ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ダニエル電池

索引 ダニエル電池

ダニエル電池(-でんち)とはジョン・フレデリック・ダニエルが1836年に発明した電池のことで、起電力1.1Vの化学一次電池である。 アレッサンドロ・ボルタが1800年頃発明したボルタ電池は、希硫酸にマイナス側が亜鉛極板、プラス側が銅極板という組合わせであるが、プラス側で水素が発生して分極をおこし、すぐに起電力がなくなる欠点があった。ダニエル電池は素焼きの容器で電解液を分離しプラス側に硫酸銅溶液、マイナス側に硫酸亜鉛溶液を用いることによって起電力の変化が少なく、気体も発生しない実用性が向上した電池となった。 ダニエル電池の放電を持続させるためには、ZnSO4水溶液の濃度を薄く、CuSO4水溶液の濃度を濃くすると良い。こうすると電解質濃淡電池の原理も利用できるからである。.

15 関係: 一次電池亜鉛ボルタ電池アレッサンドロ・ボルタジョン・フレデリック・ダニエル硫酸亜鉛硫酸銅起電力電極電池水素濃淡電池1800年1836年

一次電池

一次電池(いちじでんち)とは、直流電力の放電のみができる電池(化学電池)であり、二次電池に対するそれ以外の電池のことである。二次電池が登場した際にレトロニムとして区分された呼称である。 放電が進むと放電生成物が生じ、逆起電力によって電圧が下がる。放電に伴って生成した放電生成物を減極剤と反応させることにより放電に無害な物質に変える。 使用に伴って放電電圧は徐々に低下し、ある一定限度以下では実際上役に立たなくなるためその時点で寿命となる。この点では、充放電を繰り返す間での性能低下を寿命とする二次電池とは対照的である。充電すると実際には電圧が回復するが、液漏れや破裂の危険を伴うためメーカーでは推奨しておらず行わない方が良い。化学反応であるため、温かな環境では反応が進み放電電圧も維持できる傾向があり、逆に寒冷地では電圧が低下する。 19世紀初頭、商用電力の普及以前には、二次電池である鉛蓄電池などを充電するにはダニエル電池のような一次電池からの充電が唯一の手段であったため、充電電力を供給する側の電池に対し一次電池 (Primary Cell)、充電される側の電池に対し、二次電池 (Secondary Cell) の名が与えられた。.

新しい!!: ダニエル電池と一次電池 · 続きを見る »

亜鉛

亜鉛(あえん、zinc、zincum)は原子番号30の金属元素。元素記号は Zn。亜鉛族元素の一つ。安定な結晶構造は、六方最密充填構造 (HCP) の金属。必須ミネラル(無機質)16種の一つ。.

新しい!!: ダニエル電池と亜鉛 · 続きを見る »

ボルタ電池

銅と亜鉛を用いたボルタ電池の仕組み 宇田川榕菴の「舎密開宗」より、ボルタ電池の解説 ボルタ電池(ボルタでんち)とは、イタリアの物理学者、ボルタが考えた起電力0.76Vの一次電池であり、最初のガルバニ電池である。1794年に発明されたボルタ電堆を改良したもので、1800年に発明された。.

新しい!!: ダニエル電池とボルタ電池 · 続きを見る »

アレッサンドロ・ボルタ

アレッサンドロ・ジュゼッペ・アントニオ・アナスタージオ・ヴォルタ伯爵(Il Conte Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta、1745年2月18日 - 1827年3月5日)は、イタリアGiuliano Pancaldi, "Volta: Science and culture in the age of enlightenment", Princeton University Press, 2003.

新しい!!: ダニエル電池とアレッサンドロ・ボルタ · 続きを見る »

ジョン・フレデリック・ダニエル

ョン・フレデリック・ダニエル(John Frederic Daniell、1790年3月12日 - 1845年3月13日)はイギリスの化学者、物理学者である。ダニエル電池に名前を残している。 ロンドンに生まれた。1831年に新しく作られたキングス・カレッジ・ロンドンの最初の化学の教授になった。最も知られた功績はダニエルの電池を1836年に発明したことである。1820年に露点を利用するダニエル湿度計、1830年に銅-亜鉛の熱電対も発明した。1813年王立協会フェロー選出。 1837年コプリ・メダル、1842年ロイヤル・メダル受賞。.

新しい!!: ダニエル電池とジョン・フレデリック・ダニエル · 続きを見る »

硫酸亜鉛

硫酸亜鉛(りゅうさんあえん Zinc sulfate)は、硫酸と亜鉛の塩である。水溶液から結晶化させると、温度によって7、6、または1水和物が得られる。皓礬(こうばん)とも呼ばれる斜方晶で水によく溶け、繊維工業、医薬品、また条件付きで食品添加物にも使用される。 粗製亜鉛から湿式精錬によって亜鉛を精錬するときの中間生成物である。 7水和物では、H2O6分子が亜鉛に、1分子が硫酸イオンの酸素に配位している。 加熱すると約250°Cで無水物(密度3.74g/cm3)となり、600°CでZn3O(SO4)2に、930°Cで酸化亜鉛ZnOに分解する。.

新しい!!: ダニエル電池と硫酸亜鉛 · 続きを見る »

硫酸銅

硫酸銅(りゅうさんどう、Copper sulfate)は、銅の硫酸塩である。組成の違いにより、硫酸銅(I)(Cu2SO4)と硫酸銅(II)(CuSO4)がある。 通常、『硫酸銅』というと、硫酸銅(II)五水和物(CuSO4・5H2O)を指す。 Image:No image available.svg|硫酸銅(I) Image:Copper_sulfate.jpg|硫酸銅(II)五水和物 Category:銅の化合物 Category:硫酸塩.

新しい!!: ダニエル電池と硫酸銅 · 続きを見る »

銅(どう)は原子番号29の元素。元素記号は Cu。 周期表では金、銀と同じく11族に属する遷移金属である。英語でcopper、ラテン語でcuprumと言う。.

新しい!!: ダニエル電池と銅 · 続きを見る »

起電力

起電力(きでんりょく、electromotive force, EMF)とは、電流の駆動力のこと。 または、電流を生じさせる電位の差(電圧)のこと。単位は電圧と同じボルト (Volt, V) を用いる。 起電力を生み出す原因には、電磁誘導によるもの(発電機)、熱電効果(ゼーベック効果)によるもの(熱電対)、 光電効果(光起電力効果)によるもの(太陽電池)、化学反応によるもの(化学電池)などがある。 これらのうち、本項では化学反応によるもの、すなわち化学電池の起電力について主に記述する。.

新しい!!: ダニエル電池と起電力 · 続きを見る »

電極

電極(でんきょく)とは、受動素子、真空管や半導体素子のような能動素子、電気分解の装置、電池などにおいて、その対象物を働かせる、あるいは電気信号を測定するなどの目的で、電気的に接続する部分のことである。 また、トランジスタのベース、FETのゲートなど、ある電極から別の電極への電荷の移動を制御するための電極もある。.

新しい!!: ダニエル電池と電極 · 続きを見る »

電池

アルカリマンガン乾電池 電池(でんち)は、何らかのエネルギーによって直流の電力を生み出す電力機器である。化学反応によって電気を作る「化学電池」と、熱や光といった物理エネルギーから電気を作る「物理電池」の2種類に大別される。.

新しい!!: ダニエル電池と電池 · 続きを見る »

水素

水素(すいそ、hydrogenium、hydrogène、hydrogen)は、原子番号 1 、原子量 1.00794の非金属元素である。元素記号は H。ただし、一般的には「水素」と言っても、水素の単体である水素分子(水素ガス) H を指していることが多い。 質量数が2(原子核が陽子1つと中性子1つ)の重水素(H)、質量数が3(原子核が陽子1つと中性子2つ)の三重水素(H)と区別して、質量数が1(原子核が陽子1つのみ)の普通の水素(H)を軽水素とも呼ぶ。.

新しい!!: ダニエル電池と水素 · 続きを見る »

濃淡電池

濃淡電池(のうたんでんち)とは、電池の形態の1つであり、電解質濃淡電池と電極濃淡電池に分類できる。化学電池として陽極と陰極の電極のイオン化傾向の差を利用したダニエル電池などがよく知られているが、たとえ陽極と陰極に同じ金属(したがってイオン化傾向も同じ)を用いたとしても陽極と陰極とで電解質の濃度が違った場合は電池になることができ、これが電解質濃淡電池である。また陽極板と陰極板として同じ金属板を用いて片方の金属板で何らかの物質(気体でも何でも良い)がイオン化しやすい(またはイオン化しにくい)状況を作ることができれば電池になることができ、これが電極濃淡電池である。.

新しい!!: ダニエル電池と濃淡電池 · 続きを見る »

1800年

18世紀最後の年である100で割り切れてかつ400では割り切れない年であるため、閏年ではない(グレゴリオ暦の規定による)。。.

新しい!!: ダニエル電池と1800年 · 続きを見る »

1836年

記載なし。

新しい!!: ダニエル電池と1836年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »