ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ディナ

索引 ディナ

ディナは、『旧約聖書』「創世記」に登場する人物。ヤコブとレアの間に生まれた娘である。名前はヘブライ語で「正義」「公正」という意味である。.

15 関係: いのちのことば社古代エジプトヤコブ (旧約聖書)ユダヤ教ヨセフレビレア (旧約聖書)ヘブライ語シメオン (ヤコブの子)シェケム割礼創世記聖書に登場する女性の一覧旧約聖書性的暴行

いのちのことば社

いのちのことば社(いのちのことばしゃ)は、スウェーデン同盟キリスト教団内で運営される組織の名称。 プロテスタント福音派系の出版社、超教派の文書伝道団体である。.

新しい!!: ディナといのちのことば社 · 続きを見る »

古代エジプト

古代エジプト(こだいエジプト、Ancient Egypt)は、古代のエジプトに対する呼称。具体的にどの時期を指すかについては様々な説が存在するが、この項においては紀元前3000年頃に始まった第1王朝から紀元前30年にプトレマイオス朝が共和制ローマによって滅ぼされるまでの時代を扱う。.

新しい!!: ディナと古代エジプト · 続きを見る »

ヤコブ (旧約聖書)

天使と格闘するヤコブ。 ヤコブ(: יעקב(ヤアコーブ)、: يعقوب(ヤアコーブ)、Jacob)は、旧約聖書の創世記に登場するヘブライ人の族長。別名をイスラエルといい、イスラエルの民すなわちユダヤ人はみなヤコブの子孫を称する。.

新しい!!: ディナとヤコブ (旧約聖書) · 続きを見る »

ユダヤ教

ダビデの星 ユダヤ教(ユダヤきょう、יהדות)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる。.

新しい!!: ディナとユダヤ教 · 続きを見る »

ヨセフ

ヨセフは、ヘブライ語起源の人名 (-) の日本語表記。ヨゼフとも書かれる。初出は旧約聖書の創世記。ヨセフの名の由来は、ユダヤ教ヘブライ語モーセ五書とキリスト教欽定訳聖書、口語訳聖書においては、ヤコブの妻ラケルが初めてみごもって男の子を産み、神が彼女の恥をすすいでくださった(אסף)ことにあやかってヨセフ(יוסף)と名づけたとされる。しかし、キリスト教新共同訳聖書では、ラケルが自分にもう一人男の子を加えて(יסף)くださいますようにと願っていたので、その子をヨセフと名付けたとしている。クルアーンにおいてはユースフ( - )。.

新しい!!: ディナとヨセフ · 続きを見る »

レビ

レビ(レヴィ、)は、旧約聖書の人物である。 ヤコブの三男で、レアのとの間の子。ハランに生まれる。 姉妹のディナがに強姦された報復として、兄のシメオンと共に、シュケムの息子を皆殺しにした。その後、父と共にエジプトに渡った。 を妻とし、3人の息子、、をもうけた。娘をもうけたとも。イスラエル12氏族の1つの祭司階級レビ族(レビ氏族・レビ支族・レビ人)の祖となった。 Category:旧約聖書の人物 Category:古代イスラエル・ユダ cs:Levita da:Levit de:Leviten hr:Levi (pleme) hu:Léviták sh:Levi (pleme) ta:லேவி கோத்திரம் th:เผ่าเลวี tl:Mga Lebita uk:Левіти.

新しい!!: ディナとレビ · 続きを見る »

レア (旧約聖書)

レア。 レア(Leah 、לֵאָה 、伝統音:Lēʼāh 、レーアー)は旧約聖書『創世記』に登場する女性。父はラバン。妹ラケルともどもヤコブ(イスラエル)の妻となり、ルベン、シメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン、ディナを産んだ。息子たちはイスラエル十二支族の祖となった。 名前はヘブライ語で「(徒労のあまり)疲労している者」を意味するが、Le ah と分離して「野生の雌牛」と解釈したり、アッカド語で「君主」あるいは「淑女」を表すカルデア系の名前とする説がある。.

新しい!!: ディナとレア (旧約聖書) · 続きを見る »

ヘブライ語

ヘブライ語(ヘブライご、עברית, Ivrit, Lingua Hebraea)は、アフロ・アジア語族のセム語派に属する北西セム語の一つ。ヘブル語とも呼ばれる。.

新しい!!: ディナとヘブライ語 · 続きを見る »

シメオン (ヤコブの子)

メオンとは、創世記によるとヤコブとレアの第二子であり、イスラエルの十二支族の内シメオン族の祖とされる。しかし、一部の聖書学者はこれをポストディクション、即ちイスラエル連合の各部族の関連性の起源を提供するためのエポニム、メタファーであるとして見ているPeake's commentary on the Bible ISBN 0415051479。聖書学者は、シメオン族は初期のイスラエル連合の一部であると聖書の著者に信じられていたと主張している。しかしながら、そのシメオン族は聖書の一部には書かれておらず(例えば、申命記第31章におけるモーセが死ぬ前にイスラエルの人々を祝福した言葉では、イスラエルの各部族に対してそれぞれ祝福の言葉がかけられるが、シメオンの名前は出てこない)、本文批評学者は例えばデボラの歌のように最も古いものであると主張し、また、一部の学者はシメオンが始めは個別の部族とは考えられていなかったと主張している。.

新しい!!: ディナとシメオン (ヤコブの子) · 続きを見る »

シェケム

ェケム(Shechem,または文字列שְׁכָם )は旧約聖書に登場する地名である。パレスチナの中央に位置し、今日のヨルダン川西岸地区におけるナーブルス(英語 Nablus,) )附近のテル・エル・バラータ(Tell Balata,)であるとされている。新約聖書時代のスカルであると言われる。 シェケムが最初に登場するのは、アブラハムがカランを出発してカナンに入ったときに、最初に滞在した場所の近くとしてである。モレ(Moreh)の樫の木がある場所で、主がアブラハムに現れて契約を更新された。アブラハムはそこに祭壇を築いて、そこから32km南のベテルに移動した。 ヤコブはパダン・アラムからの帰途の途上で、シェケムの前で宿営をした、ハモルの息子たちから土地を買って、祭壇を築き、エル・エロヘ・イスラエルと名付けた。ユダヤ人の伝承によるとその時にヤコブが井戸を掘り、それが、「ヤコブの泉」と呼ばれていると言われ、ヨハネの福音書第4章に登場する。 ヨセフの遺体はエジプトから運び出されてシェケムに葬られた。 イスラエルのカナン占領後に、ヨシュアは民をシェケムに招集して集会を開いた。民の歴史を回顧して、神とイスラエルの契約の証として、主の聖所のある樫の木の下に大きな石を立てた。 シェケムは後に、エフライム族とマナセ族の境界線になり、逃れの町、レビ人の町としてケハテの子らに与えられた。 ヤロブアム1世がシェケムにおいて北イスラエル王国を建国した。その後、しばらく北イスラエル王国の首都になった。しかし、南ユダ王国の攻撃を防ぐためにヤロブアム1世は首都をペヌエル、ティルツァに移した。 ホセアやエレミヤの時代もシェケムは重要な町であった。しかし、バビロン捕囚以降サマリアの中心的な町になったが、前108年ヨハネ・ヒルカノス1世によって破壊された。.

新しい!!: ディナとシェケム · 続きを見る »

割礼

割礼(かつれい)とは、男子の性器の包皮の一部を切除する風習。本項では主に文化・宗教との関わりについて述べる。.

新しい!!: ディナと割礼 · 続きを見る »

創世記

光と闇の分離 『創世記』(そうせいき、ヘブライ語:、ギリシア語:Γένεσις、)は、古代ヘブライ語によって記された、ユダヤ教、キリスト教の聖典で、イスラム教の啓典である聖書(旧約聖書)の最初の書であり、正典の一つである。写本が現存しており、モーセが著述したとされている。いわゆるモーセ五書は、ユダヤ教においてはトーラーと呼ばれている。 『創世記』はヘブライ語では冒頭の言葉を取って(ベレシート)と呼ばれているおり、これは「はじめに」を意味する。また、ギリシア語の七十人訳では、2章4節からとってΓένεσις(ゲネシス)と呼ばれており、「起源、誕生、創生、原因、開始、始まり、根源」の意である。.

新しい!!: ディナと創世記 · 続きを見る »

聖書に登場する女性の一覧

聖書に登場する女性の一覧(せいしょにとうじょうするじょせいのいちらん)は、聖書に登場する女性の一覧である。.

新しい!!: ディナと聖書に登場する女性の一覧 · 続きを見る »

旧約聖書

旧約聖書(きゅうやくせいしょ)は、ユダヤ教の聖典であるタナハを元に書かれたキリスト教の正典である。また、イスラム教においてもその一部(モーセ五書、詩篇)が啓典とされている。「旧約聖書」という呼称は旧約の成就としての『新約聖書』を持つキリスト教の立場からのもので、ユダヤ教ではこれが唯一の「聖書」である。そのためユダヤ教では旧約聖書とは呼ばれず、単に聖書と呼ばれる。『旧約聖書』は原則としてヘブライ語で記載され、一部にアラム語で記載されている。.

新しい!!: ディナと旧約聖書 · 続きを見る »

性的暴行

性的暴行(せいてきぼうこう)とは、自主的承諾なしのあらゆる性的な物理的接触である。強姦と同一視されがちであるが、強姦に比べると性的暴行ははるかに広い概念を含んでいる。 性的暴行は、いかなる場所であっても何者にも起きる可能性のある現象である。犯人は見知らぬ人、知人、上役、法人(拷問などの場合)、家族などあらゆる方面に及ぶ。男性及び女性は、同性及び異性のいずれに対しても性的暴行を行い得る。.

新しい!!: ディナと性的暴行 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »