)の一部である。 人間のみならず鳥類・哺乳類全体を見ても、基本的には比較的少ない配偶システムである。 主に2つの形態がある。.

新しい!!: トサカレンカクと一妻多夫制 · 続きを見る »

チドリ目

チドリ目(チドリもく、)は鳥類の目の1つである。 チドリ類、カモメ類、アジサシ類などの水鳥・海鳥を中心に19科、約390種を含む。.

新しい!!: トサカレンカクとチドリ目 · 続きを見る »

モルッカ諸島

モルッカ諸島(英: Moluccas、蘭: Molukken)またはマルク諸島(インドネシア語: Kepulauan Maluku)は、インドネシア共和国のセラム海とバンダ海に分布する群島。スラウェシ島の東、ニューギニア島の西、ティモール島の北に位置する。歴史的に「香料諸島」として特に西洋人や中国人の間で有名であった。 山がちであり、いくつかの活火山がある。気候は湿潤。農業は小規模で行われているが、米、サゴヤシの他、ナツメグ、クローブなどの香辛料など価値の高い農産物を生産している。 大航海時代にヨーロッパ諸国がマルク諸島に押し寄せたことからキリスト教徒が多い。.

新しい!!: トサカレンカクとモルッカ諸島 · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: トサカレンカクとラテン語 · 続きを見る »

レンカク科

レンカク科(れんかくか、学名 )は、鳥類チドリ目の科である。レンカク(蓮角)と呼ばれるが、狭義のレンカクはこの科の1種のことである。.

新しい!!: トサカレンカクとレンカク科 · 続きを見る »

ボルネオ島

ボルネオ島(ボルネオとう、Borneo, Pulau Kalimantan)は、東南アジアの島。南シナ海(西と北西)、スールー海(北東)、セレベス海とマカッサル海峡(東)、ジャワ海とカリマタ海峡(南)に囲まれている。インドネシア・マレーシア・ブルネイ、この3か国の領土であり、世界で最も多くの国の領地がある島となっている。 面積は725,500kmで日本の国土の約1.9倍の大きさである。世界の島の中では、グリーンランド島、ニューギニア島に次ぐ、面積第3位の島である(面積順の世界の島一覧も参照)。.

新しい!!: トサカレンカクとボルネオ島 · 続きを見る »

フィリピン

フィリピン共和国(フィリピンきょうわこく、Republika ng Pilipinas、Republic of the Philippines、) 通称フィリピンは、東南アジアに位置する共和制国家である。島国であり、フィリピン海を挟んで日本とパラオ、ルソン海峡を挟んで台湾、スールー海を挟んでマレーシア、セレベス海を挟んでインドネシア、南シナ海を挟んで中国およびベトナムと対する。フィリピンの東にはフィリピン海、西には南シナ海、南にはセレベス海が広がる。首都はマニラで、最大の都市はケソンである。国名のフィリピンは16世紀のスペイン皇太子フェリペからちなんでいる。.

新しい!!: トサカレンカクとフィリピン · 続きを見る »

ニューブリテン島

ニューブリテン島の衛星写真 ニューブリテン島(ニューブリテンとう、英語:New Britain)は、南太平洋のメラネシアに属する、ビスマルク諸島の最大の島である。面積36,514kmで、世界第38位(37位の九州とほぼ同じ大きさ)。最大都市はラバウル。.

新しい!!: トサカレンカクとニューブリテン島 · 続きを見る »

ニューギニア島

ニューギニア島(ニューギニアとう、、)は、太平洋南部に位置する島であり、インドネシアとパプアニューギニアの2カ国の領土である。島の西半分を領有するインドネシアは東南アジアの国家であるが、島はオセアニアに含まれる。また、メラネシアの島々の一つである。 オーストラリアとはトレス海峡を隔てその北側にある。パプア島・イリアン島 (Irian)とも呼ぶ。 面積は約78.6万km2で日本の国土の約2倍の大きさである。世界の島の中では、グリーンランドに次ぐ面積第2位の島であり、大陸を含めても8番目に広い陸塊である。.

新しい!!: トサカレンカクとニューギニア島 · 続きを見る »

ホテイアオイ

ホテイアオイ(布袋葵、学名:Eichhornia crassipes)は、単子葉植物ミズアオイ科に属する水草である。南アメリカ原産で、水面に浮かんで生育する。花が青く美しいので観賞用に栽培される。別名ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス。.

新しい!!: トサカレンカクとホテイアオイ · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: トサカレンカクとオーストラリア · 続きを見る »

カール・フォン・リンネ

ール・フォン・リンネ(1735-1740頃) カール・フォン・リンネ(Carl von Linné 、1707年5月23日 - 1778年1月10日)は、スウェーデンの博物学者、生物学者、植物学者。ラテン語名のカロルス・リンナエウス(Carolus Linnaeus)でも知られる。「分類学の父」と称される。同名の息子と区別するために大リンネとも表記される。.

新しい!!: トサカレンカクとカール・フォン・リンネ · 続きを見る »

コンラート・ヤコブ・テミンク

ンラート・ヤコブ・テミンク(Coenraad Jacob Temminck, 1778年3月31日 - 1858年1月30日)は、オランダの貴族であり、動物学者・鳥類学者である。.

新しい!!: トサカレンカクとコンラート・ヤコブ・テミンク · 続きを見る »

スラウェシ島

ラウェシ島(インドネシア語:Sulawesi)は、インドネシア中部にある島。植民地時代はセレベス島(Celebes)と呼ばれたが、インドネシア独立後は一般的にはスラウェシ島と呼ばれる。一部が赤みがかったタロイモの品種であるセレベス芋は、この島が原産である。.

新しい!!: トサカレンカクとスラウェシ島 · 続きを見る »

スイレン科

イレン科(学名:)は、双子葉植物の分類群の一つで沼や河川などで見られる水草である。世界に約70種ある。 スイレンのほかコウホネ、オニバス、オオオニバスなどを含む。 水底の土中に根と地下茎を持ち、葉と花は水面に浮くかまたは水上に出る。葉の形は円形、やじり形など。花弁と雄蕊は多数あり、雌蕊も多数の心皮からなるが、合生して柱頭は放射状になる。 スイレン属は花が美しいのでよく栽培される。南米原産のオオオニバスは葉が巨大なので有名。 かつてはハス科(ハス)やハゴロモモ科(ジュンサイなど)も含めていたが、これらは心皮が離生することなどからクロンキスト体系では別科に分けている(バルクラヤ属もバルクラヤ科として分けているが、APG植物分類体系ではスイレン科に含める)。 分子系統学的研究によれば、スイレン科やハゴロモモ科は被子植物の中で最も原始的な群に属する。一方ハス科はスイレン科などとは系統が大きく異なりヤマモガシ目に属する。.

新しい!!: トサカレンカクとスイレン科 · 続きを見る »

水生昆虫

水生昆虫(すいせいこんちゅう、Aquatic insects)とは、生活史の少なくともある部分を水中、ないしは水面で生活する昆虫のことである。川のものは川虫などともよばれる。 タガメ、ゲンゴロウ、トンボ、ゲンジボタルなど、なじみ深い昆虫が多いが、最近の水環境の悪化のため、絶滅の危機に瀕しているものも多い。また一般にはあまりなじみがないが、カゲロウ、カワゲラ、トビケラ、ユスリカなどの幼虫も水生昆虫の主要メンバーで、特に河川の中上流域などでは動物群集の個体数の大部分をこれらの昆虫が占めている。.

新しい!!: トサカレンカクと水生昆虫 · 続きを見る »

1828年

記載なし。

新しい!!: トサカレンカクと1828年 · 続きを見る »

1911年

記載なし。

新しい!!: トサカレンカクと1911年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »