ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

チャールズ・ハチェット

索引 チャールズ・ハチェット

チャールズ・ハチェット チャールズ・ハチェット(Charles Hatchett、1765年1月2日 - 1847年3月10日)はニオブを発見したイギリスの化学者である。1797年に王立協会のフェローに選出され、1798年にコプリ・メダルを受賞した。 ニオブの発見はハチェットが大英博物館で働いていた時、博物館のコレクションである新大陸の鉱物コロンバイト(columbite)を分析して、新しい元素が含まれていることを発見し、コロンビウムと命名し王立協会で1801年11月26日に発表した。ニオブは1846年に、ハインリヒ・ローゼとジャン・マリニャックによって再発見され、発見者や元素名に冠するの論争の末、1949年、IUPACにより名称がニオブに統合された。 ハチェットはその後、化学の研究をやめ、家業の馬車製造業の経営に専念した。 イギリス金属学会は1979年からニオブやその合金に関する最も優れた論文に対して贈る、チャールズ・ハチェット賞を設けた。.

12 関係: 大英博物館ハインリヒ・ローゼニオブコプリ・メダルジャン・マリニャック国際純正・応用化学連合王立協会王立協会フェロー1765年1847年1月2日3月10日

大英博物館

大英博物館(だいえいはくぶつかん、British Museum)は、イギリス・ロンドンにある博物館である。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットと大英博物館 · 続きを見る »

ハインリヒ・ローゼ

ハインリヒ・ローゼ(、1795年8月6日 – 1864年1月27日)はドイツの鉱物学者、分析化学者である。1846年に新元素ニオブを再発見し、ギリシャ神話のタンタロスの娘ニオベーにちなんでニオブと命名した。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットとハインリヒ・ローゼ · 続きを見る »

ニオブ

ニオブ(niobium Niob )は原子番号41の元素。元素記号は Nb。バナジウム族元素の1つ。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットとニオブ · 続きを見る »

コプリ・メダル

プリ・メダル()は 科学業績に対して贈られる最も歴史の古い賞である。イギリス王立協会によって1731年に創立され、毎年贈られている。 裕福な地主で1761年に王立協会のメンバーになったゴッドフリー・コプリ卿の基金をもとに設立された。物理学、生物学の分野の研究者に贈られ、受賞者は協会のフェローあるいは外国人会員に選出される。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットとコプリ・メダル · 続きを見る »

ジャン・マリニャック

ャン・シャルル・ガリサール・ド・マリニャック(Jean Charles Galissard de Marignacもしくは、Jean Charles Galinard de Marignac、 1817年4月24日 - 1894年4月15日)はスイスの化学者である。希土類元素の発見や、多数の元素の原子量の精密な決定に業績を残した。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットとジャン・マリニャック · 続きを見る »

国際純正・応用化学連合

国際純正・応用化学連合(こくさいじゅんせい・おうようかがくれんごう、International Union of Pure and Applied Chemistry、IUPAC)は、各国の化学者を代表する国内組織の連合である国際科学会議の参加組織である。IUPACの事務局はノースカロライナ大学チャペルヒル校・デューク大学・ノースカロライナ州立大学が牽引するリサーチ・トライアングル・パーク(アメリカ合衆国ノースカロライナ州)にある。また、本部は、スイスのチューリッヒにある。。2012年8月1日現在の事務局長は、ジョン・ピーターソンが務めている。 IUPACは、1919年に国際応用化学協会(International Association of Chemical Societies)を引き継いで設立された。会員となる各国の組織は、各国の化学会や科学アカデミー、または化学者を代表するその他の組織である。54カ国の組織と3つの関連組織が参加している。IUPACの内部組織である命名法委員会は、元素や化合物の命名の標準(IUPAC命名法)として世界的な権威として認知されている。創設以来、IUPACは、各々の責任を持つ多くの異なる委員会によって運営されてきた retrieved 15 April 2010。これらの委員会は、命名法の標準化を含む多くのプロジェクトを走らせ retrieved 15 April 2010、化学を国際化する道を探し retrieved 15 April 2010、また出版活動を行っている retrieved 15 April 2010 retrieved 15 April 2010。 IUPACは、化学やその他の分野での命名法の標準化で知られているが、IUPACは、化学、生物学、物理学を含む多くの分野の出版物を発行している。これらの分野でIUPACが行った重要な仕事には、核酸塩基配列コード名の標準化や、環境科学者や化学者、物理学物のための本の出版、科学教育の改善の主導等である 9 July 2009. Retrieved on 17 February 2010. Retrieved 15 April 2010。また、最古の委員会の1つであるによる元素の原子量の標準化によっても知られている。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットと国際純正・応用化学連合 · 続きを見る »

王立協会

イヤル・ソサイエティ(Royal Society)は、現存する最も古い科学学会。1660年に国王チャールズ2世の勅許を得て設立された。正式名称は"The President, Council, and Fellows of the Royal Society of London for Improving Natural Knowledge"(自然知識を促進するためのロンドン王立協会)。日本語訳ではロンドン王立協会(-おうりつきょうかい)、王立学会(おうりつがっかい)など。 この会は任意団体ではあるが、イギリスの事実上の学士院(アカデミー)としてイギリスにおける科学者の団体の頂点にあたる。また、科学審議会(Science Council)の一翼をになうことによって、イギリスの科学の運営および行政にも大いに影響をもっている。1782年創立の王立アイルランドアカデミーと密接な関係があり、1783年創立のエジンバラ王立協会とは関係が薄い。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットと王立協会 · 続きを見る »

王立協会フェロー

王立協会フェロー(おうりつきょうかいフェロー、Fellowship of the Royal Society)は、「数学・工学・医学を含む自然知識の向上への多大な貢献」をした個人に対して、ロンドンの王立協会から付与される賞およびフェローシップ(会員資格)である。 最古の科学アカデミーである王立協会のフェローシップは、歴史上、多くの有名な科学者に与えられた重要な名誉である。フェローには、アイザック・ニュートン(1672年)、チャールズ・ダーウィン(1839年)、マイケル・ファラデー(1824年)、アーネスト・ラザフォード(1903年)、シュリニヴァーサ・ラマヌジャン(1919年)、アルベルト・アインシュタイン(1921年)、ウィンストン・チャーチル(1941年)、スブラマニアン・チャンドラセカール(1944年)、ドロシー・ホジキン(1947年)、アラン・チューリング(1951年)、フランシス・クリック(1959年)などがいる。現在では、スティーヴン・ホーキング(1974年)、ティモシー・ハント(1991年)、エリザベス・H・ブラックバーン(1992年)、ティム・バーナーズ=リー(2001年)、ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン(2003年)、 アンドレ・ガイム(2007年)、ジェームズ・ダイソン(2015年)、(2015年)を始めとして合計8000人以上がフェローとなり、1900年以降で280人以上のノーベル賞受賞者のフェローがいる。2016年現在、約1600名の存命のフェロー(外国人会員・名誉フェローを含む)がいる。 王立協会のフェローシップはガーディアン紙によると「オスカー特別功労賞に匹敵する名誉」とされ、受賞者が所属する研究機関はその名誉を広報するのが普通である。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットと王立協会フェロー · 続きを見る »

1765年

記載なし。

新しい!!: チャールズ・ハチェットと1765年 · 続きを見る »

1847年

記載なし。

新しい!!: チャールズ・ハチェットと1847年 · 続きを見る »

1月2日

1月2日(いちがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から2日目に当たり、年末まであと363日(閏年では364日)ある。誕生花は孟宗竹、または蝋梅。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットと1月2日 · 続きを見る »

3月10日

3月10日(さんがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から69日目(閏年では70日目)にあたり、年末まであと296日ある。.

新しい!!: チャールズ・ハチェットと3月10日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »