ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ダイハツ・ブーン

索引 ダイハツ・ブーン

ブーン(BOON)は、ダイハツ工業が日本国内向けに製造・販売するハッチバック型のコンパクトカーである。.

111 関係: 姉妹車安田顕世界ラリー選手権土屋太鳳圧縮比マレーシアマーケティングマニュアルトランスミッションマゼンタハッチバックバッジエンジニアリングモータースポーツヨーロッパリンク式サスペンショントヨタ・Aプラットフォームトヨタ・ルーミートヨタ・ヴィッツトヨタ・パッソトヨタ・パッソセッテトヨタ・デュエットトヨタ・タンクトヨタ・bBトヨタ・KRエンジントヨタ・NRエンジントヨタ・SZエンジントヨタ自動車トラクションコントロールシステムトレッドトーションビーム式サスペンションプラットフォーム (自動車)プラズマクラスタープロドゥアプロドゥア・マイヴィディスチャージヘッドランプダイハツ工業ダイハツ・ミラダイハツ・ミライースダイハツ・ムーヴダイハツ・トールダイハツ・ブーンルミナスダイハツ・ビーゴダイハツ・クーダイハツ・シャレードダイハツ・ストーリアダイハツ・ソニカダイハツ・K3型エンジンベンチシートアルミホイールアイドリングストップインドネシア...インジェクタエンジンエンストオルタネーターオートマチックトランスミッションキロメートル毎時コンパクトカースマートアシストスマートエントリースバル・デックススバル・ジャスティストラット式サスペンションターボチャージャータコメーターサスペンション前輪駆動国際自動車連盟四輪駆動田中麗奈無段変速機特別仕様車直列3気筒直列4気筒DOHCDVVT高張力鋼鶏卵軽自動車自然吸気英語GAZOOJC08モードOEMSUBARUTRD Sports M排気再循環横滑り防止装置日本自動車連盟擬声語10月3日12月13日12月25日2004年2005年2006年2008年2009年2010年2012年2014年2016年2017年2月15日3月10日4月12日4月14日5月13日5月6日6月27日6月5日6月7日 インデックスを展開 (61 もっと) »

姉妹車

姉妹車(しまいしゃ)とは、外観意匠の部品に差異を設けるなどを行って、異なる名称をつけて販売される自動車やオートバイの車種同士の関係をいう俗称である。兄弟車、双子車とも呼ばれる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと姉妹車 · 続きを見る »

安田顕

安田 顕(やすだ けん、1973年12月8日 - )は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。北海道室蘭市出身。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、TEAM NACS所属(サブリーダー)。2002年からは室蘭ふるさと親善大使。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと安田顕 · 続きを見る »

世界ラリー選手権

| category.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと世界ラリー選手権 · 続きを見る »

土屋太鳳

土屋 太鳳(つちや たお 、1995年2月3日 - )は、日本の女優である。東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。身長は155cm。血液型はO型。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと土屋太鳳 · 続きを見る »

圧縮比

圧縮比(あっしゅくひ、Compression Ratio/CR)とは、内燃機関及び外燃機関の内燃室(ないねんしつ)において、最も容積が大きくなる時の容量と、最も容積が小さくなる時の容量の比率を表す値であり、一般的な熱機関の基本的な仕様となる値でもある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと圧縮比 · 続きを見る »

マレーシア

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、Malaysia、Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとマレーシア · 続きを見る »

マーケティング

マーケティング(marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとマーケティング · 続きを見る »

マニュアルトランスミッション

マニュアルトランスミッション車におけるシフトノブの例 5速マニュアル車のシフトパターンの例 マニュアルトランスミッション()もしくは手動変速機(しゅどうへんそくき)とは運転者が減速比(ギア)を選択して操作するトランスミッション(変速機)。主に内燃機関が原動機である自動車やオートバイ・農業機械などに装備されている。操作が容易なオートマチックトランスミッション(自動変速機)が普及して極めて少数になりつつある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとマニュアルトランスミッション · 続きを見る »

マゼンタ

マゼンタ(マジェンタ、magenta)は色の一つで、明るく鮮やかな赤紫色。紅紫色(こうししょく)とも呼ばれる。色の三原色のひとつにもマゼンタがある。 色のマゼンタは、染料の唐紅(とうべに。マゼンタ、フクシン)にちなんでマゼンタと名付けられた。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとマゼンタ · 続きを見る »

ハッチバック

ハッチバックとは、自動車の分類の一種である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとハッチバック · 続きを見る »

バッジエンジニアリング

バッジエンジニアリング(Badge engineering)は、自動車業界において兄弟車・姉妹車を別の販売網で売るために商品名やエンブレム、いわゆる車名やブランド名のバッジを変えて販売する手法。 自動車におけるOEMでありリバッジ(Rebadge)ともいう 日刊カーセンサー。また、このような車種をリバッジモデルまたはバッジモデルという。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとバッジエンジニアリング · 続きを見る »

モータースポーツ

モータースポーツ(motorsports)とは、人間の筋肉以外の機械的なモーターやエンジンなどの原動機を使用して稼働する乗り物を用いて行われる競技・スポーツ。カテゴリと呼ばれる競技ランクや競技種別の違いによって定められたルールやレギュレーションに従い「速さ」を競う競技である。 広義においてはモーターボートや飛行機など、いわゆる「車両」以外の乗り物を用いて行われるものを含めてモータースポーツと指す。陸上を走る四輪自動車やモーターサイクル(オートバイ)などの車両を使用したものが一般的であるため、それらを指す場合が多い。自動車を用いて行われる競技については自動車競技、オートバイを用いて行われる競技についてはオートバイ競技を参照のこと。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとモータースポーツ · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: ダイハツ・ブーンとヨーロッパ · 続きを見る »

リンク式サスペンション

リンク式サスペンション(リンクしきサスペンション)とは、車軸懸架方式と呼ばれるサスペンション形式のひとつ。 主に駆動方式がFRの乗用車や商用車の後車軸に、また、クロスカントリータイプの四輪駆動車や、トラック・バスでは前後軸ともに使用されている。 ここでは、固定車軸のものについてのみ説明する。リンクを用いた独立懸架については、マルチリンク式サスペンションを参照のこと。 また、1990年代の日産の一部のFF車に見られた、サスペンション部品のサプライヤーである「ヨロズ」の提案による「リアマルチリンクビーム」式は、トーションビーム式の横方向の規制を「スコットラッセルリンク」(Scott Russell linkage) という2つの特殊なリンクで行うもので、これも除外する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとリンク式サスペンション · 続きを見る »

トヨタ・Aプラットフォーム

トヨタ・Aプラットフォーム、およびダイハツ・Aプラットフォームとは、トヨタ自動車、およびダイハツ工業、PSA・プジョーシトロエン、プロドゥアが3か国共同で開発した軽自動車を含むA・BセグメントFF車専用のプラットフォームの名称である。ダイハツが開発・製造する一部の軽自動車や1,500cc以下のクラスの小型車のほか、日本市場専売車種のパッソ、および欧州市場専売車種のアイゴなどのプラットフォームに用いられている。なお、後継プラットフォームはダイハツ主導で開発され、2代目ダイハツ・ミライース/トヨタ・ピクシスエポック/スバル・プレオプラスに先行採用されたDNGA/GA-Aプラットフォームとなる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・Aプラットフォーム · 続きを見る »

トヨタ・ルーミー

ルーミー(ROOMY)は、トヨタ自動車が販売するトールワゴン型のコンパクトカー(小型乗用車)である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・ルーミー · 続きを見る »

トヨタ・ヴィッツ

ヴィッツ(Vitz)は、トヨタ自動車が販売する1,000 - 1,500ccクラスのハッチバック型乗用車である。製造は豊田自動織機が受託している。日本国内では一貫して新旧ネッツ店でのみ取り扱う、同店の看板車種でもある。日本国外での車名はヤリス(Yaris)。便宜上、国外仕様についても記述する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・ヴィッツ · 続きを見る »

トヨタ・パッソ

パッソ(PASSO )は、トヨタ自動車が販売するハッチバック型小型乗用車(コンパクトカー)。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・パッソ · 続きを見る »

トヨタ・パッソセッテ

パッソ セッテ(PASSO Sette)は、ダイハツ工業が製造し、トヨタ自動車が日本で販売していた小型ミニバン。ブーンルミナス(以下「ルミナス」)の姉妹(OEM)車種であった。通称「セッテ」。 当時の5人乗りパッソは両社の共同開発でブーンのOEMでなかったのに対し、セッテはトヨタと車両企画力を結集した上でダイハツが開発と生産を担当したため、ルミナスとはOEM関係になっていた(型式が共通であったことと製造事業者がダイハツとなっていたのはこのため)。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・パッソセッテ · 続きを見る »

トヨタ・デュエット

デュエット(Duet )は、1998年9月から2004年6月までダイハツ工業からトヨタ自動車へのOEM供給によりトヨタカローラ店で販売されていた小型ハッチバック車で、ダイハツのストーリアとほぼ同じであった。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・デュエット · 続きを見る »

トヨタ・タンク

タンク(TANK)は、トヨタ自動車が販売するトールワゴン型のコンパクトカー(小型乗用車)である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・タンク · 続きを見る »

トヨタ・bB

bB(ビービー)は、トヨタ自動車で生産(初代モデルのみ)・販売されていた小型トールワゴンでネッツ店専売車。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・bB · 続きを見る »

トヨタ・KRエンジン

トヨタ・KRエンジン(-ケイアール-)、およびダイハツ・KR型エンジン(-ケイアールがた-)は、トヨタ自動車、並びにダイハツ工業、SUBARU(旧・富士重工業、以下スバル)、プロドゥア等の水冷直列3気筒ガソリンエンジンの系列である。 トヨタ名義のエンジンとしては史上初の直列3気筒エンジンとなる。 開発生産はダイハツ工業が担当するが、トヨタの連続可変バルブ技術VVT-iが用いられている。ダイハツの後発の軽自動車用エンジンであるKF型とは気筒数とボアピッチは同じだが共有する部品は無い。 インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの1リットル未満部門に、2007年から4年連続で選ばれている。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・KRエンジン · 続きを見る »

トヨタ・NRエンジン

トヨタ・NRエンジン(トヨタ・エヌアールエンジン)、およびダイハツ・NR型エンジン(ダイハツ・エヌアールがたエンジン)は、自動車用水冷直列4気筒ガソリンエンジンのトヨタ系列名である。トヨタ自動車およびダイハツ工業、富士重工業(スバル)、プロドゥア(マレーシア)の、Cセグメントクラス以下向けのエンジンのひとつ。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・NRエンジン · 続きを見る »

トヨタ・SZエンジン

|名.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ・SZエンジン · 続きを見る »

トヨタ自動車

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 トヨタグループ全体の2017年の世界販売台数は約1038万台で3位、トヨタブランド単独では約847万台で世界第1位である。またインターブランドジャパンの調査による、世界展開している日本企業のブランド価値ランキングで10年連続1位を獲得している。 本社が位置する豊田市は、奈良時代から約1,300年間「挙母(ころも、挙母市)」と称された地名を1959年に「豊田(豊田市)」へ改称することを市議会で決議し、本社所在地の表示が「挙母市大字下市場字前山8番地」から「豊田市トヨタ町1番地」に変更された。日本の企業城下町で、市名に企業名が採られた稀な事例である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトヨタ自動車 · 続きを見る »

トラクションコントロールシステム

トラクションコントロールシステム(Traction Control System, TCS)は自動車の制御機構の一種で、発進・加速時のタイヤの空転を防止する装置である。一般的に使用される略称はTCSであるが、トヨタ自動車では、TRC(TRaction Control)、三菱自動車では、TCL(Traction ControL)という異なる略称をそれぞれ用いて呼称している。アンチスリップレギュレーション(Anti-Slip Regulation, ASR)とも呼ばれる。近年ではオートバイでも採用されている。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトラクションコントロールシステム · 続きを見る »

トレッド

トレッドとは、車両における左右の車輪の中心間距離(輪距)のこと。 4輪の自動車の場合は、フロントトレッド、リアトレッドと表されることがあり、単位は mmやインチ で表示されることが多い。 ホイールベース(軸距)とのバランスが重要だが、一般的に広いほうがコーナリング性能と小回り性が向上する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトレッド · 続きを見る »

トーションビーム式サスペンション

トーションビーム式サスペンションとは、自動車のサスペンション形式のひとつ。カタログには「車軸式」などと表記されることもあるが、左右の車輪が車軸で連結された車軸懸架とは異なる。英語圏では twist-beam suspension ないし torsion-beam axle 方式という称がある。なお、トーションバー・スプリングを構造に利用したトーションバー式(:en:Torsion bar suspension)とは異なるものであり、一般にトーションビーム式ではスプリング(ばね)は別に必要である。 VW Golf Mk 3のリアサスペンション.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとトーションビーム式サスペンション · 続きを見る »

プラットフォーム (自動車)

プラットフォーム、オートモビル・プラットフォームは、複数の自動車車種によって車両の構成部品が共有されている際の構成部品の一連の組み合わせのこと。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとプラットフォーム (自動車) · 続きを見る »

プラズマクラスター

プラズマクラスター(Plasmacluster)は、家電メーカーシャープが開発した、プラズマ放電により活性酸素を発生させ、+(プラス)と-(マイナス)のプラズマクラスターイオンを作り、空気中に放出するプラズマクラスター技術を総称するものであり、また、シャープによる造語である。この呼称は、シャープにより商標登録されている。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとプラズマクラスター · 続きを見る »

プロドゥア

プロドゥア( )は、マレーシアの自動車メーカー。ダイハツ工業とマレーシア資本との合弁会社で、スモールカーを専門に製造・販売する自動車メーカーである。セランゴール州に本社を構える。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとプロドゥア · 続きを見る »

プロドゥア・マイヴィ

プロドゥア・マイヴィ (Perodua Myvi) は、マレーシアの自動車メーカー、プロドゥアによって製造される小型ハッチバック車である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとプロドゥア・マイヴィ · 続きを見る »

ディスチャージヘッドランプ

ディスチャージヘッドランプ(Discharge headlight、放電式ヘッドライト)は、従来の白熱電球(ハロゲンなど)に替わって、メタルハライドランプなどのHIDランプを使った自動車や鉄道車両の前照灯である。 メーカーによって、HIDヘッドランプ、キセノンヘッドランプ、ディスチャージヘッドライト、など、呼び方はさまざまである。 世界で最初に実用化されたのは1991年に登場したBMW・7シリーズである。また、日本車で初めて設定された車種は三菱ふそうの大型トラック、スーパーグレート(1996年(平成8年))、乗用車は日産自動車・テラノ(1996年9月)である。 鉄道車両でも、1996年(平成8年)に登場した東武鉄道30000系やJR東日本485系3000番台(リニューアル改造車)より本格的に採用が開始された。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとディスチャージヘッドランプ · 続きを見る »

ダイハツ工業

ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。東証1部などに上場されているトヨタ自動車の完全子会社でトヨタグループ16社のうちのひとつで、昭和41年までは鉄道車輌用の原動機、変速機および駆動装置も製造していた。 現在のコーポレーションスローガンは「Light you up 〜らしく、ともに軽やかに〜」。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ工業 · 続きを見る »

ダイハツ・ミラ

ミラ(Mira )は、ダイハツ工業が1980年から2018年まで生産・販売していたハッチバック型軽自動車(軽セダン/軽ボンネットバン)のブランド(商標)、および車名である。 また、本稿では以下のモデルについても便宜上記述する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・ミラ · 続きを見る »

ダイハツ・ミライース

ミラ イース(Mira e:S)は、ダイハツ工業が製造・販売する軽自動車である。ミラをベースにした5ドアハッチバック型乗用車(軽セダン)であり、ミラシリーズ(2018年3月から6月までの3か月間を除く)としてダイハツの軽乗用車ラインナップのエントリークラスを担う。ミライースの発売と入れ替わる形で販売終了となったエッセ同様、商用モデル(軽ボンネットバン)は設定されていない。 本項では、ベースとなった2009年に発表されたコンセプトカー『イース』(e:S)についても合わせて記述する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・ミライース · 続きを見る »

ダイハツ・ムーヴ

ムーヴ (MOVE) は、ダイハツ工業が生産・販売する軽トールワゴンのブランド(商標)、および車名である。 現在生産されている6代目の生産はダイハツ滋賀工場(第2地区)および京都工場で行われる。かつてのモデルでは並行して本社(池田)工場で生産されていたモデルも存在する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・ムーヴ · 続きを見る »

ダイハツ・トール

トール(THOR)はダイハツ工業が製造・販売するトールワゴン型のコンパクトカー(小型乗用車)である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・トール · 続きを見る »

ダイハツ・ブーンルミナス

ブーン ルミナス(BOON Luminas)は、ダイハツ工業が日本において製造・販売していた小型MPV(ピープル・ムーバー/ミニバン)。 トヨタ自動車との共同開発であり、パッソと当時OEM関係になかった5人乗りブーンとは違い、トヨタと車両企画力を結集した上でダイハツが開発と生産を担当していたため、パッソセッテ(以下「セッテ」)とはOEM関係になっていた(型式が共通であったことや、セッテも製造事業者がダイハツになっていたのはこのため)。ちなみに2004年に発売終了となったアトレー7以来、4年ぶりにダイハツにMPVのラインナップが復活したこととなった。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・ブーンルミナス · 続きを見る »

ダイハツ・ビーゴ

ビーゴ (Be-go) は、ダイハツ工業が生産・販売していた小型SUVである。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・ビーゴ · 続きを見る »

ダイハツ・クー

ー (COO) は、ダイハツ工業がかつて生産・販売していた小型トールワゴン型乗用車である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・クー · 続きを見る »

ダイハツ・シャレード

ャレード(Charade )は、かつてダイハツ工業が生産していた、前輪駆動のコンパクトカーである。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・シャレード · 続きを見る »

ダイハツ・ストーリア

トーリア(Storia)は、かつてダイハツ工業が生産していた小型自動車。1998年2月に発売。 車体サイズや排気量など、事実上シャレードの後継にあたる。発売後、期間をおいてトヨタ自動車からも「デュエット」として販売されたが、販売力の違いからデュエットの方が本家であるストーリアよりも販売台数が多くなるという現象が見られた。 日本国外では「シリオン」(Sirion )のモデル名で販売。欧州、オーストラリアを中心に世界各国で販売された。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・ストーリア · 続きを見る »

ダイハツ・ソニカ

ニカ (SONICA) は、ダイハツ工業で生産・販売されていたハッチバック型軽自動車。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・ソニカ · 続きを見る »

ダイハツ・K3型エンジン

|名.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとダイハツ・K3型エンジン · 続きを見る »

ベンチシート

ベンチシート.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとベンチシート · 続きを見る »

アルミホイール

アルミホイールの一例(エンケイ製) トラック用鍛造アロイホイール。 アルミホイール()は、車輪の構成要素である、リム、スポーク、フランジのすべて、または大部分をアルミニウム合金を用いて製造した自動車の部品である。同様の物を英語ではalloy wheel(合金ホイールの意)と呼ばれており、日本では輸入車のカタログにアロイホイールと記載されている場合も有る。オートバイ用のものはマグネシウムなどの他の合金の物も含めて「キャストホイール」と呼ばれることもある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとアルミホイール · 続きを見る »

アイドリングストップ

アイドリングストップとは、自動車やオートバイが無用なアイドリングを行わないことを意味する和製英語である。遊休停車、停車時エンジン停止、アイドルストップとも呼ばれる。英語では idle reduction または no idling といい、機構そのものは start-stop system という。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとアイドリングストップ · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。 5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。 島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。 海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアである。 ASEANの盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使が、ジャカルタに常駐。日本も、2011年(平成23年)5月26日、ジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとインドネシア · 続きを見る »

インジェクタ

ティーム・ボイラー・インジェクタとは、ボイラーへの給水にポンプを用いず、自分自身の圧力を用いて給水する装置である。 管内に噴射された蒸気はその内部に霧吹きの原理で低圧を作り出し、水を吸い込む。その水は噴出する蒸気により加速されて、ボイラーに取り付けられた逆止弁に接続された管に激突する。この過程では、蒸気は常温の水と混じりあうことにより凝縮し、結果としてある程度高温の液体の水になる。運動エネルギが大きい液体が急停止するとその力積は大きく、ボイラーの圧力に打ち克つことになる。このような現象が起こるように、絞り弁、吸い込み管、逆止弁などを含めた装置をインジェクタと呼ぶ。 給水ポンプに比べ小型で故障が少ないことと、蒸気との混合で給水温度が上昇し、給水暖め器が不要になるのが利点である。ポンプを作動させる動力も不要である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとインジェクタ · 続きを見る »

エンジン

ンジン(engine)は、以下の用法がある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとエンジン · 続きを見る »

エンスト

ンストは、使用者の意図に関わりなくエンジンが停止する現象をいう。英語で言えばengine stall(エンジン'''スト'''ール)、和製英語ではエンジンストップと呼ばれるもので、エンストはこれらを縮めた日本語であるが、エンジンストップという言葉には、意図的にエンジンを停止させるという意味に使われることも多い(エンジンストールの場合はそういう意味は含まない)。エンストの原因としてわかりやすいのは燃料の不足である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとエンスト · 続きを見る »

オルタネーター

20世紀初頭にハンガリーのブダペストで製造され、水力発電所で利用されているオルタネーター オルタネーター(alternator)は交流(alternating current)の電気を生成する発電機である。自動車やオートバイ、小型航空機などに搭載されているものは、ダイオードなどを使った整流器で直流へと整流される場合も多く、これらの分野では整流器を含めてオルタネーターと呼ばれる。オートバイの分野では、整流器を含めずにジェネレーター(generator)とも呼ばれる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとオルタネーター · 続きを見る »

オートマチックトランスミッション

ートマチックトランスミッション(、AT)あるいは自動変速機(じどうへんそくき)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えたトランスミッション(変速機)の総称である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとオートマチックトランスミッション · 続きを見る »

キロメートル毎時

メートル毎時(キロメートルまいじ、kilometre per hour; 記号:km/h, kph)とは、速さの単位である。ただし国際単位系では、「速さ」「速度」の単位としている(速さと速度の違いについては、速度#速度と速さを参照のこと)。1キロメートル毎時は、「1時間に1キロメートルの速さ」を示す。 日常会話では「時速○○キロメートル」と表現され、誤解のおそれのない場合は「時速」を省略して単に「○○キロメートル(キロ)」と表現されることもある。 速さのSI単位はメートル毎秒である。「時」はSI併用単位であり、それを組み立てたキロメートル毎時はSI併用単位となる。日本の計量法では速さの単位としてメートル毎時を認めており、これには接頭辞をつけることが許されているため、その1000倍の速さであるキロメートル毎時(km/h)も使用して良いこととなる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとキロメートル毎時 · 続きを見る »

コンパクトカー

ンパクトカーとは、乗用車の形状の1つである。全長4,400mm級以上の一般的な「中型車」や「大型車」に対して用いられる。特にただし書きがない限り、日本ではそのうち登録車(=軽自動車を除く)を指すのが一般的である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとコンパクトカー · 続きを見る »

スマートアシスト

マートアシスト(Smart Assist)は、ダイハツ工業が開発した衝突被害軽減ブレーキである。搭載車種のOEMを受けるトヨタ自動車やSUBARU(旧・富士重工業)でもダイハツの登録商標「スマートアシスト」をそのまま利用する。ダイハツとトヨタで使用されている公式略称は「スマアシ」で、頭文字の「SA」と略されるケースもある(後述)。 本項では、進化版であるスマートアシストII(スマートアシスト・ツー、Smart Assist II、略称「スマアシII」)、スマートアシストIII(スマートアシスト・スリー、Smart Assist 3、略称「スマアシIII」)、スマートアシストIIIt(スマートアシスト・スリー ティー、Smart Assist 3t、略称「スマアシIIIt」)についても記述する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとスマートアシスト · 続きを見る »

スマートエントリー

マートエントリーとは、機械的な鍵を使用せずに車両のドア・トランクの施錠・開錠、エンジンの始動が可能な自動車の機能のことである。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとスマートエントリー · 続きを見る »

スバル・デックス

デックス(DEX)は、スバルブランドを展開する富士重工業(現・SUBARU)がかつて販売していた小型トールワゴンである。ダイハツ・クーの姉妹車(OEM)で、生産はクーとトヨタ・bB(2代目)同様、ダイハツ工業池田工場にて行われていた。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとスバル・デックス · 続きを見る »

スバル・ジャスティ

ャスティ(JUSTY )は、SUBARU(旧・富士重工業)で販売されている小型乗用車である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとスバル・ジャスティ · 続きを見る »

ストラット式サスペンション

トラット式サスペンションとは、サスペンション方式の一種で、テレスコピックショックアブソーバー自体を懸架装置とし、それにばねと車輪を取り付けた構造のもの。考案者のアール・マクファーソンにちなんでマクファーソン・ストラット (MacPherson Strut) 式とも呼ばれる。 簡潔でコンパクトな構造を長所としており、安価なことから、自動車用の独立懸架としては1970年代以降、世界的にもっとも多く利用されている。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとストラット式サスペンション · 続きを見る »

ターボチャージャー

ターボチャージャー(turbocharger)は、排気の流れを利用してコンプレッサ(圧縮機)を駆動して内燃機関が吸入する空気の密度を高くする過給機である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとターボチャージャー · 続きを見る »

タコメーター

タコメーター(、回転速度計)は、機器において軸の回転数(回転速度)を指示する計器、測定器であり、回転計の一種。「タコメーター」は(、、レブカウンター)の日本語表記。(タコ)とは速度を意味するに由来する。 エンジン、電動機、発電機などの軸回転が重要な意味を持つ機器に装備され、操作者が現在の回転数を把握するのに用いられる。また、タコメーターを備えない機器の回転数を測定するための汎用測定器としてのタコメーターがある。 しばしばタコグラフ(運行記録計)がタコメーターと混同、誤称される。 以下、自動車、オートバイのタコメーターを中心に記述する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとタコメーター · 続きを見る »

サスペンション

ペンション(suspension)または懸架装置(けんかそうち)とは、主に車両において、路面の凹凸を車体に伝えない緩衝装置としての機能と、車輪、車軸の位置決め、車輪を路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などを向上させる機構である。また、その他の機械類における、防振機構(インシュレーター)のことを指す場合もある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとサスペンション · 続きを見る »

前輪駆動

フロントエンジン・フロントドライブ概念図 前輪駆動(ぜんりんくどう、略: FWD.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと前輪駆動 · 続きを見る »

国際自動車連盟

国際自動車連盟(こくさいじどうしゃれんめい、Fédération Internationale de l'Automobile)は、世界各国の自動車団体により構成される非営利の国際機関。略称はFIA。本部はフランスのパリにある。2009年以降の会長はジャン・トッド。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと国際自動車連盟 · 続きを見る »

四輪駆動

近代的な四輪駆動車のさきがけとなったジープ (Bantam BRC40) 四輪駆動(よんりんくどう)とは、自動車などの駆動方法の一種。4つある車輪すべてに駆動力を伝え、4輪すべてを駆動輪として用いる方法のこと。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと四輪駆動 · 続きを見る »

田中麗奈

中 麗奈(たなか れな、1980年5月22日 - )は、日本の女優。福岡県久留米市出身。身長158cm、血液型はA型。テンカラット所属。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと田中麗奈 · 続きを見る »

無段変速機

無段変速機(むだんへんそくき)、または連続可変トランスミッション(れんぞくかへんトランスミッション、Continuously Variable Transmission、CVT)とは、歯車以外の機構を用い変速比を連続的に変化させる動力伝達機構(トランスミッション)である。多くはオートバイや自動車用を指すが、それらに限らず工作機械の軸回転速度を変える機構や発電機の出力を変える機構などにも広く使われている。 この項では自動車用摩擦式無段変速機を中心に述べ、摩擦によらない無段変速機についても触れる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと無段変速機 · 続きを見る »

特別仕様車

特別仕様車(とくべつしようしゃ)とは、自動車やオートバイの装備品等を充実させ、商品の魅力を高めたモデルのこと。期間限定や台数限定などの販売方法がとられることもある。特別限定車、スペシャルエディションとも呼ばれる。本稿では主に日本の自動車メーカーが日本で販売されている特別仕様車について述べる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと特別仕様車 · 続きを見る »

直列3気筒

列3気筒(ちょくれつさんきとう)とは、レシプロエンジン等のシリンダー(気筒)配列の形式のひとつ。シリンダーが3つ直列に並んでいる。略して直3とも記載することもある。オートバイでは横置きの場合に並列3気筒と呼ばれることもある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと直列3気筒 · 続きを見る »

直列4気筒

列4気筒(ちょくれつよんきとう)とは、レシプロエンジン等の形式の1つで、シリンダーが1列に4本配置されている形式。当記事では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。主に、排気量1L(リットル)から2.5L程度までの普及価格帯の車両に搭載されることが多い。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと直列4気筒 · 続きを見る »

DOHC

DOHC (ディーオーエィチシー) とは、Double OverHead Camshaft(ダブル・オーバーヘッド・カムシャフト)の略で、レシプロエンジンにおける吸排気弁機構の形式の一つ。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとDOHC · 続きを見る »

DVVT

DVVT(ディーブイブイティー、Dynamic Variable Valve Timing)とは、ダイハツ工業のエンジン、および同社からOEMを受けている一部の富士重工業(スバル)のエンジンに実装されている可変バルブ機構。 基本構造や制御は、親会社であるトヨタ自動車のVVT-iとほぼ同一となっている。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとDVVT · 続きを見る »

高張力鋼

張力鋼(こうちょうりょくこう、)は合金成分の添加、組織の制御などを行って、一般構造用鋼材よりも強度を向上させた鋼材。日本ではハイテン『機械材料学』、日本材料学会、太洋堂、2000年、235頁、高抗張力鋼とも呼ばれる。 一般構造用圧延鋼材(JISのSS材 (SS: Steel Structure))は引張強度のみが規定され、最も一般的なSS400材の引張り強度の保証値が400 MPaである。どれだけ強いものを高張力鋼と定義するのかは国や鉄鋼メーカーによって異なっているが、おおむね490 MPa程度以上のものからが高張力鋼と呼ばれる。引張強度が590 MPa、780 MPa程度のものが主流だが、近年は1,000 MPa(1 GPa)以上のものもあり、これは超高張力鋼とも呼ばれる(日立金属安来工場が材料開発上1962年に達成)。一般的には、引張強さが約1,000 MPa以下のものを高張力鋼、約1,300 MPa以下のものを強靱鋼、それ以上のものを超強力鋼とよぶ『機械材料学』、日本材料学会、太洋堂、2000年、247頁。 自動車の部材などを設計する際、同じ強度を確保するに当たって、一般鋼材を用いる場合に比べて薄肉化できるため、シャシやモノコックなどの主要構造部材の軽量化に貢献している。また、1950年代以降の鉄道車両にも多用され、車体の軽量化が図られた。鉄鋼メーカーのシミュレーションの結果では、比強度が一般鋼材よりも大きいため、アルミニウム合金を用いた場合よりも軽量化が可能であり、さらにコストも低いことから、近年の車体のハイテン化率は急速に伸びている。一方で、一般的に強度が高いものほど延性が低下する傾向にあり、板材などをプレス加工した際には「割れ」などの成形不良が発生しやすくなる。このため、各メーカーが成形性と強度を両立させた高張力鋼の開発に尽力している。また、ヤング率は一般鋼と大差無いため、弾性変形によるひずみの発生(剛性低下)が嫌われる部位には、安易に高張力鋼による薄肉化を適用出来ないのが実状である。 炭素をはじめ、シリコン、マンガン、チタンなど、10数種類の元素の配分を0.0001 %単位で管理する技術は門外不出である。日系自動車メーカーの生産工場が多く、高級鋼板の需要が増えている東南アジアや中国の場合も、現地での生産は行われておらず、日本国内の転炉を持つ工場で工程半ばまで受け持ち、半製品の状態で出荷された後、シートメタル化までの下工程のみを現地で行う方法がとられている。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと高張力鋼 · 続きを見る »

鶏卵

鶏卵(けいらん)は、ニワトリの卵である。生で、または加熱した料理とされる。単に「卵」と呼ぶことが多い。殻を割った中身は黄身と白身に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと鶏卵 · 続きを見る »

軽自動車

軽自動車(けいじどうしゃ)とは、現行の道路運送車両法からすれば、日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660cc以下の三輪、四輪自動車のこと。125cc超250cc以下の二輪車も指す。自動車は軽三輪、軽四輪、二輪車は軽二輪ともいう。 元来は日本国外のなどの一種であったが、現在はより本格的な自動車として別種のものと認識されている。 また英語版記事「A-segment」の記述を見る限り、軽自動車は国際的にはAセグメントの一種と見なされている模様である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと軽自動車 · 続きを見る »

自然吸気

自然吸気(しぜんきゅうき)とは、ターボチャージャーやスーパーチャージャーなどの過給機を使わず大気圧でシリンダー内に吸気する、エンジンの区別方法のひとつ。NA(エヌエー:Natural Aspiration〈ナチュラル アスピレーション〉、またはNormal Aspiration〈ノーマル アスピレーション〉の略)や無過給と呼ばれることもある。とくに自動車において、このようなエンジンを自然吸気エンジンと呼ぶ。本項ではこの自動車エンジンにおける自然吸気について述べる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと自然吸気 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと英語 · 続きを見る »

GAZOO

GAZOO(ガズー)は、トヨタ自動車が運営するコンシューマー向け情報提供サービス。自動車とITを融合するe-TOYOTA事業のひとつ。ポータルサイトGAZOO.com(ガズー・ドットコム)にて自動車関連の総合情報や、電子商取引(eコマース)やインターネットコミュニティなどのサービスを提供する。 GAZOO.comには2種類のポータルサイトが存在する。TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ・ガズー・レーシング、TGR)はワークス参戦から普及活動まで幅広くモータースポーツ活動を行うと同時に、市販車のスポーツチューンモデルであるGR(ジーアール)ブランドを展開している。もうひとつのGAZOO SPORTS(ガズー・スポーツ)は、トヨタ自動車が関わる社会人スポーツに関する情報を発信している。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとGAZOO · 続きを見る »

JC08モード

JC08モード(ジェイシー ゼロハチモード)とは、1リットルの燃料で何キロメートル走行できるかを、いくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費測定方法の一つである。 国土交通省令「自動車のエネルギー消費効率の算定等に関する省令」ならびに国土交通省告示「自動車のエネルギー消費効率の算定等に関する省令に規定する国土交通大臣が告示で定める方法」によって規定され、日本国内にて型式認定を受ける総重量3.5トン以下の乗用・貨物自動車に対して適用される。 2018年10月1日から、日本国内の排出ガス/燃費試験の基準は、国連が定めた国際基準であるWLTPに全面移行される。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとJC08モード · 続きを見る »

OEM

OEM(オーイーエム、original equipment manufacturer)は、他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業である。日本語では「相手先(委託者)ブランド名製造」JETRO「OEM生産とODM生産の違い」 、「納入先(委託者)商標による受託製造」などと訳される。 英語の原義では、元来、単に自社製品を製造する事業者を意味するものであるが、英語圏においてもOEMが他社ブランド製品の製造ないしは他社製品の自社ブランドでの販売を行う企業という意味も持つ。また、日本語では元来の「OEM」の意味合いに加えて「OEM契約」、「OEM生産」や「OEM販売」など「OEM○○」と様々な言葉や用語として定着している。「original equipment manufacturing」の略であると解して「他社ブランドの製品を製造すること」とされることも多いが、「OEM」という単語そのものの意味合いと、あとになって派生した「OEM○○」には意味合いの変化も見られる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとOEM · 続きを見る »

SUBARU

株式会社SUBARU(スバル、)は、日本の重工業メーカーである。 かつての商号は、「富士重工業株式会社」(ふじじゅうこうぎょう、略称:富士重(ふじじゅう)・富士重工(ふじじゅうこう)、、略称:FHI)であったが、2017年4月1日に自動車のブランド名として広く浸透していた「SUBARU」(スバル)に商号を変更した。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとSUBARU · 続きを見る »

TRD Sports M

TRD Sports M(ティーアールディースポーツエム)は、トヨタテクノクラフトによって、主に吸排気系や足回りをチューニングした部品を株式会社トヨタモデリスタインターナショナルで架装した車両を言う。全国トヨタディーラーでの取り扱い。 ちなみにカローラアクシオ(ZRE142/145)および2代目カローラフィールダー(ZRE142G/145G)に限り「TRD」は付かず、単に「Sports M」という名称となっていた。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンとTRD Sports M · 続きを見る »

排気再循環

排気再循環(はいきさいじゅんかん、英語:Exhaust Gas Recirculation)とは、自動車用の小型内燃機関において燃焼後の排気ガスの一部を取り入れ、再度吸気させる技術(手法あるいは方法)である。主として排気ガス中の窒素酸化物(NOx)低減や部分負荷時の燃費向上を目的としている。英語表記の頭文字をとってEGRと通称される。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと排気再循環 · 続きを見る »

横滑り防止装置

横滑り防止装置(よこすべりぼうしそうち、英:Electronic Stability Control、略称 ESC)とは、自動車の旋回時における姿勢を安定させる装置の一種。 横滑り防止機構、スタビリティ・コントロール・システム、車両(制動)挙動安定(化)装置、車両挙動制御装置、車両挙動安定化制御システム、車両安定制御システムや車両走行安定補助システムなどとも呼ばれる。 突然の路面状況の変化や、危険回避などのために急激なステアリング操作をして自動車の車両姿勢が乱れた際、横滑りなどの車両の不安定な挙動を抑制し、走行安定性を確保し、車両の姿勢を安定させるシステムのことである岡崎五朗日経BP社、2006年1月13日。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと横滑り防止装置 · 続きを見る »

日本自動車連盟

一般社団法人日本自動車連盟(にほんじどうしゃれんめい、JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION, JAF)は、自動車に関する様々な業務を取り扱うほか、オーナードライバーの権益を保護する目的で設立された一般社団法人である。略称は「JAF」(ジャフ)であるが、80年代までは自他ともにジェイエイエフと呼ばれていた。2008年3月末の時点では会員数は約1732万人。国際自動車連盟(FIA)に加盟している日本で唯一の団体である。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと日本自動車連盟 · 続きを見る »

擬声語

日本語の擬声語の例。 海外や漫画で使用されるいびきの擬声語の例。 本稿では、一か所にまとめる都合上擬声語(ぎせいご)を擬音語と擬態語の総称として見出しに使っているが、擬声語という日本語の本来の意味は擬音語に同じ、または擬音語のうち人や動物の声を表したもの(広辞苑より)。 日本語では、典型的には副詞であるが、形容動詞(「(お腹が)ぺこぺこだ」)などとしても用いられる。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと擬声語 · 続きを見る »

10月3日

10月3日(じゅうがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から276日目(閏年では277日目)にあたり、年末まであと89日ある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと10月3日 · 続きを見る »

12月13日

12月13日(じゅうにがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から347日目(閏年では348日目)にあたり、年末まであと18日ある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと12月13日 · 続きを見る »

12月25日

12月25日(じゅうにがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から359日目(閏年では360日目)にあたり、年末まであと6日ある。この日はクリスマスである。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと12月25日 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2004年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2005年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2006年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2010年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2012年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2014年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2016年 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2017年 · 続きを見る »

2月15日

2月15日(にがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から46日目にあたり、年末まであと319日(閏年では320日)ある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと2月15日 · 続きを見る »

3月10日

3月10日(さんがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から69日目(閏年では70日目)にあたり、年末まであと296日ある。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと3月10日 · 続きを見る »

4月12日

4月12日(しがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から102日目(閏年では103日目)にあたり、年末まではあと263日ある。誕生花はアンズ、カタクリ。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと4月12日 · 続きを見る »

4月14日

4月14日(しがつじゅうよっか、しがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から104日目(閏年では105日目)にあたり、年末まではあと261日ある。誕生花はドウダンツツジ、ハルジオン。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと4月14日 · 続きを見る »

5月13日

5月13日(ごがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から133日目(閏年では134日目)にあたり、年末まではあと232日ある。誕生花はサンザシ。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと5月13日 · 続きを見る »

5月6日

5月6日(ごがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から126日目(閏年では127日目)にあたり、年末まではあと239日ある。誕生花はシャクナゲ。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと5月6日 · 続きを見る »

6月27日

6月27日(ろくがつにじゅうななにち、ろくがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から178日目(閏年では179日目)にあたり、年末まであと187日ある。誕生花はホタルブクロ、サンダーソニア。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと6月27日 · 続きを見る »

6月5日

6月5日(ろくがついつか)はグレゴリオ暦で年始から156日目(閏年では157日目)にあたり、年末まであと209日ある。誕生花はハマナス、シラン。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと6月5日 · 続きを見る »

6月7日

6月7日(ろくがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から158日目(閏年では159日目)にあたり、年末まであと207日ある。誕生花はイワカガミ、カルセオラリア。.

新しい!!: ダイハツ・ブーンと6月7日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »