ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ディモルフォドン

索引 ディモルフォドン

ディモルフォドン (Dimorphodon) はジュラ紀に生息していた嘴口竜亜目の翼竜。学名は「二形の歯(δυο.

43 関係: 大腿骨学名ペーター・ヴェルンホファーバイエルン州メアリー・アニングメキシコリチャード・オーウェンプレシオサウルスプテロダクティルスツノメドリ属ドーセットドイツ嘴口竜亜目イギリスイクチオサウルスウィリアム・バックランドエウディモルフォドンオックスフォード大学グレートブリテン島グロスタシャーケヴィン・パディアンジュラ紀タマウリパス州タイプ (分類学)種 (分類学)種子骨翼竜眼窩絶滅した動物一覧頭蓋骨魚食動物鼻孔脊椎動物脛骨昆虫1828年1829年1858年1859年1870年1998年

大腿骨

大腿骨(だいたいこつ、Oberschenkelknochen、thigh bone)は、四肢動物の後肢において近位部を構成する長骨である。哺乳類の体では最も長く、体積があり、強靭な骨である。股から膝の間を構成する。 ラテン語ではfemurで、属格はfemoris。ただし古典ラテン語では属格はfeminisである。.

新しい!!: ディモルフォドンと大腿骨 · 続きを見る »

学名

学名(がくめい、)は生物学(かつては博物学)的な手続きにもとづき、世界共通で生物の種および分類に付けられる名称。英語では二名法による名称という意味で 、あるいは科学的な名称という意味で という。命名には一定の規則があり、ラテン語として表記される。この規則は、それぞれの生物分野の命名規約により取り決められている。動物には「国際動物命名規約」があり、藻類・菌類と植物には「国際藻類・菌類・植物命名規約」が、細菌には「国際細菌命名規約」がある。日本語独自の和名(標準和名)などと異なり、全世界で通用し、属以下の名を重複使用しない規約により、一つの種に対し有効な学名は一つだけである。ただし、過去に誤って複数回記載されていたり、記載後の分類の変更などによって、複数の学名が存在する場合、どの学名を有効とみなすかは研究者によって見解が異なる場合も多い。 種の学名、すなわち種名は属名+種小名(細菌では属名+種形容語)で構成される。この表し方を二名法という。二名法は「分類学の父」と呼ばれるリンネ(Carl von Linné, ラテン語名 カロルス・リンナエウス Carolus Linnaeus, 1702 - 1778)によって体系化された。.

新しい!!: ディモルフォドンと学名 · 続きを見る »

# 尾(お)、別名尻尾(しっぽ)、尾っぽ(おっぽ)は、動物の後部(頭の反対側)である。英語ではtail。特にはっきりとしたしなやかな、体幹の後方部分のことをいう。生物学的なものと、一般的なものでは異なる場合が多々ある。.

新しい!!: ディモルフォドンと尾 · 続きを見る »

ペーター・ヴェルンホファー

ペーター・ヴェルンホファー(Peter Wellnhofer, 1936年 - )は、ミュンヘンのバイエルン州立古生物・地史学コレクション (Bayerische Staatssammlung fur Paläontologie) の管理長をつとめるドイツの古生物学者である。 ミュンヘン生まれ。始祖鳥の様々な化石標本に関する研究でよく知られる。他の業績としては"The Illustrated Encyclopedia of Pterosaurs" などがある。 Wellnhoferia はArchaeopteryx 標本の一つを別属であるとして命名されたものだが、彼に献名されている。 2007年ミュンヘンで行われた翼竜研究者の特別会合はヴェルンホファーに捧げられたものであり、ヴェルンホファーを「翼竜における最近40年間での最高権威」と評した。この会合では彼を讃えて"Flugsaurier: pterosaur papers in honour of Peter Wellnhofer" と題された小冊子 (Festschrift) が制作された。.

新しい!!: ディモルフォドンとペーター・ヴェルンホファー · 続きを見る »

バイエルン州

バイエルン州(標準ドイツ語・バイエルン語:Freistaat Bayern)は、ドイツ連邦共和国の連邦州のひとつで、ドイツの南部に位置する。州都はミュンヘンである。 BMWとアウディの本社がある。また、農業機械銀行の発祥地である。.

新しい!!: ディモルフォドンとバイエルン州 · 続きを見る »

メアリー・アニング

メアリー・アニング(Mary Anning、1799年5月21日 - 1847年3月9日)は、イギリスの初期の化石採集者で古生物学者。.

新しい!!: ディモルフォドンとメアリー・アニング · 続きを見る »

メキシコ

メキシコ合衆国(メキシコがっしゅうこく、)、通称メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家。北にアメリカ合衆国と南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面する。首都はメキシコシティ。メキシコの総人口は約1億3千万人(2016年時点)で、スペイン語圏においては最も人口の多い国で、GDPは中南米2位である。しかし、人口の40%が貧困層である。.

新しい!!: ディモルフォドンとメキシコ · 続きを見る »

リチャード・オーウェン

リチャード・オーウェン(, 1804年7月20日 – 1892年12月18日)は、イギリスの生物学者・比較解剖学者・古生物学者。王立協会フェロー。 その比較解剖学の深い知識によりキュヴィエの後継者と目され(師弟関係はない)、「イギリスのキュヴィエ」とも呼ばれた。科学史においては「恐竜」という語の創設と、ダーウィン進化論への熱烈な反論で知られる。英国科学界の頂点であったことから王室との個人的なつながりもあったが、妻と息子には先立たれ学界でも孤立し、公私ともに孤独な晩年であった。一般的に、有能で科学への寄与も大きいが、人間性は高く評価されることが少ない。1842年に騎士の称号を一度辞退しているが、1884年の退官時にあらためてバス二等勲爵士として騎士に列せられた。.

新しい!!: ディモルフォドンとリチャード・オーウェン · 続きを見る »

プレシオサウルス

プレシオサウルス(Plesiosaurus)は中生代三畳紀後期 - ジュラ紀前期に棲息していた首長竜の属の一つである。首長竜目 - プレシオサウルス科に属する。 発見当初は水棲の生き物であることから「魚類と爬虫類の中間的生物、その中でも爬虫類により近い」と推測され、そこからplesiosaurus.

新しい!!: ディモルフォドンとプレシオサウルス · 続きを見る »

プテロダクティルス

プテロダクティルス (Pterodactylus) はジュラ紀後期に生息していた翼指竜亜目の翼竜。世界で最も古く報告された翼竜である。テロダクティルスと表記されることもある。 学名はπτερόν (pteron; プテロン)「翼」 + δάκτυλος (daktylos; ダクテューロス)「指」の合成語で、前肢第4指が伸張して翼となっていることから名付けられた。ただし命名後に明らかになったことであるが、この翼が指によって支持されているという点は他の全ての翼竜にも当てはまる特徴である。.

新しい!!: ディモルフォドンとプテロダクティルス · 続きを見る »

ツノメドリ属

ツノメドリ属(ツノメドリぞく、Fratercula)は、鳥綱チドリ目ウミスズメ科に属する属。.

新しい!!: ディモルフォドンとツノメドリ属 · 続きを見る »

ドーセット

ドーセット(Dorset)は、イングランド南西部の地域で、ドーセット州(the county of Dorset、Dorset county)とも呼ばれる。かつてはドーセットシャー(Dorsetshire)とも呼ばれていた。州都はドーチェスター(Dorchester)である。西にデヴォン州、北西にサマセット州、北東にウィルトシャー州、東にハンプシャー州と接している。州のモットーは"Who's Afear'd"である。.

新しい!!: ディモルフォドンとドーセット · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ディモルフォドンとドイツ · 続きを見る »

嘴口竜亜目

嘴口竜亜目(しこうりゅうあもく、Rhamphorhynchoidea)は、翼竜目の2大グループの一つ。グループの名称は、この群を代表する属ランフォリンクス(Rhamphorhynchus:ράμφος.

新しい!!: ディモルフォドンと嘴口竜亜目 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ディモルフォドンとイギリス · 続きを見る »

イクチオサウルス

イクチオサウルス (Ichthyosaurus.

新しい!!: ディモルフォドンとイクチオサウルス · 続きを見る »

ウィリアム・バックランド

ウィリアム・バックランド(William Buckland、1784年3月12日 - 1856年8月24日)は、イギリスの聖職者、地質学者、古生物学者である。最初に発見された恐竜の1つであるメガロサウルスについての著作を残した。 デヴォン州のアキスミンスター(Axminster)で生まれた。オックスフォード大学のコーパス・クリスティ・カレッジで学び、ジョン・キッド(John Kidd)に鉱物学を学んだ。1818年に王立協会の会員に選ばれ、1824年から1826年と、1839年から1841年の間、ロンドン地質学会の会長を務めた。1847年に大英博物館の諮問委員に選ばれた。 自然科学の知識と聖書の記述の調和をはかろうとした立場の科学者で、1823年の著書Reliquiae Diluvianaeで、ヨークシャー州のカークデール洞窟で発見された化石の記事と、聖書のノアの洪水との関係を示す仮説を示し、評判を得た。.

新しい!!: ディモルフォドンとウィリアム・バックランド · 続きを見る »

エウディモルフォドン

ウディモルフォドン (Eudimorphodon=本当の2種類の歯、の意) は、三畳紀後期に出現した翼竜の一種。現在知られている最古の翼竜の一つ。前歯は釘のような形状で奥歯は突起の多い複雑な形状をしている。翼を広げたときの長さは約90センチメートル。 ジュラ紀初期に棲息していた翼竜に似た名前のもの(ディモルフォドン Dimorphodon)が存在するが、それぞれ歯の特徴から別個に名づけられたのであり特に近縁と言う訳では無い。通常、歯の形態から魚食性と考えられている。.

新しい!!: ディモルフォドンとエウディモルフォドン · 続きを見る »

オックスフォード大学

ックスフォード大学 (University of Oxford) は、イギリスの大学都市、オックスフォードに所在する総合大学である。11世紀の末に大学の礎が築かれていることから、現存する大学としては世界で3番目に古く、英語圏では最古の大学である。また、ハーバード大学、ケンブリッジ大学、シカゴ大学等と並び、各種の世界大学ランキングで常にトップレベルの優秀な大学として評価される世界有数の名門大学である。2016年、2017年THE世界大学ランキングで世界1位の大学に2年連続で選ばれた。 イギリス伝統のカレッジ制を特徴とする大学である。貴族の大学としても有名である。 世界中の指導的政治家を輩出しており、テリーザ・メイ現首相、デーヴィッド・キャメロン前首相、トニー・ブレア元首相、マーガレット・サッチャー元首相など27人のイギリス首相、30人以上の各国元首らがオックスフォード大学出身である。さらに、50人以上のノーベル賞受賞者、6人のイギリス国王、150人以上のオリンピックメダリストなどを輩出している。また、皇太子徳仁親王、皇太子妃雅子、秋篠宮文仁親王ら、日本の皇族の留学先としても知られている。 ちなみに「オックスブリッジ」として並び称されるケンブリッジ大学の形成は、この大学に所属していた多くの教師と学生が1209年にケンブリッジに移住したことに端を発する。.

新しい!!: ディモルフォドンとオックスフォード大学 · 続きを見る »

グレートブリテン島

レートブリテン島(グレートブリテンとう、Great Britain、Britannia Maior)は、北大西洋に位置する島で、アイルランド島、マン島などとともにブリテン諸島を構成する。ヨーロッパ大陸からみるとドーバー海峡を挟んで北西の方向にあたり、ヨーロッパ地域の一部である。面積は209,331km2で、世界で9番目に大きい島である(島の一覧参照)。イギリスの国土の中心的な島で、同国の首都ロンドンをはじめとする多くの大都市を有する。 グレートブリテン島は、政治的に見ると、「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」の構成要素であるイングランド、スコットランド、ウェールズの3つの「国(カントリー)」からなる。.

新しい!!: ディモルフォドンとグレートブリテン島 · 続きを見る »

グロスタシャー

タシャー (Gloucestershire) は、イングランド南西部にある行政区域であり、グロスターシャーとも表記され、グロスターシャー州 (the county of Gloucestershire, Gloucestershire county) とも呼ばれる。コッツウォルド、セヴァーン川流域の一部、およびディーンの森を含む。 州庁所在地はグロスターであり、その他の主要都市はチェルトナム、、サイレンスター、およびテュークスブリーである。 伝統的な州としては、ウェールズのグウェント Preserve county、イングランドのヘレフォードシャー、オックスフォードシャー、ウスターシャー、ウォリックシャー、およびスウィンドンを含むウィルトシャーに隣接している。 歴史的にはブリストルも含まれたが、1373年に独立した州となりグロスタシャーの一部とはみなされなくなった。サウス・グロスタシャーは1974年にエイボン州の一部となったが、1996年にエイボン州が廃止されたとき単一の統合自治体となり、伝統的な州としてのグロスタシャーの一部となった。 バドミントン発祥の地と言われているバドミントン村、アンティークの店が多く立ち並ぶテットベリーなどもあり日本人観光客がよく訪れる。.

新しい!!: ディモルフォドンとグロスタシャー · 続きを見る »

ケヴィン・パディアン

ヴィン・パディアン(Kevin Padian、1951年3月12日 - )は、カリフォルニア大学バークレー校構造生物学部の教授であり、カリフォルニア大学古生物学博物館 (University of California Museum of Paleontology) の古生物学キュレーター、ならびに国立科学教育センター (National Center for Science Education) の所長でもある。パディアンの研究分野は脊椎動物進化で、特に『飛行』の始まりと獣脚類から鳥類への進化に興味をもっている。彼は ''Kitzmiller v. Dover Area School District'' 裁判において原告のために専門家として証言し、その証言は裁判所の判決において何度も引用された。 パディアンはコルゲート大学で自然科学の学士号と教育学の修士号を取得した。イェール大学で Ph.D. を取得し、そこで翼竜の飛行の進化について注目し始めた。バークレー校での実績に加え、パディアンは高校で科学を教え、California Science Framework K–12 の主著者でもある (submitted as part of Kitzmiller v. Dover Area School District)。2003年にはWonderfestからカール・セーガン賞 (Carl Sagan Prize for Science Popularization) を受けている。 彼はカリフォルニア大学古生物学博物館やロッキー博物館 (Museum of the Rockies) の化石骨の組織学的分析をもとにジョン R. ホーナーやアルマン・ド・リクレ (Armand de Ricqlès) といくつかの共著論文を書いている。 パディアンの書いた論文は100を超える, NationalNational Center for Science Education。 2007年、パディアンはアメリカ科学振興協会のフェローとなった。.

新しい!!: ディモルフォドンとケヴィン・パディアン · 続きを見る »

ジュラ紀

ュラ紀(ジュラき、Jurassic period)は現在から約1億9960万年前にはじまり、約1億4550万年前まで続く地質時代である。三畳紀の次で白亜紀の1つ前にあたる中生代の中心時代、あるいは恐竜の時代といえる。ジュラ紀の名前は、フランス東部からスイス西部に広がるジュラ山脈において広範囲に分布する石灰岩層にちなみ、1829年にアレクサンドル・ブロンニャールにより提唱された。その後、1962年と1967年に開かれた国際ジュラ系層序小委員会により、11の階(期)の区分が確立された(時代区分参照)。なお、漢字を当てる場合は「侏羅紀」となるが、一般的ではない。.

新しい!!: ディモルフォドンとジュラ紀 · 続きを見る »

タマウリパス州

タマウリパス州 (Tamaulipas) は、メキシコ北東部、メキシコ湾西岸の中央部に位置する州である。正式名称はタマウリパス自由独立州 (Estado Libre y Soberano de Tamaulipas) という。州都はシウダービクトリア。人口は3,270,268人(2010年国勢調査)である。.

新しい!!: ディモルフォドンとタマウリパス州 · 続きを見る »

タイプ (分類学)

タイプ (type) という語は、生物の分類学においては以下の意味で用いられる。.

新しい!!: ディモルフォドンとタイプ (分類学) · 続きを見る »

種 (分類学)

(しゅ)とは、生物分類上の基本単位である。2004年現在、命名済みの種だけで200万種あり、実際はその数倍から十数倍以上の種の存在が推定される。新しい種が形成される現象、メカニズムを種分化という。 ラテン語の species より、単数の場合は省略形 sp.

新しい!!: ディモルフォドンと種 (分類学) · 続きを見る »

種子骨

子骨(しゅしこつ、sesamoid bone、ラテン語:Ossa sesamoidea)は、筋肉や腱の中に形成される骨である。多くの場合、骨の歪に応じて形成される。 役割として、頻繁に移動する部位(手や足)に生じ、腱や靱帯の方向を変える滑車のようにふるまい、骨と腱の間の摩擦を減らし、筋力を伝達する腱の能力を高める。また、脱臼するのを防いでいる。骨化の程度はまちまちである。.

新しい!!: ディモルフォドンと種子骨 · 続きを見る »

翼竜

翼竜 (よくりゅう、Pterosaur, Winged lizard, pterodactyl) は、中生代に生息していた爬虫類の一目、翼竜目に属する動物の総称。初めて空を飛んだ脊椎動物である。.

新しい!!: ディモルフォドンと翼竜 · 続きを見る »

眼窩

窩(がんか、orbit、Orbita、Orbita)は、眼球の収まる頭蓋骨のくぼみを指す。哺乳類の眼窩は不完全に眼球を覆うものが多いが、霊長目の眼窩は完全に眼球を取り巻くのが著しい特徴となっている。また、眼窩に視神経孔を伴うのは哺乳類の特徴とされている。.

新しい!!: ディモルフォドンと眼窩 · 続きを見る »

絶滅した動物一覧

絶滅した動物一覧(ぜつめつしたどうぶついちらん、List of extinct animals)は、地球上から絶滅した動物のリストである。野生個体の絶滅である「野生絶滅」も扱う。.

新しい!!: ディモルフォドンと絶滅した動物一覧 · 続きを見る »

頭蓋骨

頭蓋骨(ずがいこつ、とうがいこつ)は、頭の全体的な枠組みとしてはたらく、有頭動物の骨様構造である。頭蓋骨は、顔の構造を支持し、脳を外傷から保護する。なお、一般的な読みとしては「ずがいこつ」「とうがいこつ」双方が用いられ、解剖学では「とうがいこつ」とのみ呼称、形質人類学では頭骨と表記して「とうこつ」と称し、「ずがいこつ」という読み方は学問的には用いられない。なお医療の場では他に橈骨が存在するため、「とうこつ」と呼ぶ事は稀である。英語ではskullまたはcranium、複数形craniaである。 白骨化した頭蓋骨は髑髏(どくろ、されこうべ、しゃれこうべ)と呼ばれる。頭蓋骨に関する文化的な側面はそちらを参照のこと。.

新しい!!: ディモルフォドンと頭蓋骨 · 続きを見る »

魚食動物

Sphyraena barracuda''、英語名 Barracuda) 魚食動物(ぎょしょくどうぶつ、piscivore)とは、魚を主な食物とする肉食動物をいう。 厳密な意味でほぼ魚のみを食する ''Genetta piscivora'' のような例も一部にはあるが、多くの場合は他の動物も口にするなかでの「主食が魚」という意味をこめた呼称である。 学名 piscivore は、ラテン語の「piscis (ピスキス、.

新しい!!: ディモルフォドンと魚食動物 · 続きを見る »

鼻孔

鼻孔(びこう、nostril、naris)は、脊椎動物の顔面にある開口部である。元来は感覚器官として発達したが、後に呼吸器官としての役割も持つようになった。位置は目と口の間に開口するのが一般的である。通俗的には鼻の穴という。ヒトの場合、鼻孔の開口部が盛り上がって目立つためにこれを鼻と呼んで鼻の穴の方が付け足しのように呼ぶが、発生的には鼻孔の方が遙かに古い。 イヌの鼻孔.

新しい!!: ディモルフォドンと鼻孔 · 続きを見る »

脊椎動物

脊椎動物(せきついどうぶつ、Vertebrata)は、動物の分類のひとつ。現在主流の説では脊索動物門に属するとされ、脊索と置き換わった脊椎をもつ。魚類、鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類の5類からなり、無脊椎動物に比べて(脊椎動物である)人間にとって類縁関係が近く、なじみの深い生物によって構成されているグループである。.

新しい!!: ディモルフォドンと脊椎動物 · 続きを見る »

脛骨

脛骨(けいこつ、ラテン語:tibia、英語:shin bone)とは、四肢動物の後肢を構成する長骨の一つである。腓骨とともに膝から足首の間を構成し、脚の内側前面にある。大腿骨に次いで2番目に長い骨である。 脚および足の脛骨側を脛側(けいそく)という。医学用語の内側(ないそく)および日常語の内側(うちがわ)と同じである。脛側の反対側を腓側(ひそく)と呼ぶ。.

新しい!!: ディモルフォドンと脛骨 · 続きを見る »

歯(は、tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。人体でもっとも硬く、遺体ではその治療状況によって人物の特定の重要な手掛かりとなる。人工歯と区別する意味で天然歯と言うこともある。多くの種類の構造を持ち、それぞれが異なる目的を果たす。歯学では、過去には歯牙(しが)と言ったが、現在は使わない傾向にある。 また、それに似たものを歯ということがある。例えば歯車、鋸歯など。 歯の部位を示すために、歯の内側を舌側、口蓋側、外側を唇側、頬側、正中に近い方を近心、反対側を遠心、上端下顎の歯の場合。上顎の歯の場合は下端。を切縁、咬合面という。 多くの高等動物が持つ。人間は乳歯と永久歯の二組を持つが(二生歯性)、ネズミ目のように一組の歯が伸び続ける動物もいれば(一生歯性)、サメのように、二週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいる(多生歯性)。化石化した哺乳類においてもっとも特徴的な部位であり、古生物学者達は化石の種類や関係を鑑別するのにしばしば歯を使う。 歯は摂食の際の重要な構造であり、その形は餌のタイプと強く結びついている。.

新しい!!: ディモルフォドンと歯 · 続きを見る »

昆虫

昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱(学名: )の総称である。昆虫類という言葉もあるが、多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚虫を昆虫綱に含めていたが、分類体系が見直され、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかが除外されることが多い。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば、半分以上は昆虫である。.

新しい!!: ディモルフォドンと昆虫 · 続きを見る »

1828年

記載なし。

新しい!!: ディモルフォドンと1828年 · 続きを見る »

1829年

記載なし。

新しい!!: ディモルフォドンと1829年 · 続きを見る »

1858年

記載なし。

新しい!!: ディモルフォドンと1858年 · 続きを見る »

1859年

記載なし。

新しい!!: ディモルフォドンと1859年 · 続きを見る »

1870年

記載なし。

新しい!!: ディモルフォドンと1870年 · 続きを見る »

1998年

この項目では、国際的な視点に基づいた1998年について記載する。.

新しい!!: ディモルフォドンと1998年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »