ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

タイ・カダイ語族

索引 タイ・カダイ語族

タイ・カダイ語族は、東南アジア(タイ、ラオス、ベトナム)から中国南部で話される言語の語族であり、代表的なものとしてタイ語、ラーオ語があり、その他多数の少数民族の言語を含む。 タイ・カダイ諸語(カム・タイ語群とも)をシナ・チベット語族のシナ語派およびチベット・ビルマ語派、ならびにミャオ・ヤオ諸語(ミャオ・ヤオ語族)と合わせて、シナ・チベット諸語と呼ぶこともある『講座 言語 第6巻 世界の言語』北村甫編、橋本萬太郎ら共著(大修館書店)『世界の言語と国のハンドブック』下宮忠雄(大学書林)。 中国南東部で特に多様性があり、この付近が故地と考えられる。タイ・ラオスには歴史時代に入ってから雲南省方面から住民が移住したのであり、それまでこの付近はオーストロアジア語族住民で占められていた。 基本的に単音節的孤立語で声調言語であり、語順はSVO型で、修飾語は被修飾語のあとにつくのが普通である。これらの性質は中国から東南アジア大陸部の広い範囲の言語と共通するが、これは系統的な性質というより、地域特性(言語連合)と考えられる。 ベトナム語も似た性質を持っているが、基本的にはオーストロアジア語族である()と考えられている。.

66 関係: 南タイ語台湾声調夜郎孤立語少数民族中国中華人民共和国下宮忠雄修飾語北タイ語ミャオ・ヤオ語族チワン語チベット・ビルマ語派ハプログループD (Y染色体)ハプログループO1a (Y染色体)ハプログループO1b1 (Y染色体)ハプログループO2 (Y染色体)ポール・K・ベネディクトラーオ語ラオスラオ語リー語ローラン・サガールヴィルヘルム・シュミット (民族学)トン語プイ語プイ族ベトナムベトナム語アンダマン諸語アイヌ語インドシナイーサーン語オンベ語オンガン語族オンゲ族オーストリック大語族オーストロネシア祖語オーストロネシア語族オーストロ・タイ語族オーストロアジア語族カダイ語派シナ・チベット語族シナ語派シャン語ジャラワ族タイ・チワン諸語タイー語タイー族...タイ王国タイ語タイ族百越言語言語類型論言語連合語族雲南省SVO型東南アジア橋本萬太郎混合言語漢民族海南島拉珈語 インデックスを展開 (16 もっと) »

南タイ語

南タイ語(みなみタイご )はタイ王国のマレー半島部・南部で話される言語である。タイ族の喋る南タイ語を標準的な言葉として、ムスリムの喋る南タイ語と、華僑の喋る南タイ語を持つ。標準語の持つアクセントに縛られず、全体的に高声が目立つ。一語の持つ声調がある程度決まっているものの、文章中で前後に来る言葉によってその語の声調は変わり、流動的である。語彙は後述するように、マレー語や中国語の華南方言からの借用語が中央タイ語に比べて多い。 ムスリムの南タイ語は国内ではヤーウィー語(Javi、。ジャワ(Java)の語が変化したもの)と呼ばれるマレー語の影響が強く、(マレー語bang←abang。兄さん)、(mak。母さん)などの語が会話の中に目立つ。中には、(allahmak、なんてこった!)のように宗教関係なく使われるものも有る。 華僑の南タイ語は独特の語彙をもっていて、主に家庭内で使われているが、ムスリムよりも同化が激しいため、現在ではあまりみられなくなった。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と南タイ語 · 続きを見る »

台湾

台湾(タイワン、臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの国である。 1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島、東沙諸島、南沙諸島の太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2018年時点では同島で人口最多の都市である。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と台湾 · 続きを見る »

声調

声調(せいちょう)、またはトーン(英語 Tone)とは、言語において意味の区別に用いる音の高低のパターンである。声調を用いる言語を声調言語(トーン言語)という。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と声調 · 続きを見る »

夜郎

紀元前210年、秦帝国と周辺民族。 夜郎(やろう、)、または夜郎国とは、『史記』西南夷列伝に記述される前漢末期まで存在した小国(前523年-前27年)の名前。現代の貴州省もしくは雲南省あたりにあったと思われる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と夜郎 · 続きを見る »

孤立語

孤立語(こりつご、isolating language)とは、形態的類型論における古典的な類型の1つで、接辞などの形態論的手段を全く用いず、1語が1形態素に対応する言語である。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と孤立語 · 続きを見る »

少数民族

少数民族(しょうすうみんぞく)とは、ある民族や国家や地域など何かしらの枠組みが複数の民族集団(ethnic group)によって構成されている場合に、相対的に少数からなる民族集団のことを言う。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と少数民族 · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と中国 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と中華人民共和国 · 続きを見る »

下宮忠雄

下宮 忠雄(しもみや ただお、1935年 - )は日本の言語学者。ゲルマン言語学・比較言語学分野を専門とする。学習院大学名誉教授。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と下宮忠雄 · 続きを見る »

修飾語

修飾語(しゅうしょくご、Modifier)あるいは修飾語句(しゅうしょくごく)とは、文の成分の1つ。修飾の対象となる名詞、動詞、場合によっては形容詞や副詞についてその意味内容を詳細に説明するために用いられる語の総称である。修飾される言葉は被修飾語という。通常1文節で、2文節以上のものを、修飾部(しゅうしょくぶ)と呼ぶ。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と修飾語 · 続きを見る »

北タイ語

北タイ語(きたタイご、ภาษาเหนือ)はタイ王国の北部で話されるタイ語の方言である。チェンマイの北タイ語を標準的な語とするため、チェンマイ語(คำเมือง、カム・ムアン)とも言う。中央タイ語よりはむしろラーオ語やイーサーン語と似る。また、北タイ語の中でも地方により方言がある。 ビルマ文字と似た独自のラーンナー文字を持っており、経典、歴史書の記述に利用された。主に寺の僧や貴族などの教養層によって継承されてきた文字である。近代に入り、標準語の普及を進める政府により廃止された。現在、復興の動きがあり、公共の建物の看板などに見ることができる。またラーンナー語による活字出版物、辞典も発行されている。 女性の喋る北タイ語はいわゆる「チェンマイ美人」と結びついてバンコクでは非常に上品な言葉とされる。 ラーンナー文字で表記された北タイ語。『カム・ムアン』(คำเมือง)と書かれている。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と北タイ語 · 続きを見る »

ミャオ・ヤオ語族

モン・ミエン語族(Hmong-Mien languages)またはミャオ・ヤオ語族は中国南部から東南アジア北部の山岳地帯に分布する少数民族の言語からなる語族である。代表的な言語としてミャオ語(ミャオ族)とヤオ語(ヤオ族)、さらにシェ語(福建などに住むシェ族)がある。この地域には、シナ・チベット語族やタイ・カダイ語族に属する言語が多く、これらに比べるとモン・ミエン語族の言語数・話者数ははるかに少ない。 かつてはシナ・チベット語族に含められたが、現在では別の語族とされる。故地は中国中部から南部と考えられる。この語族の住民は現在、中国南部の雲南、貴州、広西、湖南、湖北、四川などの地域に多く住んでいるが、歴史的には漢民族に圧迫されて南に移動したといわれており、現在ではさらに南のタイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムの山岳地帯にも住んでいる。大渓文化の遺骨からモン・ミエン語族に関連するY染色体ハプログループO-M7が高頻度で発見されており、もともとは大渓文化の担い手であったとされている。 単音節的な孤立語で、声調言語である。特に声調は多数あって、周辺諸言語の声調は本語族の影響で成立したものではないかとの考えもある。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とミャオ・ヤオ語族 · 続きを見る »

チワン語

チワン語(Vahcuengh/Vaƅcueŋƅ,古壮字:話僮/话僮,中国語:壮語/壯語/僮語/僮语/ Zhuàngyǔ)は、中国南部の広西チワン族自治区を中心に、周辺の雲南省、貴州省、広東省、ベトナム北部などに住むチワン族の言語。約1800万人の話者がいる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とチワン語 · 続きを見る »

チベット・ビルマ語派

チベット・ビルマ語派(チベット・ビルマごは)は、シナ・チベット語族の一語派。シナ語派(中国語)とともにこの語族を構成し、。 チベットからヒマラヤ・アッサム・中国南西部・ミャンマー・タイにかけて分布。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とチベット・ビルマ語派 · 続きを見る »

ハプログループD (Y染色体)

ハプログループD (Y染色体)(ハプログループD (Yせんしょくたい)、)とは、分子人類学で用いられる、人類のY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、YAPと呼ばれる変異の型を持つもののうちの「M174」に定義されるものである。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とハプログループD (Y染色体) · 続きを見る »

ハプログループO1a (Y染色体)

ハプログループO-M119 (Y染色体)(ハプログループO-M119(Yせんしょくたい)、系統名称ハプログループO1aとは、分子人類学で用いられる、人類のY染色体ハプログループの分類のうち、ハプログループOのサブクレード(細分岐)の一つで、「M119」の変異で定義づけられる系統である。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とハプログループO1a (Y染色体) · 続きを見る »

ハプログループO1b1 (Y染色体)

ハプログループO-F2320 (Y染色体) 2017年8月17日閲覧(ハプログループO-F2320 (Yせんしょくたい))、またはハプログループO-K18 (Y染色体)、系統名称ハプログループO1b1とは、分子人類学で用いられる、人類のY染色体ハプログループの分類のうち、ハプログループO1bのサブクレードの一つで、「F2320」または「K18」のSNPで定義づけられる系統である。現代の日本人や朝鮮民族の男性に多く見られるO1b2-M176との最も近い共通祖先は約28,500年前に、現存の全てのO1b1-F2320の最も近い共通祖先は約22,200年前に生きたと推定されている。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とハプログループO1b1 (Y染色体) · 続きを見る »

ハプログループO2 (Y染色体)

ハプログループO-M122 (Y染色体)(ハプログループO-M122 (Yせんしょくたい)、系統名称ハプログループO2とは、分子人類学で用いられる、人類のY染色体ハプログループの分類のうち、ハプログループOのサブクレード(細分岐)の一つで、「M122」の子孫の系統である。2015年11月にが改訂される前はハプログループO3と呼ばれていた。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とハプログループO2 (Y染色体) · 続きを見る »

ポール・K・ベネディクト

ポール・キング・ベネディクト(、1912年7月5日 – 1997年7月21日)は、アメリカ合衆国の言語学者、人類学者、東洋学者、精神科医。 中国名は白保羅()。とくにシナ・チベット語族やタイ・カダイ語族の比較言語学的な研究で知られる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とポール・K・ベネディクト · 続きを見る »

ラーオ語

ラーオ語( ラオ語、ラオス語とも)はラオスの公用語。タイ・カダイ語族カム・タイ語派タイ・チワン諸語群タイ語群に属する。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とラーオ語 · 続きを見る »

ラオス

ラオス人民民主共和国(ラオスじんみんみんしゅきょうわこく、ສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ)、通称ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置する共和制国家。ASEAN加盟国、通貨はキープ、人口約691万人、首都はヴィエンチャン。 ASEAN加盟10カ国中唯一の内陸国。面積は日本の約63%に相当し、国土の約70%は高原や山岳地帯である。北は中国、東はベトナム、南はカンボジア、タイ、西はミャンマーと国境を接する。永世中立国。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とラオス · 続きを見る »

ラオ語

ラオ語は、以下の言語のうちのいずれかを指す。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とラオ語 · 続きを見る »

リー語

黎語(黎语:Hlai)は主に黎族が話す言語である。タイ・カダイ語族に属する。もともと文字は無かったが、1957年中華人民共和国語言委員会が「黎語ラテン文字化方案」を考案した。地域としては海南省の黎族・苗族自治県を中心に分布する。 話者は2000年の統計では約70万人(1982年には81万人)いて、「哈(旧称「侾」)」、「杞」、「潤(旧称「本地」)」、「美孚」、「赛(または「加茂」)」の5つの方言がある。哈・杞はさらに3つの土語、潤は2つの土語に分かれる。うち「哈」が最も多く使用され、黎語の話者のうち58%が「哈」を用いる。「哈」と「杞」、「潤」と「美孚」はそれぞれ類似しており、相互に会話が可能であるが、「加茂(チャマオ)」のみは他の4方言と大きく異なっており、他の4方言とは系統を異にする言語連合であるとされる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とリー語 · 続きを見る »

ローラン・サガール

ーラン・サガール(、1951年生まれ)はフランスの言語学者。 中国語の方言と歴史、および東アジア諸言語の親縁関係に関する研究で知られる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とローラン・サガール · 続きを見る »

ヴィルヘルム・シュミット (民族学)

ヴィルヘルム・シュミット ヴィルヘルム・シュミット(1868年2月16日Hörde~1954年2月10日フリブール)は、ドイツ生まれの民族学者、言語学者。神言会修道士。オーストリアで活躍。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とヴィルヘルム・シュミット (民族学) · 続きを見る »

トン語

トン語(Dong、トン語:Gaeml、、)はタイ・カダイ語族カム・タイ語派のうち、カム・スイ諸語に属する言語である。話者は中国の侗族(トン族)の人々である。カム語(Kam)ともいうが、ラオス・ベトナム・タイで話されるオーストロアジア語族のカム語(、Khmu)とは異なる。 エスノローグによると北部トン語と南部トン語という言語学分類的にはとても近い関係にある2つの別々の方言に区別される。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とトン語 · 続きを見る »

プイ語

プイ語(Buyei、Buyi、Bouyei、Puyi、、、、tiếng người Bố Y)は、プイ族の人々によって話されている言語である。プイ族は主に中華人民共和国の貴州省南部に居住する。プイ語はタイ・カダイ語族に属する言語である。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とプイ語 · 続きを見る »

プイ族

プイ族(プイ語:Buxqyaix、IPA )は中華人民共和国、ベトナムに住む少数民族。ベトナム語での名称はボイ()。 中国では貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州、黔西南プイ族ミャオ族自治州、安順市、黔東南ミャオ族トン族自治州、銅仁地区、遵義市、畢節地区、六盤水市、雲南省羅平県、四川省寧南県、会理県に分布、ベトナムではハザン省、ラオカイ省に分布している。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とプイ族 · 続きを見る »

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、)、通称 ベトナム()は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。 国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とベトナム · 続きを見る »

ベトナム語

'''ベトナム語''' ベトナム語(ベトナムご、)は、ベトナム社会主義共和国の総人口のおよそ 87% を占めるキン族の母語であり、ベトナムの公用語である。キン語や安南語ともいい、ベトナムの少数民族の間でも共通語として話されるほか、中国と台湾など周辺諸国のキン族/京族、アメリカ合衆国、フランスなど在外ベトナム系移民によっても話される。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とベトナム語 · 続きを見る »

アンダマン諸語

アンダマン諸語(Andamanese languages)は、今日インド領であるアンダマン諸島で話されている言語の総称である。 大アンダマン語族は音韻的な特徴や人類学的な見地から、パプア諸語、オーストラリア諸語、タスマニア語と合わせてインド・太平洋大語族を形成するという説がある。オンガン語族はオーストロネシア語族と関係があるとする説があるが、証明されていない。また、大アンダマン語族とオンガン語族の関係性は知られていない。センチネル語についてはオンガン語族に近縁とも推測されるが、研究が全くなされておらず、不明である。 なお、南に隣接するニコバル諸島の言語(ニコバル諸語)は、オーストロアジア語族である。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とアンダマン諸語 · 続きを見る »

アイヌ語

アイヌ語(アイヌご、Aynu itak、アイヌ語仮名表記:アイヌ・イタㇰ)は、現在、北海道島や本州島北東地域やロシア極東地域等に居住するアイヌ民族(アイヌ)の言語である。 話者は、アイヌ民族の主たる居住地域である北海道、樺太、千島列島に分布していたが、現在ではアイヌの移住に伴い日本の他の地方(主に首都圏)にも拡散している。言語学では「孤立した言語」である。国際連合教育科学文化機関によって、2009年2月に「極めて深刻」な消滅の危機にあると分類された、危機に瀕する言語である。危険な状況にある日本の8言語のうち唯一最悪の「極めて深刻」に分類された。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とアイヌ語 · 続きを見る »

インドシナ

インドシナ (Indochine).

新しい!!: タイ・カダイ語族とインドシナ · 続きを見る »

イーサーン語

イーサーン語(ภาษาอีสาน)あるいはイーサーン方言は、タイ王国東北部のイーサーン地方で話される言語である。タイ国内ではタイ語の方言とされるが、言語学上はラーオ語と同じ言語集団(ラオ・プータイ)に分類され、その場合、ラオス国内のラーオ語を東ラーオ語、イーサーン語を西ラーオ語と呼ぶことがある。北タイ語にも近い。そもそも、イーサーン語・中央タイ語(狭義のタイ語)・ラーオ語・北タイ語などは、互いに共通しあった言語であり、いずれも同じ言語体系の地域変種の関係にある(タイ・カダイ語族参照)。 ラオス国内のラーオ語(以下、ラオス語)とイーサーン語の主な違いとして、ラオス語はフランス語由来の外来語が多いのに対し、イーサーン語はタイ語を経由して英語由来の外来語が多い。またラオス語はラオス文字による書記法があるが、イーサーン語を表記する場合にはタイ文字が用いられる。イーサーン語をタイ文字で表記する例としてแซบ (標準タイ語ではอร่อย 「おいしい」)、อีหลี(標準タイ語ではจริง 「本当」)、否定に使うบ่อ (標準タイ語ではไม่)などが挙げられる。 他のタイ国内と同様、イーサーン地方の教育やメディアの場では中央タイ語に基づく標準タイ語が使用され、ラオス語の教育を受けることはない。そのため、イーサーン地方の住民は、標準タイ語は日常的に見聞きして理解できるのに対して、ラオス語の知識には疎い面がある。現在では若い世代を中心に標準タイ語の影響が強まっており、イーサーン語よりも標準タイ語に近い話し方をする人もいる。 イーサーン地方は経済発展の遅れた農村地帯であり、バンコクなどへの出稼ぎ労働者が多い。そのためイーサーン語は無教養な田舎訛りとして差別的に扱われやすい(ラオス語も同様の印象を持たれている)。その一方で、出稼ぎ労働者によってバンコクにイーサーン地方の文化が持ち込まれ、イーサーン語で歌われるモーラムが人気を集めるなど、バンコクにおいてイーサーン語は身近な方言として人々に親しまれている。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とイーサーン語 · 続きを見る »

オンベ語

ンベ語(中国語:臨高語、英語:Bê, Ong Be)は中華人民共和国海南島中北部沿岸のが使用する言語。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とオンベ語 · 続きを見る »

オンガン語族

ンガン語族(Ongan)または南アンダマン語族、ジャラワ・オンゲ語族(Jarawa-Onge)はオンゲ語とジャラワ語からなる小さな語族である。アンダマン諸島でネグリトのオンガン系アンダマン人によって話される。現存語は以下の通り.

新しい!!: タイ・カダイ語族とオンガン語族 · 続きを見る »

オンゲ族

ンゲ族(Onge people、ÖngeまたはOngee)とは、インド領アンダマン諸島に住み、狩猟採集生活を行っている先住部族の一つである。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とオンゲ族 · 続きを見る »

オーストリック大語族

ーストリック大語族(Austric languages)は中国南部から東南アジア、インド東部にかけて分布する仮説段階の大語族のひとつ。オーストロアジア語族、オーストロネシア語族、タイ・カダイ語族、モン・ミエン語族が含まれる。シナ・チベット語族を含む場合もある。 関連する語族の仮説としてシナ・オーストロネシア語族、オーストロ・タイ語族などがある。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とオーストリック大語族 · 続きを見る »

オーストロネシア祖語

ーストロネシア祖語はオーストロネシア語族の再建された祖語である。また下位祖語として、、が再建されている。 オーストロネシア語族の拡散。祖地は中国南部と考えられる.

新しい!!: タイ・カダイ語族とオーストロネシア祖語 · 続きを見る »

オーストロネシア語族

ーストロネシア語族の拡散。台湾からフィリピンへ、インドネシアへ、太平洋へと拡散した オーストロネシア語族(オーストロネシアごぞく)は台湾から東南アジア島嶼部、太平洋の島々、マダガスカルに広がる語族である。アウストロネシア語族とも。日本語では南島語族とも訳される。 かつてはマレー・ポリネシア語族と呼ばれていたが、台湾原住民諸語との類縁性が証明された。この台湾原住民の諸語が言語学的にもっとも古い形を保っており、考古学的な証拠と併せて、オーストロネシア語族は台湾からフィリピン、インドネシア、マレー半島と南下し、西暦 5 世紀にインド洋を越えてマダガスカル島に達し、さらに東の太平洋の島々に拡散したとされる。ただしパプア・ニューギニアの大部分(パプア諸語)とオーストラリアの原住民の言語(オーストラリア・アボリジニ諸語)は含まない。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とオーストロネシア語族 · 続きを見る »

オーストロ・タイ語族

ーストロ・タイ語族(Austro-Tai)はタイ・カダイ語族とオーストロネシア語族を含む仮説段階の語族である。両語族の類似はグスタフ・シュレーゲル(1901)によって着目され、仮説としてはポール・K・ベネディクト(1942)によって初めて提唱された。日本語族を含むとする説もある。 関連する仮説としてオーストリック大語族(ヴィルヘルム・シュミット 1906)やシナ・オーストロネシア語族 (ローラン・サガール 2005)がある。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とオーストロ・タイ語族 · 続きを見る »

オーストロアジア語族

ーストロアジア語族(オーストロアジアごぞく、)あるいはアウストロアジア語族は、東南アジアからインド東部・バングラデシュに散在する言語の語族である。南アジア語族と訳されることもあるが、地域名の南アジアとは異なる。このうちベトナム語、クメール語およびモン語は古くから記録があり現在でも多くの話者がいるが、その他は少数民族の言語である。ベトナム語(ベトナム)、クメール語(カンボジア)、サンタリ語(インド・ジャールカンド州)は公用語として用いられている。 伝統的に東南アジアのモン・クメール語派とインドのムンダ語派に分類され、168 の言語(モン・クメール語派 147 とムンダ語派 21)が記録されている。しかしこの語派分類は確証のあるものではなく、モン・クメール語派はまとまりをもたないとする説もある。 長江流域が源郷と考えられており、稲作の拡散とともに東南アジア、インド東部に分布を広げたようである。後に他の言語(シナ・チベット語族、タイ・カダイ語族)が広がって分断されたと考えられているが、それら新しく広がった言語にも影響を残しており、例えばネパール東部のシナ・チベット系言語にはオーストロアジア語族に由来する単語があり、サンスクリットやドラヴィダ語族にもムンダ語派が影響を与えているとされる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とオーストロアジア語族 · 続きを見る »

カダイ語派

ダイ語派(英語:Kra languages、中国語仡央語群)は中国貴州省中部、西部、雲南省東部の文山チワン族ミャオ族自治州、広西チワン族自治区西部、ベトナム北部国境付近に分布するタイ・カダイ語族の下位語群。のが英語名の「Kra」、のが中国語名の「布央」(ピン音:Bù yāng、「仡央語群」の央は布央の略)の由来となっている。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とカダイ語派 · 続きを見る »

シナ・チベット語族

ナ・チベット語族(シナ・チベットごぞく)は、言語の言語学上の分類単位の一種で、主に中国、東南アジアなどアジアの民族によって話される250余の諸言語のことである。 代表的な言語として、中国語、ビルマ語、チベット語がある。シナ・チベット諸語『講座 言語 第6巻 世界の言語』北村甫編、橋本萬太郎ら共著(大修館書店)『世界の言語と国のハンドブック』下宮忠雄(大学書林)ともいう。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とシナ・チベット語族 · 続きを見る »

シナ語派

ナ語派(シナごは)は、シナ・チベット語族の一語派で、チベット・ビルマ語派とともにこの語族を構成する。漢語派、漢・ペー語派ともいう。 シナ語派はしばしば広義の中国語(官話、粤語、閩語等の総称)と同義語とされ、もう一方のチベット・ビルマ語派は言語系統というよりも中国語以外のシナ・チベット諸語の総称という側面もあった。しかし、1948年以降の研究の進展で、従来チベット・ビルマ語派とされてきたペー語が他のチベット・ビルマ諸語より中国語に近いとする説も唱えられるようになり、この説に従えばシナ語派は中国語とペー語から構成されることになる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とシナ語派 · 続きを見る »

シャン語

ャン語(Shan)は、言語分類的にタイ語と近い関係にある言語である。書き言葉としてはシャン文字が用いられる。タイ語でタイ・ヤイ(Tai-Yai)、タイ・ロン(Tai Long)と呼ばれている。話者はミャンマー北東部、すなわちシャン州全域とタイ北部に点在している。シャン州から国境を東にまたいだ中華人民共和国南西部の雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州にもシャン族やシャン語話者がいる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とシャン語 · 続きを見る »

ジャラワ族

ャラワ族(Jarawa、またはジャルワJarwa)とは、インド領アンダマン諸島に住む先住部族の一つである。ジャラワ語を話す。現在の人口は250から400人と推定されている。ジャラワ族は、部外者に対して極度の警戒心と敵意を持っているので、彼らの文化・言語・生活様式などは、ほとんど知られていない。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とジャラワ族 · 続きを見る »

タイ・チワン諸語

タイ・チワン諸語(中国語:壯傣語支、タイ語:ภาษาไท, ภาษาไต、英語: Tai languages)はタイ・カダイ語族の下部諸語。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とタイ・チワン諸語 · 続きを見る »

タイー語

タイー語(Tày、)は、タイ・カダイ語族に属する言語である。話者はベトナム北部に居住するタイー族である。かつてタイーノム(またはチュノムタイー、岱喃字)と呼ばれる漢字に似た文字(チュノムの一種)を使用していた。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とタイー語 · 続きを見る »

タイー族

タイー族(タイーぞく、)はベトナムに住む少数民族である。人口は150万人ほどで、ベトナムでは、主要民族のキン族に次いで人口が多く、53少数民族の中で最大である。中国との国境に近い東北部山間部ではと共に主要のタイ系民族である 伊藤正子。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とタイー族 · 続きを見る »

タイ王国

タイ王国(タイおうこく、ราชอาณาจักรไทย )、通称タイ(ประเทศไทย )は、東南アジアに位置する君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都はバンコク。 国土は、インドシナ半島中央部とマレー半島北部を占める。南はマレーシア、東はカンボジア、北はラオス、西はミャンマーと国境を接する。マレー半島北部の西はアンダマン海、東はタイランド湾に面する。 2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、従来の憲法(2007年憲法)と議会を廃止し実権掌握以降、軍事独裁政権が継続している。 2016年10月13日にプーミポン・アドゥンラヤデート(プミポン)国王が崩御。 同年12月1日にワチラーロンコーンが国王に即位した。 2017年4月7日に新憲法が公布され、同日施行された。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とタイ王国 · 続きを見る »

タイ語

タイ語(タイご、 )はタイ王国の公用語。短縮形は「ไทย(タイ)」。タイ・カダイ語族カム・タイ語派に属する。 タイ・カダイ語族はシナ・チベット語族に属するとされてきたが、独立した語族であるとするのが通説である。欧米の学者を中心に、タイ・カダイ語族をオーストロネシア語族と合わせる説(オーストロ・タイ語族)や、さらにオーストロアジア語族およびミャオ・ヤオ語族とも合わせる説(オーストリック大語族)もある。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とタイ語 · 続きを見る »

タイ族

タイ・カダイ語族言語の分布図図中のオレンジ色の領域が本項のタイ語民族の居住地域である タイ族(タイ語民族)とは、タイ・カダイ語族のうち(South-Western Tai、タイ語やラーオ語など)を母語とする人のこと。タイ人.

新しい!!: タイ・カダイ語族とタイ族 · 続きを見る »

百越

越(ひゃくえつ)または越族(えつぞく)は、古代中国大陸の南方、主に江南と呼ばれる長江以南から現在のベトナム北部にいたる広大な地域に住んでいた、越諸族の総称。越、越人、粤(えつ)とも呼ぶ。 非漢民族および半漢民族化した人々を含む。日本の現代の書物において(中国史にまつわる)「越人」「越の人」と表される場合、現在のベトナムの主要民族であるベト人(越人)、キン族(京人)とは同義ではない。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と百越 · 続きを見る »

言語

この記事では言語(げんご)、特に自然言語について述べる。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と言語 · 続きを見る »

言語類型論

言語類型論(げんごるいけいろん、英語:linguistic typology)とは、世界中の言語の特徴を収集し、それらの相違点、類似点を探ることにより、最終的にすべての言語に普遍的な要素を見つけ出そうとする学問のことである。 類型論は文法的な特徴に基づくものであり、歴史的系統関係、地理的分布、社会状況などに関する分類は通常、類型論の範疇に含まれない。歴史言語学(特に比較言語学)による系統上の分類は語族と呼ぶが、類型論的分類は類型と呼ぶ。 また、日本語と英語、英語とドイツ語というように、特定の言語を対象にするという点で対照言語学とも異なる風間喜代三ほか『言語学』東京大学出版会、1993年。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と言語類型論 · 続きを見る »

言語連合

言語連合(げんごれんごう、Sprachbund、Sprachbund, linguistic area、языковой союз)は、系統にかかわらず共通の文法的・音韻的特徴を示す言語群をさす用語である。地域特徴、言語同盟、言語圏、言語領域、収束圏なども同意語である。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と言語連合 · 続きを見る »

語族

語族(ごぞく、)とは、比較言語学上、同一の起源(祖語)から派生・発達したと認められる同系統の言語の集まり。語族の下位群を語派、語派の下位群を語群という。 同系統と証明されていない言語群をまとめて呼ぶときは「~諸語」という(例:アルタイ諸語、アメリカ・インディアン諸語、カフカス諸語)。ただし、語族か語派か語群かを問題にしないときも単に「~諸語」と言うことがある。また複数の語族をまとめた大語族も存在するが、仮説段階であり同系と証明されてはいない。したがって、比較言語学において語族とは同系統と証明されている最上位の言語グループと定義される。 語族は民族(共同体)を指すのではなく、言語を系統学的に分類する概念であるが、民族を分類する場合にも言語の分類(語族、語派)が基準にされることが多い。(例:テュルク系民族、ウラル系民族) 語族の祖先として想定される単一の言語を祖語という。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と語族 · 続きを見る »

雲南省

雲南省(うんなんしょう、中国語:云南省、拼音:Yúnnán Shěng、英語:Yunnan)は、中華人民共和国西南部に位置する省。略称は滇(てん)。省都は昆明市。省名は雲嶺(四川省との境の山地)の南にあることに由来する。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と雲南省 · 続きを見る »

SVO型

SVO型(SVOがた)とは、文を作るときに、主語 (Subject) - 動詞 (Verb) - 目的語 (Object) の語順をとる言語のこと。自然な能動態の表現において、次のような三つの構成素で文を作る言語類型を言う。例:「サム 食べた オレンジ」(サムはオレンジを食べた) 代表的な言語には英語がある。現代ヨーロッパでは、SOV型のドイツ語、オランダ語、バスク語、トルコ語など、VSO型のゲール語、ウェールズ語、ブルトン語などを除き、この形式を基本語順とする。曲用あるいは接尾辞により名詞に格を持つスラヴ諸語やフィンランド語、ハンガリー語などには多様な語順が認められる。東南アジアの言語もSVO型が多い。 ドイツ語およびオランダ語はSOV型のV2語順(動詞第二位)と分析される。V2のため、主語で始まる平叙文に限定すれば、SVOになる。 中国語はSVO型だが、現代の北方語はアルタイ諸語の影響で日常会話中疑問句にSOV型の特徴もある。これはアルタイ諸語の影響ではなく、ただ目的語を意識的に前置しただけである。.

新しい!!: タイ・カダイ語族とSVO型 · 続きを見る »

東南アジア

東南アジア(とうなんアジア)は、中国より南、インドより東のアジア地域を指す。インドシナ半島、マレー半島、インドネシア諸島、フィリピン諸島などを含む。主に、大陸部東南アジアと島嶼部東南アジアに分けられる。 '''東南アジア''' 東南アジアの地図 東南アジアの範域.

新しい!!: タイ・カダイ語族と東南アジア · 続きを見る »

橋本萬太郎

橋本 萬太郎(はしもと まんたろう、1932年11月26日 - 1987年6月7日)は、日本の言語学者である。中国語の研究から、言語類型論と言語地理学を結び付けた言語類型地理論を提唱した。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と橋本萬太郎 · 続きを見る »

混合言語

混合言語(こんごうげんご、mixed language)は、その構造が、別々の言語に由来する二つの部分からなる言語のことであるMatras & Bakker 2003: 1.

新しい!!: タイ・カダイ語族と混合言語 · 続きを見る »

漢民族

漢民族(かんみんぞく)は、中華人民共和国(中国大陸)、中華民国(台湾)、シンガポールで大多数を占める民族。人類の20%を占める世界最大の民族集団である。 中華人民共和国の民族識別工作では漢族と呼ばれ、中華人民共和国の人口の94%以上を占める。漢人ともいい、華僑として中国を離れ、移住先に定着した人は華人、唐人と自称することが多い。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と漢民族 · 続きを見る »

海南島

海南島(かいなんとう、)は、南シナ海北部の島である。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と海南島 · 続きを見る »

拉珈語

拉珈語(、)はタイ・カダイ語族の言語で中国広西チワン族自治区の金秀ヤオ族自治県来宾で拉珈人(茶山ヤオ族とも)に話されている言語で、5つの声調を持つ。拉珈語話者は現在の広東省北西部の話者のいる地方から移住してきたとされ、現在は金秀ヤオ族自治県の大瑶山を中心に居住している。.

新しい!!: タイ・カダイ語族と拉珈語 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »