ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ツマンスキー R-15

索引 ツマンスキー R-15

ユーズ / ツマンスキー R-15BD-300 は軸流式のアフターバーナー付単軸ターボジェットエンジンである。.

13 関係: チタンラムジェットエンジンツマンスキー設計局アフターバーナースーパークルーズソビエト連邦ターボジェットエンジンサージング冷戦西側諸国重量キログラムMiG-25 (航空機)1960年代

チタン

二酸化チタン粉末(最も広く使用されているチタン化合物) チタン製指輪 (酸化皮膜技術で色彩を制御) チタン(Titan 、titanium 、titanium)は、原子番号22の元素。元素記号は Ti。第4族元素(チタン族元素)の一つで、金属光沢を持つ遷移元素である。 地球を構成する地殻の成分として9番目に多い元素(金属としてはアルミニウム、鉄、マグネシウムに次ぐ4番目)で、遷移元素としては鉄に次ぐ。普通に見られる造岩鉱物であるルチルやチタン鉄鉱といった鉱物の主成分である。自然界の存在は豊富であるが、さほど高くない集積度や製錬の難しさから、金属として広く用いられる様になったのは比較的最近(1950年代)である。 チタンの性質は化学的・物理的にジルコニウムに近い。酸化物である酸化チタン(IV)は非常に安定な化合物で、白色顔料として利用され、また光触媒としての性質を持つ。この性質が金属チタンの貴金属に匹敵する耐食性や安定性をもたらしている。(水溶液中の実際的安定順位は、ロジウム、ニオブ、タンタル、金、イリジウム、白金に次ぐ7番目。銀、銅より優れる) 貴金属が元素番号第5周期以降に所属する重金属である一方でチタンのみが第4周期に属する軽い金属である(鋼鉄の半分)。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とチタン · 続きを見る »

ラムジェットエンジン

ラムジェットエンジンの構造 ラムジェットエンジン(Ramjet engine)は、ジェットエンジンの一種であり、一般には吸入した空気をラム圧(ram)により圧縮し、そこに燃料を噴射して燃焼させた排気の反動で推進力を得る。その構造より、英語ではストーブパイプエンジンとも呼ばれる。ターボジェットエンジンより構造が簡易・軽量になる利点がある。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とラムジェットエンジン · 続きを見る »

ツマンスキー設計局

ツマンスキー設計局(Опытное конструкторское бюро Туманский、第300設計局、OKB-300)は ソビエトの主任航空機エンジン設計者セルゲイ・コンスタンチノヴィチ・ツマンスキーに由来する設計局である。1956年にミクーリン設計局のゼネラルデザイナーにツマンスキーがなったことで設計局の名称が改称され設立した。これに伴い、ミクーリンで設計中であったRD-9も名称が変更されている。1964年に設計局は第300工場、第500設計局と合併した。これが現在のである。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とツマンスキー設計局 · 続きを見る »

アフターバーナー

アフターバーナー (afterburner, A/B) は、ジェットエンジンの排気に対してもう一度燃料を吹きつけて燃焼させ、高推力を得る装置である。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とアフターバーナー · 続きを見る »

スーパークルーズ

ーパークルーズ(supercruise、超音速巡航)とは、航空機が超音速で長時間の飛行、すなわち巡航を行うことである。2000年代現在の新型戦闘機に要求されることもあり、F-22やユーロファイター タイフーンなどがこの能力を備えている。これらの機体は燃料を浪費するアフターバーナー(以下A/B)を使用せずとも超音速飛行が可能であり、結果として長時間にわたった超音速飛行が可能になっている。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とスーパークルーズ · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とソビエト連邦 · 続きを見る »

ターボジェットエンジン

ターボジェットエンジン(Turbojet engine)はジェットエンジンの一種。ターボファンエンジンやターボプロップエンジンに対し、レトロニムとしてピュアジェットエンジンとも言われる。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とターボジェットエンジン · 続きを見る »

サージング

ージング (Surging) とは、ジェットエンジンなどの圧縮機を有する機器が圧縮機の失速、後段の圧縮空気が前段に向かって逆流する等によって正常に機能しなくなる現象である。圧縮機失速 (Compressor stall) を誘発することがある。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とサージング · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: ツマンスキー R-15と冷戦 · 続きを見る »

西側諸国

西側諸国(にしがわしょこく、西側、資本主義陣営、自由主義陣営とも、英語:Western Bloc、ウェスタンブロック)とは、冷戦中、アメリカ合衆国(アメリカ)を中心とする資本主義陣営に属した国々のことを言う。対する陣営はソビエト連邦(ソ連)などを中心とした東側諸国。 ここでいう西側は、ヨーロッパにおける資本主義陣営と共産主義陣営の境界が東西ドイツを境にしている事に由来するが、実際には欧州東部にも西側諸国は存在した(トルコ、ギリシャ)他、欧州以外のその他の地域では、属する陣営と地理上の東西が反転することもあった。 西側各国はアメリカとの単独・多国間の政治・軍事的保障条約に組み込まれた。それらの機構として有名なものは、北大西洋条約機構(NATO)、米州機構(OAS)などがある。.

新しい!!: ツマンスキー R-15と西側諸国 · 続きを見る »

重量キログラム

重量キログラム(じゅうりょうキログラム)は、MKS重力単位系における重さおよび力の単位である。重力キログラム(じゅうりょくキログラム)、キログラム重(キログラムじゅう)とも称する。記号は、kgf (kilogram-force) 、kgw (kilogram-weight) 、ドイツなど一部ヨーロッパ諸国はkp(ドイツ語:Kilopond)、を用いる。.

新しい!!: ツマンスキー R-15と重量キログラム · 続きを見る »

MiG-25 (航空機)

R-40 ミサイルを搭載した MiG-25PD MiG-25 (МиГ-25) はソビエト連邦のミグ設計局が国土防空軍向けに開発したマッハ 3 級の航空機。迎撃戦闘機型と偵察機型、敵防空網制圧型および練習機型があった。北大西洋条約機構 (NATO) がつけたNATOコードネームはフォックスバット である。 なお、当時の冷戦構造の下では西側諸国が入手できた旧ソ連の情報は限られていたため、トゥシノ航空ショーで存在が初公表されてからしばらくの間、この機体はMiG-23にあたるのではないかという観測が西側の間に存在していた。当機種がMiG-25であると広く認識されたのは、後述のベレンコ中尉亡命事件以降の事である。また、マッハ3級の実用戦闘機は、後にも先にも本機だけである。.

新しい!!: ツマンスキー R-15とMiG-25 (航空機) · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: ツマンスキー R-15と1960年代 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »