ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

テオバルド2世 (ナバラ王)

索引 テオバルド2世 (ナバラ王)

テオバルド2世(スペイン語:Teobaldo II, 1238年頃 - 1270年12月4日)は、ナバラ王およびシャンパーニュ伯(在位:1253年 - 1270年)。シャンパーニュ伯としてはティボー5世(フランス語:Thibaud V)。「若年王」(el Joven)と呼ばれる。ナバラ王テオバルド1世(詩人王あるいは遺腹王。シャンパーニュ伯ティボー4世)とその3番目の妃マルガリータ・デ・ボルボーン(マルグリット・ド・ブルボン)の長男。.

20 関係: ナバラ君主一覧ナバラ王国チュニジアルイ9世 (フランス王)トラーパニブロワ家テオバルド1世 (ナバラ王)フランス王国フランス語イザベル・ド・フランス (ナバラ王妃)エンリケ1世 (ナバラ王)シチリアシャンパーニュ伯スペイン語第8回十字軍摂政1238年1253年1270年12月4日

ナバラ君主一覧

本項では、パンプローナ、後のナバラ王国の君主を一覧で列挙する。パンプローナはアラゴン王国(1076年 – 1134年)と合同する前の最初の王国の名前である。領域上の名称であるナバラが10世紀に代わって用いられるようになるが、パンプローナの名称は12世紀まで保持された。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とナバラ君主一覧 · 続きを見る »

ナバラ王国

ナバラ王国(ナバーラ王国とも、Nafarroako Erresuma、Reino de Navarra、Royaume de Navarre)は、中世のイベリア半島北東部パンプローナより興った王国。824年バスク人の首領アリスタがパンプローナで王として選ばれフランク王国に対する反乱を率いたことによる。ナバラの名は、7世紀のスペインでの西ゴート族の時代が終わりを告げた頃から登場している。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とナバラ王国 · 続きを見る »

チュニジア

チュニジア共和国(チュニジアきょうわこく、الجمهورية التونسية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⴷⵓⴷⴰ ⵏ ⵜⵓⵏⴻⵙ、République tunisienne)、通称チュニジアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制をとっている国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とチュニジア · 続きを見る »

ルイ9世 (フランス王)

ルイ9世(Louis IX, 1214年4月25日 - 1270年8月25日)は、フランス王国カペー朝第9代の国王(在位:1226年 - 1270年)。ルイ8世とカスティーリャ王アルフォンソ8世の娘ブランシュの子。死後、カトリック教会より列聖され、ここから、Saint-Louis(サン=ルイ)と呼ばれるようになった。これは日本語では聖ルイあるいは聖王ルイと訳される。米国の都市、セントルイス(ミズーリ州)の地名の由来ともなった(セントルイスはSaint-Louisを英語読みしたもの)。ブルボン家の先祖でもあり、同家の王の多くがルイを名乗るのも彼に由来すると思われる。同じく聖王と称されたカスティーリャ王フェルナンド3世は従兄。 内政に力を入れ長期の平和を保ったため、彼の治世の間、フランス王国は繁栄した。国内外を問わず、争いを収めるよう努力したためヨーロッパの調停者と呼ばれ、高潔で敬虔な人格から理想のキリスト教王と評価されている。ただ、宗教的情熱から2回の十字軍を行ったが、莫大な費用を費やし、自身も捕虜となるなど散々な負け戦を喫し、失敗に終わっている。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とルイ9世 (フランス王) · 続きを見る »

トラーパニ

トラーパニ(Trapani)は、イタリア共和国のシチリア島西部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約7万人の基礎自治体(コムーネ)。トラーパニ県の県都である。 地中海に面した港湾都市であり、沖合のエーガディ諸島や地中海沿岸各地へ向かうフェリーが発着する玄関口である。コムーネ単体の人口はマルサーラに次いで県内2位であるが、エーリチェのカーサ・サンタ地区とも市街地が連続しており、都市圏人口は約10万人である。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とトラーパニ · 続きを見る »

ブロワ家

ブロワ家(フランス語:maison de Blois)は、中世フランスの貴族の家系。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とブロワ家 · 続きを見る »

テオバルド1世 (ナバラ王)

テオバルド1世(Teobaldo I de Navarra, Thibaut Ier de Navarre, 1201年5月30日 – 1253年7月8日)は、フランスのシャンパーニュ伯(ティボー4世、在位:1201年 – 1253年)、後にナバラ王(在位1234年 – 1253年)。詩人王、遺腹王と呼ばれる。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とテオバルド1世 (ナバラ王) · 続きを見る »

フランス王国

フランス王国(フランスおうこく、Royaume de France)は、現在のフランス共和国の領域にかつて存在し、その前身となった王国。起源はフランク王国に遡り、「フランス王国」の名も「フランク王国」の発音が変化したものである。また、西フランク王国とフランス王国は同一の王国を指す歴史学上の別名であり、一般にはユーグ・カペーが西フランク王に即位した987年以降の西フランク王国を指して「フランス王国」と呼び、それ以前のフランス王国を指して西フランク王国と呼ぶ。これを前提とすると、1789年のフランス革命まで800年間、さらに1848年にオルレアン朝が倒れて王政が廃止されるまで、第一共和政・第一帝政期(1792年 - 1814年)を挟んで約840~860年間、存続したことになる。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とフランス王国 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とフランス語 · 続きを見る »

イザベル・ド・フランス (ナバラ王妃)

イザベル・ド・フランス(Isabelle de France, 1241年3月2日 - 1271年4月17日)は、フランス王ルイ9世と王妃マルグリット・ド・プロヴァンスの娘。フィリップ3世の姉で、ナバラ王テオバルド2世(兼シャンパーニュ伯ティボー5世)の妃。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とイザベル・ド・フランス (ナバラ王妃) · 続きを見る »

エンリケ1世 (ナバラ王)

ンリケ1世(スペイン語:Enrique I, 1244年頃 - 1274年7月22日)は、ナバラ王およびシャンパーニュ伯(在位:1270年 - 1274年)。シャンパーニュ伯としてはアンリ3世(フランス語:Henri III)。「肥満王」(スペイン語:el Gordo、フランス語:le Gros)と呼ばれる。ナバラ王テオバルド1世(シャンパーニュ伯ティボー4世)と妃マルグリット・ド・ブルボンの次男。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とエンリケ1世 (ナバラ王) · 続きを見る »

シチリア

チリア島(Sicilia, シチリア語: Sicìlia)は、イタリア半島の西南の地中海に位置するイタリア領の島。地中海最大の島である。 周辺の島を含めてシチリア自治州を構成している。この州はイタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はパレルモ。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とシチリア · 続きを見る »

シャンパーニュ伯

ャンパーニュ伯(comtes de Champagne)は、フランス王国のシャンパーニュ地方を1022年から1314年まで支配した領主、またはその称号。ヴェルマンドワ家の領したモー伯領と、ブルゴーニュ公家の領していたトロワ伯領の統合により成立し、ブロワ家のユーグの時に、正式にシャンパーニュ伯を称した。ブロワ伯と深く関係し、両方を兼ねるものも多かった。 チボー2世、アンリ1世の時代にフランス王家と抗争しながらも姻戚関係を深め、また領内に築かれたシャンパーニュ大市の保護者となることでフランス有数の諸侯となった。十字軍にも関わり、アンリ2世はエルサレム女王イザベル1世と結婚しエルサレム王となり、チボー3世は第4回十字軍の指導者に選ばれたが出発前に病没した。チボー4世の時に母系相続によりナバラ王を兼ねる。 1314年にナバラ王を兼ねていたルイが父フィリップ4世の跡を継ぎ、フランス王ルイ10世として即位した時、シャンパーニュ伯領は王領に組み込まれた。以降、同地の代官が儀礼的爵位としてシャンパーニュ伯を名乗った。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とシャンパーニュ伯 · 続きを見る »

スペイン語

ペイン語(スペインご、)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)とスペイン語 · 続きを見る »

第8回十字軍

チュニスの包囲 第8回十字軍(だい8かいじゅうじぐん、1270年)は、フランス王ルイ9世が主導した十字軍。イスラム教国であるチュニジアを攻撃したが、飲み水の劣悪さや暑さにより病気がはびこり、ルイ9世も死去したため撤退した。 第7回十字軍の失敗の後、ルイ9世は内政に励んできたが、健康の不調で先が長くないと感じ、死ぬ前に再び十字軍を起こすことを望んだ。この間にマムルーク朝スルタンとなったバイバルスは、シリアにおけるキリスト教都市の大部分を征服しており、アッコン、トリポリ等がキリスト教側に残るのみだった。 ルイ9世の弟で、ホーエンシュタウフェン朝を滅ぼしシチリア王となっていた野心家のシャルル・ダンジューは、自己の勢力拡大のため、かつてシチリア王国に貢納していたがその後自立したハフス朝チュニジアの征服を提案した。チュニジアのスルタンは、以前からカタルーニャやイタリアのキリスト教徒との付き合いがあり、キリスト教への改宗も考えているといわれており、ルイ9世はそれを支援してチュニジアを十字軍の供給基地にしようと考えた。 しかし、十字軍がチュニジアに上陸すると現地勢力の抵抗を受け、滞陣中に飲み水の劣悪さや暑さにより病気が蔓延しだし、8月にルイ9世が没した他、娘婿のナバラ王テオバルド2世が帰途シチリアで没するなど、死亡者が相次いだ。シャルルと王太子フィリップ(フィリップ3世)は10月まで滞陣し、チュニジアとの貿易の回復、キリスト教徒の保護、賠償金等の条件でスルタンと和睦した。フィリップはフランスに戻り、シャルルは新たに到着したイングランド王太子エドワード(エドワード1世)と共にアッコンへ向かった(これを第9回十字軍と呼ぶことがある)。 8 Category:チュニジアの歴史 Category:13世紀の戦争 Category:1270年.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)と第8回十字軍 · 続きを見る »

摂政

摂政(せっしょう、英:Regent)とは、君主制を採る国家において、君主が幼少、女性、病弱、不在などの理由でその任務(政務や儀式)を行うことが出来ない時、君主に代わってそれを行う(政を摂る)こと、またはその役職のことである。 多くの場合、君主の後継者(皇太子など)、兄弟、母親、あるいは母方の祖父や叔父などの外戚が就任する。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)と摂政 · 続きを見る »

1238年

記載なし。

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)と1238年 · 続きを見る »

1253年

記載なし。

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)と1253年 · 続きを見る »

1270年

記載なし。

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)と1270年 · 続きを見る »

12月4日

12月4日(じゅうにがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から338日目(閏年では339日目)にあたり、年末まであと27日ある。.

新しい!!: テオバルド2世 (ナバラ王)と12月4日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

テオバルド2世

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »