ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ダッソー

索引 ダッソー

ダッソー はマルセル・ダッソーが創立したフランスの複合企業で、親会社はグループ・ダッソー ((GIMD)、または単に)。航空機メーカーのダッソー・アビアシオン (Dassault Aviation) がグループ起源の企業であり、グループ・ダッソーがダッソー・アビアシオンの株式50.21%を保有している。大手日刊紙のル・フィガロやCADソフトウェアCATIA V4,V5,V6で知られるダッソー・システムズなどを傘下に持つ。 本社はサン=クルーにあり、2017年現在の会長兼最高経営責任者は()、名誉会長はマルセルの息子セルジュ・ダッソー。.

47 関係: 合名会社合同会社合資会社ミラージュ2000 (戦闘機)ミラージュ5 (航空機)ミラージュF1 (戦闘機)ミラージュIII (戦闘機)ミラージュIV (航空機)ミステール (航空機)マルセル・ダッソーユダヤ人ラファール (航空機)レジスタンス運動ワイナリーブレゲー (航空機メーカー)フランスフィガロ (新聞)ダッソー メルキュールダッソー ファルコンダッソー MD 315ダッソー・システムズウーラガン (航空機)エタンダールIV (航空機)コングロマリットシュペルミステール (航空機)シュペルエタンダールシュド・ウエストサン=クルーCADCATIA競売第一次世界大戦第二次世界大戦航空機メーカーの一覧電気自動車MB.150 (航空機)SABCA株式会社有限会社最高経営責任者12月20日1929年1936年1947年1971年1990年2017年

合名会社

合名会社(ごうめいがいしゃ、Kollektivgesellschaft、société en nom collectif 日本法上のものはgeneral partnership companyなどと英訳される)とは、無限責任を負う社員のみから構成される会社形態。日本の会社法においては持分会社の一類型とされている。合名会社の商号中には、「合名会社」という文字を用いなければならない(会社法第6条、旧商法17条)。略する場合「(名)」(銀行振込の場合は「メ」)と略される。英文では"GMK" (GoMei Kaisha) と略すこともあるようである。.

新しい!!: ダッソーと合名会社 · 続きを見る »

合同会社

合同会社(ごうどうがいしゃ)とは、日本における会社形態の1つである。アメリカ合衆国各州の州法で認められるLLC をモデルとして導入されたので、日本版LLCともいわれる。法人名を英文表記する場合に「〜 LLC」として使用が可能であり、定款に英文社名を記載する際にも使用できる。LLC以外では、西友や旧EMGマーケティングのように、GK.やG.K.を用いる法人もある。 合同会社のすべての社員は、株式会社の株主(.

新しい!!: ダッソーと合同会社 · 続きを見る »

合資会社

合資会社(ごうしがいしゃ、、、、)とは、大陸法上の会社形態で、コンメンダに由来する有限責任社員と無限責任社員から構成される組合類似の組織を有するのが特徴である。 日本の他、フランス、ドイツ、米国ルイジアナ州などの大陸法諸国において認められる制度であるが、英米法においてもリミテッド・パートナーシップと呼ばれる類似の企業形態が制定されている。日本法の法令用語としては日本の会社法上のものを指す場合と、類似の形態の外国会社を含む場合とがある。日本法上の合資会社は、英語表記ではlimited partnership companyなどとされる。 会社名の一部として略称を用いる場合は、一般的には「(資)」(銀行振込の場合は「シ」)とされる。英語表記では"GSK"(GoShi Kaisha)と略すことが多い。 会社法は、以下で条数のみ記載する。.

新しい!!: ダッソーと合資会社 · 続きを見る »

ミラージュ2000 (戦闘機)

ダッソー ミラージュ2000(Dassault Mirage 2000)は、フランスのダッソー社製の軍用機。もとは迎撃戦闘機の要求に基づいて開発され、第4世代ジェット戦闘機としては小型・軽量な戦闘機であるが、改良が続けられた結果、世界的に有名なミラージュ・シリーズ初のマルチロール機となった。フランス空軍の他に、8か国の空軍に採用された。.

新しい!!: ダッソーとミラージュ2000 (戦闘機) · 続きを見る »

ミラージュ5 (航空機)

ミラージュ5(Mirage 5)は、フランスのダッソー社がミラージュIII Eをベースとして開発した戦闘爆撃機。 本項では、発展型のミラージュ50(Mirage 50)についても解説する。.

新しい!!: ダッソーとミラージュ5 (航空機) · 続きを見る »

ミラージュF1 (戦闘機)

ミラージュF1(Mirage F1)はフランスのダッソー社製の戦闘機である。1970年代を代表する戦闘機の一つであり、多くの国で使用されている。(『Mirage』はフランス語で、『幻影』や『蜃気楼』のこと。)ダッソー社が世に送り出した戦闘機ミラージュ・シリーズにおいて唯一、通常の水平尾翼を備えている。.

新しい!!: ダッソーとミラージュF1 (戦闘機) · 続きを見る »

ミラージュIII (戦闘機)

ミラージュIII(Mirage III)は、フランスのダッソー社が開発した戦闘機である。デルタ翼が特徴的な単発機で、各国へ輸出された。Mirageはフランス語で幻影あるいは蜃気楼を意味する。.

新しい!!: ダッソーとミラージュIII (戦闘機) · 続きを見る »

ミラージュIV (航空機)

ミラージュIV(Mirage IV)は、フランスの超音速戦略爆撃機。 フランスの核抑止力(Force de Frappe)として最初に戦力化された。.

新しい!!: ダッソーとミラージュIV (航空機) · 続きを見る »

ミステール (航空機)

ミステール (Mystère) は、フランスのダッソー・ブレゲー社が開発した戦闘機である。フランス初の実用国産ジェット戦闘機であるウーラガンを元に開発された機体で、当初はウーラガンを後退翼にしただけの機体だったが、後期の型では再設計され別の機体と呼んでよい程改修されていた。1951年に初飛行し、後期生産型であるミステールIVはスエズ動乱で活躍した他、インド、イスラエルに輸出された。 なお、ミステールとは「神秘」という意味。.

新しい!!: ダッソーとミステール (航空機) · 続きを見る »

マルセル・ダッソー

マルセル・ダッソー(1914年) マルセル・ダッソー(Marcel Dassault 、1892年1月22日 - 1986年4月17日)はフランスの航空機製造者で、グループ・ダッソー (Groupe Industriel Marcel Dassault (GIMD))複合企業体の創始者。出生時の名前はマルセル・ブロック (Marcel Bloch)。.

新しい!!: ダッソーとマルセル・ダッソー · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: ダッソーとユダヤ人 · 続きを見る »

ラファール (航空機)

ラファール(Rafale)は、フランスのダッソー社が開発した戦闘機。フランス空軍・海軍でマルチロール機として運用されている。当初フランスは、イギリス、ドイツとの共同開発で欧州戦闘機開発を行っていたが、軍事的・政治的理由(後述)で脱退。その後、単独で開発に着手し、完成させた。 クロースカップルドデルタ(close coupled canard/delta)と呼ばれる無尾翼デルタ式にカナード翼を組み合わせた翼を持つ。機体名称は、フランス語で「疾風、突風」の意味。.

新しい!!: ダッソーとラファール (航空機) · 続きを見る »

レジスタンス運動

レジスタンス運動(レジスタンスうんどう、Résistance、Resistance)は、権力者や占領軍に対する抵抗運動を指す用語である。レジスタンス集団(レジスタンスしゅうだん)とも称される。.

新しい!!: ダッソーとレジスタンス運動 · 続きを見る »

ワイナリー

ワイン樽 ワイナリー()は、ワインを生産する建物または不動産、もしくはワイン会社などワイン製造に関わる事業をいう。ワイン販売会社によっては自社ワイナリーを所有するものがある。ワイン製造の設備のほかに、大規模なワイナリーでは倉庫、ビン詰めライン、研究室、巨大なタンクなども備えているものがある。.

新しい!!: ダッソーとワイナリー · 続きを見る »

ブレゲー (航空機メーカー)

ブレゲー()はフランスに存在した航空機メーカーである。.

新しい!!: ダッソーとブレゲー (航空機メーカー) · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ダッソーとフランス · 続きを見る »

フィガロ (新聞)

『ル・フィガロ』 (Le Figaro) は、フランスの日刊紙。1826年に発行され、フランス国内では最も古い歴史を持つ。現在の親会社はグループ・ダッソー (Groupe Industriel Marcel Dassault (GIMD)。 論調は中道右派、もしくは右派。発行部数は約31.7万部(2015年)。フィガロという名前はカロン・ド・ボーマルシェの戯曲『フィガロの結婚』の登場人物から。本社所在地は、パリ9区オスマン大通り (Boulevard Haussmann) 14番地。;近年の発行部数 出典:発行部数監査事務所 (OJD).

新しい!!: ダッソーとフィガロ (新聞) · 続きを見る »

ダッソー メルキュール

ダッソー メルキュール(Dassault Mercure)は、フランスの航空機メーカーであるダッソーが開発した双発ジェット旅客機である。メルキュールはフランス語で水星の意味。 米国のボーイング737と同じようなコンセプトで作られており外観もよく似ていたが、737よりも主翼が大きく胴体幅もわずかに広かった。短距離路線の市場を目指していたが、世界の航空会社の受注は中距離路線にも投入できる上に割安な737に集まったため、量産されたジェット旅客機のなかでも最少の12機の製造にとどまった。.

新しい!!: ダッソーとダッソー メルキュール · 続きを見る »

ダッソー ファルコン

ダッソー ファルコンは、フランスのダッソー社が生産・販売しているビジネスジェット機。.

新しい!!: ダッソーとダッソー ファルコン · 続きを見る »

ダッソー MD 315

ダッソー MD 315 フラマン(Dassault MD 315 Flamant)は、第二次世界大戦後間もなくダッソー社がフランス空軍向けに製造したフランスの小型双発輸送機である。.

新しい!!: ダッソーとダッソー MD 315 · 続きを見る »

ダッソー・システムズ

ダッソー・システムズ(Dassault Systèmes)は、フランスの複合企業体「グループ・ダッソー(Groupe Dassault)」に属するソフトウェア会社。.

新しい!!: ダッソーとダッソー・システムズ · 続きを見る »

ウーラガン (航空機)

MD.450 ウーラガン (Ouragan) は、フランスのダッソー・ブレゲー社が開発したフランス初の実用国産ジェット戦闘機である。、1947年から開発が開始され、当初はダッソー社が自社資金で原型機開発に着手していたが、1948年6月に空軍から3機の発注を受け、初号機は1949年2月28日に初飛行した。50年代前半のフランス空軍の主力戦闘機で、1951年12月から生産が開始され、約350機が1954年の夏まで生産された。フランス以外ではインド、イスラエルにも輸出され、それぞれ印パ戦争、中東戦争に投入されている。後のミステールシリーズや、シュペルミステールの原型機となった機体でもある。なお、「ウーラガン」とは嵐の意味である。.

新しい!!: ダッソーとウーラガン (航空機) · 続きを見る »

エタンダールIV (航空機)

ダッソー エタンダールIV(Étendard IV)は、フランスの戦闘攻撃機。フランス海軍に艦上戦闘攻撃機及び偵察機として採用された。Étendardとはフランス語で軍旗のこと。 ダッソーによりフランス空軍にシュペルミステールの技術を応用したミステールXXIV軽戦闘攻撃機として提案され、後に改名した試作戦闘攻撃機がエタンダールIVである。エタンダールIVは、NATOの計画に合致しなかったこともあって採用されなかったが、海軍向けに艦上機として再設計した戦闘攻撃機エタンダールIV M及び偵察機エタンダールIV Pとして採用された。エタンダールIV Mを改良したものが、シュペルエタンダールである。.

新しい!!: ダッソーとエタンダールIV (航空機) · 続きを見る »

コングロマリット

ングロマリット(conglomerate)は、直接の関係を持たない多岐に渡る業種・業務に参入している企業体のこと。複合企業(ふくごうきぎょう)とも。主に異業種企業が相乗効果を期待して合併を繰り返して成立する。.

新しい!!: ダッソーとコングロマリット · 続きを見る »

シュペルミステール (航空機)

ュペルミステール (Super Mystère) は、フランスのダッソー・ブレゲー社が開発した戦闘機である。ミステールIV Bを元に開発された機体で、ヨーロッパ初の実用超音速戦闘機であった。.

新しい!!: ダッソーとシュペルミステール (航空機) · 続きを見る »

シュペルエタンダール

ュペルエタンダール(Super Étendard)は、フランスのダッソー・ブレゲー社が開発した遷音速の艦上攻撃機。フランス海軍とアルゼンチン海軍が採用した。1978年より実戦配備され、総生産機数は85機。.

新しい!!: ダッソーとシュペルエタンダール · 続きを見る »

シュド・ウエスト

ュド・ウエスト(Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Sud Ouest:南西航空機製造公社、 略称 SNCASO)は、かつてフランスに存在した航空機メーカーである。 第二次世界大戦の直前、1936年にフランス政府が民間の航空機製造会社を国営化し、統合して6つの地域公社に再編した際に設立された国営企業で、シュド・ウエストはリオレ・エ・オリビエのロシュフォール工場、、マルセル・ブロック、SASO (Société Aéronautique du Sud-Ouest)、UCA (Usine de Construction Aéronautique)、を統合したものである。また、に新たに工場を新設した。 1940年には、同時に設立された別の国営公社SNCAO (Société nationale des constructions aéronautiques de l'ouest:西部航空機製造公社) を吸収統合した。 進取の気風に富んでおり、フランスで最初のジェット機であるシュドウェスト SO.6000 トライトンや翼端噴流式ヘリコプターであるシュド・ウエスト SO.1221の開発を手がけた。 1957年3月に別の国営公社シュド・エスト(Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Sud Est:南東航空機製造公社、略称 SNCASE)と合併して、シュド・アビアシオンになり、1960年よりシュド・アビアシオンは超音速旅客機のシュペル・カラベルの設計を始めたが、開発コストが巨大になるため、イギリスのBACと1962年の11月コンソーシアムをつくり、超音速旅客機「コンコルド」開発を開始した。 シュド・アビアシオンはノール・アビアシオン(Nord-Aviation:北方航空事業)と1970年に合併し、アエロスパシアルになった。さらに国際的なコンソーシアムのエアバスをブリティッシュ・エアロスペース、DASAと作り、最終的には2000年7月10日にドイツのDASAとスペインのCASAと合併して共同会社EADSとなった。EADSはエアバスの親会社である。.

新しい!!: ダッソーとシュド・ウエスト · 続きを見る »

サン=クルー

ン=クルー (Saint-Cloud)は、フランス、イル・ド・フランス地域圏、オー=ド=セーヌ県のコミューン。 コミューンは、セーヌ川をはさんで右岸のブローニュの森と向かい合っており、川を見下ろす傾斜の上にある。サン=クルー公園は古くから知られる、パリ郊外有数の散歩道で、夏季の日曜日に開催されるサン=クルー祭が人気を集める。数世紀にわたり、ヴェルサイユと同様にフランス史で重要な町であり続けた。 グループ・ダッソー本社が置かれており、また、現在もサン=クルー住民の一人当たりの平均資産額は高く、2006年の全世帯平均所得税は33,770ユーロと、国内第23位であった。.

新しい!!: ダッソーとサン=クルー · 続きを見る »

CAD

CAD(キャド、computer-aided design)は、コンピュータ支援設計とも訳され、コンピュータを用いて設計をすること、あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。人の手によって行われていた設計作業をコンピュータによって支援し、効率を高めるという目的からきた言葉である。 CADを「コンピュータを用いた製図(システム)」と解する場合は「computer-assisted drafting」、「computer-assisted drawing」を指し、同義として扱われることもある。 設計対象や目的によりCADD()、CAID()、CAAD()などと区分される場合もある。 日本での定義としてはJIS B3401に記載があり、「製品の形状、その他の属性データからなるモデルを、コンピュータの内部に作成し解析・処理することによって進める設計」となっている。 3次元の作業の場合でも、数値の精密さの必要がないコンピュータゲームや映画やアニメーションなどの制作関係の事柄については「3DCG」を参照。.

新しい!!: ダッソーとCAD · 続きを見る »

CATIA

CATIA(キャティア)とは、ダッソー・システムズが開発したハイエンド3次元CADソフトシリーズである。名称はComputer graphics Aided Three dimensional Interactive Applicationの頭文字である。.

新しい!!: ダッソーとCATIA · 続きを見る »

競売

リスティーズの競売場/2010年10月。 accessdate.

新しい!!: ダッソーと競売 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: ダッソーと第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ダッソーと第二次世界大戦 · 続きを見る »

航空機メーカーの一覧

航空機メーカーの一覧(こうくうきメーカーのいちらん)は、世界の航空機製造会社の一覧である。 航空機メーカーの合併や改称がある場合、原則として記事執筆時点で存続している会社名の下にインデントして、合併前の会社や改名前の会社名を列挙する。会社名の後ろの括弧でくくった年号はその名前での活動期間である。 なお、合併によりどちらかが同名称で残った場合には重複して表記することはしない。.

新しい!!: ダッソーと航空機メーカーの一覧 · 続きを見る »

電気自動車

電気自動車(でんきじどうしゃ、electric car)とは、電気をエネルギー源とし、電動機を動力源として走行する自動車である。.

新しい!!: ダッソーと電気自動車 · 続きを見る »

MB.150 (航空機)

MB.150シリーズは、フランスのブロック社によって開発され、第二次世界大戦で使用された戦闘機である。生産型のMB.151、MB.152合わせて600機以上生産され、ドイツの侵攻時に使われたほか、休戦後はヴィシー政府軍でも使用された。フランス降伏前にMB.151が少数機ギリシアに輸出された。.

新しい!!: ダッソーとMB.150 (航空機) · 続きを見る »

SABCA

SABCA(Société Anonyme Belge de Constructions Aéronautiques)はベルギーの航空宇宙分野の企業である。ダッソーのグループ会社である。破産したフォッカーの保有していたSABCAの株式は Storkが保有している。民間航空や防衛産業の分野で航空機の装備品の設計、製作や航空機の保守業務をおこなっている。SABCAの事業所は3ヶ所あって、ブリュッセルのHaren空港に本社と航空機の近代化業務の部門があり、CharleroiのGosselies空港に航空機の保守、近代化業務の部門があり、ルーメンに装備品製作とエアバスなどに納入する航空機部品を製作する工場がある。 1920年12月6日にベルギーの航空産業の育成を推進したジョルジュ・ネリスによって創設された。ベルギー政府も資金を援助し、ベルギー空軍や、航空会社SNETAに対する納入に独占的な地位を与えた。第一次世界大戦後にドイツで製作された航空機の保守と修理から始まり、モラーヌ・ソルニエ MS.35やフォッカー F-VIIなどのライセンス生産を行った。独自設計の航空機の開発も行いベルギー領コンゴ向けに出荷されたが、おもな業務は他国で開発された航空機のライセンス生産であった。 第二次世界大戦後はベルギー空軍の航空機の保守業務を再開し、1952年にF-84のオーバーホールの契約を獲得し、1953年にGosseliesの工場が完成した。ホーカー ハンター、F-104 、F-16のライセンス生産を行った。1960年代にはダッソー・ブレゲーグループが株式を支配し、資本の一部はフォッカー・VFWが保有した。フォッカーが破綻した後、株式はStorkが保有した。2003年SABCAが改修を行ったミラージュはチリに売却された。 1973年から、エアバスを含むいろいろな航空機の部品の製造に重点を置くようになり、精密計器やサーボ機器の分野で高い評価を得ている。.

新しい!!: ダッソーとSABCA · 続きを見る »

株式会社

株式会社(かぶしきがいしゃ)とは、細分化された社員権(株式)を有する株主から有限責任の下に資金を調達して株主から委任を受けた経営者が事業を行い、利益を株主に配当する、『法人格』を有する企業形態である。.

新しい!!: ダッソーと株式会社 · 続きを見る »

有限会社

有限会社(YK、ゆうげんがいしゃ)とは、日本において過去に設立が認められていた会社形態の1つである。2006年(平成18年)5月1日の会社法施行に伴い根拠法の有限会社法が廃止され、それ以降、有限会社の新設はできなくなった。 会社法施行の際に存在していた有限会社は、以後は株式会社として存続するが、従来の有限会社に類似した経過措置・特則が適用される。かかる株式会社の詳細は「特例有限会社」を参照。また、社名の変更も強制されないため、現在も有限会社を名乗る企業が多数存在する。 以下の記述は、有限会社法に基づく有限会社に関する歴史的記載である。条文は有限会社法。.

新しい!!: ダッソーと有限会社 · 続きを見る »

最高経営責任者

最高経営責任者(さいこうけいえいせきにんしゃ、chief executive officer、略語: CEO)とは、アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会)(board of directors) の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括する役員、執行役員又は執行役(officer、または executive officer)の名称、若しくは最高経営責任者として選任された人物のことである。統括業務執行役員などと和訳されることもある。イギリスにおいては、同様の職務を行う役員を業務執行役員(managing director、略語: )、またはチーフ・エクゼクティブ(chief executive)という。また、非営利団体ではエグゼクティブ・ディレクター(executive director、略語: )の名称が使われることもある。.

新しい!!: ダッソーと最高経営責任者 · 続きを見る »

12月20日

12月20日(じゅうにがつはつか、じゅうにがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から354日目(閏年では355日目)にあたり、年末まであと11日ある。.

新しい!!: ダッソーと12月20日 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: ダッソーと1929年 · 続きを見る »

1936年

記載なし。

新しい!!: ダッソーと1936年 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: ダッソーと1947年 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: ダッソーと1971年 · 続きを見る »

1990年

この項目では、国際的な視点に基づいた1990年について記載する。.

新しい!!: ダッソーと1990年 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: ダッソーと2017年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ダッソー・アビアシオンダッソー・エヴィエーション

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »