ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ディナル・アルプス山脈

索引 ディナル・アルプス山脈

アルバニア北部、ヴァルボナ峠 ディナル・アルプス山脈(ディナル・アルプスさんみゃく、クロアチア語及びボスニア語: Dinarsko gorje/Dinaridi, Alpet Dinaride, Динарске планине or Динариди/Dinarske planine or Dinaridi; Dinarsko gorstvo; Alpi Dinariche)は、南ヨーロッパ、バルカン半島の山脈。北はスロヴェニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、コソヴォ、モンテネグロ、マケドニア共和国まで伸びる。.

52 関係: 古代ローマ堆積岩中生代ペロポネソス半島マケドニア共和国ネレトヴァ川バルカン半島モレーンモンテネグロヤホリナ山ヨーロッパリム川ロドス島ヴルバス川ヴェレビト山脈ボスニア・ヘルツェゴビナボスニア語トルコトレベヴィチ山トレスカヴィツァ山トロス山脈プリトヴィツェ湖群国立公園ビイェラシュニツァ山ビオコヴォ山脈ディナール人種ディオクレティアヌス宮殿ドリン川ドゥルミトルアルプス山脈アドリア海イリュリア人イグマン山カルスト地形ギリシャクレタ島クロアチアクロアチア語コラプ山コーカサス山脈コソボジュリア・アルプス山脈スロベニアスカンディナヴィア山脈セルビア石灰岩砂岩第四紀腐食苦灰岩氷帽...氷河時代洞窟 インデックスを展開 (2 もっと) »

古代ローマ

古代ローマ(こだいローマ、Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と古代ローマ · 続きを見る »

堆積岩

堆積岩(たいせきがん、)は、既存の岩石が風化・侵食されてできた礫・砂・泥、また火山灰や生物遺骸などの粒(堆積物)が、海底・湖底などの水底または地表に堆積し、続成作用を受けてできた岩石。 かつては、火成岩に対し、水成岩(すいせいがん、)とよばれていたこともある。地球の陸の多くを覆い、地層をなすのが普通である。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と堆積岩 · 続きを見る »

中生代

中生代(ちゅうせいだい、Mésozoïque、Mesozoic era)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つである。約2億5217万年前から約6600万年前に相当し、恐竜が生息していた時期にほぼ対応する。 中生代は、さらに以下の3つの紀に細分される。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と中生代 · 続きを見る »

ペロポネソス半島

ペロポネソス半島(ペロポネソスはんとう、Πελοπόννησος / Pelopónnisos; Peloponnesos)は、ギリシャの大陸部分南端に広がる半島である。ギリシャの「本土」とはコリンティアコス湾およびサロニコス湾で隔てられており、コリントス地峡でつながっている。 「ペロポネソス」は古代ギリシア語での発音(Pelopónnēsos)に由来する表記(長音を表記すれば「ペロポンネーソス」)であり、現代ギリシャ語での発音では「ペロポニソス」となる。このほか「ペロポンネソス」などの表記も用いられる。ヴェネツィア語ではモレア(Morea)と称された。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とペロポネソス半島 · 続きを見る »

マケドニア共和国

マケドニア共和国(マケドニアきょうわこく)、通称マケドニアは、東ヨーロッパのバルカン半島に位置する共和国。前身はユーゴスラビア連邦の構成国の1つで、南はギリシャ、東はブルガリア、西はアルバニア、北はセルビアおよびコソボと、四方を外国に囲まれた内陸国である。 マケドニア共和国は、地理的にはマケドニアと呼ばれてきた地域の北西部にあり、マケドニア共和国はマケドニア地域全体の約4割を占めている。残りの約5割はギリシャに、約1割はブルガリアに属している。また歴史上、マケドニア共和国の多数民族はマケドニア人と自称・他称されるが、彼らはスラヴ語の話し手で南スラヴ人の一派であり、ギリシャ系の言語を話していたと考えられる古代マケドニア王国の人々と直接の連続性はない。これらの理由から、ギリシャがマケドニアという国名を拒否し、同国との間で激しい国名論争(マケドニア呼称問題)が生じている。2018年6月にはマケドニア共和国が北マケドニア共和国の国名を使用することで両国の政府間合意が成立したが、それぞれの国内で合意内容を承認するための手続きを要することから、正式な改名には至っていない。 現状、憲法上の正式名称はマケドニア共和国であり、約125ヶ国はこの呼称を用いている一方、欧州連合や日本等はこれを認めず、国際連合に加盟したときの暫定呼称マケドニア旧ユーゴスラビア共和国を使用している(後述)。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とマケドニア共和国 · 続きを見る »

ネレトヴァ川

ネレトヴァ川(クロアチア語・Neretva, Неретва,Narenta)はアドリア盆地東部では最大の河川である。大規模な高さ15m以上の水力発電用のダム4カ所と貯水池により治水されているが、自然美や多様な自然景観で知られている。川の生態系は人口の増加や開発によって傷つけられている。ネレトヴァ川はボスニア・ヘルツェゴビナやクロアチアにとってはもっとも価値のある天然資源として豊富な淡水資源となっており、重要なものとして認められている。ネレトヴァ川は東のドリナ川と西のウナ川とサヴァ川の間に位置し、ネレトヴァ低地が含まれ飲料水の重要な供給源を担っている。水の供給システムでもネレトヴァ川は重要な位置を占め。ディナル・アルプス山脈地域も含まれとくに多様な生態系や動植物の生息環境、植物相、動物相、文化的、歴史的以外にも自然美で重要と見なされている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とネレトヴァ川 · 続きを見る »

バルカン半島

バルカン半島(バルカンはんとう、Balkans、Balcania)は、ヨーロッパの南東部で、ギリシャ、アルバニア、ブルガリア、マケドニア、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、コソボ、ヴォイヴォディナ(スレム、バチュカ、バナト)及びトルコのヨーロッパ部分(ボスフォラス海峡以西)からなる地域である。バルカン半島の北限はしばしばドナウ川とサヴァ川とされているが、歴史的な繋がりの深いルーマニアや、旧ユーゴスラビア連邦のスロヴェニア(1991年以前の旧ユーゴスラビアの大部分がドナウ川またはサヴァ川以南)をバルカンに含めることもあり、必ずしも定まった地域概念ではない(バルカン山脈に詳しい)。オスマン語でバルカンは森林山脈を意味する。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とバルカン半島 · 続きを見る »

モレーン

イスのツェルマットに見られるモレーン。 モレーン(、堆石、氷堆石)とは、氷河が谷を削りながら時間をかけて流れる時、削り取られた岩石・岩屑や土砂などが土手のように堆積した地形のことである。地形学上の定義では土手状の地形を指す。堆積物に注目した場合、モレーンという用語がモレーン堆積物を指す場合もあったが、。こうしたモレーン堆積物はシルト状のものから巨礫まで幅広く含まれ、通常淘汰が悪い。 氷河の後退などによりモレーンが氷河と切り離され、氷河との間の空間に溶けた水が溜まり氷河湖を形成することがある。氷河の後退によってモレーンとの間に出来た氷河湖は、モレーンの崩壊によって決壊し洪水を起こす可能性がある。実際にネパールやブータンで何度か氷河湖が決壊して洪水が発生し、。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とモレーン · 続きを見る »

モンテネグロ

モンテネグロは、ヨーロッパ南東部、バルカン半島に位置する共和制国家。首都はポドゴリツァ(憲法上はツェティニェ)。ユーゴスラビア紛争によるユーゴスラビア社会主義連邦共和国の解体によって成立したユーゴスラビア連邦共和国(1992年-2003年)およびセルビア・モンテネグロ(2003年-2006年)を構成する2つの共和国のうちのひとつ、モンテネグロ共和国であったが、2006年6月3日に独立を宣言した。 南はアドリア海に臨み、北西をクロアチアのドゥブロヴニクとボスニア・ヘルツェゴビナ、北東をセルビアのサンジャク地方、南東をアルバニア、東部をコソボと接する。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とモンテネグロ · 続きを見る »

ヤホリナ山

ヤホリナ山(Jahorina,Јахорина)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ南東部にある山で、ボスニア・ヘルツェゴビナを構成するボスニア・ヘルツェゴビナ連邦、スルプスカ共和国の2つの構成体にまたがっている。サラエヴォの南東部に位置し、ビイェラシュニツァ山と接している。ヤホリナ山は標高1,913mで、サラエヴォ周辺の山の中では中規模の高さの山である。 サラエヴォ周辺の他の山と同様にヤホリナ山もウィンタースポーツの目的地として有名である。今日ではヤホリナ山はスキー以外にもハイキングやそりの目的地としてポピュラーで、40kmの整備されたスキーコースが立地する。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とヤホリナ山 · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とヨーロッパ · 続きを見る »

リム川

リム川(モンテネグロ語/セルビア語:Лим)は、モンテネグロ、アルバニア、セルビアとボスニア・ヘルツェゴビナの国境における河川である。ドリナ川の支流として、リム川は長さが220キロで、支流の中で最も長い。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とリム川 · 続きを見る »

ロドス島

ドス島(Ρόδος / Ródos; Rhodes)は、エーゲ海南部のアナトリア半島沿岸部に位置するギリシャ領の島。ドデカネス諸島に属し、ギリシャ共和国で4番目に大きな面積を持つ。ロードス島との表記も用いられる(#名称節参照) 。 島で最大の都市であるロドスの街は、古代以来港湾都市として栄え、世界の七不思議の一つである「ロドス島の巨像」が存在したことでも知られる。また、その中世期の街並みは「ロドスの中世都市」の名で世界遺産に登録されている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とロドス島 · 続きを見る »

ヴルバス川

ヴルバス川(ボスニア語・クロアチア語:Vrbas、セルビア語:Врбас)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ西部を流れる川で、サヴァ川の支流である。流域の主要な都市にはヤイツェ、バニャ・ルカなどがある。ユーゴスラビア王国時代の州(バノヴィナ)の一つであるヴルバス州は、この川の名を冠していた。ヴルバス川はゴルニ・ヴァクフ=ウスコプリェ近くの海抜1,530のヴラニツァ山(Vranica)南斜面と、ディナル・アルプス山脈北斜面の大山塊の一部分から流れ出ている。河口のサヴァ川との合流地点の海抜は90程度である。 川の長さは全長235あり、河口付近では800、流域の南側では1,500の年間平均降水量がある。降水量は流域南部では晩秋から冬にかけての期間に最大となり、夏に最小となる。それに対して流域北部では夏の期間である6月から7月にかけて多量の降水量があり、11月と12月には最大となる。ヴルバス川の主要な支流には、プリヴァ川(Pliva)、ウガル川(Ugar、ツルナ川(Crna)、ヴルバニャ川(Vrbanja)があり、それぞれ中流域に位置する。川の名となっている「ヴルバス」はセルビア・クロアチア語では柳を意味し、バニャ・ルカの川岸をシダレヤナギが飾っている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とヴルバス川 · 続きを見る »

ヴェレビト山脈

パクレニツァ国立公園 ヴェレビト山脈(ヴェレビトさんみゃく、クロアチア語・セルビア語:Velebit)は、クロアチアで最大の山脈(最高峰ではない)。ヴェレビト山脈の最高峰はヴァガンスキ・ヴルフ(Vaganski Vrh)であり、その高さは標高1757メートルである。 ヴェレビト山脈はディナル・アルプス山脈の一部をなし、アドリア海岸に沿って走っている。ヴェレビト山脈によって沿岸部は内陸のリカと分け隔てられている。ヴェレビト山脈は、北西のセーニ付近のヴラトニク峠(Vratnik)に端を発し、南東方向に145キロメートルにわたって伸び、クニンの近く、ズルマニャ川(Zrmanja)の源泉付近まで続いている。 ヴェレビト山脈は通常、4つの部分に分けられる。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とヴェレビト山脈 · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ

1992年-1998年の国旗 1992年-1998年の国章 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエボで、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家でもある。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側と南西側2辺でクロアチア、東側1辺でセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とボスニア・ヘルツェゴビナ · 続きを見る »

ボスニア語

ボスニア語(ボスニアご、bosanski jezik)は、南スラブ語群に属する言語の標準形の一つであり、セルビア・クロアチア諸語のシュト方言が基本となっている。 ボスニア・ヘルツェゴビナをはじめとする、旧ユーゴスラビア諸地域において、特にセルビア・クロアチア諸語を話すイスラム教徒の多くは自身をボシュニャク人と規定し、その母語をボスニア語と考えている。 ラテン文字による表記が標準的であるが、キリル文字も使用される。「ボスニア語」という名前は、ボシュニャク人のボスニア語話者に共通に受け入れられており、また言語コードの規格ISO 639にもこの名前で掲載されている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とボスニア語 · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とトルコ · 続きを見る »

トレベヴィチ山

トレベヴィチ山(Trebević,Требевић)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ中央部に位置する山である。サラエヴォ南東部、イストチノ・サラエヴォに位置しヤホリナ山に接している。トレベヴィチ山の標高は1,627mでサラエヴォ周辺の主だった山の中ではイグマン山に次いで2番目に低い。中世、トレベヴィチ山はヅラトニ・ド(Zlatni Do)の名で知られていた。1984年に開催された、サラエボオリンピックでは他のサラエヴォ周辺の山と同様にボブスレーなど競技会場として使用されていた。サラエヴォ包囲の時には、トレベヴィチ山は砲撃には都合の良い場所であったため、要となる戦場であった。トレベヴィチ山は今日、イグマン山やビイェラシュニツァ山ほどには重要な観光地ではない。1990年代初頭の紛争で大部分では激しい戦いが起こったが、現在ではすっかり地雷も撤去されトレベヴィチ山で市民が被害を受けることは聞かれない。多くのホテルや山小屋などの施設がトレベヴィチ山近辺には立地する。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とトレベヴィチ山 · 続きを見る »

トレスカヴィツァ山

トレスカヴィツァ山(Treskavica,Трескавица)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォの南の町トルノヴォにある山である。ジョキン・トラニ(Đokin Toranj)の山頂は標高2,088mあり、トレスカヴィツァ山はサラエヴォ周辺の山では一番標高が高い。ボスニア・ヘルツェゴビナで一番標高が高いマグリッチ山(Maglić)よりは300mほど低い。 天気が良く見通しが利く日などは登山者は遠くのモンテネグロやアドリア海を望むことができる。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とトレスカヴィツァ山 · 続きを見る »

トロス山脈

en(7つの湖)。 トロス山脈(トウロス山脈、タウロス山脈、トルコ語:Toros Dağları, Taurus Mountains)はトルコ南部の山脈。トルコ中央部とトルコ南部の地中海地方を分けている。 トロス山脈の一部であるアラ山脈とボルカール山脈は石灰岩質のためカルスト地形となっており、滝や伏流水、大きな洞窟などが多い。マナヴガト川の源流はベイ山脈の南側斜面にある。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とトロス山脈 · 続きを見る »

プリトヴィツェ湖群国立公園

プリトヴィツェ湖群国立公園(プリトヴィツェこぐんこくりつこうえん)は、クロアチアの国立公園の1つであり、ボスニア・ヘルツェゴビナ国境に近いプリトヴィツェ湖群市(Plitvice Lakes municipality)に位置する。大小16の湖と92の滝がエメラルドグリーンの幻想的な景観を作り出しており、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。プリトヴィッチェ湖群国立公園、プリトヴィチェ湖群国立公園、プリトビチェ湖群国立公園などとも表記される。 面積として約90%の部分がリカ=セニ郡にあり、約10%がカルロヴァツ郡にある。 なお、「プリトヴィツェ湖群」は現地のクロアチア語ではPlitvička jezera である。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とプリトヴィツェ湖群国立公園 · 続きを見る »

ビイェラシュニツァ山

ビイェラシュニツァ山(Bjelašnica,Бјелашница)は。ボスニア・ヘルツェゴビナ中央部にある山で、サラエヴォの南西部に位置しイグマン山と接している。標高は2,067mである。山の名になっているビイェラは白いことを意味する。 サラエヴォ郊外に位置し、20分ほどで訪れることができるため、ハイキングやスキーなど有名な観光地にもなっている。ビイェラシュニツァ山は大部分が森林であるが、標高1,500mの森林限界を超えると木はない。多くの登山コースが地元の山岳会によって整備されている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とビイェラシュニツァ山 · 続きを見る »

ビオコヴォ山脈

ビオコヴォ山脈()は、クロアチアのダルマチア地方にある山脈で、スプリト=ダルマチア郡のマカルスカの町の背後にそびえている。クロアチアで一番高いディナラ山(:en:Dinara、標高1830m)に次いで二番目に高いスヴェティユレ山(:hr:Sveti Jure、1762m、「聖ゲオルギオス」の意)がある。山脈の大部分はビオコヴォ自然公園になっていて、様々な登山道が整備されているだけでなく、国道8号線のポドゴラ(Podgora)からスヴェティユレ山までは自動車道路も通じている。マカルスカの中心街の海に面した通りに、「ビオコヴォ自然公園ビジターセンター」(Javna Ustanova Park Prirode Biokovo)がある。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とビオコヴォ山脈 · 続きを見る »

ディナール人種

ディナール人種(ディナールじんしゅ、)はコーカソイドに属する人種の下位区分。 主にバルカン半島北西部に分布するとされた。 アルプス人種の一地方形と見なされたこともあったが、身長が170–185cmを越えるなど大きな差があるため、独立した人種と考えられる。頭蓋は、後頭部が急激に下方に屈曲するため短頭である。毛髪と虹彩は褐色を示す。 遺伝的にはY染色体ハプログループI2との間に分布の相関がみられる。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とディナール人種 · 続きを見る »

ディオクレティアヌス宮殿

ディオクレティアヌス宮殿(ディオクレティアヌスきゅうでん、クロアチア語:Dioklecijanova palača)は、クロアチアの都市スプリトに残っている宮殿で、3世紀末から4世紀初頭にかけて古代ローマのディオクレティアヌス帝によって建てられたものである。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とディオクレティアヌス宮殿 · 続きを見る »

ドリン川

ドリン川またはドリニ川 (アルバニア語:DrinまたはDrini、マケドニア語:Дрим、ギリシャ語: Δρινος )は、アルバニア最大の川。 マケドニア共和国・ストルガのオフリド湖畔から発した黒ドリン川は、北へ向かって山地を流れ、水源から約149km地点でアルバニアへ入る。国境の直前はデバル・ダムとなっている。アルバニア国内でも起伏の多い山地を北へ向かって流れる。 白ドリン川はコソボのペヤが源である。本質的に、狭い谷を通って川は南進する。 アルバニアのクーカスで、黒ドリン川と白ドリン川が合流してドリン川となる。アルバニア北部海岸近くで、ドリン川は2つの分流に分かれる。これは1858年の土砂崩れが原因で流れが変わったためである。かつて本流であった小さな川は、南進する。レジャの西で、川はドリン湾に注ぐ。 現在本流となっている川(大ドリン川とも)は、西進しシュコドラを通過、ロザファ要塞近くで、シュコダル湖に源を発するブナ川に合流する。ブナ川はアルバニア=モンテネグロ間の国境線となっている川で、この合流地点からおよそ32kmでアドリア海に注ぐ。 アルバニア国内のドリン川流域には3箇所のダムがあり、水力発電所でつくられた電気はアルバニア国内へ供給されている。 Category:アルバニアの河川 Category:ヨーロッパの複数の国を流れる河川.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とドリン川 · 続きを見る »

ドゥルミトル

ドゥルミトル山はディナル・アルプス山脈の延長線上に位置する山。最高峰はボボトヴ・クク(Bobotov Kuk)で、標高は2528 m。ドゥルミトルの名はルーマニア語で「眠るもの」を意味する。その名前は古代ローマの軍人たちが一帯を征服したときに、山の穏やかさを評して付けたものが元になったとされている。 ドゥルミトル山は1952年に設定されたドゥルミトル国立公園の中にあり、1980年には固有種の植物相や昆虫の多様さが評価され、ユネスコの世界遺産に登録された。国立公園は、氷河期に形成された起伏に富んだ地形に、多くの動物も生息しており、ヨーロッパオオライチョウ、ヒグマ、シャモア、オオカミなどが代表的である。猛禽類もイヌワシ、ボネリークマタカ、ヒメクマタカ、シロエリハゲワシ、ハヤブサ、ワシミミズクなど多彩である。 国立公園の面積はおおよそ300 km2 で、ドルミトル山塊や、ヨーロッパ最深の(深さ1900m)も含まれ、も保護対象となっている。しかし、公園近くのジャブリャク市や人間の諸活動が、不幸にも環境を害している。加えてモンテネグロの独立以来、観光客の増加が見込まれており、公園の動物相・植物相の観点にとっては好ましいことではない。 そのため、2002年に70 km2 近くが人間が活動を拡大することを許されている対象から外された。しかし、なおも公園の完全性を脅かす活動が見られる。その例としては特に森林伐採が挙げられる。森林伐採は「衛生上の間伐」の名目で行われ、数千立方メートル分の木材が、近くのズミニツァ(Zminica)の製材所に運ばれている。 公園にはいくつかの村が点在し、その中には村としてはバルカン半島最高地点のマラ・ツルナ・ゴーラ(Mala Crna Gora)村もある。この村はバルカン半島の山村としては典型的なもので、牛や羊の牧畜を主体とする山岳民の生活が維持されている。牛や羊たちは山と調和して何世紀もの間暮らしており、それはティトー政権下のユーゴスラビアで環境が悪化しても変わらなかった。そして、この地では、ユーゴスラビアの2人の英雄が生まれている。ラドイェ・ラキッチ(Radoje Dakić)とである。 ドゥルトミル国立公園は、特に密猟によって脅かされている動物たちのために、より首尾一貫した方針でもって保護されるべきである。密猟を行っているのは、公園に元から住んでいた人々以外の近隣住民や、ボスニア・ヘルツェゴビナから来た人々であったが、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の影響でカラシニコフなどの自動小銃を携えた密猟者たちが流入してから、情勢はより一層悪化した。彼らは群れを虐殺することをためらわなかったからである。1994年には4000頭いたシャモアは、2005年には600頭にまで減少した。公園の管理側には対抗しうる武器類はなく、行政の腐敗も密猟を助長する結果になっている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とドゥルミトル · 続きを見る »

アルプス山脈

アルプス山脈最高峰 モンブラン山 ツェルマットから見たマッターホルン山 アルプス山脈(アルプスさんみゃく、 アルペース、、、、)は、アルプス・ヒマラヤ造山帯に属し、ヨーロッパ中央部を東西に横切る「山脈」である。オーストリア、スロベニアを東端とし、イタリア、ドイツ、リヒテンシュタイン、スイス各国にまたがり、フランスを南西端とする多国にまたがっている。アルプ(スイスの高山山腹の夏季放牧場;,,)がいっぱいであるからアルプスであると考える説と、ケルト語の alp「岩山」を語源とし、ラテン語を経由したと考える説がある。最高峰のモンブランは標高4,810.9m(2007年)で、フランスとイタリアの国境をなし、ヨーロッパの最高峰でもある。 アルプス山脈はヨーロッパの多数の河川の水源地となっており、ここからドナウ川、ライン川、ローヌ川、ポー川、といった大河川が流れ出て、それぞれ黒海、北海、地中海、アドリア海へと注ぐ。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とアルプス山脈 · 続きを見る »

アドリア海

アドリア海(Adriatic Sea; Mar Adriatico; Jadransko more)は、地中海の海域の一つ。イタリア半島とバルカン半島に挟まれている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とアドリア海 · 続きを見る »

イリュリア人

イリュリア人の居住範囲 イリュリア人(Ἰλλυριο,llyrii/Illyri)は古代のバルカン半島西部やイタリア半島沿岸南東部(メッサーピ)に住んでいた民族である。イリュリア人が住んでいた地域はギリシャやローマの作家たちによりイリュリアとして知られるようになったが、イリュリア人が住んでいた範囲は以前ユーゴスラビアだった地域やアルバニアなどで、西はアドリア海、北はドラーヴァ川、東は大モラヴァ川、南はヴョセ川河口までの範囲である。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とイリュリア人 · 続きを見る »

イグマン山

イグマン山(Igman,Игман)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ中央部に位置する山である。サラエヴォ南西部に位置し、ビイェラシュニツァ山やイリジャに接している。イグマン山の最高地点はヴラヒニャ峰(Vlahinja Ridge)で1,502mである。サラエヴォ周辺の主だった山の中では一番標高が低い。イグマン山はハイキングやスキーの目的地としてポピュラーで、1984年に開催されたサラエボオリンピックではヤホリナ山、ビイェラシュニツァ山と共に主要会場として使われていた。マロ・ポリェ(Malo Polije)地区はスキージャンプとノルディックスキー・コンバインドの会場として使用され、ヴェリコ・ポリェ(Veliko Polje)地区はバイアスロン、クロスカントリースキー、ノルディックスキー・コンバインドの会場として使われている。 多くの施設がオリンピック開催に合わせて整備されたが、1992年から1995年にかけて起こったボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で受けた傷跡を残している。現在ではイグマン山はサラエヴォの主要な観光地の一つである。新たなケーブルカーを整備する計画もある。 注目される施設の一つとして冬季オリンピック以来のスキージャンプ台がある。紛争中は処刑場として使われていた。イグマン山は最低気温の記録があり、-43℃まで下がったことがある。天気が良く見通しが利く日はモンテネグロやアドリア海を望むことが出来る。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とイグマン山 · 続きを見る »

カルスト地形

ルスト地形(独: )とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食(主として溶食)されてできた地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)である。化学的には、空気中の二酸化炭素を消費する自然現象である。 広義には、クロアチアのプリトヴィツェ湖群国立公園や中国の九寨溝、トルコのパムッカレ、アメリカのイエローストーン国立公園などの、大量の石灰分を溶解した地下水や温・熱水から石灰華が大規模に再沈殿して作り出される地形も、カルスト地形に含まれる。これらの場合、基盤地質が石灰岩であるとは限らず、化学的には空気中に二酸化炭素を放出する。 また、石灰岩やチョーク(白亜)、泥灰岩、白雲岩(ドロマイト)などの炭酸塩岩以外にも、蒸発岩類(石膏岩、岩塩など)には溶食性の地形が大規模に形成されることがあり、カルスト地形に含められる。空気中の二酸化炭素量の増減には関係しない。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とカルスト地形 · 続きを見る »

ギリシャ

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する国。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,081万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とギリシャ · 続きを見る »

クレタ島

レタ島(Κρήτη / Kriti; Crete)は、ギリシャ共和国南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、クノッソス宮殿をはじめとする多くの遺跡を持つ。また、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。 クレタ島は島全体で、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)を構成する。首府はイラクリオ(イラクリオン)。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とクレタ島 · 続きを見る »

クロアチア

アチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し対岸はイタリア、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ。 1991年に、それまで連邦を構成していたユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とクロアチア · 続きを見る »

クロアチア語

アチア語(クロアチアご、クロアチア語: hrvatski )は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派南スラヴ語群の言語である。クロアチアおよびボスニア・ヘルツェゴビナの公用語である。クロアチアのEU加盟により、2013年7月以降EU公用語の一つにもなっている。 1991年にクロアチアがユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立する前は、セルビア語と同一の言語としてセルビア・クロアチア語として扱われていた。ユーゴスラビア解体後にそれぞれが別言語と主張されるようになったが、元々両者の違いは細かい正書法や表現の差異程度であり、現在でも非常に近い関係にある。セルビア語がアルファベットとしてキリル文字とラテン文字を使用するのに対し、現在のクロアチア語ではもっぱらラテン文字を使用する。歴史的にはグラゴル文字が使用されたこともあり、一部では近代まで用いられていた。 話者は主にバルカン半島に分布し、クロアチア人を中心にクロアチア、セルビア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナおよび他の国で話される。スロベニア語、マケドニア語とも類似している。 クロアチア国内で話される南スラヴ語群の言語変種には主にシュト方言・カイ方言・チャ方言の3種類があり、そのうち新シュト方言の東ヘルツェゴビナ方言がクロアチア語の標準語の基盤となっている。なお、セルビア語やボスニア語もシュト方言の一種から標準語が作られている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とクロアチア語 · 続きを見る »

コラプ山

マケドニア側の景観 渓谷より観る遠方の滝 コラプ滝 コラプ山の景観 コラプ山(Maja e Korabit または Mali i Korabit、Голем Кораб、Golem Korab)は、アルバニアとマケドニア国境に位置する、両国において最も高い山である。に隣接し、マケドニアの国章にもコラプ山が描かれている。2011年、アルバニアはこの区画を国立公園(Korab-Koritnik Natural Park)に指定した。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とコラプ山 · 続きを見る »

コーカサス山脈

ーカサス山脈(コーカサスさんみゃく)は、黒海からカスピ海まで東西に走る山脈である。ロシア語からカフカース山脈ともよばれる。ロシアでは大カフカース山脈()と呼び、南の小カフカース山脈()と区別している。 ギリシア神話では、コーカサスは世界を支える柱のうちの一つでゼウスがプロメーテウスを鎖で繋いだ場所でもある。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とコーカサス山脈 · 続きを見る »

コソボ

ボ共和国(コソボきょうわこく、Republika e Kosovës)は、バルカン半島中部の内陸部に位置する国家。北東をセルビア、南東をマケドニア共和国、南西をアルバニア、北西をモンテネグロに囲まれている。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とコソボ · 続きを見る »

ジュリア・アルプス山脈

ュリア・アルプス山脈(-さんみゃく、; Alpi Giulie)は、アルプス山脈の一部を構成する山脈で、イタリア北東部からスロベニアにまたがる。最高峰はスロベニアのトリグラウ山(海抜2864m)である。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とジュリア・アルプス山脈 · 続きを見る »

スロベニア

ベニア共和国(スロベニアきょうわこく、Slovenija: )、通称スロベニア、スロヴェニアは、中央ヨーロッパに位置する国で 、主要なヨーロッパの文化や交易の交差路である。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とスロベニア · 続きを見る »

スカンディナヴィア山脈

ンディナヴィア山脈(スカンディナヴィアさんみゃく)は、スカンディナヴィア半島を縦貫する山脈であり、スウェーデン、ノルウェー、一部がフィンランドの領土を走る。高緯度に位置するため万年雪や氷河地形が非常に多い。また山脈は西の海岸部のすぐ近くまで迫っており、その海岸はフィヨルドが発達している。山脈は南に下るほど発達しており、ノルウェー南部のヨトゥンヘイム山地がもっとも険しい。山脈最高峰ガルフピッゲン山 (2470m) 、グリッテルティン山 (2470m)は高原の中央部に並ぶ。ノルウェーの最高峰でもある。スウェーデンの最高峰は、北部のケブネカイセ山(2103m)及びサーレヨック山(2090m)であるが、この地域はラポニア地域に含まれ、世界遺産(スウェーデンの世界遺産)にも登録されている。 スカンディナヴィア山脈、特に山脈西部はシルル紀にカレドニア変動帯として形成されており、グリーンランド東端部と同じ地質帯に属する。 スカンディナヴィア山脈は古期造山帯である。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とスカンディナヴィア山脈 · 続きを見る »

セルビア

ルビア共和国(セルビアきょうわこく)、通称セルビアは、南東ヨーロッパ、バルカン半島中西部の内陸に位置する共和制国家。かつてのユーゴスラビアに属した地域の中央に位置しており、政治的にもその中心となる国であった。 首都であるベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア内のコソボ・メトヒヤ自治州がコソボ共和国として事実上独立状態にある。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈とセルビア · 続きを見る »

石灰岩

石灰岩(せっかいがん、)は、炭酸カルシウム(CaCO3、方解石または霰石)を50%以上含む堆積岩。炭酸カルシウムの比率が高い場合は白色を呈するが、不純物により着色し、灰色や茶色、黒色の石灰岩もある。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と石灰岩 · 続きを見る »

砂岩

岩(さがん・しゃがん、)は、主に砂が続成作用により固結してできた岩石。堆積岩でもっとも一般的なものの一つ。 砂岩の構成鉱物は石英と長石が主で、これらに既存の堆積岩や変成岩などに由来する岩片(これは鉱物の集合体である)が加わる。炭酸塩粒子を主体とするものは炭酸塩岩に分類され、砂岩には含めない。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と砂岩 · 続きを見る »

第四紀

四紀(だいよんき一部の地学事典には「だいしき」と記述されているが、文部省『学術用語集 地学編』(日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2、)の表記は「Daiyonki」である。『学術用語集』編纂の経緯に鑑み、ここでは「だいよんき」とした。なお、日本第四紀学会公式サイトにおいて、「『だいよんき』と『だいしき』のどちらが正しいのか」との質問に対し、「『だいよんき』と『だいしき』のどちらが正しいということはありませんが、一般に広く用いられているのは前者です。日本第四紀学会の読み方としても「だいよんき」が使われます。」と回答している。、Quaternary period)は地質時代の一つで、258万8000年前から現在までの期間。 他の地質時代が生物相の大幅な変化(特に大量絶滅)を境界として定められたのに対し、第四紀は人類の時代という意味で決められた。したがって、古人類学の進展に伴い次々に古い原人が発見されるとともに第四紀の始まる年代も変化していった。現在ではヒト属の出現を基準とし、地質層序や気候変動を併用して決定している。 第四紀より古い地層を、かつては三紀層と呼んでいたが、今では古第三紀・新第三紀に分かれている(#語源)。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と第四紀 · 続きを見る »

腐食

腐食(ふしょく、腐蝕とも。corrosion)とは、化学・生物学的作用により外見や機能が損なわれた物体やその状態をいう。 金属の腐食とは、周囲の環境(隣接している金属・気体など)と化学反応を起こし、溶けたり腐食生成物(いわゆる「さび」)を生成することを指す。これは、一般的に言われる、表面的に「さび」が発生することにとどまらず、腐食により厚さが減少したり、孔が開いたりすることも含む。;金属以外の腐食;生物学的な腐食 以下、金属の腐食を中心に述べる。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と腐食 · 続きを見る »

苦灰岩

苦灰岩 苦灰岩(くかいがん、dolostone)は、苦灰石(ドロマイト、CaMg(CO3)2)を主成分とする堆積岩。白雲岩(はくうんがん)ともいう。苦灰岩のこともドロマイト(dolomite)ということがあるが、その場合は苦灰石(鉱物)との区別ができない。 石灰岩を構成している方解石や霰石(いずれも CaCO3)中のカルシウムが、マグネシウムに置き換わって苦灰石になったと考えられている。全てが苦灰石になっていることは少なく、たいていは方解石を含んでいる。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と苦灰岩 · 続きを見る »

氷帽

ヴァトナヨークトル氷河、アイスランド 氷帽(ひょうぼう, )とは、氷冠(ひょうかん)または冠氷(かんぴょう)ともいい、陸地を覆う5万km2未満の氷河の塊のこと。陸地を覆う氷河の塊が5万km2以上にわたって広がっている場合は、氷床と呼んで区別する 。 氷帽は平原に多い氷床と異なり、起伏の多い地形にも多数みられる。特に、ひとかたまりの山の山頂部から中腹にかけてを覆うように氷帽が存在していることが多い。普通、この氷帽は時間が経つにつれて、山頂を境に割れて、それぞれが山麓に向かって流出していく一方、割れて山肌が露わになった表面には新雪が積もり、新たな氷帽が形成されていく。 氷帽に覆われた地形の表面は、氷帽による変形、浸食等の氷食地形により大きな影響を受ける。五大湖をはじめとした北アメリカの多くの湖は、氷帽が後退したときに、数十万年という長い時間をかけて谷のように地形が削られた影響で形成されたと考えられている。 惑星の極地域を覆う氷のことを「極冠氷」と呼ぶことがあるが、これはマスメディアによる命名で、学術的には不正確だという主張がある(本来、5万km2以上の氷河は冠氷ではない)。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と氷帽 · 続きを見る »

氷河時代

氷河時代(ひょうがじだい、ice age)は、地球の気候が寒冷化し、地表と大気の温度が長期にわたって低下する期間で、極地の大陸氷床や高山域の氷河群が存在し、または拡大する時代である。長期に及ぶ氷河時代のうち、律動する個々の寒冷な気候の期間は氷期と呼ばれ、氷期と氷期の間の断続的な温暖期は間氷期と呼ばれる。氷河学の専門用語では、「氷河時代」 (ice age) は北半球と南半球の両方において広大な氷床が存在することを示唆する。この定義によれば、我々は氷河時代の間氷期―完新世―の只中にいることになる。最後の氷河時代(第四紀氷河時代)は更新世が開始した約260万年前に始まり、それは今も、北極、そして南極大陸に氷床が存在していることからいえる。 なお、当項目の記述内容は、まだ立証が十分でない仮説であったり、論争が続いていたりするような内容を含む。.

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と氷河時代 · 続きを見る »

洞窟

洞窟 洞窟(どうくつ、)とは、地中にある、ある程度以上の大きさの空間である。ふつう人間が入ることの可能なサイズ以上のものを指すことが多い。洞穴(どうけつ、ほらあな)とも言う。水平方向に伸びている横穴や井戸状に開口している縦穴(竪穴)などがある。洞口部では日光が差し込むこともあるが、氷河洞・雪渓洞などを除いて奥部は完全な暗黒となる。 内部の気温は、一般に洞窟がある外部の平均気温になり、内部は外部と較べると夏は涼しく・冬は暖かい。また地中であることも含め、一般に湿度が高い。水が湧き出る泉の奥や海面下にも水中洞窟があることがある。 広義には、自然にできた鍾乳洞や溶岩洞(熔岩洞)、海食洞などだけでなく、過去に人間によって掘られ、遺棄された古い穴や隧道跡なども含めることがある(人工洞窟)。 洞窟内に神仏を祭った例が各地にみられ(宮崎県鵜戸神宮、埼玉県橋立鍾乳洞など)、洞窟そのものをご神体とする例も多い。 用語としての洞穴と洞窟は、洞窟の方がやや多用される感もあるが、とくにこだわられない。日本の洞穴学研究の学会の名称は日本洞窟学会で、自然科学や人文科学/社会科学の関係分野、および探検技術の分野から成っている。 アラバマ洞窟(アメリカ合衆国).

新しい!!: ディナル・アルプス山脈と洞窟 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ディナリック・アルプスディナル・アルプスディナルアルプスディナルアルプス山脈ディナル山脈ディナール・アルプスディナール・アルプス山脈ディナールアルプスディナールアルプス山脈ディナール山脈ジナルアルプス山脈

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »