ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

チュクチ語

索引 チュクチ語

チュクチ語(チュコト語、ルオラベトラン語、チュクチャ語ともいう)はシベリア最東端の主にチュクチ半島に住む、2001年現在で約10,400人のチュクチ人が話す古シベリア諸語の一つ。 ユネスコの Red Book に危機に瀕する言語として記載されている。 コリャーク語(またはコリヤーク語:話者は2001年時点で約5200人とチュクチ語の半数)に近縁な言語で、これに加えアリュートル語、ケレク語およびイテリメン語と共にチュクチ・カムチャツカ語族を形成する(ただし最後のイテリメン語については別系統であるとの論議もある)。 チュクチとコリャークはトナカイの群れに基づく経済で文化ユニットを形成しており、ともにロシア連邦内で自治区を持っている。ロシア語の Chukchi はチュクチ語で「豊富なトナカイ」を意味する Chauchu から来ている。 表記にはロシアで用いられるキリル文字に「 Ӄ」「ӄ」 と「 Ӈ」「ӈ」の2文字及び記号「ʼ」を加えたものが使用されている。また、特定の子音の発音が男女で異なり、 「r」や 「rk」を男性は そのまま「r」「rk」と発音するが、 女性は 「ts」と発音し、例えば セイウチ を意味する単語を、男性は「rərkə」、女性は「tsətsə」と発音する。 かつては北東シベリアにおける中心的な言語であり、周辺の各民族の媒介語としても使用されたが、ロシア人の入植・流入によって徐々に勢力を弱め、特に1950年代以降の出稼ぎロシア人の大量流入によってロシア語の母語化傾向が加速した。2000年代初頭では、若い人で流暢なチュクチ語を話せる者は少ないとされ、これは周辺の各少数言語と共通した状況である。.

18 関係: 危機に瀕する言語古シベリア諸語チュクチチュクチ半島チュクチ・カムチャツカ語族チュクチ自治管区ロシア語トナカイアリュートル語イテリメン語キリル文字ケレク語コリャーク語シベリアセイウチ国際連合教育科学文化機関2001年2002年全ロシア国勢調査

危機に瀕する言語

危機に瀕する言語(ききにひんするげんご)は、母語話者がいなくなることで消滅(死語化)の危機にある言語である。危機言語とも言われる。.

新しい!!: チュクチ語と危機に瀕する言語 · 続きを見る »

古シベリア諸語

古シベリア諸語(こシベリアしょご)は、シベリアで話されている孤立した言語や小さな語族をまとめて指す用語である。古アジア諸語、旧シベリア諸語、旧アジア諸語、オホーツク諸語ともいう。相互の系統関係はない。 現在のシベリアでは主としてツングース諸語やテュルク諸語、ウラル諸語が話されている(さらにロシア語に代わりつつある)が、それ以前には古シベリア諸語が広く話されていたかもしれない。.

新しい!!: チュクチ語と古シベリア諸語 · 続きを見る »

チュクチ

チュクチ(、Chukchi people)は、ロシアのシベリア北東の端のチュクチ半島(ツンドラ地帯)に住む民族。 その総人口はおよそ1万6千人で、旧シベリア諸語(古アジア諸語・オホーツク諸語)に属するチュクチ語を話す。.

新しい!!: チュクチ語とチュクチ · 続きを見る »

チュクチ半島

チュクチ半島(チュクチはんとう、Чукотский полуостров,, Chukchi Peninsula)は、およそ北緯66度、西経172度にあって、アジアの北東の極地、ユーラシア大陸の最東端の半島である(#自然地理)。チュコト半島()ともいう。全域がロシア領で人口希薄(#人文地理)。脆弱な生態系が危機にさらされているという指摘もある(#環境問題)。.

新しい!!: チュクチ語とチュクチ半島 · 続きを見る »

チュクチ・カムチャツカ語族

チュクチ・カムチャツカ語族はシベリア北東端部のチュコト半島からカムチャツカ半島にかけて話されている、いわゆる古シベリア諸語(古アジア諸語)に含まれる言語からなる語族。ルオラヴェトラン諸語とも。.

新しい!!: チュクチ語とチュクチ・カムチャツカ語族 · 続きを見る »

チュクチ自治管区

チュクチ自治管区(チュクチじちかんかく、Чуко́тка, Чукотский автономный округ)はロシア極東連邦管区の北東端に位置する自治管区。面積は、737,700km²。人口は、約53,000人。州都はアナディリ。 ロシアの中でも厳しい大自然の土地として知られている。.

新しい!!: チュクチ語とチュクチ自治管区 · 続きを見る »

ロシア語

ア語(ロシアご、русский язык )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。.

新しい!!: チュクチ語とロシア語 · 続きを見る »

トナカイ

トナカイ(tunakkay、学名: )は、哺乳綱鯨偶蹄目シカ科(シカ)トナカイ属の1種である。本種のみでトナカイ属を形成する。別名、馴鹿(じゅんろく)。英語では という。北アメリカで生息する個体は、カリブー()と呼ばれる。.

新しい!!: チュクチ語とトナカイ · 続きを見る »

アリュートル語

アリュートル語(アリュートルご、Alyutor language)はカムチャツカ半島北部のコリャーク管区に住むアリュートル人が話す古シベリア諸語の一つ。チュクチ語、コリャーク語およびイテリメン語と共にチュクチ・カムチャツカ語族を形成する(ただし最後のイテリメン語については別系統であるとの論議もある)。 2000年にアリュートル人が独立した民族としてロシア政府により認められる以前は、コリャーク語の一方言とされてきた。 正書法はまだない。 複統合的な言語であり、動詞が多数の形態素から形成され、文に相当するような意味を表現しうる。また、抱合的でもあり、他動詞が目的語を抱合し、新たな語幹を形成する。 他動詞の目的語と自動詞の主語が共通の格(絶対格)で示され、他動詞の主語が能格で示される(能格言語と呼ぶ)。.

新しい!!: チュクチ語とアリュートル語 · 続きを見る »

イテリメン語

イテリメン語(, )は、古シベリア諸語の一つでカムチャツカ半島西部に住むイテリメン族の固有言語。イテリメンが自称であるが、かつてはカムチャダール語とも呼ばれた。チュクチ・カムチャツカ語族に含められるが、他の言語とは大きく異なり、別語族とする説もある。 話者は年配者ですでにコリヤーク管区に住む数十人しかなく、それ以外の人(3千人以上)は専らロシア語を使っている。しかし現地の教育で取り上げられ復活が試みられている。かつてはカムチャツカ東部・西部・南部の3方言があったが、今は西部方言しか残っていない。 カムチャツカ半島には17世紀からロシア人(コサック)が入植し、イテリメン族を圧迫し、また同化したため、イテリメン語とロシア語とのクレオール言語(これがカムチャダールとも呼ばれた)も発達した。現在のイテリメン語も、ロシア語から強い影響を受け、数詞なども借用語を用いている。19世紀からソビエト時代にかけてさらに同化政策が進められ、1930年代には専らロシア語による教育が行われた。この頃にラテン文字を用いてイテリメン語が記されるようになったが、普及しなかった。現在は1986年に制定されたキリル文字(32字)が用いられている。 同語族とされる他言語(破裂音・破擦音には無声音、摩擦音には有声音しかない)に比較すると子音の種類が多く、破裂音・破擦音には放出音系列があり、摩擦音には無声音と有声音の系列がある。母音は5または6種類で、母音調和がある。.

新しい!!: チュクチ語とイテリメン語 · 続きを見る »

キリル文字

リル文字(キリルもじ、Кириллица、Cyrillic alphabet、キリール文字とも)は、主にスラヴ諸語を表記するのに用いられる表音文字の体系の一種である。日本等では特にロシア語の文字として知られ、ロシア語で使う 33 文字(大文字小文字を同一視して)は、ロシア文字とも呼ばれる。しかし、キリル文字はブルガリア語やセルビア語をはじめとする多くの言語で使用されており、文字もそれぞれ微妙に異なる。そして、キリル文字発祥の地はブルガリアであるとされるため、キリル文字の総称としてロシア文字と呼ぶのは不適当である。.

新しい!!: チュクチ語とキリル文字 · 続きを見る »

ケレク語

レク語(Kerek)はチュクチ・カムチャツカ語族の絶滅した言語である。歴史言語学者はこの言語をコリヤーク語と近縁と位置付けている。 1997年には2人の話者しか生存しておらず、2005年までに絶滅したと考えられる。2010年の国勢調査では, ケレク語を知ると主張する人は10人いるが、非母語話者であり、部分的にしか話せず、民族から受け継いだ母語としての話者を主張する者はいない。20世紀の間、多くのが、当地域の多数派民族の言語であるチュクチ語に言語交替を起こし、さらに現在ではほとんどのチュクチ人とケレク人はロシア語を話す。.

新しい!!: チュクチ語とケレク語 · 続きを見る »

コリャーク語

リャーク語(コリャークご、)はチュクチ・カムチャツカ語族に属する言語である。話者はカムチャツカ地方に居住するコリャーク人である。.

新しい!!: チュクチ語とコリャーク語 · 続きを見る »

シベリア

       シベリア連邦管区        シベリア        広義の(歴史的)シベリア シベリア(Siberia 、Сибирь )は、ロシア連邦領内のおよそウラル山脈分水嶺以東の北アジア地域である。漢字表記で西比利亜又は西伯利亜とも書く。かつては日本語でシベリヤという表記も多くみられた。シベリアの名称はシビル・ハン国に由来する。 一般的には極東分水嶺(サハ共和国東縁)より東の日本海・オホーツク海など沿岸地域(極東ロシア)は含まないが、広義には含めることもある。ロシア連邦所属の共和国・自治管区は存在するが、独立国家は存在しない。主な都市として、西から、オムスク、ノヴォシビルスク、クラスノヤルスク、イルクーツク、ヤクーツクがある。広義のシベリアはさらに、エカテリンブルク、ハバロフスク、ウラジオストクを含む。人口最大の都市はノヴォシビルスク。現在ではロシア語話者が人口の大半を占めるが、サハ語などのテュルク諸語や、ウラル語族に属する言語が多く分布している。.

新しい!!: チュクチ語とシベリア · 続きを見る »

セイウチ

イウチ(海象、Odobenus rosmarus)は、食肉目セイウチ科セイウチ属に分類される鰭脚類。本種のみでセイウチ科セイウチ属を形成する。名はロシア語でトドを意味する「シヴーチ」 に由来する。なおロシア語では「モールシュ」 と呼ぶ。.

新しい!!: チュクチ語とセイウチ · 続きを見る »

国際連合教育科学文化機関

フランス、パリのユネスコ本部庁舎と平和の庭園(日本庭園) 日本ユネスコ国内委員会が入居する東京都の霞が関コモンゲート東館(右側) 国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関である。 1945年11月に44カ国の代表が集い、イギリス・ロンドンで開催された国連会議 "United Nations Conference for the establishment of an educational and cultural organization" (ECO/CONF)において11月16日に採択された 「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された。 分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である(米国は拠出金支払いを全額停止しているため、実質的に最大の拠出国は日本であるなおアメリカは2018年12月31日付でのユネスコ脱退を表明している。)。.

新しい!!: チュクチ語と国際連合教育科学文化機関 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: チュクチ語と2001年 · 続きを見る »

2002年全ロシア国勢調査

2002年全ロシア国勢調査票(簡易調査プログラム) 2002年全ロシア国勢調査(Всеросси́йская пе́репись населе́ния 2002 го́да)は2002年10月9日から10月16日まで、ロシア連邦民およびロシア連邦内の外国人・無国籍者を対象に連邦国家統計局が行った国勢調査。 国際連合の基準では国勢調査の間隔は10年であるが、先回の国勢調査は共産党時代で、1989年1月に行われた。 この調査には48億ルーブルかかった。.

新しい!!: チュクチ語と2002年全ロシア国勢調査 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

CKTチュクチャ語ルオラベトラン語

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »