ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ダイナモ

索引 ダイナモ

ダイナモ(dynamo)は本来は発電機の別名だが、現在では整流子を使って直流を生成する整流子発電機を意味する。初期の産業用発電に使われたのはダイナモであり、電動機、交流発電のオルタネーター、回転変流機などの電力変換装置はすべてダイナモから派生した。現在では大規模な発電は全て交流の電力を発生させており、交流から直流への変換は半導体などを使って簡単にできるため、整流子のあるダイナモはそういった用途にはほぼ全く使われなくなっている。 地域によっては、「発電機」と同義に使われ続けている。日本語では、特に自転車や自動車に付けられる直流の発電機や、発電式の懐中電灯・ラジオなどの発電機を指す。.

86 関係: 原子力電池ばね半導体口語太陽電池宝塚歌劇団交流人力発電二次電池マイケル・ファラデーチャールズ・ホイートストンチャールズ・F・ブラッシュハブ (機械)バッテリーユニバーサル・シリアル・バスラジオリム (機械)レバー (操作機具)ロバート・ボッシュ (企業)ヴェルナー・フォン・ジーメンストーションバーパリヒポライト・ピクシーディナモフライホイールフリクションドライブフレーム (自転車)ファラデーの電磁誘導の法則フェライト磁石フォトダイオードホイール (自転車)ダイナモダイナモ作戦ダイナモ理論アントニオ・パチノッティインターLイェドリク・アーニョシュウィーン万国博覧会エンジンオルタネーターオートバイオートライトクランク (機械要素)コイルシマノシュミット・マシネンバウセルモーターゼノブ・グラムサッカー回転変流機...固定子CBCテレビ王立協会災害硫化カドミウム磁場真空管直流発光ダイオード発電発電ブレーキ発電機風力原動機軽自動車自動車自転車自転車用タイヤ英語電力電力用半導体素子電位電動機電磁石電磁誘導電機子電気めっき電気炉製鋼法電池電流携帯電話永久磁石溶接情報番組懐中電灯整流子整流器 インデックスを展開 (36 もっと) »

原子力電池

原子力電池(げんしりょくでんち)は、半減期の長い放射性同位体が出す放射線のエネルギーを電気エネルギーに変える仕組みの電池であるデジタル大辞泉。放射線電池、RI電池、ラジオアイソトープ電池、アイソトープ電池(en)、またはラジオアイソトープ発電器、RI発電器とも呼ばれる。.

新しい!!: ダイナモと原子力電池 · 続きを見る »

ばね

ばねとは、力が加わると変形し、力を取り除くと元に戻るという、物体の弾性という性質を利用する機械要素である。広義には、弾性の利用を主な目的とするものの総称ともいえる。ばねの形状や材質は様々で、日用品から車両、電気電子機器、構造物に至るまで、非常に多岐にわたって使用される。 ばねの種類の中ではコイルばねがよく知られ、特に圧縮コイルばねが広く用いられてる。他には、板ばね、渦巻ばね、トーションバー、皿ばねなどがある。ばねの材料には金属、特に鉄鋼が広く用いられているが、用途に応じてゴム、プラスチック、セラミックスといった非金属材料も用いられている。空気を復元力を生み出す材料とする空気ばねなどもある。ばねの荷重とたわみの関係も、荷重とたわみが比例する線形のものから、比例しない非線形のものまで存在する。ばねばかりのように荷重を変形量で示させたり、自動車の懸架装置のように振動や衝撃を緩和したり、ぜんまい仕掛けのおもちゃのように弾性エネルギーの貯蔵と放出を行わせたりなど、色々な用途のためにばねが用いられる。 「ばね」は和語の一種だが、平仮名ではわかりにくいときは片仮名でバネとも表記される。現在使用されている漢字表記では発条と書かれる。英語に由来するスプリング(spring)という名称でもよく呼ばれる。語源は諸説あるが、「跳ね」「跳ねる」から転じて「ばね」という語になったとされる。 人類におけるばねの使用の歴史は太古に遡り、原始時代から利用されてきた弓はばねそのものである。カタパルト、クロスボウ、機械式時計、馬車の懸架装置といった様々な機械や器具で利用され、ばねは発展を遂げていった。1678年にはイギリスのロバート・フックが、ばねにおいて非常に重要な物理法則となるフックの法則を発表した。産業革命後には、他の工業と同じくばねも大きな発展を遂げ、理論的な設計手法も確立していった。今日では、ばねの製造は機械化された大量生産が主だが、一方で特殊なばねに対しては手作業による製造も行われる。現在のばねへの要求は多様化し、その実現に高度な技術も求められるようになっている。.

新しい!!: ダイナモとばね · 続きを見る »

半導体

半導体(はんどうたい、semiconductor)とは、電気伝導性の良い金属などの導体(良導体)と電気抵抗率の大きい絶縁体の中間的な抵抗率をもつ物質を言う(抵抗率だけで半導体を論じるとそれは抵抗器と同じ特性しか持ち合わせない)。代表的なものとしては元素半導体のケイ素(Si)などがある。 電子工学で使用されるICのような半導体素子はこの半導体の性質を利用している。 良導体(通常の金属)、半導体、絶縁体におけるバンドギャップ(禁制帯幅)の模式図。ある種の半導体では比較的容易に電子が伝導帯へと遷移することで電気伝導性を持つ伝導電子が生じる。金属ではエネルギーバンド内に空き準位があり、価電子がすぐ上の空き準位に移って伝導電子となるため、常に電気伝導性を示す。.

新しい!!: ダイナモと半導体 · 続きを見る »

口語

口語(こうご)とは、普通の日常的な生活の中での会話で用いられる言葉遣いのことである。書記言語で使われる文語と違い、方言と呼ばれる地域差や社会階層などによる言語変種が応じやすく、これらと共通語などを使い分ける状態はダイグロシアと呼ばれる。.

新しい!!: ダイナモと口語 · 続きを見る »

太陽電池

単結晶シリコン型太陽電池 太陽電池(たいようでんち、Solar cell)は、光起電力効果を利用し、光エネルギーを電力に変換する電力機器である。光電池(こうでんち、ひかりでんち)とも呼ばれる。一般的な一次電池や二次電池のように電力を蓄える蓄電池ではなく、光起電力効果によって光を即時に電力に変換して出力する発電機である。タイプとしては、シリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材にしたものが実用化されている。色素増感型(有機太陽電池)と呼ばれる太陽電池も研究されている。 太陽電池(セル)を複数枚直並列接続して必要な電圧と電流を得られるようにしたパネル状の製品単体は、ソーラーパネルまたはソーラーモジュールと呼ばれる。モジュールをさらに複数直並列接続して必要となる電力が得られるように設置したものは、ソーラーアレイと呼ばれる。.

新しい!!: ダイナモと太陽電池 · 続きを見る »

宝塚歌劇団

宝塚歌劇団のロゴ 1930年8月・月組公演:レビュウ「パリ・ゼット」出演:門田芦子、巽寿美子、三浦時子、橘薫、天津乙女 宝塚歌劇団の劇場群、宝塚音楽学校 開演前の宝塚大劇場客席 宝塚歌劇団(たからづかかげきだん、Takarazuka Revue Company)は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団。 阪急電鉄の一部門であり、阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業運営であることから、運営は阪急の直営であり、阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が行っている。このため、歌劇団員は阪急電鉄の従業員となっている。 理事長は小川友次。.

新しい!!: ダイナモと宝塚歌劇団 · 続きを見る »

交流

三角波、鋸歯状波 交流(こうりゅう、)とは、時間とともに周期的に向きが変化する電流(交流電流)を示す言葉であり、「交番電流」の略。また、同様に時間とともに周期的に大きさとその正負が変化する電圧を交流電圧というが、電流・電圧の区別をせずに交流または交流信号と呼ぶこともある。 交流の代表的な波形は正弦波であり、狭義の交流は正弦波交流()を指すが、広義には周期的に大きさと向きが変化するものであれば正弦波に限らない波形のものも含む。正弦波以外の交流は非正弦波交流()といい、矩形波交流や三角波交流などがある。.

新しい!!: ダイナモと交流 · 続きを見る »

人力発電

LED式懐中電灯ハンドルを手回しして充電するため、電池切れの心配が無い。 100ドルPCハンドルを手回しすることで充電して利用する。開発途上国の地方農村部ではいまだ電力インフラ整備が遅れていたり、停電などのトラブルが多いため、「電源を必要としないこと」は普及の上で大きな弾みになると考えられている。 人力発電(じんりきはつでん)とは、人間を動力源として電気を起こすこと。発電機を回転させ、携帯ラジオ・懐中電灯・携帯電話・パーソナルコンピュータの利用や充電といった電源として用いられる。.

新しい!!: ダイナモと人力発電 · 続きを見る »

二次電池

二次電池(にじでんち)は蓄電池(ちくでんち)、充電式電池ともいい、一回限りではなく充電を行うことにより電気を蓄えて電池として使用できる様になり、繰り返し使用することが出来る電池(化学電池)のことである。.

新しい!!: ダイナモと二次電池 · 続きを見る »

マイケル・ファラデー

マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリスの化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。 直流電流を流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、物理学における電磁場の基礎理論を確立。それを後にジェームズ・クラーク・マクスウェルが発展させた。同様に電磁誘導の法則、反磁性、電気分解の法則などを発見。磁性が光線に影響を与えること、2つの現象が根底で関連していることを明らかにした entry at the 1911 Encyclopaedia Britannica hosted by LovetoKnow Retrieved January 2007.

新しい!!: ダイナモとマイケル・ファラデー · 続きを見る »

チャールズ・ホイートストン

ー・チャールズ・ホイートストン(Sir Charles Wheatstone、1802年2月6日 - 1875年10月19日)は、イギリスの物理学者である。.

新しい!!: ダイナモとチャールズ・ホイートストン · 続きを見る »

チャールズ・F・ブラッシュ

チャールズ・F・ブラッシュ(英語:Charles Francis Brush、1849年3月17日 - 1929年6月15日)は、アメリカ合衆国の技術者、発明家。1888年に風力発電の実験をしたことで知られる。.

新しい!!: ダイナモとチャールズ・F・ブラッシュ · 続きを見る »

ハブ (機械)

ハブ()は円形または放射状の回転部品における軸付近の部位または構成部品である。元来は車輪のスポーク(輻)を車輪中心で放射状に固定する部品であるが、歯車やプーリー、プロペラなどの機械要素においても広く用いられる。.

新しい!!: ダイナモとハブ (機械) · 続きを見る »

バッテリー

バッテリー(battery).

新しい!!: ダイナモとバッテリー · 続きを見る »

ユニバーサル・シリアル・バス

USBコネクタ(A端子) ユニバーサル・シリアル・バス(、略称:USB、ユーエスビー)は、コンピュータ等の情報機器に周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つである。.

新しい!!: ダイナモとユニバーサル・シリアル・バス · 続きを見る »

ラジオ

ラジオ()とは、.

新しい!!: ダイナモとラジオ · 続きを見る »

リム (機械)

リム(rim)は、鉄道車両・自動車・オートバイ・自転車などの車輪を構成する部品の一つ。 車輪の外縁部にあって全体の形状を支えている硬質の円環。.

新しい!!: ダイナモとリム (機械) · 続きを見る »

レバー (操作機具)

レバー(Lever)とは、機器を操作するための入力機器の一種であり、多くの機械に取り付けられている。一般的には棒状で、固定された支点があり、支点に対してレバー自体を動かすことで操作する。機械の動作状態を変更したり、機械の動作するトルク・速度などを調節する為に使用される。同様の物は分野や組織によっては、スティックやハンドルとも呼ばれる。.

新しい!!: ダイナモとレバー (操作機具) · 続きを見る »

ロバート・ボッシュ (企業)

バート・ボッシュ(Robert Bosch GmbH)とは、ドイツを本拠とする自動車部品と電動工具のメーカーである。日本法人はボッシュ株式会社。電動工具は赤いロゴが特徴。.

新しい!!: ダイナモとロバート・ボッシュ (企業) · 続きを見る »

ヴェルナー・フォン・ジーメンス

ルンスト・ヴェルナー・フォン・ジーメンス (Ernst Werner von Siemens, 1816年12月13日–1892年12月6日) は、ドイツの電気工学者、発明家、実業家である。コンダクタンスなどのSI単位ジーメンスに名を残している。また、電機・通信の大手企業シーメンスの創業者でもある。 なおドイツ語での標準発音 をカタカナ転写すれば「ジーメンス」(より厳密にはズィーメンス」)だが、日本では、ドイツ語南部方言もしくは英語読みに基づく慣用形である「シーメンス」も使わる。.

新しい!!: ダイナモとヴェルナー・フォン・ジーメンス · 続きを見る »

トーションバー

トーションバー(一般的な英語では torsion spring)とは、棒状の物体を捻る時の反発力を利用したばねの一種である。ねじり棒(torsion bar)、ねじりばね、ねじり棒ばねとも呼ばれる(torsion bar spring)。 英語ではtorsion bar や torsion bar springなどとも。.

新しい!!: ダイナモとトーションバー · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: ダイナモとパリ · 続きを見る »

ヒポライト・ピクシー

ヒポライト・ピクシー(Hippolyte Pixii、1808年 - 1835年)は、フランスのパリ出身の技術者。ファラデーの電磁誘導の法則を用いて、1832年に交流発電機の原型となる手回し発電機(ダイナモ)を発明した。ピクシーのダイナモは交流を生じたため、アンドレ=マリ・アンペールらの提案により交流を直流に変換する整流子を発明した。ピクシーは完全に電磁誘導を理解していたわけではなかったが、ピクシーのダイナモは今も利用されている発電機や電動機の原型と言える。 Category:電磁気学 Category:フランスの技術者 Category:パリ出身の人物 Category:1808年生 Category:1835年没.

新しい!!: ダイナモとヒポライト・ピクシー · 続きを見る »

ディナモ

ディナモ(Dynamo, Dinamo, Динамо)は、旧ソ連・東欧諸国によく見られる、スポーツクラブの名称の一つである。ダイナモと表記されることもある。 Динамоは英語のDynamic(ダイナミック:動的)と同じく「動くこと」を意味し、日本語に意訳すれば「綜合スポーツクラブ」を意味する(一般に発電機の意味とされることがあるがこれは誤用)言葉であるが、ソ連の秘密警察であるチェーカーがFCディナモ・モスクワの運営を牛耳ったことから、秘密警察系のスポーツクラブへと転化した。第二次世界大戦後に、旧東欧諸国でもディナモ・モスクワに習った名称のつけ方がなされたため、一般的にディナモと言えば秘密警察系のスポーツクラブであると理解されるようになった。現在でも世界各国に見られるディナモを名乗るスポーツクラブの殆どは、そのルーツが旧秘密警察系のスポーツクラブであったと理解して基本的には間違いない。ただし、幾つかの例外が存在する。 旧政権下において秘密警察系のスポーツクラブであったことは、容易に体制の代言者という立場に転化された。したがってしばしばディナモは憎悪の対象になった。通常、共産主義のシンボルカラーは赤であるが、フットボールについてだけは逆に反共産主義を表すシンボルカラーとなるのも、ディナモとライバル関係にあるクラブのカラーが赤であることが多く、赤をクラブカラーとするフットボールクラブのサポーターとなることがただ一つ許されていた反共産主義の意思表示であったことに由来する。.

新しい!!: ダイナモとディナモ · 続きを見る »

フライホイール

フライホイール(flywheel)は、回転系の慣性モーメントを利用した機構に用いられる機械要素のひとつである。日本語では弾み車、勢車(いずれもよみは「はずみぐるま」)という。回転機構の回転速度を安定化させる用途や、回転の運動エネルギーを利用する用途、角加速度を与えた際の反力を利用する用途に用いられる。.

新しい!!: ダイナモとフライホイール · 続きを見る »

フリクションドライブ

ートサンダルFSの変速機。写真中央部に見える、直角に接触している2枚の円盤が回転する。手前の円盤は左右に位置を変更することができ、それによって変速する。 フリクションドライブ フリクションドライブ(英語:friction drive)とは、駆動装置の接触による摩擦力を利用して動力を伝達する方式のことである。 具体的には、例えば、回転する円盤同士を接触させてその摩擦により動力を伝達するもので、ギアやチェーンなどに比べて構造が単純で、かつ滑らかで無段階な動力の伝達が可能である特徴を有するが、伝達時にすべりが発生するため、原理的に大きな力の伝達には効率が悪く、不向きである。しかし、歯車伝達特有のコギングがなく、安定しているため、望遠鏡等の精密機械には使用される。線路と車輪間の摩擦を利用して走行する鉄道車両やタイヤと路面間の摩擦を利用して走行する自動車も一種のフリクションドライブであるといえる。 伝達容量が少ないため、現在は自動車などの輸送機での動力伝達としての目的での使用はまれであるが、日産自動車が開発したエクストロイドCVTのようなトロイダルCVTは摩擦を利用して動力を伝達しているため、フリクションドライブの範疇に含まれると言える。 他に鉄等の磁性体上を磁化された車輪で駆動する方法もある。.

新しい!!: ダイナモとフリクションドライブ · 続きを見る »

フレーム (自転車)

ードバイクのフレームの一例 マウンテンバイクのフレームの一例 後三角は普通のシートステイ・チェーンステイではなくサスペンションが装備されている フレーム (frame) は、自転車の車体部で、前後の車輪を連結させ乗り手の体重を支える役割を担う部分。その素材に関してはフレーム素材 (自転車)を参照すること。.

新しい!!: ダイナモとフレーム (自転車) · 続きを見る »

ファラデーの電磁誘導の法則

ファラデーの電磁誘導の法則(ファラデーのでんじゆうどうのほうそく、Faraday's law of induction)とは、電磁誘導において、1つの回路に生じる誘導起電力の大きさはその回路を貫く磁界の変化の割合に比例するというもの。ファラデーの誘導法則ともよばれる。また、ファラデーの電気分解の法則との混同のおそれのない場合は、単にファラデーの法則と呼称されることもある。.

新しい!!: ダイナモとファラデーの電磁誘導の法則 · 続きを見る »

フェライト磁石

フェライト磁石 フェライト磁石の棒磁石 フェライト磁石 は、フェライト磁性体による磁石である。特に強磁性のハード・フェライトが、一般にいう磁石の性質を持つ。軟磁性のソフト・フェライトは(軟磁性であるため)フェライトコアなどに使われる。.

新しい!!: ダイナモとフェライト磁石 · 続きを見る »

フォトダイオード

フォトダイオード フォトダイオード フォトダイオード(Photodiode)は、光検出器として働く半導体のダイオードである。フォトダイオードにはデバイスの検出部に光を取り込むための窓や光ファイバーの接続部が存在している。真空紫外線やX線検出用のフォトダイオードは検出窓が存在しないものもある。 フォトトランジスタは、基本的にはバイポーラトランジスタで、バイポーラトランジスタのベース・コレクターのpn接合に光が到達するようなケースに封入している。フォトトランジスタはフォトダイオードの様に動作するが、光に対してはより高感度である。これは、光子によりベースコレクター間の接合に電子が生成され、それがベースに注入されるからで、この電流がトランジスター動作で増幅される。しかし、フォトトランジスタはフォトダイオードより応答時間が遅い。 ほとんどのフォトダイオードは右の写真の様な形状をしており、発光ダイオードと形状が似ている。2端子(もしくはワイヤー)がそこより出ている。端子の長さの短い方がカソードで、長い方がアノードである。下に回路図が示してあり、電流はアノードからカソードの方向に矢印の向きに流れる。.

新しい!!: ダイナモとフォトダイオード · 続きを見る »

ホイール (自転車)

マヴィック700Cホイール ホイール (wheel) は自転車における車輪のこと。一般に車輪といえばタイヤまで含むことが多いが、普通自転車におけるホイールとはタイヤを含まないのが通例であるので、当ページもこれに従う。タイヤについては自転車用タイヤを参照。.

新しい!!: ダイナモとホイール (自転車) · 続きを見る »

ダイナモ

ダイナモ(dynamo)は本来は発電機の別名だが、現在では整流子を使って直流を生成する整流子発電機を意味する。初期の産業用発電に使われたのはダイナモであり、電動機、交流発電のオルタネーター、回転変流機などの電力変換装置はすべてダイナモから派生した。現在では大規模な発電は全て交流の電力を発生させており、交流から直流への変換は半導体などを使って簡単にできるため、整流子のあるダイナモはそういった用途にはほぼ全く使われなくなっている。 地域によっては、「発電機」と同義に使われ続けている。日本語では、特に自転車や自動車に付けられる直流の発電機や、発電式の懐中電灯・ラジオなどの発電機を指す。.

新しい!!: ダイナモとダイナモ · 続きを見る »

ダイナモ作戦

ダイナモ作戦(ダイナモさくせん、Operation Dynamo)は、第二次世界大戦のダンケルクの戦いにおいて、1940年5月26日から6月4日にかけて行われた、連合軍の大規模撤退作戦のイギリス側コードネームである。イギリス海軍中将バートラム・ラムゼイが本作戦を計画し、イギリス首相ウィンストン・チャーチルにダイナモ・ルーム(ダイナモすなわち発電機があるドーバー城地下の海軍指揮所の一室) にて概要を説明したことから名づけられたHolmes (2001); p. 267。ダンケルク大撤退(Dunkirk evacuation)とも。 9日間に、860隻の船舶が急遽手配され、331,226名の兵(イギリス軍192,226名、フランス軍139,000名)をフランスのダンケルクから救出した。この“ダンケルクの小さな船たち”(Little Ships of Dunkirk)には、様々な貨物船、漁船、遊覧船および王立救命艇協会の救命艇など、民間の船が緊急徴用され、兵を浜から沖で待つ大型船(主に大型の駆逐艦)へ運んだ。この“小さな船たちの奇跡”はイギリス国民の心に深く刻まれ、大いに士気を高揚することとなったが、実際には兵の70%程度は港の防波堤から56隻の駆逐艦その他民間大型船に乗り込み撤退していた。.

新しい!!: ダイナモとダイナモ作戦 · 続きを見る »

ダイナモ理論

ダイナモ理論(ダイナモりろん、)とは、地球や太陽などの天体が内部の流体運動によって大規模な磁場を生成・維持する働きを記述する理論である。ダイナモ効果、ダイナモ作用とも呼ばれる。天体の磁場は、大規模な電流によって支えられているという意味で、電磁石であると考えられている。電流が電磁石を作るという意味では、磁場は、発電機(ダイナモ)のように生成・維持されている。.

新しい!!: ダイナモとダイナモ理論 · 続きを見る »

アントニオ・パチノッティ

アントニオ・パチノッティ(Antonio Pacinotti、1841年6月7日 - 1912年5月22日) はイタリアの物理学者、直流発電機の発明者である。 ピサ大学の物理学の教授である。直流発電機の発明者として知られる。1865年に発表したIl Nuovo Cimentoの論文のなかで発表した。リング状の電機子のまわりに導線をまく構造を考案し、これは従来のものよりも安定した直流がえられた。この装置は電動機としても用いることができることも見出した。 1862年のスウィフト・タットル彗星(109P/Swift-Tuttle)の発見者のひとりである。 Category:イタリアの物理学者 Category:ピサ大学の教員 Category:ピサ出身の人物 Category:1841年生 Category:1912年没.

新しい!!: ダイナモとアントニオ・パチノッティ · 続きを見る »

インターL

インターL(インターエル)は自転車部品メーカーシマノが製造している自転車用発電機である。.

新しい!!: ダイナモとインターL · 続きを見る »

イェドリク・アーニョシュ

イェドリクと従兄弟ツツォル・ゲルゲイの像(ジェール) イェドリク・アーニョシュ・イシュトヴァーン(ハンガリー語: Jedlik Ányos István、1800年1月11日 - 1895年12月13日)は、マジャル人の発明家、技術者、物理学者で、ベネディクト会司祭。ハンガリー科学アカデミー会員でもあり、何冊か本も出版している。ハンガリーやスロバキアでは、ダイナモと電動機の父とされ、偉人の1人とされている。.

新しい!!: ダイナモとイェドリク・アーニョシュ · 続きを見る »

ウィーン万国博覧会

ウィーン万国博覧会(ウィーンばんこくはくらんかい, Weltausstellung 1873 Wien, Expo 1873)は、1873年5月1日から10月31日までオーストリア=ハンガリー帝国の首都ウィーン中心部にあるリングシュトラーセ内・プラーター公園で、開催された国際博覧会である。.

新しい!!: ダイナモとウィーン万国博覧会 · 続きを見る »

エンジン

ンジン(engine)は、以下の用法がある。.

新しい!!: ダイナモとエンジン · 続きを見る »

オルタネーター

20世紀初頭にハンガリーのブダペストで製造され、水力発電所で利用されているオルタネーター オルタネーター(alternator)は交流(alternating current)の電気を生成する発電機である。自動車やオートバイ、小型航空機などに搭載されているものは、ダイオードなどを使った整流器で直流へと整流される場合も多く、これらの分野では整流器を含めてオルタネーターと呼ばれる。オートバイの分野では、整流器を含めずにジェネレーター(generator)とも呼ばれる。.

新しい!!: ダイナモとオルタネーター · 続きを見る »

オートバイ

ートバイとは、原動機を搭載した二輪車である広辞苑 第五版「ガソリン機関による動力で走る二輪車」(出典:大辞泉)。大辞泉では「ガソリン機関による」とされたが、2012年現在ではガソリン機関だけでなく、モーターやガスタービンを動力とするものも市販されている。。単車(たんしゃ)や自動二輪車(じどうにりんしゃ)とも呼ばれる。オートを省略してバイクとも呼ばれる(ただ、自転車を意味する英語の bike との混同の恐れがある)。.

新しい!!: ダイナモとオートバイ · 続きを見る »

オートライト

ートライト (Auto Light)は、文字通り、自動車、自転車にて周りが暗くなると自動的に点灯するヘッドライトである。使用するには、自転車なら専用のライトとハブダイナモと呼ばれる車軸一体型の発電機、自動車なら専用のユニットが必要である。トヨタ車では専ら「コンライト」と呼称される。.

新しい!!: ダイナモとオートライト · 続きを見る »

クランク (機械要素)

ランク(crank)とは、機械の要素において、回転する軸と、それとは芯のずれた軸を結ぶ柄からなる機構である。リンク機構の一種でもある。.

新しい!!: ダイナモとクランク (機械要素) · 続きを見る »

コイル

レノイド コイル(coil)とは、針金などひも状のものを、螺旋状や渦巻状に巻いたもののことで、以下のようなものにその性質が利用され、それらを指して呼ばれることもある。明治末から昭和前期には線輪(せんりん)とも言われた。.

新しい!!: ダイナモとコイル · 続きを見る »

シマノ

マノのニュートラルカー 株式会社シマノ( )は、大阪府堺市堺区に本社を置く、自転車部品と釣具の製造を主要な事業とするアウトドアスポーツ用品会社。.

新しい!!: ダイナモとシマノ · 続きを見る »

シュミット・マシネンバウ

ウィルフリード·シュミット・マシネンバウ()はドイツのテュービンゲンにある自転車部品メーカーである。「マシネンバウ」はドイツ語で「機械製作」を意味する。.

新しい!!: ダイナモとシュミット・マシネンバウ · 続きを見る »

セルモーター

ルモーター(または、セルスターター)(starter, self starter, starter motor)は、自動車や発電機などで使われる内燃機関(エンジン)を始動させるためのモーター(電動機)である。セルモーターという名称は和製英語だが、セルスターターはモーターの駆動にバッテリー電池(cell)を利用することから「cell starter」と呼んだ和製英語であるという説と、英語のself starterから来ているという説がある。.

新しい!!: ダイナモとセルモーター · 続きを見る »

ゼノブ・グラム

ラム発電機の電気子 グラムの記念碑 ゼノブ・テオフィル・グラム(Zénobe Théophile Gramme, 1826年4月4日 - 1901年1月20日)は、ベルギーの電気技術者・発明家エリック・シャリーン『図説 世界史を変えた50の機械』原書房、2013年、ISBN 9784562049233である。環状電機子を用いたを開発した。 リエージュ近くのに生まれた。生涯の大半をフランスで暮らした。電気機器の会社で働き、機器の改良に興味をもった。イタリアの物理学者、アントニオ・パチノッティの直流発電機の発明を知り、1869年環状電機子を用いたを開発した。グラム発電機は過熱が少なく連続運転が可能な実用的な発電機となった。 1873年、ウィーンの産業博覧会でグラムがダイナモを展示していたが、助手が偶然2台のダイナモの出力線同士を接続してしまい、蒸気機関で片方のダイナモが回転し始めると、もう一方の電気子がかなりの速度で回転し始めた。これを見たグラムは、大急ぎでアトラクションを展覧会場に作り、1.6 km離れた一方のダイナモをモーターとして揚水し、小さな滝に水を流して見せた。 これにより2つの重要な原理を実証した。.

新しい!!: ダイナモとゼノブ・グラム · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: ダイナモとサッカー · 続きを見る »

回転変流機

回転変流機は回転機の一種であり、1組の界磁と回転子を用いて交流と直流の変換を行う。 鉄道の直流電化の初期において、回転機型では「電動発電機」よりも効率の良い「回転変流機」が主に用いられた。 回転変流機では回転子と巻線が交直両方で共用されており、直流側リードは各整流子セグメントに繋がれ2組のブラシで直流負荷側に繋がれる直流電動機・発電機の構造で、この巻線から3等配で引き出した交流側リードは、スリップリングを介して三相交流電源側に接続する電機子回転型同期電動機の構造で、巻線が交直共通で電流が相殺され、負荷電流による電機子反作用が交直両巻き線で相殺されて、同寸法の電動発電機方式よりも遥かに大きな電力を扱えた事により鉄道用直流発生装置に多用された。 信越本線横川駅 - 軽井沢駅間の碓氷峠アプト式区間の電化はこの回転変流機を使って行われた。 整流子の絶縁の問題で800Vを越える電圧の回転変流機は安定的に作れなかった。電動発電機も回転変流機も可逆的であり電源側への電力回生を許容する。 Category:電力機器 Category:電力変換.

新しい!!: ダイナモと回転変流機 · 続きを見る »

固定子

固定子(こていし、英語:stator)は、電動機・発電機の固定された電機子または界磁である。これに対し、回転する電機子または界磁を回転子という。.

新しい!!: ダイナモと固定子 · 続きを見る »

CBCテレビ

株式会社CBCテレビ(シービーシーテレビ、CBC Television Co., Ltd.)は、中部日本放送(CBC)の完全子会社で、中京広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。 TBSテレビをキー局とするJNNの基幹局(5社連盟)で、その例に漏れず中京広域圏のGガイドホスト局でもある(論理Ch.258)。 元々「CBCテレビ」の名は、1951年9月1日にラジオ放送を開始した日本初の民間放送局・中部日本放送(CBC)が1956年12月1日にテレビ放送を開始しラテ兼営化(その後2013年4月1日にラジオ分社化で逆にテレビ単営化)以来、CBCのテレビ放送部門の通称として使われてきた。 2014年4月1日に認定放送持株会社に移行するCBC本体からテレビ放送事業を分割・承継する形で現在の「株式会社CBCテレビ」が発足、同時に日本民間放送連盟(民放連)にも加盟した(同時にCBC本社は民放連から退会)。 本社は愛知県名古屋市中区新栄のCBC本社内に置いており、CBCの略称も本社・当社・ラジオで共用している。 コールサインはJOGX-DTV(名古屋 18ch。詳細は後述)、リモコンキーIDはTBSテレビ系列で唯一の「5」。.

新しい!!: ダイナモとCBCテレビ · 続きを見る »

王立協会

イヤル・ソサイエティ(Royal Society)は、現存する最も古い科学学会。1660年に国王チャールズ2世の勅許を得て設立された。正式名称は"The President, Council, and Fellows of the Royal Society of London for Improving Natural Knowledge"(自然知識を促進するためのロンドン王立協会)。日本語訳ではロンドン王立協会(-おうりつきょうかい)、王立学会(おうりつがっかい)など。 この会は任意団体ではあるが、イギリスの事実上の学士院(アカデミー)としてイギリスにおける科学者の団体の頂点にあたる。また、科学審議会(Science Council)の一翼をになうことによって、イギリスの科学の運営および行政にも大いに影響をもっている。1782年創立の王立アイルランドアカデミーと密接な関係があり、1783年創立のエジンバラ王立協会とは関係が薄い。.

新しい!!: ダイナモと王立協会 · 続きを見る »

災害

自然的な要因による災害の例(1991年、フィリピン・ピナツボ火山の噴火による火山灰での被害) 人為的な原因による災害の例(1952年、ロンドンスモッグによる大気汚染の被害) 災害(さいがい、英: disaster)とは、自然現象や人為的な原因によって、人命や社会生活に被害が生じる事態を指す林春夫「災害をうまくのりきるために -クライシスマネジメント入門-」、『防災学講座 第4巻 防災計画論』、134頁。後藤・高橋、2014年、19頁。。.

新しい!!: ダイナモと災害 · 続きを見る »

硫化カドミウム

硫化カドミウム(りゅうかカドミウム、Cadmium sulfide)は硫黄とカドミウムからなる無機化合物で、組成式 CdS の黄色の固体。カドミウムイオンの溶液に硫化物イオンを加えると得られる。天然には硫カドミウム鉱(グリーノッカイト)として産出するが、その量は少ない。 黄色顔料・カドミウムイエローの主成分である。熱安定性が高いため、機能性プラスチックなどのポリマーに用いられる。セレンを添加したものは硫セレン化カドミウムと呼ばれ、色調が黄橙から赤紫色に変化する。 硫化亜鉛を添加したものは硫化亜鉛カドミウムと呼ばれ、純粋な硫化カドミウムとともにカドミウムイエローとして使われる。但しColour Index Generic Nameは異なり、硫化カドミウムを主成分としたカドミウムイエローが Pigment Yellow 37 なのに対し硫化亜鉛カドミウムを主成分としたカドミウムイエローは Pigment Yellow 35 である。また、色調も純粋な硫化カドミウムが鮮黄色~橙黄色を呈するのに対し、硫化亜鉛カドミウムは淡黄色~鮮黄色を呈する。なお、硫化亜鉛カドミウムは燐光を帯びる。 半導体であり、2.42 eV のバンドギャップを持つ。電気抵抗が光の強さによって変化するフォトレジスタ(光センサー)や、太陽電池など、光エレクトロニクス材料として用いられる。.

新しい!!: ダイナモと硫化カドミウム · 続きを見る »

磁場

磁場(じば、Magnetic field)は、電気的現象・磁気的現象を記述するための物理的概念である。工学分野では、磁界(じかい)ということもある。 単に磁場と言った場合は磁束密度Bもしくは、「磁場の強さ」Hのどちらかを指すものとして用いられるが、どちらを指しているのかは文脈により、また、どちらの解釈としても問題ない場合も多い。後述のとおりBとHは一定の関係にあるが、BとHの単位は国際単位系(SI)でそれぞれWb/m², A/m であり、次元も異なる独立した二つの物理量である。Hの単位はN/Wbで表すこともある。なお、CGS単位系における、磁場(の強さ)Hの単位は、Oeである。 この項では一般的な磁場の性質、及びHを扱うこととする。 磁場は、空間の各点で向きと大きさを持つ物理量(ベクトル場)であり、電場の時間的変化または電流によって形成される。磁場の大きさは、+1のN極が受ける力の大きさで表される。磁場を図示する場合、N極からS極向きに磁力線の矢印を描く。 小学校などの理科の授業では、砂鉄が磁石の周りを囲むように引きつけられる現象をもって、磁場の存在を教える。このことから、磁場の影響を受けるのは鉄だけであると思われがちだが、強力な磁場の中では、様々な物質が影響を受ける。最近では、磁場や電場(電磁場、電磁波)が生物に与える影響について関心が寄せられている。.

新しい!!: ダイナモと磁場 · 続きを見る »

真空管

5球スーパーラジオに使われる代表的な真空管(mT管) 左から6BE6、6BA6、6AV6、6AR5、5MK9 ここでは真空管(しんくうかん、vacuum tube、vacuum valve)電子管あるいは熱電子管などと呼ばれるものについて解説する。.

新しい!!: ダイナモと真空管 · 続きを見る »

直流

流の波形 直流(ちょくりゅう、Direct Current, DC)は、時間によって大きさが変化しても流れる方向(正負)が変化しない「直流電流」の事である。同様に、時間によって方向が変化しない電圧を直流電圧という。狭義には、方向だけでなく大きさも変化しない電流、電圧のことを指し、流れる方向が一定で、電流・電圧の大きさが変化するもの(右図の下2つ)は脈流(pulsating current)という。直流と異なり、周期的に方向が変化する電流を交流という。.

新しい!!: ダイナモと直流 · 続きを見る »

発光ダイオード

光ダイオード(はっこうダイオード、light emitting diode: LED)はダイオードの一種で、順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子である。 1962年、ニック・ホロニアックにより発明された。発明当時は赤色のみだった。1972年にによって黄緑色LEDが発明された。1990年代初め、赤崎勇、天野浩、中村修二らによって、窒化ガリウムによる青色LEDの半導体が発明された。 発光原理はエレクトロルミネセンス (EL) 効果を利用している。また、有機エレクトロルミネッセンス(OLEDs、有機EL)も分類上、LEDに含まれる。.

新しい!!: ダイナモと発光ダイオード · 続きを見る »

発電

電(はつでん、electricity generation)とは、電気を発生させること。.

新しい!!: ダイナモと発電 · 続きを見る »

発電ブレーキ

電ブレーキ(はつでんブレーキ)とは、電気動力で駆動される車両や機器におけるブレーキ方式の一種である。ダイナミック・ブレーキ(Dynamic Brake)とも呼ばれる。 鉄道車両や産業機器において広く用いられている。 直流電動機の場合、電動機への給電を止めて通常の駆動を停止し、ブレーキを掛ける際、電動機に抵抗器を介した閉回路を構成して、通常の出力側(車両では車輪)の回転により、電動機を回転させると、電動機が発電機として働き、逆起電力(フレミング右手の法則)が発生し電気が流れ、それが抵抗器を介した閉回路を通って自らの電動機に戻ることで、電動機内で通常の回転とは逆の回転抵抗を生じさせ(フレミング左手の法則)電動機に制動力を得る。抵抗器は走行中の運動エネルギーを電気エネルギーに変換してジュール熱を発生させる。ブレーキ力は、抵抗器の容量によって変化する。 なお、広義には回生ブレーキもこの部類に含まれるが、通常「発電ブレーキ」と表現した場合は、前述の抵抗器によるものを指す。また、発電ブレーキと回生ブレーキを合わせて「電気ブレーキ(電気制動)」と呼ぶことが多いが、その略称である「電制」は専ら発電ブレーキを指す場合が多い。.

新しい!!: ダイナモと発電ブレーキ · 続きを見る »

発電機

電機(はつでんき、electrical generator)は、電磁誘導の法則を利用して、機械的エネルギー(仕事)から電気エネルギー(電力)を得る機械(電力機器)である。 自動車やオートバイなどのエンジンに付いている発電機、自転車の前照灯に直結されている発電機はオルタネーター、ダイナモとも呼ばれ、電気関係の一部ではジェネレータと呼ばれることがある。 構造が電動機と近い(原理は同一で、電動機から逆に電気を取り出す事が出来る。より具体的には、模型用モーターの電極に豆電球を繋ぎ、軸を高速で回転させると豆電球が発光する。実用的にはそれぞれに特化した異なる構造をしている)ことから、電動機で走行する鉄道車両やハイブリッドカーにおいては電動機を発電機として利用してブレーキ力を得ること(発電ブレーキ)や、さらに発生した電力を架線やバッテリーに戻すこと(回生ブレーキ)も可能である。 発電機の動力源が電動機のものについては電動発電機を参照。.

新しい!!: ダイナモと発電機 · 続きを見る »

風力原動機

力タービン、風力発電機 風力原動機(ふうりょくげんどうき)あるいは風力タービンとは、風の運動エネルギーを、他の形態の機械エネルギーへ変換する機械や装置(原動機、タービン)のことである。風の運動エネルギーを回転運動の機械エネルギーに変換するものが圧倒的に多いが、振動などを利用するものも研究されてはいる。 歴史的に見ると、風車での粉ひき(あるいはかんがいなど)のように、機械エネルギーの形のままの利用が多かった。現代では、装置内に発電機を備え運動エネルギーを電力の形に変換する風力発電を行う装置の割合が増えている。これは一般的には風力発電機や風力発電装置と呼ばれている。.

新しい!!: ダイナモと風力原動機 · 続きを見る »

軽自動車

軽自動車(けいじどうしゃ)とは、現行の道路運送車両法からすれば、日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660cc以下の三輪、四輪自動車のこと。125cc超250cc以下の二輪車も指す。自動車は軽三輪、軽四輪、二輪車は軽二輪ともいう。 元来は日本国外のなどの一種であったが、現在はより本格的な自動車として別種のものと認識されている。 また英語版記事「A-segment」の記述を見る限り、軽自動車は国際的にはAセグメントの一種と見なされている模様である。.

新しい!!: ダイナモと軽自動車 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: ダイナモと自動車 · 続きを見る »

自転車

ードバイク マウンテンバイク 日本のシティサイクル かつて日本で主流であった実用車 自転車(じてんしゃ)とは、主に乗り手の人力により車輪を駆動させて推進力を得て、乗り手の操作で進路を決めて地上を走行する乗り物である。 自動車などと比較して、移動距離当たりのエネルギーが少なく、路上の専有面積が少なく、有害な排出ガスが発生しない。人間自らの脚による徒歩や走行と比較すると、少ないエネルギーや疲労でより遠くに早く効率的に移動できる。このため日本や欧州諸国のような先進国では、健康増進効果への期待や、環境(地球環境・局所的な環境の両方)への負荷の少ない移動手段として広く利用されている。自動車に比べて安価に購入でき、燃料が不要なことから、道路整備が遅れているうえに国民の所得水準が低く発展途上国でも重要な移動手段である。 英語の bicycle, bike は二輪を意味し、日本においてもバイクと呼ぶことがあるが、日本語の「自転車」は三輪(時に一輪や四輪)をも含む。人力による操作がほとんど必要ない電動自転車や原動機付自転車にも使われ、定義は曖昧である。.

新しい!!: ダイナモと自転車 · 続きを見る »

自転車用タイヤ

自転車用タイヤ 冬季に用いる自転車用スパイクタイヤ 自転車用タイヤ(じてんしゃようタイヤ)は、タイヤのうち自転車の車輪に装着されることを目的として作られたもの。基本的構造は自動車用、モーターサイクル用、各種産業用のタイヤと大きな差はない。ただ、自転車の動力源が人間であることに起因し、体型や主たる走行路面に合わせ効率のよい大きさという要因、各国まちまちの規格の乱立などから、サイズに関するバリエーションが非常に多い。.

新しい!!: ダイナモと自転車用タイヤ · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: ダイナモと英語 · 続きを見る »

電力

電力(でんりょく、electric power)とは、単位時間に電流がする仕事(量)のことである。なお、「電力系統における電力」とは、単位時間に電気器具によって消費される電気エネルギーを言う。国際単位系(SI)においてはワット が単位として用いられる。 なお、電力を時間ごとに積算したものは電力量(electric energy)と呼び、電力とは区別される。つまり、電力を時間積分したものが電力量である。.

新しい!!: ダイナモと電力 · 続きを見る »

電力用半導体素子

電力用半導体素子(でんりょくよう はんどうたいそし)は、電力機器向けの半導体素子である。電力制御用に最適化されており、パワーエレクトロニクスの中心となる電子部品である。家庭用電化製品やコンピュータなどに使われている半導体素子に比べて、高電圧で大電流を扱えるのが特徴で、高周波動作が可能なものも多い。.

新しい!!: ダイナモと電力用半導体素子 · 続きを見る »

電位

電位(でんい、electric potential)は電気的なポテンシャルエネルギーに係る概念であり、 電磁気学とその応用分野である電気工学で用いられる。 点P における電位と点Q における電位の差は、P とQ の電位差 と呼ばれる。 電気工学では電位差は電圧 とも呼ばれる。 電位の単位にはV (ボルト)が用いられる。.

新しい!!: ダイナモと電位 · 続きを見る »

電動機

様々な電動機。006P型電池との比較。 電動機(でんどうき、Electric motor)とは、電気エネルギーを力学的エネルギーに変換する電力機器、原動機の総称。モーター、電気モーターとも呼ばれる「モーター」というカタカナ表記に関して、電気学会に於いては「モータ」という表記方を定めている他、電動機メーカーによっては「モーター」のドイツ語表記“Motor”の20世紀前半までドイツ語発音の模範とされた「舞台発音」に基づいた発音方に倣って「モートル」(或いは「モトール」)という表記方を用いているところが見られる《日本電産Webサイト内『』ページ後半に掲載されているコラム『モーターの語源』より;なお「モートル」という表記は、現在、少なくとも日立系列の日立産機システムと東芝系列の東芝産業機器システムに於いて、主にブランド名の中で用いられている》。 一般に、磁場(磁界)と電流の相互作用(ローレンツ力)による力を利用して回転運動を出力するものが多いが、直線運動を得るリニアモーターや磁場を用いず超音波振動を利用する超音波モータなども実用化されている。静電気力を利用した静電モーターも古くから知られている。 なお、本来、「モータ(ー)」("motor")という言葉は「動力」を意味し、特に電動機に限定した用語ではない。それゆえ、何らかの動力の役割を果たす装置は、モーターと形容されることもよくある(ロケットモーターなど)。 以下では、電磁力により回転力を生み出す一般的な電動機を中心に説明し、それ以外のリニアモーターや超音波モータは末尾で簡単に説明する。.

新しい!!: ダイナモと電動機 · 続きを見る »

電磁石

レノイドにより発生した磁界(断面図) 電磁石(でんじしゃく、electromagnet)は通常、磁性材料の芯のまわりに、コイルを巻き、通電することによって一時的に磁力を発生させる磁石である。機械要素として用いられる。電流を止めると磁力は失われる。 1825年にイギリス人の電気技術者である ウィリアム・スタージャンによって発明された。 最初の電磁石は蹄鉄形をしている鉄に数回ほど緩く巻いたコイルであった。 コイルに電流を流すと電磁石は磁化し、電流を止めるとコイルは反磁化した。 永久磁石と比較したときのメリットとして、通電を止めることでほぼ磁力を0にすることができること、同じサイズの永久磁石より強い磁力を発生することができること、電流の向きを変えることによって磁石の極を入れ替えられることなどが挙げられる。欠点は、通常、電気抵抗があるため電流を流し続けるには電力を供給し続けなければならないことである。この欠点は超伝導を使えば解決できるが、かなりの低温が必要なので日常で使うのは難しい。 おおざっぱにいえば、電磁石の発生する力は、コイルの巻き数とコイルに流す電流の大きさに比例する。ただしコイルの巻き数を増やすと電線が長くなるが、直流で駆動する場合、電気抵抗も同じように増加するため、電圧が同じであれば電流が減るという関係になっている。鉄芯についていえば、鉄芯の材質の透磁率、および断面積が大きいほど強い磁力を発生することができる。このため永久磁石に比べて安価である。.

新しい!!: ダイナモと電磁石 · 続きを見る »

電磁誘導

電磁誘導(でんじゆうどう、)とは、磁束が変動する環境下に存在する導体に電位差(電圧)が生じる現象である。また、このとき発生した電流を誘導電流という。 一般には、マイケル・ファラデーによって1831年に誘導現象が発見されたとされるが、先にジョセフ・ヘンリーに発見されている。また、が1829年に行った研究によって、既に予想されていたとも言われる。 ファラデーは、閉じた経路に発生する起電力が、その経路によって囲われた任意の面を通過する磁束の変化率に比例することを発見した。すなわち、これは導体によって囲われた面を通過する磁束が変化した時、すべての閉回路には電流が流れることを意味する。これは、磁束の強さそれ自体が変化した場合であっても導体が移動した場合であっても適用される。 電磁誘導は、発電機、誘導電動機、変圧器など多くの電気機器の動作原理となっている。.

新しい!!: ダイナモと電磁誘導 · 続きを見る »

電機子

電機子(でんきし、)は、整流子機や同期機を発電機や電動機として使用するときに、界磁と相互作用させトルク(回転力)を得るための磁界を発生させる固定子または回転子である。 整流子や外部電源回路による交流電流で励磁した電磁石が使用される。.

新しい!!: ダイナモと電機子 · 続きを見る »

電気めっき

電気めっき(electroplating)は電流を使うめっき法で、めっきしたい物質を含む溶液、溶融塩、または、固体電解質からその物質を還元させ、電導性のある物体にその物質(金属など)の薄い層を形成させる。電気めっきは、めっき対象の物体に欠けている特性(耐摩耗性、耐腐食性、潤滑性、見栄えなど)を補うことができる。また、小さすぎる物体の厚さを増加させる目的で行うこともある。 電気めっきで使っているプロセスを電着 (electrodeposition) と呼ぶ。ちょうどガルバニ電池を逆に作用させたものに似ている。めっき対象の物体を回路のカソードとする。.

新しい!!: ダイナモと電気めっき · 続きを見る »

電気炉製鋼法

電気炉製鋼法(でんきろせいこうほう)は、電気炉を用いた製鉄法の一種である。略して電気炉法、電炉法などとも呼ばれ、一般的に知られている高炉法による製鉄をへる場合と正反対の性質を持つ製鋼法である。.

新しい!!: ダイナモと電気炉製鋼法 · 続きを見る »

電池

アルカリマンガン乾電池 電池(でんち)は、何らかのエネルギーによって直流の電力を生み出す電力機器である。化学反応によって電気を作る「化学電池」と、熱や光といった物理エネルギーから電気を作る「物理電池」の2種類に大別される。.

新しい!!: ダイナモと電池 · 続きを見る »

電流

電流(でんりゅう、electric current電磁気学に議論を留める限りにおいては、単に と呼ぶことが多い。)は、電子に代表される荷電粒子他の荷電粒子にはイオンがある。また物質中の正孔は粒子的な性格を持つため、荷電粒子と見なすことができる。の移動に伴う電荷の移動(電気伝導)のこと、およびその物理量として、ある面を単位時間に通過する電荷の量のことである。 電線などの金属導体内を流れる電流のように、多くの場合で電流を構成している荷電粒子は電子であるが、電子の流れは電流と逆向きであり、直感に反するものとなっている。電流の向きは正の電荷が流れる向きとして定義されており、負の電荷を帯びる電子の流れる向きは電流の向きと逆になる。これは電子の詳細が知られるようになったのが19世紀の末から20世紀初頭にかけての出来事であり、導電現象の研究は18世紀の末から進んでいたためで、電流の向きの定義を逆転させることに伴う混乱を避けるために現在でも直感に反する定義が使われ続けている。 電流における電荷を担っているのは電子と陽子である。電線などの電気伝導体では電子であり、電解液ではイオン(電子が過不足した粒子)であり、プラズマでは両方である。 国際単位系 (SI) において、電流の大きさを表す単位はアンペアであり、単位記号は A であるアンペアはSI基本単位の1つである。。また、1アンペアの電流で1秒間に運ばれる電荷が1クーロンとなる。SI において電荷の単位を電流と時間の単位によって構成しているのは、電荷より電流の測定の方が容易なためである。電流は電流計を使って測定する。数式中で電流量を表すときは または で表現される。.

新しい!!: ダイナモと電流 · 続きを見る »

携帯電話

折りたたみ式の携帯電話 スライド式の携帯電話 携帯電話(けいたいでんわ、mobile phone)は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務。端末を携帯あるいはケータイと略称することがある。 有線通信の通信線路(電話線等)に接続する基地局・端末の間で電波による無線通信を利用する。無線電話(無線機、トランシーバー)とは異なる。マルチチャネルアクセス無線技術の一種でもある。.

新しい!!: ダイナモと携帯電話 · 続きを見る »

永久磁石

永久磁石(えいきゅうじしゃく、permanent magnet)とは、外部から磁場や電流の供給を受けることなく磁石としての性質を比較的長期にわたって保持し続ける物体のことである。強磁性ないしはフェリ磁性を示す物体であってヒステリシスが大きく常温での減磁が少ないものを磁化して用いる。永久磁石材料に関するJIS規格としてJIS C2502、その試験法に関する規格としてJIS C2501が存在する。 実例としてはアルニコ磁石、フェライト磁石、ネオジム磁石などが永久磁石である。これに対して、電磁石や外部磁場による磁化を受けた時にしか磁石としての性質を持たない軟鉄などは一時磁石と呼ばれる。.

新しい!!: ダイナモと永久磁石 · 続きを見る »

溶接

溶接(ようせつ、英語:welding)とは、2個以上の部材の接合部に、熱又は圧力もしくはその両者を加え、必要があれば適当な溶加材を加えて、接合部が連続性を持つ一体化された1つの部材とする接合方法。更に細かく分類すると、融接、圧接、ろう付けに分けられる。かつては、現在に至るまで一般的な溶接のほかに鎔接や熔接の文字も並んで利用されていたが、「鎔」「熔」ともに当用漢字に入らず、「溶」に統一された。 溶接は青銅器時代(ろう付、メソポタミアのレリーフ)からも見出され、日本では弥生時代の銅鐸にも溶接の跡が発見されている。現代では、建設業、自動車産業、宇宙工学、造船などの先端技術だけでなく生活をささえる基本的な古くて新しい技術である。.

新しい!!: ダイナモと溶接 · 続きを見る »

情報番組

情報番組(じょうほうばんぐみ、英:Information program)とは、何らかの情報を提供することを目的としたテレビ番組の一種、およびワイドショーの別称。.

新しい!!: ダイナモと情報番組 · 続きを見る »

懐中電灯

懐中電灯 懐中電灯(かいちゅうでんとう)とは、商用電源のない所で用いるための携帯用照明器具の一つである。 アメリカ英語では (フラッシュライト、カメラのフラッシュは「エレクトロニックフラッシュ」が本来の呼称)、イギリス英語では (エレクトリック・トーチ、直訳すれば電気松明)、また松明が一般的でなくなった現代では単に (トーチ)とも。.

新しい!!: ダイナモと懐中電灯 · 続きを見る »

整流子

整流子(せいりゅうし、英語:commutator)は、特定の種類の電動機または発電機において回転子と外部回路の間で定期的に電流の方向を交替させる回転電気スイッチである。電動機においては電力を回転子の上で最善の場所に印加し、発電機においては同様に電力を取り出す。通常の動作で生じる多くの回路のオンオフを考えると、スイッチとして例外的に長い寿命を持つ。 整流子は、直流の回転機器の共通の特徴である。電動機の電機子の回転するコイルの電流の方向を交替させることによって、一方向への回転力が発生される。同様に発電機では、外部回路へのコイルの接続を交替させることは、一方向の、即ち直流の電流を外部回路へ流す。最初の整流子式直流機は、アンドレ=マリ・アンペールの提案に基づき、1832年にイポリット・ピクシーによって造られた。 整流子機の電機子反作用による火花で焼損する。.

新しい!!: ダイナモと整流子 · 続きを見る »

整流器

整流器(せいりゅうき、英語:rectifier)は、電流を一方向にだけ流す(整流)作用を有する素子電気用語辞典編集委員会編 『新版 電気用語辞典』 コロナ社、1982年 「整流」「整流器」「整流素子」岡村総吾監訳 『IEEE電気・電子用語辞典』 丸善、1989年 「整流」「整流器」「整流素子」。交流を直流に変換する素子の総称であり、実際の素子としては、陰極(カソード)と陽極(アノード)の2端子、あるいは、さらに制御端子を加えた3端子のものがある。 順変換装置、またはAC-DCコンバータともいう。 また、整流器を用いて交流を直流に変換する回路を整流回路(順変換回路)という。.

新しい!!: ダイナモと整流器 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ハブダイナモ整流子発電機

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »