ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

チェスプレーヤーの一覧

索引 チェスプレーヤーの一覧

チェスプレーヤーの一覧(-のいちらん)は、チェスプレーヤーを国籍に関係なくファミリーネーム(名字)のアルファベット順に並べた一覧である。またプロブレミスト、元プレーヤーの団体役員等も含む。但し特筆性を満たさないプレーヤーはこの一覧に含まない。国籍別の一覧は国別のチェスプレーヤーのカテゴリを参照。.

98 関係: 名字坂口允彦大山康晴宮坂幸雄小島慎也小野五平上杉晋作人名ナナ・アレクサンドリアミハイル・ボトヴィニクミハイル・タリミルコ・ボボツォフミロスラヴ・フィリップマルセル・デュシャンマックス・エーワマイケル・アダムス (チェス)マグヌス・カールセンチェスチェスの世界チャンピオン一覧チグラン・ペトロシアンハンナ・マリー・クレックポール・モーフィーユディット・ポルガーヨハン・アルガイエルリュボミィル・リュボエビッチルイ・ロペス・デ・セグラルイ・ド・ラ・ブルドンネルスラン・ポノマリョフルスタム・カシムジャノフロバート・バーンローター・シュミットロベルト・ヒュプナーワシリー・スミスロフヴィルヘルム・シュタイニッツヴィクトール・コルチノイヴィスワナータン・アーナンドボヤン・クライツァボリス・スパスキーボビー・フィッシャーヘンリー・バックルブルーノ・パルマパメラ・マングローラルパウリ・ケレスヒカル・ナカムラデミス・ハサビスフランク・マーシャル (チェスプレーヤー)フランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドールホセ・ラウル・カパブランカダヴォール・パロベント・ラーセン...ベセリン・トパロフアナトリー・カルポフアレクサンドラ・コステニュークアレクサンドル・モロズアレクサンドル・デシャペルアレクサンドル・アレヒンアレクサンドル・カリフマンアレクサンドル・グリシチュークアロン・ニムゾヴィッチアンドール・リリエンタールアドルフ・アンデルセンウラジーミル・トゥクマコフウラジーミル・クラムニクエマーヌエール・ラスカーエディ・ハンドコエドワード・ラスカーエクトル・ロセットカール2世 (ブラウンシュヴァイク公)ガルリ・カスパロフガイオズ・ニガリジェキルサン・イリュムジーノフケネス・ロゴフゲオルギー・アグザモフコーネル・ヒュー・オドネル・アレグザンダーシュフラト・サフィンジュリオ・ポレリオジョージ・ゴシップジョアッキーノ・グレコジョエル・ローティエジークベルト・タラッシュズデンコ・コジュルセルゲイ・カヤキンサミュエル・ハーマン・レシェフスキーサム・ロイドサボー・ラースロー (チェスプレイヤー)全日本チェス選手権国際チェス連盟のタイトル羽生善治青嶋未来許イク華諸宸若島正東公平森内俊之権田源太郎渡井美代子渡辺暁有田謙二 インデックスを展開 (48 もっと) »

名字

名字(みょうじ、苗字)は、家(家系、家族)の名のこと。法律上は氏と呼ばれ(民法750条、790条など)、一般には姓ともいう。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と名字 · 続きを見る »

坂口允彦

坂口 允彦(さかぐち のぶひこ、1908年(明治41年)12月10日 - 1990年(平成2年)1月18日)は、将棋棋士。九段。棋士番号10。日本将棋連盟会長。花田長太郎九段門下。北海道沙流郡日高町出身『勝負師の門』、195頁。。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と坂口允彦 · 続きを見る »

大山康晴

大山 康晴(おおやま やすはる、1923年(大正12年)3月13日 - 1992年(平成4年)7月26日)は、将棋棋士。十五世名人。棋士番号26。木見金治郎九段門下。 主な記録としては、公式タイトル獲得80期(歴代2位)、一般棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)等がある。十五世名人・永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将の5つの永世称号を保持。 順位戦A級に在籍しながら、1977年(昭和52年)から1988年(昭和63年)まで日本将棋連盟会長を務めた。弟子には有吉道夫、中田功、行方尚史などがいる。1990年(平成2年)には将棋界から初めて文化功労者に選ばれた。正四位勲二等瑞宝章。岡山県倉敷市出身で、倉敷市および青森県上北郡おいらせ町の名誉市民・名誉町民。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と大山康晴 · 続きを見る »

宮坂幸雄

宮坂 幸雄(みやさか ゆきお、1929年11月30日 - )は、将棋棋士。1999年引退。九段(2002年)。塚田正夫名誉十段門下。棋士番号は65。東京都出身。2009年、盤寿。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と宮坂幸雄 · 続きを見る »

小島慎也

小島 慎也(こじま しんや、1988年11月15日 - )は、日本のチェスプレーヤー。2013年9月18日における世界ランキングでは4722位。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と小島慎也 · 続きを見る »

小野五平

小野 五平(おの ごへい、天保2年10月6日(1831年11月9日) - 大正10年(1921年)1月29日)は、江戸時代から明治・大正時代にかけての将棋指し・将棋棋士、十二世名人。通説では天野宗歩門下とされるが、日本将棋連盟の見解では十一代大橋宗桂の門下である。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と小野五平 · 続きを見る »

上杉晋作

上杉 晋作(うえすぎ しんさく、1991年(平成3年)4月17日 - )は日本の男性チェスプレーヤー。FIDEマスター(FM、世界チェス連盟マスター)。日本での段位は6段。2007年(平成19年)5月第40回全日本チェス選手権全国大会において高校1年生で史上最年少優勝、第40代全日本チャンピオン。2008年11月第38回チェス・オリンピアード、ドレスデン大会日本代表。2010年4月全米高校生チャンピオン。函館チェスサークル名誉会員。 京都府京都市生まれ。2000年3月よりアメリカ在住。2010年6月メリーランド州モンゴメリー郡ウィンストン・チャーチル高等学校卒業、2014年5月カリフォルニア大学バークレー校卒業。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と上杉晋作 · 続きを見る »

人名

人名(じんめい)は、特定の人間社会において特定の個人を弁別するために使用される言語的表現又は記号の一つ。 山田太郎。典型的な形式の日本人の名前として、書類の記入例などに良く用いられる。なお「太郎」とは江戸期以前の、仮名(けみょう)の内の輩行名(はいこうめい)に由来する。 その人物の家族や家系、地域など共同体への帰属、信仰や願い、職掌、あるいは一連の音の繋がりなどをもって、人(ひと)の個人としての独立性を識別し呼称する為に付けられる語。「人名」事典は便宜上、戸籍名や通称などを使用する場合が多い。本項で扱う「人名」とは一般に「正式な名」「本当の名前」といった意を含む。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と人名 · 続きを見る »

ナナ・アレクサンドリア

ナナ・アレクサンドリア(ნანა ალექსანდრია、Nana Alexandria、1949年10月13日 - )は、ジョージアの女子チェス選手。女子世界チェス選手権で、2度挑戦者となった。 当時ソビエト連邦の構成国だったグルジア共和国のポティに生まれた。1966年に女子インターナショナルマスター (WIM) 、1976年に女子グランドマスター (WGM) のタイトルを手にし、1966年、1968年、1969年の計3度、ソ連女流チャンピオンとなった。女子世界選手権では1975年と1981年の2度挑戦者となりマッチを戦ったが、前者ではノナ・ガプリンダシヴィリに敗れ、後者ではマイア・チブルダニゼに引き分け防衛を許した。チェス・オリンピアードにも1969年、1974年、1978年、1980年、1982年、1986年の計6度、ソ連代表として出場し、1980年代のソ連黄金期に多大な貢献を果たした。 エロレーティングの自己ベストは1988年の2415点。1986年から2001年まで世界チェス連盟 (FIDE) 女子委員会の委員長を務めた。現在もFIDEに勤めている。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とナナ・アレクサンドリア · 続きを見る »

ミハイル・ボトヴィニク

ミハイル・モイセエビッチ・ボトヴィニク(、Mikhail Moiseyevich Botvinnik、1911年8月17日 - 1995年5月5日)は、ソビエト連邦のチェスの選手。チェスの世界チャンピオン(1948年 - 1957年、1958年 - 1960年、1961年 - 1963年)である。工学者でもあった。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とミハイル・ボトヴィニク · 続きを見る »

ミハイル・タリ

ミハイル・タリ(Mikhail Nekhemievich Tal、ラトビア語表記はMihails Tāls、ロシア語表記はМихаил Нехемьевич Таль、1936年11月9日 - 1992年6月28日)は、元チェスの世界チャンピオンである。無謀と思われるようなサクリファイスをして勝つことからチェスの奇術師、チェスの魔術師の異名を持つ『チェス小百科』、64頁。。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とミハイル・タリ · 続きを見る »

ミルコ・ボボツォフ

ミルコ・ゲオルギエフ・ボボツォフ(Милко Георгиев Бобоцов, ラテン文字表記:Milko Georgiev Bobotsov, 1931年10月30日 - 2000年4月3日)は、ブルガリアのチェス選手。 プロヴディフの生まれ。1958年のブルガリア国民選手権で優勝し、1961年にブルガリア人として初めて国際グランドマスターのタイトルを授かった。1967年にモスクワで開かれたアレクサンドル・アレヒン記念トーナメントでは2位タイ。1957年にヴァルナ、1964年にペーチ、1971年にサラエボで開かれた大会でも優勝したが、1972年に脳梗塞で倒れ引退を余儀なくされた。本業は器械体操のインストラクターであった。 2000年に首都ソフィアにて没。妻は女子チェスグランドマスターのアントニア・イヴァコワ(2004年没)であった。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とミルコ・ボボツォフ · 続きを見る »

ミロスラヴ・フィリップ

ミロスラヴ・フィリップ(Miroslav Filip、1928年10月27日 – 2009年4月27日)は、チェコのプラハ出身のチェス選手。1953年にインターナショナルマスター、1955年にグランドマスターの称号を授かっている。チェス・オリンピアードにおいては1952年のヘルシンキ大会から1974年のニース大会まで12大会連続でチェコスロバキア代表に選ばれており、194試合を戦った。 国内選手権においても、1950年のゴットヴァルドフ大会、1952年のタトランスカー・ロムニツァ大会、1954年のプラハ大会にて優勝を飾っている。 2009年4月27日、プラハにて80歳で死去。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とミロスラヴ・フィリップ · 続きを見る »

マルセル・デュシャン

デュシャン マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp、1887年7月28日 - 1968年10月2日)は、フランス生まれの美術家。20世紀美術に決定的な影響を残した。画家として出発したが、油彩画の制作は1910年代前半に放棄した。チェスの名手としても知られた。ローズ・セラヴィ(Rrose Sélavy)という名義を使ったこともある。2人の兄、ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon, 1875年 - 1963年)とレイモン・デュシャン=ヴィヨン(Raymond Duchamp-Villon, 1876年 - 1919年)も美術家。1955年、アメリカに帰化した。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とマルセル・デュシャン · 続きを見る »

マックス・エーワ

マックス・エーワ(Max Euwe, 1901年5月20日 - 1981年11月26日)は、オランダの数学者、チェスプレーヤーである。本名はマッヒーリス・エーヴェ(Machgielis Euwe, )であり、マクヒリス・エーワ、姓はエーウェ、エイヴェとの日本語表記もある。彼の本職は数学の研究だが、チェスの世界チャンピオンになったことによりチェスプレーヤーとして大きな業績を残した。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とマックス・エーワ · 続きを見る »

マイケル・アダムス (チェス)

マイケル・アダムス (Michael Adams、1971年9月17日 -) は、イギリスのチェスグランドマスター (1989)。FIDE世界ランキング自己最高位は4位で、2000年10月から2002年10月の間に数回到達。イロレーティング自己最高点は2761。 世界チェス選手権には複数回出場し、1997、1999、2000、2004年には準決勝まで勝ち進むという優秀な成績を修める。中でも、2004年には決勝まで行き、タイブレークの末にルスタム・カシムジャノフに惜敗するという健闘を見せた。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とマイケル・アダムス (チェス) · 続きを見る »

マグヌス・カールセン

ヴェン・マグヌス・エーン・カールセン(Sven Magnus Øen Carlsen:, 1990年11月30日)はノルウェー出身のチェスのグランドマスター。2013年からチェスの世界王者。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とマグヌス・カールセン · 続きを見る »

チェス

チェスの駒 チェス(chess、شطرنج šaṭranj シャトランジ)は、2人で行うボードゲーム、マインドスポーツの一種である。先手・後手それぞれ6種類16個の駒を使って、敵のキングを追いつめるゲームである。その文化的背景などから、チェスプレイヤーの間では、チェスはゲームであると同時に「スポーツ」でも「芸術」でも「科学」でもあるとされ、ゲームに勝つためにはこれらのセンスを総合する能力が必要であると言われている。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とチェス · 続きを見る »

チェスの世界チャンピオン一覧

チェスの世界チャンピオン一覧(チェスのせかいチャンピオンいちらん)は、世界チェス選手権の歴代チャンピオン及びその対戦結果の一覧である。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とチェスの世界チャンピオン一覧 · 続きを見る »

チグラン・ペトロシアン

チグラン・ワルタノビッチ・ペトロシアン(Tigran Vartanovich Petrosian、Тигран Вартанович Петросян、1929年6月17日 - 1984年8月13日)はグルジア出身のアルメニア人の元チェスの世界チャンピオン。Ph.D.の学位を持つ。自分からはあまり攻めない地味な棋風で知られ、強固な個性と不撓の意志を持っていたことからくろがねのペトロシアンと呼ばれた。 トビリシ生まれ。子供のころからチェスを指し、1952年にグランドマスターとなった。1959年全ソ選手権に優勝しソビエト連邦チャンピオンとなった。1963年世界チャンピオン・ミハイル・ボトヴィニクへの挑戦者となりボトヴィニクを破り世界チャンピオンとなった。 1966年ボリス・スパスキーが挑戦者となったときはスパスキーを破りタイトルを保持したが、1969年再び挑戦者となったスパスキーに敗れ世界チャンピオンの座をスパスキーに明け渡した。1975年にヴィクトール・コルチノイがスイスに亡命した際は他のソ連のトッププレーヤーとともにコルチノイを批判した。 チェスの週刊誌『64』の編集長を務める等、編集者としても活動した。胃癌のため55歳で死去。 Category:アルメニアのチェス選手 Category:アルメニアの著作家 Category:ソビエト連邦のチェス選手 Category:人民友好勲章受章者 Category:名誉記章勲章受章者 Category:トビリシ出身の人物 Category:1929年生 Category:1984年没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とチグラン・ペトロシアン · 続きを見る »

ハンナ・マリー・クレック

ハンナ・マリー・クレック(、1995年1月11日 - )は、ドイツのチェスプレーヤーでウーマングランドマスター(WGM)。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とハンナ・マリー・クレック · 続きを見る »

ポール・モーフィー

ポール・モーフィー(Paul Charles Morphy 1837年6月22日 - 1884年7月10日)はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のチェスの選手。上流階級に生まれ、父のアローゾ・モーフィーは法律家で州議会議員、ルイジアナ州最高裁判事であった。ポールは幼い頃からチェスの才能を周囲に示した。 1850年には一旦チェスを中断し、大学で法律の勉強を始めた。最初はスプリング・ヒル・カレッジに、その後ルイジアナ州立大学に進学した。 法律家の活動が認められる年齢に達していなかったので、モーフィーはチェスを再開した。1858年にイギリスのバーミンガムに招待され、トーナメントには参加しなかったが、スタントン以外の選手を全員負かした。 1860年頃、彼はチェスを断念する決意を固めた。くしくもこの頃南北戦争が始まったので生活に余裕が無くなってしまったのだ(愛した女性に、「単なるチェス・プレイヤーとは結婚しない」と求婚を拒否されたから、という説もある)。暫くニューオーリンズに留まった後、パリに移住するが、その後戻って来る。彼の戦争に対する態度は南部の人々には歓迎されなかった。法律事務所を開こうとするが資金不足で挫折、結局失業状態になった。ファンからチェスを再開するよう進められるがモーフィーは拒否した。チェスは正当な尊敬されるべき職業としてではなく、モーフィーはアマチュア活動として考えていた。当時は世間でもチェスは博打として見られていたのだ。恥ずかしがりやで生涯結婚をせず、父が亡くなったのちは妹と母親の3人家族で暮らした。晩年は不遇で、風呂場で脳卒中で倒れているところを母親に発見された。 モーフィーの棋譜は華々しいサクリファイス(ただ捨て)、アタックなどが多く人気が高く、今でもモーフィーは近代チェスの創始者として尊敬されている。 Category:アメリカ合衆国のチェス選手 Category:ルイジアナ州のクレオール Category:ニューオーリンズ出身の人物 Category:1837年生 Category:1884年没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とポール・モーフィー · 続きを見る »

ユディット・ポルガー

ポルガール・ユディト、ユディット・ポルガー(Polgár Judit, Judit Polgar, 1976年7月23日 - )は、ハンガリーのチェス選手である。歴史上最強の女性チェス選手であり、世界ランキングの最高位は8位(2004年1月、7月、2005年4月、7月、10月)、女子限定のランキングでは2000年7月以降今日まで、リストに載った際はすべて1位を保持。FIDEレーティングの最高値は2735(2005年7月、10月)。また、幼少期からのエスペラント話者としても知られる。 1991年に15歳と4ヵ月でのグランドマスター(GM)となり、1958年のボビー・フィッシャーの記録を破った。 ユディットは、姉ジョーフィア(Zsófia)、ジュジャ(Zsuzsa、女性の世界チャンピオンであり、世界で第2の女性選手である)の3姉妹の3女として生まれ、幼少からユダヤ人の父親からチェスの訓練を受けた。 ポルガーは前世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフを含むほとんどすべての世界のトップ選手を破ったことがある。2003年4月には、FIDEレーティングリストで、2715のElo評価に達し、世界のトップ10にこれまでに入る最初の女性となった。 2004年には、ポルガーは彼女の息子(オリバー)を生むためにしばらくチェスから遠ざかり、2005年1月のFIDEレーティングリストには載らなかった。 2005年1月にCorusチェス・トーナメントでチェスに復帰し、好成績を残した。2005年7月のFIDEレーティングリストにおいて世界ランク第8位に達し、8人の総当たり選による世界チャンピオンシップを戦う最初の女性となった。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とユディット・ポルガー · 続きを見る »

ヨハン・アルガイエル

ヨハン・バプティスト・アルガイエル(Johann Baptist Allgaier、1763年6月19日 - 1823年1月3日)は、ドイツのチェスプレーヤー。 シュッセンリートに生まれ、ウィーンで没した。18世紀後半から19世紀初頭にかけてジュリアス・メントハイムとともにドイツを代表するチェスプレーヤーとして活動した『チェス入門』、123頁。。キングズ・ギャンビットの一変化に考案者として名を残している。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とヨハン・アルガイエル · 続きを見る »

リュボミィル・リュボエビッチ

リュボミィル・リュボエビッチ(Ljubomir Ljubojević、1950年11月2日 - )は、セルビアのチェスプレーヤー。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とリュボミィル・リュボエビッチ · 続きを見る »

ルイ・ロペス・デ・セグラ

ルイ・ロペス・デ・セグーラ(Ruy Lopez de Segura、1530年 - 1580年)は、スペインのカトリック司祭(のち司教)でチェスプレイヤー。ルイ・ロペス・オープニングは彼の名にちなんでその名で呼ばれている。ルイ・ロペス・デ・ビリャロボスとは全くの別人である。 カスティーリャ(現バダホス県)のサフラに生まれ、サラマンカで学生生活を送る。1572年にスペイン国王フェリペ2世に招待されローマで大会に参加し、全勝した。1575年にイタリアのジョヴァンニ・レオナルド・ダ・クトリと対戦して勝利を収め、その後何者かに暗殺された。 ロペス・デ・セグーラはヨーロッパで最初のチェスの書籍『チェスの自由な発想と技術』(原題:Libro de la invención liberal y arte del juego del Axedrez )を出版した。 Category:暗殺された人物 Category:スペインの司教 Category:スペインのチェス選手 Category:カスティーリャの人物 Category:1530年生 Category:1580年没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とルイ・ロペス・デ・セグラ · 続きを見る »

ルイ・ド・ラ・ブルドンネ

ルイ・ド・ラ・ブルドンネ(Louis-Charles Mahé de La Bourdonnais、1795年 - 1840年12月13日)は、フランスのチェスプレーヤー。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とルイ・ド・ラ・ブルドンネ · 続きを見る »

ルスラン・ポノマリョフ

ルスラン・ポノマリョフ(Ruslan Ponomariov、Русла́н Оле́гович Пономарьо́в, Ruslan Olehovych Ponomar'ov、Русла́н Оле́гович Пономарёв1983年10月11日-)は、ウクライナのチェス選手であり、かつての国際チェス連盟の世界チャンピオンである。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とルスラン・ポノマリョフ · 続きを見る »

ルスタム・カシムジャノフ

ルスタム・カシムジャノフ(Rustam Kasimdzhanov、Rustam Qosimjonov、Рустам Касымджанов1979年12月5日-)は、ウクライナ人のチェスのグランドマスターである。2004年のチェス世界選手権で優勝したことで知られる。ウズベク・ソビエト社会主義共和国のタシュケントで生まれた。ウズベクである。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とルスタム・カシムジャノフ · 続きを見る »

ロバート・バーン

バート・バーン(Robert Byrne、1928年4月20日 - 2013年4月12日)は、アメリカ合衆国のチェスプレーヤー。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とロバート・バーン · 続きを見る »

ローター・シュミット

ーター・シュミット(Lothar Schmid、1928年5月10日 - 2013年5月18日)は、ドイツのチェスプレーヤー。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とローター・シュミット · 続きを見る »

ロベルト・ヒュプナー

ベルト・ヒュプナー(Robert Hübner、1948年11月6日- )は、ドイツのチェスグランドマスター、パピルス古文書学者である。チェスに関する著作がある。18歳のときに西ドイツ・チェス選手権に同率優勝した。1975年には、世界トップクラスのプレイヤーとなり、1980年には国際チェス連盟の世界ランキング3位にまで上り詰めた。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とロベルト・ヒュプナー · 続きを見る »

ワシリー・スミスロフ

ワシリー・ワシリエビッチ・スミスロフ(, Vasily Vasiliyevich Smyslov, 1921年3月24日 - 2010年3月27日)は、ソビエト連邦生まれのチェス世界チャンピオン(1957年 - 1958年)。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とワシリー・スミスロフ · 続きを見る »

ヴィルヘルム・シュタイニッツ

ヴィルヘルム・シュタイニッツ(Wilhelm Steinitz, 1836年5月17日 - 1900年8月12日)は、19世紀に活動したチェスプレーヤーである。オーストリア帝国のプラハ(現在のチェコの首都)に生まれた。公式の初代チェス世界チャンピオンになった。 シュタイニッツは26歳の時にプロのプレーヤーとなり、1866年に当時非公式の世界チャンピオンだったアドルフ・アンデルセンに勝利してチャンピオンとなった。1886年に初の公式世界選手権戦が行われ、ヨハネス・ツッケルトルトに勝利した事により公式の世界チャンピオンとなった。 1888年11月23日、彼はアメリカの市民権を取得し、名前をドイツ語風のヴィルヘルムから英語風のウィリアムに変更した。 1894年にエマーヌエール・ラスカーに敗れ世界チャンピオンのタイトルを失う。2年後のリターンマッチにも敗れ、チェスの一線から身を引く様になる。その後シュタイニッツは精神を患う様になり、ニューヨークで亡くなった。 チェスの選手であることに誇りを持っていた。晩年、ある大会で優勝したシュタイニッツは「私は老いぼれたライオンですけどね、口の中に指を入れられれば噛み千切ってやりますよ」と自負したという。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とヴィルヘルム・シュタイニッツ · 続きを見る »

ヴィクトール・コルチノイ

ヴィクトール・リヴォヴィッチ・コルチノイ(Viktor Lvovich Korchnoi、、1931年3月23日 - 2016年6月6日 - 内のページ。)は、ソビエト連邦出身で、その後スイスに亡命したチェスプレーヤー。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とヴィクトール・コルチノイ · 続きを見る »

ヴィスワナータン・アーナンド

ヴィスワナータン・アーナンド(விஸ்வநாதன் ஆனந்த்、Viswanathan Anand、1969年12月11日 - ))はインドのチェスプレーヤーでグランドマスター。マドラス(現:チェンナイ)生まれ。英語表記から「ビスワナサン・アナンド」とも呼ばれる。なおこの名前はアーナンドが名であり、ヴィスワナータンは父称である。 15歳の時にインターナショナル・マスターになり、翌年インドチャンピオンになり、さらに翌年には世界ジュニアチャンピオンとなった後、18歳で同国初のグランドマスターになるという快挙を成し遂げた。若いころは特に驚異的な早指しで有名で、それはトップレベルの大会に参加するようになってもほとんど変わらなかった。 プロチェス協会(PCA)の世界選手権予選で、マイケル・アダムズ、ゲイタ・カムスキーを連破したヴィスワナータンは、95年に世界貿易センターでチャンピオン、ガルリ・カスパロフへの挑戦試合を行ない、一時はリードを奪ったが7.5-10.5で敗北した。 2000年に、国際チェス連盟(FIDE)の新たなノックアウト方式の選手権では、イランのテヘランで行なわれた大会の決勝でアレクセイ・シロフを破り、この年のFIDE世界チャンピオンとなった。 2003年10月には、フランスのキャプ・ダグドで行なわれたFIDEの快速世界選手権(持時間25分+1手30秒累加)に参加し、決勝でウラジーミル・クラムニクを破って優勝した。 2005年にはアルゼンチンのサン・ルイスで行なわれた8人総当りのFIDE世界選手権に出場、ベセリン・トパロフに次いで同率2位に終わった。 2007年にはメキシコ・シティで行なわれた同方式のFIDE世界選手権に出場、単独優勝を遂げ、再び世界チャンピオンとなった。 2008年に、クラムニクとの再戦マッチを3勝7引き分け1敗で防衛。 2010年にトパロフを3勝7引き分け2敗で退け統一世界チャンピオンとなった。 2013年11月22日、故郷のインドで開催された世界選手権において挑戦者のマグヌス・カールセンに勝ち越され、王座から陥落。 Category:インドのチェス選手 Category:チェンナイ出身の人物 Category:1969年生 Category:存命人物.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とヴィスワナータン・アーナンド · 続きを見る »

ボヤン・クライツァ

ボヤン・クライツァ(Bojan Kurajica、1947年11月15日 - )は、クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナ(旧 ユーゴスラビア)のチェスグランドマスター。 リュブリャナ生まれのスプリト育ち。1965年に世界ジュニア選手権で優勝し、国際マスターになった。1966年にザグレブに移り、1972年にザグレブ大学哲学部を卒業、1974年にグランドマスターとなった。1976年のウェイク・アーン・ゼーチェス大会で好成績を記録。1979年にチェスクラブのŠKボスナからオファーを受けサラエボに移るまで、ザグレブでプレイした。チェス・オリンピアードには1980年のバレッタ大会と84年のテッサロニキ大会にユーゴスラビア代表として出場、うちバレッタ大会では団体で銅メダルを獲得した。 ユーゴスラビア崩壊後はボスニア・ヘルツェゴビナ代表として1992年から06年の計8回オリンピアードに出場、うち94年のモスクワ大会では団体で銀メダルを獲得した。2005年12月にはソリンの第13回ソリナ・トーナメントで優勝。同年、国際チェス連盟(FIDE)トレーナーのタイトルを授かった。2006年現在、サラエボとスペインのサンタ・クルス・デ・テネリフェに居を構えている。 2010年5月現在のFIDEによるイロレーティングは2548。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とボヤン・クライツァ · 続きを見る »

ボリス・スパスキー

ボリス・ヴァシーリエヴィッチ・スパスキー(, Boris Vasilievich Spassky, 1937年1月30日 - )は、ソビエト連邦生まれのチェスプレーヤー。チェス世界チャンピオン(1969年 - 1972年)。 レニングラード(現・サンクトペテルブルク)出身。1955年、アントウェルペンで開催された世界ジュニアチェス選手権で優勝しインターナショナルマスターとなる。同年、初出場したインターゾーナル戦で7位同率となり、翌年の挑戦者決定戦への出場権を手に入れると同時にグランドマスターとなる。 1966年初めて世界チャンピオンへの挑戦者となる。この時は当時のチャンピオンチグラン・ペトロシアンに敗れたが、1969年、2度目の挑戦でペトロシアンを破り、チャンピオンになる。1972年、レイキャヴィークでの世界チェス選手権でボビー・フィッシャーに敗退し、失冠。1975年、フランスに亡命し、フランス人女性と3度目の結婚。 2010年現在、フランスのチェスプレーヤーとして活動している。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とボリス・スパスキー · 続きを見る »

ボビー・フィッシャー

ボビー・フィッシャー(Bobby Fischer、1943年3月9日 - 2008年1月17日)は、アメリカ合衆国のチェスプレーヤー。チェスの世界チャンピオン(1972年 - 1975年)。本名ロバート・ジェームズ・フィッシャー(Robert James Fischer)。 冷戦下にソビエト連邦の選手を下し、アメリカ合衆国歴史上、初となる公式世界チャンピオンになったことで、英雄としてもてはやされた。しかし、奇行や反米、反ユダヤ的発言により、反発を買い、「幻の英雄」とも呼ばれている。対ユーゴスラビア経済制裁時に当地で試合をしたことでアメリカ政府に起訴され、滞在中の日本で拘留されたが、以降はアイスランドの市民権を得て余生を送った。 あえてタイトルを放棄したり、試合を拒否したり、あるいは長年に亘って失踪したりするなど、ミステリアスで数奇な人生もよく知られる。チェス960の考案も行った。IQは187。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とボビー・フィッシャー · 続きを見る »

ヘンリー・バックル

バックルの肖像(1857年) ヘンリー・トマス・バックル(Henry Thomas Buckle、1821年11月24日 - 1862年5月29日)は、イギリスの歴史学者。"History of Civilization"(文明の歴史)の著者。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とヘンリー・バックル · 続きを見る »

ブルーノ・パルマ

ブルーノ・パルマ(Bruno Parma、1941年12月30日 - )は、スロベニアのチェス選手(グランドマスター)。 当時ユーゴスラビアであったリュブリャナに生まれた。1959年の世界ジュニアチェス選手権でデビューし、2位入賞。2年後にハーグで開催されたジュニア選手権で初優勝し、インターナショナルマスターのタイトルを獲得した。1963年のベーヴェルウェイク・トーナメントで卓越した能力を発揮し、国際チェス連盟(FIDE)からグランドマスターのタイトルを賜った。スロベニア人としては1950年のミラン・ヴィドマール、1953年のヴァシャ・ピルチに次いで3人目のグランドマスターであった。1959年と1961年のスロベニア・チェス選手権でも優勝し、1968年にチャテシュケ・トプリツェで開かれたユーゴスラビア選手権ではドラゴリューブ・ミニッチ、ミラン・マトゥロヴィッチ、ボヤン・クライツァと並び3位に入賞した。 チェス・オリンピアードには1962年、64年、66年、68年、70年、74年、78年、80年の計8度、ユーゴスラビア代表として出場し、その間ユーゴスラビア代表は4個の銀メダルと2個の銅メダルを獲得した team chess record at olimpbase.org。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とブルーノ・パルマ · 続きを見る »

パメラ・マングローラル

パメラ・マングローラル(Pamela Mangroelal、1986年 - )は、スリナムのチェス選手。 2008年にミス・インディアスリナムコンテストで優勝に輝いた。2008年にドレスデンで開催された第38回チェス・オリンピアードにスリナム代表として出場している。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とパメラ・マングローラル · 続きを見る »

パウリ・ケレス

パウリ・ケレス(Paul Keres、1916年1月7日 - 1975年6月5日)は、エストニア出身の旧ソビエト連邦のチェスプレーヤーである。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とパウリ・ケレス · 続きを見る »

ヒカル・ナカムラ

ヒカル・ナカムラ(中村 光、Hikaru Nakamura、1987年12月9日 - )はチェスのグランドマスター (GM) 。2005年・2009年・2012年・2015年の全米チェスチャンピオン。世界ランキングの最高位は2位(2015年10月)。 レーティングの最高値は2816(2015年10月)。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とヒカル・ナカムラ · 続きを見る »

デミス・ハサビス

デミス・ハサビス (Demis Hassabis, 1976年7月27日-)はイギリスの人工知能研究者、 脳科学者、 コンピュータゲームデザイナー、世界的なゲームプレイヤーである indexed by Google Scholar, a service provided by Google Daily Telegraph 2014-01-28。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とデミス・ハサビス · 続きを見る »

フランク・マーシャル (チェスプレーヤー)

フランク・マーシャル(Frank Marshall、1877年8月10日 - 1944年11月9日)は、アメリカ合衆国のチェスプレーヤー。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とフランク・マーシャル (チェスプレーヤー) · 続きを見る »

フランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドール

フランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドール(François-André Danican Philidor, 1726年9月7日 - 1795年8月31日)は、18世紀のフランスの作曲家。有名な音楽家一族の出身。当時は世界屈指のチェス・プレイヤーと見做されており、フィリドールの残したチェスに関する著作は、少なくともそれから1世紀にわたって標準的な指南書として通用した。 当時は、単にアンドレ・ダニカン・フィリドールとして著名であったが、現在では、同名の父親のフランス音楽史上における役割が見直されるようになったため、父親と峻別する必要から、「フランソワ=アンドレ」と呼ばれるようになった。本稿では、単にフィリドールと呼ぶことにする。 フィリドールは、父親が72歳の時に19歳の女性と再婚し、それから産ませた子供である。フィリドールが生まれたとき、父親はすでに79歳と高齢であり、まだ幼いうちに老齢の父親と死別している。このため当時は、同名の父親と峻別する必要がなかったものと思われる。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とフランソワ=アンドレ・ダニカン・フィリドール · 続きを見る »

ホセ・ラウル・カパブランカ

José Raúl Capablanca 1926 ホセ・ラウル・カパブランカ(José Raúl Capablanca、1888年11月19日 - 1942年3月8日)はキューバの外交官・チェスプレーヤーで、元チェスの世界チャンピオンである。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とホセ・ラウル・カパブランカ · 続きを見る »

ダヴォール・パロ

ダヴォール・ポロ(Davor Palo、1985年11月2日 - )は、デンマークのチェス選手。2005年に国内では史上最年少の19歳にしてグランドマスターのタイトルを得た。ボスニア・ヘルツェゴビナ系。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とダヴォール・パロ · 続きを見る »

ベント・ラーセン

ベント・ラーセン(Bent Larsen、1935年3月4日 - 2010年9月9日)は、デンマークのチェスプレーヤー。 コペンハーゲン生まれ有田謙二 著 『チェス・マスター・ブックス 5 やさしい実戦集』 河出書房新社、1976年6月15日初版発行、174頁。。21歳でグランドマスターとなる。1970年代初期にはボビー・フィッシャーと自由主義圏No.1を争うほどの実力者であった。 かつては共産圏以外ではチェスのプロ制度がある国は少なかったが、その時代にあってラーセンはフィッシャーと並ぶ自由主義圏における数少ないプロのチェスプレーヤーとして知られていた。 1970年にベオグラード(当時ユーゴスラビア)で開催されたソ連チーム対世界チーム戦ではラーセンは世界チームの大将となり、ソ連チームの大将であるボリス・スパスキーと戦い、1勝1引き分け1敗だった。4局目は補欠のレオニード・シュタインがスパスキーに代わりラーセンと対局した。なおこの大会でラーセンが負けた2局目はラーセン・オープニングの代表的なゲームとして多くのチェスの書籍で紹介されている。 1973年にはフィリピンのマニラで開催されたトーナメント終了後に日本を訪れ、在日外国人を含む49人と約4時間半かけて同時対局し、45勝3敗1引き分けという好成績を残した。 2010年9月9日、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスにて急逝。。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とベント・ラーセン · 続きを見る »

ベセリン・トパロフ

ベセリン・トパロフ(Веселин Топалов, 1975年3月15日 - )は、ブルガリアのチェス選手である。 2005年FIDE世界チェス選手権で優勝し、世界チャンピオンとなった。2006年1月のFIDEレーティング・リストにおいて、Eloレーティングは 2801 であり、引退したカスパロフに続いて第2位である。 トパロフは、8歳の時に父からチェスを教えられた。1989年に、プエルトリコで開かれた14歳以下世界選手権で優勝、1990年にシンガポールで開かれた16歳以下選手権で第2位になった。そして、1992年にグランドマスターになった。 2005年の世界チェス選手権(8人の総当たり戦)では、6勝0敗8引き分けで優勝。翌2006年,クラシカル世界チャンピオンのウラジーミル・クラムニクと世界チャンピオン統一戦を戦ったが、タイブレークの末敗退。 2010年にはFIDEの世界選手権で王者のヴィスワナータン・アーナンドと対戦するが、僅差で敗れた。 Category:チェスのグランドマスター Category:ブルガリアのチェス選手 Category:1975年生 Category:存命人物.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とベセリン・トパロフ · 続きを見る »

アナトリー・カルポフ

アナトリー・エフゲーニエヴィチ・カルポフ(アナトーリー・イェフゲーニエヴィチ・カールポフ、、ラテン文字表記の例:Anatoly Yevgenyevich Karpov、1951年5月23日 - )は、ソビエト連邦生まれのチェスの世界チャンピオン(1975年 - 1985年、1993年 - 1999年)。 ズラトウースト出身。18歳のときにストックホルムで開催された世界ジュニアチェス選手権で優勝し、10人目のジュニア世界チャンピオンとなる。1970年グランドマスターの称号を得る。 1975年、当時の世界チャンピオン、ボビー・フィッシャーへの挑戦権を得るが、フィッシャーの棄権により不戦勝でタイトル獲得。1978年、ヴィクトール・コルチノイの挑戦を受ける。コルチノイはその2年前にソ連から西側へ亡命しており、このマッチは「ソ連の体制対裏切り者」という構図でとらえられた。マッチは「先に6勝、局数無制限」という条件で行なわれ、カルポフは第27局を勝って5勝2敗と大きくリードする。しかしコルチノイは続く4局を3勝1分と急追し、両者後のない5勝5敗のタイで第32局を迎えた。極度の緊張下で行なわれたこのゲームにカルポフは快勝、きわどく初防衛を果たした。続く1981年にもコルチノイの連続挑戦を受けたが、今度は6勝2敗(10引き分け)と危なげなく防衛に成功した。 1984年にはガルリ・カスパロフの挑戦を受け、途中まで5勝0敗と圧倒したが、やはり局数無制限の条件であったためにマッチが非常に長期化し、48局(カルポフの5勝3敗)の時点で中断、無勝負となる。翌1985年の再戦は伝統的な24局マッチで行なわれ、逆にカスパロフが5勝3敗15分で勝利した。カルポフはさらに1986年のリターンマッチ、1987年、1990年の挑戦マッチをカスパロフと戦った。勝利こそできなかったがいずれのマッチも1点差以内の僅差であり、内容から見ても棋史に残る名勝負である。特に1987年のマッチは24局すべてが同点か1点差で戦われたという競り合いで、カルポフが第23局を勝って1点リードしたが、最終第24局を敗れてカスパロフに引き分け防衛を許した。 1993年、カスパロフは挑戦者ナイジェル・ショートとともにプロチェス協会を設立し、独自に防衛マッチを行なったため、国際チェス連盟(FIDE)からタイトルを剥奪された。そしてカルポフがヤン・ティマンとのマッチを経てFIDEチャンピオンに復位した。カルポフはその後、1996年にはゲイタ・カムスキー、1998年にはヴィスワナータン・アーナンドを相手にタイトルを防衛したが、翌1999年の世界選手権制度変更に抗議して王座を返上した。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアナトリー・カルポフ · 続きを見る »

アレクサンドラ・コステニューク

アレクサンドラ・コンスタンティーノヴナ・コステニューク(ロシア語:Александра Константиновна Костенюк;ラテン文字表記:Alexandra Konstantinovna Kosteniuk、1984年4月23日 - )は、沿ヴォルガ連邦管区・ペルミ市出身のロシアのチェスグランドマスターであり、元女子世界チャンピオンである。キャリア最高のレーティングは、2006年4月の2540。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアレクサンドラ・コステニューク · 続きを見る »

アレクサンドル・モロズ

アレクサンドル・モロズ(Alexander Moroz、Олександр Мороз, Александр Мороз、1961年1月18日 – 2009年1月7日)は、ウクライナのドニプロペトロウシク州ドニプロペトロウシク出身のチェス選手。1999年よりグランドマスターに選ばれていた。 ウクライナチェス協会では副会長の他、ユース委員会の委員長や国際審判を務めており、ドニプロペトロウシク州チェス協会では会長を務めていた。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアレクサンドル・モロズ · 続きを見る »

アレクサンドル・デシャペル

アレクサンドル・デシャペル(Alexandre-Louis-Honoré Lebreton-Deschapelles、1780年3月7日 - 1847年10月27日)は、フランスのチェスプレーヤーである。ホイストのプレーヤーとしても有名であった『チェス入門』、119頁。。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアレクサンドル・デシャペル · 続きを見る »

アレクサンドル・アレヒン

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・アレヒン(Alexander Alexandrovich Alekhine、ロシア語:、1892年10月31日 - 1946年3月24日)は、ロシアのチェスの選手である。1927年にフランスに帰化した(発音は、「アレヒン」と「アレキン」の中間、時に「アリョーヒン」と表記される)。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアレクサンドル・アレヒン · 続きを見る »

アレクサンドル・カリフマン

アレクサンドル・ヴァレリエヴィチ・カリフマン(Alexander Valeryevich Khalifman、1966年1月18日-)は、サンクトペテルブルク出身のユダヤ人のソビエト連邦、ロシアのチェスグランドマスターである。前の世界チェス選手権チャンピオンである。 カリフマンは6歳の時に、父からチェスを教えられ、1990年のニューヨーク・オープンで優勝し、グランドマスターとなった。 彼の最も大きな業績は、1999年の世界チェス選手権で優勝し、1年間タイトルを保持したことである。優勝時の彼のイロレーティングは世界44位であり、世界1位だった元世界チャンピオンのガルリ・カスパロフと比較された。カリフマンはトーナメント後に、「レーティングシステムは、総当たりの招待大会でばかり指す選手にはとても都合がよい。私は、彼らの多くは過大に評価されていると思う。このような人は、レーティングが同程度で高く留まるため、大会の運営者は、同じ人ばかりを何度も大会に招待する」と述べている。その発言への返答としてかもしれないが、カリフマンは翌年のリナレスチェストーナメントに招待され、優勝したカスパロフには及ばないものの悪くない成績を残した(4.5/10) 。 彼はまた、1982年のソビエト連邦ユースチェス選手権。、1984年のソビエト連邦チェス選手権、1985年と1987年のモスクワチェス選手権、1990年のフローニンゲン、1993年のテル・アーペル、1994年のオイペンチェスオープン、1995年のサンクトペテルブルクチェスオープン、1996年のロシア選手権、1997年のグランドマスタートーナメント、1997年のオーフス、1997年の世界チーム選手権、1998年のバート・ヴィーゼ、2000年のフーゲビーン、2000年のチェス・オリンピアード等の大会でも優勝した。 彼はトレーナーのGenadi Nesisとともにサンクトペテルブルクで"The Grandmaster Chess School"と呼ばれるチェスの学校を経営している。そこで彼は、"chess.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアレクサンドル・カリフマン · 続きを見る »

アレクサンドル・グリシチューク

アレクサンドル・グリシチューク(Alexander Igorevich Grischuk、1983年10月31日-)は、モスクワ出身のチェスのグランドマスターである。キャリア最高のレーティングは、2009年1月の2733。 2000年の世界チェス選手権で準決勝に進出し、2004年の世界チェス選手権では準々決勝でRustam Kasimdzhanovに3-1で敗れた。 2005年のチェスワールドカップでベスト10に入賞し、2007年のCandidates Tournamentへの出場権を獲得した。Vladimir Malakhovに+2-0.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアレクサンドル・グリシチューク · 続きを見る »

アロン・ニムゾヴィッチ

アロン・ニムゾヴィッチ アロン・ニムゾヴィッチ(Aron Nimtsovich、1886年11月7日 - 1935年3月16日)はロシアのリガ(現ラトビア)生まれ、デンマークのチェスプレイヤー。 著書『My System』などで運動の中心となったとされる。オープニングではニムゾ・インディアン・ディフェンスとニムゾヴィッチ・ディフェンスを考案した。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアロン・ニムゾヴィッチ · 続きを見る »

アンドール・リリエンタール

アンドール・リリエンタール(Andor Lilienthal、1911年5月5日 – 2010年5月18日)は、ハンガリーのチェス選手。ロシア帝国モスクワ生まれ。 2歳のときに両親とともにハンガリーへと移るが、その後の1935年に再びソビエト連邦へと移住し、1939年に市民権を得た。1940年のソビエト選手権で優勝している。 1950年にグランドマスターの称号が制定されると、27人のグランドマスターのうちの一人に選ばれた。1976年に引退し、ハンガリーへと戻っている。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアンドール・リリエンタール · 続きを見る »

アドルフ・アンデルセン

カール・エルンスト・アドルフ・アンデルセン(Karl Ernst Adolf Anderssen, 1818年7月6日 - 1879年3月13日)は、ドイツのチェスプレーヤーで数学の教師。1851年から1858年まで、そして1862年から1866年まで非公式ながら世界チャンピオンであったとされている。 プロイセン王国のブレスラウ(現ポーランド領ヴロツワフ)でデンマーク人の家庭に生まれる。公立ギムナジウムを卒業後、同地の大学で数学と哲学を学んだ。1845年にブレスラウ大学を卒業後、フリードリッヒ・ギムナジウムで数学教師に、後にブレスラウ大学の数学教授になった。アンデルセンは生涯結婚せず、未亡人である母親、妹の暮らしを支えていた。 アンデルセンは9歳の時に父親からチェスを教わったが、上達はとりたてて早くなかった。1842年にチェス・プロブレムの本“Aufgaben fur Schachspieler”を出版し、初めてチェス界で注目された。 1848年には職業プレイヤーのハーヴィッツとマッチを行い、引き分けた。これによって1851年にロンドンで開かれた史上初の国際大会にドイツ代表として招待され、優勝した。この時期、1851年の対キゼリツキー戦(The Immortal Game)、1852年の対デューフレン戦(The Evergreen Game)の2局が著名局として知られている。 1858年にパリでポール・モーフィーとのマッチに2勝2分7敗で敗北した。しかしモーフィー引退後の1862年にはロンドンでの国際大会に参加、12勝1敗の好成績で優勝し、再び世界チャンピオンと目されるようになった。 1866年、若きヴィルヘルム・シュタイニッツとマッチを行い、6対8の僅差で敗れた。この時点から世界最強の座をシュタイニッツに譲ったとされている。しかし1868年、バーデンバーデンでの国際大会ではシュタイニッツを半点抑えて優勝した。1877年、59歳の時にライプツィヒ大会で2位に入賞、これを棋歴の最後として2年後に死去した。 アンデルセンはおおむね人に好かれ、きわめて正直な人間とされていた。シュタイニッツはこう書いている。「アンデルセンはまったく正直で、名誉を重んじる人物である。誰に遠慮することもひいきすることもなく、堂々と自分の意見を述べた。その公正さは有名で……彼が口を開けばたいていのもめごとは収まった……時には自分のライバルに有利な判断を下すこともあったからである」 アンデルセンの名は、モーフィーとの対戦で指された奇妙な1手 (1. a3) の定跡名にも残されている。 Category:ドイツのチェス選手 Category:デンマーク系ドイツ人 Category:シュレージエン州出身の人物 Category:ヴロツワフ出身の人物 Category:1818年生 Category:1879年没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とアドルフ・アンデルセン · 続きを見る »

ウラジーミル・トゥクマコフ

ウラジーミル・トゥクマコフ(Vladimir Tukmakov、1946年5月5日 - )は、ウクライナのチェスプレーヤー。ユダヤ系。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とウラジーミル・トゥクマコフ · 続きを見る »

ウラジーミル・クラムニク

ウラジーミル・ボリーソヴィチ・クラムニク(1975年6月25日‐、Влади́мир Бори́сович Кра́мник)はロシアのチェスの選手。グランドマスターであり世界チャンピオン。FIDEの世界ランキング最高位は1位(2008年1月)。レーティングの最高値は2811(2002年1月、4月)。 トゥアプセ出身。ミハイル・ボトヴィニクが主催するチェススクールで頭角を現わし、1992年、わずか16歳でマニラチェスオリンピックのロシア代表に選出される。2000年にロンドンで開催されたガルリ・カスパロフとの世界選手権マッチで勝利を収め、クラシカルチャンピオンとなる。その後、主として疾病を原因とする不調に苦しむも2004年、ペーター・レコの挑戦を退け防衛。2006年、エリスタで開催された世界チャンピオン統一戦において、FIDEチャンピオンベセリン・トパロフを破り、統一世界チャンピオンに就位。 2006年の統一戦(14ゲームマッチ)では、ゲーム中に頻繁にトイレに立つことについてトパロフ陣営からクレームを受け、第5ゲームを放棄して不戦敗を記録するなどのトラブルがあった。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とウラジーミル・クラムニク · 続きを見る »

エマーヌエール・ラスカー

マーヌエール・ラスカー(Emanuel Lasker, 1868年12月24日 - 1941年1月11日)はユダヤ系ドイツ人の数学者・チェスプレーヤー。ベルリーンヒェン(現ポーランド・西ポモージェ県)に生まれた。 哲学・数学を学んだ。国際チェス競技で九回優勝した後、1894年選手権を獲得したが、1921年キューバのホセ・カパブランカに敗れた。 ナチス政権下のユダヤ人迫害を受けて1933年イギリスに、1935年にはソ連のモスクワに、1937年にはアメリカのニューヨークに移住し、同地で没した。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とエマーヌエール・ラスカー · 続きを見る »

エディ・ハンドコ

ディ・ハンドコ(Edhi Handoko、1960年8月28日 – 2009年2月17日)は、インドネシアの中部ジャワ州スラカルタ出身のチェス選手。1978年に最初の称号であるナショナルマスターを獲得しており、1982年にはFIDEマスター、同年さらにインターナショナルマスターとなった。1994年にはイロレーティング2520でインドネシア国内で4人目となる最高位の称号、グランドマスターとなった。 2009年2月17日、西ジャワ州のボゴールにあるチビノン病院にて心臓発作で亡くなった。48歳だった。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とエディ・ハンドコ · 続きを見る »

エドワード・ラスカー

エドワード・ラスカー(Edward Lasker、1885年11月3日 - 1981年3月25日)はポーランド系アメリカ人のチェスの選手で、インターナショナル・マスターの称号を得ている。囲碁にも強い関心を持ち、英語での初めての囲碁の本を執筆した。またアメリカ囲碁協会の設立にも関わった。1971年には日本棋院から大倉喜七郎賞を受けている。 当時のドイツ領、現在のポーランド領ケンペンに生まれる。第一次世界大戦の時にイギリス、そしてアメリカに移住した。チェスに関する著書も出しており、日本では水野優が翻訳している。 Category:ポーランドの著作家 Category:アメリカ合衆国の著作家 Category:アメリカ合衆国のチェス選手 Category:1885年生 Category:1981年没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とエドワード・ラスカー · 続きを見る »

エクトル・ロセット

トル・ロセット(Héctor Rossetto、1922年9月8日 – 2009年1月23日)は、アルゼンチンのブエノスアイレス州バイアブランカ出身のチェス選手。アルゼンチンの歴史上最高のチェスプレーヤーの一人に数えられており、1950年にインターナショナルマスター、1960年にはグランドマスターに選ばれている。 1942年、1944年、1947年、1962年、1972年の5回もの回数アルゼンチンの国内チャンピオンになっており、1942年と1952年にマル・デル・プラタチェストーナメントで優勝している(1952年は同じくアルゼンチンのフリオ・ボルボチャンと同率優勝)。 1978年にアルゼンチンのブエノスアイレスでチェス・オリンピアードが開催された際には責任者を務めた。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とエクトル・ロセット · 続きを見る »

カール2世 (ブラウンシュヴァイク公)

ブラウンシュヴァイク公カール2世 カール2世フリードリヒ(独:Karl II.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とカール2世 (ブラウンシュヴァイク公) · 続きを見る »

ガルリ・カスパロフ

ルリ・キーモヴィチ・カスパロフ(、Garry Kimovich Kasparov、1963年4月13日 - )は、アゼルバイジャンのバクー出身の元チェス選手。15年もの間チェスの世界チャンピオンのタイトルを保持し続けた人物。1948年にFIDEによる選手権制度が始まってからでは最長記録である。現在は政治家。 ユダヤ人の父とアルメニア人の母との間に生まれ、幼時はガルリ・ヴァインシュテインといった。幼い頃の父の死に伴い母方に引き取られ、後に母の姓「カスパリアン」をロシア風に改めた「カスパロフ」を名字として名乗るようになった。 2005年3月にチェストーナメントから引退し、現在はロシアで民主化運動を行っている政治家である。 現在は企業など相手に講演活動を行う傍ら、ロシアの民主化運動に尽力しており、2007年9月には、野党連合組織「もう一つのロシア」から、2008年ロシア大統領選挙の候補に選ばれた。 西欧ではチェスは理知的なゲームの代表、「人間の知性の極み」と見なされており、チェス人口が多いので、カスパロフは頭の良い人物の代表として、しばしば言及される人物でもある。 家族は妻のダーシャと息子のヴァディム。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とガルリ・カスパロフ · 続きを見る »

ガイオズ・ニガリジェ

イオズ・ニガリジェ(გაიოზ ნიგალიძე、Gaioz Nigalidze、1989年4月24日 - )はジョージア(グルジア)のチェスプレーヤー。2013年と2014年の優勝者で、インターナショナルマスター (IM) の称号を有する。2014年から2015年にかけてはグランドマスターの称号も有していた。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とガイオズ・ニガリジェ · 続きを見る »

キルサン・イリュムジーノフ

ルサン・ニコラーエヴィチ・イリュムジーノフ(キルサーン・ニカラーイェヴィチュ・イリュムジーナフ;ラテン文字転写の例:Kirsan Nikolayevich Ilyumzhinov、1962年4月5日 - )は、ロシア連邦の政治家。カルムイク共和国(カルムイキア共和国)初代大統領(在任中に首長と変更)を務めた。国際チェス連盟(FIDE)会長。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とキルサン・イリュムジーノフ · 続きを見る »

ケネス・ロゴフ

ネス・ロゴフ(Kenneth Saul Rogoff、1953年3月22日 - )は、ニューヨーク州ロチェスター生まれのアメリカの経済学者。現在、ハーバード大学教授。専攻は国際マクロ経済学、国際金融論。ニューケインジアンの一人と呼ばれている。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とケネス・ロゴフ · 続きを見る »

ゲオルギー・アグザモフ

ルギー・タズィエヴィチ・アグザモフ (Георгий Таджиевич Агзамов、ラテン文字: Georgy Tadzhikhanovich Agzamov, 1954年9月6日 – 1986年8月27日) はアルマリク出身のソビエト連邦のチェス選手であり、グランドマスターである。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とゲオルギー・アグザモフ · 続きを見る »

コーネル・ヒュー・オドネル・アレグザンダー

ーネル・ヒュー・オドネル・アレグザンダー (Conel Hugh O'Donel Alexander, CMG, CBE; 1909年4月19日 - 1974年2月15日)は、アイルランド生まれのイギリスの暗号解読者、チェス選手、およびチェス本の著者。第二次世界大戦中にブレッチリー・パークでドイツのエニグマを解読する任務に従事し、その後も政府通信本部の暗号解読部門を20年以上も率いた。チェスにおいては二度となり、インターナショナルマスターのタイトルを勝ち取った。刊行物においてはたいていC.H.O'D.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とコーネル・ヒュー・オドネル・アレグザンダー · 続きを見る »

シュフラト・サフィン

2008年にドレスデンで開催されたチェス・オリンピアードに出場した際のシュフラト・サフィン シュフラト・サフィン(Shukhrat Safin、1970年4月3日 – 2009年9月20日)は、ウズベキスタンのサマルカンド出身のチェス選手。1999年より、グランドマスターに選ばれている。チェス・オリンピアードや世界チェス選手権にウズベキスタン代表として出場していた。 2009年9月20日、39歳の若さで白血病により亡くなった。 Category:ウズベキスタンのチェス選手 Category:サマルカンド出身の人物 Category:1970年生 Category:2009年没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とシュフラト・サフィン · 続きを見る »

ジュリオ・ポレリオ

ジュリオ・チェーザレ・ポレリオ(Giulio Cesare Polerio, 1548年ランチャーノ-1612年ローマ)はイタリアのチェスの選手。 ランチャーノがアブルッツォ地方にあるためラブルッツェーゼ(l'Abruzzese)と呼ばれたポレリオは1575年、友人のジョヴァンニ・レオナルドに同行してマドリッドに赴いた。彼らはチームとしてプレーし、手強いルイ・ロペスやスペインのほかのチェスマスターであるアルフォンソ・セロンとチェスの腕を競った。このイタリア人たちにはパオロ・ボーイ、通称イル・シラクザーノ(Il Siracusano)が加わった。 1575年の試合の後、ポレリオはマドリッドに残ることに決めた。1580年と1600年の間に書かれたいくつかの手稿本が彼に帰せられている。当時のスペインとイタリアのチェスを鑑賞することができるのは、主に彼の作品による。 ローマへの帰還の後、ポレリオはソーラ公ジャコモ・ボンコンパーニのチェスの師になった。1606年、彼はローマでジェロニモ・カッショとの試合に敗れた。 Category:イタリアのチェス選手 Category:イタリア史の人物 Category:1548年生 Category:1612年没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とジュリオ・ポレリオ · 続きを見る »

ジョージ・ゴシップ

ジョージ・ゴシップ ジョージ・ハットフィールド・ディングリー・ゴシップ(George Hatfeild Dingley Gossip 1841年12月6日 - 1907年5月11日)は、アメリカおよびイングランド人のチェスプレイヤー。およびチェスにかんする作家。 ジョージはイギリスおよび国際的なチェスのトーナメントに1870年から1895年まで参加した。最も強いトーナメントが最後となったため、作家のG・H・ディグルは彼を「the King of Wooden Spoonists」と呼んだ。 The Chess-Player's Manual: A Complete Guideという900ページにおよぶ論文を1874年に作り、多くの評論家により受け入れられている。 Category:1841年生 Category:1907年没 Category:アメリカ合衆国のチェス選手 category:ニューヨーク市出身の人物 category:アメリカ系イギリス人.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とジョージ・ゴシップ · 続きを見る »

ジョアッキーノ・グレコ

ジョアッキーノ・グレコ(Gioachino Greco, 1600年 - 1630年或いは1634年)、別名イル・カラブレーゼ(Il Calabrese)はイタリアのチェスの選手で、競技と本の著作で収入を得た、歴史上最初の職業的チェスの選手。シシリアン・ディフェンスを多用した。 カラブリア州のコゼンツァの近くのチェーリコで1600年頃に生まれた。カラブリアはすでに、レオナルド・ディ・ボノ、ミシェル・ディ・マウロといったチェスの名手を輩出していた。グレコ自身の文書によると彼は教育を受けず、下層階級の出身である。1619年に、グレコはチェスの戦術やゲームを記録として集め始め、裕福な後援者に原稿の写しを許可するようになった。ローマでは非常に人気があったが、グレコは1621年に自身の力を試すためにパリやロンドンに旅立った。ロンドンにたどり着いた彼は、同地の最高のプレイヤーたちをすべて倒した。この時、フランシスコ・ドルフィン卿とニコラスは、彼の原稿の写しを与えられた。ロンドン滞在中、グレコは研究と原稿への追加のために、すべての対局を記録するということを思いついた。彼はこのアイデアに沿って原稿を書き直した後、1624年にパリに戻った。それからスペインに行って、国王フェリペ4世の裁判官をした。そこで、グレコは彼の良き指導者と当時の彼自身以外の最も強いプレーヤー、マリアーノ・モラノを倒した。彼は、彼はスペインの貴族によって西インド諸島(アメリカの領土)へ旅立つことに誘われたもののイタリアに帰国した。その後彼は病気になって、30歳或いは34歳という若い年齢で死去した。彼は気前良くイエズス会にチェスで稼いだ全てのお金を寄付した。 Category:イタリアのチェス選手 Category:イタリア史の人物 Category:1600年生 Category:1630年代没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とジョアッキーノ・グレコ · 続きを見る »

ジョエル・ローティエ

ョエル・ローティエ(Joël Lautier 、1973年4月12日 - )は、カナダ出身の日系フランス人のチェス選手。グランドマスターの称号を持つ。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とジョエル・ローティエ · 続きを見る »

ジークベルト・タラッシュ

ークベルト・タラッシュ(Siegbert Tarrasch、1862年5月5日 - 1934年2月17日)は、ドイツのチェスプレーヤー。ブレスラウ(現・ヴロツワフ)生まれ。ヴロツワフはポーランドの都市だが、タラッシュが生まれた当時のブレスラウはドイツの都市だった。 1914年に世界で最初にグランドマスターとなった5人のチェスプレーヤーの1人である(他の4人はエマーヌエール・ラスカー、ホセ・ラウル・カパブランカ、アレクサンドル・アレヒン、フランク・マーシャル)。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とジークベルト・タラッシュ · 続きを見る »

ズデンコ・コジュル

デンコ・コジュル(Zdenko Kožul、1966年5月21日 - )は、クロアチアのチェス選手(グランドマスター)。2006年度の欧州王者。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とズデンコ・コジュル · 続きを見る »

セルゲイ・カヤキン

ルゲイ・カヤキン(Sergey Karjakin、ロシア語:Сергей Карякин、ウクライナ語:Сергій Карякін、1990年1月12日‐)は、シンフェロポリ出身のロシア(以前はウクライナ)のチェスグランドマスターである。早熟の天才で、歴史上最も若い12歳7カ月でグランドマスターとなった。2009年7月のFIDEのイロレーティングでは、ウクライナで2番目の世界20位にランクされ、20歳以下でも世界第2位である。キャリア最高レートは2008年1月の2732。 2009年7月25日、カヤキンはロシアの国籍を得て、それ以降はロシアでプレーしている。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とセルゲイ・カヤキン · 続きを見る »

サミュエル・ハーマン・レシェフスキー

ミュエル・ハーマン・レシェフスキー(Samuel Herman Reshevsky、1911年11月26日 - 1992年4月4日)はポーランド生まれのアメリカ合衆国のチェスプレーヤーでグランドマスター。ユダヤ系である。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とサミュエル・ハーマン・レシェフスキー · 続きを見る »

サム・ロイド

ム・ロイド(Sam Loyd,本名サミュエル・ロイド(Samuel Loyd)、1841年1月31日 - 1911年4月10日)は、アメリカのパズル作家でレクリエーション数学者。 サム・ロイド.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とサム・ロイド · 続きを見る »

サボー・ラースロー (チェスプレイヤー)

ボー・ラースロー(Szabó László、1917年3月19日 - 1998年8月8日)は、ハンガリー出身のチェスグランドマスター。 ハンガリーの首都ブダペスト生まれ。1935年にわずか18歳ながら神聖のごとくハンガリー国内に限らず世界のチェス界に現る。1935年にはハンガリーチェス代表としてワルシャワチェス・オリンピアード(en)に出場。オリンピアード大会の観客は、彼の祖国が長く採用した固くてポジティブなアプローチに反するスタイルのチェスをする若者の才能に驚く。 若いSzabóは、以前に訓練された将来の世界チャンピオンであるMax EuweとVera Menchikを持つハンガリーのチェスの家長であるGézaMaróczyの指導の下で学んだとされる。 第二次世界大戦以前には、ヘイスティングス(en)1938/39(彼との長い関係を保持する大会)での勝利を含む数々の活躍を見せることとなる。彼は当時、外為法を扱う銀行員として働いていた。 その後、戦争の発生時に、Szabóは強制労働部隊(en)に拘束され、後に彼を戦争の捕虜としたロシア軍によって捕獲された。戦争の後、彼はチェスに戻り、多くの主要な国際イベントに参加。ボトロニク、ユーエ、スミスロフ、ナドルフ、ボレスラーフスキー、コトフを含む非常に強力なトーナメントであるグローニンゲン1946では5位に入賞。 1948年のSaltsjöbadenInterzonalで、彼はBronsteinに次いく2位になり、Hastings 1947/48、Budapest 1948、Hastings 1949/50でのトーナメントでは立て続けに優勝した。 1955年のSaltsjöbaden1952 IntertonalとGothenburg Interzonal大会では他のライバルと共に引き分けで5位に入賞。この結果は彼のチェスの対戦スタイルとそれまでの対戦成績が、輝かしいものであったことを意味しました。特に1956年にアムステルダムで開催された大会では、彼が世界チャンピョンに最も近かった大会とされている。結果、彼はBronstein、Geller、Petrosian、SpasskyとSmyslovとKeresと共に3位になる。 1960年代から1970年代にかけても、彼の対戦スタイルと強さは全く衰えることはなかった。1964年ザグレブ大会、1965年ブダペスト大会(PolugaevskyとTaimanovと共に)、1972年サラエボ大会、 1976年Hilversum大会、それら全てで優勝。そして1973/74Hastings大会ではGennady Kuzmin、Timman、Talと共に優勝を飾る。 生前計11回のオリンピックにハンガリー代表として出場し、数々のメダルと獲得。ハンガリーで20年間にわたりチェストッププレーヤーとして活躍し、世界ランキングでは世界12位まで上り詰めた。 彼の家族はクリーブランド公共図書館(en)ジョンG.ホワイトチェスとチェッカーコレクションに生前の彼の私物などを寄付。世界で最大のチェス図書館として彼の偉業と共に今も残っている。(32,568巻の本と連載、6,359巻の定期刊行物を含む) Category:ハンガリーのチェス選手 Category:ブダペスト出身の人物 Category:1917年生 Category:1998年没.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧とサボー・ラースロー (チェスプレイヤー) · 続きを見る »

全日本チェス選手権

全日本チェス選手権(ぜんにほん-せんしゅけん)は、日本のチェスの棋戦である。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と全日本チェス選手権 · 続きを見る »

国際チェス連盟のタイトル

国際チェス連盟のタイトル(こくさいチェスれんめいのタイトル)は、国際チェス連盟がチェスプレーヤーに各々の成績を基にして授与する称号である。タイトルの取得には通例イロレーティングとノームが基準以上に達することが必要である。国際チェス連盟のタイトルは一度取得すれば終身有効である。男女を問わず取得出来るタイトルの他に、女性のプレーヤーのみ取得できるタイトルもある。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と国際チェス連盟のタイトル · 続きを見る »

羽生善治

羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 - )は、日本の将棋棋士。十九世名人、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖の称号資格保持者、及び名誉NHK杯選手権者の称号保持者襲位(就位)は原則引退後。名誉NHK杯選手権者のみ即日就位。。二上達也九段門下。棋士番号は175。埼玉県所沢市出身。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と羽生善治 · 続きを見る »

青嶋未来

青嶋 未来(あおしま みらい、1995年2月27日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士。安恵照剛門下。棋士番号は300。静岡県三島市出身、東京都港区在住日本将棋連盟 2015年2月16日、港区立神応小学校、麻布中高校卒。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と青嶋未来 · 続きを見る »

許イク華

許 昱華(きょ いくか、簡体字:许昱华、 拼音:Xǔ Yùhua、1976年10月29日-)は、浙江省金華市出身の中国人のチェスグランドマスターで2006年から2008年の女子世界チャンピオンである。謝軍、諸宸に次いで3人目の中国人世界王者となった。法学部卒業。 2006年3月25日、彼女はロシアのエカテリンブルクで開催された世界女子チェス選手権に出場し、4回戦制の決勝3試合目でロシアのアリサ・ガリアモワを2.5ポイントで破り、優勝した。このトーナメントには64人が参加し、その中には前チャンピオンの諸宸や、圧倒的な強さを誇っていたブルガリアのAntoaneta Stefanovaも参加していた。彼女はこの時、妊娠3ヶ月だった。彼女はこの選手権で優勝して、中国人として22人目のグランドマスターとなった。 許は、南京市で2009年9月から10月に開催された第2回FIDE Women Grand Prixでも優勝した。 普段は中国チェスリーグの浙江省チェスクラブでプレーしている。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と許イク華 · 続きを見る »

諸宸

諸宸(Zhu Chen、ツー・チェン、1976年3月16日-)は、中華人民共和国浙江省温州市出身のチェスのグランドマスターである。キャリア最高レーティングは、2008年1月の2548。2001年に謝軍に次ぎ、中国で2人目の女性世界チャンピオンになった。清華大学の修士課程出身。 2001年、中国では12人目のグランドマスターとなった。2009年現在、カタールでプレーしている。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と諸宸 · 続きを見る »

若島正

若島 正(わかしま ただし、1952年8月10日 - )は日本の英文学者、京都大学名誉教授、翻訳家。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と若島正 · 続きを見る »

東公平

東 公平(ひがし こうへい、1933年 - )は、日本の将棋観戦記者でチェスプレーヤー。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と東公平 · 続きを見る »

森内俊之

森内 俊之(もりうち としゆき、1970年10月10日 - )は、将棋棋士。十八世名人資格保持者。 棋士番号は183。勝浦修九段門下。神奈川県横浜市出身。 日本将棋連盟棋士会副会長(2009年4月 - 2011年3月)。 2017年5月より日本将棋連盟専務理事。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と森内俊之 · 続きを見る »

権田源太郎

権田 源太郎(ごんだ げんたろう、1950年 - )は、日本の実業家。権田金属工業の社長。また、通算12回チェスの全日本チャンピオンになる等チェスプレーヤーとしても活動している。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と権田源太郎 · 続きを見る »

渡井美代子

渡井 美代子(わたい みよこ、1945年1月8日 - )は、日本のチェスプレーヤーで、自称日本チェス協会会長代行(2003年1月に死去した会長の残余の任期は終了しているため、実際には会長代行とは言えない)。第1期全日本女子選手権チャンピオン。失踪したチェス元世界チャンピオンのボビー・フィッシャーを匿ったことでも知られる。 埼玉県出身。明治薬科大学卒業。学生時代の恋人の影響でチェスを始め、薬剤師をしながらチェスプレーヤーとして活動していたが、その後薬剤師の仕事を辞め、日本チェス協会の秘書・事務局長を歴任した。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と渡井美代子 · 続きを見る »

渡辺暁

渡辺 暁(わたなべ あきら、1972年 - )は日本のラテンアメリカ研究者『ボビー・フィッシャー 魂の60局』、289頁。、チェスプレーヤー。2012年現在、山梨大学准教授。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と渡辺暁 · 続きを見る »

有田謙二

有田 謙二(ありた けんじ、1946年『定跡と戦い方』 新装版、211頁。 - )は、日本のチェスプレーヤー。.

新しい!!: チェスプレーヤーの一覧と有田謙二 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

チェスプレーヤーチェスプレイヤーチェス棋士チェス選手

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »