ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

デイモス

索引 デイモス

デイモス(Δεῖμος, Deimos)は、ギリシア神話に登場する恐怖の神である。原義は「恐怖」で、恐怖の擬人化でもある。英語読みダイモスでも知られる。ローマ神話におけるフーガと同一視される。 軍神アレースと美の女神アプロディーテーの息子であり、兄弟にポボス(敗走)とハルモニアー(調和)がいる。また、エロースとも兄弟ということになる。兄弟のポボス、戦いの女神エニューオー、時には争い・不和の女神エリスと共に、常にアレースに従属して戦場を跋扈したという。 元はヘーシオドスの『神統記』における恐怖の擬人化である。 アサフ・ホールが火星の二つの衛星を発見した際、ポボス(フォボス)とデイモス(ダイモス)の兄弟から名前を付けたことで広く知られている。 Category:ギリシア神話の神.

19 関係: ハルモニアーポボスローマ神話ヘーシオドスフォボス (衛星)ダイモス (衛星)アレースアプロディーテーアサフ・ホールエリス (ギリシア神話)エロースエニューオーギリシア神話火星神統記衛星英語恐怖擬人化

ハルモニアー

ハルモニアー(Ἁρμονία, Harmoniā, Harmonia)は、ギリシア神話の女神で、調和(ハーモニー)を司る。日本語では長母音を省略してハルモニアとも呼ぶ。 アレースとアプロディーテーの娘とされる高津、p.198。。テーバイの始祖カドモスと結婚し子供を生んだが、子供たちはことごとく不幸な死に方をしたため、神の呪いがこれ以上テーバイに降りかからないようにと、カドモスと連れ添いテーバイを出て放浪の旅に出た。 カドモスが蛇に変化する際に、ずっと抱き続け最後には自らも蛇に変じてしまった。その後二人はエーリュシオンの野に住むこととなる。 カドモスとの結婚式の際に祝いの品としてもらった首飾りと婚礼衣装はテーバイ王家に代々受け継がれ、それぞれテーバイ攻めの七将、エピゴノイにて買収工作に利用された。.

新しい!!: デイモスとハルモニアー · 続きを見る »

ポボス

ポボス(Φόβος, Phobos)は、ギリシア神話に登場する恐怖の神である。その名は「敗走」の意で、古くは敗走を表す神であったが、後に混乱、狼狽、恐怖を表す神となった。後代にはフォボス、またラテン語化してフォブス (Phobus) とも呼ばれる。ローマ神話におけるティモールと同一視される。.

新しい!!: デイモスとポボス · 続きを見る »

ローマ神話

ーマ神話(ローマしんわ)とは、古代ローマで伝えられた神話である。そのうちローマの建国に関する部分について、歴史的事実を反映したものとして解釈した場合の詳細は王政ローマを参照のこと。.

新しい!!: デイモスとローマ神話 · 続きを見る »

ヘーシオドス

ヘーシオドス (Ἡσίοδος, Hēsíodos) は、古代ギリシアの叙事詩人。紀元前700年頃に活動したと推定される。『神統記』や『仕事と日』(仕事と日々)の作者として知られる。 1939年からギリシャで発行されていた旧50ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: デイモスとヘーシオドス · 続きを見る »

フォボス (衛星)

フォボス (Mars I Phobos) は、火星の第1衛星。もう1つの火星の衛星であるダイモスより大きく、より内側の軌道を回っている。1877年8月18日にアサフ・ホールによって発見された。ギリシア神話の神ポボスにちなんで命名された。.

新しい!!: デイモスとフォボス (衛星) · 続きを見る »

ダイモス (衛星)

ダイモス (Mars II Deimos) は、火星の第2衛星。火星のもう1つの衛星フォボスより小さく、外側を公転する。 1877年8月12日にアサフ・ホールによって発見された。ギリシア神話の神デイモスにちなんで命名された。.

新しい!!: デイモスとダイモス (衛星) · 続きを見る »

アレース

アレースもしくはアーレース(、)は、ギリシア神話に登場する神で、戦を司るマイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店。ゼウスとヘーラーの子とされる。オリュンポス十二神の一柱。アイオリス方言ではアレウスもしくはアーレウス()とも。日本語では長母音を省略してアレスとも呼ばれる。聖獣はオオカミ、イノシシで聖鳥は啄木鳥、雄鶏。聖樹はトネリコ。 本来は戦闘時の狂乱を神格化したもので、恩恵をもたらす神というより荒ぶる神として畏怖されたフェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 青土社。「城壁の破壊者」の二つ名がある。戦争における栄誉や計略を表すアテーナーに対して、戦場での狂乱と破壊の側面を表す。その性格も粗野で残忍、かつ不誠実であった。.

新しい!!: デイモスとアレース · 続きを見る »

アプロディーテー

アプロディーテー(古典ギリシア語:ΑΦΡΟΔΙΤΗ, Ἀφροδίτη, )またはアプロディタ(アイオリス方言:ΑΦΡΟΔΙΤΑ, Ἀφροδιτα, )は、愛と美と性を司るギリシア神話の女神で、オリュンポス十二神の一柱であるマイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル『ギリシア・ローマ神話事典』。美において誇り高く、パリスによる三美神の審判で、最高の美神として選ばれている。また、戦の女神としての側面も持つ。日本語では、アプロディテ、アフロディテ、アフロディーテ、アフロダイティ(Aphrodite)などとも表記される。 元来は、古代オリエントや小アジアの豊穣の植物神・植物を司る精霊・地母神であったと考えられるフェリックス・ギラン『ギリシア神話』。アプロディーテーは、生殖と豊穣、すなわち春の女神でもあった。 ホメーロスの『イーリアス』では「黄金のアプロディーテー」や「笑いを喜ぶアプロディーテー」など特有の形容語句を持っている。プラトンの『饗宴』では純粋な愛情を象徴する天上の「アプロディーテー・ウーラニアー(英語版)」と凡俗な肉欲を象徴する大衆の「アプロディーテー・パンデーモス(英語版)」という二種類の神性が存在すると考えられている。.

新しい!!: デイモスとアプロディーテー · 続きを見る »

アサフ・ホール

海軍天文台のアサフ・ホール アサフ・ホール(Asaph Hall、1829年10月15日 - 1907年11月22日)は、アメリカ合衆国の天文学者。火星の2つの衛星ダイモスとフォボスを発見したことなどで知られる。.

新しい!!: デイモスとアサフ・ホール · 続きを見る »

エリス (ギリシア神話)

520 BC) エリス(Ἔρις, Eris)はギリシア神話の不和と争いの女神である。ローマ神話のディスコルディア(Discordia)に相当する。.

新しい!!: デイモスとエリス (ギリシア神話) · 続きを見る »

エロース

ース(Ἔρως,Erōs)は、ギリシア神話に登場する恋心と性愛を司る神である。ギリシア語でパスシオン則ち受苦として起こる「愛」を意味する普通名詞が神格化されたものである。日本語では長母音を省略してエロスとも呼ぶ。.

新しい!!: デイモスとエロース · 続きを見る »

エニューオー

ニューオー(Ἐνυώ,, 「恐怖」)は、ギリシア神話における戦いの女神である。長母音を省略してエニュオとも表記される。 エニューオーは「都市の破壊者」の別名によって知られる古代のケールあるいはダイモーンで、『』に描かれたように、しばしば血にまみれ武器を携えた姿で描かれた。エニューオーは、しばしば戦争の神アレースの供として描写され、彼の母とも娘とも姉妹とも様々に言われてきた。このほかにポルキュスとケートーの娘グライアイの1人で、ペンプレードーと、あるいはペンプレードー、デイノーと姉妹であるエニューオーもいた。.

新しい!!: デイモスとエニューオー · 続きを見る »

ギリシア神話

リシア神話(ギリシアしんわ、ΜΥΘΟΛΟΓΊΑ ΕΛΛΗΝΙΚΉ)は、古代ギリシアより語り伝えられる伝承文化で、多くの神々が登場し、人間のように愛憎劇を繰り広げる物語である。ギリシャ神話とも言う。 古代ギリシア市民の教養であり、さらに古代地中海世界の共通知識でもあったが、現代では、世界的に広く知られており、ギリシャの小学校では、ギリシャ人にとって欠かせない教養として、歴史教科の一つになっている。 ギリシア神話は、ローマ神話の体系化と発展を促進した。プラトーン、古代ギリシアの哲学や思想、ヘレニズム時代の宗教や世界観、キリスト教神学の成立など、多方面に影響を与え、西欧の精神的な脊柱の一つとなった。中世においても神話は伝承され続け、その後のルネサンス期、近世、近代の思想や芸術にとって、ギリシア神話は霊感の源泉であった。.

新しい!!: デイモスとギリシア神話 · 続きを見る »

火星

火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。.

新しい!!: デイモスと火星 · 続きを見る »

神統記

『神統記』(しんとうき、θεογονία, テオゴニアー、Theogony)は、紀元前700年頃の古代ギリシアの詩人ヘーシオドス作の叙事詩である。ヘクサメトロス(長短短六脚韻)1022行からなる。冒頭の記述からヘーシオドスの処女作とされ、30代前半の作品と推定される。原題の「テオゴニアー」は「神々の誕生系譜」を意味する。 原初の混沌=カオスからの世界の創造、神々の系譜とその三代にわたる政権交代劇を描き、ギリシア神話の宇宙観の原典とされる。 特徴として、ゼウス政権の正統性、無謬性を強調する事(そのためティーターノマキアーやプロメーテウスの説話に若干矛盾が生じている)、女神ヘカテーを強く賛美している事などがある。 作品中には後世の挿入と見られる箇所もあり、965行から後を、元来は別の作品(『女傑伝』)であったと推定する研究者もいる。.

新しい!!: デイモスと神統記 · 続きを見る »

衛星

主要な衛星の大きさ比較 衛星(えいせい、natural satellite)は、惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星の環などを構成する氷や岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。.

新しい!!: デイモスと衛星 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: デイモスと英語 · 続きを見る »

恐怖

マリアヤクチコワ ''Fear''. 1893-95年頃の作品 恐怖(きょうふ)、または恐れ(おそれ)(fear)とは、動物や人間のもつ感情の一つで、こわいと思うことやその気持ちgoo辞書「恐怖」。.

新しい!!: デイモスと恐怖 · 続きを見る »

擬人化

ルマニア 擬人化(ぎじんか、)とは人間以外のものを人物として、人間の性質・特徴を与える比喩の方法である。これらの性質・特徴には感覚、感情、願望、身振り、表現力、言語能力などがある。この擬人化の歴史は非常に古く、古代ギリシャの擬人法(Prosopopoeia)にまで遡る。擬人法の例として「鉛筆が手から飛んだ」、「木が私の車の前の道に飛び跳ねた」、「凶悪なしかめっ面をして、暗雲が不満を怒鳴りつけた」など擬人化は詩や他の芸術でも幅広く使われる。 無生物の擬人化は感情的虚偽と呼ばれる比喩によく似ている。それとの間の決定的な違いは前者がはっきりと直接的に無生物に生命を与えているのに対し、後者は漠然とした仄めかしなことである。もう一つ関連する修辞技法に頓呼法がある。象徴として擬人化されたもの、すなわちそこに登場しない人物に対して話しかける技法でありこれらの修辞はあらゆる人間以外、特に動物や他の生き物を人間にする擬人化とは別々と理解できる。これらの修辞技法における動物や生き物は実際にはその言われている行動を行う事はできない。 擬人化の例はジョン・キーツの『秋に寄せて』で見ることができる。「のんびりと穀倉の床にすわって」、「ケシの香に眠気を誘われ」と秋の季節が擬人化されている。 擬人化は個人やマスメディアが政府や企業の動きを言う際の表現手段としても使われる。例えば「アメリカ、アラブ諸国への港湾会社売却を守る」(U.S. Defends Sale of Ports Company to Arab Nation)や「マイクロソフトSP2を越えた最後の時に当惑」(Microsoft embarrassed one final time over SP2)といった感じにメディアのヘッドラインなどの設定や漫画によく用いられる。 多くのフレーズやイメージが擬人化により親しまれている。その一つが「盲目の正義」(正義の女神)である。.

新しい!!: デイモスと擬人化 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »