ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

タイセイヨウニシン

索引 タイセイヨウニシン

タイセイヨウニシン(大西洋鰊・大西洋鯡、学名:Clupea harengus)は、ニシン目ニシン科の海水魚。欧米で Herring, Häring といえばニシンも含むが、普通は本種のことをさす。 種を区別したいときは、ニシンを Pacific herring、タイセイヨウニシンを Atlantic herring という。回遊魚で北大西洋、北極海に分布する。魚体は細長く、体長は30-45cmほど。背側は青黒色、腹側は銀白色。.

11 関係: 学名ニシンニシン属ニシン科ニシン目動物魚の燻製脊索動物脊椎動物条鰭綱1758年

学名

学名(がくめい、)は生物学(かつては博物学)的な手続きにもとづき、世界共通で生物の種および分類に付けられる名称。英語では二名法による名称という意味で 、あるいは科学的な名称という意味で という。命名には一定の規則があり、ラテン語として表記される。この規則は、それぞれの生物分野の命名規約により取り決められている。動物には「国際動物命名規約」があり、藻類・菌類と植物には「国際藻類・菌類・植物命名規約」が、細菌には「国際細菌命名規約」がある。日本語独自の和名(標準和名)などと異なり、全世界で通用し、属以下の名を重複使用しない規約により、一つの種に対し有効な学名は一つだけである。ただし、過去に誤って複数回記載されていたり、記載後の分類の変更などによって、複数の学名が存在する場合、どの学名を有効とみなすかは研究者によって見解が異なる場合も多い。 種の学名、すなわち種名は属名+種小名(細菌では属名+種形容語)で構成される。この表し方を二名法という。二名法は「分類学の父」と呼ばれるリンネ(Carl von Linné, ラテン語名 カロルス・リンナエウス Carolus Linnaeus, 1702 - 1778)によって体系化された。.

新しい!!: タイセイヨウニシンと学名 · 続きを見る »

ニシン

ニシン(鰊・鯡、学名:Clupea pallasii)は、ニシン目ニシン科の海水魚。別名、春告魚(はるつげうお)。欧米で ヘリング Herring, Häring といえばニシンも含むが、普通はタイセイヨウニシン(C. harengus)のことをいう。2種を区別したいときは、ニシンを パシフィックヘリング Pacific herring、タイセイヨウニシンを アトランティックヘリング Atlantic herring という。種小名は、ドイツの生物学者ペーター・ジーモン・パラスにちなむ。繁殖特性や形態などが異なることから本種とタイセイヨウニシンは別種と考える研究者もいる。魚体は細長く、体長は30-35cmほど。背側は青黒色、腹側は銀白色。日本付近では春、産卵のために北海道沿岸に現れる。.

新しい!!: タイセイヨウニシンとニシン · 続きを見る »

ニシン属

ニシン属(鰊属)は、ニシン科の1属。英語ではヘリング (Herring) と総称される。 北大西洋、北太平洋、バルト海、地中海の温水域に住む海水魚。大きな群れを作る。 食用となるほか、油(ニシン油)の原料として利用される。.

新しい!!: タイセイヨウニシンとニシン属 · 続きを見る »

ニシン科

ニシン科(Clupeidae)はニシン目の科の一つ。世界のほとんどの海域に分布し、水産資源、食用魚として極めて重要な存在である。口は体の先端にあるか、やや上向きについている。歯の発達は悪く、プランクトン食性。少数の例外を除き、腹部に稜鱗をもつ。多くの種類は体長25cm未満。.

新しい!!: タイセイヨウニシンとニシン科 · 続きを見る »

ニシン目

ニシン目()は硬骨魚類の分類群の一つ。2亜目に約6科80属400種が属する。イワシ・ニシン・サッパ・コノシロなど、漁業資源として重要な魚種を多数含んでいる。.

新しい!!: タイセイヨウニシンとニシン目 · 続きを見る »

動物

動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)とは、.

新しい!!: タイセイヨウニシンと動物 · 続きを見る »

魚の燻製

魚の燻製(さかなのくんせい、Smoked fish)とは、食用魚を燻製に加工した、食品の1つである。そのまま食べることもあれば、料理の材料として使用されることもある。.

新しい!!: タイセイヨウニシンと魚の燻製 · 続きを見る »

脊索動物

脊索動物(せきさくどうぶつ)とは動物の分類群のひとつで、トカゲ、ヒトなど脊椎(背骨)をもつ動物である脊椎動物と、それと近縁な動物群である原索動物(ナメクジウオなどの頭索動物と、ホヤ類などの尾索動物(被嚢動物)を指す)を合わせたものである。.

新しい!!: タイセイヨウニシンと脊索動物 · 続きを見る »

脊椎動物

脊椎動物(せきついどうぶつ、Vertebrata)は、動物の分類のひとつ。現在主流の説では脊索動物門に属するとされ、脊索と置き換わった脊椎をもつ。魚類、鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類の5類からなり、無脊椎動物に比べて(脊椎動物である)人間にとって類縁関係が近く、なじみの深い生物によって構成されているグループである。.

新しい!!: タイセイヨウニシンと脊椎動物 · 続きを見る »

条鰭綱

条鰭綱(じょうきこう、)は、脊椎動物亜門の下位分類群の一つ。現生の魚類の大部分にあたる2万6,891種が所属し、肉鰭綱と合わせ硬骨魚類と総称される。およそ4億年前のシルル紀後期に出現して以降、多様な進化および水中環境への適応を遂げた条鰭綱の魚類(条鰭類)は、現代のあらゆる海洋・陸水域で繁栄するグループとなっている。 このグループはかつて硬骨魚綱の下に条鰭亜綱として設置されていたが、現在では側系統群である硬骨魚綱を廃し、条鰭綱と肉鰭綱に分割する体系が一般的となっている。条鰭類は原則として、硬骨化の進んだ内部骨格と、鰭条および鰭膜によって支えられた鰭をもち、肺の代わりに鰾(ひょう/うきぶくろ)をもつなどの特徴を有している。.

新しい!!: タイセイヨウニシンと条鰭綱 · 続きを見る »

1758年

記載なし。

新しい!!: タイセイヨウニシンと1758年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »