ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

トゥドハリヤ4世

索引 トゥドハリヤ4世

トゥドハリヤ4世(Tudhaliya IV、在位:紀元前1240年頃 - 紀元前1215年頃)は、ヒッタイトの大王。熱心な神殿建築で知られ、数多くの建造物遺跡を残した。.

25 関係: 大王地中海ミケーネ文明ミタンニハットゥシャハットゥシリ3世ムルシリ3世ヤズルカヤユーフラテス川トゥクルティ・ニヌルタ1世プドゥヘパヒッタイトアナトリア半島アナトリア象形文字アルヌワンダ3世アッシリアアカイアアカイア人カルトゥーシュキプロス島ギリシャクルンタシャルマシュッピルリウマ2世紀元前13世紀

大王

大王;地位.

新しい!!: トゥドハリヤ4世と大王 · 続きを見る »

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世と地中海 · 続きを見る »

ミケーネ文明

ミケーネの獅子門シュリーマンによって発見された。 ミケーネ文明(ミケーネぶんめい)またはミュケナイ文明(ミュケナイぶんめい)は、エーゲ文明のうち、ペロポネソス半島のミケーネ(ミュケナイ)を中心に栄えた青銅器文明である。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とミケーネ文明 · 続きを見る »

ミタンニ

'''ミタンニ'''の版図 ミタンニ(ヒッタイト語:Mi-ta-an-niあるいはMi-it-ta-ni、アッシリア語: Ḫa-ni-gal-bat - 「ハニガルバト」)はフルリ人が紀元前16世紀頃メソポタミア北部のハブル川上流域を中心に建国した王国である。多民族社会で戦士階級に支配される封建的国家であり、支配階級はインド・アーリア語派の出自を持つと推定される(後述)。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とミタンニ · 続きを見る »

ハットゥシャ

ハットゥシャ(ヒッタイト語: 𒊭 - URUHattuşa)またはハットゥシャシュ (Hattuşaş)は、トルコの首都アンカラより東に145kmのボアズカレ(旧・ボアズキョイ)近郊、海抜1000mほどの丘陵地帯にある遺跡。紀元前17世紀 - 紀元前13世紀に繁栄したヒッタイト帝国の都。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とハットゥシャ · 続きを見る »

ハットゥシリ3世

ハットゥシリ3世(Hattušili III、在位:紀元前1266年頃 - 紀元前1236年頃)は、ヒッタイトの大王。彼はエジプト第19王朝との間に平和条約を結んだことで名高い。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とハットゥシリ3世 · 続きを見る »

ムルシリ3世

ムルシリ3世(Muršili III, ? - 紀元前1244年以後)は、ヒッタイトの大王(在位:紀元前1270年頃 - 紀元前1264年頃)。フルリ語では「ウルヒ・テシュプ Urhi-Tešub」と表記される。叔父のハットゥシリ3世と敵対して追放され、王位を奪われた。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とムルシリ3世 · 続きを見る »

ヤズルカヤ

ヤズルカヤ(Yazılıkaya「刻文の岩」)は、ヒッタイト帝国の首都であるハットゥシャの聖域であり、現在のトルコのチョルム県にある。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とヤズルカヤ · 続きを見る »

ユーフラテス川

ユーフラテス川(Euphrates、)は西アジア最長の、そして歴史上最も重要な川である。ティグリス川と共にメソポタミア(川の間の土地、の意)を形作作っている。源流は東トルコにあり、シリアとイラクを通過した後ティグリス川と合流し、シャットゥルアラブ川としてペルシア湾に注ぐ。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とユーフラテス川 · 続きを見る »

トゥクルティ・ニヌルタ1世

トゥクルティ・ニヌルタ1世(Tukulti Ninurta I、在位:紀元前1244年 - 紀元前1208年)は、中アッシリア王国時代のアッシリアの王である。アッシュール近郊に新都を造営した事で知られる。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とトゥクルティ・ニヌルタ1世 · 続きを見る »

プドゥヘパ

プドゥヘパ(Puduhepa)は、紀元前13世紀のヒッタイトの大王ハットゥシリ3世の妃(タワナアンナ)。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とプドゥヘパ · 続きを見る »

ヒッタイト

ヒッタイト(英:Hittites)は、インド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語を話し、紀元前15世紀頃アナトリア半島に王国を築いた民族、またはこの民族が建国したヒッタイト帝国(王国とも)を指す。なお、民族としてのヒッタイトは、ヒッタイト人と表記されることもある。 他の民族が青銅器しか作れなかった時代に、高度な製鉄技術によりメソポタミアを征服した。最初の鉄器文化を築いたとされる。 首都ハットゥシャ(現在のトルコのボアズキョイ遺跡)の発掘が進められている。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とヒッタイト · 続きを見る »

アナトリア半島

アナトリア半島(アナトリアはんとう、Ανατολία, Anatolia / Aνατολή, Anatolē、Anadolu)は、アジア大陸最西部で西アジアの一部をなす地域である。現在はトルコ共和国のアジア部分をなす。日本語ではアナトリア半島と呼ばれる事が多いが、英語圏では「半島」をつけない、単なるアナトリアであり、地形ではなく人文地理的な地域を表す言葉である。小アジア(Μικρά Ασία, Mikra Asia, Asia Minor)とも言う。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とアナトリア半島 · 続きを見る »

アナトリア象形文字

アナトリア象形文字(アナトリアしょうけいもじ、Anatolian hieroglyphs)とは、アナトリア中部に起源を持つ、約500文字から構成された表語文字である。かつてはヒッタイト象形文字と呼ぶのが普通であったものの、この文字で表される言語がルウィ語であってヒッタイト語ではないことが明らかになったため、ルウィ象形文字(Luwian hieroglyphs)という用語も英語の出版物で用いられる。類型的にエジプトのヒエログリフに類似しているが、ヒエログリフに由来するわけではないし、エジプトにおけるヒエログリフと同等の神聖な役割を果たしたかどうかはわかっていない。との明白な関連性も存在しない。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とアナトリア象形文字 · 続きを見る »

アルヌワンダ3世

アルヌワンダ3世(Arnuwanda III, ? - 紀元前1214年頃)は、ヒッタイト帝国の大王。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とアルヌワンダ3世 · 続きを見る »

アッシリア

アッシリアに関連した都市と国の位置関係ハニガルバトとは、『ミタンニ』に対するアッシリア側からの他称である。 紀元前627年頃)の浮き彫り(ロンドンの大英博物館蔵)。 アッシリア(Assyria)は、メソポタミア(現在のイラク)北部を占める地域、またはそこに興った王国(前2500年 – 前605年)。首都は、初期はアッシュールで、後にニネヴェに遷都した。南側にバビロニアと隣接する。チグリス川とユーフラテス川の上流域を中心に栄え、後にメソポタミアと古代エジプトを含む世界帝国を築いた。アッシリアの偉業は、ペルシア帝国に受け継がれてその属州となった。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とアッシリア · 続きを見る »

アカイア

アカイア(Αχαΐα、Achaia)、アカエア(Achaea)、アハイア(現代ギリシャ語: Αχαΐα).

新しい!!: トゥドハリヤ4世とアカイア · 続きを見る »

アカイア人

350px 紀元前2世紀のギリシア アカイア人(Ἀχαιοί, Achaioi, アカイオイ)とは、紀元前2000年頃テッサリア方面から南下してペロポネソス半島一帯に定住したとされる古代ギリシアの集団。後に、その一部はイオニア人と呼ばれる様になった。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とアカイア人 · 続きを見る »

カルトゥーシュ

フのカルトゥーシュ カルトゥーシュ (cartouche) は、古代エジプトで使われていたヒエログリフの文字(記号)の1つで、ファラオの名前を囲む曲線。古代エジプトではシェヌと呼ばれる文字であり、シェンを細長く伸ばしたものである。現在でも壁画などに描かれたファラオの名にカルトゥーシュを確認することができる。 カルトゥーシュは小銃の実包を意味するフランス語で、英語ではカートリッジ (cartridge) にあたる。形状が似ていることからこのように呼ばれるようになった。 カルトゥーシュは、もともとロープの象形文字であり"取り囲む"を意味していた。周りを取り囲み保護することからファラオの名前を囲み、保護しているのである。棒状の部分が結び目をあらわしており、名前は結び目の反対側から読み始める。 カルトゥーシュでファラオ名を囲み始めたのはエジプト古王国第4王朝のスネフェルからとされる。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とカルトゥーシュ · 続きを見る »

キプロス島

プロス島(キプロスとう)は、東地中海のシリア・アナトリア半島の沿岸にある島。地中海ではシチリア島、サルデーニャ島に次いで3番目に大きな島である。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とキプロス島 · 続きを見る »

ギリシャ

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する国。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,081万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とギリシャ · 続きを見る »

クルンタ

ルンタ(Kurunta, 紀元前13世紀後半)は、ヒッタイトの王族あるいは大王。ムワタリ2世の息子。王位を追われたムルシリ3世の弟であり、王位を従兄弟のトゥドハリヤ4世と争った。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とクルンタ · 続きを見る »

シャルマ

ヤズルカヤの岩の神殿の小回廊Bにある、神シャルマと、少年の姿の王トゥトハリヤを描いている岩壁の浮き彫り。紀元前1250年-1220年頃のものと推定されている。 シャルマ(サルマとも。Šarruma、Sharruma)は、フルリ人の神話を起源としにも取り込まれている神。山の神、牡牛の神とされる。 嵐の神と女神の息子である。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とシャルマ · 続きを見る »

シュッピルリウマ2世

ュッピルリウマ2世(Šuppiluliuma II, 紀元前13世紀後半 - ?)は、記録に残るヒッタイト帝国の最後の大王(在位:紀元前1214年頃 - 紀元前1190年頃)。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世とシュッピルリウマ2世 · 続きを見る »

紀元前13世紀

紀元前13世紀(きげんぜんじゅうさんせいき)は、西暦による紀元前1300年から紀元前1201年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: トゥドハリヤ4世と紀元前13世紀 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »